人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

入院と自動車学校のため、勉強できませんでした。
5日後にテストがあります、お手伝いをお願いします。

Most of the time these Arabs led a frugal life,eating little.But when travelers arrived,the Arab tradition of hospitality meant that a big dinner party would be held.The Arab women would spend most of the day cooking for their party.There would be only one course,a huge copper dish filled to overflowing with mutton and rice.This would be placed,still steaming,in the middle of the circle of men.The cooks would pour pot after pot of hot mutton fat in to the dish.The men would roll up the sleeve of the right arm as far as the elbow and then dip into the mutton and rice.The idea was to make little ball of rice and meat and fat and then flick this into your mouth with your thumb,much like firing a marble.Lawrence always waited before starting to eat because the mutton fat was so hot it could scald your fingers.When the men had finished ,the women and children came to eat.Then it was the dogs’turn,until nothing was left.This happend in every camp until Lawrence hoped never to see mutton again.
After the feasting came talk of the mission,the attack on Akaba.At first the Arabs would say that this was impossible,but slowly,listening Lawrence and Auda,they would change their mind.By the time Lawrence was ready to cross the desert for the attack,there were enough Arabs with him to make the chances of success reason ably good.But before any battle there was the desert,one of the hottest and driest in the world,to cross.It was a terrible journey.Each Arab carried his water bag and a few pounds of flour to make a rough kind of bread in theashes of thecampfire.Lawrence carried the same ,plus a few bars of chocolate.Ar each well the men and the camels would drink deeply and then go for dats on just a few sips of water.The band frew to about five hundred men, and when they found their way to Akaba blocked by aTurkish force at a place called Aba el Lissan,they felt strong enough to attack.They surrounded the Turks during the night.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

たいてい、これらのアラブ人たちは、あまり食べずに、倹約した暮らしをしていました。

しかし、旅人が到着すると、アラブのもてなしの伝統は、盛大な晩餐会が開かれることを意味していました。アラブの女たちは、ほとんど終日、晩餐会のための料理をして過ごしました。コースは一つだけだったでしょう、羊肉と御飯があふれんばかりに盛られた巨大な銅製の皿と言う物でした。この皿が、まだ湯気を立てているうちに、男たちの輪の中心に置かれたものです。料理人たちは、深鍋に入った熱い羊の油を、次から次へとその皿に注いだものです。男たちは、右腕の袖を肘のところまでたくし上げ、それから、羊肉と御飯の中に手を入れたものです。考え方は、ご飯と肉と脂で、小さなボールを作り、そしてこれを親指で口の中にはじき入れると言うもので、ビー玉をはじくのとずいぶんよく似ていました。ロレンスはいつも食べ始めるのを待ちました、と言うのは、羊肉の脂はとても熱くて、指を火傷しそうなのです。男たちが食べ終えると、女や子供たちが食べに来ました。それから、犬の番で、ついには何も残りませんでした。これはすべてのキャンプで行われ、とうとうロレンスは二度と羊肉は見たくないと思いました。
祝宴の後には、アカバ攻撃の任務の話し合いが行われました。はじめ、アラブ人たちはこのことは不可能だと言っていましたが、ロレンスとアウダの話を聞いて、ゆっくりと気持ちを変えました。ロレンスが攻撃のために砂漠の横断の準備が整う頃までには、彼には、成功の可能性をかなり良いものにするのに十分なアラブ人たちがいました。しかし、いかなる戦闘の前にも、横断しなければならない、世界で最も熱く、乾燥した土地の一つである、砂漠がありました。それはひどい旅でした。アラブ人はめいめい、水袋とキャンプファイアーの灰の中で粗雑なパンの様なものを作るために、数ポンドの小麦粉を携えていました。ロレンスは同じものと、それに加えて、板チョコを数枚携えていました。どの井戸でも、男たちもラクダたちも、十分に水を飲み、それから、ほんの一滴の水で、ナツメヤシの実を求めたものです。部隊は約500名に増えており、アカバへの道が、アバ・エル・リサンと言う場所でトルコ軍によって阻まれているのがわかった時、彼らは十分襲撃できる強さがあると感じました。彼らは夜間にトルコ軍を包囲しました。


*** 試験までには残りにも訳をつけたいと思っているのですが、今日はもう時間がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速で丁寧な回答ありがとうございます。
感謝の気持ちで一杯です。

お礼日時:2011/01/06 13:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング