なぜダイエーよりもマイカルの破綻の方が早いと噂されているのでしょうか?
ダイエー、マイカルは今後どうなるのでしょう?
詳しい人がいたら教えて下さい。

A 回答 (1件)

以前にも、「次に破綻する生保はどこ」という質問がありましたが、いたずらに不安を煽ることになりこういう質問はまずいと思います。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマイカルカード=ポケットカードはどれを選べば…

100円に対して1ポイント + ボーナスポイントにより、1.5%に迫る還元率を誇っているOricoカードをメインで利用しているのですが、11月からのポイントシステム改変に伴い、0.5% + 利用金額による加算分となり、メリットが薄くなってしまいました。

そこで、皆さんお勧めの請求時1%引きのマイカルカード(ポケットカード)を作ろうと思うのですが、ポケットカード(イエロー)とマイカルカード(ブルー)はカードデザイン以外の違いがあるのでしょうか?

それと、大抵のお店はVISA&マスター共に加盟しているのでどちらで作っても問題ないと思うのですが、もし仮に、マスターしか加盟していないお店でVISAのマイカルカードを使ったら、請求時1%引きは適用されないのでしょうか?
ご教授頂けると幸いです。

PS. マイカルカード以上にお得なカードってさすがに無いですよね?(現在私はサブで、TUTAYA Wカードとまいどプラスも使っています)

Aベストアンサー

ポケットカードなら、
使いまくってポイントを溜め込めば
1%引きの請求と合わせて
実質1.5%近くは行くでしょうね。
(ポイントでの金券還元。
映画や旅行で還元すればもっとお得。
なお、1年のうち10箇月使えば
年間100ポイントのボーナスあり)

さて、私はマイカルブルーカードですが、
ホームページでの表示も全く同じですし、
特に違いはないと思います。
私はあえてこちらを選んだわけではなくて、
持っていたらポケットカードに買収されて
1%特典がつくようになったのですが、
たぶんそのときにマイカルブルーカードのサービス内容を
ポケットカードイエローに合わせたのでしょう。

MASTERしかない店では
1%引きが適用されない以前に
そもそもVISAのマイカルカードは使えません。

Qダイエー、そごう、マイカルの破綻について

なぜ破綻したのでしょうか?そして現在も経営をしているということは買収されたのでしょうか?あと破綻に陥った経緯を知りたいです。

Aベストアンサー

(NO1453378の質問に対する2つの回答がより詳細ですから、そちらも参照される事をお勧めします。)

 さて、ダイエーを中心に話を進行して見ますが、「土地神話」が半永久的に続くと過信し過ぎ、銀行(金融機関)から、借金し、その資金で不動産(店舗、敷地)を買い込み、大規模にスーパー網を展開した訳です。
 確かに不動産価格が上がり続ける局面ではこの手法は粗正しい、と言えますし、不動産の含み益(買値と時価の差とのプラス分)がある時には、それも担保に更なる銀行からの借入をバネに雪だるま式に店舗網拡張もあり得ます。
 この点を(創業者にして、破滅の引金役の)中内氏(一族)は信じて一切疑わなかったのでしょうね。これに対して、ライバルのイトヨーカドーやイオン(旧ジャスコ)は自前分がゼロとは思えませんが、リース方式を導入して、「含み益」消滅事態へ曲りなりにも備えていた、と聞きます。
 この点の欠落の差がダイエー自滅の主要因だと私は考えていますし、事業規模が拡大しても「俺について来い」式が通用すると考えて再考しなかった、中内氏(一族)の思考停止が自滅を早めたと言えそうです。

 矢張り(事業分野は異なるにせよ)故松下幸之助氏の様に始めは「俺について来い」式でも、中規模になれば「みんなで事業を進める」式に変え、業界有数規模になれば「私1人ではとても手に負えません。皆さん宜しくお願いします」式へ更なる変化を意識しなかった、が故に、ダメになったと言われても仕方ないと私は捉えます。
 会社(民事再生?)法に私は知悉していませんが、旧会社更生法時代には管財人が選定され、「会社を解散させるか?或いはリストラ等を進めつつ、再度事業を継続するか?」の方向性を明確にし、対処していた記憶があります。
 (例えるなら「ボロ家を解体し、新築するか?リフォームして、生かすか?」と言う事です。)

 「日本マクドナルトも\100メニューの導入で客数は増加したものの客単価(1人一回の買物代金の総額)の方が芳しくなく、相当低迷した」との報道がありました。
 「マクドナルドでさえそうなのなら、缶コーヒー等を\50台で売る事もあるダイエーなのですから、むべなるかな」と言う事ではないでしょうか?

 尚、「現在も経営しているということが買収に即直結しているか?」の法的解釈等に関しては法律のスレで、再度質問されたら如何でしょうか? 私は経済学部在学中、会社法関係の授業を受けた経験ゼロですから、殆ど自身無しです。
 
 最後に、マイカルは廃業同然と記憶していますし、そごうは西武(百貨店)と経営統合したニュースは耳にしましたが、ダイエーの場合程にカキコむネタ(苦笑)を仕入れていませんので?ご了承下さいね。 では・・・

(NO1453378の質問に対する2つの回答がより詳細ですから、そちらも参照される事をお勧めします。)

 さて、ダイエーを中心に話を進行して見ますが、「土地神話」が半永久的に続くと過信し過ぎ、銀行(金融機関)から、借金し、その資金で不動産(店舗、敷地)を買い込み、大規模にスーパー網を展開した訳です。
 確かに不動産価格が上がり続ける局面ではこの手法は粗正しい、と言えますし、不動産の含み益(買値と時価の差とのプラス分)がある時には、それも担保に更なる銀行からの借入をバネに雪だるま式に店舗網...続きを読む

Qマイカルについて

マイカルはつぶれてイオンに買収されたんですか?

マイカルという名前の店舗はどうなったのですか?

マイカルの株主は損をしたのですか?

なぜマイカルはつぶれたのですか?

いずれかご存じの方がいたら教えてください。
または参考URLを教えてください。

Aベストアンサー

  こんにちは。

 マイカルは2001年9月に民事再生法により倒産しました。これは関連企業が多く、連鎖倒産を防止したことにもより、再生の道を選んだことになります。
 2001年11月にはイオンがスポンサーとなり民事再生法が中止となり、会社更生法の適用を受けました。そして同11月にイオンの完全子会社化とされました。
 その後2005年12月31日に会社更生法が終了しています。

 これらの経緯について詳しく書かれたサイトを貼っておきます。
 

 また、マイカルの倒産については、専門家が解説しているサイトもありました。

 経営危機による信用格付け会社の信用格付けで、注意を促していたにも関わらず、メインバンクが効果的な支援を行わなかったものによるところが大きいと解説しています。


 ともに詳しく解説したサイトを貼っておきます。
参考までにどうぞ↓

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%AB,http://www.the-naguri.com/kita/kita39.html

  こんにちは。

 マイカルは2001年9月に民事再生法により倒産しました。これは関連企業が多く、連鎖倒産を防止したことにもより、再生の道を選んだことになります。
 2001年11月にはイオンがスポンサーとなり民事再生法が中止となり、会社更生法の適用を受けました。そして同11月にイオンの完全子会社化とされました。
 その後2005年12月31日に会社更生法が終了しています。

 これらの経緯について詳しく書かれたサイトを貼っておきます。
 

 また、マイカルの倒産については、専門家が解説し...続きを読む

Qダイエーの破綻・・・破綻ってどういうこと?

ダイエーが破綻というニュースを過去に見たことがありますが、産業活力再生特別措置法が適用されたことが破綻という言い方になったのでしょうか?

産業活力再生特別措置法の適用会社は、全て破綻しているというのでしょうか?

Aベストアンサー

この法律を適用して破綻に追い込んだのでしょう。
赤字を抱える企業はいくらでもあります。

個人でも住宅ローンを抱えていれば、明日ローンの全額を返せといわれたら、返せませんね。でも毎年の収入から少しずつ返すなら全額返せますね。返済を強要すれば、家を競売にかけても、ローン金額に及ばず、自己破産にならざるを得ませんね。住宅ローンは25年とか35年で返却すれば良いということですね。

ところが企業の場合の借り入れは、工場や生産機械や店舗を作るために銀行からお金を借りた場合、投資に回した借入金が利益を生むには時間がかかります。投資してから数年間は赤字敬遠が続くのが普通です。中小企業でも注文を受けると原材料を購入するために銀行を借り入れ、材料を買い入れ、完成品を作り、それを発注元に引き渡してから、代金を受け取ります。材料を購入するにも、製品の代金を受け取るのも手形決済となります。つまり1年後に決済されるわけで、手形を換金するには本来の手形の額面の金額より割り引かれた現金にしかなりません。代金が入って初めて、銀行からの借り入れ金の返済と従業員に支払う給料と会社の利益となるわけです。ですから、企業にとって借り入れから返済までの間は赤字経営となるわけです。慢性的にこのようなことが行われるのが企業経営です。企業の借り入れは、銀行ローンのような長期借り入れでなく1年~5年といった返済期間となっていますので、ある日急に、借り入れを断られ、かこの借入金を全額返済するよう強制された場合、殆どの企業が倒産するでしょうね。

これを政治的圧力や産業活力再生特別措置法を適用されたら、投資が回収されていない通常の企業は、再生特別措置法を受け入れざるを得ないでしょうね。これを破綻といっているわけです。

ダイエイの破綻で首都圏、大阪圏、九州の店舗は食料品だけに業態縮小、その他の地域の店舗は閉鎖で、ダイエイという企業が規模縮小して、売り払った地方の店舗の資産を売り払えば何とか、規模縮小されたダイエイは残るかもしれませんが、多くの店舗の沢山の従業員とその家族が解雇され不幸な失業者家族となり、沢山の不幸が発生するわけです。生活の手段を失う人々が大量に発生するよう政府の企業再生のやり方はおかしいですね。
これまでの銀行の再生、郵政の民営化も、企業の経営は黒字になり、企業経営サイドから見た場合は、再生したことで万事OKということですが、半数以上の従業員がリストラされ、残った従業員は従来の利益を確保するためにリストラされた人々の分の業務も押し付けられる労働強化やサービス残業が強要されることが行われているのが実態ですね。JR民営化でJR福知山線の脱線事故も労働強化の結果と無関係でないでしょうね。

企業経営は、風評だけで破綻します。あの銀行は破綻しそうだ。早く預金を下ろさないと下ろせなくなるとか。
あの企業は経営状態が悪いといううわさが立つと、他の企業との取引ができなくなったり、銀行がお金を貸さなくなって、本当に倒産に追い込まれます。

この法律を適用して破綻に追い込んだのでしょう。
赤字を抱える企業はいくらでもあります。

個人でも住宅ローンを抱えていれば、明日ローンの全額を返せといわれたら、返せませんね。でも毎年の収入から少しずつ返すなら全額返せますね。返済を強要すれば、家を競売にかけても、ローン金額に及ばず、自己破産にならざるを得ませんね。住宅ローンは25年とか35年で返却すれば良いということですね。

ところが企業の場合の借り入れは、工場や生産機械や店舗を作るために銀行からお金を借りた場合、投資に...続きを読む

Qマイカルグループのマイカルって

マイカルグループのマイカルってどのような由来があるのでしょう。

Aベストアンサー

ニチイがCI戦略の一環として、社名変更をしたのが現在の「マイカル」です。マイカルは「MYCAL」と書きますが、これは同社の経営哲学である
「若々しく健康的で快適な生活」
を英文化した
「Young&Young Mind Casual Amenity Life」
の頭文字を組み合わせたものを社名としたらしいです。

Qダイエーはなぜ破綻したのでしょうか?

経営再建中のダイエーは、以前は日本一のスーパーに成長し、プロ野球チームの選手達の年俸の上昇率からも、凄くお金持ちで経営は順調だったように思ったのですが、いきなり悪くなったような気がします。
いきなり悪くなったのではなく、以前から財政状態は悪かったのでしょうか?
安売りで、規模は大きくなったが利益は余り無かったのでしょうか?

Aベストアンサー

私も新聞や週刊誌で読んだだけですけど、ダイエーの店舗は土地を購入して、その土地を担保に融資を受けて土地を買って出店し、その土地を担保に融資を受けて・・・、というシステムで展開していました。
バブル経済で、土地の値段は下がらないという神話の上に成り立った方法ですから、バブルがはじけて土地の価格が下がれば銀行は金を貸しませんし、追加担保を求めますから、早晩資金ショートします。
また、時代的に郊外に広い駐車場をもった大型店舗の時代に突入したのに、ダイエーは都市型の古い店舗が多く、改装費用も底をつき、お客のニーズから離れていって破綻したということと思います。

Qマイカルについて

マイカルが倒産しましたが今後どうなるのでしょうか?マイカルに対する債権や、従業員給与等。さらに株は?

Aベストアンサー

まず、従業員についてはしばらくは今のままですが、これからは利の少ない店舗の閉鎖をし、従業員の一部?は解雇されます。また、主力店舗は他社へ売却されたり、自社で再建のための店舗として営業を続けたりと様々でしょう。

マイカルに対する債権は、民事再生法が適応できれば、
再生法の債権処理に基づいて処理されます。
また、支援企業を探すことにもなるでしょう。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji19.html

株ですが、これからは整理期間に入ります。かみ切れ同然の価格で取引というより売却されます。

今の時点では、まだ枠組みなどは決まってませんから、はっきりとどうなるかは分かりません。これからを見るしかないですね。

Qマイカルとダイエー

マイカルは会社更生法で破産した(?)のに、ダイエーは産業再生法で債権放棄や債務の株式化がされるのでしょうか?産業再生法は破産ではないんですよね?なぜマイカルは産業再生法によって債権放棄がおこなわれなかったのでしょうか?あと、債券の株式化(デット・エクイティ・スワップ)とは何なのでしょうか?ふと、最近の新聞を読んでて疑問に思いました。どうか回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ダイエーはかなり前から銀行管理の状態にあります。ですから、倒産させるも援助しつづけるも銀行の方針次第なのですが、結局、倒産させた場合の方が影響が大きい事、要求していた既存店の活性化があるていどできたことから、銀行の支援下での再生となりました。
ここで会社更生法を適用すると、一旦全体のお金の流れを停止させ、負債と財産を数える作業に入りますから、再建にマイナスになるだけでなく、回収できる融資が減ってしまう可能性もあります。

マイカルの場合は、銀行は一旦倒産(会社更生法)させ、自行(メインは1行です)とその他の債務を確定してから再建する方針だったのですが、管財人によって首が飛ばされるのを嫌った経営者が米大手小売店との提携に賭けて民事再生法を選びました。

債権の株式化は、簡単に言えば借金を出資に振り替えてもらう事です.

Qマイカルについて

マイカルは土地建物について賃貸物件が多いのですがこの場合の大家に払う賃料というのは優先順位でいうとどうなんでしょうか?民事再生法によればまず営業に必要なキャッシュフローの確保が最優先されると聞いていますが、物件の賃料については、どうなるのでしょうか?
 マイカルが今回民事再生法の申請をしていますが、これは私と実質賃借人であるマイカルとの解除条件なのです。しかしながらマイカル100%出資の子会社が直接の賃借人となっています。マイカルは賃貸契約上は連帯保証人なのです。子会社はマイカルの100%出資のペーパーカンパニーなのですが、親会社たるマイカルの倒産は当然に子会社のペーパーカンパニーの倒産と同義とも思えず、即解除という用件は満たせないように思えるのですが。親会社のマイカルの倒産は子会社のペーパーカンパニーも倒産したのと同義なのでしょうか?また、このペーパーカンパニーの子会社についても会社更生法や民事再生法の申請をしないと倒産したことにならないのでしょうか?とにかくこのペーパーカンパニーが倒産してくれないと、敷金返還による資金繰りの悪化による連鎖倒産をまぬがれないだけに大変困っています。どなたさまかよい知恵をお貸しくださいますようお願い申し上げます。

マイカルは土地建物について賃貸物件が多いのですがこの場合の大家に払う賃料というのは優先順位でいうとどうなんでしょうか?民事再生法によればまず営業に必要なキャッシュフローの確保が最優先されると聞いていますが、物件の賃料については、どうなるのでしょうか?
 マイカルが今回民事再生法の申請をしていますが、これは私と実質賃借人であるマイカルとの解除条件なのです。しかしながらマイカル100%出資の子会社が直接の賃借人となっています。マイカルは賃貸契約上は連帯保証人なのです。子会社は...続きを読む

Aベストアンサー

この場合の大家に払う賃料というのは優先順位でいうとどうなんでしょうか>
 賃貸人は、賃借人の事情にかかわらず、賃料の入金がなければ、契約を解除できます。相手が民事再生法の適用を受けても、賃貸人には直接関係ありません。事実上、賃借人がその場所で営業しようとすれば、賃料を最優先して支払わうことになります。当然、現契約書に従がうことになりますが、賃料の支払いがなくなったときには、解約の申し入れをして、保証金(敷金)の精算をすることになります。
 自己破産の場合でも、弁護士は破産者に対して、家賃の支払いだけは延滞せずに払うよう指導します。

Qギリシャはなぜ財政破綻したのですか?また、日本が財政破綻する可能性はどのくらいありますか?

ギリシャはなぜ財政破綻したのですか?
また、日本が財政破綻する可能性はどのくらいありますか?

Aベストアンサー

>ギリシャはなぜ財政破綻したのですか?

・自国の能力以上のお金を他国に借り返済できなくなった。

・収入がない(脱税が多い)

・支出が多い(1/4が公務員)

>また、日本が財政破綻する可能性はどのくらいありますか?

・比べて、日本の借金先は国民(国債)

可能性については、なんとも・・・・
http://matome.naver.jp/odai/2138198427051103601


人気Q&Aランキング

おすすめ情報