人類が光速を超え、恒星間航行を可能にする日はいつやってくるのでしょう?

A 回答 (6件)

恒星間航行をするのに無理に超光速を求める必要はないと思います。

例えば(実際は無理としても)仮にちょうどぴったり光速の100%の速度で航行できれば、宇宙の任意の場所に船内時間0で到達できるからです。実際は加減速に時間がかかりますし、光速の100%には決して到達しないでしょうが、それでも100年程度の寿命の人間にとって十分短い時間で恒星間航行は可能と言えるのではないでしょうか?

もっとも行ってくるのはいいのですが、帰ってきたときの時間の差が大変なことになってしまうため、旅行者にとっての主観的な社会/歴史的整合性が完全に崩れ、社会復帰のための大変なリハビリが必要になってしまいそうですが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

科学的なご意見とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/15 20:53

ちょっと不備がありました。


つまり「光速度不変」なのです。
    • good
    • 0

現在の常識では皆さんの言う通り不可能です。


しかし、遠い将来現在の常識を覆すような発見(発明)があれば可能になるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ワープができたらいいな。と思います。

お礼日時:2001/04/15 20:53

もしその日がやってくるとしたら、例えばドラエモンに出てくる「どこでもドア」が実現された時でしょう。

遥かかなたの何億光年先の地球と同じ環境の星へも瞬時に行けるのですから...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すると22世紀ですか?

お礼日時:2001/04/15 20:50

光速は超えられないものなのです。


もうちょっと勉強してからかんがえましょー!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません、よく考えてませんでした。

お礼日時:2001/04/15 20:49

現代物理学の基本法則が書き換わる事態が起こらない限り


永久に来ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございました。基本法則が変わる日が来るといいですね。

お礼日時:2001/04/15 20:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセルで時間を自動変換したいのですが、

エクセルで日本の時間と、外国の時間をを自動変換したいのですが、
---------------------------
l 日本時間 l 外国の時間 l
---------------------------
l 04/10/01 l 04/9/30 l
---------------------------


と同じように
-------------------------------------
l   日本時間  l   外国の時間 l
-------------------------------------
l 04/10/01 13:00 l 04/9/30 7:00 l
-------------------------------------

こういうことはエクセルでできますか?

Aベストアンサー

時間の差が分かるなら可能ですが...
例の場合だと30時間の誤差なので間違えだと思いますが
東京→ニューヨークの場合で14時間ですから

日本時間がA2="2004/10/01 13:00"なら
外国時間はB2=A1-"14:00"で表示は"2004/09/30 23:00"になります。

Q恒星間航行

恒星間航行
隣の恒星でも4光年と少しありますが、人類がここまで到達できるのにあと何年かかるのでしょうか?
あと仮に光速の90%くらいで航行できるようになったとしたら、4光年の距離を旅するのは
船の中の人の主観的にはどのくらいの時間になるのでしょうか?

Aベストアンサー

恒星間航行をする場合、最初から最後まで同じスピードで航行するというわけにはいかないので、普通は中間点までは加速、中間点を過ぎてからは減速し目的地に着いたときにスピードが0になるようにします。
例えば、地球を飛び立った宇宙船が1Gで加速を続けた場合、中間点の2.15光年の距離に達するには地球時間で2.96年、船内時間で1.78年かかります。
そして、中間点での宇宙船の速度は光速の95%にも達しています。
中間点を過ぎたら宇宙船の向きを変え1Gで減速を続け、4.3光年先の目的地に着くのは地球時間で5.92年後、船内時間で3.56年後になります。

Qエクセルの時間表記の変換

エクセルでプロジェクト管理表を作っています。


9:30から10:00まで入力作業で働いたとして、

A       B       C
開始時刻  終了時刻  作業時間
9:30      10:00     00:30

上のように作業時間を0:30と算出することはできたのですが、


A       B       C       D
開始時刻  終了時刻  作業時間  作業時間(H)
9:30      10:00     00:30     0.5

それを上のように0.5という数値に変換させる方法はありますか?
ちなみに、以下のように変換できれば嬉しいです。
0:15だと0.25
0:30だと0.5
0:45だと0.75
1:15だと1.25

Aベストアンサー

全て、A1~D1の行に在るものとして説明します。

C1の作業時間は、=A1-B1等で算出した時間値でしょうか?

でしたらD1のセルに、
=C1*24
と入力し、セルの表示形式を「標準」か「数値」にしてみて下さい。
「数値」にする場合には小数点以下の桁数の設定も忘れずに。

これで、1時間を1.0とした実数値になると思いますが如何でしょう。


エクセルでは、時間や日付はシリアル値と云う実数値を表示変換して表しています。

で、このシリアル値は1日(24時間)=1.0ですので、(1/24)で割ってやれば1時間=1.0に変換されます。

「(1/24)で割る」のと「24倍する」のが同じ操作であるのは説明するまでもないでしょう。

Q温暖化で北極海の氷が解けて航行可能になったそうです。観光船でベーリング海峡を通り、ヨーロッパに行ってみたいのですが、

温暖化で北極海の氷が解けて航行可能になったそうです。観光船でベーリング海峡を通り、ヨーロッパに行ってみたいのですが、いつごろ可能になるでしょうか?

Aベストアンサー

http://wiredvision.jp/news/200709/2007091823.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%A5%B5%E6%B5%B7
まだ先の話ですね・・・いろいろ問題がありますので・・・

政治的な問題ですね

Qエクセルの時間入力の変換について

エクセルの時間表示で、例えば「0:01:00」となっているものを「0:00:01」と、分を秒に変換する方法を教えてください。
セルの表示形式は「mm:ss」です。

Aベストアンサー

空いているセルに 「60」 を入力して、そのセルをコピーします
変換したいセルを選択して、「形式を選択して貼り付け」で「除算」を選べばOK

【メニューバー】 → 【編集】 → 【形式を選択して貼り付け】 → 【除算】 → 【OK】

これでできますよ
関数を使わなくてもできますから、まさに『変換』を求めているのであればこの方法で解決すると思います
また、複数のセルに対して同時に貼り付けできますから、
たくさんのセルを一度に変換する必要があるときは非常に便利な方法です

Q恒星や散開星団、球状星団の質量について

タイトルのままですが、いろいろなところに恒星までの距離や明るさは
載っていますが、恒星・散開、球状星団の具体的な質量はどれくらいなのでしょうか?
どなたか詳しく載っている本やHPがありましたら
おしえていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

恒星の質量は、光度と一定の関係があるため、光度から質量が計算(というかグラフから推定)できるようです。下記URLを参考に。

http://contest.thinkquest.jp/tqj1998/10049/kousei.html

http://www.ghi.tohoku-gakuin.ac.jp/~aikawa/cosmology/stars.htm

Qエクセルで数値を時間に変換

エクセル上で、計算した結果数値を時間に変換して表示させるには、
どうしたら良いでしょうか。

例:20.5(A1) ÷ 5 (A2) = 4,1 → これを「4:06」と結果として表示

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

エクセルでは、1日を1として扱います。
1時間は、1/24、1分は、1/24/60、1秒は、1/24/60/60。

なので、20.5の単位が時間なのか分なのか解りませんが、もし時間なら、その値を24で割って、書式の表示形式をh:mmにすれば良いです。
もし分なら、その値を(24*60)で割って、表示形式をm:ssにすれば良いです。

Q嵐の中の航行、本当に運行に影響ないのですか?

先日、飛行機(国内線)に乗ったとき低気圧の嵐の中を通過しました。
非常に揺れて風で機体が横に流されたり、上下に浮いたり沈んだり、かなり激しかったです。

私は椅子に掴まっていないと、体が上下左右に揺られてたいへんでした。
あとフリーフォールのように一瞬で機体が落ちて、機内では悲鳴がたくさん出ました。

しかしアテンダントさんは余裕で「運行に影響はありません」と軽くアナウンス。

実際、こんな程度の嵐は飛行機にとっては特になんてことはない普通の運行なのでしょうか?

年間にものすごい数の飛行機が飛んで、このような嵐の中でも普通に運行しているということは
単に乗客はスリルを味わえるだけで、機長さんやアテンダントさんたちは特にたいへんという
ような状況ではないのですか?

それとも機長さんやアテンダントさんたちもけっこう怖いと思ったりしているのでしょうか?

Aベストアンサー

 研修期間と正規の雇用でのフライトアテンダント(CA)として搭乗した経験がある者です。結論から申しますと、不愉快なご気分には申し訳ないこととお詫びしながらも、安全の面では、まず100%大丈夫だとお答えします。

・機体の強度…、これは、現在の就航機材について言えば十分過ぎるほどあると言ってよいと思います。

 過去には、BOAC(現BA)のジェット旅客機コメットが窓周辺の金属疲労によって空中分解した連続事故、あるいは1963年にアメリカでノースウエストの720B型機が雷雲の中に飛び込んでしまい、激しい乱気流に大きく揺さぶられて空中分解した事故、同年の4か月後、イースタン航空のDC8型機も同様の状況で空中分解した事故。さらには1966年、やはりBOACのB707型機がわが国の羽田を飛び立ったあと、良く晴れ渡った富士山の山頂近くを飛行していて、富士山のような孤峰に発生しやすい晴天乱流(CAT)に飛び込んでしまい、空中分解して山麓の太郎坊周辺に墜落散乱した事故もありました。

 しかし、これらの事故はジェット旅客機がまだまだ黎明期にあった頃の話、当時は、今日では理工系の学生でも知っている金属疲労という現象が学理的にまだ証明されていず、強度計算の精度も、システマチックな構造力学も、さらには部材の材質や強度もまだまだレベルが低かったし、気象についてもまだよく解析されていなかった時代のことだったのです。

 その点、今日の就航機材はどの機種であれ、ほとんど究極とまで言い切れるほど機体は強靭なものになっています。わたしが実際に搭乗していて経験したことでは、空港到着間近になって前輪が出ないというトラブルが発生したときのことです。できるだけ燃料を投棄して機体を軽くしたのち、上昇しては急降下し、また上昇といったまさにジェットコースターのような激しい運動をさせて、その慣性で前輪を振り出したことがありました。さすがに主翼は反りかえり、機内はミシミシと不気味な音を立てていましたし、お客様にとってはその物凄い上下運動に悲鳴さえも出ないまでの恐ろしい状況が繰り返されましたが、それでさえも機長にしてみれば安全を見込んだ想定内の操縦だったと言います。

・エンジン…、ジェットエンジンは構造がとても簡単ですので、そう簡単には停止しないものです

 過去に、B747型機がフィリピンのピナツボ火山の噴火の際にエンジンが噴煙を吸い込んでしまい4基のエンジンすべてが停止、あやうく墜落か…といった事故がありました。また、渡り鳥の大群を吸い込んだとかといったエンジントラブルは幾つかありましたが、ジェットエンジンというものは構造がとても簡単なものですから故障も少なく、よほどの不運に見舞われないかぎり、そう簡単には停止しないものです。

・パイロット…、操縦不能にはならないのです。

 パイロットは通常、機長と副操縦士の2名で操縦に当たります。突然のエンジン停止、機体の各部の不具合、悪天候、そのほか考え得る最悪の状況を想定した厳しい訓練を繰り返し受けています。訓練は本物の機体でも行われますが、同時に本物の操縦席とまったく同じに作られた訓練用の地上施設でも、実際に計器を読み、外の風景を眺め、実際の場合と同じような振動や揺れを感じながら適切な処置を着々と行えるように訓練を積むのです。お客さまには失礼な言い方にはなりますが、乱気流に飛び込んで大揺れに揺れる…といった程度のことは、彼らにはそれほど重大なことではないと言っていいと思います。それでもなお、揺れは異常な状態、異常な状態に対しては徹底的に注意深く対処し、しかも乗客の皆さまにはなるべく気持ちよく安心できるようにと心を配っているものです。

・客室乗務員…、彼ら彼女らも大丈夫なものです。

 とても不思議なことですが、客室乗務員として搭乗しシフトについていますと、かなり揺れても、なにか異常が発生したとしても、自分でも驚くほど落ち着いていられるものです。大きな揺れ続けは乗務員とて気分の良いものではありません。でも、いつになったらこの揺れがおさまるものか、この揺れは未知の異常なものか否か、そうしたことが経験で分っているものですし、こうしたことが分かっているだけで、気持ちはずいぶん楽になるのです。

・ただひとつ、大変注意を要すること。

 つまり、とんでもなく激しい乱気流に飛び込んだとしても、機体もエンジンも、そして乗務員も、まずまちがいなく大丈夫なものです。ですが、ただひとつ、航空会社が大変注意を向けること、それはお客さまのことです。今日では、その内部で気流が激しく乱れている雷雲(積乱雲)は機体に備わった気象レーダーで前もってその存在と場所が分かりますし、存在が分かれば大きく迂回して余計な危険を避けるようになっています。また、晴天乱流も今日では避けることが出来ます。

 大切なことは、出来る限り機体を揺らさないこと。客室という密閉空間に居ますと、揺れはとても敏感に感じるものです。離陸してから着陸するまで、どのようなコースでどのように飛べばよいか…、操縦士たちは出発を前にして空港のディスパッチャーと呼ばれる飛行管理官と細かく検討します。 

 それでも、季節的な不連続線や低気圧といった、航法上避けて飛べない状況が行く手を塞いでいることも少なくありません。そうした際には、シートベルトを締めておいてください…といったアナウンスが流れるものです。そんな時、コックピット(操縦室)では、どう飛べばお客様にできるだけ不愉快な思いをかけないで済ませられるか…、操縦士たちはいろいろ熱心に検討しているものです。

 なんと言いましても、ジェット旅客機という宙に浮いている金属製の密閉空間、大きく揺れますととても気持ちが悪いうえに、激しく不安にもなるものです。お客さまには大変申し訳ないことといつも思っておりました。ですが、今日の旅客機はとても安全な乗り物なのです。せめてそれだけでもお知らせすれば、不安なお気持ちを幾分かでも減らせるかも…と考えましてお答えしました。

 研修期間と正規の雇用でのフライトアテンダント(CA)として搭乗した経験がある者です。結論から申しますと、不愉快なご気分には申し訳ないこととお詫びしながらも、安全の面では、まず100%大丈夫だとお答えします。

・機体の強度…、これは、現在の就航機材について言えば十分過ぎるほどあると言ってよいと思います。

 過去には、BOAC(現BA)のジェット旅客機コメットが窓周辺の金属疲労によって空中分解した連続事故、あるいは1963年にアメリカでノースウエストの720B型機が雷雲の中に...続きを読む

Qエクセルで24時間以上の時間表示を分に変換

エクセル2013です。
あるセルに、○○:○○(時間:分)という時間の合計欄があり、これを分単位に変換するため、別のセルに次のような関数を設定しています。
(時間の記入されているセルがA1として)

=(HOUR(A1)+MINUTE(A1)/60)*60

しかし、A1の合計時間が24時間以内なら正常に分に変換してくれるのですが、24時間をオーバーすると“時間”の部分が0になってしまい、分だけしか数値が計算されません。
図のような感じです。24時間10分だと、0時間10分になってしまいます。

これを、24時間10分→1450分に変換するには、どのようにすればよいでしょうか?

お分かりの方がいらっしゃれば、ご教授よろしくお願います。

Aベストアンサー

シンプルに
=A1*24*60

Q人類(あるいは他の知的生命体)が滅亡する前にそのような技術レベルに到達する可能性は、ドレイクの方程式

人類(あるいは他の知的生命体)が滅亡する前にそのような技術レベルに到達する可能性は、ドレイクの方程式の値に大きく依存している。ドレイクの方程式は、ある時点で星間通信可能な技術レベルに達している宇宙における知的種族の数を与えるものである。この方程式を解くと、人類以上に進んだ文明が存在するという結果が得られる。実際の宇宙とシミュレートされた宇宙の全ての平均値が 1 以上であれば、そのような文明が歴史上必ず存在するということになり、そのような文明がシミュレーションを行う意志を持っていれば、平均的な文明がシミュレーション内にある可能性は非常に高くなる。

この文での知的種族は他宇宙の生物も入っていますか? この文を見るとシミュレーション仮説は有力に見えるのですがやっぱり有力なのでしょうか?

Aベストアンサー

面白い考えですね。
そう考えたら、地球に住んでるんだから、宇宙からきた宇宙人では絶対にないか?も考えます。
言葉や髪の色、目の色が違うのは、そもそも、同じ地球人では宇宙から来た宇宙人だから違うのかも知れないですね。戦争しないで、みんな仲良くして欲しいですね。子供の時に地球に預けられたら、宇宙から来たことなんて、子供自身の記憶から消えてしまいそうですね。移り住むにはその方法しかないでしょうけど。
滅亡しないために送り込まれた宇宙から来た宇宙人がすでに地球で活動中だとしたら面白いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報