お酒好きのおしりトラブル対策とは

iディレクトリ http://www.idirectory.jp/ にディレクトリ登録をしました。
ヤフカテ登録する前に行いました。
(返金制度あるし、そもそも認可されるのか確認したかったので)
幸いなことに、登録されました。

しかしSEOツールズ http://www.seotools.jp/ で自サイトを調べると
「被リンク数」が、グーグルにもヤフーにも提携サイトがカウントされていません。

↓のようなうたい文句があるくせに、効果無しです。
被リンクを増やす(検索エンジン登録、iディレクトリ登録、公開から間もなければプレスリリース)

唯一の変化は、グーグルボットがかなり来るようになりました。

認可されて1週間くらいなのですが、現状をどう評価したらいいでしょうか?

それとも無駄だったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Googleのアルゴリズムをすべて把握することはほぼ不可能ですから、実際はどの程度効果があるのかの判断は難しいですね。


Googleの【Link:】コマンドでは、一部しか表示されない上に、サイトのページランクが付いていない場合(ページランク0でもパージランクはついています)は、まずリンク元は表示されません。
Yahoo JapanもGooglのシステムに移行してしまったので、結果は同じ。

ですが、米Yahoo!は違いますので、こちらではほとんどのリンク元が確認できます。
http://www.alltheweb.com/
こちらで、【Link:サイト名】で検索かけると、いろいろ出てきます。
ただし、1週間くらいでは読み込まれているかどうかはわかりませんが、少なくとも効果的なページであるなら読み込まれていて当然のように思います。

被リンク(リンク元)が全てサイトの評価につながっているかといえば、そうではないので判断は難しいですが、リンク元のページにページランクが付いており、自分のサイトと同じか近いキーワードの重要度が高いページなら、効果有りと思って良いでしょうね。
(Googleツールバーなどで確認できるページランクは、実際の指標とは異なっている場合もありますので、絶対的なものではありません)
    • good
    • 0

iディレクトリへの登録はSEO対策として有効か無駄か、というそもそもの問題を置いておくなら、「被リンクを増やす」という効果はあったでしょう。



ツールで見たときに数が増えていないというのは、外部から確認できる被リンクは「全てのリンク」ではなく、一部しか出てこない仕様だからです。
以前からGoogleのlink:コマンドは実態とかけ離れていますが、Yahoo!Japanの検索エンジンGoogle化と時を同じくして、Yahoo!のlink:コマンドも使えない仕様になっています。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>以前からGoogleのlink:コマンドは実態とかけ離れていますが、Yahoo!Japanの検索エンジンGoogle化と時を同じくして、Yahoo!のlink:コマンドも使えない仕様になっています。

問題はそこにあって、
コマンドとしてかけ離れているだけなのか、サイトに対するグーグルの評価基準としての「被リンク数」にも影響を与えるものなのか、どちらなのだろうと感じます。

後者の場合、被リンク数として評価されないコンテンツしか持たないカテゴリー登録は、検索エンジンに対して本当に効果があるのか?と言う疑問があります。

補足日時:2010/12/21 02:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング