物質:Ag+,Al3+,Cu2+,Fe3+,Pb2+,Zn2+の混合溶液
試薬:HCl,NaOH,NH4Cl
上の試薬を使って、物質を分離させていくやり方が分かりません。ただ、最初に、HClを入れると、AgCl3とPbCl2が沈殿し、そのあと、熱湯を加えると、AgClが沈殿し、PbCl2は、溶液になる事はなんとか分かりました。
このあと一体何をどうしていけばいいのでしょうか?
よろしければ、高2に詳しく教えられるように教えてください。
妹に聞かれたのですが、ぜんぜん分からなくて、上手く答えられませんでした。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Ag+,Al3+,Cu2+,Fe3+,Pb2+,Zn2+の混合溶液にHClを入れると、


AgClとPbCl2が沈殿し、そのあと、熱湯を加えると、PbCl2は溶けます。
次に残りの溶液にNaOHを加えると、Cu(OH)2 Fe(OH)3 が沈殿します。
その沈殿物にNH4Clを加えると、Cu(OH)2 は[Cu(NH3)4]2+になり溶けますが
Fe(OH)3は沈殿したまま残ります。一方、Al3+、Zn2+はそれぞれ
[Al(OH)4]-、[Zn(OH)4]2-となって溶けているのですが、
NH4Clを加えると、Zn2+は[Zn(NH3)4]2+となり溶けますが、
[Al(OH)4]-はAl(OH)3となり沈殿します。
・・・多分これでいいと思いますが、高校のときの化学の問題って
HClを加えた後、そっこーその酸性条件下でH2Sを加えてCuSを
沈殿させますよね?まっ、試薬は HCl,NaOH,NH4Cl ということなので
いいでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。なんとか説明できそうです。ところでこの問題、NH4OHを使っても同じになりますよね。ちがってた場合はまた教えてください。また、よろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/15 21:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

nh4」に関するQ&A: NH3とNH4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAg+だけが沈殿するのはなぜ?

溶解度席は[Ag+][Cl-]=1.0×10^(-10)(mol/L)^2
1LのAgClの飽和溶液にHClを1.0×10^(-3)mol 加えると何molのAg+が沈殿するか、という問題です。
解答では、初めに溶けている[Ag+]=[Cl-]=1.0×10^(-5)mol/L(=mol)なので
Cl-=1.0×10^(-5)+1.0×1.0×10^(-3)mol≒1.0×10^(-3)molより、
Ag+=1.0×10^(-7)mol溶けるので、沈殿するAg+は1.0×^(-5)-1.0×10^(-7)molだと書いてありますが、
なぜCl-が沈殿しないのか分かりません。

Aベストアンサー

Cl- も沈殿します.
問題は,その量がどのくらいか,なのです.
AgCl になって沈殿するので,Ag+ の減少分と同じだけのCl-の減少がおこります.
もともと溶けているAg+はべらぼうに低濃度 (10^-5 mol/L) です.
1L あっても,1.0×10^-5 mol しかないのです.
そこから沈殿できる分も当然ごくわずかな量です.
一方,加えた Cl- は (相対的には) 膨大な量です.今の場合なら,1.0×10^-3 mol 加えるわけです.
100倍です.
もし,全部のAg+が沈殿しても,それによって減少する Cl- は1.0×10^-5 mol ですから,もとから見れば1%しか減少しません.実際にはもっと少ない量しか沈殿しないので,沈殿によって減少しても,Cl-の量には変化があるようには見えません.
それにもともとCl-も10^-5 mol/L はいるわけですしね.
ということで,沈殿による Cl- の変化は無視してもよいはず,ということで 1.0×10^-3 mol/L で計算していいのです.

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。

Q制汗剤のAg+の健康への影響

こんにちは。
制汗剤のAg+には銀が入っているらしいですが、体への影響はないのでしょうか??
鉛や水銀などは体に溜まると健康に影響があるみたいですけど。
Ag+を使用したいのですが、そのことが気になっています。

Aベストアンサー

資生堂,花王,ライオン,等一流メーカーが当然ながら毒性,吸収毒性など研究して安全性を確かめられているからこそ,厚生省も許可を下ろしています.
安心して使っていいのでは.
使う量も微量であり心配ないそうです.

QCu2+を含む水溶液にHClを通じた後、さらに『H2Sを通じると沈殿が

Cu2+を含む水溶液にHClを通じた後、さらに『H2Sを通じると沈殿が生じた』
『』の変化をイオン反応式で示せ。

という問題の問題集の答えが、「Cu2+ + H2S → CuS + 2H+」
となっているのですが、「Cu2+ + S2- → CuS」としたら減点ですか?

また、
「Al3+を含む水溶液にNaOHを過剰に通じて沈殿が溶けるときのイオン反応式を書け」
という問題の答えは
「Al(OH)3 + OH- → [Al(OH)4]-」
となっているのですが、
「Al(OH)3 + NaOH → [Al(OH)4]- + Na+」
と答えたらバツなんでしょうか?

Aベストアンサー

電離度を考えてみたら分かることです。
水酸化ナトリウムは電離度100%の強塩基性ですね。
硫化水素は少量電離する弱酸性ですね。

だからです。

QAg+のCMを見て…

カテゴリーはここでいいんでしょうか。
銀って光に当たったら黒くなりますよね。
Ag+スプレーは黒くならないんですか?
プラスってところがポイントなんでしょうか?

Aベストアンサー

Ag+って、制汗剤のあれですよね?(違ってたら話にならない。。/汗)
まず、「Ag+」とは99%「銀イオン」のことだと思います。
(私は化学苦手なのであまり詳しくはないですが。。)
あの商品で肌が黒くなるとかそういうことはありません。
ただ、私はなぎなた部なのですが、部活後にあれを使用していたところ
胴衣の脇の部分が薄いピンク色になってしまいました。
他の子もそうなっていたことから、衣服には多少影響するようです。
でも肌に悪影響が出ることはほとんどの方においてないと思います。
それに、あの商品は他のものと違って強い匂いもないので「清潔感がある」
とうちの部では評判です。(^^)

・・・こんな回答でいいんでしょうか・・・?
もし制汗剤の話じゃなかったらどうしよう・・・。 (--;)

QZn,Cu,Fe,Ag,Mg,Auのうち、塩酸や希

Zn,Cu,Fe,Ag,Mg,Auのうち、塩酸や希硫酸には溶けないが、硝酸には溶けるものはどれか。
という問題があります。
問題には答えだけしかなくて、理由がよくわかりません。
どなたか解説していただけないでしょうか?
丁寧な解説お待ちしております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イオン化傾向は以下の通りです。
(1)Mg>Zn>Fe>(2)Cu>Ag>(3)Au

(1)のグループはHよりもイオン化傾向が大きいので、酸(H+を放出)に溶けます。
(2)はイオン化傾向がHよりも小さく通常の酸には溶けませんが、
希硝酸、濃硝酸、熱濃硫酸という酸化力の強い酸には酸化されて溶けます。
(3)のグループはイオン化傾向が非常に小さく王水にしか溶けません。

QAg+イオン I-イオン Br-イオン Cl-イオンの光反応

イオンの光反応について二個質問があります。
1)Ag+イオン I-イオンは光(日光)と反応するらしいのですがどんな反応が起こるのですか?

2)Cl-イオンは光と反応しませんが、Br-イオンはどうなのですか?

お願いします。

Aベストアンサー

> このような反応はAg+とI-イオン(またはBr-Cl-)が共存する時にのみおこるのですか?例えば他のカチオンイオンがI-とかと共存してたら起こらないのですか?

共存というより,AgI なり AgBr の結晶を作っていないとおこりません.
そもそも,AgI や AgBr,AgCl の水に対する溶解度は大変に低いので,水溶液状態でこれらが単独のイオンとして存在するという状況は現実的にほとんど意味がありません.
この反応は,たとえば NaI や NaCl ではおこりません.Ag 化合物ならではでしょう.
とはいえ,Ag 以外ではおこらないのかといえば,おこるものもあります.たとえば FeCl3 の固体などは光分解して FeCl2 と Cl2 を生じることがおこります.ただしその感度は AgCl の比ではなく小さく,通常検出するのは大変に困難でしょう.
このような反応は,光に対する感度の点では陽イオン側が,実際に反応するときには陰イオン側が何であるかがかなり重要な要素になります.ハロゲン化物イオンは,酸化されて遊離ハロゲンを生じやすいというところがひとつのポイントでしょう.

> このような反応はAg+とI-イオン(またはBr-Cl-)が共存する時にのみおこるのですか?例えば他のカチオンイオンがI-とかと共存してたら起こらないのですか?

共存というより,AgI なり AgBr の結晶を作っていないとおこりません.
そもそも,AgI や AgBr,AgCl の水に対する溶解度は大変に低いので,水溶液状態でこれらが単独のイオンとして存在するという状況は現実的にほとんど意味がありません.
この反応は,たとえば NaI や NaCl ではおこりません.Ag 化合物ならではでしょう.
とはいえ,Ag 以外では...続きを読む

QCu,Fe,Mg,粉末の燃焼

Cu,Fe,Mg,の粉末の燃焼前の変化と、燃焼後の変化が解りません。
教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2Cu+O2→2CuO(黒色)
更に燃焼すると
4Cuo→2CuO2+O2(赤色)になります。

3Fe+2O2→Fe3O4 (黒さび)

2Mg+O2→2MgO

左側が燃焼前で、矢印の右側が燃焼後です。

こんな感じでよかったのかな。参考に

QAg+のCMの曲

 資生堂の制汗剤のAg+のCMで流れてる曲教えてください。原曲はクラシックだったと思うんです。

Aベストアンサー

私も気になって、資生堂に問い合わせたところ、エリック・サティのジムノペディ第1番をCM用にアレンジしたもので、オリジナル曲だそうです。なお、CD販売はないようです。特に演奏しているアーティスト名は教えていただけませんでした。
 余談ですが、エリック・サティのジムノペディなどをアレンジ、編曲しているアーティストとして、"electric satie"の"gymnopedie'99"というCDもありますよ。

Q粉末試薬か液体溶液試薬か

実験試薬を調製するときに、液体溶液試薬を購入するのと、粉末試薬を購入して調製するのと精度は違うのでしょうか?
実際は、0.01Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのに、0.1Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を購入して希釈するか、粉末のチオ硫酸ナトリウムを購入して調製するか、迷っているところです。

Aベストアンサー

滴定に用いるのであれば、市販品にはファクターfが記載されていると思いますので購入した方が精度もいいですし、調製する手間もいりません。

標準溶液としてチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのであれば、ファクターも求めなければならないですし、面倒なことが多い。

しかし、購入しても10倍希釈する必要があるということなので、どっちにしてもkololiさんの腕次第のような気がします。


人気Q&Aランキング