本を読むのが好きなのですが、最近いいかげん読む本がなくなってきました。今まで色々読んできましたが、面白いと思った本逆に期待はずれだった本、元々あまり興味のない本を簡単に羅列しますので参考にアドバイスしてください。
★面白かった本
・司馬遼太郎(こんな字だっけ?)・真田太平記
・大沢在昌 ・西村寿行 ・戦国・幕末・明治の歴史小説
及び仮想歴史小説(反関ケ原等)・マイケル・クライトン
・トム・クランシー ・山際淳二 ・金子達人 ・ごく一部のスポーツノンフィクション ・つかこうへい ・三谷幸喜 (作家名の物はほとんど読んでいます)
★期待はずれだったもの
・西村京太郎 ・歴史剣豪物 ・大多数のスポーツノンフィクション ・京極夏彦 ・不夜城(馳星周) ・大薮春彦
・外国のベストセラー(どれも名前を言われれば「それそれ」と言う程度しか印象がない)
★興味なし
・恋愛物 ・人生訓的な物 ・宗教物
以上

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中1~10件)

司馬遼太郎の峠などはいかかです?読み終わった後、カミさんと物語の舞台になった所を旅したくらいです。

    • good
    • 0

お好みに合うかどうか分かりませんが…


『中島らもの明るい悩み相談室』(朝日新聞社)
というシリーズがあります。
中島らもが新聞の投書欄で悩みに答える…というものですが、
質問もくだらなければ(本人は真面目だと思いますが)、回答もくだらない。
というスグレモノです。
大笑いできます。

(他の回答者の方を含めて)これを本と認めてもらえるかが、不安です。
    • good
    • 0

服部真澄の「龍の契り」なんてどうですか



香港返還にまつわる話ですが、
本に書いていない事も詳細に調べ尽くしていそうな小説です
本筋もシッカリしていて、本という形を最大に利用していますよ

あと、吉川英治の「三国志」を読んだ事が有るなら「秘本・三国志」もおすすめです
    • good
    • 0

山田風太郎の「忍法帖」シリーズなんかどうでしょう。

時代小説が好きなのかな?って思ったので。彼を崇拝する現役の作家ってけっこういるみたいですよ。ぼくは「甲賀忍法帖」でハマりました。理屈抜きに面白いですね。
それから浅田次郎の「蒼穹の昴」もかなりよかったですね。読み応え十分の中国の歴史小説でした。
    • good
    • 0

大薮春彦のどこがおもしろくなかったんだ?


俺は一番気に入ってる作家やぞ。
大薮はいい。最高だ。
なによんでん?
大薮はな、初期の特に野獣死すべしから
読み始めたら絶対にがっかりするぞ。
読むなら、蘇る金狼以降のもので特に
60年代中ごろから80年代に書かれたのがいい。
時間忘れるぐらい楽に読めるぞ。
大藪を読むと、タフな精神力身につくぞ。
    • good
    • 0

マイケル・クライトン、トム・クランシーあたりが面白く感じるんであればスティーブン・ハンターあたりもなかなかいいと思うんですが。



・極大射程(新潮社文庫、原題:Point of Impact、上下巻)
・ダーティーホワイトボーイズ(扶桑社ミステリー、原題:Dirty White Boys)
・ブラックライト(扶桑社ミステリー、原題:Black Light、上下巻)
・狩のとき(扶桑社ミステリー、原題:Time to Hunt、上下巻)
・悪徳の都(扶桑社ミステリー、原題:Hot Springs、上下巻)

他にも著作はあるんですが、とりあえず上記の物がシリーズになっていてお勧めです。
シリーズとはいっても別に順番に読む必要はありません、一作一作で話は簡潔していますのでどの作品から読んでも楽しめると思います。(事実僕も最初はシリーズになっているとは知らずにダーティー…から読み始めました。)

その他ではフレデリック・フォーサイスの一連の作品がおすすめです。(角川だったっけかなぁ、ちょっと忘れた。)

ミステリー系も読むんであればレイモンド・チャンドラーの長編の一連、フィリップ・マーロウのシリーズなんかは私の大のお気に入りです。(ちょっと文体とかは時代的に古いと感じるとは思いますが。)
    • good
    • 0

マイケル・クライトン、トム・クランシー読み出すとやめられませんね?



最近は日本の小説を読んでます。
北村薫さんの『スキップ』『ターン』『リセット』
白川道さんの『天国への階段』感動します。
直木賞受賞作品だったらまず間違いないと思います。 
ただし、tomikou0000さん同様重松清さんの『ビタミンF』はいまいちでした。
kenichi8さんは男性ですよね、北方謙三のシリーズものなんてはまってしまうかもしれませんよ。
    • good
    • 0

先日、直木賞をとったので、


もう読んだかもしれませんが、
重松清さんはどうですか?
ちょっと前の作品ですが、
「半パンデイズ」がすごくいいです。
東京生まれの男の子が、
小学校に上がるときに父の田舎に引っ越す話で、
6年生までの出来事が短編でつずられています。
何より、主人公の男の子の
しゃべり口調でつづられる文章が、
とってもやさしい感じでいいです。
この中の『あさがお』という話で、
僕は泣きました。
あと、「エイジ」もいいです。
これは長編ですが、
いまどきの中学生エイジ君の話です。
これも、やさしい感じの文章で、
読後感がさわやかになります。

ちなみに、直木賞をとった「ビタミンF」は
読後感がさわやかにはなりません。
こっちは「現代の家族のあり方を世に問い掛ける」
という感じなので、
あなたの嫌いな「人生訓的な物」になるかもしれないので、
お勧めはしません。
    • good
    • 0

歴史物がお好きなようなので、佐藤賢一の作品はいかがですか?


外国物の歴史小説ですが、私はとても楽しめました。
「ジャガーになった男」「女王の離婚」(これはベストセラーになりましたね。)「傭兵ピエール」など。

あと、ミステリー系には手を出されていないみたいですね。苦手ですか?
貴志祐介・新保裕一・宮部みゆき・楡(にれ)周平なんかはおすすめですけど。
ミステリーにはまってしまえば、しばらく読む本は困りませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
楡周平は確か「クーデター」を読みました。80点って感じでした。宮部みゆきは、「蒲生邸・・・」をはじめの方だけ読みました。点数は・・・つけられません。

お礼日時:2001/04/18 20:49

2度目の登場です。


ノンフィクションは如何でしょうか。
回虫やサナダ虫、フィラリアやジストマなんかに興味はありませんか?「空飛ぶ寄生虫」藤田紘一郎(医学博士)著・講談社はとても面白いです。「笑うカイチュウ」のほうが有名らしい(講談社出版文化賞・科学出版賞受賞)ですがこれは読んでません。
「おはよう寄生虫さん」亀谷了(医学博士、目黒寄生虫館館長)著・講談社。これも面白かったです。ノンフィクションならではの面白さ、というのがありますよね。
ついでにもうひとつ、「糞尿博士世界漫遊記」中村浩(九州大学教授)著、教養文庫、も面白かったですよ。クロレラの研究の話なんですけど、勉強にになって楽しい、名作だと思いました。ただ、これは随分昔に読みましたので、もしかしたら廃刊になってるかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「この文庫本が凄い2007!」のランキング

「この文庫本が凄い2007!」を探しているんですが
見つかりません。
予約は本屋でしたのですが、先にランキングだけ
知りたいのですが教えてくれませんか?

Aベストアンサー

とりあえず10位まで~

1.太陽の塔 森見登美彦
2.団十郎切腹事件 戸板康二
3.ワイルド・ソウル 垣根涼介
4.アラビアの夜の種族 古川日出男
5,崖の館 佐々木丸美
6.マルドゥック・ヴェロシティ 沖方丁
7.猟犬探偵 稲美一良
8.シンセミア 阿部和重
9.水滸伝 北方謙三
10.奇偶 山口雅也

かなりマニアックですね。

Q本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたい

本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたいのですが探せません。外国の少女が仮面の騎士となって悪者を暴くような内容です。昼間は学生で寮に住んでいたような…仮面少女ファンテッド…というような題名だった記憶があります。シリーズ5冊くらいありました。もう絶版かもしれませんがお心当たりのある方情報お願い致します。

Aベストアンサー

「国際子ども図書館」
http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fKJN.pl?act=KW
ここで、「仮面少女」で検索してみると
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズ(全5巻)
ジョルジュ・ショ-レ/作
南本史/訳
赤坂三好/絵
ポプラ社/刊
1.『少女名探偵あらわる』 1975/07
2.『秘密のふくろう団』 1975/09
3.『四人の仮面少女』 1975/09
4.『タイムマシンのなぞ』 1975/11
5.『仮面の少女と王子』 1975/12
_
この本が出てきました。シリーズ名も質問の「仮面少女ファンデット」に近いのでこれではないかと思います。
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズの解説
http://www.d-b.ne.jp/yohji/Mdata/fantomet1.htm

Q普通のコミックと文庫本

クレヨンしんちゃんのマンガって
文庫本にもなってますよね

それで普通のコミックスと文庫本って
内容一緒ですか?

コミックスの一巻と文庫本の一巻は同じ内容なのでしょうか?

教えてください

Aベストアンサー

こんにちわ。urimaさんはコミックスと文庫本で悩んでらっしゃるんですよね。文庫は巻数が少なくなっていることが多いのでかさばらないところが良い点です。あと作者が表紙を新たに書くと思うんで絵がきれいな場合が多いですよ。また経済的です。良くない点としてはちょっと読みにくいんですよね。つるつるした紙なんで。でもこれは人それぞれだと思うんでurimaさんがそうじゃなければ文庫本のほうがお得じゃないでしょうか。

Q以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思

以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思い出せずに困っています。


幸せな恋人生活の後に、最終的には彼女が彼氏を殺してしまう話だった気がします…はっきりとしておらずすみません。


その本には最後に結構なページ数を割いた番外編のようなものがついていました。
本編から何年か経った後、彼氏を殺してしまったことを悔い、北海道の宗谷岬に旅立つ話です。

番外編の題名は「イヨマップ」でした。
『アイヌ語で「愛してる」って意味なんだよ』みたいなことを言っていたのがやけに印象的で、そこだけはっきりと覚えています。


学校の図書館に新書として入ってきたのを読んだのが三、四年ほど前なので、発刊もそれくらいだと思われます。



僅かな情報ですが、ほんの少しでも心当たりのある方の書き込みをお待ちしてます。

Aベストアンサー

「ラストスマイル」菊池誠(2004年発売)

この作品の第二部の題が「イヨマップ」です。

質問者様の記憶と同じく北海道が舞台になっていますので一度ご確認ください。

お探しの本だといいのですが・・・。

Q古本で、単行本より文庫本のほうが高い値段がついているのはどういった場合ですか?

とある絶版書籍がほしくて、amazonとオークションの両方で検索したところ、どちらのサイトにおいても複数出品されていたのですが、いずれも単行本より文庫本のほうが高い値段が付いていました。

定価は単行本:約1500円、文庫本:約500円 なのに
古本では単行本:約300~900円、文庫本約1000円~1900円
の値段が付いていました。

これだと、文庫本のほうが高くつきますし、なによりも文庫本は定価の倍以上の値段が付いていることになります。

値段だけみると単行本のほうがお買い得かと思うのですが、これだけハッキリ差がついているからには何か文庫本に高い値段が付く理由があるのかもしれないと思います。

そこで、「古本で、単行本より文庫本のほうが高い値段がついているのはどういった場合があるのか」を教えていただきたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

具体的にその商品のことが何も分からないので、ごくごく一般的な解釈になりますが、
(1)文庫本の方が出版部数が極めて少なかった。
(2)文庫本の方だけに単行本には付いていないおまけのようなものが付属していた。
(3)(2)と少しかぶりますが、文庫本だけのあとがき・寄稿文・追加エピソード等があった。
等でしょうか?
ヤフオクで出品されているのであれば、出品者さんに文庫本と単行本の違いを質問されてみてもいいかも知れません。
親切な出品者さんなら教えてくれると思います。
親切な方でも理由を知らない人がいるかも知れないので、質問されるのであれば、複数の出品者さんに同じ質問をされると良いと思います。

Q読んだ本の感想・書評・レビューを書きたい

年間、200冊ほど読んでいるのですが、読むだけでそのままなのはもったいないような気がしてきて、読んだ本の感想などを書きたいと思っているのですが、ネット上でもいいし、自分で何かノートに残しておくでもいいので、やってみようと考えています。そこで、感想・書評・レビューの書き方の手ほどきを紹介してほしいです。自分はこうしているとか、参考になる本とかサイトがあればぜひ教えてください。アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も読書日記をつけています。
つけるにあたって鹿島茂『成功する読書日記』(参考URLつけときます)を参考にしました。曰く、何から書いたらいいかわからないなら、まず本文から引用したらいいそうです。引用しているうちに作者の特徴だとか見えてくるようになるそうです。ポイントは、
「読後に気になった文を抜粋して引用する」
「要約をまとめる」
「簡単なコメント」で、
批評などという大それた行為はしなくてもいいようですよ。日記をつけるなら是非WEB上でされることをお奨めします。読んでくれた人の反応が返ってくるのでやりがいがとってもありますし、同じ本を読んだ人と語れるのは楽しいです!

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163590102/cscl-22/

Q文庫本が出るまでの期間

よろしくおねがいします。

本は最初ハードカバーで出版されるとおもいますが
その後 ノベルスというのでしょうか、
文庫本より縦長のサイズで出版されますよね
そして最後に文庫本ででるとおもいます。


ハードカバーが出てから文庫本が出るまでの
期間って大体決まっているものでしょうか?


出版したものの売り上げが悪かったら
ノベルスや文庫本での出版はないのでしょうか?


ハードカバーやノベルスで出版せずに
いきなり文庫本ということもありますか?
(適切な例かどうかわかりませんが
キオスクなどで見かける「フランス書院」
などの出版物)

質問の表現がわかりづらかったら
もうしわけありません。

Aベストアンサー

「ハードカバー→ノベルス→文庫」は、パターン的にかなり少なく、「ハードカバー→文庫」「ノベルス→文庫」のパターンが大多数だと思います。

1.人気にもよりますが、最近では1年前後で文庫化される事が増えています。
ただ、この時に、人気があれば必ず早い訳ではなく、「ハードカバーでもまだまだ売れる!」と判断すれば、そのまま暫くハードカバーで引っ張る場合があります。

2.多々あると思います。
人気の有無も関係ありますが、出版社が文庫のシリーズを持っていなうい場合、中途半端以下の売れ行きだと、文庫になりません。
稀に文庫を持っていない出版社でベストセラーになったりすると、他社で文庫化されたりします。
有名所?では「バトルロワイアル」(太田出版→幻冬舎)「リアル鬼ごっこ」(文芸社→幻冬舎)等

3.文庫書き下ろしという形であります。
本来、「本」と定義されるのはハードカバーでの出版物であると考えてください。
これを低価格でたくさんの人に読んでもらう為の手段が文庫なんですね。
例外的に最初から大量に流通させる場合や、ハードカバーで出版するに値しない物(ennkaiさんがおっしゃる所のフランス書院の官能モノ)、ハードカバーを買わない様な層がメインターゲットのジャンルの物(スニーカー文庫や、コバルト文庫等のティーンズ系やファンタジー小説)を出版する場合、いきなり文庫で出されたりします。

#1さんがおっしゃる様に、見わけるには最終ページの次のページをみて判断するしかありません(新館時ならば、帯等に「文庫書き下ろし」と書かれていたりしますが。)。
ただし、上で例に出たフランス書院や、スニーカー、ファンタジー物等に関してはほぼ全てが書き下ろしですので、この限りではありません。

「ハードカバー→ノベルス→文庫」は、パターン的にかなり少なく、「ハードカバー→文庫」「ノベルス→文庫」のパターンが大多数だと思います。

1.人気にもよりますが、最近では1年前後で文庫化される事が増えています。
ただ、この時に、人気があれば必ず早い訳ではなく、「ハードカバーでもまだまだ売れる!」と判断すれば、そのまま暫くハードカバーで引っ張る場合があります。

2.多々あると思います。
人気の有無も関係ありますが、出版社が文庫のシリーズを持っていなうい場合、中途半端以下の売れ行き...続きを読む

Q24人のビリー・ミリガンという本を読まれた方。ビリー・ミリガンは、西暦何年から何年ぐらいに生きていた人なのでしょうか?

24人のビリー・ミリガンという本を読まれた方に、おたずねします。

ビリー・ミリガンは、西暦何年から何年ぐらいに生きていた人なのでしょうか?

だいたいで良いので、生きていた年代を教えていただけますか?

Aベストアンサー

1977年に22,3才だったとおもいます。

Qお勧め文庫本

お勧め文庫本

渋いおじさま達がアクションするお勧め文庫本を教えてください。

Aベストアンサー

今野敏さんをおすすめします。
例えば『襲撃』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4198913897.html

あとは時代小説で、
池波正太郎の『鬼平犯科帳』
稲葉稔『武者とゆく』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062753642.html

Q本を読むとき声に出して読むのは私だけですか?

本を読むとき声に出して読むのは私だけですか?
マンガも少し前までは声に出して読んでいました。
しかも、感情とか込めて読んでいます。
こんなの私だけでしょうか?
又、やめた方が良いでしょうか?
お願いします。教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
私はよく会社で声が小さいと注意されることがよくありました。また研修結果を発表する際も上手く言葉に出来ない時がありました。
そんな時先輩から言われたのが「本や新聞を声に出して読め」でした。
そこで毎日新聞の記事を声に出して読んでいたら
注意される事が少なくなり、また自分が言いたいことが言葉になるようになりました。
本を声に出す事はとても良いと思います。
余談ですが、私は野球が好きなので野球の記事ばかり声にだして読んでました(笑)


人気Q&Aランキング