カワサキのバリオスⅡについてまた質問です。何回もすいません・・・。今ちょうど1000キロ走りました。叔父さんが、新車だから1000キロいったらオイルを交換しなさいといいました。これは本当なのでしょうか?5000キロずつでいいとアドバイスにも本にもあったのですが・・・。あとチェーンオイルは市販のものでいいんですか?それともバイク屋さんにいって、カワサキ専用のオイルとか、そんなものを買ったほうがいいんでしょうか・・・?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

バイクを本当に愛していて、バイクの寿命をちょっとでも延ばしたいのなら、300~500キロ位でまずオイル交換をするべきです。

その次は、1500キロ位かな。ですから、今1000キロ走ったということはできるだけすぐに交換するべきです。その際に、オイル添加剤である「ZOIL」を入れることをおすすめします。

バリオスは超高回転型のバイクなので、オイル管理はとても重要です。
オイル交換のサイクルは、半年ごとで冬の終わりに1回、夏の終わりに1回が理想的です。これはいくら走行距離が短くても関係ありません。ただし走行距離が長くなった場合はそのつど交換をしなけばなりません。
前述しましたように、バリオスは高回転型のエンジンで、あまり回さず普通に乗っているとしてもじつは400CCとかと比べると結構高い回転数で回っているんです。だから5000キロごとでは乗りすぎです。
バイクに比べるとはるかに回転数の低い車でもだいたい5000キロごと、それをオートバックスでは3000キロごとの交換を推奨しているぐらいですから。そう思うといくら昔よりオイルの質がよくなっているとしても3000キロで交換、よく乗ってもバリオスの場合4000キロが限界でしょう。

オイルの銘柄は、カワサキ純正よりも、オイル専門メーカーの方がいいと思います。ワコーズ、カストロール、モチュール、トタル、イゴール、エルフなど。
バイク用品専門店でいろいろ聞いてみるといいですよ。

チェーンオイルは、まず気をつけたいのがシールチェーンにしても大丈夫かどうかです。専門のメーカーのであればほぼどんなものでも大丈夫です(もちろん純正も)。まあ高いやつのほうが安物よりもだんぜんいいですけどね。
あとはドライタイプとウェットタイプがありますが、ドライタイプは飛び散りにくく残りやすいが掃除が大変で、ウェットタイプはその反対といった感じです。だいたい注油は500キロごと、清掃は1000キロごとかな。

たいへん長くなりましたが、参考になれば幸いです。
これからも、しっかり整備をして、楽しく安全にオートバイライフを過ごしてください。それでは!!
    • good
    • 0

オイル交換の件ですが、最初の1000キロまでに一度は交換したいところですね。

とくにカワサキはお世辞にも加工精度が高いとは言えないのでしておいた方が無難でしょう。
後は、取り扱い説明書に記載されている間隔で交換すれば大丈夫だと思います。
あと、オイルの銘柄ですが、メーカー純正品か、2輪専用のオイルにしましょう。2輪のオイルはエンジンだけでなく、ミッションも潤滑しています。4輪用はベースオイルにいろいろな添加剤が含まれていて、4輪用を2輪に使用するとクラッチがすべる可能性があります。
チェーンオイルの件ですが、お勧めはドライタイプです。このタイプはオイルの飛び散りが少なくて、ホイール等を汚さずに済みます。
    • good
    • 0

やはり、最初のオイル交換は1000キロ前後でやったほうが無難だと思います。

みんな言っている様に最初のバリ取りの効果は大きいのではないのでしょうか。オイルだけではなくエレメントも交換しないと意味はないですけどね。
オイルの種類に関してですが、みなさんあまりこだわっていないようですが、メーカーはそのエンジンを開発するにあたって純正オイルを使っていると思います。そう言う点から言えば純正オイルが無難でしょう。純正以外のオイルを使ってトラブルが起きたときは、いくら保証期間内でもクレームが受けられなくなっちゃうかもしれないような気がします。
    • good
    • 0

始めのオイル交換はすくなくとこ2000km位までには替えたほうが良いです。


バイクはミッションオイルとエンジンオイルを共用してます。バイクはエンジンは殆どアルミ、ミッションのギヤは鉄です。昔はどうだったのか知りませんが現代の車、バイクはギヤの歯面をミクロンの寸法で管理したトロコイド曲線という複雑な形状をつくりこの滑らかなかみ合いで強度を持たせています。ここにアルミ紛が大量に溶着するといいことはなにもありません。
またただ擦れ合っているだけのエンジンは比較的近年のパワ-アップに耐えられてますが、ルマンの近年のリタイア原因をみてもわかるように、ミッション、デフ(車の場合ですが)のようなギヤを使ったものは現代ではもう結構アップアップの設計になってます。
更に近年は車もバイクもバリ取りなどの仕上げ工程を原価低減の為にさぼる傾向にあります。(機械化はすすんでますが人の目が及ばないので残りが多いです)
最初の慣らしで取れる目だったバリは殆ど落ちます。その後は摺動による粉ですから2回目以降は多少交換時期を延ばしても影響ありませんが、1回目早くやるにこしたことはないです。(ちなみに車もMT車は2000kmまでに一度ミッションオイルを替えてやると後々まで入り等を確実に実感できますよ)
    • good
    • 0

mizushiと申します。


yodaさんもおっしゃっている用にあまり神経質にならなくても良いかと思います。
ただし、やらないよりかは交換したほうが良いに決まってますし、ましてはバリオスのような高回転型エンジンではなおさらです。また、毎日乗って1000キロと1週間に1度だけ乗って1000キロでは後者のほうが酸化しやすくエンジンには負担がかかります。
冬場などに3ヶ月くらい乗らずにいたバイクをいきなりふかすとすぐに焼きついてしまいますので要注意です。
チェーンオイルは何でもいいでしょう。
ちなみにエンジンオイルについてのバイク乗りのインプレがありましたので参考にしてください。↓

参考URL:http://www.yokohama-city.com/mc/impre/imp_oil3.h …
    • good
    • 0

現在の製品は、叔父さんの時代とは違って、


技術も品質も向上しているので、然程拘らなくても良いとは思います。
が、何年か乗った後、3万・5万キロと乗って行くうちに、
違いが出てく場合が、無いとは言い切れません。
それはやはり、いくら向上していると言っても、新車のうちは、摩擦により、研磨されたかすが少なからず出るからです。
大事に乗る御積りならば、かるに越した事はないでしょう。
オイルは専用の物の必要はありません。
yodaでした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCastrol Edge 5W-40の品質は?

愛車BMW318iにCastrol Edge 5W-40 このエンジンオイルを使用しています。
このオイルはBMWではロングライフ指定オイルで推奨されています。

ここで質問ですが、このロングライフ指定のCastrol Edge 5W-40 このオイルを1年間使用してから交換しても大丈夫でしょうか?

走行キロ数は年間4000キロ未満です。あるBMW所有者のブログにもこのCastrol Edge 5W-40オイルで1年後に見たらそれでもあまり汚れないし、減りもしない。粘度もまだいけそうでした。と書いてありました。

こんなに長い期間交換しないで走行してもエンジンには障害はないのでしうか?

ご回答を宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

普通に乗ってるぶんには問題ないでしょう。
距離数も少ないし。

>。あるBMW所有者のブログにもこのCastrol Edge 5W-40オイルで1年後に見たらそれでもあまり汚れないし、減りもしない。粘度もまだいけそうでした。と書いてありました。

汚れないのはいいことではありません。
エンジンの状態にもよりますが、汚れない=汚れを取っていないです。
でもこのオイルはそういったものではエンジンの状態、メンテがいいんでしょうね。
減るのも同じです。エンジンの状態が悪いと燃焼室に入って燃えてしまいます。減るということはブローバイもひどいはずなんで、エンジンの中べったべたになりますし。

後は1年間大丈夫なんだと安心しないでちょくちょく見たほうがいいです。

Qオイル交換一ヶ月(1000キロ)でエンジン焼きつき

オイル交換後(4.5リットル)1000キロ走行でオイルが無くなりエンジンが焼きついてしまいました。車種はH12年式のエスティマです。毎月一度のオイル交換をしていました。走行距離は136000キロ。焼きつき後工場にて原因を探ってみてもらった所オイル漏れ、ボルト関連の閉め忘れ等、見当たりませんでした。走行中に煙がでていた覚えもありません。工場からは前回オイル交換時のオイルが適正量入っていなかったのではないかとの回答でした。みなさんはいかが思われますでしょうか。その日の始動時はオイルランプの点灯はありませんでした。ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

#4です 質問の意図を十分理解せずに失礼しました。
外部への漏れがないのにオイルが無くなる原因

オイル下がり・オイル上がり
この2点共にオイル消費(燃焼)する事なのですが
オイル下がりはバルブシールが劣化しバルブをオイルが伝って燃焼室内に吸引され、燃料と一緒に燃えてしまう事を言います。
が、実はこれには2通りあって 
1:インレット側のバルブからのオイル下がりでは、燃料と一緒に燃焼して白煙は殆んど出ません。
2:白煙が出るのはエキゾースト側からのオイル下がりの場合になります。
インレット側はシリンダーの吸入行程で空気と一緒に吸い込まれるので、排圧のかかるエキゾースト側とは比べようが無い程 オイルが減ります。

3:オイル上がりはピストンに使われているオイルリングの劣化 及び スラッジによる固着が原因で、シリンダー内壁を潤滑したオイルをオイルリングで掻き落とす事が出来なくなり、シリンダー内壁を潤滑したオイルが燃焼室に入りこみ燃料と一緒に燃焼してしまう事。
これにももう2つあって
4:ピストンリングの劣化 = 圧縮低下 = 燃焼ガスの吹き抜け で、この吹き抜けた燃焼ガス(通称:ブローバイガス)がシリンダー内の圧力を上げ、他の(燃焼行程以外の)シリンダー内へオイルと共に入り込み、燃料とともに燃焼消失。
5:霧状になったオイルがブローバイガスと共に正規のルートで、燃焼室内に入り 燃料と一緒に燃焼。

以上がオイル消費の原因

その確認方法
・まずプラグを外して見ましょう。
プラグの電極がオイルで湿っていたり白い固まりが付着していれば、1・3・4・5が該当します。
・スロットルバルブ(内部)を見ましょう。
オイルで汚れていたり、オイルが溜まっていれば 4・5が該当します。


そして、エンジンオイルの粘度は何でした?
通常なら10W-30だと思うのですが、最近の低燃費・低公害車に合わせて以前の車にも5W-30を使うところがありますが、よほど手入れが良くなければ5W-30の粘度ではオイル消費率は大きいです。

先のオイル消費の原因とオイル粘度(低粘度)が合わされば、オイル消費率は加速します。


ちなみに エンジンの焼き付いた部分は、カムシャフトでしょうか?

#4です 質問の意図を十分理解せずに失礼しました。
外部への漏れがないのにオイルが無くなる原因

オイル下がり・オイル上がり
この2点共にオイル消費(燃焼)する事なのですが
オイル下がりはバルブシールが劣化しバルブをオイルが伝って燃焼室内に吸引され、燃料と一緒に燃えてしまう事を言います。
が、実はこれには2通りあって 
1:インレット側のバルブからのオイル下がりでは、燃料と一緒に燃焼して白煙は殆んど出ません。
2:白煙が出るのはエキゾースト側からのオイル下がりの場合になり...続きを読む

Q激安のオイルについて

この前ホームセンターにエンジンオイルを買いに行きました。
ごく普通のファミリーカーに使うオイルなので安い物を探していましたが4リッターで2500円以上ぐらいがほとんどでした。

その中でカストロールのXLX
http://www.castrol.com/castrol/productdetailmin.do?categoryId=82927415&contentId=6500315
というオイルだけが異常に安く1200円ほどでした。
たまに今回のように海外メーカーのオイルで輸入品にシールを張ったような物ではなく缶自体が日本語表記の製品で他の製品に比べて気味が悪いくらい安いものを見かけるのですがこういったものは信頼できる物なのでしょうか?

メーカー物の安いオイルに偽者があると言うような話を聞いたことがあるのですが実際どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、ファミリーカーにカストロールのXLXという商品をよくケーヨーD2で買って使うことがありましたが、なんら心配はありません。ちょっと前ならカストロールGTX7とか言うのもよく使いました。

普通に走る分にはなんら問題はありません。乗られている車や使い方でうまく使い分けていただければ、定期的にオイルエレメントと交換されれば非常に経済的だと思います。詳しい説明はNo5の方やその他の方が回答しているので割愛しました。
いままでDIYで車10台以上乗りついで30年オイルが原因のトラブルは一度もありませんでした。

Q新車は1000キロでオイルとフィルターを交換した方が良いのですか?

新車は1000キロでオイルとフィルターを交換した方が良いのですか?
3000キロではだめですか?

Aベストアンサー

以前「新車1000kmでオイル・エレメント交換」と言われていたのは、工作精度が今ほど高くなかったころは、摺動部に残った「バリ」が、エンジンが回転することで落ちる(エンジンを動かして「バリ取り」を行う)ことから、大量の金属粉やスラッジが発生するため、早期のオイル交換を推奨していました。
今のエンジンは、メッキなどの金属加工技術や工作精度の向上により、エンジン摺動部に残る「バリ」が少なくなったので、1000km程度でのオイル交換の必要性は低くなりました(私の経験でも、昭和のディーゼル乗用車では、1000km走行時で金属粉などが確認できる”ドロドロ”といっても良いような状態でしたが、平成生まれのクルマでは3000km走行後でも、上々のコンディションでした)。
平成に入ってからは、新車1000km点検に入庫する時、コチラから「オイル交換は大丈夫?」と聞いても「一応、見ておきます」で、点検後に「交換の必要はありませんでした。3000~5000kmで大丈夫でしょう」のパターンの繰り返し(平成のクルマ、都合、5台の経験)。

あと、理解できていない方が少なくないようですが、エンジンオイルは液状のママで潤滑するのはありません。
オイルが金属面に付着して構成された薄い”皮膜”の作用ですから、オイルが金属面に馴染んで潤滑皮膜を構成する前のオイル交換は、油幕切れ=潤滑不良に繋がりかねず、むやみなオイル交換を行うことは好ましいモノではありません。

以前「新車1000kmでオイル・エレメント交換」と言われていたのは、工作精度が今ほど高くなかったころは、摺動部に残った「バリ」が、エンジンが回転することで落ちる(エンジンを動かして「バリ取り」を行う)ことから、大量の金属粉やスラッジが発生するため、早期のオイル交換を推奨していました。
今のエンジンは、メッキなどの金属加工技術や工作精度の向上により、エンジン摺動部に残る「バリ」が少なくなったので、1000km程度でのオイル交換の必要性は低くなりました(私の経験でも、昭和のディーゼ...続きを読む

Qいままでロータリーで使用してきたオイルについて

ロータリーエンジンで使用するオイルについては、本当に悩まされました。
オートバックスに置いてあり、マツダ純正オイルと同じ粘度 を探した結果、
「カストロール マグナテック 0W-20」を使用してきました。

理由は・・・
オートバックスに置いてある。
マツダ純正オイルと同じ粘度である。
価格が安い。
カストロールジャパンではRX-8での使用テスト済み。
(問題なく使用できるとエンジニアは語る)

オイルについて考え直そうと思っているのですが、
いままで使ってきたオイルはどうだったでしょうか。




カストロールで推薦するオイルがあったら教えてください。
http://www.castrol.com/castrol/productseriessection.do?categoryId=82927404&contentId=6007381

Aベストアンサー

今まで使っていたオイルは銘柄はいいと思いますが、粘度が低すぎと思います。高回転まで回していればおそらく油膜切れに近い状態になっていてもおかしくありません。
カストロールのエンジニアが自分のところのオイルはダメだとは言えないでしょう。
純正オイルが低粘度なのは燃費が良くなるからです。あとは低価格ということのみ。純正オイル信仰者の方からすれば純正が一番なんでしょうが・・・純正オイルはコスト最優先です。R35GTRなどは純正指定オイルであってもコストパフォーマンス無視で1Lあたり¥2100のオイルです。メーカーでも本当に良いオイルは高いとわかっているのです。
カストロールであれば『RS』か『XF-08』。『XF-08』は部分合成ですが油膜切れ防止用の添加剤が多めでスラッジが出にくい添加剤が入っているからです。あと価格も安めなので追加補充が必要なロータリーにはお薦めです。粘度に関しては5w-40、または10w-50がいいかと思います。
カストロール以外でも評判のいいオイルは5~10w-40~50くらいのものが多いです。
http://www.speedmaster.co.jp/products/pro/prospecseries_pd.html
http://item.rakuten.co.jp/carkichi/432082
http://www.rmagic2007.net/shop/products/detail.php?product_id=207
http://www.amazon.co.jp/RE%E9%9B%A8%E5%AE%AE-RE%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BCG-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB-10W-40-SM/dp/B007QSIRV8
この辺の物はコストパフォーマンスよりも性能を優先しているものです。

今まで使っていたオイルは銘柄はいいと思いますが、粘度が低すぎと思います。高回転まで回していればおそらく油膜切れに近い状態になっていてもおかしくありません。
カストロールのエンジニアが自分のところのオイルはダメだとは言えないでしょう。
純正オイルが低粘度なのは燃費が良くなるからです。あとは低価格ということのみ。純正オイル信仰者の方からすれば純正が一番なんでしょうが・・・純正オイルはコスト最優先です。R35GTRなどは純正指定オイルであってもコストパフォーマンス無視で1Lあたり¥2100の...続きを読む

Qカワサキ・バリオスのヘルメットホルダー、シートの中について教えて下さい。

バイクの初心者です。
1992年製のカワサキ・バリオスを購入しました。
中古購入で説明書が無いため、2点について教えて下さい。
(1)フルフェイスのヘルメットをメットホルダーに装着しようとしましたが、シートの下部が邪魔でせっかく装備されているメットホルダーが使用出来ません。このままだと、バイクを降りた後、いちいちメットを持ち歩かなければいけません・・何か良い方法があれば教えて下さい。
(2)それと、シートは取り外せますが搭載したい書類すら入れることが出来ません。シートが取り外せるのは、バッテリーの交換と簡単な工具入れの為だけのものなのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

93年式のバリオスに乗っています.
(1)は,改造されていなければ,シートカウルとタンデムステップのステーが邪魔になることがあるのですが,そういうことでしょうか?でしたら確かにメットホルダーは使用しにくいです.しかし取り付けれないことは無いと思いますよ.少なくともアライとショウエイのフルフェイスは取り付けできます.しかしながら,ちょうどうまい角度でないと取り付けできないため,私も始めは苦労しました.でもコツさえ掴めば目をつむっても取り付けれる程になりました.
(2)に関して,小物入れはおっしゃる通りその簡単な工具をいれるスペースしかありません.そこで私は,シートの下とリアインナーフェンダー(泥除け,91年から93年式まで装備)の間のスペースに自作で小物入れを作っています.百均で適当に深さのあるトレーを買って加工して,タイラップで取り付けています.何度も試作し,最終的にうまく設計して取り付けたことで,私は基本工具と書類のほかに換えレバー2本,換えクラッチケーブル,パンク修理キット,タオル,イグナイター(ちょっと訳ありで)etc.が収納できています.
ネットで検索すれば同じような作業を紹介したサイトがいくつかあると思います.
余談ですが,94年式~96年式のバリオスではインナーフェンダーが無くしてシート下に少しだけ収納を設けています.97年以降のバリオス2では,リアサスがツインサスになったことで,シート下に大幅なスペースを確保できるようになったため,割と広い収納が設けられています.またバリオス2では,メットホルダーの形状も変更され,バリオスに比べて簡単にメットが取り付けられるよになっています.

93年式のバリオスに乗っています.
(1)は,改造されていなければ,シートカウルとタンデムステップのステーが邪魔になることがあるのですが,そういうことでしょうか?でしたら確かにメットホルダーは使用しにくいです.しかし取り付けれないことは無いと思いますよ.少なくともアライとショウエイのフルフェイスは取り付けできます.しかしながら,ちょうどうまい角度でないと取り付けできないため,私も始めは苦労しました.でもコツさえ掴めば目をつむっても取り付けれる程になりました.
(2)に関して,小物...続きを読む

Qエンジンオイルの混合について

私はアドレスV125Gを乗っている者です。

アドレスには950mlのオイルしか入らないため1Lのオイルを買うと50mlのオイルが残ってしまいます。
しかし、オイルフィルターを交換する場合は1050mlのオイルが必要です。
だから、今度オイルフィルターを交換することにしたんですが
現在残っているオイルは「MOTUL 7100 10W-40 100%合成油」と
「Castrol POWER1 4ST 10W-40 部分合成油」があります。
また、今回使用するオイルは「elf MOTO 4 HP ECO 10W-40 半化学合成油」です。
MOTULやCastrolの残っているオイルは二つあわせて50~80mlしかない
と思われるので、今回この三つのオイルを混合しようと考えているのですが、大丈夫でしょうか?
また、添加剤の「ZOIL」を兄から貰ったので、入れたいと思っているのですが、大丈夫でしょうか?

このようにオイルを混ぜて使ってみた方や、オイルに詳しい方
是非教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

現実問題、オイルの混合でトラぶったことはありません。
それより、オイルの量を算数で出していることが気になります。
アドレスV125Gがどうかわかりませんが、通常なら規定量にマーク
あるいは、オーバーフローがあるはずなので計算で残りの量を入れるのではなく、規定の量に調整してください。
PS 貰ったオイル、添加剤が古くて酸化している様なら入れないほうが良いと思います。

QカワサキKSR2のエンジン3万キロについて

知り合いからカワサキKSR2(80)を格安で譲ってもらえる話があるのですが程度はまあまあなんですが問題は走行距離が3万キロと80ccにしてはかなり走っています。また回すエンジンの為買ってすぐエンジンが壊れないか不安です。安く買ってもエンジンが壊れてOHすると結局は高くつくので考えています。

Aベストアンサー

格安とはいくらですか
30000キロはかなり走っている方で色々と消耗してきます。ピストンリングの消耗で圧縮がぬけるかも。
倒立フォークは抜けると工賃が高い。
ベアリングも心配です。(トップ、ステム、ホイール)
外見のタイヤ、チェーン、スプロケ、ブレーキパットやブレーキオイルも心配です。

ある程度自分で整備ができないと高くつきますよ

Qカストロールの2ストオイル

NS-1に乗っているのですが、現在、ホンダ製の純正オイルを使用しています。

先日、某カー用品店に行ったところ、カストロールの2ストオイル『Ride!2T』(http://www.castrol.com/castrol/productdetailmin.do?categoryId=82927458&contentId=6500331)
が、純正オイルよりも安く売っていました。
缶に記載された説明のよると、始動時に安定するといったようなことが書かれていました。
また、小型バイク、スクーター向きとも記載されていました。
このオイルはNS-1での使用は適さないでしょうか?

もし、使えるのならば、今現在使用している純正オイルと混ぜると、何か問題がありますか?
お教え頂ければ幸いです。

なぉ、NS-1のチャンバーはメガブレイズというものが購入時に付いていました。
しかし、峠などを攻める趣味はなく、街乗りに使用しています。

Aベストアンサー

NS-1って事はレッドゾーンはたしか12,000rpm位でしたよね?純正でもGR2位入れておいたほうが無難な気はします。
(GR2ならホームセンターで\1k前後なので価格もYAMAHA RSなんかより手頃)

車体は違うんですが同系列エンジンをボアアップして乗ってますが、普段乗りでも私は10,000rpmまで回っちゃってるので、一応高回転の部類に入るエンジンなんじゃないかと思っていますので、カストロールでいうなら2TS位じゃないとちょっと怖いかもとか思います。
でもボアアップ無しの原付1種の状態だと7,000rpm位で走れるのかなぁ?それでも自分ならRide!2Tじゃちょっと怖くて嫌かも。
純正でもSuperFine以上にしておくと思うし。

話が前後しますが、私の原付のオイルをTTSからGR2に変更したのは、決定的なトラブルがあった訳では無いのですが、微妙に相性の悪さを感じたからです。
No4のアドバイスにあるように、ちょっと粘度の違いがあったのかもしれないかなと思っています。カストロールのほうがちょっとオイルかぶりした感じだったですね。(まさに性能ではなく相性)

ほんというとHONDA純正オイルの排気は鼻を刺す臭いなので、私にとってはカストロールのほうが我慢できるマイルドさで良かったのですがw

NS-1って事はレッドゾーンはたしか12,000rpm位でしたよね?純正でもGR2位入れておいたほうが無難な気はします。
(GR2ならホームセンターで\1k前後なので価格もYAMAHA RSなんかより手頃)

車体は違うんですが同系列エンジンをボアアップして乗ってますが、普段乗りでも私は10,000rpmまで回っちゃってるので、一応高回転の部類に入るエンジンなんじゃないかと思っていますので、カストロールでいうなら2TS位じゃないとちょっと怖いかもとか思います。
でもボアアップ無しの原付1種の状態だと7,000rpm位で走れ...続きを読む

Qカワサキ車にホンダの純正オイル

こんばんは。
カワサキの1100ccのバイク(ZZ-R)にホンダの純正オイル『S9』を使用しても大丈夫なのでしょうか?
ホームセンターでオイルを選んでいたらS9の1L缶が1本600円で売っていたので『ホンダのオイルは高性能!』と勝手に思い込んでいる私にはとても輝いて見えました。
しかし規格が違うので大丈夫かなぁ~と言う不安が。。。
下手に安物オイルを使うよりもこっちの方が絶対に良いと思うのですがどうでしょうか?


http://www.honda.co.jp/parts/hop/motorcycle/oil/oil01.html

Aベストアンサー

 グレードはSF・SJ・SGやGF-1、GF-2、GF-3といった表記です。また併せてオイル粘度で5w-40といった表記が行われます。

グレードはSの後のアルファベットが高いほど高く、粘度は初めの数字が対応最低温度で、確か始動性に影響します。Wがつく方が温度が低い時の粘度で低いほど寒い地方で有利です。後の数字は高温時(使用時ですね)の耐性のようなもので、水温計が高音部に行きやすいなら大きいほうが良いと思います。

 こんな感じなので、自分の乗りかたにあわせてオイル粘度は選んでくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報