利用規約の変更について

趣味で木工を始めました。手動で穴あけなどをするのが大変になってきたので、電動ドリルドライバーの購入を考えています。 そこで、以下の質問にアドバイスをいただければ助かります。

1)庭での作業は充電したドリルで、室内は電源をつないで、と両方に使えるものをネットで探しましたが見当たりません。このようなものはないのでしょうか?

2)物は長く大切に使いたいので、充電式ならバッテリーを替えられるものがいいと思っていますが、どのくらいの予算が妥当でしょうか?

3)女性に扱いやすく、グリップが小さめで、持ち上げるのに重すぎない機種、音の静かな機種などがありましたら、推薦していただけますでしょうか。

その他、充電式とそうでないもののメリットとデメリットについて、実際に使った方にご意見を伺いたいと思います。 よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

一口にドリルといっても様々です。

基本的には以下の用途別にあった方が良いです。

1.一般木工ネジ(50mmくらいまでのスリムビス)・・・ドリルドライバー
2.コーススレッド(2x4材などに使う90mm~)を連続して・・・インパクトドライバー
3.穴開け(木工)・・・電動ドリル(ドライバー機能はなく、回転数の早いもの)

ドリルドライバーだと、2にはパワー不足&インパクト機能がなくナメやすい、3には回転数不足でキレイ
な穴開けができないです。
インパクトドライバーだと3には原則使えませんし(小径なら大丈夫ですが)電動ドリルだとクラッチが
ありませんので1・2の用途には使えません。

質問者さんがどこまでの木工をするのかにもよりますが、三種揃えた方が効率的で仕上がりも良いです。

そこまで必要無ければ、ドリルドライバーが汎用的に使えて良いですね。

充電かACかは好みですが、バッテリーの場合、使用頻度が低かったり、継ぎ足し充電を繰り返すと
ヘタすれば1年でダメになります。家庭木工って家事の合間に作業する事も多いですし、いざ使うときに
すぐ切れて充電、なんてのだとなかなかはかどりません。

ですからどちらか一つなら、ACタイプのものをおすすめします。

機種についてはお好みです。BOSCHやマキタなどは高いだけのことはあります(でも安いタイプのものは
それなりの出来です。)が、月数回程度の使用でしたら、タカギやe-Valueなど廉価なものでも十分活用
できます。おすすめとしてはリョービのFDD-1000。ACタイプで軽量コンパクト、実売3980円くらいかな?
50mmくらいまでのビスなら十分打ち込めますし、チャックもゆるみにくいキータイプのチャックで安全です。
にコーススレッド1分で4~5本打ち続けるような連続作業には向きませんが、通常ネジ締めならこれ
一本で済んでしまいます。
http://vicdiy.com/tool_select/004/004.html
で紹介されてますね。

個人的には数万出してBOSCHやマキタのプロモデルのドリルドライバーを買うくらいなら、廉価なものを
上記1~3の目的別に揃えてあげた方が、よほど安全で楽に、キレイな仕上がりになると思います。

例えば、下穴用とネジ締め用でそれぞれ1台あると、作業のはかどりが全然違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、廉価なものを目的別にそろえるというのもありですね。
リョービのFDD-1000、良さそうですね。お値段もお安いですし、
素晴らしい情報、ありがとうございます。リンク先のページもすごく
役立ちそうで、「お気に入り」に追加しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/23 00:28

1)昔はACアダプタにつないで充電するタイプがありましたが、今は見かけません、なぜかって、電池の性能もよくなりバッテリー式で電源をつなげる必要の無い時間まで使えるようになったからです。


昔のドライバーは電池性能も悪くすぐ使えなくなってしまったのでそのようになっていたんだと思います。
今ですと、予備バッテリーも結構安く本体で充電よりも専用充電で、1個のバッテリーで使いながら1個を充電する方が効率がいいのでそのようになったんだと思います。

2)残念ながら電動工具は日進月歩で進化しているので長く使い、バッテリーを換えるのであればそのときに新しい物を買った方がいい場合があります。
予算的には3千円から1万円程度の物でも十分DIY使用に耐えられると思います。


3)基本的にパワーと電池の持ちに比例して重くなるので、オススメはコード式です。
ただコードレスの方が電源を気にしないで使えるのでコードレスも使いやすいです。
使用用途で決めた方がいいです。

充電式のメリット:電源のない場所でも使用できる、外出したとき電源が確保できなくても工具が使える、共通の電池パックが使えるドライバー以外の工具があり使い回しが出来る。
デメリット:バッテリーの性能也容量により持ちが左右される。

コード式のメリット:電源が確保できれば充電の心配がない。
バッテリーではないので安定した電源が確保できる。
デメリット:コードがかさばる、ちょっとしたときにも電源コードを使わないといけないのでコードが絡まる。

以上参考になればと思い書きました。
ちなみに自分ははじめコード式のドライバーを購入しましたが、コードレスが安かったで購入してみたところ少し重いですが、コードレスの方が便利でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですか、日進月歩しているんですね。あまり先のことを考えずに1万円以下のものを買い、買い換えた方が良さそうですね。

共通の電池パックなんですか。なるほど、それなら便利ですね。充電式を検討するときは、そのあたりも重要な判断材料になりますね。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/23 00:33

当方は100Vコード式愛用です。



どのくらいの作業をするかでしょうね・・・
たとえば、木ねじ・・それこそ2~3本で手の皮がむけるような作業を続けて行う場合だと、バッテリーの容量は大きなものが必要で高くなりますね。
小さな容量のバッテリなら、何本か用意する必要ありますし・・

電池容量は、200Ahみたいな表記で示されています。数字が大きいほうが長時間の大仕事に使えます。

コード式は、安くてパワーがでかいのが良いところです。
充電式が主流で、なかなか良いのが見つからないのが難点かな?
業務用の延長コードは少々値が張りますが、バッテリー上がりを気にしなくて良いのがうれしいですね。

ちなみに、雑誌なんかで見るとBOSCHがよさそう。
いろんな機器にバッテリー共通で使えるし、予算に合わせてバッテリーが選べるみたいです。

>2)物は長く大切に使いたいので、充電式ならバッテリーを替えられるものがいいと思っていますが、
>どのくらいの予算が妥当でしょうか?
1万円ぐらい出すつもりなら自由に選べるかと思います。
1年ぐらい待てば在庫処分で半額で入手も可能かな?
ところで、
10年もすればバッテリー自体が廃盤になる可能性があるし、どんどん高性能なバッテリーが出てくるので本体自体がバッテリーに合わなくなってくる。
…おおっ!新型のバッテリーはガンガン使えるぜ!! って喜んでいたら、
 ドリルがカンカンに過熱 ってことにネ

コード式ならブラシを替える作業がいるけど長く使える。
個人のDIYなら10年使ってもブラシの交換の必要は無いでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

業務用の延長コードというものがあるんですね。知りませんでした。
予算の件も参考になります。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/23 00:05

プロ用とアマ用とではだいぶ仕様が違うようです。



(1)はあきらめてください--あっても使用場面は少ないです。

(2)写真のものは15年程度前のものですが、バッテリを先日交換しました。
それまでは5分充電の5分使用なので末期まで使用したことになります。
アマならその程度で十分かと思います。
http://denko.panasonic.biz/Ebox/powertool/diy/
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …

DIY用も持ってますが、2個バッテリがついてますが1個で十分です。
安売りだと7480円で売ってることがあります。
ですが、必ず日本のメーカーブランドを選んでください。

(3)ホームセンタで見るかぎり、同じようなものです。
上向きの作業はこたえますが、下向きなら重い方がむしろ安定します。

充電式が出る前は日立のスーパードリルが憧れででしたが、充電式を
使ったら手放せません。

それとドリルビットはちょっと長め(60~70mm)を買いましょう。
ビス、木ねじの穴をなめにくくなります。

値段の差は耐久性やトルクやドリルのチェックの精度だと実感しています。
「充電式電動ドリルの選び方について教えてく」の回答画像8
    • good
    • 2
この回答へのお礼

充電式も便利なんですね。長めのドリルビットを買います。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/22 23:59

1)パナソニックEZ7000・EZ7301が2電源でしたが廃盤です。


 でも、旧在庫等あるかもしれませんので、一応ネットで検索してみてはどうですか?
 オークションや中古でも手に入るはずで、少なくとも修理はまだ受け入れているはずです。

2)ピンキリです。1万~5万円程度を考えておきます。
 使用頻度が少ないでしょうから、リチウムイオン電池をお勧めしたいところですが・・・・
 安物はニカド電池が多いでしょうが、二カドが悪いわけではありません。
 寒冷地ではどうにもニッケル水素電池は調子が悪いです。
 電池容量とサイズ、充電時間やメモリー効果など、電池の特性をある程度は把握しておくと良いです。

 DIY向け工具とプロユースとは別物だと考えてほしいです。
 ドリルドライバーとインパクトドライバーの違い等は他回答者様が説明されていますね。
 両者を切り替え式のマルチインパクトドライバーというのもあります。

3)インパクトはそこそこ音がうるさいです。回転とトルクは落ちますがオイルパルス式は少し静か。

木材に大きな穴を明けるのならパワーがあるほうが絶対にいいです。
鉄材への穴あけはインパクトよりドリルドライバー(インパクトだとキリの先が欠けやすいので)

最近は14.4Vが主流になってきましたが、質問者様は女性のようですから12V機をお勧めします。
14.4Vは確かにパワーあり、本格的に使うともう12Vには戻れない(?)のですが、やはり大きく重いです。また、インパクト用の先端工具もメーカーでは14.4V対応を唱っていますが、所詮6.35軸が負担できるパワーには限界があり、正直言って負けています。
ドリルドライバーにはトルク調整機能が付いていますが、ネジ締めの時に反対を押さえ込む(反力)のはやはり腕力です。初めはダダダッという音と感触にビビルかもしれませんが、インパクトなら推力のみ押さえ込んでやれば良いので、女性にはむしろ扱いが楽なのではないかと思います。
今さら9.6Vでもないでしょうし、・・・ということで私としては12Vのインパクトドライバーをお勧めしますね。私も仕事で旧式の12Vも未だに愛用していますが、特に不満に思ったことないです(笑)。

充電工具を初めて購入するのですから、どんな物かもよくわからずプロ用の4万・5万もするものには手を出しづらいところですね。
安物の輸入品だと修理対応などまず無理で、品質にも不安がある・・・ということならば。
国産メーカーのDIY用はいかがですか?(もちろんこのクラスは海外生産だと思うので、中には事実上修理不可というのもあるようですが、充電器と電池パックは互換性、もしくは代替がきくものがあります)
私はプライベートでリョービBID1226を使ってますが、悪くはないです。毎年モデルチェンジを繰り返すトップメーカーのゴテゴテしたプロ用機種よりなんかホッとするほどシンプルです。
実勢価格で16000から18000円程度だと思います。

 
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

12Vですね。参考になります。プロ用のものは必要ないので、重くなくパワーもそこそこある12Vを探してみます。デザインもシンプルなのがいいので、ご推薦のリョービBID1226を調べてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/22 23:49

1)見たことありません



2)修理対応が万全な国内一流メーカーのもの(リョービ、日立、マキタ等)。固い木に太い木ネジをねじ込むような用途だとパワー優先になります。

3)バッテリ式はどれも重く大きく女性には使いにくいですヨ。また電動式のドライバには「電動インパクトドライバ」「電動ドライバ」と2種類あり、ここ一番のトルクなどは前者が有利ですが、慣れを要するので初めての購入であれば後者の「電動ドライバ」がいいです。最初の1台はこれなんかどうでしょ?
http://www.p-tools.com/ryobi2/gerden/entry/fdd10 …
パワーが必要なら
http://www.p-tools.com/ryobi2/doriru/cdd1020.htm
でしょうか?

>充電式とそうでないもののメリットとデメリット
バッテリ式のメリットは「電源コードがない」だけです。私個人の経験だと肝心なときにバッテリ切れで何度イライラしたことか(充電は数時間かかるので、午後にバッテリ切れなんてことになるとその日は全く使えないなんてこともあります)。
バッテリ式って作業場で常時携行して使うためのもの、電源コードが届かない場所でやむを得ず使うものと思っていた方がいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

推薦の2つとも良さそうです。お値段も結構ディスカウントになっていて
いいですね。東急ハンズに行って直接みてみます。

それと、やっぱり電源コード付きのものにしようと考えています。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/22 23:45

1)庭での作業は充電したドリルで、室内は電源をつないで、と両方に使えるものをネットで探しましたが見当たりません。

このようなものはないのでしょうか?
昔はありましたが、今は無いと思います。理由は充電時間が比較的短時間になってきて、予備バッテリーを充電しながら、交換して使用すればよいからです。

2)物は長く大切に使いたいので、充電式ならバッテリーを替えられるものがいいと思っていますが、どのくらいの予算が妥当でしょうか?
バッテリーが交換できるものは、最安で1万円程度から見つけることができますが、用途や大きさなどによって違います。

3)女性に扱いやすく、グリップが小さめで、持ち上げるのに重すぎない機種、音の静かな機種などがありましたら、推薦していただけますでしょうか。
その前に、「ドリル」がほしいのか、「ドライバー」がほしいのか、両方ならどちらの機能を優先するかを決める必要があります。
ドライバー機能優先のものはラチェット式のソケット(6.35mm六角シャンク)がついているのが一般的です。これはワンタッチでつけはずしできるのですが、対応しているドリルの歯(ドリルビット)があまり多くないので、ドリルとして使うには制限されます。
またドライバーの機能としてネジをねじ切らないように、トルクの制限機能(ある程度締まったらそれ以上締めないようにできる)がついています。

逆にドリルとして使うものには、ドリルチャックがついていて、六角用のドライバーも利用できますが、その代りに締め付けトルクの指定ができ無いものが多いです。
また振動ドリルと言って、コンクリートに穴が開けられる機能のものがあります。(六角シャンク式に振動つきは無いと思います)

これらの機能のいくつか省いたり(特に振動付きは高いです)、パワーが大きくなったり、バッテリーの充電時間が短いなどの特徴によって、種類と値段がきまります。

質問者様は女性のようですので、ドリル優先かドライバー優先か、という問題のほかに、重さ(大きさ)と出力(パワー)という問題があると思います。
当然ですが、パワーのあるものは大きくて重いのが普通です。腕で支えるのが大変なぐらいですと、硬いものへの穴あけや無理な体勢でのネジ締めなどの作業のさい、思わぬ怪我をすることがあります。
手にネジが入れば貫通することもありえますので、無理なく使えるものを探すことが重要でしょう。

ですので、使用条件が分からない上に、質問者様の体格(手の大きさ)体力が分かりませんので、迂闊にお勧めすることはできません。
できればホームセンターを何件か回って試してみることをお勧めしたいと思います。ひとつの店舗しかいかないと、いい道具にめぐり合うことがむずかしくなります。
ホームセンターも取引先が多様で、ボッシュしか扱ってないとか、マキタをお勧めしているとか、日立を扱っていない、とかいろいろあるからです。

一応目安としては、パナソニックの製品を基準に選ぶことをお勧めしておきます。
パナソニックでも
電動ドライバー(ドリルも一応使えるよ)
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …
比較的家庭用の10.8Vのシリーズ
http://denko.panasonic.biz/Ebox/powertool/diy/
プロ用ハイパワー14.4Vシリーズ
http://denko.panasonic.biz/Ebox/powertool/li-ion …
などがあります。
(電動ドライバーは本当はプロ用ですが、小さいので女性でも扱いやすいです)

最近のものは、音の心配はしなくていいと思います。
あとは手にとって試してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ドライバーよりドリルを優先して考えています。ホームセンターは近くにないのですが、
渋谷の東急ハンズが一番近いので、行ってみます。店員の方に質問するときに
このような基本的なことがわかっていると、役立ちます。何を聞いていいのかも
わからなかったので、ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/22 23:37

1. 以前パナソニックで出ていましたが、現在は生産終了と思われます


  日立工機でも充電器から直接給電出来るタイプがありました。
  カタログを見てみましたが見つかりませんでした。

2. 15000円

3. 充電式のものはそれなりに重いです。

充電式の長所
  電源の取れない所で作業できる。
  コードがないので動きが制限されない。
充電式の短所
  電池を充電する必要がある
  2年ほどで電池の寿命がくるので電池だけ買い換える必要がある。 
  しばらく使わないで居ると放電していることがある
  電池が高価
  

コード式の長所 
  同じ価格なら、コード式の方が性能が上。
  電池切れの心配がないので、長期間使用していなくてもすぐ使える。

コード式の短所
  電源が必要    
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですか。以前はあったんですね、充電式と両方使えるのが。
カタログまでチェックしていていただいて、本当にありがとうございます。


15000円くらいが目安ということで、アドバイス助かります。いろいろあって、どうしたらいいいのか分からず困っていました。

電池の寿命は2年くらいなんですか。月に一度使うかどうかのものなので、コード式がいいかなあと思いました。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/22 00:03

グリップが小さいと強い力で握らなければなりません


邪魔にならない程度で大きい方がいいです
振動ドリルだと石やコンクリートにも穴あけが出来ます
延長コードが使える範囲なら充電式は不要だと思います

この回答への補足

ありがとうございます。

そうなんですか、グリップが小さいと、却って余計な力が必要なんですか。
目から鱗です。勉強になります。

振動ドリルというのは、電動ドリルの中でも特殊なもののことを言うのでしょうか?

補足日時:2010/12/21 19:29
    • good
    • 0

1.多分ないか、有っても稀でしょう。

それぞれの利点が活かされなくなりがちですから


2.バッテリーの寿命が来る頃に、本体のベアリングなどの寿命が来るのようです。しかし頻繁に使う場合は二個のバッテリーを用意し、交互に充電と使用をします。予算はピンキリです。プロが使う14.4ボルトのリチュウムイオン電池だと一個で1万円を超えるでしょう。

3.パス

4.充電式は、なんといっても取り扱いが楽なことです。足場の上や、潜り込んで仕事をするような場合、コードを引き摺ってゆくのは大変です。またドリルと、インパクトドライバーなどを使う場合、両方ともコード式だとすぐ絡んでやっかいです。
コード式のメリットは比較的安価でパワーがあることです。例えば丸ノコなどは足場の上の不安定な状態で使うことはあまりないのでコード式がほとんどです。ドリルでもスタンドにセットして使うことが多ければ、コード式の方がコストパフォーマンスで勝るでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

バッテリーより本体の寿命の方が短いことがあるとは、家電しか使ったことのない私としては
驚きです。なるほど、バッテリーを二つ用意するんですね。勉強になります。

やはりコード式のほうを選び、不足なら充電式を買い足すというのが一番いいようですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2010/12/21 19:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインパクトドライバーかドリルドライバー

DIYでちょっとした家具等を作ったりしています。
電動工具をぼちぼち揃えていきたいとおもっていますが、個人的にはドリルドライバーの方が使いやすそうな気がしますが、テレビ番組などではインパクトドライバーを良く使っているような気がします。
インパクトドライバーとドリルドライバーとは、どの様に使い分けるというか用途の違いがよくわかりません。
両方とも使っている方がいらっしゃいましたら使ってみた感じとか教えて頂けますか?

Aベストアンサー

#4です。僕もちょっとした補足を。

インパクトでもそれ以外でもそうですが、名前を見ると用途が結構わかったりします。
ultimateさんも書かれているようにインパクトはドライバです。
電動ドリルは電動ドリルと電動ドリルドライバが存在します。
電動ドリルは文字通り穴あけ専用といってもいい物で、ドリルドライバは穴あけ+ドライバといった存在です。
これからみてもインパクトドライバはコーススレットに代表されるような荒め(別に荒くなくてもいいのですが)の木ネジを締めるのに適していることがわかるかと思います。

もう一つです。
先のレスで書いたことでもしかしたら誤解が生まれるといけませんのでもう少し書いておきます。
インパクトドライバは回転方向に衝撃を与えることでネジを締めこんでいくものです。
(トルクを稼いでいると言ってもいいかもしれません)
ドライバ関係のものでもう一つ衝撃を与えるものが存在します。
それが振動ドリルです。(もしくはそれより大型(のことが多い)のハンマードリル)
これは上下方向に衝撃(震動)を与えながら回転させることで叩き込んでいく(割っていく)ような感覚で使用するもので、コンクリートなどに対して使用します。
振動ドリルは振動のさせるさせないをスイッチで切り替えができ、振動させなければ通常の電動ドリルと同じ使い方が可能です。(大きいので重たいですが)

インパクトドライバもコンクリート用のドリルビットを付ければコンクリートにも穴あけが可能です。
可能ですというよりも不可能ではありませんと言った方がいいかもしれません。
5・6φの穴でしたらあけることは可能です。
メーカーは絶対に勧めることはしませんが・・・。

最後に僕が家具などを作りたいと言っている方に勧めることです。(ちなみにホームセンター勤務で、電動工具及び木材コーナーの担当者です)
デッキテラスなどの大型のものを作りたいという場合は迷わずインパクトドライバをお勧めしていますが、家具などをという場合で、それも大きなものから小さなものまで作りたいという場合は電動ドリルドライバをお勧めしています。
比較的大きな家具などでしたら板厚もそれなりにあることが多いですが、そうでない場合は10mm程度の厚さにネジを入れ込んでいく場合があります。
直角に交わる板の方は5mm程度のところに打つことになります。
こういった場合には下穴を開けた方が間違いなく失敗は減ります。
下穴がなければ無理な場合も多く存在します。
2台持っている場合は使い分けることが可能ですが、そうでない場合はドリルドライバの方が便利な場合も存在します。
インパクトでできることはほとんど(というか全て)ドリルドライバで足りますが、ドリルドライバの仕事全てはインパクトでは出来ません。
よって1台しかもてない場合はドリルドライバをお勧めするようにしています。

ちなみに僕自身はプライベートでも両方持っていますが、使用するのはそのほとんどがインパクトです。
仕事でも同じです。
インパクトを使い込んでそれなりに慣れてくればドリルドライバと同じような使用も不可能ではないからです。
参考までに、では。

#4です。僕もちょっとした補足を。

インパクトでもそれ以外でもそうですが、名前を見ると用途が結構わかったりします。
ultimateさんも書かれているようにインパクトはドライバです。
電動ドリルは電動ドリルと電動ドリルドライバが存在します。
電動ドリルは文字通り穴あけ専用といってもいい物で、ドリルドライバは穴あけ+ドライバといった存在です。
これからみてもインパクトドライバはコーススレットに代表されるような荒め(別に荒くなくてもいいのですが)の木ネジを締めるのに適していることがわかる...続きを読む

Qインパクトドライバで鉄板に穴が開かない

お世話になります。

2.5mm厚の鉄板に穴を開けようと、115Nmのインパクトドライバを買いました。
が、鉄/SUS用のドリルで穴が開きません。

おかしいなと思い、RYOBIのカタログを見ると、同じような見た目で、「ドライバドリル」
と言うのがあるのに気づきましたが、この仕様は「22Nm」と、かなり力が弱いです。

質問なんですが、
1.私の購入したインパクトドライバでは鉄に穴を開けるのは無理でしょうか。
  (もっと高いドリルを買うなり別の方法がありますか、という意味です)
2.鉄板に穴を開けるのは、ドライバドリルが正解なんでしょうか。
3.ドライバドリルが正解なら、なぜ力はこちらの方が弱いのでしょうか。
  (普通、鉄板に穴を開ける方が力が要ると思いまして。。)

以上、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>鋼材って力で穴を空けるんじゃ無かったのですか!?知りませんでした。
では逆に、ドリルドライバーでネジ締めは力が足りなくて、出来ないということでしょうか。

 ドリル(ドライバードリル)とインパクトの最も異なる違いは、回転軸と工具が直結しているか否かです。
 ドリルの場合は(トルクリミッター以下なら)直結していますから、工具にかかる負荷がそのまま反作用で支える手にかかってきます。そのため手で支えられる以上のトルクを工具にかけることはできません。小さな充電ドリルではさすがに手首をひねられることは少ないでしょうが、それでも保持する部分と同じ直線上にないですから傾いて工具が折損したりします。
 一方インパクトは、工具とモーターが直結していませんから、手にはほとんど反動がありません。そのために、大きな負荷をかけても手首をひねられる事はありませんし、工具が傾くことによる失敗も起きません。

 これが用途によって使い分けなければならない最大の理由です。

 充電工具のように小さなものは良いですが、強力なコード式の工具だと大きな締め付け力だと、工具が確実に手からもぎ取られて大事故につながります。

 ちょっと前ですが
 ⇒2.0ミリのステンレスに穴を開けたい (1/2) - DIY(日曜大工) - 教えて!goo( http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8010590.html )
 においても、実際の作業手順を写真入で紹介しています。
 その時の実験結果では
『2mmのSUS301がないため、5割厚い3mmです。ポンチを打って、カッティングペーストを塗った4.3mmの6520ドリル刃を使用しました。時間は、4秒で貫通しました。』No.7の回答

>鋼材って力で穴を空けるんじゃ無かったのですか!?知りませんでした。
では逆に、ドリルドライバーでネジ締めは力が足りなくて、出来ないということでしょうか。

 ドリル(ドライバードリル)とインパクトの最も異なる違いは、回転軸と工具が直結しているか否かです。
 ドリルの場合は(トルクリミッター以下なら)直結していますから、工具にかかる負荷がそのまま反作用で支える手にかかってきます。そのため手で支えられる以上のトルクを工具にかけることはできません。小さな充電ドリルではさすがに手首...続きを読む

Qジグソーと丸ノコ、先に購入すべきなのは?

手ノコに疲れたので電動ツールを物色中ですが、
ジグソーと丸ノコってどちらが優先度高いですか。
ジグソーが丸ノコを兼ねるとも思えないですが、
実際のところはどうなのでしょうか。

あらかじめ採寸して、直線カット程度はホームセンターで
頼んでいましたが、家でもバリバリカットできると嬉しいです。

Aベストアンサー

見習い大工のマサルです。
基本的にジグソーはいらないと思われますよ。
まぁ危険度はありますが丸鋸をお勧めします。
私も大工しているので時たまジグソーがあると便利だから
購入しようかなぁ~何て時もありますが、
私ですら滅多に使いません。
もし家具製作でRを沢山細工したいと言う場合は
私は逆に糸鋸盤をお勧めしたい位です。
それ程高精度のアールを付けるにはジグソーではかなりの慣れが
必要ですし、自作で(市販は直線定規のみ)R切断対応の
定規でも製作すればバンバン使えますがね・・・。
そんな理由で私は丸鋸をお勧めします。
あとはサイズですが、145mm、165mm、190mmの刃サイズが
一般的ですね。
145mmは使った事が無いので分かりませんが、
165mmが大体6cm弱を切断可で、190mmが大体8cm弱
切れたと思います。
どういうサイズの材料を使うかによりますが大工さんだと、
刻み(プレカットでなく墨つけして構造材を加工する事)をする場合
位ですね。基本は165mmを使って仕事をします。
1回で切れない材料は曲尺(まがりじゃく様はさしがね)で
鉛筆墨を出して上下2回で切ります。それが大工さんの基本
みたいな感じです。まぁ大工さんにもよりますが。
慣れと曲尺の精度で綺麗な断面で切れます。
私としては165mmの丸鋸をお勧め致します。
あと最後に丸鋸は大変危険な道具では有ります。
(モーター付いてるから当たり前!!)
材料を沢山手鋸で切るのは大変だから丸鋸は出来ました。
正しく使用し、安全を配慮すれば楽しく楽にDIYをやっていけます。
正しくとは、丸鋸の進行方向の前後に絶対に!!!!!身体を
入れてはいけない。キックバックしても身体が無ければ怪我しません。
自分が材料を真っ直ぐ切れないと認識しているなら必ず市販の定規
を購入、使用する事。(例:Lアングル、フリーアングル、
丸鋸同梱定規等)Lアングルなんかは確かに高価な定規ですが
楽に直線切断が出来るだけでなく、キックバックも起こしにくい
です。(キックバックの原因は材料に丸鋸の刃が挟まれて、
回転に合わせて戻ってくる現象です)丸鋸使い不慣れで真っ直ぐ切ってるつもりで曲がって切ってるのに無理にきつくなっても切ってると
キックバックが起こります。
逆に正確に真っ直ぐ切れていると、丸鋸の方が軽くですが前進して
行くので、切れ味は軽く「す~」っと切れます。少しでも
曲がると重たくなります。後はいつキックバックしても
いい様にというかいつ来ても良い様に心の片隅で身構えて居る事も
大切です。電動工具とはどれもそうですが、道具それぞれが持つ危険を
認知した上で、対処法を理解しいつ何時起きても対処出来るように
心の準備をしておく事が電動工具を使う上では一番大切な事です。

見習い大工のマサルです。
基本的にジグソーはいらないと思われますよ。
まぁ危険度はありますが丸鋸をお勧めします。
私も大工しているので時たまジグソーがあると便利だから
購入しようかなぁ~何て時もありますが、
私ですら滅多に使いません。
もし家具製作でRを沢山細工したいと言う場合は
私は逆に糸鋸盤をお勧めしたい位です。
それ程高精度のアールを付けるにはジグソーではかなりの慣れが
必要ですし、自作で(市販は直線定規のみ)R切断対応の
定規でも製作すればバンバン使えますがね・・・...続きを読む

Qインパクトドライバーのトルクはどの位あれば良い

インパクトドライバーの購入を考えています。
使用目的は日曜大工(ウッドデッキの製作)程度ですが、ストレスなく作業を行うには、インパクトドライバーにどの程度のトルクがあれば良いでしょうか。
インパクトドライバーを使用されている方、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

自分なら迷わず120MNを購入しますね。
使えば解りますが作業効率が全然違いますから。

Q電動ドリルについて

電動ドリルの購入を考えていますが
種類も多く、電動工具についての知識もゼロに等しいため
なかなか選べずにいます。

5mm厚のステンレスに4mm、12mmの穴を空けたいと考えていますが
4mmの穴あけはいいとして、チャックが10mmまでといったドリルが多いようで
12mmの穴あけができるドリルを探しています。
もしかしたら刃は12mm、シャンク部が10mmといったドリルもあるのでしょうか?

今回、急な工作のため購入しますが
今後も長く使いたいため、できれば電動ドライバとしての機能をもった製品を希望です。

Aベストアンサー

電動ドリルで5mm厚のステンレスにきれいな穴を開けるのは、プロでも難しいです
まして12Φは、ドリルを使ったことのない人にとっては「不可能」と言っても過言ではないです
数が少ないなら、プロに頼んだほうが無難です
どうしても自分でやりたいのなら、ボール盤とホールソーをお勧めします
ボール盤も家庭用の安価な物(1万円弱)が出回っています
ホールソーは超硬チップが付いたものでないと、焼けちゃいます
はっきり言って、安くないです
4Φはコバルトドリルで開きます
二硫化モリブテン入りのスプレー式「切削油」を使いながらゆっくりと掘って下さい

銜える部分が細くて、切削部分が太いドリルを「ノスドリル」と言います
コバルトも有ると思いますが、非常に高価ですよ
穴が丸くならず、お勧めしません

物凄く時間が掛かるので、電動ドライバ(バッテリードリル)では無理です
電動ドリルを買う場合は、コード付で、
マキタ、日立、ナショナルのいずれかの製品をプロの工具屋で買ってください
ホームセンターで売っている電動工具は、廉価版で直ぐに使えなくなる場合が多いです
お勧めは「ボッシュ」ですが…

電動ドリルで5mm厚のステンレスにきれいな穴を開けるのは、プロでも難しいです
まして12Φは、ドリルを使ったことのない人にとっては「不可能」と言っても過言ではないです
数が少ないなら、プロに頼んだほうが無難です
どうしても自分でやりたいのなら、ボール盤とホールソーをお勧めします
ボール盤も家庭用の安価な物(1万円弱)が出回っています
ホールソーは超硬チップが付いたものでないと、焼けちゃいます
はっきり言って、安くないです
4Φはコバルトドリルで開きます
二硫化モリブテン入りのスプレー...続きを読む

Qコースレッドの下穴の太さ深さは?

初心者ですが、ウッドデッキを製作中です。

そこで質問ですが、コースレッドを打ち付けるのに、下穴の太さのサイズはどのくらいが適切なのでしょうか。
またどのくらいの深さまで下穴を開けるべきなのでしょうか。

購入したコースレッドは太さ4.2mm×長さ75mmです。
木材は、ウエスタンレッドシダーです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

DIY木工初心者です

ソフトウッドの場合下穴が無くても打ち込めますが
正確に打つ必要がある場合には下穴を開けるのが
基本だと思っています。
(ドリルが2個あれば、そんなに手間だとは感じないし)

私の場合、目立たないところはそのまま打ちますが
目立つ場所は、SPFやWRCの時は少なくとも上側の
材は下穴を開け皿面取りしてから深く入り過ぎないよう
慎重に打ち込んでいます。

この方がネジの頭の周辺にささくれが出来にくく
綺麗に仕上がると思うのと、最後の締め付けで
材の間に隙間が出来るのを防ぐつもりです。

下穴のサイズと深さについては自信はありませんが
ソフトウッドに4.2ミリのコースレッドなら3ミリ程度の
太さでいいように感じます。(緩くなると困るし)

ただプロの方なら「そんね事やってられねー」と
そのままバリバリ打ち込むでしょうね。

Q電動丸のこ・電動ジグソーどちらがいいですか?

電動丸のこ・電動ジグソーどちらがいいですか?
こんにちわ。日曜大工は好きだけれども素人の女性です。
棚、小物製品は作ったことありますが、はっきり言ってのこぎりはまっすぐ切れません。そんな者が今回、下記の物作りを考えてます。(思い出があるので捨てがたい、処分するには費用が高くつく事が理由かな)
そこで電動丸のこが便利かなと思い、調べていると切断面もきれいで早く最適、でも危険な道具と書かれてあり(結構危険さを強調するサイトが多い)、以前何も知らずに卓上丸のこを使い、最初音にびっくりし、怖かったけど数回板を切断したことがあり、「よく怪我しなかった事」と改めて恐ろしくなりました。
ジグソーはと言うと、切断面はいまいちで、時間もかかるが危険は少ないからよさそうだけど一度も使ったことがないので、切断面・時間(切れずにいらいらするか等)どんな感覚かわからず、悩んでます。
(今後も作業はほとんど直線しか切らないと思いますが)使用目的、頻度によって違うでしょうが、意見をお聞かせください。

また、工具選びは良いものの方が作業がしやすいとのことなので良いメーカー・サイズなど教えてください
一応マキタ・日立がよく、丸のこなら165mm、造作丸のこがよい、プロ用のほうが良い。とここまでは調べました。(価格もその程度を考えてます)


今回の一番目的は
    昔昔の木製事務用机を切断しパソコンラック(座卓タイプ)へ。
     天版は厚み3cmぐらい、他ベニヤ等(足は5cm角ぐらいですがそれはのこぎりを考えてます。)

その他、これも昔昔の小型タンス、小型置き台などの解体して廃材利用としてガーデン用の何かに使えればよいと考えてます。厚みは最大でも3cm前後です

よろしくお願いします。

電動丸のこ・電動ジグソーどちらがいいですか?
こんにちわ。日曜大工は好きだけれども素人の女性です。
棚、小物製品は作ったことありますが、はっきり言ってのこぎりはまっすぐ切れません。そんな者が今回、下記の物作りを考えてます。(思い出があるので捨てがたい、処分するには費用が高くつく事が理由かな)
そこで電動丸のこが便利かなと思い、調べていると切断面もきれいで早く最適、でも危険な道具と書かれてあり(結構危険さを強調するサイトが多い)、以前何も知らずに卓上丸のこを使い、最初音にびっく...続きを読む

Aベストアンサー

マルノコは、刃が回転して切っていくので切断速度は速いです。
ジグソーは糸鋸と同じで上下運動で切りますのでパワー的には少々という感じですね。
マルノコはコワイ!と書いていらっしゃる方が多いですが、
回転部分は見えていますから、そこに指を持って行かない
コードを切断しないように反対に避けておく。等を気をつけたらさほどのことは無いです。
ただ、一度お使いになった卓上マルノコの方が、
回転が逆で切り粉が奥へ飛ぶのでマルノコより安全性は高いです。
動く刃の場合は、刃先部分が動いているときは半透明になり見えにくいので
そこに手をやらないように注意です。
ただし、今回はそのときしか使わないなら
ホームセンターでレンタルもしていますから、そちらをお使いになった方が良いのでは?
使ってみて、これなら色々使える!と思われたら購入されてはいかがですか?
また、家具を解体するときはバールや釘抜きドライバーなどで
釘やステープル・ネジを抜いていけば、板や角材に分解できます。
くれぐれもマルノコ等で切らないように!
釘に当たると歯が折れますよ。(切れるものもありますが、後で組み直すときの為にも抜きましょう)
また、ジグソ-を買われるときは オービタル機構が付いているものを買いましょう。
木材を切るときに刃が前に前に出てくれるものです。自分で押さなくて良いので楽に切れます。
ついでにマキタ等、プロ向けのマルノコは、今は深切りタイプが主流です。
軽くて使い勝手が良いです。リョービの147mmの深切りを私も愛用しています。オススメ。
http://item.rakuten.co.jp/makita-shop/w571ed/
女性が使うなら、これぐらいの軽さまででしょうかね。(2.3kgのようです)
参考までに・・
楽しくDIYできるといいですね。
私は、自宅のお風呂の壁を塗ろうかなあ・・と計画中です。
お互いにケガしないように頑張りましょうね!

マルノコは、刃が回転して切っていくので切断速度は速いです。
ジグソーは糸鋸と同じで上下運動で切りますのでパワー的には少々という感じですね。
マルノコはコワイ!と書いていらっしゃる方が多いですが、
回転部分は見えていますから、そこに指を持って行かない
コードを切断しないように反対に避けておく。等を気をつけたらさほどのことは無いです。
ただ、一度お使いになった卓上マルノコの方が、
回転が逆で切り粉が奥へ飛ぶのでマルノコより安全性は高いです。
動く刃の場合は、刃先部分が動いているときは...続きを読む

Q電動ドライバーで木ネジをまっすぐねじ込みたい

練習しかないのかなと思いつつ、狙いのさだめかたとかコツのようなものがあれば教えてください。また、もし補助具のようなものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

他の人たちがビスやドリルについては回答済みですので、私は木材について解答させて頂きます。
プロでも材種や位置により失敗します。樫木や節の周囲、木目に対して斜め方向の時などです。

対策として考慮するのは、
材種の選定時→使用目的に適した材種、節の有無・大小・位置、木目の暴れ等。
木取り時(規格寸法から必要寸法にカットする時)→大きい節を避ける、暴れ部を避けるなど。
ケガキ時(ビス位置を決めてマーキングする時)→ビス位置を小節から離すなど。

私達は、ドリルやビスを持つ前に、木材側にも以上のような注意をします。
それでも失敗することはありますよ。その時は、他の回答のように・・・。

Q鉄とステンレスではどちらの方が強度が高いのでしょうか?

鉄とステンレスではどちらの方が強度が高いのでしょうか?

今乗っている古いバイクに使用されている、いたるところのボルトやネジがサビたり劣化しており、少しの力でねじ切れてしまったりと困っています。

そこでネジやボルト等を全てホームセンター等で売っているステンレスの物に変えようかなと思っているのですが、強度がもし鉄の方があるのであればサビは仕方ないものとして、鉄製のネジ・ボルトの方がいいかなとも思っています。

そもそもなぜ鉄製のネジ・ボルトが使われているのでしょうか?やっぱり鉄の方が強度が高いからですか?

Aベストアンサー

鉄とステンレスというようなシンプルな分け方が出来るものではないのですが
ホームセンターで販売しているような軟鋼のネジとステンレスのネジ、どちらが強度があるかは一概にはいえないです(錆びないのはステンですが)。

鋼も炭素含有量や熱処理によって様々な物性を示します。JIS規格のボルト用鋼材でも強度的に倍半分の関係になる場合もあります。、
http://www.yds-hp.co.jp/kisotishiki.htm

ステンレス鋼にもいろいろな種類があります。
http://www.megaegg.ne.jp/~o-isi/tokusei-teire.htm

基本的には当初付いていた材質のネジを使うに越したことはありません。これらのネジは耐久性、強度、コストのバランスを取ったもので、部位に割っては消耗品に近い考えのものもあります。

少なくとも、指定トルクがあって、トルクレンチで締めるような箇所であれば、最初についていた材質のネジを使わないと重大なトラブルの元になる危険があります。

Qクレとワコーズなどはそれ程違う?

ロードバイク通勤してます!

自転車のメンテではオイルを使いますが、

ワコーズ ラスペネと
http://www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/008/index.html
クレ 5-56という同様の商品がありますが、
ワコーズはもてはやされクレは否定されることが多いように思います。

私はワコーズは持っていなくて、
フッ素が配合されたクレスーパー5-56を持っていて使っています!
http://www.kure.com/products/index.html(上から4段目)

フッ素が入っているおかげか今まで特に問題なくスムーズに使えているのですが、
実際にそれ程違うものなのでしょうか?

クレとワコーズなどの違いについて教えて下さい^^

Aベストアンサー

スーパー556は 知りません
もう 数十年 556は相手にしていないので

普通の 556は バケツ一杯の石油に 潤滑剤耳かき1杯程度と言われ 拭きつけ直後は良いが
2日も経過すれば 油分を溶かし蒸発し 返って 潤滑成分が失われる代物
錆を拭き取るとかには良いでしょう
錆びたネジの緩ませに使うにしても 超浸透潤滑剤と言われる 他社製品 ワコーズなら ラスペネ
には 全くかないません

スーパー556のフッ素成分も 耳かき一杯程度では?

KUREで フッ素径潤滑剤は ドライファーストルーブルになります。

KUREは、安価に作るのか主の様で 潤滑油やグリスとしての性能は 低いです。
他のメーカーの方が しっかりした 目的別の 潤滑油が 有ります。

556より WD40の方が まだマシ ワコーズなら ラスペネではなく メンテルーブルが
比較対象品だと思います。

自転車には 浸透潤滑剤を使用するところは ほぼ有りません。
基本 グリス チェーンや フリーハブのみ エンジンオイルの様な ドロドロした 高粘度の 飛散し難い固いオイルを使用し ワイヤーアウター内などは テフロンコーティング皮膜を作る様な 高価な潤滑剤をケーブルインジェクターなどで 充填するか
初期組立時に グリスを塗布しておきます。

ベアリングの 入る 回転部に 556を吹きかけると グリスを 見事に溶かし落としてしまい
部品を 金属摩耗させてしまいます。

556は 洗い油(洗浄用程度) 誤って潤滑油として使わない様に 我が家からは 排除
友達関係にも 同様に伝え 家から なくすように 言い聞かせています。

チャリなら フィニッシュラインなども良いのでは?

潤滑剤性能を 試すには 未塗装の 鉄板を用意して 両面に吹きかけ 外に吊るして 錆びのテスト
556とラスペネや 他の潤滑スプレーも 購入し 同時に 試してみて下さい。
目に見て 錆びの進行が 早いのか556と解ると 思いますよ。 潤滑油成分より石油成分がほとんど

スーパー556は 知りません
もう 数十年 556は相手にしていないので

普通の 556は バケツ一杯の石油に 潤滑剤耳かき1杯程度と言われ 拭きつけ直後は良いが
2日も経過すれば 油分を溶かし蒸発し 返って 潤滑成分が失われる代物
錆を拭き取るとかには良いでしょう
錆びたネジの緩ませに使うにしても 超浸透潤滑剤と言われる 他社製品 ワコーズなら ラスペネ
には 全くかないません

スーパー556のフッ素成分も 耳かき一杯程度では?

KUREで フッ素径潤滑剤は ドライファースト...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報