高校方式の解の公式を教えてください。

2a分の-b±√b2-4acの高校方式のやつです。

A 回答 (4件)

 「高校方式」というのは、こんどの指導要領で中学校から公式が消えるから、高校の、ということでしょうか?


 それなら、今の中学のと同じでしょう。

 あるいは、解の公式の使い方(ルートの中がマイナスになって虚数を使うなど)でしょうか。
 
 どっちみち、公式じたいがいくつもあるとは思えませんし、いくつもあれば、合理的なやつだけ残ると思います。
    • good
    • 0

可能性のありそうな物を2つ書いてみます。



(1) 2次方程式 ax^2+bx+c=0 のbが偶数の時、
  b'= b÷2とおいたときに、
  x = a分の-b'±√b'^2-ac つまり x=(-b'±√b'^2-ac)÷a
 とするやり方

(2) 2次方程式 ax^2+bx+c=0  の2つの解を α、βとおくとき、
  α+β = -a分のb つまり α+β = -b÷a
  α×β = a分のc  つまり α×β = c÷a 
  を利用するもの(解と係数の関係と呼ばれるもの)

ご質問を読む限り、上のいずれかのことのように思うのですが、違っていたら申し訳ありません。
    • good
    • 0

公式の導き方って事でしょうか?



ax^2 + bx + c = 0
x^2およびxの項をaでくくって
a(x^2 + b/a x) + c = 0
xを平方完成して
a(x + b/2a)^2 - a(b/2a)^2 + c = 0
移項して
a(x + b/2a)^2 = a(b/2a)^2 - c
両辺をaで割って
(x + b/2a)^2 = (b/2a)^2 - c/a
(x + b/2a)^2 = (b^2 - 4ac) / (2a)^2
両辺の平方根を取って
x + b/2a = ±√(b^2 - 4ac) / 2a
ゆえに
x = (-b ±√(b^2 - 4ac) / 2a

こんな感じでいいんでしょうか?
    • good
    • 0

「高校方式」って虚数解があるということでしょうか?


それとも判別式

D=b^2-4ac

を利用するということでしょうか?
解の公式自体は同じだと思うのですが…?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qf(a+√b)=c+√b f(a-√b)=c-√b f(a+bi)=c+dif(a-bi)=c-di

f(a+√b)=c+√b
ならば
f(a-√b)=c-√b
は成り立ちますか。
√の中は変わらないので計算後も√bのままでいいでしょうか。

f(a+bi)=c+di
ならば
f(a-bi)=c-di
は成り立ちますか。
前回の質問が締め切られてしまいました。
前回回答いただきましたTacosanさま、かなり考えましたがヒントに最後まで答えることが出来ず、申し訳ありませんでした。一定の条件がわかりませんでした。こちらにも是非回答お願いいたします。詳しい回答本当にありがとうございました。

Aベストアンサー

反例:
xの一次式
f(x) = x ・(1-√2) + √2

f(1+√2) = (1+√2)・(1-√2) + √2
=1-2 + √2
=-1+ √2

f(1-√2) = (1-√2)・(1-√2) + √2
= 1 -2√2 + 2 + √2
= 3 - √2 ≠ - 1 - √2

---
f(x) = g(a,|x-a|) + (x - a)
と表せるなら
 f(a+√b) = g(a,|√b|) + √b = g(a,√b) + √b
 f(a-√b) = g(a,|-√b|) + (-√b) = g(a,√b) - √b
c = g(a,√b) とすれば
 f(a+√b) = c + √b
 f(a-√b) = c - √b
です。
ですが、 c + √b という形を見ただけでは、√b が「 + (x-a) 」に由来するものなのか、g(a,|x-a|)の|x-a|に由来するものなのか、g()に由来する xに依存しない定数√b なのか、判断できません。

Qf(a+√b)=c+√dのときf(a-√b)=c-√dは成り立ちますか。

f(a+√b)=c+√dのときf(a-√b)=c-√d
f(a+√b)=c+√dのときf(-a+√b)=-c+√d

f(a+bi)=c+diのときf(a-bi)=c-di
f(a+bi)=c+diのときf(-a+bi)=-c+di

以上4つの式は成り立ちますか。

何度か√の符号だけ違う数やiの符号が違う数を3次関数や分数関数に代入したときは上記の性質が成り立っていました。

Aベストアンサー

本当に「a, b, c, d は『実数』」でいいですか? もしそうなら
f(a+bi)=c+diのときf(a-bi)=c-di
以外は成り立たない例が容易に作れます. 例えば
f(a+√b)=c+√dのときf(-a+√b)=-c+√d

f(a+bi)=c+diのときf(-a+bi)=-c+di
が成り立たない例は一瞬で作れていいはずです.

逆に, 一定の条件を付けると
f(a+bi)=c+diのときf(a-bi)=c-di
は必ず成り立ちます.

Q二重根号についてです。 なぜ下のほうの公式はa>bのとき√a- √bでなければいけないのでしょうか?

二重根号についてです。
なぜ下のほうの公式はa>bのとき√a- √bでなければいけないのでしょうか?
√b- √aでも問題ないと思うのですが。

Aベストアンサー

その式の左辺は正の数だから。もしも負の数であるとすれば根号の前にマイナスがつくはずですがこの式の左辺にはマイナスがありません。だから左辺は正の数。
さて、√b- √a ですがこれは正の数でしょうか? 違いますよね。
左辺が正で右辺が負だとイコールで結ぶことが間違いになってしまいます。

Q平方根の分野です。問題を解いていて、5が±√5の場合と±√25の場合があったのですが、よくわかりま

平方根の分野です。
問題を解いていて、5が±√5の場合と±√25の場合があったのですが、よくわかりません。
なぜそのような違いになるのか、それぞれの答えになる問題の見分け方を教えてくだされば幸いです。

Aベストアンサー

5の平方根なら±√5

質問文を端折りすぎです。

±√25 は、25 の平方根。
5と−5。

Q√2-√3-√5+√7+√11-√13<0の証明

√2-√3-√5+√7+√11-√13<0
なのですが、これを計算機を使わないで証明するにはどうすればいいのでしょうか?

数値は適当なので、方針を教えていただきたいです。
根号が5つまでなら、同値変形で移項そして2乗を繰り返していくことによって、整数同士の大小に還元できます。
しかし、根号が6つだとどのように示していけばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

√13 - √11
= (13 - 11) / (√13 + √11)
> 2 / (2√13)
= 1 / √13
より、

√2 - √3 - √5 + √7 + √11 - √13
< √2 - √3 - √5 + √7 - (1 / √13)
= (√26 - √39 - √65 + √91 - 1) / √13
となって、

√26 - √39 - √65 + √91 - 1 の正負に帰着される。
あとは、御存知の方法で。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報