歯をコーラに浸しておくと、柔らかくなってカッターでも簡単に切れるようになるというのを、テレビで見たことがあります。
どのくらいの間浸しておいたら、カッターで切れるほどになるものでしょうか?

A 回答 (5件)

コーラには炭酸が入っていて、炭酸は名前が示すとおり酸です。

よってたんぱく質とカルシウム(リン酸カルシウム)からできている歯は、次第に解けていきますが、一日二日で完全に柔らかくなるとは考えにくいです。
実際問題としては、炭酸で歯が弱くなることよりも、コーラに入っている糖分が、虫歯菌の栄養となってしまい、歯が弱るほうが影響としては大きいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
齲歯の可能性の方が高いというのは、僕らの生活の実感から見ても確かそうですね。とりあえず、齲歯の可能性を排除したところで、炭酸飲料などはどのくらい歯に悪いのかなと思ったのですが、案外そうでもないんだろうか……。

お礼日時:2001/04/17 00:34

私が小学生のころに先輩が行った実験で, しかも歯ではないのですが, 魚の骨をコーラにつけておいたらどうなるかという実験をしています。


このときの結果は, 1週間で変化が現れ始め, 4週間で骨は中からぼろぼろになっていたということです。
参考までにどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、魚の骨だとボロボロにするまで1月くらい必要なのですね。となると、歯をボロボロにするにはそれ以上の時間がかかりそうですね。
思っていたより、コーラが大したこと無い(^^;)ので、安心でありながら、逆にガッカリ。
もっと劇的な効果が出ると面白いのに。(そんなのだったら飲めないかもしれないが)

お礼日時:2001/04/17 00:50

そんな事(事実)があったらどうなんでしょう?


私はデマだと思います。

コーラが炭酸であり、酸性としても、次の場合はどうなるんでしょう?
胃酸過多のそれの逆流。
これで歯は溶けますか?

歯(骨)はカルシウムの成分が多いですが、人間の歯には“エナメル質”という人間の中で一番硬い性質を含みます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
胃酸は強い酸性(PH1)だそうですが、PH1の酸につけておくと歯は結構溶けるそうなので、胃酸を口に含むのはやめた方が良さそうです(やらないって)。具体的な数字は聞けていないのですが、歯医者さんが言っているのでそうかけ離れた話じゃないはずです。
ただ、そんな強い酸を口に入れる機会は少ないので、頻繁に口に入れる中では結構強い酸(PH2.5程度)のコーラではどんなモノなのかなと。

お礼日時:2001/04/17 00:47

小学校の時実験したのですが、このときは歯ではなく貝殻で実験したら1週間コーラにつけておいてもなくなるどころかほとんど変化がありませんでした。

これをネタに親に「コーラばっかり飲むと歯が溶けてなくなるよ。」と文句を言われたときの言い訳にしていました。実は歯と貝殻では成分が違ってるのでしょうかねぇ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。貝殻でも1週間で変化なしですか。となると、母もっと強いだろうから結果が出るには時間がかかってしまうでしょうね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/17 00:31

歯といえども所詮はカルシウム。


1晩おけばぐにゃぐにゃ、又は消えてなくなるでしょう。
ただし抜けた歯でやってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
具体的な実験結果などの資料があれば教えてください。

お礼日時:2001/04/16 07:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨をとかす実験

こんにちは。
中学の自由研究で「骨を溶かす」実験をしたいと思っています。

溶かす物は、レモン汁・コーラ・酢で溶かそうと思います。

そこで、溶ける骨はどの骨を使えばいいでしょうか?
※できるだけ複数お願いします。

たくさん実験したいと思うので、同じ形、大きさの物が手に入れるような物でお願いいたします。


できましたら、中学一年生でも分かるようなご回答宜しくお願いいたします。


その他にも、このようにすれば、充実した実験ができるよ。という意見も待っております。


宜しくお願いします。

Aベストアンサー

骨を溶かす実験ではなくなってしまいますが、「同じ形、大きさの物が簡単に手にはいる」、しかも骨とやや化学成分が似ているとなるとチョークですかね?

チョークを溶かす実験になってしまいますが、こういう手もあります。
(ただし溶けるかどうかは実験していないので分かりません。その為の自由研究ですから)

Qコーラで骨が溶けるかどうかの実験方法

中学3年です。
今から夏休みが終わるまでの期間に理科の自由研究として題のように「コーラで骨が溶けるかどうかの実験」をしたいと思っています。
親からも聞いたことがありますがコーラを飲むと骨が溶けるからあまり飲むなという風に言われました。それが本当なのかどうかを調べたいと思いこの実験が思いつきました。

ですが実験方法や考察の方法などがイマイチ分かりませんのでこうすれば出来る、あるいはこうしたらいいのではという意見・アドバイスをいただければ幸いです。

時間も限られているので早くご解答頂けると嬉しいです。
では宜しく御願いします。

Aベストアンサー

コーラで歯や骨が溶けるとすれば、それは、コーラだけに入っている成分が歯や骨を溶かすわけではなく、コーラの中には炭酸が入っています。炭酸は酸性なので歯や骨を極微量だけ溶かすのです。

そうすると、コーラだけではなく、炭酸飲料すべてで歯や骨が溶ける事になります。

炭酸飲料で歯や骨が溶けるのならば、毎晩、ビールを飲むお父さんは皆、歯や骨が溶けてボロボロになっているいるはずです。

炭酸飲料だけでは有りません。
酸性の食べ物(レモンや酢・・・)すべてが歯や骨を少しだけ溶かします。

しかし、人の歯や骨は、酸で少しくらい溶けても、唾液の成分や、骨芽細胞によりすぐに再生するように出来ています。
なので、コーラを飲んでも歯や骨は溶けてなくならないのです。


人気Q&Aランキング