これからの季節に親子でハイキング! >>

はじめまして。点検の仕方を勉強している者です。
PAS、SOGは三菱電機製です。 リレー試験器はムサシインテックのIPーR2000です。質問なのですが、(1)DGR(方向性)の場合、最小動作電流、最小動作電圧、動作時間、位相角試験がありますが、ある文献では、設定電圧V=190×130%で247Vと書いてあり、方や設定電圧V=190×150%で285(V)と書いてある場合もあります。
実際はどちらに設定すればよろしいのでしょうか?

(2)位相特性試験の場合、まず進み170°に設定して、これから位相調整つまみを進み方向にまわして、遅れ方向の動作点を見つける。次にまた進みの170°に設定し位相調整つまみを遅れ方向に回し、進み方向の動作点を見つけると理解していますが、これで正しいでしょうか?

(2)地絡継電器試験で、PASとの結合試験の仕方がいまいちわかりません。
なかなか参考となるものもなくて困っています。
SOG単体での試験方法は手持ちの参考資料にのってあります。

以上ご指導宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして



まず、リレー試験器はムサシインテックのIPーR2000をお使いになられておられるとのことですが、この試験器は位相特性の専用機ではないために位相の角度の試験は行なえません。
0°or180°をスイッチで切り替えることで結線の入れ違い等を判別する程度の試験内容になります。

さて、ご質問の試験電圧に関してですが、
(1)JIS・メーカー等を見回しても電圧に関してはV0=190×150%=285Vと書いているようです。
電流に関しては130%、400%の試験で時間測定するようになっているため、混同しておられるのではないでしょうか?
実際に試験を行なった際に試験電圧が130%でも150%でも(1)動作電流試験(2)動作時間試験(3)位相特性試験共にほぼ違いはないようです。試験を行なう際に充分に動作域に入っていれば良いと思われ、ご質問にある130%の試験電圧は許容誤差である±25%を加味した125%を繰り上げて130%で試験を行なうという根拠から130%と書かれているのかもしれませんね。


(2)位相特性試験を含め不動作域(両極180°)から動作域にボリュームで調整し動作点を見つけるために、ご質問の内容で正しいと思われます。


(3)地絡継電器試験で、PASとの結合試験の仕方がいまいちわかりません
一般的には「結合試験」とは言わないと思いますが、連動試験と考えてよろしいでしょうか?
PASの場合は試験を制御部で行なうためそのまま端子へ接続することとなります。
通常、連動試験で開閉器部分の動作確認を行なうため一度だけ行ないますが、継電器に対する細かな試験は単体で行なうことが一般的かと思われます。

参考URL:http://www.geocities.jp/putimonikiki/top/sogsike …
    • good
    • 2

勉強ご苦労様です。


失礼な事ですが、質問内容で感じました点は、方向性の開閉器の必要性を理解出来ていますか? また、原理を理解していますか?


理解しているとの事でお答えします。

> (1)DGR(方向性)の場合、最小動作電流、最小動作電圧、動作時間、位相角試験がありますが、ある文献では、設定電圧V=190×130%で247Vと書いてあり、方や設定電圧V=190×150%で285(V)と書いてある場合もあります。 実際はどちらに設定すればよろしいのでしょうか?

接地電圧とは、配電線で接地事故が発生しますと、接地電圧Voが発生し、Voと接地電流Ioの位相差で動作し開閉器を切ります。
6600vの電路の対地電圧は、6600/1.73=3810v 3810vの5%は、190vです。
Voの検出に接地コンデンサーで検出していますので、誤差が大きい欠点があります。 +-30%位有ります。 190*130%=247v 190*70%=133v ですから両方とも満足していますので、どちらでも良い事になりますが、動作試験は285vが良いです。 また、継電器に2.5% 5.0% 7.5% 10%の設定値が有ると思います。 配電線の残留電圧が有りますので、残留電圧+5%の設定が良いです。


> (2)位相特性試験の場合、まず進み170°に設定して、これから位相調整つまみを進み方向にまわして、遅れ方向の動作点を見つける。次にまた進みの170°に設定し位相調整つまみを遅れ方向に回し、進み方向の動作点を見つけると理解していますが、これで正しいでしょうか?

表現が理解しにくいため私のやり方をお知らせします。
接地電圧voと接地電流ioの位相を180度にし(進み遅れ)どちらでも良い。 位相をずらし進みで30度、+-90度程度の範囲で動作(トリップ)すれば良と判断 進みと遅れの合計角度が180度程度になれば良い(アバウトで良い) (非接地地区)
正確には、各メーカーに範囲値があります。
vo=285v  io=0.26A  リレー制定値は vo=5% io=0.2A です。
また、不動作領域で完全接地電流io (配電線によって異なる 2A 3A 4A)を流し不動作を確認する。


>  (2)地絡継電器試験で、PASとの結合試験の仕方がいまいちわかりません。
なかなか参考となるものもなくて困っています。
SOG単体での試験方法は手持ちの参考資料にのってあります。

ここが一番重要な件ですね。
リレー単体の試験は良いのですが、現実は開閉器と組み合わせの動作試験が重要です。
設備に設置後は、単体試験とトリップ試験しか出来ませんので、設置前に組み合わせの試験を行います。
組み合わせ試験は、voは、6600vリード線負荷側に3線まとめて印加します ioはkt-lt端子に流します。 次に、voを試験端子に印加、ioを6600vkの1線(どれでも良い)に流しトリップ確認を行います。
次に動作時間を測定します。
これでバッチリです。 設備に設置している開閉器の試験の場合は、テスト端子vo ioでトリップ確認です。

重要な事は、制定値の誤差範囲も重要ですが、動作時間が規定値に入っている事が重要です(電力会社の保護リレーの動作時間協調のため)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q柱上高圧気中開閉器(PAS)とSOGについて

通常、ペアで使われる柱上高圧気中開閉器(PAS)とSOG制御装置の動作についてご教授お願いします。

下記のPAS及び、SOGを例に質問します。
それぞれのカタログ(PDF)を参照下さい。

(PAS)
http://www.togami-elec.co.jp/products/04kouatsu/01rock/klt_lt/index.html

(SOG)
http://www.togami-elec.co.jp/products/04kouatsu/01rock/ltr/index.html



1)SOGはPASを動作させる継電器と考えればいいのでしょうか。
そして、PASは、その継電器(SOG)により動作する開閉器及び、継電器(SOG)に信号を与えるVT、CTが入っている装置という理解でいいですか?


2)方向性タイプのPASにおいて、地絡の場合は、ZCT及び、ZPDの入力により、TCを励磁して、開閉器を動作させるのだと思いますが、SO動作のときのOCR(過電流ロックリレー)の動作がわかりません。


3)VT(制御電源用変圧器)は、SOG用の電源を供給しているのだと思いますが、PASがトリップしたら、この電源も落ち、SOGはダウンするのではないでしょうか。
それでいいのですか?


4)SOGカタログの方向性仕様に地絡方向検出位相特性図があります。
PASは、需要家側(つまりPAS負荷側)の地絡で動作するはずですが、その位相がなぜLag60°~Lead120°になるのかわかりません。


以上、もろもろお教えいただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

通常、ペアで使われる柱上高圧気中開閉器(PAS)とSOG制御装置の動作についてご教授お願いします。

下記のPAS及び、SOGを例に質問します。
それぞれのカタログ(PDF)を参照下さい。

(PAS)
http://www.togami-elec.co.jp/products/04kouatsu/01rock/klt_lt/index.html

(SOG)
http://www.togami-elec.co.jp/products/04kouatsu/01rock/ltr/index.html



1)SOGはPASを動作させる継電器と考えればいいのでしょうか。
そして、PASは、その継電器(SOG)により動作する開閉...続きを読む

Aベストアンサー

問)P1,P2に電圧が来ないということは、SOG自体の電源も落ちるということではないのでしょうか?
なのになぜ、開放条件が成立したと判断でき、PAS開放の動作ができるのですか?

回答)
SOG制御回路の負担は小さく、当然のことP1、P2に電源がなくなっても機能を維持してSO動作できます。(全メーカー)
・SO動作は、SOG内のコンデンサーに蓄えられたエネルギーを使っています。
・40年ぐらい前からSO動作機能はありました。
基板内の回路はメーカー公表していませんが、昔の機種は簡易な回路でした。
一度バラシテ自分で回路図を作ると勉強になります。
・G動作についても2秒程度の電源喪失機能がついてます。

問)トリップコイルを動作させる電解コンデンサは、どこについているのでしょうか?
SOG制御箱内です。

戸上電機製作所本社に技術担当(S殿)がおられますので、取説他熟読されて電話されると良いです。

Q過電流継電器(OCR)のタップの意味

過電流継電器(OCR)のタップの意味として

「タップとは、CTからの電流値をどこまで使えるかというイメージを持てばわかりやすいと思います。400/5AのCTに接続されているOCRであれば、400/5×1=80A がタップ1です。タップを2にすれば 400/5×2=160A になります。タップ5なら、400/5×5=400A となります。」

という説明がありましたが、

1)「タップとは、CTからの電流値をどこまで使えるかというイメージ」の「どこまで使えるか?」とは、どういう意味でしょうか?

2)「400/5×1=80A がタップ1です」とありますが、400/5というのはCTの変流比だと思いますが、それにタップ値を掛けたものが、80A(アンペア?)とはどういうことでしょうか?

タップ1に設定すれば、そのOCRは、CT二次側電流が80A流れたときに動作する(レバーで設定された特性で)ということですか???

どうもタップの意味が分かりません。ご教示ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>はい。限時用度というのはわかるのですが、なぜタップ指定が「5.0A」という表現なのでしょうか?

何故なんでしょうね?
その理由は、メーカーしか判らないんじゃないかと・・・

三菱のOCR(MOC-A1Vシリーズ)は3-3.5-4-4.5-5-6Aとなっているので
必ずしも、5.0Aと表記する訳ではないみたいですね

Q高圧の耐圧試験について

先日、高圧の耐圧試験を実施したときに、受電側はケーブルを浮かして三線を短絡させていましたが、変圧器側は特になにもされていなかったようなのですが、電圧をかけることによって変圧器の二次側に電圧が発生してしまわないのでしょうか?試験は変圧器一次側までということでした。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

質問の回答の前に「耐圧試験」と「変圧器」について説明します。

□耐圧試験とは
一次側(受電側)の絶縁耐圧を確認する訳ですから、受電側と変圧器のフレーム(容器)⇒(対地)間に絶縁劣化による漏れ電流を測定して良否を判定します。
1.絶縁は、一次巻き線 ⇒ 絶縁紙 ⇒ 鉄芯 ⇒ フレーム間の状態を指します。
2.印加電圧は直流電圧(DC)の高圧電圧を印加します。
3.AC耐圧試験の場合は、交流の高圧電圧を印加します。
4.危険防止のために、一次側を浮かして三線を短絡させます。

□変圧器とは
一次側(受電側)の両端子(3相の場合は3端子)間に交流電圧を印加すると、二次側の端子間に電圧が発生します。
1.二次側の端子電圧は、一次側と二次側の巻き線比率で電圧が決定されます。
2.一次側と変圧器のフレーム間に電圧を印加しても、通常二次側には電圧は発生しません。
*以上を前提にして質問の回答すると、

>変圧器の二次側に電圧が発生してしまわないのでしょうか?
上記の変圧器の2.の理由により二次側に電圧が発生しません。

# 一次側の巻き線間に電流を流す訳ではないので、二次側に電圧が発生しません。

質問の回答の前に「耐圧試験」と「変圧器」について説明します。

□耐圧試験とは
一次側(受電側)の絶縁耐圧を確認する訳ですから、受電側と変圧器のフレーム(容器)⇒(対地)間に絶縁劣化による漏れ電流を測定して良否を判定します。
1.絶縁は、一次巻き線 ⇒ 絶縁紙 ⇒ 鉄芯 ⇒ フレーム間の状態を指します。
2.印加電圧は直流電圧(DC)の高圧電圧を印加します。
3.AC耐圧試験の場合は、交流の高圧電圧を印加します。
4.危険防止のために、一次側を浮かして三線を短絡させます。

□変圧器とは
...続きを読む

QDGR(地絡方向継電器)とOCR(過電流継電器)

・DGR(地絡方向継電器)
・OCR(過電流継電器)
の違いについて、ご教授お願いいたします。

高圧負荷設備に、DGRとOCRがついている場合。

質問(1)
負荷設備で絶縁不良などがあり、過電流が生じた場合、DGRが先に動作して、それでも止まらない場合はOCRが動作するものと考えてよろしいでしょうか?」

質問(2)
この場合、DGRとOCRの保護協調はOCRがDGRの次にあるということですか?

質問(3)
逆にDGRが動作せずに、OCRが動作するのは、絶縁不良などではなく、設備の電力使用量が多すぎるということでよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

質問(1)
絶縁不良が起きると通常1線地絡事故が起きます。完全地絡事故になっても最大で2A程度なので、OCR動作しません。1線地絡から波及して2線地絡(2相短絡)すればOCR動作になります。
地絡電流と短絡電流が同時に流れればOCR動作になります。時間が50mSと200mSで速さが全く違います。過電流領域であればDGRの方が早いでしょう。
質問(2)
保護強調とありますが、DGRは地絡保護、OCRは短絡保護・過電流保護です。検出する事故が違います。地絡事故から短絡事故に移行する場合がありますが、違う保護強調です。
質問(3)OCRが動作するのは、電力使用量が多いか、OCR整定が間違っているか、検出回路かトリップ回路の配線が間違っているか、絶縁不良を起こして接地を介さずに微小短絡が起きているかと思います。

QV0が低すぎて困っています

お世話になります。
当方は電気管理事務所を開業間もないのですが、今般新設のお客様と契約を結ぶことができました。
工事着工後に受託契約の話を頂いたため、設備の詳細を知った時にはすでにPASは装柱されておりました。受電日も近く、近日中に竣工試験を予定しておりますが、中国電力からの資料を見て困っています。

・PASは方向地絡継電器(エネジーサポート製CLS-AP215Se-D. 200A)
・引き込みフィーダーのV0が0.5~1.7%との事。

電圧制定タップは2%までしかなく電圧制定のしようがありません。エネジーサポートに電話しても「対策品はない」との事です。

そこで質問です
(1)対策はありますでしょうか?(正攻法以外の裏技でもかまいません)
(2)対策がない場合お客様に、「構内の地絡事故では継電器が動作しないことも考えられ、波及事故に発展しかねない。」と伝えるべきか?

ちなみにケーブルはCVT38 60mです。設定は0.3Aですが、中電の支持では0.5Aでも良いとの事です。
更新の際には無方向でもいいように思いますが、10年先のことですので困っています。

お世話になります。
当方は電気管理事務所を開業間もないのですが、今般新設のお客様と契約を結ぶことができました。
工事着工後に受託契約の話を頂いたため、設備の詳細を知った時にはすでにPASは装柱されておりました。受電日も近く、近日中に竣工試験を予定しておりますが、中国電力からの資料を見て困っています。

・PASは方向地絡継電器(エネジーサポート製CLS-AP215Se-D. 200A)
・引き込みフィーダーのV0が0.5~1.7%との事。

電圧制定タップは2%までしかなく電圧制定のしようがありません。エネジ...続きを読む

Aベストアンサー

中国電力(株)他のほとんどの電力会社は、地絡検出抵抗を6,000Ωに整定します。
(作業は人工地絡試験において、6kV地絡事故において6,000Ω検出できるV0(零相電圧)を整定します。
※ 6,000Ω整定の理由として地絡抵抗3~5kΩ以下の場合は、消弧する割合が50%程度です。6kΩ以上の故障については90%が消弧してそのほとんどが0.5S以内に消弧します。配電線を不必要にトリップ(停電)させないようにするために、この様な整定にします。

さて、配電用変圧器(バンク)2次側全ての電路の対地静電容量により6,000Ω時の零相電圧値は変化します。近年は地中線化などにより対地静電容量が大きくなりV0のは低くなり、電力会社との感度協調の取れないところは多くあります。
・ZPD方式の検出限界。また、EVT方式はPASでは不採用。(需要家側では!)
・変電所の各バンク容量を小さくして、数多くのバンクを接地すればV0値は小さく出来ますがコスト増の影響で不可能。
・四国電力は需要密度の少なく、広範囲の地域(対地静電容量が多くなる。)に供給する目的でPC接地方式を採用しているので、V0値は大きくなる。
・中国電力は、基本的に非接地方式ですが、山間部などのおいて対地間にリアクトルを挿入する分散リアクトルが設置されています。(電力の主たる目的はEb許容値の増大ですが、地絡感度協調ではV0値は大きくなる。)

ここで、需要家側は
・無方向性のPASを設置すると、地絡電流のみによる協調ですので、感度協調は可能ですが外部事故による不必要動作を起こして需要家に迷惑をかける。
(不必要停電は最も嫌われると思います。)
・変電所の整定値とPASの整定値において、感度協調が取れていない範囲は、PAS不動作により波及事故になる可能性はありますが、地絡抵抗による特性表を作っても大きな範囲では無い。(確率的に非常に低い。)
・また、実際の事故の時は地絡抵抗は、アークにより地絡抵抗値が変化して「0Ω」側に変化しますので、動作範囲に入ることを期待出来る。
・昔はPASに地絡保護が無かった時代もありました。
・地絡事故の起きないような保安管理に努める。(簡単に地絡事故は起きません。)
・お客さんには、現在の電力系統、技術においては波及事故の可能性の説明を簡単に!(あまり脅かしても良くないでしょう!)
※実際のところ、広島中心部や大阪駅周辺においては感度協調は取れていないのが現状です。
関電と中電は若干リレーが異なり、6000Ω時のトリップ時間が異なります。(関電側有利)

また、参考として、東京電力は変電所の整定を10%固定です。
※ 日本の中心部では、そう簡単にトリップさせる訳にもいかないので、6000Ω整定では無くかなりの低抵抗にならないとトリップしません。日本は東京が中心ですから各メーカーとも東電仕様の保護継電器、書籍類も東電の保護継電器が載っています。以前はV0=5%までの製品しかありませんでしたが、近年は技術の進歩と他の電力の実情が解ったせいかV0=2%が出てきました。

私も電力経験が有り、30歳前から電気管理技術者を20年以上行っていますが協調の取れていない所は多々経験しております。(大都市中心部で感度協調はほとんど取れていません!)

事故報告が必要な
・波及事故はたかが停電ですが、電気火災は需要家に多くの被害を与えますし、感電死亡(入院他)は電気管理技術者にとって最悪です。

いろいろ理論的に行かないことも多々あるかと思いますが、ご活躍ください。

中国電力(株)他のほとんどの電力会社は、地絡検出抵抗を6,000Ωに整定します。
(作業は人工地絡試験において、6kV地絡事故において6,000Ω検出できるV0(零相電圧)を整定します。
※ 6,000Ω整定の理由として地絡抵抗3~5kΩ以下の場合は、消弧する割合が50%程度です。6kΩ以上の故障については90%が消弧してそのほとんどが0.5S以内に消弧します。配電線を不必要にトリップ(停電)させないようにするために、この様な整定にします。

さて、配電用変圧器(バンク)2次側全ての電路の対地静電容量により6,000Ω時...続きを読む

Q保護連動試験の判定基準

OCRとDGRの保護連動試験の判定基準について教えてください。

保護継電器単体特性試験では、明確な基準があるかと思いますが、
保護連動試験で測定した、動作時間に関して明確な基準があるのでしょうか?

判定基準として、「遮断器が確実に動作すること」では問題がありますか?

Aベストアンサー

問題ないと思います(動作の良否の判断しかないと思います。)
OCR+VCBでは、OCRの動作時間+VCBの開極時間と思いますが、VCBの開極時間はVCBの精密点検の範囲です。違うメーカーの物を接続して基準が存在するはずがありません。

Q三相交流のV結線がわかりません

V結線について勉強しているのですが、なぜ三相交流を供給できるのか理解できません。位相が2π/3ずれた2つの交流電源から流れる電流をベクトルを用いて計算してもアンバランスな結果になりました。何か大事な前提を見落としているような気がします。

一般にV結線と言うときには、発電所など大元の電源から三相交流が供給されていることが前提になっているのでしょうか?

それとも、インバータやコンバータ等を駆使して位相が3π/2ずれた交流電源2つを用意したら、三相交流を供給可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。
>V結線になると電源が1つなくなりベクトルが1本消えるということですよね?
●変圧器のベクトルとしてはそのとおりです。

>なぜ2つの電源の和を「マイナス」にして考えることができるのかが疑問なのです。
●もっと分かりやすいモデルで考えてみましょう。
乾電池が2個あってこれを直列に接続する場合ですが、1個目の乾電池の電圧をベクトル表示し、これに2個目の乾電池の電圧をベクトル表示して、直列合計は2つのベクトルを加算したものとなりますが、この場合は位相角は同相なのでベクトルの長さは2倍となります。

同様に三相V結線の場合は、A-B,B-Cの線間に変圧器があるとすれば、A-C間はA-B,B-Cのベクトル和となりますが、C-A間はその逆なのでA-C間のマイナスとなります。

つまり、どちらから見るかによって、マイナスにしたりプラスにしたりとなるだけのことです。

端的に言えば、1万円の借金はマイナス1万円を貸したというのと同じようなものです。

Q過電流継電器(OCR)のレバーの意味

過電流継電器(OCR)の限時特性を決めるレバー設定にL=1.0、2.0・・・等々ありますが、この数字は何を表しているのでしょうか?

Aベストアンサー

貴兄の疑問は尤もですが回答1の内容で全て言い表されています。どうも難しく考えすぎているようです。
昔の円盤式のOCRのレバーの所を見れば貴兄の疑問は氷解すると思うのですが。
極端に言えばレバーの数値自体になーんの意味もありません。絶対的な時間や電流値を表すものではなく
単なる目安の数値であり限時の動作時間に関係する制定です
円盤式のOCRを見たことがありますか? 過電流により円盤が回り始めて最後まで行けば接点に接触して
がちゃんとVCBなりOCB(古いですかね)動作するわけですが接点の間隔をレバーで1-10まで均等に目盛りとして振ってあるだけです 例えばレバー値1で0.5秒で動作する設定ならレバー値3なら距離が3倍ですから動作する時間が3倍の1.5秒かかるだけのことです レバー値が時間そのものを表すわけではありません 今は電子式ばかりですのでそういうイメージがわかないかもしれません 胴でもよいかもしれませんがオム××のKXCADOR× なんかは電流300%で時間(秒)はレバー値そのものの値を示す事はご存じですね レバー値10なら10秒で動作します 表の銘板にでていますね

貴兄の疑問は尤もですが回答1の内容で全て言い表されています。どうも難しく考えすぎているようです。
昔の円盤式のOCRのレバーの所を見れば貴兄の疑問は氷解すると思うのですが。
極端に言えばレバーの数値自体になーんの意味もありません。絶対的な時間や電流値を表すものではなく
単なる目安の数値であり限時の動作時間に関係する制定です
円盤式のOCRを見たことがありますか? 過電流により円盤が回り始めて最後まで行けば接点に接触して
がちゃんとVCBなりOCB(古いですかね)動作するわけです...続きを読む

Q地絡方向継電器 特性試験方法について

はじめまして、私は鉄道電気の保守して間もないものです。
設備(変電所)の保守での定期点検で、高圧配電線路に用いられているデジタル保護リレーで地絡方向継電器(EVT使用)のリレー特性試験を、電流特性試験のみ行っています。(始動作試験、限時特性試験)
そのほかにも、動作電圧値試験、位相特性試験、慣性特性試験等があると思いますが、これらについても定期的に点検を行うことは必要なのでしょうか?
(以上の試験に必要な測定器は揃っています。)
電気の初心者なもので、分かりやすく教えていただけたらと思います。
ご指導のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

定期点検を行う上で何を基準に試験を行っていますか?
鉄道関係は基準が一般の電気設備と違う部分があると思いますが、点検を行う機器の取扱説明書などに、製作メーカーの管理値があると思います。この管理値内に入っていることを確認すれば継電器が正常に動作しています。(管理値の元はJISです)管理値に位相特性等もあると思います。よって保安規程の通り定期的に行う必要があると思います。

Q零相電圧「V0」は、負荷バランスによる電圧の不平衡や欠相では発生するの?

零相電圧「V0」は、負荷バランスによる電圧の不平衡や欠相では発生しないはずなのですが、理論的に証明出来ないでしょうか?
模擬回路で1次側に不平衡電圧つくり実験しましたが、3次巻線の対地電圧は不平衡になっているのに、V0は発生しません。
ちなみに1相を欠相させても、同じです。
Vr+Vs+Vt=V0=0とはなっていないように思われますが...

Aベストアンサー

回路図を見せてもらえませんか?

Voについては参考URLがよいと思います。

参考URL:http://www.actv.zaq.ne.jp/gaagc102/frame1.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング