外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

確認したいのはクロマトの1と2が何を示しているかです.
1.D-デヒドロアスコルビン酸
2.L-アスコルビン酸
であっているでしょうか?

「アスコルビン酸の構造式について」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

出力ピークの位置や形、高さなどは、


クロマトの条件によって様々です。

お示しになったクロマトチャートで言えることは、
ピークが2つあること、
誰かがそれに1、2と番号をつけたこと、
それぞれの番号の横に
デヒドロアスコルビン酸とアスコルビン酸の
化学構造式図が貼りつけてあること、
くらいです。

ピークとアスコルビン酸の存在を結びつけるためには、
どんな条件でのクロマトなのか、
さらには、
標準品とピーク位置が合うかどうか
などを知る必要があります。

この回答への補足

ご回答有難うございます.
今回はクロマトチャートの見方ではなく,構造式が何を表わしてるのか知りたいのです.

構造式1はL-デヒドロアスコルビン酸とD-デヒドロアスコルビン酸のどちらなのか?

構造式2はL-アスコルビン酸とD-アスコルビン酸のどちらなのか?

それともこの構造式からLとDは見極めることができないのでしょうか?

あと,一般的に液クロではL型とD型を分離して分析できるのかもお分かりでしたら教えていただけるとありがたいです.

どうぞよろしくお願いいたします.

説明不足で申し訳ありませんが,何か補足が必要でしたらまたコメントをください.
よろしくお願いいたします.

補足日時:2011/01/10 02:21
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学式、化学構造から何が言える?

私は化学をほとんど勉強したことがないのですが、実験で薬品を使う場面が多々あります。そこで基本的なことを教えてもらいたいのですが、化学式と化学構造などからわかる事を知りたいです。

例えば、アスコルビン酸ナトリウム
化学式:C6H7NaO6
化学構造:略

これから、言える事ってあるのですか?
どんなことでも構いません。

私はこれを還元剤として使用しています。

例えば、「アスコルビン酸Naは、マイナスに帯電している」「一度電子を渡したら構造が変わり元に戻ることが出来ない」「酸化還元電位は約0V」などと聞きます。これらのことは化学式、化学構造などからある程度はいえるものなのでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

 補足の補足と修正1件です。

 先に修正を。

> また“C=C−OH”という構造を持つ化合物のこと
> をエノールと言います。

 文字化けしていますねw
 以下に差し替えます。

-(差し替えここから)-

また“C=CーOH”という構造を持つ化合物のことをエノールと言います。

-(差し替え個々まで)-

 次に、補足です。

> ご紹介の URL の図で -ONa になっている方の -OH の
> H の方が「取れやすい」

 溶液の液性によっては、2個の -OH とも H が取れるのですが、中性(pH = 7)付近では、ご紹介の図で -ONa になっている方の -OH の H のみが取れます(このように、分子がイオンになることを「電離」と呼びます)。

 推敲が足りず、お粗末さまでしたw

Qヨードチンキの実験

中学生の子供の自由研究でヨードチンキの水溶液で紙に絵を描きました。それをビタミンCやレモン汁で消しました。ビタミンCとヨウ素の化学反応式がわかりません。
またヨードチンキの水溶液をビタミンCで透明にした後、オキシドールを入れてまた元の色に戻りましたがどうして戻ったのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

ヨードチンキの色、ヨウ素水の色はヨウ素分子I2の色です。ヨウ化物イオンI^-になると無色になります。ヨウ素デンプン反応の色もヨウ素分子の色です。ヨウ化物イオンではヨウ素デンプン反応は起こりません。
ヨウ素分子がヨウ化物イオンにかわる変化は還元、逆の変化は酸化と呼ばれているものです。ビタミンCはヨウ素分子をヨウ化物イオンに変える働きをします。ビタミンCは還元剤として働いています。逆の変化を起こさすためには酸化剤が必要です。過酸化水素H2O2は酸化剤としてよく利用される物質です。