親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

私は今中学2年生なのですが、理由あってどうしても美術の学校に行きたいのです。
私が行きたいところは頭もよくなければいけないし、公立高校なので落ちれば最悪です。
頭は今の時点で平均よりもずっと悪いですが、頑張って勉強して良くしたいです。
けど、絵は姉によると美術の先生に教えてもらわないとなんともならないそうです。
去年の先輩で受かった人がいるんですが、頭もずば抜けていい上デッサンは先生に必死になって教えてもらった努力家です。
でも私は美術部でもないし、部活には入れる状況ではありません。
美術の先生に教えてもらうにも美術の先生は美術以外にもいろんな部活を教えているので難しいし、何より私は極度の人身知りで教えてもらうにもままならないのです。
本気で行きたいならそんなわがまま言うな、と言われてしまいそうですがどうしても無理です。

独学でデッサンを覚えて美術の高校に入れるんでしょうか。
参考になるかわかりませんが、私の学校での美術の成績は4です。(他でも4というのかわかりませんが、一番上が5です。)

私は、人の絵を描くときに顔の周りに何本も線を入れて描く描き方と輪郭から描く方法が苦手です。
一発描き?です。それに人の骨が出っ張ってる場所や、手の形、足なんかも描くのは苦手です。アニメ絵にもなってしまいます。

美術の学校に受かるために必要なことを教えてください。
デッサンの資料なんかも探してみましたが、解剖学?みたいな筋肉むき出しの人間の絵ばっかりでよくわからなかったので、見てみると良いインターネットの資料や本など教えてください。

あと私は色塗りや服のしわをかくのも苦手なのですが、それも必要でしょうか。

たくさんわがままなことを言っていますが、教えてもらえるとうれしいです。
もし質問の一部のことでもわかることがあれば教えてください。
きつい口調や、お叱りの言葉などはあまり多いと本当にヘコむので控えめにして頂きたいです。
文章が乱れていてすみません。
何卒、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

某高校の美術科の卒業生です。



美術系高校の試験ではおそらく人物は無いと思いますよ。
私の時は試験が二日間あり、ステンレスのボウル・縞模様の布・カットされたカボチャのデッサンでした。

他に、翌日の試験では、平面構成というのをやらされましたが、これは学校によって違うと思います。

多分、質感がどこまで描きわけられるかを見たかったのではと思っています。

適切な指導をしてくださる方がみつかるまでは、とにかく色々なものを描いてみることです。

今は美術専門の塾もあるので、そういうところに通うのも手だと思いますよ。
    • good
    • 0

おかしいですね。

高校美術受験対策として、普通は二年後期~三年次より
美術教師が先頭に立って指導をするものです。 私が中学を卒業したのは、
かれこれ十数年前、なんでもない一般の公立中学でしたが、美術受験対策
は普通にありました。
もしそのような対策がなければ、学校側の不備と言わざるを得ません。
教師が学生の進路指導及び受験対策をおこなうのは義務ですから、美術系
の学校を受験する旨を伝えて、きちんとした対策を受けてください。教員
の職務として、部活より受験のほうが当然優先されなければならないので、
教師も快く引き受けてくれるはずです。

さて、「独学でデッサンを覚えて美術の高校に入れるんでしょうか。」と
いうご質問ですが、独学はおすすめしません。もちろん、受かる可能性は
ありますが、大きく受験生の素地の能力と運に左右されてしまうので、あ
まりにもリスクが大きすぎるのです。
私が言わんとしていることが理解できなければ、美術のテストも普通教科
のテストもなんら変わりのないものとして考えてみてください。
デッサンも普通教科と同じように出題の傾向というものがあります。たと
え質問者さんが一生懸命、人物の勉強をされても、いざ受験当日、静物が
出題されれば、あなたの努力が全力で発揮されることはないのです。
そして出題範囲を知っている学生たちに大きく差をつけられ、受験を失敗
する恐れも現実的なものとなってしまうのです。

ですから、前述のとおり、美術の先生の指導を仰ぐ必要があるのです。
ただ、もうひとつ方法があります。これはすべての人が受けられるわけで
はないのですが、地元に大きな美大受験予備校がある場合、そこで高校美
術受験対策用の講座を設けている可能性があります。もしも「うちの中学
は美術受験にまったく力をいれていないな」と思うのでしたら、こうした
塾通いをしてみることをおすすめします。

最後になりますが、あまり気負いをしないでくださいね。質問者さんは現
状、なんら対策を受けていない段階にあり、不安があることは事実ですが、
実は多くの美術受験をする人たちは圧倒的に情報不足であり、質問者さん
とほぼ同じ悩みを抱えている人たちなのです。ですから、私が先ほど申し
た塾通いをしている中学生なんてごく稀といってもいいでしょう。
ですから、現在、中学二年の質問者さんは冷静に進路対策をしていけばよ
いものと思われます。遅いどころから、むしろこうした危機意識をもって
いる点では他の人たちより進んでいるぐらいです。

あと、これも理解しておいたほうがいいのですが、多くの美大進学者は一
般高校生であり、その多くは高校二年~三年から予備校に通い、受験のた
めの実力をつけています。一流美術大学の場合は浪人をして本格的な技能
を身につけます。わかりやすくいえば、大部分の人は普通の高校の人たち
で、予備校で高度な能力を身に着けて進学しているということなんです。
したがって、質問者さんが仮にも美術系の高校受験に失敗したとしても、
それで大学進学に大きな悪影響を及ぼすということはまず考えられません。
それよりも、地元に進学率の高い大手予備校があるかどうか調べたほうが
よいぐらいです。
ということなので、美術系高校にいけないからお先真っ暗だというような
極端な不安感を抱く必要はまったくありません。

それでは、高校受験に合格できるようお祈りしています。
    • good
    • 1

美術高校に行きたい目的がいまいち良くわかりませんが、一人でも高校入試レベルならそれなりのところに持っていけると思います。



本当にお勧めしたいのは予備校に通うことなのですが(他の人の書き方を見たり、講評を聞くだけで随分上手くなります)極度の人見知りということなので無理なのでしょう。

私が高校のとき予備校へ行くのと同時に家でやっていたのは模写です。
ゴッホの絵画とかではなく本に載っている彫刻の写真や人体のです。
もちろん光と影と平面的な形しか描くものがないのですが、自分の描いた絵は写真と似ているか、同じかどうかわかる目を養えます。

時々そっくりだ!と思ってもそうではない時もあるので、お姉さんやご両親にも見てもらうのが良いと思います。
おそらくボコボコにされると思いますが入試で合格したいのなら人の批評を聞かないとどのみち無理です。
合否は人間が出すものだからです。

デッサンの狂っている絵でも「なんか感じのいい作品」というものも存在し(おそらくセンスです)そういう絵の方が好かれる場合が多いです。大まかに形と陰影が合っていてもつまらない作品は落とされるでしょう。

色塗りや服の皺、そういう些細なところに神経を使える作品は好感が持てます。
必要かどうかはその場で選べるくらいまで基礎力がつくことが望ましいです。

あと手足描くのが苦手ということですが、90%くらいの人は上手く描けないと思います。
しかし自分についているものなので毎日観察し描いていれば上手くなります。
行き詰まったら大手予備校のホームページでも開いて、参考作品でも見て気分転換してください。
    • good
    • 0

とりあえず…あなたは絵を描くことが好きですか?上手くなりたい!とかじゃなく、ただ純粋な、“描くことが好き”という意識を持ってください。

好きじゃなければ、上手くなろうと努力できません。努力できなければ、あなたの行きたい学校へは行けません。
そして実際にどうするかですが…。
まず、早めに勉強は初めましょう。最初は復習から。夏休みまでに復習は終わらせるんです。学力は、才能なんて関係ないです。公立ならば、努力さえすればいけるはず。

美術に関しては…4なら希望持っていいと思います。デッサンが実技試験になるんですね。でもデッサンって、人を描くことじゃないんですよ。
見たありのままを、鉛筆の濃淡や線のタッチで表現するのです。だからまず、鉛筆をそろえましょう。濃さはわかりますか?だいたい4B~Hを持っていればいいです。消しゴムは、キャラものではなく、ソフトタイプのもの。無印良品やAinシリーズがおすすめです(ねりけしが一番よいのですが)。紙はスケッチブックで十分。

まず、“描く”練習をして下さい。まっすぐな線や円を描いたり、鉛筆で濃淡を作ってみたり。力の入れ方のちがいで、濃さが変わってきます。
円を描くには手首が大事です。手がしなやかに動くようになるまで練習です。

実際に練習するなら、白い紙の上に何かものを置いて、それを観察して紙に再現する練習をして下さい。はじめはただの箱や消しゴムから、だんだん花やフルーツ、最終的には布や水の入ったグラスなど。高校入試レベルなら人物デッサンはないでしょうね(先輩に確認して下さい)。

注意する点といえば、すべてのものには輪郭はないこと。漫画では人の顔には線のフチがありますが、実際はありません。また、水の透明感や布の柔らかさ、金属の冷たさなど、表現上やはり独学では厳しいポイントもあります。

ですから、まずは勇気を出して美術の先生へアドバイスをもらいに行きましょう。あなたの将来がかかっているんですから、少しくらい恥ずかしくても頑張って下さい。どうしても行きづらいのならせめて担任に相談しましょう。担任から美術の先生へ話が行くと思います。

美術は楽しむものです。“5がとりたい”“うまくなりたい”から頑張るのではなく、“楽しい”から描くんだと思ってくださいね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む


人気Q&Aランキング