『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

近親相姦…と言うとなんかすごいですが、兄妹・姉弟で好きになっちゃってせつない…系な話が読みたいんです。「罪にぬれたふたり」「僕は妹に恋をする」意外でお願いします。小説でもOKです。ちなみにエロ(笑)が読みたいわけではないです(^_^)ゞ全くないのもヘンですがそればっかり…ってのは困ります。うるさい好みですが御存じの方よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

小説ですが…。


村山由佳さんの「星々の舟」という本があります。
ひとつの家族を描いた小説ですが、兄妹のせつない恋の話があります。
せつないですよ。
この本で、賞もお取りになっています。
是非どうぞ。
まったくエロではないです(笑)

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31110654
    • good
    • 1
この回答へのお礼

hiromixxさん、さっそくどうもありがとうございます。
村山由佳さんの本は気になりながらも読んだことなかったんですが、そんなお話があったとは?!今度探してみます。ありがとうございました!!

お礼日時:2003/08/29 15:30

はじめまして、hanakyabetsuと申します。


少しでもご参考になればよいのですが。
手塚治虫先生の「奇子(あやこ)」(これは切なくはないですが、一応近親相姦ものです。)
小説でよろしければ、桜井亜美さんの「イノセントワールド」がとても切ない話でした。
林真理子さんの「初夜」は耽美ではないですが、ある意味とっても切ないです。
岩井志麻子さんの「ぼっけえ、きょうてえ」(単行本の中の一篇か二篇!?うろ覚えでごめんなさい。)初めは怖い話なのですが、読み込むうちに切なくなりました。
小説ならもっと色々あったような気がするのですが、思い出せなくて・・・こんな感じになっちゃいました。(^^:)
    • good
    • 2

#2のxiang-nai-jiangです。


長野まゆみさんの公式HPアドレスを間違えました。
正しくは下記に。
HPは近親相姦には全く関係がありませんが、是非どうぞ。
長野まゆみさんからの風信には夏のおやつが紹介されています。今回はタピオカや杏仁豆腐など。
一見の価値あり、です。

参考URL:http://www.sayanet.com/~mimineko/
    • good
    • 0

小説で小池真理子の「レモン・インセスト」をお勧めします。


タイトルから言って近親相姦(インセスト)です。
なんか大人の話、ばりばりの性愛小説、いつもの小池真理子って感じですね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334923 …
    • good
    • 0

No.11です。



下は私の過去の質問です。ご参考までに。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=619904
    • good
    • 0

まだ名前の挙がっていないものを・・・



・由貴香織里「天使禁猟区」(白泉社花とゆめコミックス)
実の兄妹が愛し合う話です。コミックスは全20巻ですが最近文庫も出ています。主人公の少年は天使の生まれ変わりで、SFというかファンタジーというか、・・・読めば分かります。気が向いたら読んでみて下さい。

また同じ作者の「伯爵カインシリーズ」もきょうだい間の近親相姦を扱っています。

・「禁断の果実」(原作・遊川和彦、作画・古田久恵、全2巻、双葉社)
十年近く前の、田中美佐子主演のドラマのコミック化作品です。姉と弟が愛し合う話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

task64さんありがとうございます。「天使禁猟区」もってます(^_^)ゞおもしろいですよねー。ということなのでカインシリーズも(笑)。ありがとうございました!

お礼日時:2003/09/07 22:55

マンガだったら、愛田真夕美さんの「マリオネット」とか、清水玲子さんの「MAGIC」が、私のお薦めです。


共に花とゆめコミックスですが、「マリオネット」の方はかなり古いんで、コミックスで入手するのは難しいかな?もしコミックスで入手できそうでしたら、「マリオネット」の第一話は、何故か「とっておきのABC」に収録されているのでお気をつけください。第一巻は第二話から始まっています。ちなみに近親相姦っぽいのは1巻までです。

「MAGIC」の方は今でも本屋さんで見かけますので、入手しやすいと思います。
純粋な近親相姦ものではなく、ひとヒネリが加わっているけれど、かなり面白いです。

小説でもOKでしたら、小池真理子の「レモン・インセスト」がぜひともお薦め!
7月くらいに単行本が出たばかりなので、本屋さんでレモン色の表紙のハードカバーを探してみてください。
好きになっちゃって、刹那い・・・。ほんと、そんな小説です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

luiさんありがとうございます。「マリオネット」ってそういう話だったんですね。知りませんでした。
「レモン・インセスト」見かけました。きれいな表紙だったんで目に止まったんですが是非とも読んでみたいです。

お礼日時:2003/09/07 22:51

私も「恋風」(吉田基已)に一票です。


絵は繊細で可愛く。恥ずかしながら私は毎号泣いています。
もっとも、友人に貸したら「耕四郎ムカツク」で終わっちゃいましたけど。とほほ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

nekopatroalさんどうもありがとうございます。『恋風』人気ですね。今から読むの楽しみです♪

お礼日時:2003/09/01 18:58

#2です。


私もnadecoさんと同じく山岸涼子さんおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もどうもありがとうございます!

お礼日時:2003/09/01 18:43

少女漫画で、せつない系とはちょっと違いますが、山岸涼子の作品は、そうゆう題材のものが多いと思います。

古代が舞台のものが多く、兄妹・姉弟でも離れて暮らしているから、家族という感覚が薄いのかもしれません。「日出処の天子」「馬屋古皇女」等
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nadecoさんありがとうございます。山岸涼子大好きです!日出処…は私のフェイバリットです♪

お礼日時:2003/09/01 18:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q近親相姦を題材にした小説

近親相姦を題材にした小説をさがしています。みなさんのオススメがあれば教えてください。
性的虐待のようなものではなくて、お互い同意の上で(?)と言うか、ちゃんと恋に落ちてそうなった、と言うような感じのものが良いです。
出来れば兄と妹か従兄弟同士の関係が良いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ソポクレース著『オイディプス王』。
フローベール著『聖ジュリアン傳』。『三つの物語』所収。

Qきょうだい。

「禁断の果実」「天使禁猟区」「罪に濡れたふたり」などのような、実のきょうだいが愛し合う(両思い)お話って他にどんなものがあるでしょうか? 小説でも漫画でも構いません。成人指定のもの以外でお願いします。回答お待ちしております。

Aベストアンサー

とりあえず思いついたものを。。。

「今日もみんな元気です」猫山宮緒
漫画:双子が互いに好意を抱きあっているような・・

「この悲しみの世に」曽野綾子
小説:異母(父)きょうだいが子供まで生んだような・・・

Q兄妹(姉弟)の恋愛マンガ

兄妹または姉弟の関係で恋に落ちてしまうマンガを探してます。

血の繋がりは特に気にしてません。
最初から知っていたり、途中で知ったり。
恋愛感情も最初から持っていたり、途中から意識しはじめたり。

1冊で終わるような読みきりではなく、何巻か続いていて
色々障害?とか色々あったり、ドキドキしながら読めるようなのがいいです。
多少Hが入ってもokです。

少女漫画で絵がキレイなもの。
現在連載中か新しめの作品がいいです。

今まで読んだことがあるマンガは
・そんなんじゃねぇよ
・僕は妹に恋をする
・罪に濡れたふたり
・1+1
・恋風
・ママレード・ボーイ
・夜まで待てない

などです。絵的にダメだったのは秋里和国さんや吉田基巳さん
絵も内容も良かったのは「そんなんじゃねぇよ」でした。

他に知ってる作品がありましたらお願いします。
タイトルと作者名を教えてください。

Aベストアンサー

「シュガー☆ファミリー」萩尾彬 花とゆめコミックス4巻まで
ララDXでの連載中のようです。

ただ現在も「兄妹以上恋人未満」の状態なので、そこから進展してもらいたいと、物足りないかもしれませんが。
絵も可愛らしくて、話も楽しいです。

Q日本文学でこんなテーマのもの教えてください!

日本文学で昔の暗い部分を扱った小説を教えてください。(近親相姦・子殺し・娼婦がテーマのもの・差別をあつかったもの・夜這い など…)また、青空文庫も読んでいるのでそちらでもあったら教えてください。プロレタリア文学や女工哀史を読んで下層社会の苦しみのようなものを知り、もっとほかの闇の部分、または昔の性や恋愛のあり方(例えば近親相姦でも愛し合っているとか…)を読みたいと思っています。民俗学の本を読めと言われそうですが、今回は小説限定でお願いします。

Aベストアンサー

深沢七郎の「楢山節考」はかつての寒村での、子供の間引きとか人身売買とか、姥捨てとか、それから獣姦なども出てます。
他には大江健三郎の、「我らの狂気を生き延びる道を教えよ」の中の短編「狩猟で暮らしたわれらの先祖」には部落差別、近親相姦なんかがあり、なんとなく要望に近い気がします、暗くて重いですし。

直接近親相姦というのじゃないですが、それに近いものとして、且つ小説として面白いものとしては、
宮本輝の長編「避暑地の猫」とか、
さらに遠いものとしては大岡昇平の「母六夜」の中の「沼津」とかツルゲーネフの「はつこい」とかでしょうか、これらも許容範囲をかなり広く持てばご覧になってみるのも良ろしいかと。

Q姉弟、兄妹の恋愛または年の差カップルの恋愛小説

こんにちは。吉本ばななの「哀しい予感」を読んで姉弟の愛がすごくいいなあと思いました。
あたたかくてせつない気持ちになれる姉弟愛、兄妹愛を描いた小説を探しています。または年の差カップルの恋愛小説も読みたいです。
年の離れたきょうだい愛、とかでもいいです。
おすすめの本がありましたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

姉弟愛って、近親相姦って意味ですか??


歳の差は、

ナラタージュ:島本理生
<先生と元生徒>

眠れるラプンツェル:山本文緒
<主婦と中学生>

ツ、イ、ラ、ク:姫野カオルコ
<先生と生徒>

なんかが面白かったですよ^^

Q近親相姦

近親相姦を題材とした小説を探しています。
親から子への性的虐待では無く、オイディプス王の様に互いに知らずに、と言う形や、解っていても惹かれ合ってしまう、と言う様なあくまで「恋愛」的なものです。
主に親子の話を探しているのですが、兄妹(姉弟)でも構いません。
義理では無く、血縁関係にあるものでお願いします。
東野圭吾さんの「私が彼を殺した」
三浦哲郎さんの「百日紅の咲かない夏」
桜庭一樹さんの「私の男」
京極夏彦さんの「魍魎の匣」
以外にお勧めの小説がありましたら教えて下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 江戸川乱歩「蔵の中」

Qノートパソコンでブルーレイは見れますか?

2,3年前のノートパソコンでウィンドウズ7ですが、 PowerDVD 9が入っていて、DVD+/-RWドライブです。

このパソコンで、レンタルしたブルーレイーなどは見れるものでしょうか??

Aベストアンサー

そのPCにブルーレイドライブがなければ見ることは出来ません(DVDドライブでは駄目)。
具体的には、対応メディアにBDという表記が必要となります。

Qいじめられる側にも原因があると思う人は人間のクズ!

そのまんまです
イジメの話しになると、「いじめられる側にも原因がある」という人がいますが、人間のクズだと思いませんか?
親の敵でもないのに、そんな理屈あるわけないでしょう
これがまかり通るなら、気に入らなければ戦争を仕掛けても良いという理屈になりませんか?

この世から戦争がなくならない理由が分かる気がします・・・・・・

Aベストアンサー

申し訳ないのですが、「いじめられる側にも原因があると思う人は人間のクズ」というような見解は、その正反対の意見である「いじめられる側にすべての原因がある」という主張、あるいは「あらゆるいじめは犯罪であり、悪である(だから根絶せねばならない)」といったスローガンじみた物言いと同様に、イジメ問題を解決する上で全く役に立たないと思います。

理由は、これらの意見は十把一絡げ的に頭から決め付けたようなものだからです。つまりは、異論を許さない「思考停止状態」を誘発する意味で、取り上げる価値を見出せません。

(注:決して「スレ主さんは異論を受け付けない偏狭な人だ」と言っているのではありません。念のため ^^;)

イジメというのは、状況がケースバイケースで異なるのだと思います。暴行や窃盗などの明らかな「犯罪」に該当する場合もあれば、嘲笑や冷遇などの微妙な心理的圧迫も含まれます。また、イジメる側も一人あるいは数人の乱暴者が集中的に物理的ダメージを加えることもあるし、クラス全員が無視を決め込んで被害者をいたぶるケースだってあります。

イジメ問題を考える上で、重視するべきはイジメる側への対処ではなく、イジメられる方をフォローすることではないでしょうか。

文科省も「いじめとは、当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」と定義しています(平成18年「生徒指導上の諸問題による調査」より)。決して「いじめとは、一部のいじめっ子がいるから発生するものである」とは述べていません。

イジメというのは、古今東西存在するわけです。特に小中高校のような、集団生活を強いられる場所においては「発生して当然」と見るべきでしょう。そんな中で「イジメは悪だから、絶滅させよ」と言っても無駄ではないでしょうか。そんな単純な道徳律で割り切れるようなものではない。

集団生活の中で、スキを見せた者や突出した言動を見せる者はイジメのターゲットになります。それは自然発生的な「集団の生理」というようなもので、道徳的には「悪」ではあっても、存在自体を否定出来ないと思います。

それと、イジメられる側が取るべき対処としては、基本的に(1)戦う(2)逃げるという2点しかないため、その2点を有効に行使しなければ、イジメがエスカレートするのも仕方がありません。

話をまとめますと、イジメられる側にも原因があるのかどうかという疑問に対しては、以下のような答えが適当だと考えます。

1.まず、スキを見せたり突出した言動を取ったりといった、集団生活から「浮いてしまう」存在になれば、イジメられる可能性が高くなる。

2.そして、戦ったり逃け出したりといった、有効な回避行動を取らないとイジメは昂進する。

もしも以上2つの項目をイジメられる側が認識しなかったら、それは「イジメられる側にも原因がある」と言わざるを得ないのではないですか?

繰り返しますが、イジメは悪だ何だのといった道徳律はイジメの現場では役に立ちません。実際に集団生活に身を置いている側としては「集団の生理」がすべてに優先します。

だから大切なのは、子供達に上記2点(特に「2」の項目)を認識するように保護者が指導することではないのでしょうかね。

申し訳ないのですが、「いじめられる側にも原因があると思う人は人間のクズ」というような見解は、その正反対の意見である「いじめられる側にすべての原因がある」という主張、あるいは「あらゆるいじめは犯罪であり、悪である(だから根絶せねばならない)」といったスローガンじみた物言いと同様に、イジメ問題を解決する上で全く役に立たないと思います。

理由は、これらの意見は十把一絡げ的に頭から決め付けたようなものだからです。つまりは、異論を許さない「思考停止状態」を誘発する意味で、取り上げる...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング