マンガでよめる痔のこと・薬のこと

広島、長崎に原爆が投下されて65年たちますが、その原爆が原因で、現在でも原爆症の子供が生まれることはありますか?
終戦時に生まれた人でも、最近になって原爆症が発病する人もいるそうですが、新生児にもその可能性があるものなのでしょうか?
遺伝はないとのことですが、終戦時、被爆地に大量に発生した放射背物質はまだ、日本のどこかにあると思います。その影響は?半減期は何年?
その人達の救済方法は、日本政府にあるのでしょうか?

ふと 思いついたので質問しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

放射線による遺伝子の損傷があるので、「遺伝的」な原爆症は否定できないと思います。



しかし、遺伝子の損傷ですから、外見ではほぼ判別できないでしょうし、特定の病気になりやすくしかも治りにくいなどの特異性はあるかも知れません。(特異性=標準偏差から見て、特異的に多い)

原爆症ではありませんが、公害病でも同様に子孫に影響しています。単純に計算すれば、4世代目には影響は8分の1なので特異性はほぼ見えなくなると思います。しかし、実際にはなんらかの影響があるかも知れません。

国はこれらの課題には、ほとんど前向きではなく、原爆症の認定は今後減っていくでしょうし、公害病の本人、二世、三世でも認定の機会は増えても(裁判で認定の機会を増やしている)、実際には閾値が低くならないでの認定者が増えていないのが実情です。(最近、カネミ油症事件の番組がありましたが、認定基準が曖昧みたいです。)

よって、国はほとんど救済には消極的で、責任はとらない・・・と考えたほうがよさそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
原爆症って多分永久になくせませんよね。いろんな病原菌が撲滅されても、最後に残るのが原爆症だった なんてことになりそうで怖いです。
誰に責任取らせようとかじゃなくて、自分の責任外の事で、それも歴史上の出来事で、誰かが苦しむって事に非常にイキドウリ感じます。
今だに日本は近隣諸国に戦争負債を払っています。ただ、日本が65年前に負けたから?
65年間も、内紛も戦争もない平和な国なのはアメリカのおかげですが、原爆で永久に戦死者を増やしつづけるのもまさにアメリカの所業!なにか納得できません。
でも誰にも責任は取れないので、せめて日本国だけでも何とか、ちょっとだけでも楽に暮らせるよう手助けしたいなぁ なんて思っています。

お礼日時:2011/01/03 20:27

原爆による放射能汚染が原因でなにがしかのことがおこったと実証するのは非常に困難です。

なぜなら、原爆がなくても人間は病気になりますからね。
発症率がそれに関係して現在も新生児にあきらかに高いという統計上の有意差が報告されたという話はききません。
日本のどこかにあるって、わけわかりませんよ。ふつうは、減衰しながらも周囲に拡散して行ったんじゃないですか、日本は雨の多い国です。
半減期は拡散した放射性物質によります。それぞれがどの程度拡散したと考えられるかは、おそらく学術的な報告があるでしょうからご自分で調べてください。

社会保健としてあきらかに害がある事が実証されないと国は動きようないでしょう。そうでなくても金のないご時世です。肝炎の未発症キャリアに金よこせというのと同様で、世界標準では成立しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに立証はむずかしいと思います。しかし、ごく普通に、科学的に認知されなくても広島、長崎での原爆症の発生率は高いんだろうなぁと思えます。そりゃそうだろうと思えますよね。
(日本の)社会保障って科学的に立証されなくても、常識的にそうだろうなぁと思えるなら、救済処置してもいいでしょう?その財源がいるなら消費税UPもありえます。
生まれた時に既に原爆症なんて悲しすぎます。人類としてその救済するぐらいできるべきです。
なんか法律って、世の中の人類は全て悪賢くずるい人ばかり、って前提が過ぎると思います。

お礼日時:2011/01/03 20:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原爆投下地の広島・長崎では何故、人が暮らせているのですか?

チェルノブイリでは、石棺を建造したり現在も人が近寄れない状況であるのに、広島や長崎ではなぜ、戦後から現在に至るまで人間が暮らせているのですか?
広島や長崎ではガンや先天異常等、人体への影響は出ていないのでしょうか。それとも原発事故と原子爆弾では、発生する物質やその後の展開が異なっているのでしょうか。
放射性物質の半減期はすごく永いと、昔理科の時間に習ったような気がしますが、それなら広島と長崎の環境は、現在も人体に深刻な影響があるのではないでしょうか。

当方素人で、恥ずかしながら見当もつきません。どなたかご存知の方、お答えよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 広島に落とされた原爆には64kgのウラン、長崎に落とされた原爆には6.2kgのプルトニウムが搭載されていました。これに対し、チェルノブイリ原発には3.6トンのウランがあり、事故により0.2トンが空中に放出されました。ですから、チェルノブイリ原発の内部には広島原爆の実に53倍にも達するウランが残ったままになっています。このため、コンクリートで封入しておく必要があるのです。
 核爆発で生成される放射性物質には様々な種類があり、半減期の長いものとしては90Srや137Cs(両者とも30年程度)があげられます。これらは死の灰となって降り注ぎましたが、数日で雨や風などによって流されましたので今は影響ありません。核分裂をせずに残ったウラン(半減期は数億-数十億年)やプルトニウム(半減期は数十万年)も同じです。
 放射線被曝により、数年-数十年後にガンの発症率が上昇することは、原爆被爆者の調査により証明されています。これは被曝量に比例し、放射線源(原発事故、原爆、水爆、宇宙線など)には関係しません。
 胎児が被曝すると小頭症や発育不全が起きます。これも被爆者の調査で証明されています。四肢欠損などの体表奇形は証明されていません。
 放射線被曝後に妊娠した場合、とくに先天異常は起きません。これは被爆者でもそうですし、骨盤部レントゲン検査などで生殖腺に被曝した場合もそうです。
 なお、放射線測定用のガイガーカウンターは安いもので4万円弱から市販されていますので、本当に放射能がないかどうか自分で測定することもできます。

 広島に落とされた原爆には64kgのウラン、長崎に落とされた原爆には6.2kgのプルトニウムが搭載されていました。これに対し、チェルノブイリ原発には3.6トンのウランがあり、事故により0.2トンが空中に放出されました。ですから、チェルノブイリ原発の内部には広島原爆の実に53倍にも達するウランが残ったままになっています。このため、コンクリートで封入しておく必要があるのです。
 核爆発で生成される放射性物質には様々な種類があり、半減期の長いものとしては90Srや137Cs(両者とも30年程度)があげられ...続きを読む


人気Q&Aランキング