既に出ているかもしれませんが、自動車保険等に関しては全く初心者のため
調べても同じようなケースが見当たらないので教えてください。

新規で自動車を購入しました。
知人から譲り受けた中古車のため、個人で名義変更の手続等を行いました。

諸事情により、その自動車の所有者は現在同棲中の彼氏、使用者は私本人になっています。
(その所有者で登録した彼氏はと結婚予定ですが、現在は書類上他人になります。)
(また、同棲していますが、それぞれ住所登録は別々になっています。)

主に使用するのは私本人なので、新規で自動車保険に入ろうと思っています。

自動車の所有者名義と使用者名義が異なりますが、自動車保険に入れるのでしょうか?
ちなみに普通の(改造などしていない)自家用車でレジャー用程度の車です。
一般的な保障のタイプにはいろうと思っています。

いくつか問い合わせしてみた結果、大手の通販型と呼ばれる保険会社では契約できないことがわかりました。

今回こちら調べてみて、大手で宣伝しているものは”通販型”とはじめて知ったレベルの初心者です・・・

初めての自動車保険の検討ですので、どういった点を注意すればいいのか、
またネット等で扱っている通販型以外では、どこへ問い合わせすればいいのか等詳しく教えて頂けると助かります。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

代理店型 一般損保ならどこでもOKです。



損保ジャパン、三井住友、東京海上日動、日本興亜損保、富士火災、日新火災、ニッセイ同和あいおい損保、朝日火災

注意点は記名被保険者 その車を主に運転する人を明記しておけば問題ありません。一般的に自動車保険では契約者、車検証上の所有者に重要性はありません。
記名被保険者がポイント 等級継承権利者であり、補償はこの方を中心に考慮されます。

対人対物加入は当然ですが、車両保険(エコノミータイプ車対車+A)と人身傷害は是非加入してください。多少高くなっても事故は相手を選びません。自己防衛のために加入必須 補償保険商品です。

保険料が安いは自慢にはなりません。事故時機能する保険加入であって、はじめて自動車保険加入の意味があるのです。

詳細は加入時 説明を聞かれることですね。
    • good
    • 24

通販型が断られたのは、名義の問題ではなく、「知人から譲り受けた」という事情からでしょう。


多くの通販型は新規契約は新規取得自動車でないと契約ができないようになっています。
インターネットの問い合わせ段階で跳ねられるわけで、コールセンターに電話をすれば契約できる可能性はあります。

代理店型で契約すればとくに問題なく契約できますので、自分の周りで車を所有している方に代理店を紹介してもらうことです。
    • good
    • 15

自動車の名義と、保険の名義は関係ありません


自賠責保険は、自動車自体にかける保険ですから、だれでもかまいませんし
任意保険の場合には、人にかける保険ですから、名義は、両方とも関係ありません
ただ任意保険の場合には、保険料を安くするために、使用する人を、3人位に絞ったり、年齢制限をしたりすることはありますが、それさえクリアーしていれば貴女の名義でも、彼の名義でもかまいません
今回は、あなたが主に使用するようですから、あなたの名義にして、彼の名前も登録しておくとよいと思います、
詳しくは、保険代理店でわかりますので、保険登録する際に申し出てください
    • good
    • 21

>大手の通販型と呼ばれる保険会社では契約できないことがわかりました。



それは、知りませんでした

>自動車の所有者名義と使用者名義が異なりますが、自動車保険に入れるのでしょうか?

入れます
私は通販型では無いのですが、家族の車に保険を掛けています

でも、家族限定を付けると他人の彼氏は運転できません(保険はおりません)

年齢不担保も同様です

その点はご注意を

>所有者は現在同棲中の彼氏、使用者は私本人

そんな面倒なことしなくても良いのでは?
使用者なんて必要?
    • good
    • 22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車名義人と保険の契約者は同一人物でないといけないのか?

この度、車を購入しようかと考えているのですが、今使用しているのが私自身の名義の車で保険も私名義です。これから購入予定の車の名義を主人の名前にしたいのですが、保険は私の名義のままでも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

夫婦間なので、現契約での車両入替処理は出来ます。
問題ありません。

自動車保険では次の3つの名義を設定します。

1.契約者・・・契約を交わす人です。誰でも(赤の他人でも)OKです。

2.記名被保険者・・・主にその車を使う人であり、等級の継承者です。
名義の中では最も重要で、これが実態と異なる場合は、約款の規定により契約が解除されることがあります。
解除された場合は、事故が起こっても保険金が支払われません。
記名被保険者は、同居の親族間に限って変更することができます。(夫婦に限っては別居でもOK)

3.車両所有者・・・その車を実態上所有する人。
車検証上の所有者と同一でなくてもかまいません。

Q車検証の所有者が、なぜかディーラー。 使用者は私。

最近気が付いたのですが、車検証の所有者がディーラーになっていました。所有者は私です。
もちろん、お金は購入時に全て払い込みました。

1.このままトラブルなど起こらないのでしょうか?
2.所有者を私に変更するための手続き方法とは?
全く急がないので、お願いいたします。

Aベストアンサー

すでにたくさんの回答ありますが、私も一言。

>車検証の所有者がディーラーになっていました。所有者は私です。
◎「所有権留保」による登録です。
所有者は自分であるのに、車検証上自分は使用者となっている。
これは、
ローン購入などで、車両引渡し時に支払が済まない状態の場合で、支払が済むまでの登録方法です。
完済するまで勝手に車を処分できないようにするのが主目的。
所有者はディーラーで、車検証上の使用者に使用権があるというわけです。

>お金は購入時に全て払い込みました
◎前金をいくらか払うなど購入時の約束次第。
通常、登録(ナンバーが付く)と納車までの時間的ズレがあります。
すなわち厳密には、
登録する=車検証とナンバープレートが交付される=この時点で所有者が決まるわけです。
ところが、
いざ納車時に、購入者が何らかの事情で約束どおり全額支払しない場合、納車できないことになってしまいます。
万が一このようなことが起きても、納車できるように考慮すると、ご質問のような登録が有効であると考えることもできます。
ディーラーによっては、このような登録の考えを採用するところもあるようです。
要は、無用なトラブルを避けるためと解釈することも可能です。

>1.
◎すでに他の回答者さんご指摘どおりです。
(1)ディーラーの「倒産」などが心配。
といっても、法的には差し押さえられると言うことはありません。
なぜなら、使用者は完済しているので事実上の所有者だからです。
ただし、わけの分からない「債権者」と称するヤカラが来ないとは限りません。
(2)乗り換えや廃車時に面倒。
「所有権解除手続」を、そのディーラーへお願いする必要が発生します。

上記以外の何らかのデメリットは考えられません。
もちろん車検受には一切関係ありません。

>2.
◎簡単です。
ディーラーへその旨申し入れれば、一切の手続を無料でしてもらえます。

※いずれにしても、所有者変更しておくべきです。
上記は、良い方へ解釈した考えです。
悪く考えれば、
ディーラーが納車希望日に関係なく自社の登録実績を増やすために、購入者の印鑑証明等を待たずに登録してしまったなどもあり得る話ですが。
まずはディーラーへ連絡してみましょう。
万が一、そこで何らかのトラブルが発生すれば、またご質問下さい。

すでにたくさんの回答ありますが、私も一言。

>車検証の所有者がディーラーになっていました。所有者は私です。
◎「所有権留保」による登録です。
所有者は自分であるのに、車検証上自分は使用者となっている。
これは、
ローン購入などで、車両引渡し時に支払が済まない状態の場合で、支払が済むまでの登録方法です。
完済するまで勝手に車を処分できないようにするのが主目的。
所有者はディーラーで、車検証上の使用者に使用権があるというわけです。

>お金は購入時に全て払い込みました
◎前金を...続きを読む

Q自動車の所有者を私のまま使用者変更したら税金は?

所有者及び使用者が私の普通自動車を所有者私のまま使用者を友人に変更手続した場合に税の申告は発生しますか? ネットで調べていると代書屋の使用者変更手続に自動車税・自動車取得税申請の項目があります。 ローン返済中の場合と個人所有の場合でごっちゃになってしまいました。
自動車税・自動車取得税は所有者が払うと言う記述と自動車税のはがきは使用者に来ると言う記述があります。所有者が個人の場合既に自動車取得税は所有者が払っており、 また自動車税はローン返済中を除いて個人所有の場合は所有者にはがきか来るという認識は正しいでしょうか?
つまり使用者のみの変更では税の申告はいらないと言うことで正しいでしょうか。

Aベストアンサー

>所有者私のまま使用者を友人に変更手続した場合に税の申告は発生しますか?

先ず、所有者と使用者が同一名義の場合は「所有者が各種税金の納税義務者」ですよね。
では、今回のように(何故か)使用者名義のみを変更する場合。
基本的に、自動車税・自動車取得税は「新使用者が納税義務者」となります。
各陸運局車検場で変更登録「自動車検査証記入申請書(変更登録申請書)」を行うときに、一緒に申告・納税「自動車税・自動車取得税申告書(報告書)」を行います。

>自動車税はローン返済中を除いて個人所有の場合は所有者にはがきか来るという認識は正しいでしょうか?

基本的に、間違いです。
自動車税については、自動車を登録した際に提出する「自動車税申告書」の納税義務者欄に記載した者が納税義務者になります。
通常は、使用者名を納税義務者欄に記載します。
「自動車税申告書」の納税義務者欄が空欄の場合は、所有者が納税義務者になります。
質問者さまの場合、自由に選択して下さい。
常識的には、全く利用しない自動車の税金を負担したく無いですよね。

Q法人名義の車なのですが、自動車保険は個人名義でも大丈夫なのでしょうか?

最近、自分でやっている小さなお店を法人化しました。
そして法人名義で車を購入しようとしているのですが、
自動車保険を法人名義で加入すると、新規扱いとなる為、
等級が低く、かなり保険料がかさんでしまいます。

現在までは、個人名義のオンボロ車に個人で保険に加入しており、そちらは11等級です。

設立したばかりの為、様々な出費がかさみ、出来るだけ保険料はおさえたいのですが、このまま個人の等級を活かす方法はないでしょうか??所有者が会社名義だとやはり会社名義の保険でないとマズイのでしょうか??

保険についてまったくの無知なため、どなたか御教え下さい。

Aベストアンサー

個人名義で契約をしていても法人で経費処理するのは可能だと聞いています。実態的に会社で使用所有管理をしていれば大丈夫だと聞いています。(断言で無くごめんなさい)

「所有者 ローン会社 使用者 法人名」となる自動車は、保険上では法人の所有となります。自動車保険の契約時には契約者が誰であろうと車両所有者を書き入れることになります。この車両所有者が最初の回答に書いた扱いになります。同じく被保険者も一定の範囲で無いと、等級の継承ができません。
この先もその法人を経営し、自動車購入も法人でとお考えでしたら、この際新規契約で正しくやっておくのが最善ですね。
またその際個人の保険の等級はそのまま保留状態で保存しておくことができます。10年間保存しておくことができ、新たに個人で契約するときに今の等級で契約できます。

Q車検証の所有者・使用者の変更

 いつもお世話になっております。

 今、車の保険の見直しをしようと
 車検証等の書類を見ていたところ、
 下のように 名前がバラバラでした…。

 ・車検証        … 使用者・所有者:共に母の名前。
 ・今年の車税通知書 … 母宛。(支払いは私)

 ・自賠責保険証明書 … 保険契約者の氏名:私。
 ・任意保険の保険証 … 私宛。
                 (車両所有者・記名被保険者:契約者様に同じ と記載あり)


 そこで質問なのですが、

 (1)全ての書類の名前を自分に変える為に
   必要な手続きは何でしょうか?

 (2)(1)で名前を変更した場合に、
   保険料は変わるのでしょうか?


 頭がかなり残念なので、
 簡単な言葉で、分かりやすく教えていただけると嬉しいです。


 

Aベストアンサー

車検証の名義(使用者・所有者:共に母の名前)と任意保険の契約者は一致していなくても、特に問題はありません。しかし原則的には、
>車両所有者・記名被保険者:契約者様に同じ と記載あり
は、いわゆる不適正契約の可能性があります。この車をあなたが新規または車の買い替えなどで任意保険契約する際、必ず車検証のコピーを提出しなければならないのですが、母親の名義では、そのコピーの余白部分に備考として、あなたが仮の「所有者」としての署名(押印)することが原則となっています。
ローンなど割賦販売車両も「所有者」はローン会社になっていますので、便宜上、仮の所有者として、保険契約者がコピーの余白に署名したりします。以上は参考までに。

以下、本題ですが、
>(1)全ての書類の名前を自分に変える為に必要な手続きは何でしょうか?
車検証登録管轄の陸運事務所で名義変更(移転登録)手続きが必要ですが、自分でやれば520円で済みます。→ http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/toroku/trk04.htm

書類は母親の印鑑証明や譲渡証明、委任状等が必要です。ただし、陸運事務所の近隣には必ず代書屋がありますので、そこへ依頼すればおよそ5000~6000円位で手続きしてくれますが、代書屋に依頼しに行く手間を考えれば、車を買ったディーラーの担当者に依頼してもいいですし、同程度の手数料がかかるでしょう(代書屋・業者依頼の場合は、あなたの印鑑証明・委任状も必要です)。移転登録がされると、自動車税の請求(宛名)はあなたに届きます。

>(2)(1)で名前を変更した場合に、保険料は変わるのでしょうか?
あなたが継続している限り変わりません。(母親が新規で契約する訳ではないでしょうから)

ちなみに、アドバイスとしては、他の回答者にもあるように、次回車検の時に、業者に車検証の名義変更依頼することも一考かと思います。また、新しく車を買い替える(保険では車両入れ替えの)際は、今度はあなたの名義で登録することをお勧めします。

また、正しい契約をするなら、任意保険の担当者(保険証券に扱者・代理店が記載されています)に、「保険証を調べていたら車両所有者・記名被保険者:契約者様に同じと記載されていたので、実は車検証名義は母親で、契約者(私)と違うので、訂正してください」と申し込めばよろしいでしょう。「契約の異動」という手続きをしてくれます。

一部???な回答もありますけれど、割賦販売車両の全損事故のようなばあいは、車両保険付帯であれば、ローン会社に支払われるといった特別なケースもありますが、あなたのケースでは、あなたが事故をしても特に支払われないということはありません。

参考URL:http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/toroku/trk04.htm

車検証の名義(使用者・所有者:共に母の名前)と任意保険の契約者は一致していなくても、特に問題はありません。しかし原則的には、
>車両所有者・記名被保険者:契約者様に同じ と記載あり
は、いわゆる不適正契約の可能性があります。この車をあなたが新規または車の買い替えなどで任意保険契約する際、必ず車検証のコピーを提出しなければならないのですが、母親の名義では、そのコピーの余白部分に備考として、あなたが仮の「所有者」としての署名(押印)することが原則となっています。
ローンなど割賦販...続きを読む

Q任意保険への加入-車が他人名義の場合

来年7月まで車検の残っている中古車を、近く親戚から譲り受ける予定です。
車の所有者名義は次の車検までは変えない方針です。
そこで質問なのですが、他人名義の車でも、その車を運転する立場にある私は任意保険に加入できるのでしょうか?(加入できないとなると怖くて運転できません。)

先ほどソニー損保の人に伺ったのですが、名義人が親戚であれば可能とのことでした。
しかし複雑なのは、この車は私の親戚が経営する会社の社用車だということです。つまり間接的には親戚の車ですが、厳密には(親戚がオーナーである)会社名義になっているということです。

どなたかアドバイス頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

通販除いて、一般代理店型損保なら車検証名義そのままでも加入できます。

その車の車検証コピー 空白欄に実態上の所有・使用・占有ははあなたであることを明記 署名捺印して保険会社に提出すればOKです。

同居親族に11等級以上の優良等級任意保険加入があれば、セカンドカー割引として7等級で加入できます。

車検時に名義変更すれば良いでしょう。

Q自動車保険の車両所有者とは?

お世話になります。
同じような質問を検索してみたのですが、まだよくわからなかったので
質問させていただきます。
今回、自動車保険の更新にあたり、証書を良く見てみると
被保険者の欄に、車両所有者はディーラー名になっていました。
賠償使用者の欄は空白で、記載のない場合は契約者(契約者名は
主人の名前です)と書いてありました。
これってどういう意味なのですか?
使用者(賠償)が主人名義なので、保険の効力には問題は
ありませんよね?
無知ですみませんが、どなたか詳しい方、お教えいただけると
嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険加入の際 ポイントは3つ
契約者→保険料払う人
記名被保険者(賠償被保険者)→その車を主に運転する人 等級継承権利者 限定割引を含め補償はこの人を中心に考えます。
車両所有者→車検証上の名義がディラーの場合(所有権留保)使用者となります。
>被保険者の欄に、車両所有者はディーラー名になっていました。
ここは、継続更新の際にでもご主人に書き換えしていたほうが良いでしょうね。このままでもとりたててデメはないとは思いますが・・・。

あなたの場合 記名被保険者欄が空欄ですから契約者=記名被保険者(ご主人)となりなんら問題ありません。
保険料算出は契約者ではなく、記名被保険者により計算されます。

ローン返済後は車検証上の名義はきちんと変更すべきです。車検の際にされれば、多少手間が省けるのでは・・・・。
そのままにしていた場合のデメは、勝手に処分できません。
個人売買 譲渡されるときに名義上の所有者の印鑑が必要かと思います。
また不幸にして、名義人の車屋が倒産した場合に名義変更に手間がかかると思います。

Q他人名義、自分使用の車に保険をかけたい。

 車検証上の記載で、所有者と使用者が義弟の車を無償で使っていいことになりました。
 ただ、ランニングコスト(任意保険代、車検代、ガス代等)は当方負担ということにしました。
 この場合、任意保険はどのようにかけたらいいのでしょうか? 運転者は私に特定し、他人にまた貸しするつもりもありません。妻は運転免許証を持っていません。
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

保険会社によって対応が違うので、電話等で確認した方が良いです。
せっかく加入したのに、いざというときに使えないんじゃ意味無いですからw

ドライバー保険って言うのであれば、あなた自身にかける保険ですから、車の種類を問わないのですが、こっちは高いです。

Q自賠責保険証明書の名義について

昨年買った中古の軽自動車を今度、姉に譲渡する予定で、車検証の名義変更を自分でやろうと思うのですがそこで、自賠責保険証明書を見て、ふと、疑問に思ったので是非教えて下さい。 
昨年、中古車ショップで買った軽自動車には、前所有者(大阪市の甲さん)を契約者とする自賠責保険証明書(来年3月までの保険期間)が付いています。購入に際して、中古車ショップには、諸費用の中で自賠責保険料を払っているのに保険証明書が私を契約者として変更されていないのはなぜでしょうか。 自賠責保険は車体に対してのものなので、契約者の名義変更をしなくても、車検証の名義人に保険期間が引き継がれると聞いたのですが、本当でしょうか。 私は神奈川県在住で現在は川崎ナンバーです。大阪ナンバーだった車が川崎ナンバーになっていても、自賠責は車を特定されているものなのでしょうか。 今度、姉に車を譲渡する際も、車検証の名義変更をして、私の前の所有者(大阪市の甲さん)名義の自賠責保険証明書を渡しておけば良いことなのでしょうか。 
そして、来年3月の保険期間満了時に姉の名で改めて保険契約を結べばいいのでしょうか。 初歩的なことかも知れませんがどうか、教えて下さい。

昨年買った中古の軽自動車を今度、姉に譲渡する予定で、車検証の名義変更を自分でやろうと思うのですがそこで、自賠責保険証明書を見て、ふと、疑問に思ったので是非教えて下さい。 
昨年、中古車ショップで買った軽自動車には、前所有者(大阪市の甲さん)を契約者とする自賠責保険証明書(来年3月までの保険期間)が付いています。購入に際して、中古車ショップには、諸費用の中で自賠責保険料を払っているのに保険証明書が私を契約者として変更されていないのはなぜでしょうか。 自賠責保険は車体に対して...続きを読む

Aベストアンサー

車検制度の適用される自動車の場合、「初度登録」「車検」似合わせた形で自賠責保険の契約がされることが一般的です。ですから契約者はその時点における所有者となることが一般的です。
また自賠責保険は対象車1台ごとに1つの契約というのが原則です。契約の際には車体番号か登録番号が必要となり、それによって車を特定することになります。

>契約者として変更されていないのはなぜでしょうか。
おそらく、正式な「名義変更」という手続きをとったわけではなく、それぞれの所有期間に応じた保険料を負担しあうなどの方法が取られたのではないでしょうか。ちなみに契約者が誰であれ保険の機能自体にはまず問題がありません。被害者側から請求がある場合、加害者が自分に責任の無いことを立証しない限り保険は使えてしまいます。また使ったとしても任意保険と違い保険料に影響することはありません。運転する車に自賠責保険があれば、名義はあまり気にする必要がないのかもしれません。

>大阪ナンバーだった車が川崎ナンバーになっていても、自賠責は車を特定されているものなのでしょうか。
先程も書きましたが、車体番号が証明書に記載してあれば特に問題はありません。

>車検証の名義変更をして、私の前の所有者(大阪市の甲さん)名義の自賠責保険証明書を渡しておけば良いことなのでしょうか。
これは質問者さんのケースと同じです。金銭的な問題が絡まなければ車検証と一緒に渡せば終わりです。

>来年3月の保険期間満了時に姉の名で改めて保険契約を結べばいいのでしょうか。
その通りです。

実態はわかりませんが、任意保険のほうもちゃんと処理をしておかないと、後々困ったことにもなりかねません。

車検制度の適用される自動車の場合、「初度登録」「車検」似合わせた形で自賠責保険の契約がされることが一般的です。ですから契約者はその時点における所有者となることが一般的です。
また自賠責保険は対象車1台ごとに1つの契約というのが原則です。契約の際には車体番号か登録番号が必要となり、それによって車を特定することになります。

>契約者として変更されていないのはなぜでしょうか。
おそらく、正式な「名義変更」という手続きをとったわけではなく、それぞれの所有期間に応じた保険料を負担...続きを読む

Q親が別居の子供に車を譲った場合の車両保険

いま,自分が使っている平成12年製の中古車を,遠くに別居している息子に譲って使わせようと思っております。これまで,自分が契約していた保険(東京海上)の内容を見ますと,運転者の条件で,4:別居の未婚の子(年齢該当している)に○だったので,てっきり大丈夫と思っておりましたところ,先日,車検でディーラー(トヨタ)に出した際に,担当者に聞きましたら,調べてくれたそうで,やはり,遠隔で主にその息子が乗るのであれば,別途,といわれました。
現在,20等級で3-4万の額が,一気に14万になると言われ,困ったなと感じ,ここで,こういったことのご経験がすでにある方や,車両保険にお詳しい方がおられ,教えていただければと思い,質問させていただくことに致しました。どうか,よろしくご教示のほど,お願い申し上げます。

Aベストアンサー

年令条件に関しては東京海上の場合には昨年7月以降の契約なら
別居の未婚の子供には年齢条件は適用されないようになりました。

一方、昨年6月30日以前の契約なら、今年の満期までは
証券記載の年齢条件は別居の息子さんにも適用されます。

ご質問の件は、おそらく別居の息子さんに車を譲渡して
記名被保険者も息子さんに変更した場合の、等級の継承に
関するものだと思います。

別居の場合には、現在の20等級の等級は継承できませんので、
息子さんが自ら契約すると(記名被保険者も息子さん)6等級での
契約となり、年令条件も息子さんに合わせますので、そのように
一気に保険料は上がります。

なお、この場合には20等級は車の消滅(名義変更)で消えますが
将来のために中断証明書をとっておけば、20等級をそれまで
キープできます。
10年以内に再度車を購入したときには20等級で再契約出来ます。
この時点で、もし息子さんが同居していればこの中断証明書の
20等級を使い、息子さんの名前での契約も可能です。

誰でも20等級になるには最初は6等級からスタートして無事故を
重ね、14年経過後にやっと20等級になっているのです。
息子さんもこれからそう云う道を歩みながら等級をUpして行き、
20等級を目指すしかないでしょうね。

年令条件に関しては東京海上の場合には昨年7月以降の契約なら
別居の未婚の子供には年齢条件は適用されないようになりました。

一方、昨年6月30日以前の契約なら、今年の満期までは
証券記載の年齢条件は別居の息子さんにも適用されます。

ご質問の件は、おそらく別居の息子さんに車を譲渡して
記名被保険者も息子さんに変更した場合の、等級の継承に
関するものだと思います。

別居の場合には、現在の20等級の等級は継承できませんので、
息子さんが自ら契約すると(記名被保険者も息子さん...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報