出産前後の痔にはご注意!

京都大学理学部か大阪大学理学部物理学科か

大学受験を控えている高3生です。理学部物理学科を志望しています。
第一志望は京都大学理学部、第二志望は大阪大学理学部物理学科です。
最近模試が返ってきたのですが、
京大OP 理学部判定→C(四段階中三段階目、Dに近いC)
京大実践 理学部判定→E(五段階中四段階目、Dに近いE)
阪大OP 理学部物理学科判定→B(四段階中二段階目)でした。
京都大学理学部はセンターは一次判定のみ。大阪大学理学部物理学科ではセンターの配点が国語150点英語50点地理50点です。
そろそろセンターが近づいているので、そろそろ受験校を決めなければなりません。
最終的に決めるのは自分であるということは分かっているのですが、みなさんの意見も参考にしたいと思いました。
第一志望校を貫くか、少しでも合格可能性の高い第二志望校を選択するか。
私立大学に進学する気は今のところなく、もし落ちた場合は浪人を考えています。
みなさんはこのような状況ならば、どちらに出願されますか?その他アドバイスなどあればよろしくお願いいたします。

以下はかなりの私見ですが参考程度に・・・

京都大学理学部
<+ポイント>
・理学部は京都大学の看板学部
・ネームバリューがより大きい
・自由な学風
・単位が取りやすい
・ずっとここを第一志望にしてきた
・雰囲気が自分に合っている気がする
<-ポイント>
・落ちる可能性がより高い

大阪大学理学部物理学科
<+ポイント>
・大阪大学は理系が強い
・より合格可能性が高い
<-ポイント>
・単位が取りにくい
・少しお堅そうなイメージ
・大阪大学は工学部が看板学部?

質問内容に不適切な部分(特に最後の「私見」の部分)があったり、分かりにくい点があったりするかもしれませんが、どうかお見逃しください。ご指摘があれば訂正・加筆いたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは。



その模試の結果は、「京大はあきらめなさい」と言っています。

私はE判定の大学に合格しましたが、E判定が出たのは受験勉強を始める前です。
しかも、受験勉強を始めたのは、2年生の冬からです。

ただし、判定と受験結果の関連性は、その道に詳しい先生に確かめたほうがよいと思います。

あなたが将来の職業をどう考えているかわかりませんが、私が大手エレクトロニクス企業に勤めていたときの話をしましょう。
京大卒はたくさんいました。
その中で私と親しかった人達の例を挙げると、
・優秀な技術力を持ち、かつ、戦略にもすぐれた男性
・入社から2年ぐらいで、早々に大学助手に転身した女性
・3年間の研究所勤務の後、技術支援部署に飛ばされされた男性

また、東大卒も職場にたくさんいましたが、意外にも出世街道で苦戦している割合が高かったです。

阪大卒の人は、たまたま周囲にいなかったのですが、その他の旧帝大卒の人は、結構活躍してました。
東北大、九大、北大とか。
そんでもって、出世街道を歩んだ人がどこの大学出身かといえば、意外と地方国立出身者も多かったりします。

一浪の分だけ遅れて就職すると、生涯賃金が年収1年分だけ減りますが、それは初任給ではなく定年間際の給料なので、1000万円は損します。退職金も少なくなります。

こんな話を聞いたら、京大か阪大かで悩んだり、一浪を構想したりするのが阿呆らしく感じませんか?
「誤差の範囲内」みたいなものです。

阪大にしましょうよ。
・・・まずは、先生に模試の判定について相談してからですが。

この回答への補足

ベストアンサーに関してですが、どのご意見も適格で参考になるものばかりでしたので、決めかねてしまいました。ですので今回は最初に回答をくださった方に差し上げようと思います。みなさま、本当にありがとうございました。

補足日時:2010/12/26 01:02
    • good
    • 2
この回答へのお礼

結局はどの大学を卒業したのかよりも。その人自身のポテンシャルが第一ですよね。先生に相談してみると、阪大はセンター次第、京大はこれからの理科の伸び次第と言われました。やはり最後に決めるのは自分しかいませんよね。みなさんのご意見を参考にきちんと結論を出したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/26 00:58

>一浪の分だけ遅れて就職すると、生涯賃金が年収1年分だけ減りますが、それは初任給ではなく定年間際の給料なので、1000万円は損します。

退職金も少なくなります。

現役で入っても、就職浪人、就職留年がある場合があるので、
受験浪人が必ずしも、損とはいえません。

1年浪人したおかげで、景気のいい時に就職できる(逆もあるでしょうが)
人もいるかと思います。

看板学部やネームバリューにとらわれず、本当に自分のしたい研究
(理学部だから研究職志望でしょうか)を出来る大学に進学してください。
今は、インターネットで研究室のことも調べられますので。

>・自由な学風
これは、はっきり言ってうらやましいですが。
昔の話かもしれませんが、京大理学部ならば物理学科でも
数学や化学や生物学ばかりとって卒業できたらしいです。

>・単位が取りやすい
この考えは、少し変です。

大学で楽をするための受験勉強ですか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

少し弁解になってしまいますが、「単位が取りやすい」というのを+ポイントにいれたのは「大学で楽をしたい」という意味ではなく専門以外の勉強(人文科学系)にも力をいれたいと思っていたからです。ただこれに関してはどちらの大学にしたとしても、自分の努力次第でどうとでもなりますね。適格なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/26 00:34

厳しいようだけど、今の時点でその成績なら阪大物理にした方がいいと思うよ。


あなたは京大のネームバリューに関心があるみたいだけど、卒業大学の名前は社会であまり役に立たないから、そんなことに拘らないほうがいい。阪大物理卒業が京大理学部卒業より不利に扱われて就職等で致命的になるとか、そういうことはないから。

それと、自分のやりたいことや身につけたい能力で学部や大学を選ぶべきなのだから、看板学部かどうかなんて選ぶべきじゃないと思うよ。名前か有名かどうかだけで、4年も過ごすところを選ぶなんて、実益がなさすぎて、もったいないよ。

大学の名前とか看板学部かどうか等に拘って浪人するより、1年はやく大学生になった方がよい。阪大だったら申し分ない。

あと京大は自由な学風というけど、京大がどの程度かは知らないけど、概して大学はどこも自由だよ。拘束がないという意味。どの大学も怠惰な生活してる連中はたくさんいるよ。

あなたの文章をよんでると、主として名前とか外見だけで志望校を決めてるようで、大丈夫かと思うけど。実益を考えず、名前だけで志望校決めてると後悔するよ?

例えば、理学部志望の人はよくノーベル賞受賞者が多いから京都大学理学部志望なんて人いるけど、はっきりいって京大理学部はそれくらいしか東大に勝ったところがない。研究業績や学部教育の質、教授陣、予算、研究施設、どれをとっても東大の方が京大よりはるかに上。物理の分野だったら、阪大物理より東北大物理の方が実績や研究施設等の理由で上だと思う。東北大のニュートリノ研究施設カムランドとか光電子分光の研究室は世界的な業績あげてるよ。講義の難度や質は概して難関校ほどよいケースが多い。そういうこと調べた上で志望校決めてるかい?

この時期にいっても仕方ないけどね。あと、理学部なんて趣味で学問やってるようなもので、社会に入ってから役に立たない学問ばかり学ぶことになるよ。就職も悪いしね。東大だって企業推薦なんてほとんどない。一流企業はみんな自由応募だし。そういうこともわかった上で理学部志望してるかい?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通り、情報の仕入れがきちんとできておらず、噂だけで決めようとしていました。もう一度パンフレットやホームページなどを読んで、それぞれの大学の特長をしっかり見極めてみようと思います。理学部は就職が悪いということは聞いたことがあり、少し気にしている部分もあったのですが、やはり自分の一番興味のあることをするべきだと思い、理学部にしました。また、さすがに旧帝大レベルならば理学部といえどもある程度は大丈夫なのではないかと思っていました。私の考えはまだまだ甘いのでしょうか。貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/26 00:41

京大理学部生(物理)です。

参考までに僕の経験をひとつ。

ぼくは、一浪して京大に入ったのですが、京大に入ろうと決めた高3で受けた模試(代ゼミの京大模試)はひどいものでした。

今でも覚えていますが、数学は200点中5点、国語は100点中3点(無論判定はE)です。
結局、現役で受けた京大は合格最低点が330点ほどに対し、僕は230点しか取れませんでした。

でも、京大の試験は、数学と物理を伸ばせば感覚としてなんとかいけそうだった(理科と数学の配点は高いですよね)のと、センター試験を使わないのが魅力的だったので、浪人してもう一回チャレンジすることにしました。

そして浪人で入った代ゼミの京大理系コースが、手取り足取り教えてくれたので、そのおかげで京大に入ることができました。

自分のことばっかり話していますが、結局何を言いたいかと言いますと、

質問者さんが、数学と理科が得意なら、京大でもなんとかなる可能性は十分にある。(浪人するとかなりある)ということです。

また、理学部生には、僕のように浪人して合格点ぎりぎりで入ってきたやつが多いのが印象です。余裕で現役で入ってくるような奴は確かにいますが…。

また、京大に入ってみて思うのは、京都に暮らすことになるので、非常に面白いのと、京大はほかの大学より自由なのが魅力的という点です。京大入ったことに不満というひとは、大変稀です。

僕は阪大のことはよく知らないので、比較できませんけど。

偉そうなことばかり言ってすみません。参考までに。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

実際に京大受験をされた方のご意見ありがたいです。私の場合は得意科目が国語、苦手科目が理科という、自分でもなぜ理系にしたのかよくわからないような人間なので、「可能性が十分にある」タイプの人間ではないようです。(ただ阪大にしてしまっても、国語があまり生かせないのですが・・・笑)このことも視野に入れてしっかりと考えたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/26 00:48

私のお勧めは、月並みですが前期京大、後期阪大。



京大に挑戦しないまま阪大に受かったときに、「もし京大を受けていれば」という、たらればの後悔を引きずることになりはしませんか。

阪大ライフが充実していればいいけれど、ちょっと嫌なことがあったときなど、そういう気持ちがぶり返すことがないと確証が持てるなら、前期阪大でもいいと思います。

前期京大、後期阪大で後期だけ受かれば、回避せずに散ったことで京大への未練は軽減され、拾ってくれた阪大の存在をありがたく受け容れられるのではないでしょうか。

前後期とも落ちれば、単純に実力不足。阪大の難易度はもちろん前後期で違うだろうけれど、「前期阪大にしておけば・・・」、などというチンケな言い訳はまさかしないでしょう。来年の捲土重来を期してください。

また、センターが良ければ少しでも安全策で阪大前期、悪ければ逆張りで京大前期という考え方もあると思います。

看板という点では、『京大理学部』は、特に関西の生徒にはある種の魔力というか磁力があるようですが、東大との偏差値のギャップが目に見えて開き、その輝きも近年は褪せ気味には感じます。現役で阪大を落ち翌年京理に進んだのですが、院では東大に来た知人もいます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

もしかすると私もその磁力にひかれたものの一人なのかもしれません。確かにそうすればもし落ちたとしても後悔が残りにくいかもしれませんね。いろいろな選択肢を提示いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/26 00:53

No.2の補筆です。

1文を書きおとしました。

・・・熱が冷めるかもしれません。逆に,闘志が燃え上がり,臥薪嘗胆の末に同大学に合格しても,それはそれで結構でしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼遅れてしまってすみません(>_<)回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/03/28 00:37

うふふ。

ぼくもはるか昔に,あなたと似たような「あこがれ」をもって京都大学理学部を受けました。でも,数学で惨敗して落ちたら(同大学は当時から入試成績を開示していた),急速にウソのように熱が冷めましたね。あんな趣味的な出題ができるのは,「日本標準たる義務感がない二番手」を自覚してるからなんだろうな,と。

だから,あなたも受けて落ちてみればいいと思います。模試の成績では現役合格はしないでしょう。熱が冷めるかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご自身の体験談をお聞かせいただき、ありがとうございます。確かに京大の数学は異質ですよね。ご意見を参考にしてじっくり考えさせていただきます。

お礼日時:2010/12/26 00:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東大・京大の理学物理学科 物理学者になるには 中三です。

将来、理論物理学者になりたいと考えている中3男子です。物理学者(特に実験物理よりも理論物理学)になるには、京都大学と東京大学のどちらを目指すべきでしょうか。

京大と東大の理学部物理学科の違いなどを教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。貴兄の質問の解答に沿えるか不安ですが、私自身も中学・高校時代、同じような気持ちを抱いていたのでアドバイスさせていただきます。

当方は、京大工学部物理工学科に在籍しており、来年京大院で航空宇宙工学を専攻することになっております。貴兄の目指すところの理学物理専攻ではありませんが、それでもよろしければお付き合いください。

博士号を取得し、ポスドク(ポストドクトラルフェロー)を経て、講師、准教授、教授というアカデミックな階段を登ることで、一般的に言われる物理学者という肩書きを得ることができます。

その際、理論物理学の中のどの分野を責めて行くかは、実際大学に入り、研究室の研究内容や実績を見定めて、徐々に決まっていくと思います。
そこで、興味のある分野の教授を探し出し、必要ならばコンタクトを取ることが最善である!という意見もありますが。
中学3年が、即物的に自分の道を見定めるに上記の方法はいささか無理がある気があります。

東大と京大は、よく引き合いに出されることが多くありますが。
確実に理学物理を勉強できる学科の配属を考えると、京大の方が『確率』的に高くなります。
東大は2年生から3年生進級時に、進学振り分け制度があり。
理科1類・2類の計1500人近い東大生が、工学分野(物理工、化学工学、建築工学、情報工学、電気電子工学、土木工学など)、理学分野(生物学、数学、地学、物理学)、農学、薬学、獣医学などの専攻に希望と成績順に振り分けられるそうです。(理科Iは理工学系、II類は生物薬学系が多いそうですが、詳細は東大在籍者にまかせます)

京大は、理学部(300人)に入学し、同じく2年から3年の時に、大きく分けて数学、物理、生物、地学の専攻に分けられます。その後3年、4年生と京大理学部物理科として過ごした後、大学院入試の際に、もっと細かい研究室(2人~5人ずつ)に分属されます。

東大に入ったあと、東大生1500人と勝負。
京大に入ったあと、京大生300人と勝負。ということになります。
東大・京大のどちらに、どの学部に進学するにせよ。入試を突破してきた者同士の、勝負が残されていることにも留意してください。

世界で5本の指に入る物理学者を目指すなら、東大・京大という肩書き的な違いはあまりないと思います。これから勉強を重ね、大学受験を意識する際に、『旧帝国大学』+東京工業大学という言葉を聞くことがあると思います。
『北海道大学・東北大学・東京大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学・九州大学』です。国際レベルの学会や、レビューの多い国内学会に名を連ねる研究者の出身や在籍は、理学分野においては圧倒的に上記の大学です。他にも早稲田大学や慶応大学といった素晴らしい私立大学がありますが、国の助成金、他大学との横繋がりといった、政治的な理由もあり、理系の分野では『旧帝国大学』と東工大がリードしていることが多くあります。この点も、いつか意識されることと思います。

やがて、東大・京大レベルの受験対策をするにつれて、同じような意識を持ったライバルに模試や進学塾で出会うでしょう。
彼ら彼女らと、切磋琢磨し合い、自分の学問のスタイルを模索することも、偉大な物理学者になる上で大切な事かと思います。
大学受験範囲の物理でも、全国に通用するレベルに到達するころには、自分の中に系統立てられた『物理学』が垣間見えてきて、物理が面白くなると思います。
その頃には、自分が『東大型』か『京大型』かがおのずと分かってくるものです。

最後になりますが。
最高峰の大学で研究者志望として物理学に取り組む頃には。
東大・京大といった日本国内での優劣よりも、世界ランクの大学・研究所の中で自分のポジションというレベルになる(と僕の担当教官がおっしゃっています)
驕ることなく、愚直な努力こそが。理論物理学者への王道です。
がんばってください

はじめまして。貴兄の質問の解答に沿えるか不安ですが、私自身も中学・高校時代、同じような気持ちを抱いていたのでアドバイスさせていただきます。

当方は、京大工学部物理工学科に在籍しており、来年京大院で航空宇宙工学を専攻することになっております。貴兄の目指すところの理学物理専攻ではありませんが、それでもよろしければお付き合いください。

博士号を取得し、ポスドク(ポストドクトラルフェロー)を経て、講師、准教授、教授というアカデミックな階段を登ることで、一般的に言われる物理学者と...続きを読む

Q神戸大学 理学部 VS大阪大学 理学部

理学部、希望の男子です。
現在、高校に2年生です。
偏差値的には、学校から大阪大学をすすめられました。
が、大学の見学へゆき、通学が、2時間かかることに少し不安を感じております。両親は、家から近い神戸大学への通学をすすめております。近いほうが、入学後、勉強がしやすいからということからです。
将来、大学院まで(修士)通った場合、就職に関しては、そう大差はないのでしょうか。
今のところ、理系の研究につけたらと考えてますが、どうなんでしょうか。
また、大阪大学の薬学部からでも、研究に就職できるのは、学年で三人ほどといううわさをききましたが、そうなんでしょうか。
お聞きしたいことは、将来、理科の研究室に就職するには、
神戸大でも大阪大でも大差ないのでしょうか、ということと、
あと、研究室に就職するには、物理、化学、薬学、どこが、有利かと
いうことです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

東大の工学部から修士を出たものです。
大阪大学薬学部 四年生55名で研究職になれるのが3名。
まぁそんなもんじゃないの?

1 大学の研究者の世代交代は 15年から20年
逆算すると15人から20人に一人が研究室に残れる。
この比率で考えると、55÷15=3.6 55÷20=2.75
つまり、一学年に三名くらいが、自校に研究者としての来れる。
東大の場合、他の大学への研究職供給の場でもあるので もうちょっと高い。
駒場のクラス50人中、5名程度が、いわゆる教授とかになるらしい。

企業の研究職となると、研究者として30越しても働いているのは5名程度。大学に残った人間も含めて、50人中10名程度というのは、東大の理Iの平均ナところらしい。
※私のクラスはたまたま人数がやや多くて、大学で教授をやっている連中が「異様に多いぜ」と言っていたので、まぁその辺なんでしょう。

ちなみに、薬学で大学に残るのではなく研究者になるには関東に出てください。
大手の薬剤メーカーの研究所は関西の研究所をつぶして関東に移転しているそうです。
と、先日某大学の教授が言っていた。

そう思って検索すると
http://www.takeda.co.jp/press/article_34872.html
関西企業ですが、
http://www.takeda.co.jp/about-takeda/global-operations/index_50.html#laboratory
想像するに、生産ライン関係の研究部門は、工場に近い大阪で、基礎研究は現状の筑波に藤沢を追加という感じです。

東大の工学部から修士を出たものです。
大阪大学薬学部 四年生55名で研究職になれるのが3名。
まぁそんなもんじゃないの?

1 大学の研究者の世代交代は 15年から20年
逆算すると15人から20人に一人が研究室に残れる。
この比率で考えると、55÷15=3.6 55÷20=2.75
つまり、一学年に三名くらいが、自校に研究者としての来れる。
東大の場合、他の大学への研究職供給の場でもあるので もうちょっと高い。
駒場のクラス50人中、5名程度が、いわゆる教授とかになるらしい。

企業の研究職となると、...続きを読む

Q理学部物理学科の就職先

理学部物理学科に行きたいと思うのですが、将来どんな仕事に就けますか?またどの大学の理学部がオススメですか?教えてください。

Aベストアンサー

私は、私大の物理学科を卒業して、大学院までいき、博士の学位を得、外国で12年、結婚もせず研究生活に明け暮れ、ようやく41歳の年で、日本の某国立大学に就職できました。

振り返ってみると、結構つらかったです。
どの大学がお勧めかといえば、それは、東京大学か京都大学がいいでしょう。でも、そんなところへは、難しくていけない?じゃぁ、いかなくてもいいと思います。他の回答者が述べていたように、結局のところ自分自身の問題です。

物理学や数学は、スケールが問題です。
人生高々100年です。君が遭遇した物理研究問題が解決されるには、どんな天才でも、500年はかかると知っていたならば、自分の人生を投げうってまで、研究を続ける人はほとんどいないでしょう。いたとしても、それは単なる気違いです。

近年、東大の小柴さんがノーベル物理学賞を受賞しました。君は小柴さんのようになりたいのか?
大きな天体観測装置で、遥か宇宙のかなたからやって来たニュートリノと呼ばれる素粒子を観測したのである。次にまたニュートリノを観測するのに、何百年かかるか分からない。小柴さんは、言いました。「ちゃんと準備をしておけば、チャンスはやってくるものだ。」この言葉は、研究者をとても勇気づけたと思います。

だけれども、私はそうは思わない。科学は、帰納法といって、何度も繰り返して確かめられるものでなければ、ならないのだから。小柴さんの観測は、確かに正しかったかもしれないけれども、それを科学と呼ぶには、早すぎた。何千年も早すぎた。

それを、はや合点して、ノーベル賞を出すほうが、奇跡的だとは思わないかい?もっとも、ノーベル賞は生きてる人間にしか与えられないことになっているらしい。

そうそう、相対性理論の産みの親のアインシュタインは、ノーベル賞をいくつかもらっているけど、相対性理論では、とうとうノーベル賞はもらえなかったんだよ。

。。。というわけで、物理学で新しい発見を目指すのであれば、将来どんな仕事に就けるかどうかなんて、ちっちゃな問題です。というか、関係のないことでしょう。でも。。。確かに、食べて行かないと、研究できません。そういう意味では、それは大切だ。それには、自分の研究の妨げにならない仕事を選ぶことだ。

。。。とにかく、何か自力で(そして人に頼らないで)研究できる能力をつけることだ!発見のできる自分作りをする。。。

。。。だけれども、上の意見は、君が天才研究者だったら・・・・の話だ。。。だから、ちょっと裏腹ではあるが、自分の良い理解者に早く巡り会うことも非常に大切だ。自分よがりの研究者は、無駄な人生を送ってしまうからだ。

ん~。。。大体にして、そういうことをここに「質問」して、「はいそうですね。理解できました。そうします」っていう考えになれると思う?

アインシュタインだって、死ぬまで悩んだと思うよ。

私は、私大の物理学科を卒業して、大学院までいき、博士の学位を得、外国で12年、結婚もせず研究生活に明け暮れ、ようやく41歳の年で、日本の某国立大学に就職できました。

振り返ってみると、結構つらかったです。
どの大学がお勧めかといえば、それは、東京大学か京都大学がいいでしょう。でも、そんなところへは、難しくていけない?じゃぁ、いかなくてもいいと思います。他の回答者が述べていたように、結局のところ自分自身の問題です。

物理学や数学は、スケールが問題です。
人生高々100年...続きを読む

Q京都大学は本当に自由か?

京都大学に関して質問があります。
私は現在大学1年生なのですが、仮面浪人して京都大学の再受験を考えています。今の大学環境に疑問があることがその理由です。
私は入学前、大学とは友人たちと一緒に勉強できる場所だと考えていました。しかし入学してみると周りにそんな雰囲気はほとんどなく、ただ授業があるから仕方なくやっているといった様子で、最近では大学に受かったことで満足している(一応旧帝なので)とも感じてきました。また、講義が上手いわけでもないのに出席など授業の束縛も緩くはなく、ほっといてくれたら自分で勉強するのにと思っています。
京都大学は本当に出席などほとんどなく、それでも学生は自分で勉強するのでしょうか?単位が楽にとれて自由だという話はここを含めよく聞きますが、その自由さを学生がどう利用しているかを知りたいです。また、京大は独創性を育て発想を育むことが東大との方向性の違いだという話もよく聞きますが、それはどういうところに感じられますか?特に京大生やOBの方いらっしゃったらお願いします。自分は工学部志望なので、文系や有名な理学部との違いなども詳しいこと知っていたら教えてください。最後に長文読んでいただきありがとうございます。

京都大学に関して質問があります。
私は現在大学1年生なのですが、仮面浪人して京都大学の再受験を考えています。今の大学環境に疑問があることがその理由です。
私は入学前、大学とは友人たちと一緒に勉強できる場所だと考えていました。しかし入学してみると周りにそんな雰囲気はほとんどなく、ただ授業があるから仕方なくやっているといった様子で、最近では大学に受かったことで満足している(一応旧帝なので)とも感じてきました。また、講義が上手いわけでもないのに出席など授業の束縛も緩くはなく、ほ...続きを読む

Aベストアンサー

私は田舎大→京大修士→東大博士と色んな大学を出てますが、その上で感じたのは

まず京大生でよく勉強する人間は孤高タイプが多いです。
質問者さんのおっしゃるような友人と一緒に勉強会といった雰囲気ではありませんでした。ただし、スタンスとしては質問者さんの方が正しいと思います。一人で何とかなるのはよほどの天才ですからね。


一方で東大は勉強会が盛んです、今はどうか知りませんが博士時代、今から10年ちょっと前には輪読サークルのようなものもあったと記憶してます。京大にはありませんでした。


そういえば田舎から修士で京大に進んだ私は「京大ってやっぱり凄いんだろうな~」と戦々恐々してましたが実際はまったく勉強してない人間が大勢いてちょっと残念でしたね。




ところで、上記の内容は全て理学部に関してです。

工学部は京大でも結構締め付けがきつい印象があります。

というか工学部は授業に出ないとどうしようもないことが多い学部(一人で勝手に勉強して製図や設計、器具の扱いができるようになりますか?)ですから、一年次からそのへんは躾られると思います。
一年から出席を厳しくする理由は教員側からしてみるとサボり癖がつくと困るだけの話であって、それ以外に理由はありません。一年の範囲なんて誰でもできます。

それに付随して工学部では大学院に進学する際に推薦入試が数多くあります。生徒が真面目に授業に出て優を取ってるかどうかを見てるといってもいいかもしれませんね。
理学部には推薦入試なんてありません。


また古典からの積み上げをやらないのが工学部です。
例えば古典物理もろくにやらずにいきなり量子工学(or光学)をやったり~と、しかもこのへんは教授のさじ加減次第なので授業に出ないとどうにもなりません。

理学部はやるべき事がワンパターンというか、工学のように学部段階からは色々やれません。このことは学部の卒業研究にも表れていて、工学部はうまくいけば雑誌論文に投稿できますが理学部は学生時代のおさらい程度のことしかやれません。数学科に至っては論文さえ書けません。

やることに話を戻すと、私は数学系なので数学で例えてみます。

線形代数・微分積分(初等)
→集合・位相
→多変数の解析・先へ進んだ線型代数
関数論あたりで今までの知識を統合・整理
→応用的なルベーグ積分や関数方程式などを

集合と位相が終わったあたりから代数・幾何を並行してやります。

あとは各自の好きなことを掘り下げる

こんな感じです。どこの大学でも同じです。やることどころか参考図書もだいたい同じです。下手すれば教科書も同じかもしれない。
違うのは学生の質のみ
物理も似たような感じでしょうか。一方で化学や生物は厳しいですね。多分京大も生物系や化学系は出席を取らないなんてことは無いと思います。
というかグループでやりますから仮に出席を取らなくても普通の良心をもっていればサボれません。

それ以前に質問者さんは一年ということで、最もつまらない学年です。授業の半分以上は教養科目に語学ですからね、私もつまらなかった。
一年がつまらないのはどこでも同じだと思いますが「専門に関係ない科目を楽に取れるかどうか」では確かに京大が最も楽だと思います。

個人的には工学部なら仮面浪人はおすすめできません。仮面するぐらいなら三年で大学院に飛び入学した方が早いです。工学部でも三年で受験できるところはぼちぼちありますね。京大もいけたかな。

理学部を受験するなら仮面浪人も有りだと思います。京大の理学部は一回でも三、四回の授業を履修できるので、出来る生徒は爆走できます。まあこれが先述した孤高タイプを生む原因にもなってるわけなんですが…

私は田舎大→京大修士→東大博士と色んな大学を出てますが、その上で感じたのは

まず京大生でよく勉強する人間は孤高タイプが多いです。
質問者さんのおっしゃるような友人と一緒に勉強会といった雰囲気ではありませんでした。ただし、スタンスとしては質問者さんの方が正しいと思います。一人で何とかなるのはよほどの天才ですからね。


一方で東大は勉強会が盛んです、今はどうか知りませんが博士時代、今から10年ちょっと前には輪読サークルのようなものもあったと記憶してます。京大にはありませんでし...続きを読む

Q東工大と京都大工学部はどっちが入りやすいですか?

東工大は第4類くらいを考えていただければありがたいです。
ちょっとしたことからこの2校を考え始めたのですが、率直にどちらが入りやすいでしょうか?

京大は入試問題的に対策をとっていない自分にとってはより厳しいような気がしますが…

総合的に見てどうなのでしょうか?
特に京大については知識がほとんどありません…

詳しい方お願いします!!

Aベストアンサー

京大工学部の場合、
 
 ・英語が和訳・英訳のみ。非常に癖が強く難解。
 ・本年度から二次試験でも国語が出題される。非常に難解。センスがなければ対策は困難。
 
 ・センター試験では、地歴公民は、地理B・日本史B・世界史Bのみ可。公民では出願不可。(工業化学科のみ公民でも可)
 ・後期試験は実施しない。

高度な文系的センスも問われる、出願がやりづらい、この辺のリスクをどう考えるかですね。

Q物理学で研究職につくには

現在、高3の受験生です。

僕は、将来は物理学で研究職につきたいと思っています。

そもそも、研究職につける人は、かなり限られると思いますし、
物理学という分野でも同じ事が言えると思っています。

それに僕は、そんなに天才的な何かがあるとは思えませんし、
高校時代から物理の難しい本を読んで、
大学レベルの事を勉強しているなんて事もありません。

それでも、やっぱり研究職につきたいと思います。

学校の授業でも物理が一番好きですし、
勉強してて面白いとも思えて、自分には物理があってるのかな~
なんて思っているんですが、
こんなくらいの考えで物理学科なんて行ったら、
痛い目見たりしてしまうでしょうか?

何か質問がよくわからなくなってしまったんですが(笑)

とりあえず、物理学科に行って、研究職につける人というのは、
どれくらいいるもんなんでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。補足です。

No.2で原子核理論と原理核実験を書き忘れるという失態を犯してしまいました。そういう分野もあります。その他、生物物理などもあります。

No.3の方が書かれていますが、物理は実力主義の世界なので、出身大学は関係ないです。
実力主義の結果として東大や京大の特定の大学出身者に偏る傾向があるということになります。
たとえば、東工大は東大出身の教授が多いのですが、それは東工大出身者をコネで採用するということをしていないので、実力で採用した結果そうなってしまうだけです。
しかし、東北大、名古屋大出身の優秀な研究者もたくさんいますので、ご安心ください。
物理学者になることだけが目標であれば、どうせ学部では基礎的な勉強しかしないし、教授と専門分野について語りあうことも一切ないので、旧帝大だろうが地方大だろうがどこでも一緒です。
でも、一般に優秀な者は入試程度でつまづくはずはないです。

さて、宇宙にご興味がおありとのことですが、大きく2つのパターンに分けられると思います。
1.数学が得意で、物事の原理を根本的に突き詰めるのが好き
2.漠然と宇宙が好き
1でしたら、初期宇宙などの宇宙理論、もしくは素粒子論がよいでしょう。
2でしたら、観測的宇宙論や宇宙観測がよいでしょう。

宇宙理論はかなり人気のある分野ですよ。
私は東大出身ですが、同期で宇宙理論に進んだ人は数人いました。
(全員、とても優秀な方でした。)
残念ながら全員、途中でやめていきました。
宇宙理論はそんな感じです。
だいたい、宇宙理論は各大学にポストが2つや3つくらいしかないわけです。
ある大学のポストが2つと仮定して、そのポストについている教授、助教授の年齢が55歳、45歳だったら、(定年が65歳なので)あと10年間はその大学では全く空きがでません。その一方で、毎年数名、大学院に入ってくるわけですから、おのずから競争は厳しくなります。そういう分野は博士課程を終えたあと、世界中を任期が2,3年のポスドクをやりながら転々とします。
たまにポスドクが切れちゃって半年や1年くらい無職になったりする人もいます。
そこまでして続けるというのは、物理が好きというのを通り越していて、物理教の狂信者といった感じですね。
で、諸国を転々として、日本に空きができたら帰ってくるという感じでしょうか。
だから、旧帝大で宇宙理論のポストにつこうと思ったら、それなりの能力と覚悟が必要でしょう。
しかし、基準を下げれば、結構簡単です。
日本には実はたくさん大学があって、地方大学で一般教養の学生に物理を教えるポストや、国際××福祉大学のような聞いたこともないような私立大学で文系の学生にエクセルやワードの使い方を教えるポストもたくさんあり、そういうのは割と簡単になれます。
理論でしたら、お金がもらえて時間があればどこにいようが研究はできるので、そういう手もあります。

ちなみに、宇宙観測に行った同期数人は、ほとんど研究者としてのポストか、JAXAや民間企業などで観測衛星の開発にかかわる仕事についています。宇宙観測も人気があります。

素粒子実験、物性実験は、博士号取得→助手→助教授とかなりスムーズに進むケースが多いです。

生物系では、博士課程の途中で助手になる人もいますし、分野によっていろいろですよ。

今は理系は修士まで行くのが当たり前で、優秀な大学院生も大勢いる一方で、学部の内容さえろくに理解していない本来大学院に来る必要もない大学院生も山ほどいるのが現状です。だから、遠慮することないと思いますよ。(意外かもしれませんが大学より大学院の方が簡単に入れます)
そこそこの大学を出て修士までだったら、希望すれば大抵どこでも就職できるので、とりあえず物理学科に行って勉強したらいいと思いますよ。
理論物理は人間の能力を極限まで鍛えるのに最適です。
物理をやめて今は他の分野の仕事をしている友人が
「場の量子論を経験した以上、他の分野の学問は簡単にしか思えない」
と語っていました。確かに数式には極端に強くなります。

ただし、修士で就職する場合、修士1年の終わり頃から就職活動を開始しなくてはいけないので、大学院に入って1年以内に決断する必要があります。長い間迷っている時間はないです。で、その時期はまだ場の量子論の初歩をかじりかけた段階だと思うので、さしずめ1950年代までくらいの物理しか知らないでしょう。物理の全体像を把握する前に続けるかやめるか決断しなくてはいけないということです。
博士課程まで行って博士号をとるのは簡単なことですが、そこまで行くと27歳なのでそれなりのリスクが伴うことを覚悟しておく必要があります。

最後に、
ノーベル賞を受賞した朝永振一郎(ともながしんいちろう)は、物理学者になると父親に話したときに止められたそうです。そんな道に進んでも高校の教師になるのが成れの果てだぞ、それでもいいのか、と。朝永さんは、好きだからそれでも構わないと思い、物理の道を選びました。
私もこれから進もうとする人に少し怖気づかせることを書いてしまいましたが、kiku511様は朝永さんのようにすごい才能があり、次々と大発見をして歴史に名を残すような学者になるかもしれませんね。

No.2です。補足です。

No.2で原子核理論と原理核実験を書き忘れるという失態を犯してしまいました。そういう分野もあります。その他、生物物理などもあります。

No.3の方が書かれていますが、物理は実力主義の世界なので、出身大学は関係ないです。
実力主義の結果として東大や京大の特定の大学出身者に偏る傾向があるということになります。
たとえば、東工大は東大出身の教授が多いのですが、それは東工大出身者をコネで採用するということをしていないので、実力で採用した結果そうなってしまうだけで...続きを読む

Q理学部数学科の忙しさ

旧帝大の数学科を目指しているものです。理系全般に関して、実験やら研究やらで徹夜など当たり前と聞いていました。

しかし理系だけでも数学科だけは1年のころから忙しさは変わらないと聞きました。これは本当でしょうか?

聞くところによると、まず理系特有の実験がないそうです。(もちろん数学実験はなきにしもあらずだそうです)それに頭脳勝負なので徹夜云々ではないという感じです。

逆に数学科は高度なことをするので、内容は非常に濃いと聞きました。

実際の(特に旧帝大の)忙しさってどんなものなんでしょうか?

Aベストアンサー

旧帝大理学部数学科から、純粋数学の大学院修士をでました。たしかに、学部時代から大学院を通して一度も実験というものをしませんでした。入学時に買わされた白衣は一度も使わず捨てました。

確かに、拘束時間は極端に短いですね。他の理系の学科に比べると。私の場合、大学3、4年生から大学院時代は週に2、3日しか大学に行っていなかったです。行った日も数時間しかいませんでした。だからといって遊んでいてもやっていけるわけではないのでご注意を。他の場所でしっかり勉強してました。

Q大阪大か名古屋大か・・・

夜遅くに失礼します。
先日http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6602219.htmlで質問したnora12という者です。
諸事情により志望校を現在の東北大学から別の大学に変えざるを得なくなった次第です。

前回の質問での皆様からのご助言も含めて考えた結果、大阪大学か名古屋大学かのどちらかを新たな志望校としていきたいと思っています。

ただ第一志望校を決めるにあたって皆様のご意見を拝聴したい点があり、今回質問させていただきました。

申し遅れましたが、私は工学部の応用化学系の学科を志望しており、
阪大なら工学部の応用自然科学科、基礎工学部の化学応用科学科を名大なら化学・生物工学科を考えています。

まず大阪大についてですが、工学部の方と基礎工学部の方との間のはっきりとした違いがよく分かりません。
名前の通り基礎工学部の方がより基礎研究に特化しているとの認識でよいのでしょうか?
また阪大も名大も核融合炉の研究が盛んであるような印象を受けたのですが、応用化学・化学工学の方面の研究はどうなんでしょうか?
大学のHPだけでは分かりかねるもので・・・

最後に、くだらないことなんですが、大阪、名古屋という都市としてお尋ねしたいのですが・・・
恐らく大学周辺は閑静な街並なんでしょうが、一つの市として見たときに両市共に非常に個性が強い町のように見受けられます。
大阪、名古屋といったらといった特色のようなものも挙げていただければ助かります。
街がどうとかで学校を決めるつもりは決してありませんが、どうしても気になってしまうもので・・・

質問になっていないかもしれませんが、皆様のご回答お待ちしております。

夜遅くに失礼します。
先日http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6602219.htmlで質問したnora12という者です。
諸事情により志望校を現在の東北大学から別の大学に変えざるを得なくなった次第です。

前回の質問での皆様からのご助言も含めて考えた結果、大阪大学か名古屋大学かのどちらかを新たな志望校としていきたいと思っています。

ただ第一志望校を決めるにあたって皆様のご意見を拝聴したい点があり、今回質問させていただきました。

申し遅れましたが、私は工学部の応用化学系の学科を志望しており、
阪大なら工...続きを読む

Aベストアンサー

よく言われているのが、理論や数式を研究するのが理学部、つまり
工業自体を意識せずに自然科学や数学などを探求し研究者を育成するのが理学部。

何かを作り出す、つまり現実の工業を意識して技術者の養成を図るのが工学部。

工学部より基礎的なことを学ぶのが基礎工です。
工と同じ技術開発を主眼としていますが、その基礎として自然科学の教育を
工学部以上に重視しているという感じです。

基礎工の化学応用ならば新しい物質の本質を研究して、物質と生命の関係や
エネルギー問題や環境問題をもからませた教育研究を行う、
工学部よりも物質を通して自然に働きかける化学の世界を広い視野でもって
研究を行うところです。
新しい化合物の発見、機能性物質の開発や合成法の確立、多様な物質の研究
といったところです。

工学部の応用自然学科のほうが、より実学志向が強く工学的に応用できる
人材育成といった感じです。

旧帝大の素晴らしいところは、やはり設備の充実度でしょう。
阪大吹田キャンパスにある環境安全研究管理センターや
先端科学イノベーションセンターや核物理研究センターといったところと
連携しながら研究開発を行えるところです。

東北大青葉山キャンパスも素晴らしい環境ですが、今回の地震でしばらくは
落ち着かない状況になるのは、日本全体からみても残念なことですが。

大阪大学については、ここの掲示板常連の人で、きついことを言う人もみかけますが
ネットでよくあること、決してそんなことはありません。
というより旧帝大理系学部の雰囲気は、どこも似たり寄ったりの学風です。

それから首都圏におけるピラミッドのようなことはありません。
また私学に早慶という存在も関西にはありません。

関西出身の国立大受験生ならば、みな知っていることですが、
駿台でも河合でも、阪大A判定で京大C判定というような大きな開きはないし、
現役受験生のほとんどがB判定、C判定、D判定で受験に突撃という人間が
ほとんどで、
浪人で京大合格者でも現役阪大失敗組みもわりと多いし。

ネットなどの安易な書き込みに見られる、京大いけなかった組が阪大、
阪大いけなかった組が神戸大などといった単純な図式ではありません。
おそらく、こういう書き込みは他地域の人たちでしょう。
厳しい受験を乗り越えてきた関西受験生は、あまりそこまでの差というものは
感じていません。

私はいろんな理由で東京の大学へ進学しましたが、首都圏における筑波、横国、
千葉といった周辺大学と東京にある早慶、東大、東工大(すずかけは横浜だけど)の
ような微妙な関係はありません。

ただ京大に憧れる受験生は多いですし、だれも阪大は京大に勝っているとは
思っていません。
ただ前期京大失敗組みでも、後期阪大に合格すれば、まあいいかという人も多いし
前期から、より合格確率の高い阪大受験を目指す人も多いです。

京大を強行に受験し失敗して、中期大阪府立や同志社に行くなら、阪大へいきたいという
微妙な受験心理を、どの受験生も持っているのも確かです
(まあ、灘や東大寺クラスは全く違いますが(笑))

京都、大阪といった両都市の独自の性格もありますが。
阪大は阪大で関西でも独特の存在感があります。
まあ、ご存知のとおり全国的にも、その実力は知られている旧帝大ですが。

後半の質問ですが、大阪北部の豊中キャンパス(理学部、基礎工、文系学部)は
45万平方メートル、
吹田(すいた)キャンパス(工学部、医学部、薬学部等)は100万平方メートル
の広さです。
箕面キャンパスは外国語学部で17万平方メートルだったかな?

豊中キャンパスは雑然としているけれど、吹田キャンパスは最新設備も多く
緑豊かな理系のキャンパスです。
医学部と附属病院の設備は特に立派ですよ。
工学部は西側の千里門と西門からが近いです。

雰囲気は東北大の青葉山キャンパスと似ていると思います。
アクセスは前回の回答でかいたとおり。

大阪の街(特にミナミ)は、大阪の雰囲気丸出しだけれど、
阪大付近、特に吹田キャンパス近辺は、東京からの転勤族も多く住んでいて
大阪の中では最も東京の雰囲気があるところといわれています。

もともと阪大自体が、関西のほかに愛知や岐阜三重、中国四国、九州出身者も多く
独特の阪大弁が飛び交っていますから、地方出身者でもすぐに溶け込めますよ。
関西だけの大学と書き込んでいる人間は阪大の実態を知らない人です。

あなたの出身県ならば、ほとんどが東京の大学へ行くので、大学くらいは阪大にでも
くれば、九州や四国・中国出身の人たちと友達になれますよ。

東北大に行くと、なかなか四国や九州や広島、岡山、島根、鳥取の人と
知り合う機会は少ないものです。
こういう面でも、また別の人生が味わえます。

よく言われているのが、理論や数式を研究するのが理学部、つまり
工業自体を意識せずに自然科学や数学などを探求し研究者を育成するのが理学部。

何かを作り出す、つまり現実の工業を意識して技術者の養成を図るのが工学部。

工学部より基礎的なことを学ぶのが基礎工です。
工と同じ技術開発を主眼としていますが、その基礎として自然科学の教育を
工学部以上に重視しているという感じです。

基礎工の化学応用ならば新しい物質の本質を研究して、物質と生命の関係や
エネルギー問題や環境問題をもからませた教...続きを読む

Q京都、大阪、神戸大学(生物系)

関西に住む受験生です。
今、京都大学の農学部を第一志望にしているのですが、今のままではとても合格しそうにありません。
そこで、同じ関西圏の大学、大阪大学か神戸大学も考えているのですが、阪大には農学部がないので、代わりに理学部の生物科が近いのではと思っているんですが、農学部と理学部生物科の大きな違いはどこでしょうか?
また、阪大の理学部に行くより、神大の農学部の方がいいのでしょうか。
特に阪大の理学部生物科は最近できたと聞いていますので、どんな感じなのかまったくわかりません。
理学部というだけで変人だとか、就職ができないとか言う話も聞きますし(その人たちの主観かもしれませんが。)私自身理学部にあまりいいイメージを持っていないのですが…^^;
情報を持っておられる方がいましたら教えてください。

あと、生物系で良い大学がありましたら教えていただければと思います。(関西圏でなくてもかまいません!)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

このコーナーの質問者もいろんな人(ふざけた質問をする人とか)がいますので、ついきつい言い方をしてしまいました。
遅くなりましたが、そのことについてはお詫び申し上げます。
そこでお詫びのしるしとして、もう少し具体的に書き込んでみます。

最初に疑問点ですが、阪大の理学部生物学科自体が最近できたとおっしゃっていますが、
それは従来の生物学科に新しく生命理学コースを新設しただけのことではないでしょうか?
阪大の生物学科の設立は歴史が新しいといっても、昭和20年代前半の新制大学時の設立だったと思いますから、
もう60年近くの歴史があるはずです。

それから受験面ですが、関西の農学部志望の受験生は、阪大に農学部がないので、京大農学部が駄目だとなると、
神戸大農学部へいくか大阪府立大農学部へいく人が多いですね。
そのせいか伝統のある北大農学部への関西からの受験者が意外と多いのにも頷けます。

次に大阪大学と神戸大学の知名度ですが、前回の回答でも言いましたが、
全国的な知名度では阪大のほうが分があります。 
私は親が転勤族ということもあり、関西、関東ばかりでなく新潟や仙台や高松や福岡といった地方都市にもすんだことがありますが、
いろんな場所で経験したことからでも、大学自体の知名度は当然のことですが阪大が上です。
(あくまで有名大企業の支店関係者や進学高校・塾関係者や知識人等に対してです。)
また意外と東北や新潟の村のおじいちゃん、おばあちゃんでさえも、
日本で実質2番目の都市(人口だけは横浜に抜かれていますが)である大阪にある大阪大学に通っているといえば、
大学の中身がわからなくても都市の知名度から、一応賢いねという反応はもらえます(笑い)。

こんなことを書くと神戸大がだめのように思われますが、決してそんなことはありません。
関西では三国立大学の一角を担っている大学ですし、その中で農学部も他学部と同様に日々の研究に頑張っています。
農学部の学生はみな明るいですよ。神戸大農学部に入学して後悔しているという学生の話は聞きません。
学生の質も高いし勉強意欲はあるし、また女子の人数の多さが農学部キャンパスの雰囲気を明るくしています。
また文学部と食堂が一緒だし、神戸大農学部の雰囲気は農学というイメージとは反対に随分と明るい、いや華やかな感じさえします。

ただ如何せん神戸大は旧制商大の伝統から、世間から文系(経済、経営、法学部)に比べて
理系が弱いという目でみられる(特に年配の方から)のが少し気の毒ですね。

また質問者様も充分わかっていると思いますが、受験勉強をしだすと
京大と阪大の差も小さいようで小さくないことがわかります。
常時、偏差値65(河合の全統)くらいから偏差値70を越えるのはホント苦しいものがあります。
それに何よりも京大の受験生の質が阪大受験生の質よりかなり高いですからね。
でもとりあえず第一目標を貫徹するように頑張ってください。
(私は夏休み明けに志望大学を変更してしまって、あまり偉そうにはいえないのですが)
参考までに首都圏(の一般人)では、京大と阪大の評価は雲泥の差があります。

少し話しがそれましたが、疑問点である農学部と理学部の生物学科の違いですが、(もうHP等を見ているかもしれませんが)各大学のHPが参考になります。

名古屋大学 農学部
http://www.agr.nagoya-u.ac.jp/jukensei/university/qa.html
大阪大学 理学部
http://www.sci.osaka-u.ac.jp/qa/biology-jp/
東北大学 理学部
http://www.biology.tohoku.ac.jp/laboratory/index.html
案外、バイオや植物関係の研究とかは似たようなことをしているようですね。
ただ農学部の方がどの大学も附属の農場や植物園や動物・植物実験棟を使用できますので、フィールドワークについては理学部より適していると思います。

就職自体は、ご存知のとおり工学部に比べれば理学部・農学部の就職内容が落ちるのは確かです。それはあくまで旧帝大の工学部と比べてです。
長年、日本経済を引っ張ってきたのが自動車業界であり、エレクトロニクス業界ですから、
そういった業界背景を考えてみると、有名企業の数からして工学部より就職が劣るのはやむを得ません。
(ソニーやパナソニックやトヨタやホンダとサントリー、キリン、森永、日本ハムといった企業規模の比較からも明らかです)
しかし理学部は生命現象から宇宙現象までの「理」を追求できる学問です。
ノーベル賞の受賞者が理学部が多いのも当然であり、工学部に劣るということなどありえません。
また公務員への就職は農学部生のほうが工学部生より多かったはずです。

ただ質問者様が理学部の就職が悪いとおっしゃっていましたので、前回はあのような失礼な回答になりました。
でも世間一般の考え方としても、たとえば早慶以外の私立大や地方国立大の工学部生と阪大理学部生が同時に入社面接に来たら、普通のケースでは会社は必ず阪大理学部のほうを採用します。
理由は前回でも述べましたし、何よりも阪大生のほうが優秀だからです。
中堅どころの上場会社の人事担当者などは、うちの会社は欲しくても
阪大の学生はエントリーさえしてくれないってボヤいてますよ。
これは本当の話です。
日本で一部上場会社なんて東証だけで1700社もありますから。
ですからもう少し自信をもったらどうでしょうか?

関西に限定しなければ、他地域にも素晴らしい大学はたくさんあります。
北大はもちろん、東北大学、名古屋大学、九州大学とか。
東北大農学部はもうすぐ新青葉山キャンパスに移転するけれど、仙台は4年間を過ごしてもいいかなと思わせる街です。九州大学も新しいキャンパス(伊都キャンパス)が広がっていますし、福岡や札幌もすみやすいところです。

また理学部農学部は、どの大学も8割以上が大学院に進学するという状況なので、その時に改めて東大院・京大院等の進学を考えてもいいのですから、
大学4年間くらいは関西以外の他の都市での生活を経験するのもいいかもしれません。
私個人が、実際にこういった町に住んだことがあるので、質問者様にもそういう経験をさせてあげたいという願望なのですが。
でも現実にはそれは無理な話ですね。

もちろん東京が一番刺激のある町ですし、またいろんな人間に出会う可能性のある町です。
でも理系の勉強や実験の多さを考えると、文系学生に比べて東京へ出るメリットはあまり感じられません。
なんせ生活費が高いですし、学年があがるにつれて自由な時間がなくなります。

でもそういったことを考えてみても、東京の中では偏差値の穴場的には東京農工大の農学部は面白いと思います。
ただ農工大も首都圏の農学部受験生のねらい目大学なので人気は高いです(東京神奈川も農学部が少ない。早慶にさえ農学部はない)。
確か農工大の偏差値は神戸大農と同じくらいだったと思います。

ただ理学部だけの評価となると阪大で充分です。
東大京大以外の理学部で阪大より高い評価が出る理学部は他にはないでしょう。
それは農学部を巻き込んでも同じことが言えます。
旧帝大の理学部・農学部との比較でも、全国的な評価を考えれば阪大理学部のほうが上にはなっても下にくることはありえません。
もちろんこの評価はあくまで、上場会社人事部の評価と考えてもらえれば良いかと思います。
学部や学部内研究力の評価ということではありません。

だから下宿などの経済的負担を考えるなら、わざわざ他の都市の旧帝大へ行くメリットは感じられません。
質問者様がどうしても農学部にいきたいとこだわるならば神戸大で充分だと思います。
もしくは他の旧帝大農学部を考えればいいかと思います。
(旧帝大といっても東北大や名古屋大の農学部は新制大学と同じ設立ですので、
旧帝大の意味からははずれると思います。つまり神戸大農とかわらないということです。)

また阪大理学部に進学したとしましょう。
阪大というところは、みっちりと勉強させられますよ。
良い意味で阪大はどの学部も「京大を追い抜け」という意気込みが感じられるし、
大学全体が「学生は勉強するもの」と考えていますから、
旧帝大の中でも一番勉強がたいへんな大学だと思いますよ。

以上、お詫びの意味で、再度書き込ませてもらいましたが、ダラダラとしまりのない長い(本当に長い)文章になりましたが、何らかの参考になればと書き込みました。

このコーナーの質問者もいろんな人(ふざけた質問をする人とか)がいますので、ついきつい言い方をしてしまいました。
遅くなりましたが、そのことについてはお詫び申し上げます。
そこでお詫びのしるしとして、もう少し具体的に書き込んでみます。

最初に疑問点ですが、阪大の理学部生物学科自体が最近できたとおっしゃっていますが、
それは従来の生物学科に新しく生命理学コースを新設しただけのことではないでしょうか?
阪大の生物学科の設立は歴史が新しいといっても、昭和20年代前半の新制大学時...続きを読む

Q物理学を学んだ学生の就職について

物理学を学んで修士課程を終えたとして就職でどうのような選択肢がありますか?

Aベストアンサー

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を卒業する場合には、勉強した「知識」をそのまま使って企業で活躍するというセンスよりも、むしろ、そこで習得した「能力」を生かすというセンスだからです。逆にもし工学部を卒業しても、そこで学習した知識がそのままどんぴしゃで企業でも使えるケースは珍しいようです。

また、物理の中での理論と実験の違いですが、私の知る限り、理論だと実験よりも会社には不利ということはないと思います。それには二つ理由があります。一つは現代の産業の現状は、IT系に重点が移ってきていて、理論系なら殆どの場合コンピューターをかなり使いますので、その面でかえって有利であること。もう一つは測定器や作業機械の使い方などは、実験系だからといって同じ機械を使うとは限りませんし、どちらにしても入社後に勉強するケースのほうが多いと思われるからです。

企業の中で、理学部出身の人が工学部出身の人よりも少ない主な原因は、日本中で工学部の定員が非常に多いことでしょう。私の見る限り、卒業生が就職で苦労するケースは、分野というよりも、むしろ個々人のパーソナリティに依ることが多いように思われます。企業では周りの環境に柔軟に順応してくれる人、しっかり意思疎通の出来る人を好むでしょうし、当然、企業の利益にかなわないことをしたいという人は、どんな学部の卒業生でも取らないでしょう。


次に具体的な現状を書きます。どこの大学とは、もちろんここでは書けませんが、卒業生の就職先はやはりIT係を中心に製造業が多いです。それは元々日本の産業構造自体がIT係に重点が移ってきているためだと思います。一言にIT係といっても、かなり幅が広いですし、IT係以外の製造業も多いです。どんな製造業でも最近はコンピューターはかなり使うと思われます。

製造業の中には当然、民間企業の研究所に就職するケースもあります。民間企業の研究所では、ごく一部の例外を除いて、その企業の利益に直結することを研究します。その内容は、物理学に基礎を置いた研究もありますし、物理学とは直接の関係のない研究をすることもあります。物理の卒業生はどちらの方向にも進んでいます。ただし「直接の関係のない」と言っても、物理はあらゆるものの基礎になりますから、殆どのものは何らかの関係はあります。

次に多いのは、公務員や中学高校教諭だと思います。その場合は、もちろん、公務員試験の勉強や、教員免許をとり教員採用試験の勉強をする必要があります。

製造業に比べれば、数は少なくなりますが、商社や金融関係に就職した人もいます。また特殊な例ではパイロットになった人もいます。


せっかく物理学を勉強したのに、就職した後に直接に関係のないものをやるのは勿体ないとか、しんどいとか思われるかもしれません。しかし、ANo.3さんも書かれているように、物理学というのは、あらゆる学問や科学技術の基礎であり、また、知識そのものを使わなくても、物理学を学ぶ過程で習得した「現実に根ざした論理的思考」というのは、どんな分野にも共通に必要なものなのです。ANo.4さんも書かれているように、「仮説・検証・修正」という物理学の方法は、あらゆることに適用が可能です。

また、「知識の陳腐化」ということがあります。技術というものは日進月歩ですから、大学でどんな分野の学問をした場合でも、どのみち入社後にも勉強をし続けていかないといけません。しかし理学系と工学系の違いは、理学部で勉強したことは、時間が立って成り立たなくなるようなことではないというところです。物理で言えば、力学や電磁気学などの知識が陳腐化することは未来永劫ありません。それらは自然界の法則だからです。ところがある特定の「技術」というものは、多くの場合数年で陳腐化してしまいます。

さらに、逆に基礎的な知識が必要になったときに、技術だけを学んでいた人が基礎に立ち戻って勉強しなおすのは、大変なエネルギーが必要になります。一度でも基礎を十分に勉強したことがある人は、忘れてしまっていても、少し勉強すれば思い出すことができます。基礎をしっかり勉強した上に応用を勉強するほうが、応用だけを勉強しているより安心です。

これは教育関係に進む場合も同様だと思います。やはり理学部でしっかりその分野の内容を勉強しつつ教員免許も取るほうが、教育学部で教員免許をとるよりも好ましいと、個人的には思っています。(両方やるのは確かに大変ですが。)


最後に、修士課程に進むメリットについて付け加えます。学部で、およそ力学、電磁気学、量子力学、熱統計力学を学習するわけですが、それは学問の基礎の部分です。卒業研究~修士課程で、研究(らしきもの)に手を染めることにより、その基礎部分の知識の本当の意味が、より正しく深く理解できます。また、現実の問題を考えることにより、「問題解決能力」も身につけることができます。研究の世界では必要に応じて問題を自分で整理して設定する能力が求められます。誰かがきれいに作った問題を解くだけの話ではなくなってくるのです。そのような能力はどんな分野に就職しても必要とされるものです。大学院ではその部分も学ぶことが出来るはずです。

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング