柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

問題:1molの理想気体に対して、準静的過程で図のようなサイクルを行う。

(I)A→B:断熱圧縮、(II)B→C:藤温膨張、(III)C→A:定積変化
 状態Aの体積と絶対温度はそれぞれV1、T1、状態Bの体積と
絶対温度はそれぞれV2、T2、状態Cの体積と絶対温度はそれぞれ
V1、T2である。
(1)断熱過程(I)で気体が外部から受け取る熱量QIはいくらか。
(2)等温過程(II)で気体が外部にする仕事WII、および外部から
受け取る熱量QIIを求め、それぞれ気体定数R、T1、T2、V1、V2の
中から適当な記号を用いて表せ。

(3)定積過程(III)で気体が外部にする仕事WIII、および外部から受け取る熱量QIIIを求め、それぞれ定積モル比熱Cvか(1molの気体を体積を一定にして温度1Kだけ上昇させるのに必要な熱量)、T1、T2、V1、V2の中から適当な記号を用いて表せ。

このような問題なんですけど、どなたかわかる方お願いします。

「物理の熱の分野でわからない問題があるので」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

マルナゲのようなのでヒントだけ



(1) 断熱過程とはどういう過程ですか?

(2) 気体が外部にする仕事は ∫ p dV です。状態方程式を使って p を他の量で表すと、積分を実行できるようになります。
外部から受け取る熱量については、熱力学第一法則(エネルギー保存則)から求められます。等温過程では理想気体の内部エネルギーが変わらないことを使ってください。

(3) 仕事については上記参照。
 いまの場合は定積変化なので、外部から受け取る熱量は定積比熱から求められます。符号に注意しましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング