『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

我が子は小学1年生。
学校でもプールの授業がありますが、浮くのが怖いといいます。顔をつけるのは怖くないのですが。
実際プールに連れて行って、体を持って浮かせようとしてもすぐに立とうとしてなかなかうまくできません。
どうすれば自分で浮けるようになるでしょうか。
浮けるようになると泳ぐこともできると思うのですが。
よい方法があればお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

アメリカで専業ではないですがアスレチックトレーニングを教えている者です。



#6のhakkeiのやり方が一番心理的に向いていると思います.

こちらでは、1歳になる前の子供をプール(もちろん足の届かない深さです)に投げ入れるといってもいいほどのやり方で水の中に入れます.

つまり、浮かばせようと教えるよりも、水の中で行動をさせることによって、水は意気さえコントロールすれば、危険ではない、ということを教えるんですね.

もちろんこれは、まだ、体の自由が利かない、また、思想観念が出来上がっていない幼児だからできることで、幼稚園生/小学生となると、いろいろな面で問題が起こってきます

まず、強制しない事が大切な事です. つまり、泳がせようとしないことですね.

水に慣れさせる. つまり、人間の体とは、水に浮かぶ物だと言う事を体で感じる事. これは非常に大切な事で、幼児に泳ぎを教える事と同じように、背泳ぎの形で水に浮かべます. 

幼稚園生/小学生は、大人が2人で、一人は頭の後ろに立ち肩(頭ではなく)を支え、もう一人は横に立ちお尻を支えます. 足首や膝では、この段階では、お尻(頭とお尻が一番比重の高いからだの部分)が下がってしまいます。背筋を使って体をまっすぐにするということが分かっていないのですね.

これで、口はいつも上をもいていますので、足の届かないところでの恐怖を除くことになります。

徐々に、お尻を支えを減らしていき、肩から、頭、そして、腕を上げた状況にして腕を持つように変えていきます.

これらをするときに、肩のところにいる人は、後ろ向きに歩く事になります. (足をばたばたさせてもかまいません)

酋3回、一回一時間のペースだと、1ヶ月で、自分は浮かぶ事ができるんだとからで感じてしまいます.

4週間目ほどから、体を裏返しにして、平泳ぎを数分勘だけ、トライさせ、顔が水に向いていても、顔を自ら上げておくことができるんだ、ということに気がつかせます.

また、胸式呼吸ではなく、腹式呼吸をさせ、肋膜を下げられるようにすることも、また、体の比重がお知りのほうへ軽くなっていきますので、浮かぶ、という自信が自然についていく事にもなります.

とにかく、やらせようとするのではなく、自然に「体験させる」と言う姿勢で入る事が大切です. よって、hakkeiさんが経験したやり方というのは、私にとっては、当然なやり方と思うわけです

これでいかがでしょうか。 分からない点がありましたら、また、補足質問してください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

Ganbatteruyoさんありがとうございます。
非常に詳しい説明、よく分かりました。

お礼日時:2003/09/02 20:34

こんにちは。

3つのクラブで指導経験があります。

大概、どこのクラブでも顔がつけれるようになったら
次の段階は「潜ること」です。
ここで言う「顔がつけれる」というのは、鼻から息を吐けるという事まで含みます。

No5の方のおっしゃる通り、あえて浮かばせない事は大事です。
潜ってしまいさえすれば、子供の体は大人よりも浮かびやすいですから、自然に浮かんできます。
逆に推進力の無い状態でプールの底に沈み続けている方が難しいはずです。

最初は伏し浮きよりも背浮きが良いと思います。
プールの壁につかまった状態から、壁を蹴ってスタートします。
何もないところからいきなり浮かせるよりも推進力をつけた方が浮いている感覚を掴みやすいと思います。
しっかりと子供さんの背後について、補助してあげてください。
腰と首のあたりを支えてやる様な補助が良いでしょう。

浮いている時の子供さんの手は横に広げる感じのほうがバランスを取りやすいと思います。

出来る様になってきたら伏し浮きで顔をつけた状態でも浮かべるように練習していってください。

大事な事は脱力すること、そのために子供が力んでしまうような事は言わない、そういう雰囲気で練習しない、ということが一番大事です。
子供には感覚的に教えていくしかないですから、
とにかく反復して練習します。
飽きてしまわないような工夫も大事だと思います。
遊びの延長という感覚で練習させてあげて下さい。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

sekito_1978さんありがとうございます。
よく分かりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆さん、いろいろとご助言いただき本当にありがとうございました。
皆さんに「良回答」をさしあげたいところですが、規定上そのようにできず申し訳ございません。

お礼日時:2003/09/02 20:36

幼稚園年長組の息子がこの夏泳げるようになりました。

やはり水を怖がる子でした。お役に立つかどうか分かりませんが、経験談をお話します。

ウチの場合は、幼児用プールの壁際で水の中に正座することから始めました。正座して水の中で「あっちむけほい」やら「にらめっこ」をするのです。

また、同じように正座して指を折りながらどっちが長くつかっていられるか競争したりもしました。

その次は、正座の状態から前に手をついて、四つんばいで水の中を歩かせました。この時、ともすると身体が自然に浮いてくるので、わざと「絶対に浮いちゃダメだよ」と注意をしていました。

そうしてから、潜水艦ごっこにとりかかりました。壁を背にした正座の状態で、前に手をつかせて、壁を蹴って水中を進むのです。このときのルールも「絶対に浮いてはいけない」ということにしました。でも、これ慣れてくると、自然に浮いてしまうんですよね、どうしても。

ここまで来ると、あとは早かったです。バタ足を覚えると、水中でバタ足しながら、本人は潜っているつもりなんですけど、すぐに身体が浮いてきてバタバタと足だけで泳いでました。もちろん、息継ぎなしで。

こうして、6月の最初の土曜日から始めて、毎週土曜日に区民プールで親子二人ワイワイやっているうちに、7月の始めにはクロールに挑戦できるようになりました。

間違っているかもしれませんが、あえて浮かそうとしなかったことが良かったと思っています。ひたすら潜る練習(遊び)をしました。潜ることに慣れれば、人間自然に身体は浮くものですからね。

親ばかの子自慢かもしれませんが、何かのお役に立てれば幸いです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

hakkeiさんありがとうございます。
潜水艦ごっこ、いいですね!

お礼日時:2003/09/02 20:32

浮くのが怖いのは、浮いていられずに溺れる、潜るとういう恐怖心があるからで、足が床に付いていないことから来ています。


まずはしゃがんで頭まで潜る練習、慣れたら目を開ける、次にそのままの姿勢で足を床から離し、水中でダルマポーズ等で浮遊する練習。ここまでできれば水中に潜ることに慣れるので、浮く練習をしてみてください。恐怖心のある間はかならず足の付くプールで行って、立てば息ができるという安心感を与えましょう。
まだ1年生なので急ぐことはないと思います。自然に泳げるようになるものです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

goosnさんありがとうございます。
ご指摘の通り、まずは頭までもぐる練習からさせていきたいと思います。

お礼日時:2003/09/02 20:31

参考になるといいのですが。

。。

>実際プールに連れて行って、体を持って浮かせようとしても

と、ありますがどのように浮かせようとしたのでしょうか?お子さんと向き合うようにして肩を持たせます。右手は左肩に、左手は右肩に。ゆっくりわき腹を持って水平姿勢を作る。足をバタバタさせて、バタ足の姿勢を作ってみましょう。はじめは、顔をつけずにおしゃべりしながら。。。atsusakiさんが、お子さんを右に左に揺らしてあげてもいいでしょう。慣れてきたら、顔をつけてブクブクパーとしてみる頃には、わき腹においた手は必要ないでしょう。

こんな感じで浮く感覚を覚えてみるのはいかがでしょうか?慣れたら、ビート板を使ってみてくださいね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

dobusukeさんありがとうございます。
一度やってみようと思います。

お礼日時:2003/09/02 20:29

顔をつけるのは怖くないということなので、水が怖いというより、”浮く”という今まで生きてきた中で初めての経験なのでそれに抵抗があるのかもしれませんね。


それでは浮かせる、じゃなくて、沈まないような、自然に浮くようにしてあげると抵抗感が消えるかもしれないですね。
その手助けをしてくれるグッズがあります。
小さい子専用のもので両腕に小さな浮き輪をつける器具アームリングや、ビート板、浮き輪(大きさに注意して下さい)等で、自然にからだが浮くようにしたら、きっと抵抗も少なくなり、およぎにもつながってくると思います。

ただ、浮き輪等つけていてもくれぐれも目は離さないようにして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hosanaさんありがとうございます。
おっしゃる通り、浮かせようとするから抵抗感を感じさせるのでしょうね。

お礼日時:2003/09/02 20:28

私自身の経験です。


私も小さい頃は2度溺れたことがあり、
「水に浮く」ことが怖くて仕方ありませんでした。

そんな私が水に浮くことができるようになった方法は、
(1) 水に顔をつけることができるのなら、水に潜る練習をする。(そのまましゃがむだけ)
(2) しゃがむことができたら手をひざに回し(いわゆる体育座り)をする。(一部では「だるまさん」と言われている。)
(3) そうすると自然にお尻から浮き上がってきます!
(4) 浮き上がったところで手足を伸ばしてみる。

これで浮かぶことはできました。
あとは手足をバタバタすると前に進みました。
でも、息継ぎは今でもできません...
参考になれば幸いです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

minorunさんありがとうございます。
もぐる練習をするというのは効果がありそうですね。

お礼日時:2003/09/02 20:26

 我が子の体験談から、親では甘えが出るので思い切ってスイミングスクールに行かせました。


 クラスメートも多くいて、競争心も出て自覚していきました。(泳げないのが恥ずかしい)
 この手は、上手く行きました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

totorokunさんありがとうございます。
やっぱりスクールですかねえ。

お礼日時:2003/09/02 20:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年長児、スイミングで半年間進級できない。

年長になってからスイミングスクールに週1回通い始めた6歳の息子がおります。
あまりプールに入った経験がなかったので水慣れから始め、
今はふしうきを練習するクラスに通っております。

そのスイミングスクールは2ヶ月に1回しか進級するチャンスがなく、
息子はふしうきのクラスでテストに2回失敗し、
結局半年間同じ練習を繰り返す事になってしまいました。

2回目のテストの時は体調不良でお休みをしていたので、
前回の通常のレッスンの終わりにテストを受ける事になっていました。
レッスンの初めから終わりまで見ていたのですが、
息子はこちらにガッツポーズをしてくるほど絶好調な様子で、
たまに失敗はしてももう1度コーチに促されると上手にできているように見えました。
レッスンの最後の方で他の子供達がお手洗いに行ったので、
息子はほぼコーチとマンツーマン状態になり、
私は普通にレッスンを受けているのだと見ていたら実はそれがテストだったようで、
そこで何かがダメで不合格になってしまいました。

気合を入れて臨んでいたのでレッスンが終わって出てきた息子はショックを受けた様子でした。
「何がダメだったのかわからない。何を頑張れば合格できるのかわからない」と言われ、
見ていた私も何が問題だったのかわからず、その場は「次また頑張ろう」と帰りました。
実際はレッスン後コーチと何か話をしていましたが、
息子が理解力がないのかよくわかっていないようでした。

テストに落ちる事はもちろんあると思います。
上達にも個人差はあると思うので、なかなか進級できない事も十分あり得ると思うのですが
もっと難しいバタ足やクロールなどの泳ぎ方の段階でそうなるならまだしも、
ふしうきの段階で半年間も同じ練習を繰り返さないといけないという事に
なんだかモヤモヤとした気持ちがあります。
それは「出来ているふうに見えたのにどうしてダメだったんだろう」という気持ちと、
「まだスタートしたばかりのこの段階で躓いてしまうなんて、
うちの子は水泳が特別苦手なのだろうか」という気持ちと両方です。

また2ヶ月同じ繰り返しになるので次のテストこそは合格したいと思い、
息子はコーチからのアドバイスを理解できていないようだったので
どこかダメだったのか、どこを改善すれば合格できるのか、
私からコーチにアドバイスを求める事にしました。
しかし、こんな初期の段階で半年間も停滞する事はよくある事なのでしょうか?

子供を別のスイミングスクールに通わせている人にこの話をすると、
「前回テストに失敗したんだったら、コーチが次回は合格できるよう
注意してレッスンしてくれてもいいんじゃないか?
スクールがのんびりとした方針なのかも?」と言われました。
確かにそのスクールは「なかなか上達しない」と他のスクールに移って行かれる方もいますし、
逆に「コーチが優しいからここがいい」と移って来られる方もいます。
お子さんをスイミングスクールに通わせたご経験のある方、
このようなパターンだとどのようにお感じになりますか?

年長になってからスイミングスクールに週1回通い始めた6歳の息子がおります。
あまりプールに入った経験がなかったので水慣れから始め、
今はふしうきを練習するクラスに通っております。

そのスイミングスクールは2ヶ月に1回しか進級するチャンスがなく、
息子はふしうきのクラスでテストに2回失敗し、
結局半年間同じ練習を繰り返す事になってしまいました。

2回目のテストの時は体調不良でお休みをしていたので、
前回の通常のレッスンの終わりにテストを受ける事になっていました。
レッスンの初めから終わ...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。
そう・・・ですか、’けのび’を’ふしうき’では全然ちがいますね。

子供二人を長年、スクールに通わせて、上の娘はいまだに泳いで、実業団で選手してます。

それぞれの、ステップにはどうしても譲れないというハードルがあって、
ただ浮いて、進めばいいのではなく、その’姿勢’が問題です。

腕も伸ばせばいいのではなく、きちんと、後頭部に、前に出した手は重ねて、
顎をひく、
更に、たぶん、5mは進まないとダメでしょう。

ありがちなのが、頭を挟んだだけ、つまり、耳の位置より腕が後ろに行かない。
出した手が万歳になり、手を重ねられない。
そして、力が入ると、下半身が沈んで、前に進まず、蹴っても、距離が不足する。

6歳だと十分、腕は後頭部に運べますし、手も前で重ねられる。
4歳以前だと、体型によっては、’ウサギのおみみ’状態にしかならず、ほほえましいのですが。

今一度、伸ばした腕が後頭部にあるかどうか、ただ頭を挟んでおしまいではないか。
手はきちんとかさねて離れないか。
これができれば自動的にあごは引いていることになります。

更に、けのびするときに、上に向かってではなく、後頭部にきちんと腕があると、
やや下向きに’出る’ことになるので、距離を稼げる。
リラックスして、焦らずに、身を、水にまかせると、浮き上がるまで’すすむ’、それがけのびです。

重力で落ちながら、浮力で浮くのだそうです。
だから、下に底に向かって進みつつ、実は体全体は浮き上がるようにできている。
鈴木大地はけのびで25m進むそうです(娘情報)

水泳の基本なので、体を十分に伸ばし、素直に水になじむことです。

級は・・・進まないとがっかりすることもあるでしょうが、結果的にきちんと教わることってないでしょう?
だから、体で覚えることほど、基礎を叩き込んでおけるときに、やると、一番効果的です。

早く結果を、早く昇級をと焦っても、実がなければ、月謝の無駄ですから、
ここは気を長く、実を求めるべきだと。

#2です。
そう・・・ですか、’けのび’を’ふしうき’では全然ちがいますね。

子供二人を長年、スクールに通わせて、上の娘はいまだに泳いで、実業団で選手してます。

それぞれの、ステップにはどうしても譲れないというハードルがあって、
ただ浮いて、進めばいいのではなく、その’姿勢’が問題です。

腕も伸ばせばいいのではなく、きちんと、後頭部に、前に出した手は重ねて、
顎をひく、
更に、たぶん、5mは進まないとダメでしょう。

ありがちなのが、頭を挟んだだけ、つまり、耳の位置より腕が後ろに行か...続きを読む

Q子どもが楽しめる水遊びを教えてください!!

またまた質問なのですが、今教育実習で、子どもが楽しめそうな遊びを毎日考えて行っています。
どうしても、子ども(5歳児)が楽しめそうな水遊びが思いつきません。一つは、しょうゆを入れるお魚の容器をプールに入れて、金魚すくいをするという遊びを知っているのですが、他になかなか楽しそうな遊びが思いつきません。どうかアイデアをお願いします!!

Aベストアンサー

元、保育士であり、今、自分の子供が丁度5才児(年長)の者です。

今の時期に大きいプールに入っているということは、
1年中通して温水プールか何かで、かなり経験の有る子達と
捉えて良いのでしょうか?
「水あそび」と言っても、沐浴代わりにチャプチャプする程度から、
本格的に潜るようなあそびまで、様々ですよ。

まず教育実習なので、じっくり考えなくてはいけないのは、
今回の実習目標やテーマです。
それはnatsu725さんがおひとりで出す結論ではなくて、
実習する子達がどんな経緯をたどってきたのか?
また、今、子ども達に課せられていることは?、、、等が
大きく関与しますので、是非担任の先生に伺ったり相談しましょう。
その後、目標を達成するための導入方法やあそびを、
具体化していけば良いと思います。

水に慣れていない子が多く、慣れることが目標だったら、
小ぶりなカラーボールをたくさん浮かべ、
2人ぐらい決めた鬼の頭に軽めのカゴを付けて逃げさせ、
そのカゴの中にボールを入れるゲームとかは如何でしょう?
ボールがたくさん用意出来なければ、
ビニールやプラスチック製の小さめの玩具でも代用出来ます。
(但し、必ず浮くことを確認してくださいね)

また、バタ足を強化したければ、長めのハッポー材を2つ用意し、
横並びに(ビート板のように)4~5人で持たせ、
よ~いドンでバタ足で進ませ、競争させるのも大変喜びます。

もっと潜ることまで出来るようだったら、
フラフープを横にし、くぐってあちらへ行くあそびとか、
(イルカになってくぐってみよう!とか
模倣あそびでやると良いですね)
好きな言葉を選んでもらって、その文字数の分、
顔をつける練習をするとか。
(例えば「ウ・ル・ト・ラ・マ・ン、で頑張ってみよう」とかね)

5才にもなると、多少のゲーム性やルールといったものを把握し、
そういったあそびで盛り上がれます。
すこしずつ気持ちが高まっていくような順序や内容も考え、
出来ればそれにストーリー性もつけると良いでしょう!!!
(海賊船で色んなところを探検しようとか、
サファリ動物園巡りをしようとか、、、ね)

しかし、一方ではプール特有の危険性もあります。
ルールをきちんと決め、伝えていかないと、
大変なことになる可能性もあります。
特に子どもがふざけそうなシーンでは、要注意です。
そういった配慮を充分にしながら、
最後には自由あそび等の時間を設け、
水あそびの楽しさを知ってもらうことが、一番重要でしょうね。
是非、頑張ってくださいね♪

元、保育士であり、今、自分の子供が丁度5才児(年長)の者です。

今の時期に大きいプールに入っているということは、
1年中通して温水プールか何かで、かなり経験の有る子達と
捉えて良いのでしょうか?
「水あそび」と言っても、沐浴代わりにチャプチャプする程度から、
本格的に潜るようなあそびまで、様々ですよ。

まず教育実習なので、じっくり考えなくてはいけないのは、
今回の実習目標やテーマです。
それはnatsu725さんがおひとりで出す結論ではなくて、
実習する子達がどんな経緯をたどってき...続きを読む

Q水を怖がる子供達

小学校3年生の水泳授業でまだ水に顔をつけられない子供がいます。今のところはプールの中でおいかけっこや水かけなどをして遊んでいるのですが、その先水を怖がらずに指導していくにはどうしたら良いのでしょうか?ちなみに今年の目標は「水の中で目が開けられる!」です。みなさんお願いします!

Aベストアンサー

呼吸の仕方も大切ですが,まず,とにかく「水は怖い」という先入観を取ることが大事ですよね。私は,昨年,泳げない,水が怖いという子どもが7から8人いた3年生を,夏が終わる頃には全員泳げるようにしました。参考になれば嬉しいです。

水中で目を開けるというのは,意外と子どもには,レベルの高い行為です。
息継ぎをして泳げる子どもでも,目を開けられない子どもはけっこういますね。

プールの中で子どもを抱っこしたり,おんぶしたりスキンシップはしていますか?
顔付けは,まず,自分で水をすくって顔を洗う,頭から水をたっぷりかける(100倍になって返ってきますが),先生も一緒に入って手をつないで1秒だけでもいいから顔をつけさせてみる,などをしてみましょう。それから,「顔をつける」ことばかりの内容だと,子どもも飽きるし,余計水嫌いにしてしまうので,できれば低学年用プールで「アザラシ歩き」手をプールの底について顔は出し,脚を後ろに伸ばしてヨチヨチ歩きましょう。先生も一緒に。
本当に水が怖い子どもは,脚がプールの底から離せません。そういう子どもは水中腹ばいになる状態に子どもを抱っこします。脚が離せたら,とにかく歩き回り,子どもが手が離せないのをいいことに,顔に水をかけたり。
これをクリアしたら,ここまでおいでとかいって先生が手を広げて待ち構えたところまで,壁を蹴らせて倒れこませます。何度もやるうちに,距離を離し,勢いに乗って顔もつけさせてみます「ここまでだよ,頑張って」とか言いながら,ちゃんと抱きとめてくれると分かれば,子どもはガンバリ,ほとんどの子どもはいつの間にか泳いでしまいます(厳密には,浮くだけですが,泳げた,泳げたと大げさに喜びましょう)。
目を開けさせるのは,ある程度長い時間(5秒以上)付けられるようになってから,じゃんけんや絵カードを使ってみるといいです。

子どもが怖がったら,やめてみる,いけそうならちょっとレベルアップするという感じでやってみてください。45分いっぱいではなく,こういう子どもに対しては,自由遊びを多くし,これは,10分ぐらいで。あせらずに何日かかけて励まし励ましやってみましょう。
あ,天気が良く,「水が恋しい~」と心から思える日にやりましょう。

呼吸の仕方も大切ですが,まず,とにかく「水は怖い」という先入観を取ることが大事ですよね。私は,昨年,泳げない,水が怖いという子どもが7から8人いた3年生を,夏が終わる頃には全員泳げるようにしました。参考になれば嬉しいです。

水中で目を開けるというのは,意外と子どもには,レベルの高い行為です。
息継ぎをして泳げる子どもでも,目を開けられない子どもはけっこういますね。

プールの中で子どもを抱っこしたり,おんぶしたりスキンシップはしていますか?
顔付けは,まず,自分で水をす...続きを読む

Q泳げない子が泳げるようになるまで

年長の男の子ですが、小さな頃から水を怖がってスイミングスクールどころか、足首程度のベビープールも怖がっていたので、4歳頃の夏から徐々に馴らして、昨年夏は浮輪+ライフジャケットで、足の着かない深さの海でシュノーケリングができるまでになりました。
(普通のプールでは水に顔をつけられますが、目は開けられません…。)

ですが、今年の夏の短期水泳教室は嫌がり、まだ脱浮輪ができない状態です。
先日相談したら、浮輪付けてプールで遊ぶのは楽しいけれど、泳ぐのは怖い、熱帯魚が見られる海なら深くても浮輪付けてまた入りたい!とのことです。

今年はプール遊びはするつもりですが、海は色々気にかかることがあるので行く予定にありません。

水泳教室は拒否されたので、父親に少しでも特訓してもらえるようにお願いしてみましたが、親だと多分甘えてうまくいかない可能性大です。もっとも、上手に教えられるかも疑問ですが。

なんとか、クロール25mは泳げるようになってほしいものですが、どうすればいいのでしょうか。
水泳教室に無理やり入れたとして、週1回通って、どれくらいでその程度泳げるようになるものですか?

年長の男の子ですが、小さな頃から水を怖がってスイミングスクールどころか、足首程度のベビープールも怖がっていたので、4歳頃の夏から徐々に馴らして、昨年夏は浮輪+ライフジャケットで、足の着かない深さの海でシュノーケリングができるまでになりました。
(普通のプールでは水に顔をつけられますが、目は開けられません…。)

ですが、今年の夏の短期水泳教室は嫌がり、まだ脱浮輪ができない状態です。
先日相談したら、浮輪付けてプールで遊ぶのは楽しいけれど、泳ぐのは怖い、熱帯魚が見られる海なら深く...続きを読む

Aベストアンサー

プールで顔をつけられるのでしたら、大丈夫です、泳げるようになりますよ。
水泳教室に無理やり入っても、泳げる子と泳げな子と分かれます。
好きな子は、どんどん伸びるし、嫌々入った子は、1年たっても25mは泳げません。

うちの子は、水泳教室には入らずに年長の時に8mですが、泳げるようになりました。
プールの最初は怖さから、楽しさに変えることです。
怖さを知ることは大切です。でも、水って怖さもあるけど、遊ぶと楽しいということを知れば泳げるようになるんです。
まずは、親子でプールで思いっきり遊びましょう。また行きたい!と言わせることが目的です。

浮輪を使って遊んでいるうちに、年長さんなら、遊んでいるうちに、もしかして泳げるかも??と思いはじめます。
浮輪なしに挑戦してみたくなったら、その時に、お子さんから少し離れて(一歩下がる程度です)
ここまできてごらんと手をのばします。お子さんがジャンプしたと同時に手を差しのべて引いてあげると、少し泳げた気持ちになります。わーすごい、1mも泳げたよ~と誉めます。

まだ、前に進んで泳ぐことは無理なので、親が手を引いてあげることで振り返ると少し進んだ気になるんです。
この繰り返しで、子供がもっと下がっていいよとなったら、どんどん距離を広げることにより、体をまっすぐにすることができます。

水の中で体をまっすぐにできたなら、そのままで浮くことを感じさせます。
最初は親が見本を見せて、体をまっすぐにして浮く。
何秒間まっすぐに浮くことができるのか、数えましょう。

まっすぐに浮くことができたら、手をひいてあげると何メートルも泳げた気分を味わえます。
慣れてきたら、バタ足を教えました。
力が入り過ぎてもダメだけど、大きくバタ足をさせました。

バタ足で8m泳げた時に、クロールや息継ぎの教え方が分からなかったので、水泳教室に入れました。
入れて数か月で25m泳げるようになったのですが、うちの子供よりも前に入った子(数か月前~1年以上前からの子も)よりもどんどん上達したので、水泳教室は無理に入れない方がいいと思いました。もったいないです。
幼稚園児に興味のないことを教えても忘れてしまいます。

プールで顔をつけられるのでしたら、大丈夫です、泳げるようになりますよ。
水泳教室に無理やり入っても、泳げる子と泳げな子と分かれます。
好きな子は、どんどん伸びるし、嫌々入った子は、1年たっても25mは泳げません。

うちの子は、水泳教室には入らずに年長の時に8mですが、泳げるようになりました。
プールの最初は怖さから、楽しさに変えることです。
怖さを知ることは大切です。でも、水って怖さもあるけど、遊ぶと楽しいということを知れば泳げるようになるんです。
まずは、親子でプールで思いっ...続きを読む

Q背浮き

小学1年・男児。スイミングに通っていますが、背浮きが出来ずに何度も検定を落ちています。
いいかげんに進級してほしいし、また落ちたら本人のやる気も萎えてしまいそうです。
母親の私は全く泳げず、持病を持っているので水泳の指導すら受けたことがないので何も力になってあげられません。

低学年にも分かりやすく、泳げない私にも簡単に説明できるようなコツなど、ありましたら伝授して下さいませ。

Aベストアンサー

基本的に人間の体のパーツの大部分は比重が1より大きいので水に沈みますが、大きな肺があるおかげで人間は必ず浮きます。
実は、完全に沈むのはかえって難しくて、たとえばプールの底に腹ばいになるなんていうのは、肺活量を測るときのように息を思い切り吐ききらないと無理です。

背浮きができないというのは、緊張して息を吐いてしまって浮く量が減ってしまっていたり、沈むんじゃないかという恐怖で頭を上げて(頷くようにして)しまって、結果的に足から沈んでしまっている(体が立ち上がってきてしまっている)のだと思います。

息を大きく吸って、浮かんだら真上の天井に息を吹きかけたり、天井を吸い込むようなつもりで口を突き出す(天井とキスするつもり・・とか)ようにすると、自然と頭が沈み気味になり、その分足が浮いてくると思いますよ。
真上を見るというのは、布団(掛け布団を畳んだ上とか)でも練習できると思います。

Q小学校の水泳でけのび・ふしうき

お世話になります!小学1年生で学校のプールで検定があります。けのび5M・ふしうき5秒とありますが。ふしうきは手足を伸ばして顔をつけて5秒浮いている状態だと思うのですが(違っていたら訂正願いします)けのびがよく分かりません。壁を蹴って前に進んで5M泳ぐのだと思いますが足はバタ足でしょうか?蹴っただけでそのままふしうき状態だと5Mは厳しいかな?と練習しながら思ったのですが。周りに聞いても分からないし先生も夏休み中で聞くことが出来ません。来週、検定なのでどうにか教えてあげたいなぁ~と思うのですが。(息子もみんなのを見ているもののよく分かっておらず、、、)もうひとつ5秒もぐるテストもあるのですが何度かプールで練習したのですがもぐってもすぐに頭半分と体がボーっと浮かんで来てしまいますがこれじゃ5秒もぐったことにならないのかな?5秒完全にもぐってるのって難しいですよね・・・。どうかアドバイス願います。

Aベストアンサー

けのび(蹴伸び)とは、仰るとおり「壁を蹴ってそのまま伏し浮きする」ことです。
壁ぎりぎりの位置に立ち、利き足の膝をいっぱいに曲げ、足の裏を壁に付けます。腕は前に伸ばし、軽く両手を付ける(三つ指ついてお帰りなさい、みたいな手)
スタートの時、耳が浸かるくらいに顔を水につけ、床に着いている方の足を利き足に合わせて曲げ、力一杯壁を蹴る。同時に指先からつま先までできるだけ伸ばし、全身の力を抜く。
後は惰性に任せます。
これは平泳ぎのスタート・ターンにもなります。
5メートルくらい、すぐですよ。

もぐる、の基準は先生によって判断が違うでしょう。
要は水を怖がらずに顔を付けていられれば何とかなるでしょう。
よくスイミングスクールでやるのは、沈むモノを(石や輪)を沈めて拾わせます。
足を使わなければ、5秒くらいはかかりますね。

Q小一。プールで潜れるようになるコツを教えてください

小学一年生の娘ですが、学校のプールの授業でクラスで一人だけ
潜ることができず、本人がとても気にしています。

幼稚園時代はプールでは楽しく水遊びするという感じだったので、
一年生になって突然大きな冷たいプールで
潜る練習が始まり戸惑っているようです。
(過去に水で怖い思いをしたということはありません)

個人的にはまだプール開きから一ヶ月半ほどだし、
そんなに焦らなくてもと思うのですが、
今後どんどん遅れを取るとそれもかわいそうかと思っています。
担任の先生からも夏休み中に練習して欲しいと言われています。

短期の水泳教室を検討していますが、
まず自分たちでプールに連れて行って教える時のコツを知りたいです。

ちなみに娘の性格は負けず嫌いなタイプで、
自分だけできないということが悔しくて頑張って練習するのですが、
怖くて思うようにいかず、余計に悔しくなってしまうという感じです。

私自身、二年生まで潜れなかったのでそういう話をしながら
励ましたりしているのですが、できるようにならない限り
本人は納得できないようです。

こうした性格の子にどのように教えると良いでしょうか?
よろしくお願いします。

小学一年生の娘ですが、学校のプールの授業でクラスで一人だけ
潜ることができず、本人がとても気にしています。

幼稚園時代はプールでは楽しく水遊びするという感じだったので、
一年生になって突然大きな冷たいプールで
潜る練習が始まり戸惑っているようです。
(過去に水で怖い思いをしたということはありません)

個人的にはまだプール開きから一ヶ月半ほどだし、
そんなに焦らなくてもと思うのですが、
今後どんどん遅れを取るとそれもかわいそうかと思っています。
担任の先生からも夏休み中に練習して欲...続きを読む

Aベストアンサー

水は胸ほどの高さの所で、
(1)目を閉じて鼻を人差し指と親指でつまみ、頭がかくれるぐらいに沈んでみましょう。
(2)1、2、3、と数を数えながら、何秒息を止めていられるかやってみましょう。
(3)10秒ぐらい息を止めて沈んでいられたら、小石のように落としたら沈むものを、足元に落とし、目をとじたままで良いですので、片手は鼻をつまみ、片手で落とした物をひろってみましょう。
(4)次に、(1)でやったことを目を開けてやってみましょう。
(5)つづけて、(2)と(3)を目を開けてやってみましょう。
(6)上の事ができるようになったら、1メートルほど前の所に小石のように沈むものを投げ、そこまで取りにいきましょう。

いきなり潜るのではなく、手順を追って、やりやすく、楽しみながら取得していくと良いでしょう。
この際、お母様も同じ事をやると、安心感があると思います。

Q4歳の息子に水に顔をつける方法を教えたい!

4歳の息子に水に顔をつける方法を教えたい!

こんにちは。

表題のとおり、4歳の息子にお風呂で“息を止め”水に顔をつける方法を教えようとしたのですが、鼻&口で“息を止める”という表現よりも“息をしない”という動作?行為?が、なかなかできないようで、鼻から息を吸ってしまい、鼻に水が入り、痛くて「もうやだ~っ。」となってしまいました・・・。

小道具(ティッシュとか)を使って息を“する(吸う・吐く)”・“しない(止める)”を目で見て知ってもらうか等色々私なりに考えているのですが・・・。

例えば、スイミングスクールの幼児を教えるインストラクターの方って、どのように教えているのでしょうかねぇ~?

何か良い方法がございましたら、ご教授願えれば幸いでございます。

どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

できるようになってしまうと、なぜできないのかわからないですが、できる人でさえ微妙に鼻の穴に空気を溜めたり少しずつ吐いたりして、水が浸入してこないように無意識の工夫をしています。ただ「止めている」のとはちょっと違うんじゃないでしょうか。

まず鼻をつまんで水にはいれるようにさせてみては?
それで怖くなくなってから次のステップ。

息を思いっきり吸ってから水に顔をつけると、それ以上吸いようがないので鼻からも水入ってこないですよね。止めるんじゃなくて、水の中では少しずつ息を吐き続けるわけです。

僕は今でも、水泳中に水の中で息を止めるというのはしたことがありませんね。
海でもプールでも。
息を吸って水にもぐり、少しずつずーっと鼻や口から息を吐き続けます。
そして顔を上げた時に息を吸い、また水に入ってずっと吐き続けます。
その感覚を教えられればできるようになると思います。

洗面器に顔をつけるとか、お風呂に顔をつけるとかではプールや海で頭を上にしてもぐるより難しいのです。顔が傾くので誰でも気を抜くと水圧で鼻から水が入ってくると思います。
子供なら動転するでしょうね。
その水圧に対抗する程度に、無意識に鼻の穴に空気を溜めて水の浸入をブロックすることで、普通の人は顔を水に付けられています。

できるようになってしまうと、なぜできないのかわからないですが、できる人でさえ微妙に鼻の穴に空気を溜めたり少しずつ吐いたりして、水が浸入してこないように無意識の工夫をしています。ただ「止めている」のとはちょっと違うんじゃないでしょうか。

まず鼻をつまんで水にはいれるようにさせてみては?
それで怖くなくなってから次のステップ。

息を思いっきり吸ってから水に顔をつけると、それ以上吸いようがないので鼻からも水入ってこないですよね。止めるんじゃなくて、水の中では少しずつ息を吐き続ける...続きを読む

Q水泳の指導について

 小学校の教師をしています。現在3年生を担任していますが,水に顔をつけることが出来ない子,ふし浮きが出来ない子がクラスに5人います。

 この子たちに付きっ切りになれば、クラスの大多数の子供たちはほったらかしになるし,この子たちを切り捨てるというのも僕には出来ません。

 去年までの担任は全体を取り,この5人のことはほったらかしだったみたいです。今までは高学年の担任が多く,泳げない子はいても,水に顔も付けられない、ふし浮きが出来ない子を担任した事がありません。

 そこで,水に顔をつけるのが怖い子が,簡単に水に顔を付けられる方法,ふし浮きが簡単に出来る方法があれば教えてください。他の小学校教師に聞いても,根性論ばかりで,やればやるほど逆効果のような気がするので・・・。

Aベストアンサー

 顔を水につけられない子に対しては、とにかく水遊びをしながら、すこしずつ顔に水がかかってします状況をたくさん作り出すといいのではないですか。
 いろんな本に載っている水遊びを参考にしてみてください。

また、学級通信で保護者にお願いしてみるのもいいでしょう。直接、お手紙を書いてお風呂などで協力をお願いしてみてはどうですか。

また、顔をつけられない子どもにふし浮きは、無理でしょう。
「背浮き」から入って、ちょうちょう背泳ぎ、背泳ぎという流れで3年の水泳を教える方法もあります。
また、ビート板ではなく、ヘルパー(体に結びつけるうき?)のほうが浮きやすいです。

URLはちょうちょう背泳ぎの紹介のページです。
本もあるようなので、ネット書店などですぐ購入できるみたいです。

子どものためにがんばってください。

参考URL:http://www.chiba-fjb.ac.jp/masao_n/jikiden/technicalpoint(7)/suiei.html

Q学校のプールが大嫌いな娘

 小2の娘はプールが大嫌いです。プールのふちにつかまって肩を震わせポロポロ涙をこぼしてます。
 嫌いな理由を聞くと、深い(といっても胸くらいの水位です)、水が冷たい、シャワーがイヤだといいます。お友達にからかわれたりは今のところないようですが、本人は屈辱的な気持ちらしくストレスになってくることを心配してます。
 小さいころから病弱でプールに入る機会が少なかったためだと思います。
 私自身、泳ぎは得意な子供でしたので、娘のように「水が本当に嫌いな子」の気持ちは正直わかってやれてないかもしれません。
 先生は幸い娘に対し好意的に接してくれていてありがたいのですが、どうしても他の子と足並みがそろいませんから、迷惑をかけてるんだろうなと恐縮してしまいます。
 こんな娘のプール嫌い克服法ってあるんでしょうか?
 短期のスイミングは一度失敗していて、トラウマになってます。
 プールは年に3ヶ月だけですが、小・中・高と避けては通れませんから、なんとか泳げなくても水に慣れて欲しいのです。
 ちなみにお風呂でのシャンプーはいまだにシャンプーハットがないとダメです。顔はタオルをぬらし洗います。
 娘に対し、温かく見守ってやろうと思う反面、甘えないで頑張りなさい!と一喝したくなる気持ちとがあり複雑です。
 どのように接してあげれば、また、どのように慣れさせたらよいでしょう?
 アドバイスお願いします。
 

 小2の娘はプールが大嫌いです。プールのふちにつかまって肩を震わせポロポロ涙をこぼしてます。
 嫌いな理由を聞くと、深い(といっても胸くらいの水位です)、水が冷たい、シャワーがイヤだといいます。お友達にからかわれたりは今のところないようですが、本人は屈辱的な気持ちらしくストレスになってくることを心配してます。
 小さいころから病弱でプールに入る機会が少なかったためだと思います。
 私自身、泳ぎは得意な子供でしたので、娘のように「水が本当に嫌いな子」の気持ちは正直わかってや...続きを読む

Aベストアンサー

私も昔は娘さんと同じでした。
今もあまり泳ぐことはできませんが、
潜ってバタ足ぐらいならできます!
(何自慢してんだ?笑)

目をつぶって周りの状況がわからないという、
ただでさえ不安な状況なのに、
普段ではありえない、
水が顔にべったりついてる感覚とか、
水中の独特の音の響きとか、嫌なんですよねー。
不安なんです。気持ち悪いんです。怖いんです。

絶対に一喝なんてしてあげないでください。
水の中は怖いし、水の外はお母さんが怖いし、
そんな状況は酷過ぎます。逃げ場を作ってあげてください。
第一、人間は泳げなくても生きていけます。
陸上で生活しているのです。
津波が直撃すれば、泳げても泳げなくても結果は同じです。

顔を洗うのも、タオルで十分ですよ。
むしろ、手の平より摩擦が大きいので、
より大きな効果が期待できます。
でも、少しでも歩みを進めたいなら、
ほっぺただけ濡らしてみよう。とか、
濡れた手(指?)でオデコを触ってみよう。とか、
遊び感覚でやってみたらどうでしょう?
もちろん、手元に乾いたタオルを置いて。

何年かすれば、娘さんも顔ぐらい浸けてみたい
と思うのではないでしょうか。
もしそんな時が来たら、
一緒に市民プールにでも行ってあげてください。
そして、見守ってあげてください。
水面を見つめて1時間も2時間もプールの中で
突っ立っているかもしれません。
たまにほっぺを膨らませて、決心しよう・・・かな?
という動きをするかもしれません。
そのとき、娘さんはあらゆる恐怖心と戦っているのです。
あなたもプールに入って一緒に戦ってあげてください。
もちろん乾いたタオルを握り締めてね。
何か少しでも進展したことがあれば、
思いっきり喜んであげてください。
根拠はありませんが、誉めるよりも、
喜ぶほうが娘さんも嬉しいような気がします。
きっといつか潜れる日がくるでしょう。

潜れるようになったら、次は浮く練習でしょうか?
そのときはまたここで質問してください。
私も泳ぐことはできないものの、
ある指導者のおかげでプールで自由に
浮くことができるようになりました。
良ければ、その方法もお教えいたします。

私も昔は娘さんと同じでした。
今もあまり泳ぐことはできませんが、
潜ってバタ足ぐらいならできます!
(何自慢してんだ?笑)

目をつぶって周りの状況がわからないという、
ただでさえ不安な状況なのに、
普段ではありえない、
水が顔にべったりついてる感覚とか、
水中の独特の音の響きとか、嫌なんですよねー。
不安なんです。気持ち悪いんです。怖いんです。

絶対に一喝なんてしてあげないでください。
水の中は怖いし、水の外はお母さんが怖いし、
そんな状況は酷過ぎます。逃げ場を作って...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング