子供のときに読んだ黒い海賊と言う本を探しています。
緑の海賊、赤い海賊という兄弟がいて、南欧が舞台だったと思います。この本をご存知の方、なんでも結構ですので教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

東京都立日比谷図書館で所蔵しています。

(児童書については、ここで相当の冊数を所蔵しています)
http://catalog.library.metro.tokyo.jp:80/で「黒い海賊」を検索されると詳しいことがわかります。
日比谷図書館で所蔵しているものには3種類あって、1つは講談社の「世界文学全集」第155巻(1958年)というもの、あとの2つは、それぞれ小学館「少年少女世界の名作」第41 1南欧編(1972)、講談社「少年少女世界文学全集」第40南欧東欧編(3)(1961)というものでした。
お近くの図書館にも保存してあるかもしれませんので、お問い合わせになってはいかがでしょうか。
また、作者はサルガーリ(Salgari, Emiglio)という人ですが、この名前をアマゾン(http://www.amazon.co.jp/)で調べたところ、「黒い海賊」とおぼしき原書(El Corsario Negro)が出ていました。御参考までに。

…なお、内容を読んでの御回答ではありませんので、違う本でしたらお許しください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。講談社の「世界文学全集」のものこそ、私が探していた本です。ずっと探していました。                        早速日比谷図書館に行って来ます。とても嬉しいです。  
本当にありがとう!

お礼日時:2001/04/18 10:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q読書初心者向けの本 結構我侭な本探し

はじめまして。

恥ずかしながら、つい最近になって初めて小説を読みきりました。
読んだのは村山由佳さんの「天使の卵」です。
物語に一気に吸い込まれて、楽しく読むことが出来、他にも色々な
本が読みたいと思ったのですが、小説は数限りなくありますよね?

数日間本屋で「これ」という本を探してみたのですが、なんだがピンと来るものがありませんでした。
しかも値段も結構なので、適当に買う事もできずに悩んでます。

内容は恋愛モノが好きです。そして切なくなる感じ。その中でも最後はハッピーエンド希望。人が死ぬ意味での切なさはちょっと苦手。
性描写が激しすぎるのは苦手ですが、全く無いのもちょっと…適度には入って欲しいと思います。(少女コミックくらいがいいかも)
主人公達は学生から、30代前半がいいです。自分と年齢が離れすぎると、イメージが湧かないので。
かなり細かく言うと、男女の淡い恋心や性への戸惑いや、押えきれない衝動とか、何となくですが好きです。
自分が共感できる小説がいいなと考えています。あんまり分厚い本は読み前に引いてしまうので、適度な長さで。できれば値段が手ごろな文庫本がいいです。
「天使の卵」の人が死なない感じが多分ツボなんだろうなと考えています。

絶対この条件!というわけではないので、上記に近い小説や文庫本で皆様のオススメするものを教えて下さい。
我侭なことばかり書いて大変恐縮ですが、よろしくお願いします。

はじめまして。

恥ずかしながら、つい最近になって初めて小説を読みきりました。
読んだのは村山由佳さんの「天使の卵」です。
物語に一気に吸い込まれて、楽しく読むことが出来、他にも色々な
本が読みたいと思ったのですが、小説は数限りなくありますよね?

数日間本屋で「これ」という本を探してみたのですが、なんだがピンと来るものがありませんでした。
しかも値段も結構なので、適当に買う事もできずに悩んでます。

内容は恋愛モノが好きです。そして切なくなる感じ。その中でも最後はハッピ...続きを読む

Aベストアンサー

村山由佳さんがテイストにあったのならばそのままほかの作品を読んでみたらいかがでしょうか
『Bad kids』はちょっと恋愛では変化球ですが、読書の醍醐味は価値観が広がると言うところだと感じるので、もし表紙のリード文などで気に入ればどうぞ。

あとはちょっと舞台背景が異なりますが、佐藤賢一さんの
『王妃の離婚』も西洋時代劇になりますが恋愛、性描写という意味ではお勧めです。

どちらも文庫本ですから古書店ならかなり安く手に入るでしょう。 

Q敵は海賊 海賊版

の続編について知りたいです。
いまどのくらいでていますか?

Aベストアンサー

敵は海賊・海賊版
敵は海賊・猫たちの饗宴
敵は海賊・海賊たちの憂鬱
敵は海賊・不敵な休暇
敵は海賊・海賊課の一日
敵は海賊・A級の敵

です。

Qケイトウの赤 柳の緑

数年前に江國香織さんが雑誌に掲載した「ケイトウの赤 柳の緑」という小説で、「きらきらひかる」の10年後というストーリーです。この話はどこかの短編集にでも収録されているのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下でしょうか?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4107900967/ref=sr_11_1/249-4222817-6709162?ie=UTF8

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4107900967/ref=sr_11_1/249-4222817-6709162?ie=UTF8

Q海賊の本

今日映画を見に行ったせいもあるのですがものすごく海賊に興味を持ちました。
海賊の話の本ってありませんか?
伝記でもいいのですがストーリーの本とかあったら教えてください。

Aベストアンサー

1です。著者は「杉浦昭典」でした。失礼しました。

Q南国系の島が舞台の本を探しています!

できれば主人公が子供だとうれしいです。
南国系の島ならどこでもいいです!
カールハイアセンのフラッシュを読んで、他にもこんな本が無いかな~と思ったんです。
ちなみにフラッシュはフロリダ・キーズが舞台です☆
いい本があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

フラッシュは読んだことないので全然違うタイプの本だったら申し訳ないのですが。。。

池澤夏樹さんの「南の島のティオ」がオススメです♪
小さな南の島に住むティオという少年が主人公で、ティオの島の住民や島へ遊びに来た人たちとのお話です。すごく読みやすいし、温かくてさわやかな作品です。
池澤夏樹さんは沖縄に住んでるためか、他にも南の島が舞台の作品を結構書いてます。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報