忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

圧電素子を身の回りの材料で制作する事は可能ですか?(実験レベルで構いません)
単に圧電材と通電材を組合せるだけで作れますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

検出できるほどの起電力が得られるかどうかは分かりませんが水晶のような単結晶なら電気を発生します


身近なものでは氷砂糖や食塩があります
鉄にも圧電効果がありますが結晶方向が一定していないので外部に検出されないと思います
船が衝突すると船体磁気が変化するので圧電効果があるのは間違いありません
結晶体なら強弱はあるがほとんどものに圧電効果があります
    • good
    • 2
この回答へのお礼

御多用の中、回答頂き有難う御座います。
鉄にもあるんですね!!驚きです。

となると、圧電素材を作るのが難しいというよりも、圧電素材から電気を取り出し蓄電させる事が難しいんですね。。。

お礼日時:2011/01/06 19:16

身の回りには無いですが、100円ライターの火花が出る部分が圧電素子ですから、取り出せますよ



電子ライター(着火ボタンを押すだけで火がつく)のがそれです

100円ライター着てる奴は居ない(゜O゜)☆\(^^;) バキ! 違うやろ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の御回答有難う御座います。
お礼が遅くなり申し訳有りません。
そして、私の質問のしかたが曖昧で申し訳有りません。
実験を行いたいのは、圧電素子を作ってみたかったのですが、やはり圧電素子を作るのは無理があるのでしょうか?もし。お時間が御座いましたら教えてください。

お礼日時:2011/01/06 19:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q圧電素子から直流電流をとるには??

圧電(ピエゾ)素子から2Aくらいの直流電流を取り出す場合、何個くらいの圧電素子を並列接続すればよいのでしょうか?交流なのでダイオードと平滑コンデンサがいるのでしょうか??

Aベストアンサー

>連続して電力を取り出すにはコンデンサにチャージして放出すれば1秒以上2A流せますか??
出力する電圧は何ボルト?

原理的には可能でしょうが、現実的では無いでしょう。
充電池に充電しておくことが必要です。
充電池は過放電や過充電になると極端に寿命が短くなるのでちゃんと制御する必要が有ります。

Q超音波を発生させる装置は簡単に自作できますか

水を強く掻きまわすような方法で超音波を作ることはできるのでしょうか。

Aベストアンサー

「水を強く掻きまわす方法」とは、スピーカーなどを使わずに発生させる超音波で、キャビテイション/キャビテーション(cavitation)という現象のことでしょう。
 高速で回転する船のスクリューの表面で気泡が発生し、それが急激につぶれることで超音波が発生し、スクリューを破壊する現象として知られています。
キャビテイション OR キャビテーション 超音波 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&q=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%93%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3+OR+%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%93%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3+%E8%B6%85%E9%9F%B3%E6%B3%A2&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_en%7Clang_ja
 それ以外の方法として、振動子を使うキャビテーションや超音波スピーカーですね。振動子を使う方法が一般的でしょう。双曲線局面を持つ振動子の一方(大きいほう)を、コイルで振動させ、小さいほう側から水中に超音波を放出する。

「水を強く掻きまわす方法」とは、スピーカーなどを使わずに発生させる超音波で、キャビテイション/キャビテーション(cavitation)という現象のことでしょう。
 高速で回転する船のスクリューの表面で気泡が発生し、それが急激につぶれることで超音波が発生し、スクリューを破壊する現象として知られています。
キャビテイション OR キャビテーション 超音波 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&q=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%93%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3+OR+%E3...続きを読む

Q発電床の作り方

発電床の自作を考えているのですが
いまいち圧電素子?などはどのようなものを
使えばよいのかわかりません

なるべく大きな電力を生み出したいと思っています
「~φの素子が良い」などありましたら教えてください

Aベストアンサー

今のところ「正解」はないのでは。
いろいろやってみたらいかがでしょう。

http://www.gamenews.ne.jp/archives/2006/10/jr9020.html

圧電素子をたくさん並べてますけど...

Qかみなりのできかた

小4の夏休みの自由研究のテーマです。
[雷のでき方]をインターネットで調べるやり方を教えてください。
具体的にいいサイトがあれば紹介ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かみなり どうして
で検索すると色々出てきます。
お子様の理解力に合わせて選択すればいいと思います。
一例として参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.tokyo-jma.go.jp/home/kumagaya/panel.htm

Q雷のおこし方

中学2年です。
私は自由研究で雷についてやろうと思っています。
私の学校ではレポートと実験のどちらもやらなければならないんです。
そこで雷をおこしてみようと考えたのですが、どうやればおこせるのかわかりません。
誰かわかる方がいたら是非教えて下さい。
宿題を早く終わらせてしまいたいです!

Aベストアンサー

雷がおこるのとまったく同じ原理で雷をおこすのは危険であり、むずかしいですが、空気中で小さい放電をおこすだけなら圧電素子を使って簡単にできます。
100均でガスライターを買って、バラして圧電素子を取りだします。それを使うと5mmくらいの距離なら簡単に放電(雷)を作ることができます。指先から雷を出すこともできます。ちょっとしびれますが。。

「圧電素子 雷」でネットで検索してみてください。いっぱい引っかかります。

Q強力な電磁石の簡単な作り方

普通の磁石と同程度の磁力を持った電磁石の作り方を教えて下さい。
あるいは方法を紹介しているURLを教えて下さい。
材料はホームセンターで簡単に手に入るものに限定します。
電磁石を使ってアラゴーの円盤(電磁誘導)を実現するのが目的です。
(ネットで色々調べ、電池一個で強力な磁力を発生させているものも見かけましたが、
形状・サイズなど都合の良い材料がなかなか見つかりません。)

Aベストアンサー

(実験した事はありませんので、おそらく最大になるだろうという考察です)

まず、コイルは内径が大きく、外径が小さいほど良いです。
次に、コイルの幅は狭い方が良いです。
電流はたくさん流れる方が良いです。
巻き数は多いほうが良いです。

つまり、層は少ない方が良いが、巻き数は多い方が良いので相反しています。適度な巻き方を探す必要はあります。
次に、電池(電源)の内部抵抗と同じ抵抗のコイルを作る必要があります。(その時電力が最大になります)
電池だと直流のため、導線の抵抗値のみを考えればいい事になります。(コイルのインダクタンスは無視できる)
導線の抵抗値が1m辺り何オームなのかを測り、電源の内部抵抗を調べ、同じ抵抗値になる長さを切り出します。
なるべくコンパクトに巻きます。

次に鉄心です。
棒状の鉄心よりはE型のような形状の鉄心の方が磁束が逃げにくいため強力になると思われます。
Eの内側中棒にぎゅうぎゅうになるようにコイルを巻いた時が最大になると思います。

以上より、
1.途中までねじがきってある太目の鉄製のボルトにコイルをぎちぎちに巻きます。
2.鉄のお猪口(状のもの)の中心に先ほどのボルトがしまるねじをきります。(出来れば1のコイルの太さにぴったりの内径)
3.1と2をくっつけます。
コレで最大になるんじゃないかと思います。

無理ならコの字型の鉄材の真ん中にねじを切り、鉄心もダイスでねじをきり、コイルを巻いて取り付けます。
コの字の鉄材はレールのようなものをカット、鉄心は鉄の棒をカットすれば良いと思います。

電磁石をON,OFFするのなら鉄は焼き戻す作業が必要になります。
コレをしないと鉄が磁石になってしまいます。

棒状の磁石なら、コイルを端に巻く事が重要になると思います。
がんばってください。

参考URL:http://www.osaka-c.ed.jp/sog/kankoubutu16/kenkyuu16/pdf/b01/2.pdf

(実験した事はありませんので、おそらく最大になるだろうという考察です)

まず、コイルは内径が大きく、外径が小さいほど良いです。
次に、コイルの幅は狭い方が良いです。
電流はたくさん流れる方が良いです。
巻き数は多いほうが良いです。

つまり、層は少ない方が良いが、巻き数は多い方が良いので相反しています。適度な巻き方を探す必要はあります。
次に、電池(電源)の内部抵抗と同じ抵抗のコイルを作る必要があります。(その時電力が最大になります)
電池だと直流のため、導線の抵抗値の...続きを読む

Qミニ雷発生装置について

こんにちは。
ミニ雷発生装置の作り方でよく使われるのが、ライターの発火装置の部分で、数万ボルトの電圧にして放電させていますが、放電時間は一瞬でよくわかりづらいので、コンデンサを並列に蓄電して直列に放電し、高電圧にして放電させれば何とかもっと長い時間放電させてミニ雷を楽しめると思いました。ちょっとわかりずらいと思いますが、この考えはどうなのでしょうか。回答お願いします。

Aベストアンサー

連続放電(見た目が持続放電)であれば、インバーター回路とコッククロフト・ウォルトン回路などの組み合わせで、電池を使った高電圧放電回路を作ることも可能かもしれません。
「コッククロフト・ウォルトン(回路)」で検索すると何か見つかるかもしれません。ただ、放電現象を扱うことは非常に危険ですので、十分な注意が必要です。子供さんや家庭実験で実施されることがないようにご注意ください。

本物の持続放電を見たい場合は、特殊な装置が要ります。針と平板などの不平等電界に高電圧直流電源装置でゆっくり電圧を上げてゆくと、やがて針の先端にコロナ放電と呼ばれる形態の放電が見られます。これが持続放電ですので、長い間放電を見ることが出来ます。

Q100円ライター内部の白い管は何?

 100円ライター内部に入っている仕切は、容器全体の
強度を増して、ガスの圧力に耐えると同時に外から加わ
る衝撃に耐えるためだと思われます。
 お聞きしたいのは、ガス噴出口から真下に伸びている
白く細い管(のようなもの)です。気化したブタン等を
燃焼しているはずなので、この管が無くても正常に燃焼
する思うのですが?
 あれは何の為にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

#3にちょっと補足。

ドーナツを圧縮している下側の金属板には中央に
円柱状の突起ががあって、ドーナツに通っています。
そして上側の金属部品にも穴があってここも通って
います。
上側の金属部品内部には開閉バルブが収納されていて
、そのゴムが金属部品の穴とドーナツの芯を抑えて
塞ぐようになっていますね。

これで待機時に溜ってしまう液状燃料の量を最低限
にして、バルブが開いたとき、急に気化して突出
するガスの量を抑えているようです。

バルブが開いたときに「ポッ」という音がして一瞬
勢いよくガスがでますよね。この現象からみて、
以上の推論は正しそうな気がします。

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Q圧電素子の駆動方法が分からなくて困っています

圧電素子にファンクションジェネレータで正弦波の電圧を印加して振動させようと思っているのですが,うまく振動しません.増幅回路を使って駆動させればよいとは思うものの,電子回路に関して初心者なため困っています.
増幅回路についてのアドバイスと,一般的な圧電素子の駆動方法を知っている方がいましたら一言お願いします.

ちなみに私が使っている圧電素子はRSのEB-T-320という製品です.

Aベストアンサー

cter2007さん、再び今晩は。
人が触って感知できるのはせいぜい1KHz程度までです(実験済み)。
おそらく100um以上の振幅が必要と思います(根拠なし)。

この点で、お考えの「センサ」では無理かなと思います。
・共振点でなければ大振幅が得られない。
・高電圧駆動時の絶縁の問題と振動減衰が両立しないだろう。

お使いの「センサ」に拘る限り工学的に意味の無い実験となりかねません。
私ならセンサ(振動子)選びからやり直します。
このメーカWEBは見ましたが何の情報も得られないですね。
再度書きますが、ブザーの類から選ぶことです。

なお触感が得られるのは普通可聴周波数になりますよ。


人気Q&Aランキング