gooID利用規約 改定のお知らせ

ハードル競技は飛ばなくても問題ないのでしょうか?

個人的に調べてみたところ、
基本、失格ですが中国では問題ないとの声も(?)

ご回答の程、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

<ハードル競技は飛ばなくても問題ないのでしょうか?


いいえ、「問題」は存在します。跳び越えるという本来の競技理念を無視しての低空飛行では、タイムが短縮されるからです。

<基本、失格ですが中国では問題ないとの声も(?)
これについては、オリンピックなどの国際競技会ではルールは全世界共通ですから、中国だけが許されるということはありませんが、国内限定競技ならば、独自ルールは可能です。例えば、柔道では、国際ルールと違った国内ルールで開催されることが多いものです。

また、この場合の失格か否かは、審判長のルール解釈によって異なるというのが正解ですから、同一行為でも、その時の審判長の判断によって、可否が逆になることもあります。

つまり、「わざとハードルを倒したと審判長が判断したとき」には「失格」と明記されてはいますが、そして、そういうことは、監察員の審判長への報告を待って判定されるのですから、監察員が失格には当たらない偶発的なものと判断すれば、そもそも、審判長に報告されません。

結論としては、監察員と審判長の判断次第で、どうにでもなるということです。

上に跳ばない低空飛行は確かにタイム的には利があるわけですが、その利点を消去する以上に、ハードルへの激突はスピードロスのリスクを負っていますから、たいていの場合、選手は倒さないよう努力して跳び続けます。

しかし、現実に「全てのハードルを倒すつもり」で走る選手は存在します。
そういうことを公言し、好タイムを出している選手が現存します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細にご回答頂きありがとうございます^^

ハードル競技に関して、様々な解釈があるのは審判の判断によって良否が決まるからなのですね!

一つ知識が増えました!ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/21 17:44

画像のド素人競技会はどうだか知りませんが、一般的には失格です。



「競技規則第168条(7),(8)により、故意にハードルを倒したと審判長が判断した場合は失格になるが、跳躍の流れの中でハードルが倒れた場合は失格にならず、記録も認められる。ただしハードルに当たりながら進んだ場合は反動で走行スピードが低下するため、選手は極力ハードルを倒さないようにして走行するのが一般的である。また選手がハードルの横を通り抜けたりくぐったり、あるいは隣のレーンのハードルを倒したりした場合は失格となる。」

                               以上・資料より抜粋。

追:隣のレーンに倒れた時点でも失格になるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね、隣のレーンに倒れた時点で他の選手の邪魔をしているので失格ですよねw

ご回答頂きありがとうございます^^

お礼日時:2010/12/21 17:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q走り幅跳びのルール

走り幅跳びで跳んだ距離の測定方法を教えてください。

また、踏切板付近では、どのようになったとき、ファールなのでしょうか。

Aベストアンサー

陸上競技ルールブックを元にお答えします。 
(1)走幅跳の距離の計測方法について
 身体のどの部分であろうとそれが砂場に残した踏切線に最も近い痕跡から踏切線または踏切線の延長線まで、踏切線に対して直角に計測する、だそうです。

(2)踏切板付近でのファールについて
 みなさんの回答にあるように、踏切板より前で踏み切った時です。
 詳しく言いますと、
 跳躍しないで走り抜けたり、跳躍の際に身体のどこかが踏切線の先の地面に触れた時
 また、踏切板の両端よりも外側から踏み切ったとき、がファールになります。
 踏切線の向こうは粘土板になっていて、これで見分けます。
 また、痕跡が残らなくても靴や足先が突き出た時はファールになります。
 
 踏切板の構造なんかも詳しくきめられています。粘土板は地面の水平面から7mm盛り上がっていなければならない、踏切板からの角度は30度、幅は100mm、などなど… 
 なかなか細かいですが、ルールを間違うと面白くなくなってしまいがちですので、しっかり覚えて幅跳びを楽しんでください!!
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報