親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

我が家は、現在共働きで、5歳と2歳の娘は私(夫)の扶養となっています。
来年(平成23年)以降、15歳以下の扶養控除が廃止されます。
私の今年(平成22年)の課税給与所得金額は、1,950,000円超~3,300,000円以下なので、
 源泉徴収税額 = 課税給与所得金額 × 10% - 97,500円
という計算式で、源泉徴収額が算出されます。

そこで、質問です。

1.この計算式は、平成23年以降も同じなのでしょうか?

2.平成23年以降、娘二人分の控除がなくなるため、課税給与所得金額が単純にプラス760,000円されることになると思うのですが、上述の式が平成23年以降も同じ場合、源泉徴収税額がプラス76,000円されることになるのですが、これはあっていますでしょうか?
ちなみに、平成23年の所得が平成22年並と考えると、課税給与所得金額がプラス760,000円されても、1,950,000円超~3,300,000円以下に収まります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>1.この計算式は、平成23年以降も同じなのでしょうか?


同じです。

>2.平成23年以降、娘二人分の控除がなくなるため、課税給与所得金額が単純にプラス760,000円されることになると思うのですが、上述の式が平成23年以降も同じ場合、源泉徴収税額がプラス76,000円されることになるのですが、これはあっていますでしょうか?
あっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ma-fujiさん、早速のご回答ありがとうございます。

やっぱりあってるんですね。

思っていたより所得税額が上がるので、ちょっとびっくりです。

お礼日時:2010/12/24 12:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング