会員登録で5000円分が当たります

現在就職活動をしております
私大3年生です

金融機関、とくに地方銀行、信用金庫を第一志望とし
就職活動をおこなっております
私は融資の業務を仕事として、どうしてもやりたいく
現状に悩んでおります

そこでの懸念として、祖父の自己破産歴があり
金融機関への就職には、身内調査、信用調査の観点から
不利かも知れないと思いました

現状整理していることとしましては
(1)祖父は亡くなっている
(2)企業のコンプライアンスが厳しいので一方的に落とされないのではないか
(3)法律的にはなんの問題も無いらしい
(4)昔から自己破産者が身内にいると銀行や国家公務員は難しいといわれている



ということです
もし、自己破産者が身内<どの間柄の人かも>にいて金融機関で働いている人が
本人でも、知り合いでもいましたら教えて頂きたいです


何卒、お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大手金融機関に勤務しております。

私は弟が自己破産者ですが何の問題もありません。

「そこでの懸念として、祖父の自己破産歴があり
金融機関への就職には、身内調査、信用調査の観点から
不利かも知れないと思いました

現状整理していることとしましては
(1)祖父は亡くなっている
(2)企業のコンプライアンスが厳しいので一方的に落とされないのではないか
(3)法律的にはなんの問題も無いらしい
(4)昔から自己破産者が身内にいると銀行や国家公務員は難しいといわれている」

御懸念は分かりますが、質問者の祖父が自己破産者だと確認する方法が金融機関にはありますせんよ(笑)

「私は融資の業務を仕事として、どうしてもやりたいく現状に悩んでおります」

 志望動機が上記の様ですが、銀行業務は融資業務だけではありません。とくに地方銀行、信用金庫の場合はノルマ営業をこなす事が質問者に求められます。承知の上で就活して下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
よく昔から金融機関は専門業者にたのんで身内調査をすると
言われているようだったので、そこで、自己破産者が身内に
いるということを採用不採用の条件にするのであれば、
厳しいと思いました。

いわゆる迷信まがいの信憑性の低い話に踊らされているのかも
知れませんが、秘密裏に行われているのではないかという
考えがありました。


融資が業務のすべてではない。おっしゃるとおりです。
OB訪問でも伺いましたが、希望は通りにくいとの事です。
そういったことも含めて就職活動しようとも思います。

すごく参考になりました。

お礼日時:2010/12/19 17:15

金融機関は、身元調査、素行調査は必ずします。

近所の娘さん(大学生)のことを興信所に聞かれたことがあります。あとで銀行に勤務しましたから 間違いなく身元調査です。
本人はもとより、親・兄弟に借金まみれの人がいれば 何かの拍子で本人にまで影響し、トラブルや不祥事に巻き込まれる可能性がありますが、それを嫌うからです。
でも、死んだお爺さんの自己破産は 自己破産の時期にもよりますが (ここ数年で無い限り)殆んど影響しないでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
必ず、ですか。
企業によるという事は伺っていたのですが
断言されると少し気が引けてしまいます。

祖父は5年程前ですので丁度消費者金融の
超過払い戻し適用の時期だったのですが、
その頃に病死したので、簡単な手続きで
自己破産扱いにしたみたいです。

参考にさせていただきます。

お礼日時:2010/12/22 21:05

たぶん行けます。


素行調査は入るだろうけど、親でなく祖父であること、爺さんは死んでるってことで、
関係なしになるはず。
ちなみに素行調査ってガッツリやるところは少ない。
警察と自衛隊は厳しいって聞いたけど、それ以外はほとんど可愛いもんだろう。

プライバシーの問題もあるし、あれはめちゃめちゃカネかかるんだ。
(1人1週間調査するだけで100万とか)
何十人って採用してるのに全員ガッツリやってたらカネがいくらあっても足らない。


どうしても100%完璧に疑惑をハズしたいなら苗字変えることだね。
簡単だし、僕の周りの中国系、韓国系の奴はみんな就職活動前に帰化してたよ。
特に後ろめたいことがあるわけじゃないだろうけど「まあ一応」みたいな感じ。
肉親に犯罪歴ある子とか含めてけっこうよくやる手だよ。

母親の苗字にしてもいいし、
祖父方と違うほうの祖父母の養子になってもいい。
こんなもん手続き上だけの面で、生活スタイルは変える必要もないし。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
苗字変えるのは、今の私では決断できません。汗


素行調査は入るのですね。
金融機関として、信用調査としては
当たり前なのかも知れませんね。


参考にさせて頂きます。

お礼日時:2010/12/22 20:59

はじめまして、よろしくお願い致します。



実際には、自己破産者がいても関係ないと言われています。

しかし、今は就職氷河期です。

企業(銀行など)は信用が第一です。

なので、口ではだめだとは言わないですが・・・

銀行に就職することは、困難だと思います。

銀行は、人のお金を扱う仕事です。

信用が第一です。当然、親戚など自己破産者がいると不利になると思います。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうなんですよね、自己破産者が身内にいる?
という質問を直接うけて、自分の考えをぶつけての
不採用であるなら仕方ありません。
しかし、秘密裏に調査されて企業側が取らない要因にするのなら
すごく不安になります。

お礼日時:2010/12/19 17:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q就職する際の身辺調査

今、大学3年で就職活動中の女です。
詳しい方にお伺いしたいです。

父親が借金で3~4年前に
自己破産しており、去年
母と離婚してわたしの親権は
母になりました。私立の4大に
在学して いるのですが、
授業料は親からの支援が
まったくないので、全て
日本学生支援機構の奨学金で
授業料をまかなっております。
そこで今、就職活動中なのですが
金融職に興味を持ち始めています。
金融職とは主に銀行やクレジットカード会社です。
父親はまた、3~4年前に母や兄(今年で25歳)の名義で
勝手に(免許証を財布から抜くなどして)クレジットカードを
作ってしまい、それも払いきれず
母と兄も今まだブラックリストに
載っているかでカードを作れない状態です。
わたしはその頃幸い、20歳を超えていなかったので、
カードを作ることができませんでした。
そこでおききしたいのですが、
金融関係に就職する際
家族などの身辺調査があるみたいなんですが
わたしのような身分はがんばっても
銀行やカード会社から内定を
いただくことはできないでしょうか?
今、一生懸命、説明会などに
足を運んでいるんですが
無駄になるでしょうか???
お答えお願いします。
また身辺調査とはどのような方法で
行われるのですか??
住民票などを提出してからでしょうか?

今、大学3年で就職活動中の女です。
詳しい方にお伺いしたいです。

父親が借金で3~4年前に
自己破産しており、去年
母と離婚してわたしの親権は
母になりました。私立の4大に
在学して いるのですが、
授業料は親からの支援が
まったくないので、全て
日本学生支援機構の奨学金で
授業料をまかなっております。
そこで今、就職活動中なのですが
金融職に興味を持ち始めています。
金融職とは主に銀行やクレジットカード会社です。
父親はまた、3~4年前に母や兄(今年で25歳)の名義で
勝手に(免許証を財布から抜...続きを読む

Aベストアンサー

友人等が複数名金融機関や警察関係に勤めてます。
本来的に言えばやってはいけない事になってますし、やってない事になっています。
ですが一部ですがやっているようです。
ただそれは分かりません。本来は違法行為ですから。
上記の友人達に聞いても「やってないとは言ってるがやってるように思える」と言うような回答でした。

個人的には、第一志望を金融機関以外で考え、金融機関に受かればラッキー、と思えばいいんじゃないでしょうか。
ちなみに内定後や入社後に「そういった理由」でクビになることはありません。
そんな話を聞いたこともありませんし、完全に犯罪行為で名誉を傷つけますからありえないことです。

警察や金融機関は専門の関連会社、関連部門を持っていてそこで調べるようです。
外資系企業などは探偵会社を使って調べる事もあると言いますがそこまでやるのは一部だと思います。
どっちにしろ、「やっている証拠」はありません。
ただある程度、警察や金融機関内定者の住所や素質が似た者が内定を受けるのは事実でもあります。

ともかく多くの企業はやってませんから、金融機関にこだわらず幅広く受けることを奨めます。
近年では金融機関でアジア系留学生も割に多く採用されています。
差別意識は下がっているように思います。

友人等が複数名金融機関や警察関係に勤めてます。
本来的に言えばやってはいけない事になってますし、やってない事になっています。
ですが一部ですがやっているようです。
ただそれは分かりません。本来は違法行為ですから。
上記の友人達に聞いても「やってないとは言ってるがやってるように思える」と言うような回答でした。

個人的には、第一志望を金融機関以外で考え、金融機関に受かればラッキー、と思えばいいんじゃないでしょうか。
ちなみに内定後や入社後に「そういった理由」でクビになることはありま...続きを読む

Q銀行はどの程度自分を調査しますか?

就職活動中の大学生です。銀行に就職を考えていますが、銀行は自分のことをどの程度調べるのでしょうか?

1、3つの銀行に預金していますが、預金額は調べられるのでしょう   か?
2、株式で資産運用しているのですが、どこにいくら投資しているかと  いうことはバレますか?
3、奨学金一種を受給していますが、選考の際不利になりますか?一円  も使っていません。
4、住んでいる家の名義が、母方の実家の祖父になっているのですが、  祖父について調査するのでしょうか?また、祖父がいくらの資産を  保有し、どのように運用しているかもわかってしまうのでしょう   か?

質問が多くて申し訳ありません。わかる方がいらっしゃいましたら、回答お願いいたします。

Aベストアンサー

#2です。身元調べをするのは、人数を絞り込んだ段階です。採用予定数の1.5倍くらいです。つまり 内定を出す前に調べるということです。
なお、資産運用については自分の資産か 実家の資産か分かりませんが 入行した後は 株の取引については インサイダー取引の関係から 自粛を求められる場合が多いです。

Q親の借金の就職への影響

現在、大学3年生で就職活動を控えています。
しかし、恥ずかしながら私の親には500万円以上の借金があります。
消費者金融、クレジットカードや住民税の滞納などです。
支払期限が過ぎていて簡易裁判所から通告がきているくらいです。

親に借金があると金融系には就職できないと
聞いたことがあるのですが、実際どうなのでしょうか?
また、公務員系にも影響はありますか?
他にも大手の民間企業を受けようと思っているのですが、
無理なのでしょうか?

私自身に借金はありません。
親の借金自体も親戚に頼って何とかするつもりですが、
もうすでにブラックリストに入ってしまっていると思うので、
とても心配になりました。

Aベストアンサー

>親に借金があると金融系には就職できないと聞いたことがあるのですが、実際どうなのでしょうか?

現在では、全く問題ありません。
昔は、両親・本人の出身地区(被差別地域か否か)とか借金の有無とか色々と素行調査がありました。
しかし、現在は「本人次第」という金融機関が多いです。
公務員・大手企業でも、同様です。
逆に、公務員の場合は被差別地域専門採用枠が各地方公共団体に存在します。

>もうすでにブラックリストに入ってしまっていると思うので、とても心配になりました。

質問者さまの成績・性格・出身大学(残念ながら未だ指定校制度が残っています)のみが、重要です。
昔の履歴書・採用試験申込書には「両親・家族の最終学歴(出身高・大学)・現勤務先・本籍・現住所」など個人情報を記入する事が一般的でした。
この個人情報だけで、借金の有無・ブラック情報の有無・被差別地域出身か否かなどが人事に反映されたのです。
今は、この行為は違法ですから心配する事はありません。

Q金融関係企業の身辺調査による内定取消し

大学4年生で、先日とある金融関係の会社から内定をもらいました。

ですが、身辺調査をされて内定が取り消されるのではとおびえています。

というのも、私の両親にはかなりの額の借金があるからです。
私の就職が決まるまでは自己破産せずに、コツコツ返済しています。
ですが普通に働いても返せる額ではないのでそのうち自己破産をする予定です。

私自身には、奨学金の借り入れに加え、パソコン購入費用として十数万円万ほどのローンを大学生恊を通じて組んでいて、まだ返済が残っています。
これに関しては奨学金の中からやりくりして毎月滞りなく返済しています。
あとはクレジットカードを何枚かもっているのでそれも借り入れに含まれるかもしれないです。

こんな状況ですから、銀行への就職は絶望的だと思っていました。
実際、某銀行では親の職業などを面接でしつこく聞かれたので、絶対身辺調査は行っているでしょう。
しかし経済を専攻していることから多少なりとも金融に興味があったので、ダメもとで金融関係の選考を受けていました。
そして選考を受けてとある金融関係の企業(非銀行)から内定をもらいました。

ですが、銀行以外でも金融関係の企業なんだから何かしらの身辺調査はするのではないかと不安になってきました。。。
内定もらって浮かれて就職活動を辞めてしまったのですが、内定取消しに備えて持ち駒を残しておくべきでした。

今さら内定取消しをされても、貧乏なだけに就職浪人はできません。

銀行以外の金融(証券・生損保・リースなど)でも身辺調査はするものなのでしょうか??
また、いったん内々定をもらってもその結果如何で取消しになるようなことがあるのでしょうか??
まだ内々定は口約束だけです。

詳しい方がいたら教えてください!><
就職活動再開するかで悩んでいます。

長文失礼いたしました。

大学4年生で、先日とある金融関係の会社から内定をもらいました。

ですが、身辺調査をされて内定が取り消されるのではとおびえています。

というのも、私の両親にはかなりの額の借金があるからです。
私の就職が決まるまでは自己破産せずに、コツコツ返済しています。
ですが普通に働いても返せる額ではないのでそのうち自己破産をする予定です。

私自身には、奨学金の借り入れに加え、パソコン購入費用として十数万円万ほどのローンを大学生恊を通じて組んでいて、まだ返済が残っています。
これに...続きを読む

Aベストアンサー

夫婦共に金融ですが、夫は銀行です。私は証券でしたが、借り入れに関する調査など、しないと思います。
むしろ、本当にその大学に在籍していたのか、卒業できるのか、近所の評判とか、その程度の信用調査だと思います。
夫は大学時代、家が極貧状態のころ、進学やら在籍しており、銀行以外の金融機関から、両親はいっぱい借り入れしていたようですが、銀行に内定しています。一家三人で、働き出し、全部返済したようですよ。
その当時のことは私も存じませんが、義妹が入行式の翌日に結婚式だったそうで、借金いっぱいの状態だったのでは。
私の会社でも、下宿している同期の大家さんのところに信用調査の人が来たようですが、先輩に聞いたら、本当にその履歴書の大学に通っているか程度は調べるでしょ、と言っていました。
真面目に学業に打ち込んでいる人に、そんな取り消しなどないと思います。
安心して、卒業まで頑張ってください。会社が当てにしているのは、未来のあなたの労働力です。就職まで、英気を養って、備えてください。

Q公務員試験の身辺調査

私は先日公務員試験に最終合格したのですが、この前ここの質問と回答で公務員は親兄弟や親戚の身辺調査が厳しいとあったのですがそもそもそれは本当なのでしょうか?

受験の申込書に親や兄弟のことを書く欄はないですし、面接試験や受験後に聞かれたことはありません。

何かしら調べられるとは思うのですが、どのようにして調べられるのでしょうか? またどの程度まで調べられるのでしょうか?

詳しく知っている方はぜひ教えてください

Aベストアンサー

刑務官についてはよくわかりませんが、同じ公安系として警察官について述べさせていただきます。
警察官の試験では、両親、兄弟、兄弟の配偶者、同じ住所に住んでいるものに関しては、生年月日、住所、続柄、勤務先、役職、勤務先の住所を書かなければなりません。また自分自身がやっていたアルバイトについても名称、住所、バイトの期間を書く必要があります。また自分の交通違反歴、犯罪歴、補導歴なども記述します。
刑務官も警察官試験ほどではないにしろ、少なからずあるのではないでしょうか。

Q家族に前科のある人がいると

家族に前科がある人がいると、兄弟や兄弟の子供に仕事の面などでなにか影響とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

警察官になるためには、本人が禁固刑以上の刑に処されていなければ問題ありません。
地方公務員法第16条
次の各号の一に該当する者は、条例で定める場合を除く外、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない。
(1) 成年被後見人又は被保佐人
(2) 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
(3) 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
(4) 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、第5章に規定する罪を犯し刑に処せられた者
(5) 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
本人に無関係な事情で警察官になれなくてはとんでもない話しで憲法違反になるでしょう。
また、前科等は企業などが市町村に対して照会することはできません。もし、噂などで銀行等が知りえたなら採用しないことは有り得るでしょうし、それは否定できません。他にも有能な人はいるわけですしね。理由付けなんていくらでもできます。
また、本人が破産したらなれない職業はでてきます。

参考URL:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/keisatu.htm

警察官になるためには、本人が禁固刑以上の刑に処されていなければ問題ありません。
地方公務員法第16条
次の各号の一に該当する者は、条例で定める場合を除く外、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない。
(1) 成年被後見人又は被保佐人
(2) 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
(3) 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
(4) 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあ...続きを読む

Q親戚に前科者がいた場合、国家公務員になれないのですか?

小さい頃に母から「親戚に前科者がいたら国家公務員になれない」と言われたことがあります。

伯父・叔父また義理ですが祖父(既に他界)も前科者です。
銀行の場合ですが、金銭関係で捕まった人がいたら採用してもらえないと聞いたことがあります。
罪の種類によってなれないことはあるのでしょうか?
伯父・叔父は暴力団組員で、暴力沙汰などで服役していたと思います。
祖父は麻薬所持でした。

私は法曹三者のどれかになりたいと思っているので、今のうちに知っておきたいのです。
親戚に前科者はいますが、私は私なので個人的に法でも別々に見てほしいと思います。

ご存知の方いらっしゃいましたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

法律的には、「基本的人権」というものからご質問に対する正解を導くことはできますが、そこまでせずとも、ものの道理を考えればいとも容易に正解に至ります。


「親戚に前科者がいた場合、国家公務員になれない」とすれば、国家公務員の試験(最終選考)の時に、選考する側(試験官・選考委員)にその判断材料(受験者の親戚が前科者であるという資料)がなければならないことになります。

この資料は、一体誰が入手するのでしょうか?


○受験者側が収集し願書と一緒に提出するとした場合

願書提出までに資料収集が間に合わなかったら、またそもそもできなかったらどのようになるのでしょうか?
個人の力で収集することは限界がありますし、個人情報管理がより厳格になりつつある昨今、このような事態は容易に起こり得ます。

集めた資料が正確でなかったら?
仮に親戚から聞いて願書に記入するとしても、どの受験生の親戚も、みんながみんな自分の前科を喜んで教えてくれるものでしょうか?
また、採用、就職後に資料が間違っていることが判明した場合、それを理由に解雇するのでしょうか?

親戚がいない人は有利になりますが、不公平ではありませんか?


○選考者側が収集するとした場合

何千、何万人が受験するのかよく知りませんが、その人数分の親戚の正確な資料を収集することは、物理的・時間的に不可能です。


受験生側、選考者側のどちらが資料を収集するにせよ、以上に列記した以外にも、まだまだ山ほどの不都合が生じ得ます。

つまり、親戚に前科者がいる国家公務員志望者を排除することは、仮に選考者側がそうしたいと思っても、できません。

唯一例外があるとすれば、No2の方も書かれている公安関連の前科の事例です。
※例えば、オウム真理教の元代表の近しい親戚が受験し、それがマスコミの知るところともなれば、最終合格は微妙なところでしょう。
しかし、これとて上記の資料による判断ではなく、公安警察等の意向を受けたもので、選考者側独自の判断ではありません。


そこで回答です。
基本的には、親戚に前科者がいても、国家公務員になれます。
これは、法曹三者でも同じです。

ご心配には及びません。 自信をもって頑張ってください!

法律的には、「基本的人権」というものからご質問に対する正解を導くことはできますが、そこまでせずとも、ものの道理を考えればいとも容易に正解に至ります。


「親戚に前科者がいた場合、国家公務員になれない」とすれば、国家公務員の試験(最終選考)の時に、選考する側(試験官・選考委員)にその判断材料(受験者の親戚が前科者であるという資料)がなければならないことになります。

この資料は、一体誰が入手するのでしょうか?


○受験者側が収集し願書と一緒に提出するとした場合

願書提出...続きを読む

Q一般の銀行員は個人情報を見たりできるの?

銀行に勤めてる方は個人の信用情報(金融資産、借金履歴など)を見ることはできますか?
銀行自体は把握可能だろうと思うんですが、銀行員なら誰でも調べることができるなら個人情報流出のことを考えると恐いと思い気になったので教えてください♪

Aベストアンサー

金融機関に勤務している者です。
以前、個人融資を担当したこともありますし、保証機関に出向して保証審査を担当したこともあり、保証機関に出向していたときに「個人信用情報機関」の1つである「CIC」認定の「個人信用情報取扱主任者」の資格を取得しました。
また、個人情報保護法の施行にあたり、勤務先では「金融個人情報保護オフィサー2級」が義務付けられましたので、そちらも合格済みです。

ご質問者さまは、一般の方にはありがちな「個人情報」と「個人信用情報」の混同をされていらっしゃるようです。

まず、銀行等金融機関において、個人の「金融資産」を見ることはできません。把握しきることもできません。
「金融資産」というのは、土地・建物・機械・原材料・製品などの実物資産に対していう言葉で、『現金・預金・有価証券・貸出金などの形で保有する資産』を指します。
ご質問者さまの意図が「預貯金だけ」を指すとしても、A銀行において他行・他機関(別の銀行、信用金庫、信用組合、農協・漁協、郵便局)にあるご質問者さまの名義の預貯金残高や取引履歴を調べたりすることはできないからです。
ただし、融資を受ける際に、場合によっては他行・他機関の預貯金残高や取引履歴が証明された書類(通帳・証書では不足の場合がありますので、その証明書になります)を徴求することもあります。
提出していただいた書類は、永年もしくは取引継続中保管が原則なので、貸出稟議書や関係書類として保管しておきますが、新しいものと差し替えていただく訳ではありませんので、常に現有資産が把握できる訳ではありませんよね。
ですから、「銀行等金融機関においては、個人の「金融資産」を見ることはできません。把握しきることもできません。」というのが回答になります。
銀行等金融機関の職員の場合は、さらにできません。
その書類の管理は「個人情報保護法」の施行以来厳しくなっていますので、「融資」担当の職員でも、必要な時に必要な人の書類を取り出すのでなければ難しいです。
他部署・他担当の人間にはさらにできません。
私の勤務先の場合、融資実行済み・返済中の方の書類は、地下にある保管庫に保管されていますが、その部屋の鍵の持ち出しには許可が要ります。

自行扱いの預貯金に限っていえば、その銀行等金融機関で「資金を扱う」かつ「端末が設置されている」部署であれば、照会することはできないことはありませんが、まず、端末を操作するためにはオペレーターカードが必要ですし、オペレーターカードは端末操作者として登録された人にしか発行しません(私は資金を扱う部署にいて、部署には端末もありますが、運用を担当しており後方事務担当ではないため、端末を操作することはできません。動かしている金額はかなり大きいんですけれどね)。
また、オペレーターカードを使うので、端末に「誰が」「いつ」「どのような情報を」「照会したか」という履歴がデータとして記録されます。
私の部署では、その操作履歴のチェックは毎日(業務取引終了後に)行われますから、業務に関係のない照会が行われればバレます。
バレれば、規定により罰則をくらいます。

一般的に「個人信用情報」=「借金履歴」との認識が強いのではないでしょうか?
厳密に言えば違うんですけれどね。
「借金履歴」は、個人信用情報機関のデータを照会することによって、一部は調べることができますが全ての把握はできません。
なぜならばここで言われる「借金」は「お金を借りる」とイコールではないからです。
例えば、銀行等金融機関でも、住宅ローンやマイカーローンのように、実際に「お金」を借りることはもちろん「借金」ですが、カードローンのように「お金を借りられる枠を与える」ことも「借金」になります。
カードローンの契約はしたけれど、実際にお金は借りていない…ということもありますよね。
また、これに準じた取引は、銀行等金融機関以外の会社等でもできます。消費者金融会社がいい例ですね。
他に、クレジットカードの発行、クレジットカードの利用(買い物や公共料金等の振替)、割賦販売による高額商品の購入契約なども「個人信用情報機関」の「個人信用情報」に登録されます。
そして、銀行等金融機関、クレジット・信販、消費者金融が加盟している「個人信用情報機関」はそれぞれ異なっているんです。
現在、日本における個人信用情報機関は大きく「5つ」といえます。
詳しくはこちらが分かりやすいと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E7%94%A8%E6%83%85%E5%A0%B1
銀行等金融機関が加盟しているのは一般的には「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」というところです(複数の個人信用情報機関に加盟している金融機関はあります)。
#1さんが仰っているのは、銀行等金融機関でここに情報を照会しようという時のことです。
一般的には、お客さまとの窓口になっている部署に設置されている専用端末で照会をします。
この端末も決められた担当者しか操作することはできません。

私が個人信用情報取扱主任者の資格を取得した「CIC」は、銀行等金融機関が関係する「保証会社・保証機関」や、クレジット会社、信販会社などが主な加盟会員となっています。
こちらも専用端末を使います。
こちらはオペレーションカードは使いませんが、担当者のコードとパスワードを入力しないと操作できないシステムになっています。

先ほどご紹介しましたウェブサイトにも記載されていますが、KSCとCICと「全国信用情報センター連合会(FCBJ・全情連)」は、CRINというシステムによって、情報の相互利用をしています。
ですが、ここでの共有情報となっているのは、いわゆる「ブラック」といわれている情報だけです。
A銀行がKSCに個人信用情報を照会した場合、CICや全情連の契約・取引の情報全てが見られるわけではありません。

組織としてはこんな感じですが、これを職員個人が勝手に見ようとしても、KSCにしろCICにしろ、やはり「誰が」「いつ」「どのような情報を」「照会したか」という履歴がデータとして記録されます。
CICでは「目的外利用はしてはいけない」とされていますので、加盟会員である団体の意志にしろ、職員個人がかってにやったことにしろ、「してはいけないことをした」ということになります。
場合によっては、契約を打ち切られます。
個人信用情報機関と契約してもらえないということは、個人信用情報の照会も出来なくなる訳で、申込者の「個人信用情報」を調べる手段がなくなり、保証や融資の「審査基準」となる情報が得られなくなります。
これでは「仕事」になりません。

尤も基本的なところでは、銀行等金融機関の職員が業務上知り得た情報を外部に漏らすのは、個人情報保護法に違反することになります。
内規違反にもなりますので、まず、職員は勤務先から罰則を食らうことになります。
職員当人もですが、組織としても「個人情報保護法」における管理監督責任を問われ、刑罰を食らうことになりますね。
のみならず、実際に個人信用情報を漏らされたことによって「本人」に損害があった場合、その損害賠償責任も負うことになります。
実質的な損害のみならず、「そのような企業・組織なのだ。」というレッテルを貼られてしまうことも、大きな損失ともなります。

そのようなことから、銀行等金融機関の職員が「業務上知り得た情報」を外部に漏らすことは、企業・組織としても大きな損害を招くことになります。
それを避けるために、銀行等金融機関が保有する「個人情報(個人データおよび保有個人データを含む)」および業務上取得した「個人信用情報」については「銀行員なら誰でも調べることができる」状態にはなっていません。

回答が長くなってしまいましたが、銀行等金融機関はこんなカンジで、個人情報等の徹底管理をしています。
ただ、道路交通法でもそうですが、どれだけ罰則が強化されても違反者というものは出るものです。
以前、このサイトでも「友人の銀行員から、飲み会の席で自分の借金を暴露された」という質問をみかけましたから。
真っ当な金融機関ならば、恐れるのは罰則よりも「風評リスクとその被害(あの銀行は個人情報を外部に漏らしている-などという噂を流されること。それによって、銀行の「信用」を失うこと)」ですので、より厳しい状況が作られています。
ただ、これが「お金を貸すおよびそれに準じた業務をしているところ」全てに言えるかといわれるとなんとも申し上げようがございません…。

銀行等金融機関についてならば、「銀行等金融機関が保有している情報を1職員が見ようと思っても、外部の方が思っているほど簡単なことではない。」と思っていただいて結構です。

金融機関に勤務している者です。
以前、個人融資を担当したこともありますし、保証機関に出向して保証審査を担当したこともあり、保証機関に出向していたときに「個人信用情報機関」の1つである「CIC」認定の「個人信用情報取扱主任者」の資格を取得しました。
また、個人情報保護法の施行にあたり、勤務先では「金融個人情報保護オフィサー2級」が義務付けられましたので、そちらも合格済みです。

ご質問者さまは、一般の方にはありがちな「個人情報」と「個人信用情報」の混同をされていらっしゃるよ...続きを読む

Q金融企業への入社内定後の身辺調査について教えてください。

金融企業へ転職について内定を受けました。内定承諾書を受け、同日に会社が必要としている私個人についての情報をその会社の代理人が全て開示する事を許可する旨について署名を求められました。

ふと、心配になったのですが、主人も私も仕事が長い間決まらず、借金をしてしまいました。。闇金ではないのですが、無職の期間が長く、金額はかなり大きくなってしまいました。借金をしている先は、大手のクレジット会社や、例としてモビットとかアットローンみたいなテレビで良くコマーシャルしている有名な所からの借入れです。でも、現状は自己破産や、裁判所沙汰になるほどではないので、毎月着実に返済はしています。そういうのも内定に支障をきたしたりするものでしょうか。

この頃では、個人情報保護法も施行され、身辺調査も難しくなってきたとも聞いたことがあります。ですが、金融機関での身辺調査はかなり厳しいという噂も聞いており、心配になってきました。。

銀行や、証券会社と言った金融企業での内定者についての身辺調査について、どんな方が、どのような内容について、どういった方法で行っているのか、ご存じの方がいらしたら、教えてください。

どうぞよろしくお願いします。

金融企業へ転職について内定を受けました。内定承諾書を受け、同日に会社が必要としている私個人についての情報をその会社の代理人が全て開示する事を許可する旨について署名を求められました。

ふと、心配になったのですが、主人も私も仕事が長い間決まらず、借金をしてしまいました。。闇金ではないのですが、無職の期間が長く、金額はかなり大きくなってしまいました。借金をしている先は、大手のクレジット会社や、例としてモビットとかアットローンみたいなテレビで良くコマーシャルしている有名な所から...続きを読む

Aベストアンサー

金融機関のシステム開発に携わっていますが・・・
金融機関の身元調査ってまずは三菱ならモビットやその系列の金融機関の借り入れ状況を調べます。次にKSCです。
与信調査以外の情報取得は禁じているが金融会社は加盟企業なのでアクセスできるし加盟企業が与信調査の目的外に取得することはできることはできます。
ま、どこまで調べるかは仕事によってですが、横領とか多いので調べますけど事故歴がなければ通ると思います。
ブラックならば金融以外の仕事のほうがいいですよ。

Q面接した会社の人事担当者が身辺調査を!?

はじめまして。
これは私自身の話ではないのですが、あまりにも信じられないので
皆さんの意見を教えて下さい。

現在、内定をもらっている食品関連の企業の話です。

面接の時に一緒になった30代の女性が居ました。
彼女とは1次・2次面接の両方で顔を合わせていたので
内定を頂いて業務内容の説明に行った時には「あぁ、こんにちは!」
という感じで仲間のような感じになっていたのですが、
説明会の合間の休み時間に、彼女と話をしていて、
「最終面接の後、人事の人に今日の明日で会社に呼ばれた」
と言うのです。私は最終面接から説明会までの間は、内定した旨の
電話しかありませんでした。あとは郵送で日時など告げられただけで
特に何も無かったので、「どうして?」と聞くと
いきなり夜電話がかかってきて「採用したいので明日会社に来れるか」
という電話だったそうです。てっきり説明か何かを受けるのかと思い
翌日彼女は会社に出向きました。
すると、人事担当者の中年男性から一枚の書類を出されて
「あなた、消費者金融に借金あるでしょう?」と。
身に覚えの無かった彼女は「いいえ、そんなことないです」と答えると
「隠さなくても、調べるとわかるんだから」と。
その書類には○○様信用情報(彼女の名前)
某金融機関 50万・・・とかいう感じで何件かの借入があるように
印刷されていました。金融機関名はどれも「某」で
この会社名を教えて下さい、というと「教えられない」と。
動転した彼女は、その書類のコピーを貰い
翌日、開示センター?なる機関、警察、ハローワークに出向きました。
そしてそれは自分の事ではない、と電話をかけ話すと
「警察なんか行ってもあてにならないんだから。自分も入社の時
身辺を探られたものだよ、そんなの常識だから」と言われたそうです。
おまけに30代で未婚の彼女に対して
「過去に結婚してたの?隠しても全部調べればわかる」
とまで言われたそうです。もちろん彼女には借金も離婚暦も無し。

後日、結局彼女は悩んだ末、就職難の事実もあり、会社説明会に
やってきました。そこで何も知らない私と再会し、その話をしました。

私自身もその会社に入社を決意して現在の勤務先に退職願を出して
しまったので、その話の内容が本当だとしたら相当ひどいと思うので
先行きを考えてしまいます・・
会社は地元では誰もが知っている有名な安定企業です。
実際に説明会でお会いした他の社員さんたちはとても感じがよく、
まさか彼女が作り話をしているとも考えにくく、ただショックで・・
ひとつの企業が雇い入れるかどうかわからない人間に対して
時間とコストを使いリスクを負ってまでそんな事をするとも
考えにくい気がします。
しかし彼女が私に作り話をする理由も無いしメリットも無い。
面接中なら「敵を蹴落とすため」というネガティブな理由もあるで
しょうが、二人とも内定を貰って、さらに配属の部署も違います。

皆さんはどう思いますか?

はじめまして。
これは私自身の話ではないのですが、あまりにも信じられないので
皆さんの意見を教えて下さい。

現在、内定をもらっている食品関連の企業の話です。

面接の時に一緒になった30代の女性が居ました。
彼女とは1次・2次面接の両方で顔を合わせていたので
内定を頂いて業務内容の説明に行った時には「あぁ、こんにちは!」
という感じで仲間のような感じになっていたのですが、
説明会の合間の休み時間に、彼女と話をしていて、
「最終面接の後、人事の人に今日の明日で会社に呼ばれた」
...続きを読む

Aベストアンサー

人材を採る事に神経質な会社で、ある程度安定している会社なら、
身辺調査は内定前か後に行います。
結構、一般の方からの意見が多いようですが、
取る側からの意見も参考にしてみてください。

雇い入れるかどうか分からない人間の調査だからこそします。
内定してから調べられて、内定取り消しとする会社の方が
誠意がないと思いますよ。

後、募集に集まった人総てには行いません。
募集に集まったり、書類選考の時点で、
人事はだいたいの当たりをつけます。
その人たちに対して身辺調査をして、
オカシナ人がいればその時点ではじくというのをします。

なんにせよ、それだけコンプライアンスに関して神経質な会社という事は分かるのではないですか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング