試打クラブで上記のシャフトのフィーリングが大変良かったです。(私には合っていました)
詳しくは、ミヤザキ シャフト クサラ(シルバー) ですが、このシャフトと同じフィーリングのシャフトがありましたら教えてください。
例えば 「キックポイントは赤マナに近いがもう少し柔らかい」とか「MD-5と重量は近いが、先がそれほど走らない」とか言う感じだと大変参考になります。

このシャフトが合っているんだから、これを買えばいいんでしょうが、中古クラブで検討しておりますので、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

何グラム台でどのフレックスのMIYAZKI(シルバー)を打たれたんでしょうかね?




http://www.miyazakigolfshafts.jp/products.html

http://www.miyazakigolfshafts.jp/technology.html


インターナショナル・フレックス・コード(以後:IFC)から読み取ると先端側が柔らかく、中間部の手元側が一番硬く、手元が少し中間部より柔らかいといったタイプのシャフトになります。
ちなみにIFCは4点の剛性値を簡略にしたものですが、一般的には手元・中・先の3点の剛性を計って、そのシャフトの特性を調べており、雑誌やhpネットなどにそのデータが載っていることもあります。


http://www.golfclubsuuchi.com/0620_search_by_mak …

http://www.golfclubsuuchi.com/0530_kick_point.html



ここからは以前60g台のSフレックスを試打際のした際の、私の個人的な感想ですが、青マナやランバックスVをもう少し柔らかくした感じ。軽量で柔らかい物ならバサラFなんかが近いのではないかと思います。


ただ手元にもややしなりを感じたので、イリマやアッタスT2なんかも近いと言えるかもしれません。少し古いモデルですがツアーADのWシリーズなんかもその部類に入るかもしれませんね!


印象的にそんな派手には動かないクセの少ないシャフトで、振った感じは少し軽く感じました。リーズナブルにリシャフトするなら日本シャフトのGTシリーズなんかも遠からずではないでしょうか。


ズバリコレ!と言える物がピンとは来ませんが、DIやFUBUKIのように手元が柔らかく先端が硬いいタイプでも、カイリやEVのように手元と先端が硬く中間が柔らかいタイプでも無いのは間違いありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私が打ったのは60gのSフレックスです。

当方ヘッドスピードが45位しかないので、ディアマナ(アリスレイを除く)のSフレックスなどは、硬く感じて、飛距離も落ちてしまうのですが、
このMIYAZAKIのシルバーはシナリ具合や、弾き感が気持ち良くて、ドライバーの買い替えにあたって参考にしたいシャフトでした。

色々具体的に挙げていたただいたいたものを参考にさせていただきます。
有難うございました。

お礼日時:2011/01/10 19:02

シャフトの感覚と言うのは、人それぞれなので機械的なスペックが似ていても感覚とは違ったり、逆に機械的なスペックは全く違っても感覚的に似ていると感じることもあるので、一概にクサラ(シルバー)の60Sと似ているシャフトと言うのは難しいかもしれません。



という前提だと、(以下は私の個人的な感覚ですが)
ご質問などを見ている限りでは、調子そのものよりもシャフト全体が自然にしなるようなスチールシャフトに近い感じのシャフトがお好みなのではと思います。

私の中では、既に回答されていますが、ATTAS-T2とかランバックスFなどがそのように感じます。

また、シャフトの印象はクラブとしてのヘッドなどとの組み合わせでも変わってきます。
バランスを軽めに組むのか重めに組むかでも印象の変わるシャフトもあります。
個人的には、ATTAS-T2は少し重めのバランスで短めに組んだほう(D4.5で44.25)がしっくりしましたし、ランバックスFは軽めで長めに組んだほう(D-0.5で45)で組んだほうがいい印象でした。

とはいえ、いずれもゴルフショップの鳥かごでの印象なので、実際に練習場やコースでの印象とは異なるかもしれません。
    • good
    • 0

お返事拝見しました。




>私が打ったのは60gのSフレックスです。

ということは同じですね!


>当方ヘッドスピードが45位しかないので、ディアマナ(アリスレイを除く)のSフレックスなどは、
>硬く感じて、飛距離も落ちてしまうのですが、このMIYAZAKIのシルバーはシナリ具合や、
>弾き感が気持ち良くて、ドライバーの買い替えにあたって参考にしたいシャフトでした。


H/S45というのはアフターマーケット品の60~70g台のSであれば、扱えないことは無いと思いますが、しなりの感じ方には個人差ありますので、どっちかいうとスインガータイプでゆったり振られているのかもしれませんね!

アリスレイは先の回答で例にあげた後のグループ(イリマ等)に近い動きをするシャフトです。もし全体的にしなり感が欲しく、且つSフレックスでもあまり硬く感じにくい物が良いなら、ランバックスF(白)なんかも当てはまると思います。


シャフトで飛距離を伸ばしたいのであれば、モトーレスピーダーVC6.0(赤)やバサラGなんかも面白いかもしれませんし、方向性重視であればモトーレF1の"R"なんて選択肢も良いかもしれません。


結構沢山例に挙げてしまいましたので、過去に打ったことのあるアフターマーケット用のシャフトの感想や現在のクラブとその球筋、リシャフトに期待することなどお返事頂ければ、ある程度絞っていけると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に参考になるご意見有難うございます。
ランバックスFはレガシーに差してあるのを、ショップで打ったことがありますが、それほど硬くは感じませんでした。(▲をマウスで囲む計測はしませんでしたので、球筋は詳しくはわかりませんでした。)
もう一度打ってみたいと思います。

ランバックスの金色などは、非常に硬く感じてつかまりも悪かった記憶があります。(スルーボアのタイトリストでしたので、特に固く感じました)

やはり全体がしなって柔らかめのシャフトが合っているようです。モト-レFIとバサラも試してみます。
有難うございました。

お礼日時:2011/01/14 19:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグリーン上でラインを読むのにパターを置いてもいいですか?

グリーン上でパターをうつときにラインを確認するために、パターのシャフトをグリーン上において確認してもいいですか?

さらにボールのカップ側においてもいいですか?

プロでそんなのやっている人をみたことはありませんが。

Aベストアンサー

規則16条にも触れますが、ここではどちらかというと規則8条のアドバイスにも抵触する可能性があると思います。
アドバイスは自分以外の人からと思われますが、実は人にばれないように
道具等を使って芝の状態や傾きを知ることも違反と判断されます。
よって、この場合はパターの方向や状態をパターシャフトで示していますから、明らかに違反ですしましてやカップ側に置くのは明らかに違反と判断します。
余談ですがグリーンの芝を手で触れても違反となります。
これは、目や芝状態を手で確かめてはいけないことからです。
しかし、スパイダーマンのように顔をグリ-ンに近づけてラインを見る行為は賛否がありますが、今のところ違反とは判断されていません。
でも、そこで指に触れた芝の感覚を読み取ると違反となるようです。
判断が微妙ですから、アマチュアはやらないのが正解でしょうね。

Qさいたま市付近でゴルフクラブシャフトの試打ができる場所

さいたま市付近でゴルフクラブシャフトの試打ができる場所があれば教えて下さい!押しつけて買わせるようなお店でないところをお願いします。詳しい方がいらっしゃればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

フジクラの診断、相談室が木場にあります
これなどはフジクラだけになりますが
御自身の診断を兼ねて、フジクラのほとんどのシャフトが
試せるのではないかと思います
他のゴルフショップより種類も多く、診断もより細かく出る
と聞いておりますが....

参考まで

参考URL:http://www.fujikura-gcs.com/

QBUZZ...

I held a meeting last night and was a reception tonight.BUZZ...

昨夜はミーティングで、今夜はレセプション(パーティ?)だったんだ。

--------------------------------------------------------------

↑ここまでの訳は合っていますか?
で、最後のBUZZ...が訳せません。
どう訳せばいいか教えていただきたいのです(・_・;)

Aベストアンサー

buzzは「にぎやか」とか「うるさい」「噂話をする」「口コミ」「忙しく動き回る」「電話の音がする」など色々な意味があります。
BUZZ....だけで終わっているのでそのどれかは推測になりますけれど、昨日がミーティング、今日がレセプションと予定がぎっしりだったという意味ならば、「忙しい、、、」かもしれませんし、別の要件を告げる「電話だ、、、」という意味かもしれませんね。

Qゴルフクラブのシャフト部分を握って打つのはルール上問題ないでしょうか?

ゴルフクラブのシャフト部分(ヘッドから30cmくらい上のあたり)を握って打つのはルール上問題ないでしょうか?
距離や方向がうまいこと調整できそうなので、今度やってみようと思うのですが、上記のような打ち方をしている人を見たことがないので、ちょっと気になりました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

特に問題はないと思います。と言いますか自分は既にした事があったりします(笑)大きなグリーンの真ん中あたりにピンが切ってあって、花道でエッジまで5ヤードほどある場面でミドルアイアンで転がす時にグリップの真下あたりのシャフトを持ってランニングしましたよ。(当時はパターが今に輪をかけて下手だった頃です)

練習場では結構しょっちゅうやってたりします。(練習する日の1日の球数としては一桁前半の球数ですよ)ボールはグリーン奥のラフ、58度のウェッジでエッジ前のラフを越してグリーンにキャリーさせ10ヤード未満の距離のキツ目の下りラインのピンに寄せるというシチュエーションを想像して練習します。シャフトを持ってクラブを開いて少しカット目に入れるアプローチです。(まぁエマージェンシーショットですね(苦笑))

ただ、ルール上押し出したり、掻き寄せたり、掬いあげてはならないとなっています(規則14-3)から、その行為に疑念を与えるようなストロークにならないように注意はすべきでしょうね。

Q開発プロセス(プロトタイプ/スパイラル/インクリメンタル)

システム開発プロセスについて整理しています。
整理した結果、以下のような理解をいたしました。
合っていますでしょうか。

・プロトタイプモデル
「要件定義を行い、早期に試作品を作成してユーザの要求と開発側の認識に
ずれがないか確認する」プロセスが含まれているウォータフォールモデルがベースの開発モデル。。

・スパイラルモデル
独立性の高い機能をサブシステムに分解し、それぞれ要件定義、
設計、製造、テストを行いプロトタイプを作成する。
そのプロトタイプを顧客に見せ、フィードバックを得てから
再度プロトタイプを作成してゆく開発モデル。

・インクリメンタルモデル
システム全体の要求定義を行い、機能ごと製造~テストを経て段階リリースする開発モデル。

Aベストアンサー

こんばんは。30代男です。
開発経験者でありながら、今まで気にしてなかったので関連サイトを調べてみました。
誤解があるかもしれませんが…


プロトタイピング
実動するプロトタイプを早期に制作する手法、過程。

プロトタイピング・モデル
要求をあつめ、プロトタイピングを行いユーザーがそれを検証する。

スパイラルモデル(反復型)
トップダウン設計とボトムアップ設計の長所を生かした手法。
設計とプロトタイピングを繰り返していく。

ウォーターフォール・モデル
「要求定義」「設計」「プログラミング」「テスト」「運用」を順に行う。


「プロトタイピング・モデル」「スパイラルモデル」はNo.1の方が指摘されてますので、その通りかと思います。
実際の開発現場での適用方法は私には分かりかねますが・(^^;


「プロトタイピング・モデル」については、開発の流れを示すものではなく文字通り「プロトタイピングする」開発スタイルを指しているのだと思います。
なので「スパイラルモデル」も広義には「プロトタイピング・モデル」になるのでしょうね。


「スパイラルモデル」と「ウォーターフォール・モデル」は開発工程の流れを指しており、「プロトタイピング・モデル」は開発の流れではなく「プロトタイピング」という工程(プロセス)を含んでいるかどうかを指していると理解しました。


質問者様は教育にでも利用するのでしょうかね?


参考になれば幸いです。

こんばんは。30代男です。
開発経験者でありながら、今まで気にしてなかったので関連サイトを調べてみました。
誤解があるかもしれませんが…


プロトタイピング
実動するプロトタイプを早期に制作する手法、過程。

プロトタイピング・モデル
要求をあつめ、プロトタイピングを行いユーザーがそれを検証する。

スパイラルモデル(反復型)
トップダウン設計とボトムアップ設計の長所を生かした手法。
設計とプロトタイピングを繰り返していく。

ウォーターフォール・モデル
「要求定義」「設...続きを読む

Q試打用クラブの購入について

試打用クラブの購入を考えています。
販売用との違いがあるのでしょうか?
刻印みたいのが貼り付けているのはわかるのですが・・・。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

あくまで私の経験上ですが「違いは無い」と思います。

そもそも「試打用クラブ」はそのクラブがどんなモノか?を実際に体験してもらう為に各メーカーがショップや練習場などに置いてるモノですからもし極端な性能や外観の違いなどがあったら以後の販売に大きな影響があると思います。

強いて問題と言えば「試打クラブ」ですから色んな方が打っているはずです、そしてどの程度使われたかもわかりません。
もし購入するなら出来るだけ「程度の良いモノ」を選ぶ方がよろしいのでは?と言う気がします。

ただ試打用とは言え種類にも限りがあるはずです、代表的な7番(6番もありますね)の他には1W位だと思いますが前述の点に注意し購入されれば殆ど普通に使えるクラブだと思います。

試打用、とありますが大半は「DEMO」と言う標記だと思いますのでその点を気にせず「程度の良いモノ」があれば低予算で比較的新しいモデルが入手出来ると言うメリットもありますね。

Qプロトタイプ宣言について

C言語で関数を作成しプロトタイプ宣言するときの質問です。
関数実体の引数に構造体のポインタを宣言します。
プロトタイプ宣言には,構造体のポインタを宣言したのと同じ位置にvoid *を宣言します。
関数実体とプロトタイプ宣言は,異なるファイルです。
このように作成した関数は,VC++2008では,コンパイルできるのですが,
なぜ関数実体の宣言とプロトタイプ宣言の型が異なるのにコンパイルできるのでしょうか?

また,この関数を別ファイルの関数から呼び出した場合,正しく引数を理解し,正しく処理されます。
これは,言語仕様として正しい書き方なのでしょうか?
それとも環境依存の書き方なのでしょうか?

ご存知の方がいましたらお答えお待ちしています。

Aベストアンサー

> 言語仕様として正しい書き方なのでしょうか?
殆どの環境が完全に基準に準拠しているわけではないので、
言語仕様や規格云々をこまめに気にしても仕方ないとは
思いますが、気になるなら規格書くらいは一読する事を
お勧めします。

>この関数を別ファイルの関数から呼び出した場合,
>正しく引数を理解し,正しく処理されます
C言語の規格では
「呼び出される関数を表す式が関数原型を
含む型を持つ場合実引数の個数は仮引数の個数と
一致しなければならなず各実引数は対応する仮引数の型の非修飾版を
もつオブジェクトにその値を代入することのできる型を
持たなければならない。」
とされています。

void*であれば如何なる型のポインタ型にも変換でき、
ポインタ型は不完全オブジェクトから派生することができる
非修飾型となる為、関数の仮引数から実引数に渡す事が
可能だからだと思われます。

>それとも環境依存の書き方なのでしょうか?
環境依存に依存すると思います。
しかし、宣言時の関数の型と定義時の関数の型が
異なる為、基本的にはその様な実装は控えるべきでしょう。

そもそも、宣言をvoid*にする意味が全く分かりません。
どうせ、その構造体以外もポインタは処理できないのだから、
構造体のポインタを受け取るべきです。

> 言語仕様として正しい書き方なのでしょうか?
殆どの環境が完全に基準に準拠しているわけではないので、
言語仕様や規格云々をこまめに気にしても仕方ないとは
思いますが、気になるなら規格書くらいは一読する事を
お勧めします。

>この関数を別ファイルの関数から呼び出した場合,
>正しく引数を理解し,正しく処理されます
C言語の規格では
「呼び出される関数を表す式が関数原型を
含む型を持つ場合実引数の個数は仮引数の個数と
一致しなければならなず各実引数は対応する仮引数の型の非修飾版...続きを読む

Qさいたま市付近で試打クラブの多いゴルフ練習場

さいたま市付近で試打クラブが多く置いているゴルフ練習場はないでしょうか?ブリジストン・プロギア・ナイキ・テイラーメイドなどあれば、なお良いです。

Aベストアンサー

NO.2です。

新都心にこちらの練習場はたしかショップで貸してくれるって聞いた気がします。お金がかかるか等は私自身は行った事はないので分かりません。ごめんなさい。

参考までに。

参考URL:http://www.katakura.co.jp/Activities/Kaihatu/golf_shop.htm

Qプロトタイプ?

職業上、最近「プロトタイプ」という言葉
をよく耳にします。特に「プロトタイプの
プログラム」ともよく言われますがいまい
ちよくわかりません。
誰か初心者でもわかるように言葉の意味を
教えて下さい。

Aベストアンサー

プロトタイプとは日本語で「試作」という意味です。
一般的にプログラムのプロトタイプは主軸となるロジック以外の機能を削減して工数を激減して作成し、
動作を確認し、仕様通りに作成した場合、実動にどのような影響が出るかを確認するものです。

例えば、このOKWeb(教えてGoo)を作成する場合、
ユーザーがログインして、質問を書いて、別のユーザーが再度ログインし、それに回答を書く。
それを質問したユーザーが確認できる。
まずこの程度の機能をもったものを短い期間で作り上げるわけです。
もちろん、画面は絵などなく、文字情報だけのもので。
それを実際に使ってみて、使い勝手やお客様の要望を網羅できているか等を確認するわけです。

基本的に工数削減のため、本番用のPGはプロトタイプPGを骨組みとして肉付けしていく形を取るケースが多いです。

Qアイアンのシャフト 「フィーリング」か「データ」か

少し軽いアイアンシャフトを模索している者です。
いろいろと試打してもっとも心地よくというか、良いショットをイメージできる感覚を持ったのはNSPRO850の「R」でした。
ショップのサイエンスアイでドライバーのヘッドスピードを測ると、大体44~48メートル位です。(←私はそもそもこれを信頼していません)
そのデータからすると普通シャフトフレックスは「S」か「X」・・・というのが普通だそうです。
私のヘッドスピードだと、やわらかい(R)シャフトは「暴れる」のだそうです。
知人からそう言われるので、少し躊躇してしまいますが、どうなのでしょうか。

因みにドライバーのシャフトは試行錯誤した結果、テーラーメイドのUS仕様のRで、これは正解でした。
ギア選びもゴルフの奥深い楽しみのひとつだと思いますが、アイアンのシャフト、私の場合NSPROのRで如何でしょうか?
見識ある皆様のご意見をいただきたく存じます。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。
>>私はそもそもこれを信頼していません
賢明です。実際よりも2m/sくらい速めに出るものが多いようです。

常識のウソという言葉がありますが、ゴルフにおける最大の常識のウソは、「シャフトフレックスはヘッドスピードで決める」というものではないでしょうか。
実はシャフトフレックスはいかにシャフトを撓らせる技術とパワーがあるかというモノサシで決めるべきものです。これは切り返しからリリースの間で決まるものですから、インパクト付近のクラブスピードを測ってもあまり意味はないようです(参考程度)。
事実、ミズノなどはフレックスアナライザーという機械をシャフトに取り付けた上でボールを打ってもらい、プレーヤーに合ったシャフト硬度や調子、重量など決定してお客に勧めます。これは切り返し時点でのシャフトの撓り量を測る機械らしく、事実これに現れる数字はヘッドスピードと必ずしも比例しません。

ヘッドスピードのさして速くないプロでもX硬度を使う人が多いのは、アマチュアに比べてシャフトを撓らせる技術があるからですし、プロの中でもスイングタイプや切り返しの早さの違いで使う硬度は変わってくるものなのです。
ジャンボ尾崎はXXの硬度のものを使っていますが、ジャンボよりヘッドスピードが3位速い尾崎建夫は同じ種類のシャフトを使いながら硬度はXだそうですし、15年ほど前にプレジデンツカップにジャンボが出場した際に、練習場で尾崎のドライバーを打ってみた同じインターナショナルチームの飛ばし屋(たしかアーニー・エルス)がそのハードさに驚いたという話もあります。

この話とは逆に技術もパワーもあるのに敢えて軟らかいシャフトを使うプロもいます。
シニア入りしてからの中嶋常幸選手は、グラファイトデザインのM-75のSフレックスを長年愛用していました。このシャフトはG社のなかでも軟らかい部類で、私が打った感想は「M-75のXはPT-7のSより楽」といった感じです。ですから中嶋選手はかなり軟らかいものを使っていることになります。
もちろんメーカーによってもシャフト硬度の測り方や表示方法はまちまちです。

前置きが長くなりましたが。

>>アイアンのシャフト 「フィーリング」か「データ」か

フィーリングと結果(飛距離と方向性のバランス)で判断するべきだとおもいます。

テーラーメイドのUS仕様は日本使用よりも硬めのはずですから、NSPRO1050ならR、950の場合ならSでも大丈夫だと思いますが、ボールの高さを出したいのであれば柔らか目の選択もよいと思います。

こんばんは。
>>私はそもそもこれを信頼していません
賢明です。実際よりも2m/sくらい速めに出るものが多いようです。

常識のウソという言葉がありますが、ゴルフにおける最大の常識のウソは、「シャフトフレックスはヘッドスピードで決める」というものではないでしょうか。
実はシャフトフレックスはいかにシャフトを撓らせる技術とパワーがあるかというモノサシで決めるべきものです。これは切り返しからリリースの間で決まるものですから、インパクト付近のクラブスピードを測ってもあまり意味はないよう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報