今までは有限会社をしていたため、会社から「給与」という形で私自身の給与を毎月仕訳していました。
H22年に有限会社を解散させ、現在個人事業を始めています。

個人事業では、事業主自身は給与をもらえないので、【売上から経費を引いた額】が【事業所得】になるとのことは理解しているのですが・・。ただ、【売上から経費を引いた額】がわかるのは年末ですよね。年末まで事業主が給与(?)をもらえないのでは生活できないので、実際には年度途中に何回かにわけて事業のお金から給与(?)をとっていました。この場合帳簿にはなんという勘定科目で仕訳すればいいのでしょうか?

また、昨年の売上が店の預金口座に少し残ったままです。
【売上から経費を引いた額】が全て事業主の所得になるということは、年末には店の口座から全額おろして事業主に渡さなければいけなかったのか・・と、今困っています。

どのように仕訳・対応したらいいでしょうか?
宜しくお願いいたします。

A 回答 (3件)

「事業主貸」「事業主借」という勘定科目を用いてもう一度ご説明します。



まず、仕訳から行きます

事業開業時
 現金 50,000 / 事業主借 50,000

事業主の生活費の引き出し(説明上年間まとめて仕訳を切ります)
 事業主貸 1,000,000 / 現金 1,000,000

年度末
 事業主借 50,000 / 事業主貸 50,000 (一部を相殺します)
 元入金 950,000 / 事業主貸 950,000

という仕訳になります。

前回の回答時の「引出金」が「事業主貸」、「資本金」が「事業主借」と「元入金」であると考えてください。

もしかすると、年度末には「元入金 -950,000」ではなく「事業主貸 -950,000」と表示されるかもしれません。


で、ここの「-950,000」については特段気にする必要はありません、以前回答したように家計簿の発展型のようなイメージになるため、個人事業の資産は事業主の意のままになり、その結果として、たくさん引き出したというだけです。

全く問題なく、何ら違法なこともありません。

あまりにたくさんお金を引き出すと現金決済に支障が出る点だけ気を付けてください。


また、「残ったお金をそのまま翌年に繰り越す」は、全く問題ありません。
収益と費用は発生時点で計上し、現金決済と分けて考えるという会計の大原則は個人事業であっても何ら変更はありません。

つまり、『H22年の残金をH23年に繰り越したとしても「H23年の売上」ではないので繰り越しても問題ない、「ただの繰越金扱い」という理解』ですが、全く問題ありません。

H23年に売上げたらH23年に売上を計上し、H22年の残ったお金は事業の資産になります。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。
非常に分かりやすく、具体的でとても助かりました。
「この理解でいいのかな・・」と自信がない部分も回答いただいたので、安心して決算・確定申告ができそうです。
本当に感謝いたします。

お礼日時:2011/01/08 13:21

個人事業主はいわゆる経営者ですので、給与のような費用ではありません。



その事業の一年間の事業成果の残余資産をふところに入れるわけですから、資本勘定から直接減額するものです。


具体的には引出金勘定を用いて、事業から現金を引き出すたびに

(借方)引出金 XX / (貸方)現金 XX

という仕訳を切り、年度末に、

(借方)資本 XX / (貸方)引出金 XX

という仕訳を切ります。

他に商品などを持ち出した場合も同様の仕訳を切ります。


さらに、「昨年の売上が店の預金口座に少し残ったまま」についてです。

確かに個人事業主の事業の帳簿は、事業主の家計簿の発展型のようなイメージになり、事業の持ち物は全て事業主のもの、というイメージになりますが、本来は、個人事業主の事業の持ち物であるため、商品であろうと現金であろうと事業主に渡さなければならないなんてことは、ありません。

ですので、心配しなくても問題ありません。

この回答への補足

※お礼欄の最後の行に「事業主借」という文字が誤って残ってしまいました。すいません、意味はありませんので読み飛ばしていただければと思います。

補足日時:2011/01/07 21:52
    • good
    • 9
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
No1さんのお礼欄にも書かせていただいたのですが、全くの素人でして、bowwow358さんの回答を理解するにも一つ一つをネットを調べて「やっと何とか理解できた」といったところです・・。
自分で調べられる範囲のことはできるだけ調べたのですが、それでもまだ疑問が残りまして、お聞きしてもいいでしょうか?

「資本勘定から直接減額する。しかしちょこちょこ引き出すので引出金勘定を用いて、決算前に資本勘定にする」という所まで何とか理解しました(おはずかしながら、資本勘定・引出金勘定という言葉も初めて聞きまして;)。

ただ個人事業を始めるにあたっては、事業主が5万円会社に貸した程度のみです。
(借)現金 50,000 / (貸)事業主借 50,000
と仕訳してスタートしました。
「資本=資本金・資本準備金・利益準備金」とすると、5万円しか資本はありません。それにもかかわらず、最終的に
(借)資本 1,000,000 / (貸)引出金 1,000,000
となってもいいのでしょうか?1年間の収益が資本になるので構わないのでしょうか・・。

また、弥生会計のソフトを使っているのですが、勘定科目に「資本」というのはありません。「資本」という勘定科目を選択できないことと、No.1の方は「事業主貸」で仕訳するとの回答もあり、どう捉えたらいいのかと迷っています。「事業主貸」が「資本」なのでしょうか?
お手数おかけして大変申し訳ないのですが、もしお時間がありましたら再度助言いただければ大変助かります。どうぞ宜しくお願いいいたします。

事業主借

お礼日時:2011/01/07 21:49

>年度途中に何回かにわけて事業のお金から給与(?)をとっていました。

この場合帳簿にはなんという勘定科目で仕訳すればいいのでしょうか?
「事業主貸」です。「事業主貸」と「事業主借」(合わせて事業主勘定)は、個人事業の場合にはよく出てくる勘定なので覚えてください。
http://kanjokamoku.k-solution.info/165/

>【売上から経費を引いた額】が全て事業主の所得になるということは、年末には店の口座から全額おろして事業主に渡さなければいけなかったのか・・と、今困っています。
そんな必要はありません。事業上必要な資金の状況を見て、余裕があれば適宜プライベートに振り替えればいいことです。事業所得は計算によって算出するものであり、資金の残高とは別物です。

これは会社でも同じですが、損益の問題と資金収支の問題は全く別です。支払いが遅れても経費は発生時点で経費として計上するし、経費にならなくても資金をプライベートで使うこともあります(この場合事業主貸になる:会社の場合は原則として賞与になるが、損金不算入のため貸付金として経理するのが一般的)。会社の経営をしていたころから損益と資金収支の関係をきちんと理解していなかったのではないですか?
http://keiei-kaizen-support.jimdo.com/%E3%83%9B% …



質問を読んでいて、とても会社の経営者だったとは思えないくらい経理に対しての知識に乏しいと思われます。複式簿記でやろうとしているようですので、地域の青色申告会に加入して記帳方法について指導してもらうことをお勧めします。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
ややこしくなってしまうので書かなかったのですが、質問文の「私(事業主)」とは、実は私の父のことです。この質問をさせて頂いたのは娘にあたる者です。
事業主(父)は職人ですので経理に関しては全くわからず、有限会社の時は税理士さんに全てをお願いしていました。ただ不景気となり、また父も高齢となり、本当に小さな事業を細々と続けている状態です。法人税と税理士さんへの費用が負担となり昨年、事業主の娘である私が素人ながら解散させた状況です。

なのでおっしゃる通り、父も私も経理に対して全く知識がありません。
さらに私も現在臨月で、慌てて昨年末から個人事業の確定申告に取り組んでいるところです;
地域の青色申告会についても、今回の確定申告が終わってからきちんと調べてみようと思います。



丁寧に回答いただいたのですが、もう少しお尋ねしてもいいでしょうか?


>「事業主貸」です。

弥生会計のソフトを使って仕訳しているのですが、「事業主貸」で仕訳すると貸借対照表の「負債・資本の部」に「事業主貸 -○○○万円」と出るのですが、これでいいのでしょうか?



>これは会社でも同じですが、損益の問題と資金収支の問題は全く別です。支払いが遅れても経費は発生時点で経費として計上するし、経費にならなくても資金をプライベートで使うこともあります・・・

ここは何とか昨年理解できたのですが、法人の場合経費や給料を支払った残りが「利益準備金」として扱ったと思うのですが、個人の場合残ったままのお金を翌年に繰り越していいのかと迷いまして。H22年の残金をH23年に繰り越したとしても「H23年の売上」ではないので繰り越しても問題ない、「ただの繰越金扱い」という理解でいいのでしょうか?


お手数おかけして申し訳ありませんが、お時間ありましたらまた助言いただけると助かります。宜しくお願いいたします。

お礼日時:2011/01/07 21:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。

質問内容はタイトル通りです。

先代より事業継承をした個人事業主です。今までは専従者として従事しておりました。個人のクレジットカードは作ることが出来ました。個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、事業経費用にクレジットカード作ろうと思っています。
そこで質問なのですが、逆に事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、事業主貸として処理することは問題ありませんか?

※以下は気が向きましたらお答えいただければ結構です。
また、個人事業主におすすめのクレジットカードなどがありましたら、お答え頂きたいと思います。

そもそも事業としては長く続けていても(大正元年創業です)、開業したばかりと判断され、クレジットカードを作ることができないかもしれないですけど^^;

Aベストアンサー

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないようなことを書いているものもあるかもしれませんが)

個人事業主向けクレジットカード(の一例)
http://www.orico.co.jp/merchant/exbiz-ls/
https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/business_mmc.jsp
年会費が安い割に利用枠が多いのが特徴です

(質問タイトルの)>個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。
 そういう処理が必要なときはできます。
 (一例) 事業に関係のないプライベートな費用5,000円を事業用カードで支払い、その代金が事業用口座から引き落とされた
  事業主貸 5,000 普通預金 5,000

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないよう...続きを読む

Q個人事業主が事業譲渡した際の仕訳を教えてください

個人事業主が事業譲渡を行いました。
法人ならば株を売却するのでしょうが、個人事業なので事業を売却したら建物、機械、備品、車、棚卸資産を売却したことになると思います。

①この際の仕訳なのですが、
棚卸資産の譲渡は事業所得で売上として計上し、
建物、機械、車などの有形固定資産は帳簿価格で、事業主貸×××/有形固定資産×××
と仕訳すれば良いのでしょうか?

②さらに、事業譲渡の売却金額が1,000万円とした場合に、消費税の申告書(本則課税)を作成するために、 事業主貸2000万円/事業主貸(課税売上)2000万円という仕訳を計上しようと思いおます。

私の考え方は正しいのでしょうか。
このようなことにお詳しい方がおられましたらご回答のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>棚卸資産の譲渡は事業所得で売上として計上…

はい。

>建物、機械、車などの有形固定資産は帳簿価格で…

売ったのなら、売れた値段と簿価との差が「譲渡所得」です。
事業所得の仕訳としては事業主貸で良いです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3105.htm

>事業譲渡の売却金額が1,000万円とした場合に…

事業所得になるものと譲渡所得になるものとは、分けて仕訳をしないといけません。

>事業主貸2000万円/事業主貸(課税売上)2000万円という仕訳…

意味がよく分かりません。
事業主貸が右側に、事業主借が左側に来る仕訳は、越年処理時以外にはあり得ません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q個人事業主です。請求額と振込まれ額の差額について

経理初心者です。質問させて頂きます。
A社の社内外注として今年から働いておりますが、当方が請求書に記載した額と、振り込まれた実際の報酬額が1円の差額が出る月があります。どういう計算をしたらそうなるのでしょうか?(小数点以下は当方もA社も切捨て計算です)
当方、会計ソフトはMFクラウド及び、MFクラウド請求書を使用しています。

例えばとある月の請求明細の小計が、
(1)441,974円
(2)1,638円
(3)46,137円 で、
合計が489,749円の場合、そこに消費税39,178円を足して請求額528,927円。
そこから源泉徴収税10.21%の54,003円引かれて支払金額は474,924円、そこから振込手数料の648円が引かれて474,276円となるはずです。
ですが、実際に振り込まれた額は1円多い474,277円です。

どこか計算が間違っているのでしょうか?
請求額と振り込まれた額が同じになる月もあり、困惑しています。
また、こういう時は仕訳をどうすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

請求額と振込額が1円ちがう、ということは良くあります。その原因のほとんどが、小数点以下の桁の処理の違いなど、彼我の計算方法の違いによります。

わずか1円の違いにこだわって先方に問い合わせたりすれば、当社も先方も、コスト(人件費)がかかります。請求額と振込額が1円ちがうということが、それほど重大な問題とは思えません。経理担当者も費用対効果を考えながら仕事をすべきではないでしょうか。

ですから、
1.当社側で計算し直して、当社の計算ミスと分かったら、当社の請求データを訂正しましょう。
2.当社の計算ミスでないなら(先方に問い合わせないで)、差額の1円は、営業外収益の「雑収入」または営業外費用の「雑損失」で処理しておきましょう。

Q弥生の青色申告の仕訳で悩んでいます(個人事業主)

先月から主人が個人事業主になり、私が事務をやる事になったので
弥生会計のソフトを買って来て入力しているのですが、
(経理の事に関しては全くのド素人です…)
銀行から事業の為の現金をまとめて下ろして来て、そこから日常の経費を払ったり
他の銀行の口座に移したりしています。
その時の仕訳として預金出納帳に
現金   200000円 / 普通預金 200000円
  
と入力し、そのお金を他の銀行に預け入れた場合は
普通預金 200000円 / 現金 200000円
と入力しているのですが、現金出納帳の方にも反映されて
現金が合わなくなって困っています。

この場合、預金出納帳でなく、振替伝票の方で記入しても同じですよね?
二重帳簿にならない様にするには
どの様にすれば良いのか教えて頂きたく投稿しました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>全て振替伝票にて入力しても良い物なのでしょうか?

すべての取引を振替伝票で入力することは可能ですが、一般には非常に効率が悪いです。
 例えば「現金20万円を普通預金から引き出した」という取引を振替伝票で入力しようとすると、
1)現金 2)200,000 / 3)普通預金 4)200,000
という4つの操作が必要ですが、 これを預金出納帳で行えば 
1)相手科目に「現金」、2)支出金額に200,000
という2つの操作で済むからです。
 
しかし質問文の例にある
>その時の仕訳
現金   200000円 / 普通預金 200000円
と入力し、そのお金を他の銀行に預け入れた場合は
普通預金 200000円 / 現金 200000円

のように、「現金20万円をA銀行から引き出してその日のうちにB銀行に預け入れた」ような場合は
ア)「振替伝票」で
 普通預金B 200,000 普通預金A 200,000
と入力するのも一つの方法です。「現金」勘定を使う手間が省けます。
または
イ)「預金出納帳A銀行」で相手科目に「普通預金B銀行」を選択、支出金額に200,000
と入力すればもっと簡単です。

ご質問文の例では単に「普通預金」となっていますが、同じ「普通預金」を選択すると残高が合わなくなりますので、別の普通預金(補助科目でA銀行、B銀行を作成して必ず区別)に入力してください。

一般的には、預金が絡む取引では「預金出納帳」で入力、現金が絡む取引では「現金出納帳」で入力、どちらも関係しない取引は「振替伝票」で入力するなどして、効率のよい入力方法を掴むことです。

>全て振替伝票にて入力しても良い物なのでしょうか?

すべての取引を振替伝票で入力することは可能ですが、一般には非常に効率が悪いです。
 例えば「現金20万円を普通預金から引き出した」という取引を振替伝票で入力しようとすると、
1)現金 2)200,000 / 3)普通預金 4)200,000
という4つの操作が必要ですが、 これを預金出納帳で行えば 
1)相手科目に「現金」、2)支出金額に200,000
という2つの操作で済むからです。
 
しかし質問文の例にある
>その時の仕訳
現金   200000円 / 普...続きを読む

Q法人と個人事業主との請求金額に対する振込額の違いについて

下記の事例についてコメントをいただければ幸甚です。

A氏もB氏も経営コンサルタントです。

A氏は株式会社の代表取締役。
B氏は個人事業主。

A氏もB氏もC社でコンサルティング業務契約を
月10万円(消費税別)で受託しました。

A氏もB氏も翌月初めに前月分としてC社に対して
    10万×1.08 = 108,000円の
請求書を毎月、送付しています。

これに対して、請求書送付の月末にC社からは下記のように
A氏とB氏の口座に金額が振り込まれています。

  A氏の口座   請求金額通り、108,000円が指定口座に
          振り込まれているいる。

  B氏の口座   B氏は個人事業主なので、所得税を引いて
          (10%と仮定します)振り込まれている。

          108,000  - (108,000 × 0.1 )
= 108,000 -  10,800
= 97,200

          B氏の口座には97,200円が毎月振り込まれている。

  A氏は当然としても、個人事業主のB氏に対して、上記の例は
  当たり前の話なのでしょうか。 あるいはA氏と同じ金額もありうる
  のでしょうか。

下記の事例についてコメントをいただければ幸甚です。

A氏もB氏も経営コンサルタントです。

A氏は株式会社の代表取締役。
B氏は個人事業主。

A氏もB氏もC社でコンサルティング業務契約を
月10万円(消費税別)で受託しました。

A氏もB氏も翌月初めに前月分としてC社に対して
    10万×1.08 = 108,000円の
請求書を毎月、送付しています。

これに対して、請求書送付の月末にC社からは下記のように
A氏とB氏の口座に金額が振り込まれています。

  A氏の口座   ...続きを読む

Aベストアンサー

>A氏もB氏もC社でコンサルティング業務契約…
>B氏の口座   B氏は個人事業主なので、所得税を引いて…

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にその職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

まあ、該当する職種だとして、

>10万×1.08 = 108,000円の請求書を毎月、送付しています…

単に 108,000円と書くだけでは、97,200円しか支払われません。

・コンサル料 100,000円
・消費税 8,000円
・合計請求額 108,000円

と、消費税を明確に区分記載すれば、支払額は
108,000 - 100,000 × 0.1 = 108,000 - 10,000 = 98,000円
となります。

もし、はっきり区分記載してあったのに 97,200円だったというのなら、それは支払側が税法に詳しくないということになります。

>あるいはA氏と同じ金額もありうるのでしょうか…

源泉徴収とは、あくまでも仮の分割前払い、取らぬ狸の皮算用に過ぎません。
狸が何匹捕れたか決まるのは、翌年の確定申告後であり、結果として A氏も B氏も同じになります。

とはいえ、個人の所得税と法人税とでは税率その他が違いますので、その差は出ますがご質問の本題とは違います。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>A氏もB氏もC社でコンサルティング業務契約…
>B氏の口座   B氏は個人事業主なので、所得税を引いて…

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にその職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注...続きを読む

Q青色申告の個人事業主です 経費の事で教えて下さい

自宅兼事務所です 家の外壁塗装で100万円かかりました 按分すれば50万円を経費にしたいのですが
修繕費で一括でできるのでしょうか?

Aベストアンサー

>外壁塗装で100万円…

10万円を超え、資産の延命が図られるような費用は、資本的支出として減価償却資産です。

手引きの 3ページ。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2014/pdf/36.pdf

Q銀行手数料の仕訳を教えてください(個人事業主)

近く、個人事業主の開業を予定しています。
色々勉強しているのですが、分からないことがあるので質問させていただきます。

事業用の口座から現金を下ろしたときや振込をしたときの手数料は、
経費として処理できるのでしょうか。
できるとしたら科目は何になるのでしょうか。

あるいは、事業に必要な支払の場合と個人的な取引(給与相当額を
個人用口座に移すときなど)とで違ったりするのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。個人事業を始めるのであれば、少しづつ「仕訳」に慣れるようにして下さい。「仕訳」を覚えると記帳が非常に楽になりますよ。


>事業用の口座から現金を下ろしたときや振込をしたときの手数料は、経費として処理できるのでしょうか。
できるとしたら科目は何になるのでしょうか。
>あるいは、事業に必要な支払の場合と個人的な取引(給与相当額を個人用口座に移すときなど)とで違ったりするのでしょうか。

事業用の口座から現金を下ろす時の目的が、
A.事業用の小口現金にするため、ならば、
〔借方〕現金 50,000/〔貸方〕普通預金 50,000
B.生活用に資金にするため、ならば、
〔借方〕事業主貸 200,000/〔貸方〕普通預金 200,000
となります。

C.事業用の口座から、仕入代金を業者の口座に振り込む時、
〔借方〕仕入高 100,000/〔貸方〕普通預金 100,648
〔借方〕支払手数料 648/

仕入業者に代金を支払うのは事業に必要なことですから、振込手数料648円は事業のための必要経費になります。ですから「支払手数料」に計上します。

しかし、

D.事業用の口座から、生活用の口座へ資金を振り込む時、
〔借方〕事業主貸 200,000/〔貸方〕普通預金 200,648
〔借方〕事業主貸 648/
となります。

生活費の支払いは事業に必要なことではないので、振込手数料は事業のための必要経費ではありません。ですから「支払手数料」に計上できません。ですから振込手数料648円は「事業主貸」として扱うほかありません。

こんにちは。個人事業を始めるのであれば、少しづつ「仕訳」に慣れるようにして下さい。「仕訳」を覚えると記帳が非常に楽になりますよ。


>事業用の口座から現金を下ろしたときや振込をしたときの手数料は、経費として処理できるのでしょうか。
できるとしたら科目は何になるのでしょうか。
>あるいは、事業に必要な支払の場合と個人的な取引(給与相当額を個人用口座に移すときなど)とで違ったりするのでしょうか。

事業用の口座から現金を下ろす時の目的が、
A.事業用の小口現金にするため、ならば、
〔...続きを読む

Q個人事業主の給与

個人事業主届をしようと思っていますが、
まだ売り上げは見込めません。
自分1人なので給与は当分支払わずに頑張って
行こうと思っていますが、税務上給与支払いは
発生しますか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

個人事業の事業主の所得税は、事業の利益に課税されます。
事業から事業主の給与を経費とすると矛盾しますので、経費としての給与支払いはありえないのです。
また、法人と異なり、個人事業主の人格で事業を行うのが個人事業なわけですので、事業用資産のすべてが事業主個人のものです。

複数ある財布のなかでお金を移しても、経費になりませんし、収入にもならないのです。

わかりやすいのは、あるとき払いで事業主の生活費などのためのお金を事業用の財布から抜くだけの話です。

Q個人事業主の火災保険の仕訳

自宅で開業する人の火災保険の仕訳について質問です。

<条件>
・開業前に20年間20万円の火災保険料を一括払い済み。
・開業時点で契約期間は残り10年(保険料換算すると10万円)

開業後の仕訳として、書籍には下記の<方法1>が書かれていました。
しかし、Webでは<方法2>も見かけました。
どちらでも問題ないでしょうか?(家事按分は省略)

<方法1:毎年以下の仕訳>
損害保険1万円/事業主借1万円

<方法2:開業時にAの仕訳&毎年Bの仕訳>
A:長期前払費用10万円/ 事業主借 10万円
B:損害保険料 1万円/ 長期前払費用1万円

Aベストアンサー

>Webでは<方法2>も見かけました…

ネットは乱れた情報のデパートでもあります。
鵜呑みにしてはいけません。

>A:長期前払費用10万円/ 事業主借 10万円…

個人事業である限り、前払費用に長期と短期の区別は必要ありません。
単に「前払費用」で良いです。

>どちらでも問題ないでしょうか…

払った時点で経費に計上するわけではなく、すでに払ってしまってあるのなら、前払費用とするのが正当な考え方です。

とはいえ、個人事業である限り、<方法1>でも経費として認められないことはありませんけど。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報