【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

 中学校の理科で習うのですが、唾液に含まれる消化酵素アミラーゼによってでんぷんが麦芽糖に変わるといわれています。そして、それ以降の十二指腸や小腸でブドウ糖に変化するとあります。しかし、口の中ででんぷんなどを唾液と一緒に噛むのは、長くても1分もないはずです。その間にでんぷんが麦芽糖に全て変わることはないと思います。ほとんど噛まずに胃にいくでんぷんも多いのではないでしょうか。口以外でもでんぷんは麦芽糖に変化しているのではないですか。(理科の教科書では試験管に唾液とでんぷんをまぜ、40度ぐらいで10分以上も温めます。私の疑問は、10分間も口の中にでんぷんは実際にないのにというのが疑問の出発点です。)でんぷんの消化酵素による変化について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

唾液中の消化酵素が消化そのものにどれほど役立っているかは、他の回答者のお答えを見ても怪しいものだと思います。

食物と一緒に運ばれていったとしても、胃には強酸のペプシンが待ち構えていますし。強い酸性の条件下ではアミラーゼはほとんど働けないでしょう。唾液の主な役割は、摂取した食物を潤して飲み込みやすくすることにあるのではないでしょうか。では、なぜ唾液にアミラーゼが含まれている必要があるのか。私の考えでは、多少のでんぷんを分解して糖に変えることは、食物に甘さを感じること、すなわち美味しいと感じることになるからだと思います。今でこそ砂糖が大量に出回っていますが、昔は甘い食物というのはほとんどなかったと思います。そういう中で、ヒトが炭水化物を摂取する動機の一つに、「でんぷんの咀嚼によって生じる甘さ」があったのではないでしょうか。
    • good
    • 4

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「消化酵素」
http://www.calpis.co.jp/kigyou/g/gr_3/3.html
(ヒトの糖質関連酵素)
http://bunseiri.hp.infoseek.co.jp/syocho.htm
(消化・吸収)

ご参考まで。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~HB7N-SMMT/karada.htm
    • good
    • 0

>唾液に含まれる消化酵素アミラーゼによってでんぷんが麦芽糖に変わる


これは.省略があるのです。
唾液アミラーゼと膵液アミラーゼは.澱粉鎖の任意の場所を切断できる酵素で.「どこが切れるかわからない」のです。その結果.十分な時間があれば.ブドウ糖が2つつながった「麦芽糖」迄切れるでしょうが.通常は.適当に短くなった「オリゴ糖」とか「デキストリン」で止まってしまいます。

この適当に短くなった「オリゴ糖」をより短くするのが「ちょう液(酵素名忘却)」で.麦芽糖にします。この麦芽糖が小腸柔突起付近にたどり着いて.細胞に接して(とりこまれてかも).2つが切れて「ブドウ糖」になり.吸収されます。

知り合いに高校生いませんか。高校生に「生物の本」等を見せてもらうと.この当たりの内容が詳しく乗っているはずです(とはいうものの.高等学校の理化の教科書を子供のおもちゃとして渡したのが私ですが)。
    • good
    • 1

膵アミラーゼもあるみたいですね。


私も口の中で分解されるのは
食物中の5%と言うのが驚きでした*

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/9948 …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 唾液アミラーゼ について

 唾液アミラーゼがよく働く条件を教えてください >o<;;

国語力がないので、わかりづらいかもしれないけど。。。

よろしくお願いします(;・∀・)

Aベストアンサー

最適pHは7付近
最適温度は37゜C付近(つまり体温くらい)
です。
アミラーゼは加水分解酵素なので、もちろん水は絶対に必要です。
つまり口腔内の環境と同じです。

体内で働く加水分解酵素の最適温度は全て37゜C付近です。
最適pHは酵素が働く場所のpHによって変わります。
例えば、胃液に含まれるペプシンの最適pHは2付近、すい液に含まれるトリプシンは8付近です。

Qヒトのデンプンの分解についての質問です。

ヒトのデンプンの分解についての質問です。


デンプンは、まずはじめに口腔内のだ液(アミラーゼ)により、デンプン(アミロース)を麦芽糖(マルトース)に分解(消化)します。
その後、小腸のマルターゼでグルコースに分解され、小腸の柔毛で吸収される。

というのは中学校で学習する内容だと思います。


では、なぜ口腔内(だ液)でデンプンをグルコースまで分解しないのでしょうか。


ここでいうこの質問の意図は、『2段階で分解し、その2段階目の酵素を持たないから。』という既定の事実からの回答ではなく、『なぜ、ヒトはだ液中にマルターゼ(ないしはデンプンを一気に単糖まで分解する酵素)を持たなかったのか。』ということです。

一説に、口腔内でグルコースまで分解すると、吸収上皮である小腸までの間で他の菌や寄生している生き物に横取りされてしまうから。というのを聞いたことがあります。

この説の真贋はどうなのでしょうか、またそれ以外にも考えられる理由があればお教えいただけるとありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>デンプンを一気に単糖まで分解する酵素)を持たなかったのか。』
マルターゼはエキソ型、つまり長い鎖(でんぷん)の端っこを一つづつ外していく酵素です。(基質は麦芽糖に限りません。)
そういった意味では、いきなり単唐に分解する酵素です。
ただ長い鎖の端から一つ一つなんてことを悠長にやっていると、全て消化する前に便になって出てしまうでしょう。

アミラーゼはエンド型、つまり鎖の中を適当にぶつぶつ切っていく酵素です。別に麦芽糖を作る酵素ではありません。

鎖の中を切る酵素と鎖の端を切る酵素の両方を使うことにより、効率的にでんぷんを分解しています。
中学校の授業は説明を端折ろうとして、むしろ間違いを教えているんですよ。

Q栄養比率について

栄養素摂取量から求め、給食などを作るときに役立つ。自分が本などで調べた結果はこんなものでした・・・。もう少し、詳しい意味が知りたいです。
栄養比率の定義?を教えてください。

Aベストアンサー

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないとダメなのですが、注意しなければならないのは総エネルギー量です。この総エネルギー量が適正であることが基本条件です。
たとえば、脂質エネルギー比は1~17歳は25~30%、18歳以上は20~25%であることと日本人の栄養所要量食事摂取基準ではいわれていますが、こんな場合はどうでしょう。
総エネルギーが必要量の半分しかとれていないのに、脂質エネルギー比が40%だったら。たぶん、脂質量は適正です。その他のたんぱく質や炭水化物量がきっと不足しています。それらを適正量にすれば、脂質エネルギー比は範囲内に入るはずです。つまり、総エネルギー量とそのバランスをトータルに考えなければならないのです。

2.穀物エネルギー比率
以前は、日本人は「米ばっかり食」のことが多かったので、穀物だけでなく、もっといろいろなものを食べなければ栄養バランスがとれないということを考える目安とされてきました。
摂取した穀物のエネルギー量を合計し、総エネルギー量で割って100をかけます。50%程度が望ましいといわれています。でも、若い女性はもっと低いです。これは低すぎてもダメです。やはり、脂質エネルギー比の過剰につながるからです。

3.動物性たんぱく質比率
通称、動たん比とよんでいます。総たんぱく質量に占める動物性たんぱく質の割合です。
動物性たんぱく質量(g)/総たんぱく質量(g)×100で求めます。
アミノ酸組成のよい動物性たんぱく質はとても大切。特に、成長期には50%は摂りたいものです。

4.ほかにもいろいろ。。。
動物性脂質比率とか、
飽和脂肪酸(S):一価不飽和脂肪酸(M):多価不飽和脂肪酸(P)=3:4:3とか、
n-6系多価不飽和脂肪酸:n-3系多価不飽和脂肪酸=4:1とか、
まだ他にもあるかも。

いずれも、献立を作成したり、栄養診断する際に活用されます。

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないと...続きを読む

Qバーフォード反応について

 バーフォード反応を行うとなぜ二糖類は単糖類よりも遅れて反応するのですか?本には『反応が弱いため』としか記述がなくて困っています。教えてください。

Aベストアンサー

二糖類、例えばしょ糖などは、そのままでは還元性がありません。
(単糖同士を繋ぐ炭素が還元性の元となる部位でもあり、そこが切れた状態でないと直鎖型の構造となって、還元性の元となるアルデヒド基の形にならない)

バーフォード反応では酸性下で加熱した状態で銅(II)イオンを作用させるため、二糖類の加水分解が起こります。
この結果、単糖同士を結合していた部位もアルデヒド基の形をとれるようになり、還元性を示せるようになるわけです。

つまり、二糖類は「二糖類の加水分解→単糖類」という段階を経てから銅(II)イオンと反応するため、即座に反応を始められる単糖類に比べると、反応が遅い、ということになります。

Q唾液の働きを調べる実験がうまくいきません

唾液の働きを調べるために、唾液とでんぷんを混ぜヨウ素液を加えるという実験で、冷水に唾液とでんぷんをつけておいて行うとどうしてもヨウ素でんぷん反応が消えてしまい黄色くなってしまいます。唾液とでんぷんを試験管に別々に入れ氷の入ったビーカーに3分間入れそれを混ぜてさらに3分間冷水につけた後、ヨウ素液を加えます。すると液は黄色くなります。これでは冷水につけた唾液もでんぷんを分解することになり理論と異なります。どこが悪いんでしょう。どうやればうまくいくか教えてください。

Aベストアンサー

皆さんの回答とも関連しますが、唾液中のアミラーゼ活性は摂取した時間により強かったり、弱かったりかなり変動することが知られています。デンプンの量を増やすのも一法ですが、加える唾液を少なくするとか薄めるとかしてもうまくいく場合があると思います。アミラーゼ反応によるデンプンの分解を証明する方法として、対照を冷水につけて行う代わりに、唾液を100℃で加熱してアミラーゼタンパクを変性させ、酵素反応がおこらない唾液試料を調製し、これを加熱しない唾液を用いたものと同様にデンプンと反応させ(同じ温度で)、比較するのも面白いのではと思います。逆に、酵素反応がおこってほしいのにおこらない場合は、唾液の量を増やすか、反応時間を長くすればよいと思います。

Qヨウ素デンプン反応について

何も手を加えていないだ液にデンプンを加えたもの((1)とする)、沸騰させただ液にデンプンを加えたもの((2)とする)、にそれぞれヨウ素液を加えて反応の様子を観察する、という実験を行いました。この実験を行った結果、(1)のヨウ素液は紫色っぽく変化し、(2)のヨウ素液は紺色っぽく変色しました。なぜ、変色したときのヨウ素液の色が違うのか教えてください。
 

Aベストアンサー

(1)と(2)はどちらの方が濃い色になっているのでしょうか?
この実験のポイントは
*だ液にはアミラーゼと言う酵素が含まれている。
*アミラーゼはデンプンを分解する酵素である。
*しかし、この酵素はあまり温度があがると失活し、デンプンを分解しなくなる。
*ヨウ素デンプン反応とはヨウ素とデンプンの反応である。(溶液中にこの両方が存在しなければ起こらない)
この4つです。
これでもうわかりますよね。

参考URL:http://chem-sai.web.infoseek.co.jp/denpun.htm

Q酵素によるでんぷんの分解

実験1
1.0.2%可溶性でんぷん溶液を9mlとり、30度に温める
2.アミラーゼ1ml加えかくはんし、この時間をt=0とする。
3.0.3mlを(1)~(6)のルゴール液を入れた試験管に5分ごとに加えていく。
室温に戻し、吸光度を測定

実験2
実験1と同じで温度を45度に

実験3
1.アミラーゼ1mlを90度で10分間温める
2.でんぷん溶液を9mlずついれ、かくはんする。この時間をt=0に
3.0.3mlを(1)~(3)のルゴール液の入った試験管に10分ごとに加えていく。吸光度を測定

ヨードでんぷん反応の示す青紫色(660nmにおける吸光度)を測定してその減少速度を酵素反応速度とする。

実験1,2で、吸光度を測定したのですが30度のほうが吸光度が低く、45度のときのほうが吸光度が低くなりました。30度と45度で15度あがるとアミラーゼ活性はどのように変化するのでしょうか?実験が成功しているのか失敗なのかがわからないので教えてください、お願いします

Aベストアンサー

>kaori-tさん
30℃の方が低かったのですか。わかりました。
私の方でも大学の生化学の教科書を見てみたのですが、温度による活性変化についての記述を見つけられませんでした。
私の記憶のミスで、もし酵素の活性が左右対称の放物線だったとしたら、37℃からの温度差が30℃とは7℃、45℃とは8℃なので、より37℃に近い30℃でのほうが吸光度が低くなる(でんぷんがより分解された)のは間違いではないと言えます。
酵素活性の温度による変化はどちらのほうが(上記のものとNo.1で記述したもの)正しいのか私の知識で結論を述べるのは問題があると思いますので、より専門知識のある方にお尋ねするのをおすすめします。
お役に立てず申し訳ありません。

Qヨウ素でんぷん反応の呈色について

白玉粉および上新粉の溶液にヨウ素液を1滴加えて色の微妙な違いを観察しました。 上新粉は黒っぽい色になり、白玉粉は、おうど色っぽくなりました。この色の違いは白玉粉・上新粉のデンプン中のアミロース含量に関係するものなのでしょうか?教えてください(>_<)

Aベストアンサー

> デンプン中のアミロース含量に関係するものなのでしょうか?

ヨウ素デンプン反応での呈色は、
  アミロース = 濃青色・青紫色
  アミロペクチン = 赤紫
とされますが、実際にはアミロースの鎖長によって色も変わってきます。
下記参考URLによれば、アミロースの鎖長がグルコース12~15個のときには
褐色を示すそうです。
(「ヨウ素デンプン反応」の項の「直鎖の長さと呈色の関係」を参照)
※赤紫の呈色を示さなかったのは、アミロペクチンは熱水で糊化はしても溶ける
  わけではないため、上澄みにはあまり含まれていなかったのではないでしょうか。

よって、今回された実験での呈色の違いの主因は、
「含有されるアミロースの鎖長」によるのではないかと思います。

なお、白玉粉はふつうもち米(→デンプンは100%アミロペクチン)からつくりますが、
うるち米(→デンプンの20%程度はアミロース)を混ぜることもあるそうです。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C7%F2%B6%CC%CA%B4&kind=jn&mode=0&base=1&row=0

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%B3

> デンプン中のアミロース含量に関係するものなのでしょうか?

ヨウ素デンプン反応での呈色は、
  アミロース = 濃青色・青紫色
  アミロペクチン = 赤紫
とされますが、実際にはアミロースの鎖長によって色も変わってきます。
下記参考URLによれば、アミロースの鎖長がグルコース12~15個のときには
褐色を示すそうです。
(「ヨウ素デンプン反応」の項の「直鎖の長さと呈色の関係」を参照)
※赤紫の呈色を示さなかったのは、アミロペクチンは熱水で糊化はしても溶ける
  わけではないため、...続きを読む

Qデンプンの分解度とヨウ素デンプン反応の変化について

3本のデンプンと塩酸を混ぜた試験管を作り、沸騰湯浴中に入れ、
10分毎に引き上げ、水にとって冷やす。
次に、冷えたらヨウ素液を加えて、反応を見る。
10分間お湯につけていた試験管は濃い青紫色、
20分間お湯につけていた試験管は普通の青紫色、
30分間お湯につけていた試験管は薄い青紫色。
これは、塩酸によるデンプンの加水分解によるものですよね。
デンプンが無くなって、実際どのようなことが起こっているのか、
詳しくしりたいので、詳しい方、教えて下さい。
自力でインターネットで探してみましたが、なかなかピンとくるものが
ありませんでした。どなたか、お願いします。

Aベストアンサー

デンプン内のグルコース(ブドウ糖)鎖長と発色の関係については、wiki、デンプンの項に出ております。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%B3

Qアミラーゼの作用

だ液アミラーゼや膵液アミラーゼは、なぜ多糖類を単糖類まで分解しないんですか?

Aベストアンサー

唾液中やすい臓に存在するアミラーゼはα-アミラーゼです。
β-アミラーゼはマルトースを生成します。マルトースは麦芽糖と呼ばれている糖です。麦の発芽の際にβ-アミラーゼの働きが活発になることから来た名前でしょう。サツマイモにも多く含まれているそうです。コウジカビ等の菌類にも含まれています。
γーアミラーゼは哺乳動物の小腸にもあるようです。
αーアミラーゼでまず澱粉をぶった切ってある程度小さくする、消化し切れなかった分が小腸で改めて分解されるということになりそうですね。お餅がご飯よりも腹持ちがいいというのはαーアミラーゼで分解できない澱粉(アミロペクチン)の割合が多いからだろうと思います。

酵素の働く物質の種類と反応は決まっています。基質特異性といいます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング