今年の冬、鉢植えのクチナシを購入したところ、根にたくさんこぶができていたの
で、すべて取り除きました。剪定もしました。開花するか不安です。木酢液を施
し、骨紛、籾殻くん炭、牛糞などをしましたが、肥料負けも心配です。アドバイス
をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

根こぶ病でそのまま育てても開花するのでしょうか?肥料も通常どおり施して何の
害も特に心配ないということですね。斑入りは弱いと効いておりましたので・・・

お礼日時:2001/04/16 23:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qくちなしの育て方

6月初旬に背丈が50cmくらいの八重咲きをホームセンタで購入し地植えにしました。購入時には2・3個の花が付いていました。今では(7月)つぼみがついてはくるのですが花が咲く前に落ちてしまいます。
この時期には花が咲くのは無理なのでしょうか?
どう育てていくと花がたくさん見られるようになりますか?
植えたところは条件が最悪のところです。日当たりが悪い。土が悪い。(我家は山を削って宅地にして分譲された場所です)こんなところでは育てるのは無理なのでしょうか?

Aベストアンサー

http://himawari-3.hp.infoseek.co.jp/hana/hana1-2.htm

http://www.hanaippai.com/qa/plant_search.php?cap=%A5%AF#p3

↑ここにはくちなしに関していろいろありました。

まず、花を咲かせるにはエネルギーがいるので肥料が必要ですね。
土も最悪とのことですが、根を傷付けないように周りを掘って、掘った土に腐葉土、石灰を混ぜたものを元通りにしてください。
土が悪い場合は大体、これでいい土になっていきます。
腐葉土、石灰とも100円ショップ(片手で持てるほど小さい袋)にも売っているし、ホームセンター(中くらい~大きいものまで)でもあります。
「油カス」という肥料もあります。これも購入してもいいですね^^

6月初旬に地植えにされたということでしょうか。
地植えにするのは春、秋の彼岸の時期が良かったようです。
しかし、これからまた鉢に戻すようなことをしたらくちなしも戸惑うのでしないほうがいいですね^^;
花が咲くにもエネルギーは要りますが、鉢植えから地植えにしたときに、植物は環境に慣れようとすることを優先するようです。
簡単な言い方、ところでは「根を張る」ということ。
それにエネルギーを使用すれば、やはり花が咲くことまで手が回らないですね^^;
葉が元気そうだと来年は期待できると思うのですが。

日当たりが悪いに関して。全く日当たりがないということでしょうか。
日当たり良好でなくても朝のうちに日が当たるようなら心配がなさそうですが。
これに関しては参考URLにもあったのでそちらをご覧ください^^

参考URL:http://himawari-3.hp.infoseek.co.jp/hana/hana1-2.htm,http://www.hanaippai.com/qa/plant_search.php?cap=%A5%AF#p3

http://himawari-3.hp.infoseek.co.jp/hana/hana1-2.htm

http://www.hanaippai.com/qa/plant_search.php?cap=%A5%AF#p3

↑ここにはくちなしに関していろいろありました。

まず、花を咲かせるにはエネルギーがいるので肥料が必要ですね。
土も最悪とのことですが、根を傷付けないように周りを掘って、掘った土に腐葉土、石灰を混ぜたものを元通りにしてください。
土が悪い場合は大体、これでいい土になっていきます。
腐葉土、石灰とも100円ショップ(片手で持てるほど小さい袋)にも売っているし、...続きを読む

Q畑の肥料について?籾殻が手に入らなくなりました。代替えは何がいいのでしょうか?

近畿地方北部在住です。
雪はあまり降りませんが、凍てつく事があります。
この春より近所の畑を広く借りました。

そして3月頃から夏野菜を植え収穫しました。
今度肥料を入れ来春に備えたいと思います。
冬野菜の水菜、白菜、大根、かぶら、春菊、キャベツ等は収穫中です。
水はけが悪く、ここ数年ほとんど肥料を入れていない畑なので、籾殻とか米ぬか、有機肥料を施すつもりでしたが都合で籾殻が手に入らなくなりました。

水はけが悪くぐちゃぐちゃになるあたりに、籾殻を多量に入れるつもりでしたがそういう事で困っています。

米ぬか、鶏糞、堆肥、石灰などは手元にあります。
あと施す対処方法があれば教えて下さい。
今から植えるのはタマネギ(100本ほどは植え替え済み)200本と来春にそなえての肥料と考えています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

肥料については、米ぬかと鶏糞で、「米ぬか堆肥」を作れば良いでしょう。

米ぬか堆肥関係サイト
http://ww4.tiki.ne.jp/~sanyogospel/garden/hiryou/top.htm
http://yukikoo.cool.ne.jp/munouyaku/komenuka.htm
http://tokirin-garden.kissweb.jp/komenuka.htm

排水性の確保は、やはりモミガラ暗渠がベストなんですが、
竹束、伐採枝、瓦、火山灰、牡蠣ガラなど手近に代用できそうな物はありませんか?
予算があればチップやクン炭、パーライト、パーミュキュライトが良いのですが。

排水性改良に関するサイト
http://www.agri.pref.hokkaido.jp/center/syuppan/soba/haisui/newpage1.htm
http://members4.tsukaeru.net/jb_rantaro/unchiku/yard/clay_yard.htm
http://www.mate.pref.mie.jp/daizu/saibaisisin6.htm
http://homepage3.nifty.com/E-RoseCottage-Garden/page364.html

農林公庫の土壌改良融資
http://www.pref.mie.jp/NOCHI/gyousei/yochig/yuushi/yuushi.htm

参考URL:http://www.agri.zennoh.or.jp/visitor/APPINES/apmanb10.asp

肥料については、米ぬかと鶏糞で、「米ぬか堆肥」を作れば良いでしょう。

米ぬか堆肥関係サイト
http://ww4.tiki.ne.jp/~sanyogospel/garden/hiryou/top.htm
http://yukikoo.cool.ne.jp/munouyaku/komenuka.htm
http://tokirin-garden.kissweb.jp/komenuka.htm

排水性の確保は、やはりモミガラ暗渠がベストなんですが、
竹束、伐採枝、瓦、火山灰、牡蠣ガラなど手近に代用できそうな物はありませんか?
予算があればチップやクン炭、パーライト、パーミュキュライトが良いのですが。

排水性改良に関...続きを読む

Qサイネリアの育て方

こんにちは。サイネリアを育てるのですが、サイネリアの育て方がわかりません。育て方や育てるコツを教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

サイネリア(シネラリア)の育て方については下記サイトに詳しく載っていますのでご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/shi_00011g.htm

Q鉢植えの肥料、栄養剤

宜しくお願いします

ベランダで
テーブルヤシ
クワズイモ
紫陽花
を育てています

小さな緑のボトルで
鉢の土表面に逆さにして
射す栄養剤がありますが
上記の鉢植えに
使えますでしょうか?

適す物、適さない物
与える周期、次期など
教えて下さい

Aベストアンサー

改めて回答いたします。

市販の土には無肥料と肥料を含んでいる物があります。肥料を含んで
いるからと年間を通して肥料は不要と思う方が多いのですが、実際に
は植物が生育するほどの成分は含まれていません。

子供の自由研究で肥料入りの土を使いましたが、生育が非常に遅くて
葉色も悪いので、新たに緩効性化成肥料(マグァンプK)を施しまし
た。植物はオジギソウですが、そんなに多くの養分を必要としないの
ですが、それでも土に含まれている養分だけでは足りなかったようで
す。肥料が混入されてあると書いてあっても、入っていないと考えた
方が良いかも知れません。

テーブルヤシですが、ヤシと言えば太陽光線がサンサンと輝く下で育
つイメージがあるはずですが、実際にテーブルヤシは強い光線が苦手
ですから、ベランダ向きな植物とは言えません。早々に室内に入れる
ようにして下さい。
夏場は窓際から離した明るい日陰に置き、夏場以外はレースのカーテ
ン越しで光線に当てるようにします。今のままでは葉先が枯れます。
肥料は5~10月の間に、2ヶ月に1回で緩効性化成肥料(マグァン
プK等)を施し、その他の時期は一切与えません。

クワズイモは耐暑性と耐陰性に優れていますが、やはりテーブルヤシ
と同様に直射日光は苦手です。5~9月は屋外(ベランダ等)に出し
手も構いませんが、日差しを遮る遮光が必要です。
年間を通して直射日光を避けた場所で管理をします。
肥料は5~9月の間に、2ヶ月に1回で緩効性化成肥料(マグァンプ
K等)を施します。その他の時期は一切与えません。

アジサイは完全に屋外向きで、年間を通して屋外で栽培をします。
観葉植物や草花ではなく、ユキノシタ科の落葉低木(樹木)ですから
肥料は1~2月の冬場に寒肥えとして1回だけ施します。その他の時
期は一切与えません。与える肥料は油粕と粒状化成肥料を等量混ぜた
物を幹から離して置き肥します。液肥は養分が足りませんので、与え
ても意味がありません。その他の時期は何があっても与えません。

緩効性化成肥料は名前の通り、緩やかに溶けだして持続期間が長いの
が特徴です。マグァンプKには中粒と大粒があり、中粒は約1年半の
持続期間があります。大粒は約2年です。
化成肥料は根に触れると根枯れを起こしますが、緩効性化成肥料の場
合は根に触れても影響が出ない特性があります。
液体肥料は速効性肥料で、持続期間が非常に短いのが特徴です。持続
期間は約1週間程度ですから、施肥を行う時期は月に何回も施さなく
てはいけません。
活力剤は前回にはアンプルとは違うと書きましたが、微量要素を補う
物の一種と考えられて構いません。不足した成分を補うために与える
訳ですから、一種の補助剤と考えても構いません。ただし何度も言う
ように肥料とは根本的に違います。

改めて回答いたします。

市販の土には無肥料と肥料を含んでいる物があります。肥料を含んで
いるからと年間を通して肥料は不要と思う方が多いのですが、実際に
は植物が生育するほどの成分は含まれていません。

子供の自由研究で肥料入りの土を使いましたが、生育が非常に遅くて
葉色も悪いので、新たに緩効性化成肥料(マグァンプK)を施しまし
た。植物はオジギソウですが、そんなに多くの養分を必要としないの
ですが、それでも土に含まれている養分だけでは足りなかったようで
す。肥料が混入されてあると...続きを読む

Qトリカブトの育て方

山登りに行った時に、トリカブトを見ました。
とても美しく綺麗だったので、育ててみたくなり
トリカブトの種子を購入しました。

購入したのはいいのですが、肝心な育て方がわかりません。
ネットで検索したり、お花に詳しいお友達に聞いたりしても
種子からの育て方がわからないのです。

トリカブト自体を育てるのは始めてなので
詳しい育て方が知りたいと思っています。

トリカブトの育て方に詳しい方がおりましたら
よろしくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

育てたことはありませんが手元にある「山野草の育て方&楽しみ方事典」によれば、
・種まきは2月から3月初旬、半日陰で
・用土は赤玉土4に軽石4、腐葉土2を混ぜる
・鉢は中鉢の4-6号
・水やりは芽出しの頃は多めに
・水を好むので夏は腰水で育てる
・置き場所は芽出しから休眠までは木漏れ陽が当たる半日陰
・増殖は活発で3月中旬から4月中旬に塊根を分けて殖やす
・肥料は3月中旬から4月中旬に有機性の固形肥料を与える
・根は猛毒なので手袋をはめ、作業後すぐに手を洗う
・1-2年ごとに植え替える
・露地栽培するなら半日陰で、身近への植栽は避ける
・12月下旬から2月までは休眠する
・休眠期にも土が乾いていたら水は忘れずに与える

育て方はやさしいそうです。

Q剪定と強剪定って??

剪定と強剪定というのは違うものですか?
切り方などが違うのでしょうか??
ちなみにラベンダーの剪定について今調べています。

Aベストアンサー

 こんにちは。私もラベンダーを育てていますので、良かったら参考にして下さい。
 剪定と強剪定の違いですが、まず剪定の意味をタキイのHPで調べてみました。何となくそれ以外言いようがない感じなんですが(^_^;)。ちなみに強剪定は載ってませんでした。
http://www.takii.co.jp/glossary/se.html#27
 他のサイトでは剪定と強剪定の違いが載っています。
http://www.kysmp.com/yogo.html
http://sky.geocities.jp/shirasato99/glossary0.html
 調べてみたら、何センチとかは具体的には載っていませんでした。これは植物やどれだけ成長しているかによって違いますので一概にはいえないからだと思います。
 私見で申し訳ないのですが、私にとっての剪定はあくまでも少し形を整えたり、花ガラを茎ごと切ったり、中を少し透かしたりする程度です。全体的にはあまり形は変わらなくて、少し整えた程度でしょうか。
 強剪定はガッツリいきます(^_^;)。植物もガッツリに耐える草木が対象です。私の庭ではミモザ、椿、アリッサム、インパチェンス、ペチュニア、ハーブ類などが当たります。タイムやミントなど梅雨前に収穫を兼ねて行う強剪定は、半分以下に切り詰めます。この行為を「切り戻し」と言います。中を透かして蒸れを予防する働きもありますし、ペチュニアやインパチェンスなどは徒長して花も咲かなくなってきますので、ガッツリ切って(強剪定ですね)秋にもう一度花を咲かせるようにしています。
 ラベンダーは、私の種類と違うかもしれませんので(私のはストエスカスです)分かりませんが、強剪定可能です。全体の1/3ぐらい切り詰めて(高さは半分以上ぐらい)、中も透かしてOKです。ただあまりハゲ坊主にしますと枯れるかもしれませんので、全体を見ながら行って下さい。私のラベンダーはやりすぎて外国の金持ちのテーブルとかにあるロウソクの蜀台みたいになってしまいましたが(^_^;)、枯れずに今年も花が咲いています。
 一応切り戻しの仕方が書いてあるサイトを貼っておきます。
http://www.kusanone-en.com/contents2-6.htm
http://www.eonet.ne.jp/~bloom/2_raben.htm
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/herb/lavender.html

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。私もラベンダーを育てていますので、良かったら参考にして下さい。
 剪定と強剪定の違いですが、まず剪定の意味をタキイのHPで調べてみました。何となくそれ以外言いようがない感じなんですが(^_^;)。ちなみに強剪定は載ってませんでした。
http://www.takii.co.jp/glossary/se.html#27
 他のサイトでは剪定と強剪定の違いが載っています。
http://www.kysmp.com/yogo.html
http://sky.geocities.jp/shirasato99/glossary0.html
 調べてみたら、何センチとかは具体的には載っていません...続きを読む

Qプレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始め

プレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始めています。この植物の育て方と名前をご存知の方、助言ください。

Aベストアンサー

サンスベリアの仲間だと思います。結論から言うと枯れる心配はないと思います。

枯れ落ちた葉は葉っぱの新陳代謝で落ちただけで、言うならば葉の寿命を全うしただけです。観葉植物は大きく成長するために古い葉を落として新しい葉を生やします。最近暖かくなってきたので、新しい葉を生やすために古い葉を落とし始めたのだと思いますよ。
写真に写ってる他の葉は元気に見えますので、木の本体はまだまだ元気だと思われます。

育て方ですが、原産地が乾燥地帯なので乾燥に強い種です。寒い時期は水を全くやらなくても良いくらいです。これからの時期は、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやり、土が乾くまでは何日も放置でOKです。枯らしてしまう最も多いパターンは水のやり過ぎによる根腐れですので、毎日水をやる必要は全然ありません。窓際に置かれてるようですので日当たりは十分だと思います。

サンスベリアの育て方:
http://sodatekata.net/flowers/page/150.html

Q椿の開花年数または開花させるには

お気に入りの椿を挿木で増やしたり、実生で芽生えたりと10,11本植えています。

丈も1m近くまで伸びたものもありますが、椿を見て疑問に思うことがあります。植木屋さんでは10~20センチの挿木でも1年後には蕾を持ったり、接ぎ木でも1,2年後には蕾を持ちますが、なぜ私のは花が咲かないのだろうかということです。

過去に挿し木をした6,7本のうち1本だけ12,3センチなのに蕾を持って開花したことがありますが、これは例外中の例外でほとんどは咲きません。5,6年以上にもなる椿の実生と挿し木の苗木を早く花を見てよいものを定植したいと考えています。どうすればよろしいでしょうか。

Aベストアンサー

実生ですと4~8年といわれますね

開花習性を知る

椿の花芽形成時期は 6~7月
椿は当年の枝の先端に蕾を着けます
花芽形成期になっても枝が伸び続けていると花芽は形成されません

木の勢いが強すぎても 弱すぎても花は咲きづらくなります

ベテランさんは 適正な鉢の大きさを見極め  適切な管理をしているからこそ  小さくても花を咲かせているのです

小さくて咲かせる
あまり大きな鉢には植えない  木相応の鉢
小枝を多くする  樹形を考えながら 剪定
花芽形成期までにある程度枝を伸ばし なおかつ 生長を止めるには 適切な時期の肥料や水やりのさじ加減
3月頃に窒素リンカリ等量  
5月はじめ リン酸カリが大目 もしくは窒素を含まない肥料を施す

Q皇帝ダリアの育て方

家で育てている皇帝ダリアが弱ってきました。
育て方、株の増やしかたを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

私も育てており、冬越しの準備は既に終了しました。私がここで説明するよりも、多くの方がネットで開示されていますので、「皇帝ダリア」「育て方」で検索してみてください。霜にあてるとダメージが大きいので、早い処置が必要ですよ

Q化成肥料とボカシ肥料の違いがわかりません

庭に花木(サザンカ、ダンコウバイ、沈丁花、カキ、梅など種種雑多です)を植えているため、今の時期肥料をやらなければなりませんが、化成肥料とボカシ肥料
のどちらを与えればよいかわかりません。
私は基本的には今の時期はボカシ肥料を与えていますが、以前園芸農家の方にご相談したところ、2月頃にサザンカに肥料をやる場合は、ボカシ肥料よりも化成肥料の方がよいとお聞きしたことがあるので心配になって質問しました。

Aベストアンサー

厳寒期(1~2月)に与える肥料を寒肥といいますが、tonton5775さんのボカシ肥料で正解です。寒肥は春になって庭木がめざめ生育サイクルに入りますが、そのときに有機質を必要とします。厳寒期に施した有機肥料が徐々に分解され、春の生育期には、吸収しやすい栄養素になるわけです。
厳寒期に化成肥料を施すということは、分解が早いため、夜中に脂っこい食事をたくさん食べるようなもので、人間なら消化不良を起こしますね。
樹木は栄養過多で新芽を出そうとします。
しかし厳寒期であるため、新芽を出そうにもそれもできずといった、生育バランスを破壊することになります。
ただし化成肥料にも緩効性のものがありますので一概に化成肥料がだめというわけではありません。


人気Q&Aランキング