中古ベンツは耐用年数が短いわりに、価値がさがらず節税に有利と言われていますね。確かに中古のものは耐用年数が短くなり、2年であれば定率法で100%を経費落ちにすることができると聞きます。でもその後のベンツを売った場合ってどうなるんでしょうか?例えば1000万円の中古車を償却が終った3年後に500万で売却したとすると、500万が事業所得とか譲渡所得になるんでしょうか?それとも最初の購入価格ー売却価格の差分-500万が損として計上されるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>これってメリットあるんでしょうか?



物事は、前提条件に依って評価が変わります。見る角度にも依ります。メリットがあるかどうか、正月の間、ゆっくり考えてみて下さい。  ^ ^;
    • good
    • 1

#2です。



>中古ベンツを700万で下取りに出して新車1500万を買うと1500万の定額か定率の償却分が経費になっていくらか相殺されませんかね?個人用で買った場合は経費にならないから700万の所得になりそうですが、また事業用として買えば下取り価格と取得価格が通算されることになると思うのですが。

その通りです。1500万円の新車(乗用車)は6年間で全額が償却されるわけですから、1500万円の経費が各年に配分されるわけです。。

ただ私が疑問に思うのは、節税と言いながら高級自動車を持つことです。1500万円の新車を買えば6年間で1500万円の償却費が計上できるので、事業の利益(所得)を減額させる効果があり、従って節税効果がある、と考える事業主が多いのです。

仮に1500万円の新車を買って、6年間で1500万円の利益(所得)を減額、その結果、税金(所得税と住民税)600万円を節税できたとしましょう。しかし、600万円を節約するために1500万円を払ったわけですから、社外流出は差引900万円となるのです。金勘定だけをするならバカバカしい話です。ただし、高級車ベンツを乗り回すという満足感を得られますから、満足感代900万円が高いか、安いか。それは人によるのでしょう。


>下取り価格を低くしてもらって新車を割引ってよく聞きますが、下取り価格を低くするってどういう意味に鳴るんでしょうか?

仮に質問者がディーラーに、「1500万円の新車ベンツを買いたい。乗っているベンツを下取ってもらいたい。」と言った場合に、ディーラーが「下取り評価700万円」と回答したとします。ということは、ディーラーの手取りは800万円です。つまり、ディーラーが「われわれは手取り800万円の現金が欲しい」と回答したのと同じです。

それに対して質問者は「下取り評価300万円にしてくれ」と交渉します。この意味は、「手取り800万円を保証するから下取り評価300万円にしてほしい。すると私の事業で計上する利益は300万円で済むから」という意味です。ディーラーがOKすれば、新車購入価額は、800万円+300万円=1100万円となります。新車を400万円、割引くわけです。

この回答への補足

返信ありがとうございます。
>ただ私が疑問に思うのは、節税と言いながら高級自動車を持つことです。
単純に考えればベンツの取得費用ーベンツの取得費用にかかるはずの税金が手元から消えるわけではありますからね。でも中古ベンツのようなものは資産価値が落ちにくいものですし、満足感ということもありますが、現物という形で価値あるものが手元に残るのは無駄ではないと思いますよ。やったことないので実際はどうなるかわからないのですが・・・


下取りの交渉ってのはディーラー側からしてみれば、手取り額は変わらないのですね。値引きなしですと売却益700万と新車購入経費1500万になり、値引きすると売却益が300万の購入経費が1100万になりますね。この場合後者のほうが所得額が少なくなるわけですが、ベンツの償却額も減りますね。購入した年の所得がやたら高い場合はともかく、トータルでみると変わらないようなきがしてきました。うーん、これってメリットあるんでしょうか?

補足日時:2010/12/30 02:45
    • good
    • 0

#1です。



>またその車を下取りに出して、新しい中古車を買うことも節税になりますかね?

(1)中古ベンツを500万円で売却すれば、500万円の利益を計上します。

(2)一般的に、下取り価額は売却価額よりも高いですから、仮に中古ベンツを700万円で下取りに出して1500万円の新車のベンツを購入すれば、700万円の利益を計上することになります。節税どころか売却の場合よりも増税になります。

ですから、新車のベンツに乗り換える場合は、中古は売却して、その後、新車は200~300万円を値引きさせて現金で買う方が利口ですね。この場合は500万円の利益で済みますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい返信ありがとうございます。

下取り価額は売却価額よりも高いですか?
ちょっとよくわからないのですが、中古ベンツを700万で下取りに出して新車1500万を買うと1500万の定額か定率の償却分が経費になっていくらか相殺されませんかね?個人用で買った場合は経費にならないから700万の所得になりそうですが、また事業用として買えば下取り価格と取得価格が通算されることになると思うのですが。

あと、下取り価格を低くしてもらって新車を割引ってよく聞きますが、下取り価格を低くするってどういう意味に鳴るんでしょうか?

お礼日時:2010/12/29 02:26

>例えば1000万円の中古車を償却が終った3年後に500万で売却したとすると、500万が事業所得とか譲渡所得になるんでしょうか?それとも最初の購入価格ー売却価格の差分-500万が損として計上されるんでしょうか?



そのベンツが事業所得を生じる業務に必要な車であり、かつ、実際に業務に使用される場合は、年々、減価償却費が計上され(⇒経費落ち)、ベンツの帳簿価額は低下します。

そしてベンツを、業務に使用中に売却する場合は、

売却価額-帳簿価額=利益

利益がプラスの場合は、固定資産売却益が計上されます。
利益がマイナスならば、固定資産売却損が計上されます。
(譲渡所得にはなりません)

ですから、償却が完了したベンツの帳簿価額はゼロですから、500万円で売却すれば、500万円がまるまる固定資産売却益に計上されるわけです。そして、この固定資産売却益(500万円)は、1年間の事業所得を計算する際に、所得を増額させる効果があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
事業が調子悪いときに売却するのもアリですね。
またその車を下取りに出して、新しい中古車を買うことも節税になりますかね?

お礼日時:2010/12/28 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無職の配偶者の株譲渡益と所得税

配偶者は、専業主婦です。夫の扶養に入っています。
株式売却益がいくらまで出たら、扶養を外れて、所得税を払うのか、教えて下さい。

1)売却益がいくらで、所得税が発生するのか
2)売却益がいくらで、住民税が発生するのか
3)売却益がいくらで、扶養から外れるのか
4)売却益がいくらで、国民年金を払うのか
5)売却益がいくらで、国民健康保険を払うのか

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

貴方に株式以外の所得は無く、特定口座(源泉徴収あり)以外の取引で確定申告するとして、
1) 38万円以上
2) 33万円以上
3) 所得税の扶養なら38万円以上。会社からご主人に扶養家族手当が支給される要件としての扶養ならご主人の会社の規定による。
4) ご主人の厚生年金の扶養(所得税とは違う)を外れる額。ご主人の会社の規定による。
5) ご主人の健康保険の扶養(所得税とは違う)を外れる額。ご主人の会社(健保)の規定による。

因みに、特定口座(源泉徴収あり)での取引なら、利益が一千万だろうが一億だろうが、株式で扶養から外れる事は無いです。

Q中古住宅の耐用年数

平成20年に購入した平成6年築の木造中古住宅(貸家)の減価償却費の
算出に際して耐用年数はどのように考えたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

A No.1です、お礼有り難うございました。

>耐用年数の計算の際の経過年数とは購入時点での経過年数で、築年数(来年であれば+1をする)ではないという解釈、つまり昨年も今年も来年も変わらないということでよろしいでしょうか?
はいそうです、購入(取得)された時点での経過年数で計算します。


もしも購入時期と貸家開始時期に相当(約1年又はそれ以上)の期間が有る場合は、非業務期間の減価の額を計算し、貸家開始時の未償却残高(=取得価額-減価の額)を算出します。
国税庁>タックスアンサー>No.2108 中古で取得した建物を非業務用から業務用に転用した場合の減価償却費の具体的な計算
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2108_qa.htm


余談ですが、質問者様の前回の質問の回答(ベストアンサー)は、平成6年新築時の償却方法と計算方法です、
平成10年及び平成19年度税制改正が有り、建物の償却方法は定額法のみ、計算式は下記URLの定額法によります。

国税庁>タックスアンサー>No.2106 定額法と定率法による減価償却(平成19年4月1日以後に取得する場合)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2106.htm


取得年月、取得価額(仮定で良い)、貸家開始年月の補足があれば計算例を再回答します。

A No.1です、お礼有り難うございました。

>耐用年数の計算の際の経過年数とは購入時点での経過年数で、築年数(来年であれば+1をする)ではないという解釈、つまり昨年も今年も来年も変わらないということでよろしいでしょうか?
はいそうです、購入(取得)された時点での経過年数で計算します。


もしも購入時期と貸家開始時期に相当(約1年又はそれ以上)の期間が有る場合は、非業務期間の減価の額を計算し、貸家開始時の未償却残高(=取得価額-減価の額)を算出します。
国税庁>タックスアンサー>No.2108 ...続きを読む

Q譲渡益税について教えてください。

株式の譲渡益税についてですが・・・

特定口座
源泉徴収あり

で株取引をしています。

年間損益がマイナス40万程度
で保有中の含み益が約30万あります。

今売ると、譲渡益税がかからないと思いますが、
年が変わると、年間損益が0から始まって、
たとえば、年明けに同じ株価として、
30万のまま含み益のある株式を売却すると、
約3万に取られるというになるのでしょうか。

この場合、年間損益がマイナスの今年中に
含み益のある保有中の株式の益を確定して、
また年明けに買い戻すほうが有利な
ような気がして・・・・。

それとも、次の年も損失は繰り越されるのでしょうか。

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

いずれにせよ、含み益がいつまで続くのかもわかりませんので。

今の含み益が来年の含み損にもなりかねませんので、それは自分で判断してください。

ただ、損失繰越は確定申告が必要です。

含み益は課税対象になりません。
なお、保有株式1000万円非課税対象があっても、特定口座の場合適用されませんので。

Q事務室改修費用の耐用年数について

自宅の1室を業務用事務室に使用しています。この事務室を昨年、200万円で改修しました。この事務室改修費の耐用年数はどのようにして求めるのでしょうか?
数年来、業務用事務室部分を資産に計上して減価償却しています。この業務用事務室の耐用年数の残り年数は5年ですので、この改修費の耐用年数は5年で良いのでしょうか?
この改修によって使用価値は向上しましたが自宅の耐用年数を延ばすようなことはしていません。
自宅は22年の耐用年数後も使用できます。あと10年は使用したいですし、その後も自宅の立替をする予定はありません。

Aベストアンサー

耐用年数は業務用事務所のもともとの耐用年数だと思います。実は私は改修時点でtositanさんと同じように考え、改修をした資産の残りの年数を設定してしまい現在まで数年を経過してしまいましたが・・・。事務室ではありませんが、文章よりもわかりやすいサイトがありましたのでご覧になってみてください。

参考URL:http://www.n-nourin.jp/ah/agrilink/hukyuu/simabara/100_fukyukikaku/keiei/boki/shihontekishishutu1.pdf

Q申告分離課税における売買益の算出方法

今年初めて申告分離課税を支払う者です。
申告分離課税は株式の売買益の26パーセントを支払うとのことですが、
売買益とは、何を指すものでしょうか。
例えば、ある銘柄を300円で1000株買って315円で1000株全部売った場合、
売買益は次の計算のうちどれが正しいのでしょうか?

 a)売買益=(315-300)×1000
 b)売買益=(315-300)×1000-(売買の際に証券会社に支払った手数料)
 c)売買益=(315-300)×1000-(売買の際に証券会社に支払った手数料)
      -(手数料に対する消費税)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

株式の売買益は次のように計算します。

購入価格=購入単価×株数+購入手数料(消費税込)
売却価格=売却単価×株数+売却手数料(消費税込)

売買益=売却価格-購入価格

Q耐用年数超建築物の税法上の価値について

築55年のRC造建築物(法廷耐用年数47年超過済み、帳簿上の残存価格350万円、実際の価値は不明)が、無償譲渡された場合、その税法上の価値はいくらとなるのでしょうか?

なお想定としては、建物所有者(法人)が、自主退去に伴い、解体費用を負担したくないため、まだ使えそうな当該建物を、その敷地の所有者(個人)が引き取って欲しい、といってきているというケースです。

譲渡を受ける側としては、このようなケースでも、税法上、譲渡を受けたら、建物に価値があるとみなされて、その分、所得扱いとなってしまうかどうかが知りたく、ご質問させて頂きました。

なお第三者による建物の鑑定は、今のところ費用などの点から検討しておりません。

恐れ入りますがご教示のほど、よろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

>無償譲渡された場合…

無償の譲渡を「贈与」といいます。
個人間の贈与なら贈与税の対象ですが、法人から個人への贈与は「所得税」の対象とされています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402.htm

所得の区分としては、「一時所得」になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

建物の評価は、相続税や贈与税では固定資産税評価額ですが、所得税では時価となります。
帳簿価格でなく不動産屋の相場が基準ということです。

といっても時価がそのまま課税対象になるのではなく、#1490 にある計算式により、給与や不動産所得などとの「総合課税」になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q譲渡益とは??

譲渡益を調べていて、

「有価証券、土地などの資産の価格変動に伴う売買差益のこと」

と書かれてありましたが、有価証券売却益や固定資産売却益のことでしょうか??

パソコンで調べていましたが、違いが分からず困っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

譲渡益は、有価証券売却益や固定資産売却益などの資産売却益勘定に計上される額と、おおむね一致します。

ただ、仲介手数料や立退料などの一定の費用については、前者には反映され後者にはされませんから、完全に一致するものではありません。

Q減価償却の未償却残高の計算方法

平成16年1月にパソコンを買いました。
179074円でした。
定額法で4年で償却します。
まず0.9をかけて161166円、全部事業用なのでのまま4で割って、今年の分は40291円ですよね。

青色申告決算書の「未償却残高」には、161166-40291-40291円の残高を書けばいいのでしょうか。

手元に決算書の控えがあって、青色申告の相談みたいなのに行ったときに軽く教えてもらったメモがあるのですが、そのメモでは98492円と書かれています。

どうして98492円となるのかわかりません。
どうかご教示お願い致します。

-----

また、このパソコンの代金は事業主借でつけていいのでしょうか?
支払ったのがおととしなので現金でも預金でもないのですが。

また、青色申告決算書のマル18のところに40291円と書けばいいのでしょうか?

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

未償却残高は、179,074-40,291-40291=98,492です。
代金は事業主借でいいと思います。
決算書の「減価償却費」の欄に(マル18かどうか決算書みてないのでわかりません)40,291と記入してください。

Q株の源泉徴収あり特定口座での売却益の確定申告

株の源泉徴収あり特定口座での売却益は確定申告不要ですが、他にも確定申告しなければいけない収入があった場合、株売却益で確定申告不要を選択するなら、青色申告でその「確定申告しなければいけない収入」のみを記載すればいい(株売却益については記載しなくてよい)のでしょうか。

また、株の源泉徴収あり特定口座での売却益しか収入が無かった場合、その年の収入は0円として青色申告しても良いのでしょうか。

Aベストアンサー

>他にも確定申告しなければいけない収入があった場合、株売却益で確定申告不要を選択するなら…

株の収入はだまっていれば良いです。

>特定口座での売却益しか収入が無かった場合、その年の収入は0円として青色申告しても…

事業所得、山林所得、不動産所得のいずれもが 0 円なら、青色申告そのものが不要です。
特定口座から前払いした所得税の一部あるいは全部を返してもらうための確定申告をするなら、青色申告ではなく白色申告です。

そもそも青色申告とは、事業所得、山林所得、不動産所得のいずれがある人で、事前に届け出て承認を受けた人のみが利用できる制度です。
他の所得しかない人に青色申告は関係ありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q【確定申告】中古住宅の減価償却費について

平成15年6月に1820万にて平成6年4月建築の中古住宅を購入。
部品交換や壁紙張替などはしていますが、いわゆるリフォームや増築はおこなっていません。
現在転勤のため賃貸に出しており、今年は経費より収入が大きいため確定申告が必要です。

建物と土地にわかれての金額は書類をみかえしてもないのですが、どのように建物評価額を割り出せばよいのでしょうか。
固定資産税は70000円でした。

Aベストアンサー

売買契約書に勝った値段が乗っていると思いますがその売買契約書に消費税額が記載されていないでしょうか?
記載されていればそれを5%で割った金額にその消費税額を足してあげた金額が建物の取得価額になります。
土地には消費税が非課税となり消費税がかかりませんので消費税はすべて建物にかかるものになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報