昨年身内で不幸があり、喪中ハガキを出しました。
ところが、送ったはずの友人から年賀状が届きました。
おそらくうっかり間違って送ってしまったのだと思います。
そこで質問なのですが、その場合も後から寒中見舞いはがきを出した方がよいでしょうか?
喪中ハガキを送っているなら改めて送る必要はないのでしょうか?

喪中ハガキは12月1日に投函したので、友人が年賀状を出した後に喪中ハガキが届いた可能性は低いと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

間違いとか可能性は低いと言う事はありません。

単なる行き違いになった
のではないかと思います。あなたは12月1日に喪中ハガキを投函されま
したが、年賀状を出した方が12月1日以前に投函されたとしたら、どう
しても行き違いになりますよね。PCで作成された時も、喪中の方の住所
には印刷されないように印刷マークを外しますが、勘違いで外し忘れた時
は印刷されてしまいます。印刷が終わって確認をするのですが、確認さえ
忘れてしまったと言う事も人間ですから無いとは言えませんよね。
決して悪気があっての事ではありませんから、不謹慎な人だとは思わない
で下さい。

あるマナーアドバイザーの方が以前にラジオで言われていましたが、喪中
の場合は一切の目出度い事は避けるのが常識。しかし年賀状に関しては、
喪中の方が出してはいけないと言う決まりは無く、逆に喪中の方に出して
はいけないと言う決まりはありません。年賀状も祝い事の一つだから喪中
では用いてはいけないと言う人も居られるが、年の初めに最初に挨拶をす
るだけだから祝い事をしている事にはならないと、公共の電波を使用して
言われていた事を思い出しました。

寒中見舞いですが、最近では喪中で年賀状が出せなかった人に新年の挨拶
代わりとして出される事が多いはずです。寒中見舞いは喪中時に用いる物
だと思われていないでしょうか。
寒中見舞いとは冬場に非常に寒い時に、相手の健康や豪雪被害に遭われた
方に対して、季節の挨拶状として用いられたのが始まりと言われてます。
それが何時しか喪中時の連絡用として用いられるようになったようです。
また年賀状を出すのは松の内(松飾りを飾る1月7日まで)に年賀状を出
せなかった人に対して、寒中見舞いで詫びを入れて新年の挨拶をする事も
あるようです。

今回は行き違いになったと考えて、年賀状を頂いた事に対しての御礼と、
喪中にて年賀状が出せなかった事を書き添えて、寒中見舞いを出された方
が良いのではと思います。二度手間のように思うかも知れませんが、その
方が互いにスッキリするのではありませんか。
「丁重なる年賀状を頂き、ありがとうございます。昨年の〇月〇日に〇〇
が他界しましたので、新年の御挨拶を控えさせて頂きました。まだまだ寒
さが厳しい日が続きますので、どうか御身体は大切にされて下さい。今年
も親しく御付き合いのほど御願いしたします。」
これは一つの例文ですが、このような文を書かれたらどうでしょうか。
時期としては松の内を過ぎて、立春(2月4日)までに出します。
その時期を過ぎても寒さが厳しく続くようなら、余寒見舞いとして2月末
までなら出す事が出来ます。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

詳しく教えてくださり、有難うございます。

友人に対しては不謹慎だなんて思っておりませんので、ご安心ください。
このような場合に寒中見舞いを出しても良いのかどうかが分からなかったもので…。

素敵な例文も考えて下さり、嬉しいです。

お礼日時:2011/01/02 23:55

>おそらくうっかり間違って送ってしまったのだと…



間違いではありません。
喪中はがきは、自分が新年のあいさつをしないというだけのお知らせです。
相手からのあいさつを受けないという意思表示ではありません。

>後から寒中見舞いはがきを出した方…

寒中見舞いは、年賀状の代用品ではありません。
季節の挨拶状です。
あなたが普段から暑中見舞いを出している相手なら寒中見舞いも出せばよいし、暑中見舞いなど書いたことがないなら寒中見舞いは唐突です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

有難うございます。

暑中見舞いは現在は誰にも出しておりません。
寒中見舞い=喪中ハガキを出さずに相手から年賀状が来た場合、その返事として出すもの、と認識していました。

お礼日時:2011/01/02 17:43

自分も友達の喪中を忘れていて出したことありますが、もちろん謝罪しましたが。


あえて送ることもないとおもいます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます。

お礼日時:2011/01/02 17:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q喪中はがきを出したのに年賀状が届いた場合は・・・

昨年秋に父が亡くなりました。
その為、年始の挨拶は遠慮する旨の喪中はがきを出したのですが、送った相手のうち数名から年賀状が届いてしまいました。
通常、喪中はがきを出していなかった相手に関しては寒中見舞を出すものだと思いますが、喪中はがきを送っていた相手に関してはどうするものなのでしょうか?
改めて寒中見舞を出すべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

喪中はがきは、前もって年末年始の挨拶を控えさせてもらう案内であり、年始の挨拶代わりではありません。
受けた挨拶に応えるには、7日過ぎてから新年の挨拶代わりに寒中見舞いを出すことになります。
勿論、すでに挨拶を受けることをお断りしているのですから、そのまま無視することもかまわないでしょう。
しかし、前もって案内をしているにもかかわらず、おめでとうの挨拶はいささか無神経な方ですね。
改めて寒中見舞いを出すのは少々嫌みに成るかも知れませんね。

Q浄土真宗の新盆の迎え方について

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、お墓参りはしていませんでした(数年に1度くらいは行ってましたが)。
父が亡くなったのは私が小学生のときでしたが、白いお盆ちょうちんを飾ったのは覚えてるんですが、それ以外の記憶はないんです。
母が亡くなったときは菩提寺がない状態でこちらにお墓を買っていたので、葬儀屋さんの紹介で葬儀の時にお世話になった住職さんに49日まではお世話になりました。実はその方から法要についての冊子をもらってあったんですが見つかりません。
お盆のときの作法はどうなのか、そもそもお坊さんには来てもらうのか、もう細かいところから全くわかりません。どなたか詳しい方がおられたら、教えていただけないでしょうか。
ちなみに、私の住所では7月にお盆を行うのが慣習のようですが、うちでは8月にやっていました。私の仕事の関係で、母の初盆も8月にしようと思っています。
よろしくお願いします。
また、文面中もし失礼なところがあったらご容赦ください。

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、...続きを読む

Aベストアンサー

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも同じことです。
なお、お盆の行事は、宗教行事というよりも地方独自の民族行事ともなっておりますので、日本全国一律の作法があるのではなく、地方ごとに、その土地の特産物などを取り入れた独自の飾りつけも残っています。その中には、浄土真宗では行わないことになっている提灯や灯籠等もありますが、迎え火や送り火は全国的に浄土真宗では行っていません。

なお、お母さまがご往生の際にご縁のお寺があるようですが、冊子等は、再度申し出ればすぐにいただけると思います。気にせずに「見つからないので・・・ください」と言えば良いのです。そのためのお寺です。

>そもそもお坊さんには来てもらうのか、
来てもらうか、来てもらわないかは、亡きお母様のご往生には関係がありません。したがって、亡きお母様にとって、どちらもプラスとかマイナスとかではないので、ご自身にとって、どのように新盆を迎えるのが良いかでご判断ください。自宅に呼ぶのも良し、よばないのも良し、本山や別院のお盆法要に参加するのでも良し・・・何でも良しです。
浄土真宗は、「ああしなければいけない」とか「高しなければダメ」ということは少ないです。ただ、他宗と比べると、「する必要が無いからやらない」ということが多いだけです。
合掌

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報