ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

質問なんですが、
・日本軍の参謀本部、軍令部はどこまでの軍事単位にまで、指令を出せるのですか??
・作戦〔真珠湾攻撃やマレー半島攻略など〕はどこから発令されて、だれが作戦や侵攻計画を考えているのですか?
・日本に、陸軍総司令部や海軍総司令部はありましたか?
・方面軍や、軍、師団などに参謀部は設置されていますか??
・大本営陸軍部、と言うのは、いわゆる陸軍総司令部の事ですか??〔海軍も〕
・統合参謀本部と、大本営は言葉は違えど、同じ意味ですよね??
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

軍令部、参謀本部は作戦計画は立てますが、通常、部隊を直接命令指揮する事はありません。


海軍の軍令部の場合、作戦計画の命令を出す場合、連合艦隊司令長官、鎮守府司令長官、警備府司令長官などの司令長官クラスに対し、命令を出します。
例えばミッドウェー海戦の時、軍令部から出された「大海指九十四号」では、指揮官と使用兵力について次のような指示になっています。
指揮官・・連合艦隊司令長官
兵力・・・・連合艦隊の大部
もう一つ例をあげると・・「大海令三十一号」では、連合艦隊司令長官と第二航空艦隊司令長官に対し・・
「飛行第7戦隊及び飛行第98戦隊を第二航空艦隊司令長官の指揮下に入れる」という指示を出しています。
つまり軍令部では作戦計画を立て戦隊、艦隊などの使用兵力を決め大筋での使用方法の指示を出しますが、それは司令長官宛です。命令を出す部隊単位としては軍令部の命令では大隊や戦隊、艦隊などです。
また作戦が始まれば、戦場では現場の指揮官が部隊を指揮するので、通常、軍令部や参謀本部が部隊に命令を出す事はありません。

基本的には作戦は軍令部、参謀本部が立てますが、部隊から計画の提案も受けます。
例えば真珠湾奇襲作戦は連合艦隊司令部から軍令部に提案されたものです。
日米開戦必至となり、軍令部の参謀はマレーなどへの南方侵攻作戦の計画を練り上げていました。そこに連合艦隊司令部から真珠湾奇襲作戦の提案を受け、議論の末、採用となりました。
真珠湾奇襲作戦の場合、山本五十六連合艦隊司令長官がその作戦構想を思い付き、参謀に研究させ軍令部への提案となり、軍令部の参謀たちが提案された作戦を検討し、反対意見もあったものの最終的には軍令部総長の許可がおり実行となりました。
ちなみに軍令部の組織では第一部第一課という部署が作戦を担当しており、ここに配属された参謀たちが作戦を練り上げます。また連合艦隊司令部内にも参謀がいるので、こちらでも独自の作戦案を練り上げ軍令部に提案します。
時には作戦について軍令部と連合艦隊司令部で衝突が起こったりもしています。
陸軍でも例えばインパール作戦などは第15軍司令官が作戦構想を描き上部の、ビルマ方面軍、南方総軍、そして最終的に参謀本部の承認を受けて決行されました。
司令官、司令長官が作戦構想を立て、参謀がその細部を研究するという事がよく見られますし、作戦自体を参謀が立案する場合も見受けられます。
海軍は軍令部、陸軍は参謀本部の承認と許可がなければ、作戦は決行されません。
作戦の発令に関しては軍令部、参謀本部からで軍令部の場合、天皇の代わりに軍令部総長が「大海令」(大本営海軍部命令)を出し、さらに「大海令」に基づいて、もう少し細かな指示を示した「大海指」という命令を下します。参謀本部の場合は「大陸命」です。
これは全軍の最高指揮官は天皇だからです。

方面軍や軍、師団に参謀部はありました。

大本営陸軍部はいわゆる陸軍総司令部の事です。海軍も同じです。

統合参謀本部と大本営は、まあ同じと言えます。
ただし、細かい部分について言えば完全に一致しているという訳ではありません。そもそも統合参謀本部にしても、例えばアメリカの場合でも、よく組織が改変されています。第二次大戦中の組織と現在の組織でも、全く同じとは言えません。どこの国のいつの時代の統合参謀本部と大本営を比べるのか・・そういう問題もありますが、細かい事を言わず大きく見れば、大本営は統合参謀本部に相当すると言えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
昔と今では全然組織も役割も違うから、昔のものを今のものに置き換えるのは、難しいですね。ほんとにご丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/12 22:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q帝国海軍軍艦の乗組員の階級と指揮系統

帝国海軍の軍艦の乗組員の階級と指揮系統についてご教示ください。
最高責任者は艦長だと思いますが、以下の階級はどうなっていたのでしょうか?
また指揮系統についてですが、攻撃の最終判断は艦長が下すものだと思いますが、
様々な意見を艦長に具申するのはどういった階級の人だったのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問はこの欄で答えるのは難しいので、下記の本でも読んでみてはどうでしょうか。多くの疑問が解けるはずです。

帝国海軍士官入門 ネーバル・オフィサー徹底研究 光人社NF文庫 
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31863760

軍鑑の中の指揮系統は、兵科と機関科に大別され、さらに兵学校出の士官と水兵から叩き上げた特務士官では任務が異なります。副長は、艦長の代理、艦のナンバー2、艦長の補佐役と言うより「艦の保全の責任者」的な役割を担います。

「指揮系統についてですが、攻撃の最終判断は艦長が下すものだと思います」
例えば、連合艦隊司令長官が、戦艦長門(第一艦隊第一戦隊)に坐乗して、アメリカの戦艦艦隊を捕捉して今や砲撃戦が開始されようとしているとします。長門は第一戦隊の先頭にあり、連合艦隊司令長官が第一艦隊・第一戦隊を直率しています。

長門の艦橋には下記の人たちがいます。他にもいろんな人がいますが省略します。

連合艦隊司令長官
連合艦隊参謀長
長門艦長
長門砲術長

長門砲術長「敵の先頭艦はメリーランド型。距離***です」(部下の報告を受けて、艦長と参謀長へ報告)
連合艦隊参謀長「長官、砲撃開始の時期と認めます」
連合艦隊司令長官「うむ。砲撃開始せよ」
長門艦長「砲術長、撃ち方はじめ。目標は敵の一番艦」
長門砲術長「試射はじめ」

号令の流れはこんな感じです。昭和10年代の長門の場合、砲術長が「敵の先頭艦はメリーランド型。距離***です」と言っている段階で主砲の砲撃準備は全て整えられており、各砲塔がその時の目標を追尾しています。艦橋で引き金を引けば、特定の砲、もしくは全ての砲が発砲する仕組みになっています。まずは試射から始め、敵艦に命中弾が期待できる状況になったら本格射撃に移ります。

第一戦隊の他の戦艦では、旗艦の様子を注視しています。また、随時信号旗や発光信号で旗艦から連合艦隊司令長官(第一艦隊司令長官と第一戦隊司令官を兼ねる)の指示が伝えられます。

2番艦以下の艦長は、旗艦が発砲した瞬間に
「砲術長、打ち方始め。目標は敵の*番艦」
と号令し、後は旗艦と同じ流れになります。
2番艦以下が敵のどの艦を砲撃するかは、事前に決められているか、旗艦から司令長官から指示されます。

なお、これに近いことが大東亜戦争で起きたのは
「バタビア沖海戦」
「アッツ島沖海戦」
の2回くらいで、日本とアメリカの戦艦部隊が撃ち合う場面は一度もありませんでした。「滅多に起きるとは思えず、現実には起きなかったことが仮に起きたとすれば」という仮定の話です。

このケースでは、攻撃の最終判断は「参謀長の補佐を受けた連合艦隊司令長官」が下します。艦長の任務は「日頃乗員を良く訓練し、自分のフネの機械的な状態を最良の状態に整え、少しでも早く敵に命中弾が与えられる状況を作っておくこと」です。戦艦の任務は「自分が沈められる前に敵を沈めること」ですから。

ご質問のホンの一部について答えただけでこれだけ長くなりました。他については、先に紹介した本でも読んで勉強してください。

ご質問はこの欄で答えるのは難しいので、下記の本でも読んでみてはどうでしょうか。多くの疑問が解けるはずです。

帝国海軍士官入門 ネーバル・オフィサー徹底研究 光人社NF文庫 
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31863760

軍鑑の中の指揮系統は、兵科と機関科に大別され、さらに兵学校出の士官と水兵から叩き上げた特務士官では任務が異なります。副長は、艦長の代理、艦のナンバー2、艦長の補佐役と言うより「艦の保全の責任者」的な役割を担います。

「指揮系統についてですが、攻撃の最...続きを読む


人気Q&Aランキング