旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

二十四の瞳の中に、修学旅行に行くか行かないかの場面がありますが、
その中に、
「螺鈿のすずり箱が富士子には知らせずにミサ子の家へ行き・・・」
とありますが、この部分の意味がわかりません。
どなたか教えて頂けないでしょうか?

A 回答 (2件)

>>つまり「富士子の家のすずり箱をミサ子の家に売ってお金を得た」ということでしょうか?



 そこをあからさまに言わないで読者に気づかせるところが文学なのでしょう。
    • good
    • 0

 螺鈿(下記)は、貝の真珠色に光る部分を装飾に使ったもので、中国から朝鮮半島を通って日本に伝わったものです。

おそらくそのような装飾を施した硯箱(硯や筆などを入れる、箱)のことだと思います。冨士子に知らせないでミサ子のところに硯箱が行っていた、ということでしょう。
 http://kotobank.jp/word/%E8%9E%BA%E9%88%BF
 http://kotobank.jp/word/%E7%A1%AF%E7%AE%B1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
つまり「富士子の家のすずり箱をミサ子の家に売ってお金を得た」ということでしょうか?

お礼日時:2010/12/20 14:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q壺井栄 「二十四の瞳」の題名の読み方

作品内容のことではなくて 申し訳ありません。

「二十四の瞳」は、「にじゅうし の ひとみ」と読むと認識してます。

これを「にじゅうよん の ひとみ」と読んではイケナイ理由はなんでしょうか?
作者が そういう読ませ方(にじゅうし)をお願いしたから?
(ルビがふってあるのでしょうか)
または、「二十四」は「にじゅうし」と読むのが当然だから?

Aベストアンサー

太宰治の短編でもありますよね。
紀元2700年祭の時、その時には人々が「にせんしちひゃくねん」を「にせんななひゃくねん」と言うようになってるんじゃないか心配で…みたいな話。
嘆かわしい、みたいな。

昔は漢文=男の物=絶対的な上位
かな=女の物=軟弱で下位の物

という物差しがあったので、その伝統で、「よん」とか「なな」とかいうのはけしからん!という空気があったのでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報