9,000万円の住宅を購入し、父親が3,000万円頭金を出し、私名義で銀行から6,000万円借りて、父親に連帯保証人になってもらいました。住宅の所有権は、私と父親が二分の一づつで登記しました。毎月私と父親が半額づつ返済し、残高4,300万円になりました。これ以上ローン返済が大変なので、3,000万円(市場価格は、3,500万円前後だと思います)で弟に住宅を売却し、弟の持分が100%となり、残債が1,300万円となる予定です。私は、3,800万以上でないと売りたくないと言いましたが、父親から、3,000万円で弟に売却するように説得されています。その後、その住宅には、父親と弟が住みます。
(1)1,300万円の資金だれが出すべきでしょうか。
(2)連帯保証人の父親に1,300万円だしてもらった場合、私と父親の債権債務の関係はどのようになりますか。父親が私に請求した場合、私はそれを拒否できますか。
(3)また、贈与税等の税金関係の問題は発生しませんか。
(4)父親に1,300万円の残債を返済してもらった場合、父親から私への金銭消費貸借契約書をいくらにしたら、贈与税がかかりませんか。
(5)金銭消費貸借契約に基づく父親への返済が完了する前に、父親が亡くなった場合、その時点で、払う相手がいなくなったことにより、払わなくなる訳ですが、それは法律的、税務的に問題はないのですか。ちなみに、法定相続人は、私と弟の2人です。
(6)ローン返済を父親が500万円、私が800万円支払うこととし、長男の私の代わりに次男が父親と同居して面倒をみるので、約4,000万円ある父親の財産を放棄する旨の書類を書いて欲しいといわれましたが、どのように対処したらよいか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 まず、最初の登記名義と返済のところから不可解なのですが、お父さんは連帯保証人であって連帯債務者ではないのですから借入金の6,000万円分はzenkokuさんの名義としなければならないはずで、2分の1ずつに登記をしたこと、毎月半額ずつ返済していること、が贈与に当たると考えられますが、この点は当初どのように処理されたのでしょうか。



(1) お父さんが連帯保証人であって連帯債務者でないのであれば、zenkokuさんが負担すべきものです。
(2) 保証債務を履行したお父さんが、zenkokuさんに対する1,300万円の求償権を取得し、zenkokuさんはお父さんに対し求償債務の履行をしなければなりません。
(3) お父さんの銀行への1,300万円の支払い自体は保証債務の履行であり問題はありませんが、zenkokuさんが求償債務の履行をしなければ、贈与としてみなされる可能性が大です。
(4) お父さんのzenkokuさんへの債権は求償債権ですので、金銭消費貸借契約を締結するのでなく、債務を更改の上、1,300万円の準消費貸借契約を締結するのが妥当だと思います。公正証書又は確定日付をとり、銀行振込などにより通帳に記録を残します。
(5) その債権をzenkokuさんが相続するのであれば、お父さんがお亡くなりになった時点で、債権債務は混同により消滅します。弟さんが相続するのであれば消滅しません。法定相続又は遺産分割などにより共同相続されるのであれば、zenkokuさんの相続された持分についてのみ混同で消滅します。相続税以外の税務上の問題はありません。
(6) 生前中の相続放棄は、どのような条件を付したとしても一切無効です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q居住用財産の3,000万円特別控除について

所得税法にお詳しい方がおられましたら、お教え願います。
一つの土地を3つに分筆して、その一つに家を建てて住んでる人がおります。
今回、3つの土地全てを売却しましたが、居住用財産の3,000万円控除は、そのうちの家を建てている土地しか適用されないのでしょうか。
家を建てている土地の売却代金が3,000万円に満たない場合は、他の土地の売却代金から控除するわけにはいかないのでしょうか。
よろしくご教示願います。

Aベストアンサー

>今回、3つの土地全てを売却しましたが、居住用財産の3,000万円控除は、そのうちの家を建てている土地しか適用されないのでしょうか。
そうです。
>家を建てている土地の売却代金が3,000万円に満たない場合は、他の土地の売却代金から控除するわけにはいかないのでしょうか。
いきません。

居住用資産の譲渡益ですから、住宅として使った土地建物です。
ちなみに譲渡益の3000万円が控除されるわけで売却代金そのものではありません。

Q亡くなった母親が連帯保証をしていた弟の借金を長男の私が返済する義務があるか?

弟の借金の連帯保証を、亡くなった母親と弟と親しい友人がしていました。私は母や弟と遠く離れて住んでいたためそのことを知りませんでした。母親が亡くなって弟は商売に失敗し夜逃げをしてしまいました。弟と親しかったという友人がある日突然訪ねてきて、リース会社から厳しく取り立てられているから相続人である私に残債を支払えと要求します。実家の家と土地は弟が継いで私は外に出たため何も相続しなかったのですが支払う義務があるでしょうか。なお父親は母親より10年ほど前に亡くなっています。

Aベストアンサー

連帯保証債務は負債として相続されていきます。
母親の遺産を相続放棄をされていたなら払う必要はありませんが、
手続をしていないなら保証債務は引き継がれています。
債権者は取立の遣り易い所(資産がある)から請求していきます。

子々孫々まで引き継がれる連帯保証人制度は日本くらいではないでしょうか。
封建時代のひどい制度ですよ。

Q私の父が先日亡くなりましたが、住んでいた土地が父親の父親(私の祖父)の

私の父が先日亡くなりましたが、住んでいた土地が父親の父親(私の祖父)の名義のままです。その祖父は昭和22年2月に亡くなりました。私の父は1人っ子で長男ですが、父が生まれる前に祖父は夫婦養子をもらっていました。


父は昭和19年3月生まれです。


父が生まれたので昭和25年に養子縁組みを解いてあります。


この養子縁組みをしていた人にも祖父の土地の相続権がありますか。


乱文失礼いたします。

Aベストアンサー

祖父が亡くなった時点で
養子縁組されているので有効と思います。

Q夫婦間の金銭消費貸借契約、抵当権設定契約

以下の知人のケースについてアドバイスお願いします

理由があって自分のお金をご主人に貸す。ご主人はそのお金で
金融商品を買うつもりである。ご主人が生存中に同商品の満期
が来れば問題ないが、満期前に死亡して遺産分割問題に巻き込
まれたくない。どうしたら良いか?

私としては、金銭消費貸借契約を夫婦間で締結し、公正証書にして
おいて、金利もキチンともらっておけば、相続が開始しても請求権
を行使できるように思えます

但し、夫の負債が大きい状態で相続開始され弁済されないリスクに
備えて担保をとっておく、ということで妻の財産(貸付金)を保全
できると考えますが、この理解で正しいでしょうか

夫婦間の金銭消費貸借契約、抵当権設定契約について注意事項あれば
ご教示ください

なお、他の手段についてもご教示お願いいたします

Aベストアンサー

#1で回答した者ですが、

ある程度お金を持っている、相続人に該当しない人
(質問者様の兄弟とか)に質問者様がそのお金を貸す。
その人が夫にそのお金を貸す。
期限なしで利息を年利0.01%とかにしておくとかして。
その人が先になくらない限り、一応は、相続事件がおこっても、
戻ってきます。

夫の相続財産がマイナスになった場合、その人が困ることに
なる点が難点ですが。

Q金銭消費貸借契約における署名のもらい方

今度金銭消費貸借契約における契約書を作成するのですが、署名の欄に債権者・債務者・連帯保証人の三者の署名押印を押すところを作ります。

この場合、契約日当日連帯保証人が立ち会っていない場合、連帯保証人の署名押印は後日になっても、債権債務者の署名捺印が既に済んでいる場合は債権債務者間の契約は成立しているのでしょうか?
それとも連帯保証人の署名押印がすんでから初めて契約成立となるのでしょうか?

私としてはとりあえず債権債務者のあいだだけでも契約を成立させておいて、のちに保険の意味を込めて、連帯保証人の契約もお願いしたいのですけれども・・・・。

それと連帯保証人が近くにいない場合、いったいどのようにして連帯保証人の署名捺印をもらうのでしょうか?
消費者金融は通常、債務者に債務者と連帯保証人の署名押印をもらって債権者に郵送して、債権者が署名押印をして複写を債務者と連帯保証人に郵送するという方法だと思うのですが、今回は債権者と債務者が会い契約をする、しかしその場には連帯保証人がいないという場合、連帯保証人の署名押印をもらうためにはやはり連帯保証人の下に伺うしか方法は無いのでしょうか?

何かよいアイディアはありませんでしょうか?

ちなみに当方は消費者金融とはまったく関係ない私人ですので私人間における契約とお考えください。

今度金銭消費貸借契約における契約書を作成するのですが、署名の欄に債権者・債務者・連帯保証人の三者の署名押印を押すところを作ります。

この場合、契約日当日連帯保証人が立ち会っていない場合、連帯保証人の署名押印は後日になっても、債権債務者の署名捺印が既に済んでいる場合は債権債務者間の契約は成立しているのでしょうか?
それとも連帯保証人の署名押印がすんでから初めて契約成立となるのでしょうか?

私としてはとりあえず債権債務者のあいだだけでも契約を成立させておいて、のちに保険の...続きを読む

Aベストアンサー

金銭消費貸借契約(主たる契約)と保証契約(従たる契約)は別個独立の債権契約です。
たとえその契約書に保証人の署名欄があり、その署名がなくても、
債権者債務者間で契約がされ、金銭の授受があれば(消費貸借は要物契約ですので、目的物の授受がないと成立しません)、
金銭消費貸借契約は有効に成立します。

同時に保証人の署名捺印がもらえないのであるならば、
当該契約書が郵便事故などで紛失したりしても困りますので、
別に保証契約書をもらった方がよいのではないでしょうか。

保証人に面前で署名捺印がもらえない場合、
契約書は郵送して署名捺印(実印。印鑑証明書の添付も求める)してもらい、
かつ、電話にて意思確認をするのが一般的ではないかと思います。
また、事後の確認の方法として、
契約書の写しを本人限定受取郵便で送るというのも1つの方法かもしれません。
(本人が受け取り、その内容に異議を唱えないのであれば、
本人がその内容を認めたものだという強い推定が働くものと思われます)

なお、契約書に入れておいた方がよい条項を#1の回答者が提案されていますが、
この条項は入れておいた方がよいと私も思います。

金銭消費貸借契約(主たる契約)と保証契約(従たる契約)は別個独立の債権契約です。
たとえその契約書に保証人の署名欄があり、その署名がなくても、
債権者債務者間で契約がされ、金銭の授受があれば(消費貸借は要物契約ですので、目的物の授受がないと成立しません)、
金銭消費貸借契約は有効に成立します。

同時に保証人の署名捺印がもらえないのであるならば、
当該契約書が郵便事故などで紛失したりしても困りますので、
別に保証契約書をもらった方がよいのではないでしょうか。

保証人に面...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報