サンプロや生テレビで問題になった言論の自由と国益どっちが大事?
個人的には当然国益だと思っていたのですが、政治家の皆さんは自由のほうだと言う。考え方の違いは何を意味するのか教えてください。

A 回答 (4件)

国がなくなっても生きていけるけど、教えて!gooで自由に発言できなくなったら生きていけませーん!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

あーなるほど、全くそのとおりです。納得しました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/17 17:22

はじめまして。


国益を守るために、言論の自由を守らなければいけないと考えるのはどうでしょうか。長い目で見ればですよ。もし短期決戦で見るなら、国益は言論の自由、精神の自由などとの激しいせめぎ合いはあるとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。この問いは二者択一でないのですね。
22日のサンデープロジェクトを見守りましょう。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/17 17:37

「国益」は誰が判断するのでしょうか.「国の益」になるかならないかは人によって違いませんか.十人十色としかいいようがありません.政府

によかっても国民の大多数が困っているならば,それが国益でしょうか.例えば,情報公開すると国益が損なうといって,なんでも国益で隠してしまうと真の意味での国益でしょうか. 大使館の公金の私物化は国益に反しませんか.そもそも公金はみんなのものですから、ガラス張りにすべきであって,ガラス張りにすると相手に迷惑をかけるから,公表しない.という主張しますが、ガラス張りにすれば,要らないところにお金がかからないようにしますから,本当の国益になると思います.言論の自由で政府を新聞は叩くといいますが,批評,非難ができないより,それができることが政治をタダすというか, より良い政府を目指せるのではないでしょうか.「国益」は「国民の利益」か,それとも「国家の利益」でしょうか.小さな「国家の利益」で大きな「国民の利益」を失うこともあると思います.真の「国益」は「大きな国益で国民の利益」ではないでしょうか,わかったようなわからない回答ですが 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

国家の利益と国民の利益が同じになるような社会にしたいものです。
鋭い指摘ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/17 17:33

政治家の答えは一般的には建前主義ですから、国益より言論の自由のほうが大事というのは建前としては正しいからです。

言論の自由というのは我が憲法で過大なくらいに保証されているようにそれほど大事なものには違いないのです。しかし政治家の本音はどちらかといえば国益第1のはずです。まあ国益と自由はちょっと次元の違うものであるので(国益は結果論ですし、言論の自由は基本概念・基本的人権なので)どっちが大事かという命題にも無理があるけどそれは別の話としてとりあえず回答しときます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

建前と本音ですか…。本音で話すことができる政治家はいないものですかね。
ちょっとメディアを気にしすぎで大衆迎合的で残念。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/17 17:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「建前上は、資本主義で民主主義だが、政治腐敗と言論統制が酷い国」といったら、どこの国でしょうか?

特に酷いと言われている国を教えてください。<(_ _)>

また、その国がどうしてその様な現状になってしまったのか、という分析があればお聞かせください。<(_ _)>

Aベストアンサー

「腐敗の酷い民主・資本主義国家」という事ならば、下記のウェブサイトが役に立つかと思います。

○2005年度の腐敗認識指数ランキング(英文)
http://www.ti-j.org/corrupt/06/CPI2006TableSourcesEnglish281006.pdf

汚職撲滅を目的に設立されたNGOトランスペランシー・インターナショナル(Transparency International)が調査を行い、発表した世界各国の腐敗度のランキングです。
 このリストの下位を見てみると分かると思いますが、チャド(共和制)、バングラデシュ(議会共和制)、ハイチ(共和制)、ナイジェリア(連邦共和制)、コート・ジ・ボワール(共和制)、アンゴラ(多政党民主制)、パキスタン(準大統領制)など、「民衆のための政治」を建前とする国家が名を連ねています。
 その陰鬱な経済的状況からか、人々が生きていく術として汚職というものが必然的となり、横行するようになったと言えるでしょう。

これに加えて言論の自由が存在しない国となると、これまたNGOである国境なき記者団(Reporters sans fronti?res)の2006年度世界報道自由ランキングが使えるかと思います。

○ウィキペディア項目-国境なき記者団+世界報道自由ランキングhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%A2%83%E3%81%AA%E3%81%8D%E8%A8%98%E8%80%85%E5%9B%A3

必然的に、独裁国家や軍事国家などの国々が下位にランキングされます。パッと見たところ、民主制・共和制のいずれかの建前をもつ国家で、なおかつ上記の腐敗度ランキングと照らし合わせてみると、イラク(議会共和制)、ロシア(準大統領制連邦共和制)、コンゴ民主共和国(移行政府)、赤道ギニア(共和制)、バングラデシュ(議会共和制)などが常に下位におかれています。

ちなみに、他の回答者の方々の指摘する韓国は158位中40位との事です。他国からはシンガポール、台湾とともに新興の産業国("Asian Tiger")と呼ばれているほどですから、実際問題としてはそんなに酷くは無いのかもしれません。確かに財閥と政府の癒着関係は、大戦以前の日本と同じく、存在すると言えます。
 もっとも、韓国とは日本では何かと注目される隣国なわけですから、日本における様々な情報源から受けた印象と思い込みが混雑し、世界に関する我々の理解を不必要に複雑なものにしているのかもしれません。

さらに余談ですが、上記のランキングによると日本はチリと同位の23位のようです。上々の成績かと思いますが、さまざまな汚職事件がいまだ表面化している訳ですから、ほぼ皆無であるとは言えないのが痛いですね。

「腐敗の酷い民主・資本主義国家」という事ならば、下記のウェブサイトが役に立つかと思います。

○2005年度の腐敗認識指数ランキング(英文)
http://www.ti-j.org/corrupt/06/CPI2006TableSourcesEnglish281006.pdf

汚職撲滅を目的に設立されたNGOトランスペランシー・インターナショナル(Transparency International)が調査を行い、発表した世界各国の腐敗度のランキングです。
 このリストの下位を見てみると分かると思いますが、チャド(共和制)、バングラデシュ(議会共和制)、ハイチ(共...続きを読む

Q言論の自由と国家破壊工作活動の境目は?

朝日新聞の従軍慰安婦の虚報が明らかになりました。これが原因で韓国との外交と信頼関係が破壊されてしまいました。韓国からではなくて日本国内から出てきたのは驚きです。

そこで伺いたいのですが、言論の自由はどこからどこまでが許されていて、どこを超えると破壊工作活動になるのでしょうか?ガイドラインみたいなものはないのでしょうか?

まさかザルってことはないですよね?言論の自由も行き過ぎは言葉の暴力になります。欧米諸国もこのあたりはどうなっているのでしょうか?

慰安婦問題、南京大虐殺、教科書問題etc.これらは、日本国内の反日左翼団体などから出てきましたよね。

暴力を使わなくてもサイバーテロ、偽札もれっきとした破壊工作活動になりますよね。デタラメな情報を流して二国間の外交を破壊することは国家破壊工作活動にはならないのでしょうか?

それから、日本国憲法で「国民の生命と財産を守る」と謳っていますが、国家や国会議員はこれらを守る責務があるのではないでしょうか?

これは、憲法違反にはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

”言論の自由はどこからどこまでが許されていて、どこを超えると
 破壊工作活動になるのでしょうか?
 ガイドラインみたいなものはないのでしょうか?”
     ↑
一般的なモノはありませんが、個々にはあります。
代表的なものは名誉毀損の場合です。

ウソはイケマセンが、真実であっても名誉を毀損する
場合は、言論の自由は制約を受けます。
しかし、相手が政治家や犯罪者の場合には、一定の
条件下で言論の自由が優先するとされています。

また、憲法訴訟ということで、判例、学説により
各種の制約理論が開発されています。
公共の福祉論、最小限度の法則、
利益較量論、LRAの原則などがそれです。


”慰安婦問題、南京大虐殺、教科書問題etc.これらは、
 日本国内の反日左翼団体などから出てきましたよね”
     ↑
これなどもヒドイですね。
外国人がやるならまだ理解できますが、どうして日本人が
と思います。
もしかして、工作員かなにかがマスコミに紛れ込んでいるん
じゃないのか、とマジで考えたりします。

実際、ゾルゲ事件の朝日新聞記者「尾崎秀実」などはロシアの工作員
でした。


”暴力を使わなくてもサイバーテロ、偽札もれっきとした破壊工作活動
 になりますよね。
 デタラメな情報を流して二国間の外交を破壊することは
 国家破壊工作活動にはならないのでしょうか?”
     ↑
慰安婦などは、韓国が情報戦を仕掛けているのだと思っています。
ただ、その目的は外交を破壊するんじゃなくて、政治家の保身、
人気取りのためでしょうが。


”日本国憲法で「国民の生命と財産を守る」と謳っていますが”
     ↑
? そんな条文ありましたっけ???


”国家や国会議員はこれらを守る責務があるのではないでしょうか?”
     ↑
何故国家なるモノがあるのか、といえば国民の生命財産などを
守るためですから、国会議員にはそのような義務は当然に
あります。


”これは、憲法違反にはならないのでしょうか? ”
     ↑
そもそも憲法という法は、公権力の乱用から国民を守る
為のモノです。
従って、民間企業である朝日に憲法違反の問題は
生じないのが原則です。




    ↑

”言論の自由はどこからどこまでが許されていて、どこを超えると
 破壊工作活動になるのでしょうか?
 ガイドラインみたいなものはないのでしょうか?”
     ↑
一般的なモノはありませんが、個々にはあります。
代表的なものは名誉毀損の場合です。

ウソはイケマセンが、真実であっても名誉を毀損する
場合は、言論の自由は制約を受けます。
しかし、相手が政治家や犯罪者の場合には、一定の
条件下で言論の自由が優先するとされています。

また、憲法訴訟ということで、判例、学説により
各種の制約理論が...続きを読む

Q【政治と経済と賄賂】政治は民主主義。経済は資本主義。政治家は政治と経済の橋渡しをするのが仕事。

【政治と経済と賄賂】政治は民主主義。経済は資本主義。

政治家は政治と経済の橋渡しをするのが仕事。

言い換えると、

政治家は民主主義と資本主義の橋渡しをするのが仕事ということになる。

で、

政治家は資本主義の大資本家の言うことを聞いて政治をやる方が、資本がない貧乏人の意見を聞いて弱者を助ける政治をやるより国のGDPは高くなり、大資本家の言うことを聞いてる方が国は成長してみんなハッピーになる。

要するに政治家は賄賂をたくさんくれる人の意見を優先して政策でやっていくと自ずと国は成長する。

逆に貧乏人の意見を聞いて政策を打ち出して実行しても国になんらメリットがない。

だから、賄賂をたくさんくれる人の意見を優先して聞くことは政治家にとってもこの国に対してもメリットだと思いました。

どう思いますか?

賄賂が一種の大資本家のバロメーターだったので日本は著しい経済成長が出来ていたのでは?

それを平等主義やら言って弱者救済政策を打ち出し、弱者の何の金にもならない意見を聞き、成長率が落ちた。

違いますか?

政治家は賄賂を貰ってなんぼだと思う。賄賂を貰うことによって賄賂を渡す資本主義に競争原理が働き賄賂の額が上がっていって、最後に払えた大資本家の意見を政治に取り入れるのがこの国の最もスマート(賢い)政治だと思います。

【政治と経済と賄賂】政治は民主主義。経済は資本主義。

政治家は政治と経済の橋渡しをするのが仕事。

言い換えると、

政治家は民主主義と資本主義の橋渡しをするのが仕事ということになる。

で、

政治家は資本主義の大資本家の言うことを聞いて政治をやる方が、資本がない貧乏人の意見を聞いて弱者を助ける政治をやるより国のGDPは高くなり、大資本家の言うことを聞いてる方が国は成長してみんなハッピーになる。

要するに政治家は賄賂をたくさんくれる人の意見を優先して政策でやっていくと自...続きを読む

Aベストアンサー

賄賂ではなく票でしょう。
票をもらって政治家でいる限りにおいては、賄賂以上の利権や私欲を満たすことが出来ます。
賄賂でどうのこうのやっていた時代は、田中角栄や中曽根、竹下などの金権政治だった時代です。
大資本家ということならば、今は経団連です。自民党や政府と一蓮托生の仲ですから、お互いの利益を貪る政策を実行します。

Q【政治学】今の政治家は全人口の13%から14%の国民を見て政治をしてますがこれって正しい政治なのでし

【政治学】今の政治家は全人口の13%から14%の国民を見て政治をしてますがこれって正しい政治なのでしょうか?


全国民全ての人が幸せになる政治は現実問題それをしようとしたら国民からの税収より支出の方が増えるので現実問題無理としても1割の上場企業で働く正社員と3%の公務員と1%の経営者の総人口の14-15%の人を対象とした今の政治が本当に正しい政治なのか疑問です。

残りの86-85%の人は14-15%の人に養ってもらっているという感じにしてますがそれはただ単に14-15%の人が優遇されているだけに過ぎません。

それを自分たちが養っていると勘違いしています。

Aベストアンサー

A:>全国民全ての人が幸せになる政治は現実問題それをしようとしたら国民からの税収より支出の方が増えるので現実問題無理としても1割の上場企業で働く正社員と3%の公務員と1%の経営者の総人口の14-15%の人を対象とした今の政治が本当に正しい政治なのか疑問です。

B:>残りの86-85%の人は14-15%の人に養ってもらっている


↑ですが、「正しいか?」というい疑問以前に、事実であるという根拠はあるのでしょうか。



C:>それを自分たちが養っていると勘違いしています。

Cですが、「それ」の内容やAとBとの関係が不明。
(よくある思い付きを垂れ流しているうちに、そもそも何について語っていたかわからなくなるという、バカの文章によくあるミス)

Q徴兵?と言論の自由

政治の事はあまり良く分かりませんが質問お願いいたします。
最近お隣の大国と戦争が起きそうなくらい危ない事になってきて外交では全然解決出来ないみたいでなんとか法案が可決されてテレビのCM見ててもすごく雰囲気変わってしまって怖くなって来ます。なんかもう「守りたい」とか「この道はいつか来た道」みたいな。雰囲気も緊迫感漂ってて、確かに今の日本は一触即発状態なので仕方ないのでしょうが。
自衛隊増強というのは新聞で読みましたが、自衛官募集を強化するのかな くらいに思ってましたがいきなりこれか と思います。
確かに事態は急を要するので仕方ないのでしょうがもし現実に恐ろしい敵と自分の全人生捨てて命懸けで戦う事になったらそれは戦闘ゲームやヘビメタの「気分」とはかけ離れているのでは と想像します。なのにそんな商品に「国の為に潔く行け」メッセージを込めてるみたいに見えます。この軽さと重々しさのバランスがなんか不思議でなりません。
まず人間の命の尊さをしっかり理解した上で自衛官という職業の尊さを(条件の良さも含め)宣伝・でも良かったのではと思います。
(有事になるかどうかはあくまでもその後の事で。決してあってはならない事ですから)
なのに今すぐ徴兵ムード漂っててこれでは皆(特に若者は)怖くなって来るだけでは?
なんか大事な事が間が抜けてる気がして。
偉そうにご免なさい。
ただの臆病おばさんのくせに。
私は事態がこれだけ緊張してれば アメリカも守ってくれそうもないなら日本が戦って国民守るのは仕方ないけど基本的に戦争なんかずっと起きなきゃいいのに、と思います。平和を願い、死ぬのは恐い普通の人間です。当たり前です。
なのにこれからはこの質問のように 戦争が起きませんように なんてたかが日常会話くらいでも言うと昔の 「非国民」みたいに処罰されますか?
なんかすでに「下手な事言えない」ムードが漂ってて怖いです。
今回の特秘保護法案とやらは国家の重要秘密だけに関するもので一般市民には関係無いと言ってますが知る権利とか表現の自由とかしまいには服装とかもどんどん 弾圧されて昔の戦時中みたいに恐い世の中になってしまいそうで恐いです。
自分の意見が言えるのが日本の良いところだったのに。
最後に こんな現在になってしまった事に一人の大人として深く反省していますが(新聞ろくに読まないで政治経済に無関心。それに自分のダメな人生) これから皆で祈って頑張ってももう手遅れなのでしょうか?

政治の事はあまり良く分かりませんが質問お願いいたします。
最近お隣の大国と戦争が起きそうなくらい危ない事になってきて外交では全然解決出来ないみたいでなんとか法案が可決されてテレビのCM見ててもすごく雰囲気変わってしまって怖くなって来ます。なんかもう「守りたい」とか「この道はいつか来た道」みたいな。雰囲気も緊迫感漂ってて、確かに今の日本は一触即発状態なので仕方ないのでしょうが。
自衛隊増強というのは新聞で読みましたが、自衛官募集を強化するのかな くらいに思ってましたがいきなりこ...続きを読む

Aベストアンサー

>>なんかすでに「下手な事言えない」ムードが漂ってて怖いです。

地上波のTVのことは知らないのですけど、「下手なこと言えないムード」が漂っていますか?
ネットのニュースや2chの掲示板を見ていると、全然そんなムードは感じません。

なお、お隣の中国や韓国・北朝鮮は、言論の自由はありません。これらの国は「ムードが漂う」ではなく、政府の方針に逆らうことを言うと、現実に捕まります。中国・韓国・北朝鮮の場合は、捕まった人間だけでなく、一族郎党までも捜査対象になってしまいます。それらの国は、政府が歴史的真実を隠し、捏造した歴史で教科書を作りあげた結果「歴史認識」が狂ってしまい、国民が洗脳状態にあります。
レストランで酔っ払った客がナイフを振り回していれば、私たちは拳銃を持った警察を呼びますけど、そんな酔っ払った状態が彼らなんです。

>>なのにこれからはこの質問のように 戦争が起きませんように なんてたかが日常会話くらいでも言うと昔の 「非国民」みたいに処罰されますか?

日本には言論の自由があります。なので処罰されません。

とはいえ、日本が置かれている「状況」は、憲法9条の「平和主義(私たちは侵略されても、抵抗しないで死んでゆく)」という寝ぼけたことを言えるころとは変わりました。
明日にでも、「自衛隊は、尖閣周辺の上空にて中国の戦闘機と交戦状態になりました」とか「中国海軍の駆逐艦とアメリカ海軍の駆逐艦が交戦状態になり、付近にいた自衛隊の艦船が米軍を支援するため、中国艦艇への射撃を行いました」というニュースが流れても、不思議ではない状況にあるといえるでしょう。

>>これから皆で祈って頑張ってももう手遅れなのでしょうか?

そんなことはありません。でも、「日本の国を守る、未来の私たちの子孫の自由と繁栄を、自分の命を捨てても守る!」という侍精神というか気概のある若者たちが出てくれば問題ないでしょう。

昨日、幸福の科学が2012年の秋に公開したアニメ「神秘の法」を見ていたのですけど、その中で「国力の衰えたアメリカはもう世界の警察ではなくなりました」なんてナレーションが入り、オバマ大統領らしき人物が中国がモデルと思える帝国ゴドムの脅しに屈して何もできず、米国から一方的に「日米安保を破棄する!」と通告され、日本はゴドムに侵略・占領されてしまいます。
今年の9月10日にオバマ大統領は、「アメリカは世界の警察官ではない」と演説しました。それを裏付けるように、シリアへの懲罰攻撃に踏み切る決断を一度は明言しながらも、前言を翻えしてしまいました。なんだか映画のようになりつつある気もします。

でも、私たちが「日本は他国の軍事力に頼らず、自分たちの力でなんとかする。現在の日本にある自由な世界を守る!」と決意すれば、一時期、苦しい時代があるかもしれませんけど、私たちの自由は守られると思います。

>>なんかすでに「下手な事言えない」ムードが漂ってて怖いです。

地上波のTVのことは知らないのですけど、「下手なこと言えないムード」が漂っていますか?
ネットのニュースや2chの掲示板を見ていると、全然そんなムードは感じません。

なお、お隣の中国や韓国・北朝鮮は、言論の自由はありません。これらの国は「ムードが漂う」ではなく、政府の方針に逆らうことを言うと、現実に捕まります。中国・韓国・北朝鮮の場合は、捕まった人間だけでなく、一族郎党までも捜査対象になってしまいます。それらの国...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報