真空管って電気計算機の中でどう使われていたのですか?
真空管が0・1の判断をどうやっていたのでしょうか?
初歩的な質問ですが、よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

真空管は電子の流れをコントロールできます。



大雑把な説明をすると、管の中に陰極と陽極、その間に、
グリッドという網があります。

管の中は真空にされており、電子が陰極から飛び出し易く
なってます。内部にはフィラメントが入っており、熱すると
陰極から電子が飛び出します。

陰極に(-)、陽極に(+)の電圧をかけると、飛び出した電子は
陽極に到達し、電気が流れることになります。

ここで、間に入れてあるグリッドに電圧をかけることで、
その電気の流れをコントロールすることができます。

で、計算機の0・1の話なんですけど、ここまで書けば、もう
想像はついてるでしょうね。電気の流れをコントロールする
ことで、ON/OFFの状態を作り、それを1・0に対応させている
んです。


昔は、その手の雑誌がいくらでもあったのですが、ざっと
WEBを検索しても、適当な情報が見つかりません。

昔の記憶を掘り起こして書いてますが、間違いがあったら
勘弁。
    • good
    • 0

それは、今の計算機のなかで、トランジスタが何をしているのかと


いう質問と同じです。で、真空管を使っていれば、電気計算機とい
うより電子計算機ですけど、ま、それはおいといて :-)

真空管は、グリッドという電極にかける電圧によって、アノードと
いう電極からカソードという電極への抵抗を増減できます。つまり
電圧によるスイッチですね。現在のほとんどの計算機では、電界効
果トランジスタ(FET)という、ほぼ同じような動作をするトラン
ジスタが使われています。

余談ですが、以前は、電流で制御するタイプのトランジスタを使う
のが主流でした。

では、電圧によって制御できるスイッチがあると、なぜ計算機がで
きるか説明しだすと、話が大菩薩峠くらいになりますね。大幅に省
略しますが、スイッチの直列接続や並列接続をうまく作ってやると、
2本とかそれ以上の電圧でスイッチを制御できるようにしたり、ス
イッチの動作の結果で他のスイッチを動作させたりということがで
き、結果として 0/1 の計算ができるようになるのです。
    • good
    • 0

トランジスタと同じです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q画像の真空管ラジオのようなものは何でしょうか?

画像の真空管ラジオのような物はなにでしょうか?
古い家電製品です。
ナショナルと書いてあります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ラジオです。AM専用というかAMしか無かった時代の。つまみに周波数が書いてありますよ。

Q二重スリット実験の初歩の初歩の初歩の疑問

ばかげた質問だと笑われるのを覚悟で質問します。

電子銃から打ち出された電子がスリットに向かわず、
板上のスリットの無い所ににぶつかった場合はその後ぶつかった電子はどうなるのでしょうか?

反射していろんなんな所にぶつかって結局スリット・または板の外側を通って
写真乾板に到達するのでしょうか?
写真乾板には到達せず下に落っこちたままになったりしないのでしょうか?

もっと勉強してから質問しろと言われるような内容かもしれませんが
解りやすくお願いします。

Aベストアンサー

素人です
いい質問だと思い、ブックマークさせていただきましたが、なかなかお返事少ないですね

洗面所にお湯を置くと、蒸気が鏡に着いて大きな水滴を作ることもありますが
ヤカンの口から上がる湯気はどこへともなく消えますね
湯気の量が大量ならば、カーテンも窓も床も部屋中が湿気です

もっともっと質量の軽い電子であれば、銃で飛ばされた以上、下に落ちる確率よりも、板の目に見えない細かな窪みにくっつくか反射してどこかへ行くする可能性が強い気がします

光は粒であり、波であり、なんていいますが床に落ちた光を見てみたいモノです
素粒子は私達の体など、たいがいのものを簡単にすり抜ける…???
映像として想像しにくいですね

Q真空管アンプTU-870にipodを接続!

自作キット真空管アンプTU-870にipodやパソコンをつなげてスピーカーから音を出すのには、どうすれば良いのか教えください。入力系はL,Rの2ピンジャックが2系統ですが、ピンジャック以外の接続方法がわかりません。ネットなどで接続例の画像は目にしますが、具体的な方法がみあたりません(多分一般的には常識なのでしょうが、真空管アンプは初心者なので・・)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これでええでないかい
  ↓
http://www2.jvc-victor.co.jp/jvc/avcord/Search2.asp?Set=9&Key=Audio2&Rank=A2&Visual1=MiniSt-PlPr


 

Q電気双極子の計算においてでてきた近似計算についてなのですが、

電気双極子の計算においてでてきた近似計算についてなのですが、
q/4πε0{(1/(L-r/2)^2)-(1/(L+r/2)^2)}を
Lはrより十分大きい値ということにより、(1+小さい量)^nという近似計算を行うため、
1/L^2でくくり出すと、
q/4πε0L^2{(1-(r/2L))^-2-(1+(r/2L))^-2}となると書いてあるのですが
なぜこうなるのか分からないので、途中計算を詳しく教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

間に1行しか入りませんが,何とか読み取ってください。

q/(4πε0){(1/(L-r/2)^2)-(1/(L+r/2)^2)}
= q/(4πε0L^2)[1/{1 - r/(2L)}^2 - 1/{1 + r/(2L)}^2]
= q/(4πε0L^2)[{1 - r/(2L)}^-2 - {1 + r/(2L)}^-2]

Q真空管の名称

この画像の真空管(パワー管)の名前を教えて下さい。
多分”無線と実験”誌に掲載されたアンプだと思います。
掲載された号の年月が分かると助かります。
画像が小さくて見づらいと思いますが、どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

カタツムリタイプの真空管ですね。このタイプはそんなに
種類はありません。
形状から815ではないかなと思いました。
こいつを使ったアンプがここに載ってます。もし違ってたら
ごめんね。

http://miya3.sakura.ne.jp/815PP.html

Qよろしくおねがいします!

こんばんわ。水理学のことで教えてほしいことがあります。専門的な内容で説明もわかりにくいと思うのですが教えていただけると幸いです。

「平面に働く静水圧」という項目の全水圧を断面2次モーメントで表した個所で、具体的には、平板の図心Gを通るY軸まわりの断面2次モーメントI0を使って平板のy軸(水面にとった軸です)
まわりのモーメントを表すとI=hGA+I0(hG:水面から図心までの深さ、A:平板の断面積)になるという個所です。よくわからない点は、上式は、下記式から求められるらしいのですが、この式の第2項はY軸が平板の図心を通るので0という説明の意味がよくわかりません。∫ZdAは断面1次モーメントだと思うのですが何か関係があるのでしょうか?

式:I=∫z^2da=∫(hG+Z)^2dA=hG^2∫dA+2hG∫ZdA(=0)+∫Z^2dA

Aベストアンサー

こんにちは

任意平面上の点で,その点に関する断面一次モーメントが0となる点を図心と定義しているからです.

参考URL:http://www.ms.t.kanazawa-u.ac.jp/~design/hojo/zairiki/text/00common/zusinn.htm

Q真空管アンプ

現在 オーディオスペースの真空管アンプを使用しておりますが
真空管が点灯しない場所があります。真空管の入れ替えなどしましたが
真空管には問題ないように思います。
どんな原因が考えられるでしょうか?また どこで修理をしていただけるかご存知の方・・・・よろしくお願いします。
真空管は素人です。

Aベストアンサー

真空管の点灯は「ヒーター」が点くから赤く見えるのです。
ヒーターが灯らないと真空管は動作しません。
ヒーターが点かない原因は、ヒーター断線が1番多いですが、ソケットの接触不良も原因として挙げられます。
同じ真空管を使用してるなら入れ替えれば判断出来ますが、入れ替えたらヒーターが灯るようですから、ヒーター回路の配線が怪しくなります。
ヒーター回路の電圧を測定出来れば簡単ですが、素人さんでは難しいと思います。
電子回路に詳しい人なら簡単な事ですから、知人に居るなら見てもらう事ですが、それが無理ならメーカー修理に頼らざる得ないと思います。
念のため、点灯しない箇所の真空管を何度か抜き差ししてください。単なる接触不良なら直ります。

Q大至急おねがいします。物理の電気の分野の質問です

物理の電気の質問です

半径aの円形領域で、紙面の裏から表へ向かう磁束密度が単位時間あたりbの一定の割合で増している。
半径rのコイルに生じる誘導起電力の向きはどういうむきか?
また、その大きさを求めよ
という問題があったのですが、r>aの場合ってコイルには磁束密度の変化が関係なくないですか?誘導起電力が発生してもコイルまでとどかないので。
つまり考えずに向きはなし、大きさ0だと思ったのですが違うようです

僕の考え方のどこがおかしいですか?

Aベストアンサー

>r>aの場合ってコイルには磁束密度の変化が関係なくないですか?誘導起電力が発生してもコイルまでとどかないので。


第1の間違い
コイルは、コイルのループの内側の磁束変化に反応します。

第2の間違い
起電力が発生するのはコイルの端子で、コイルに届かないという点が間違いです。

コイルの中を通る磁束(鎖交磁束)をΦとすると
発生する電圧vは
v=-ndΦ/dtです。
nはコイルの巻き数

もう一度、教科書を読んでみてください。

Q真空管の暴走。。

LUX MB8aと言う非常に古い真空管モノラルアンプを使っているものです。
今年ジャンクですが完動の状態で知り合いから譲り受け、真空管の知識が乏しいので一部の改修(スピーカー端子の交換など)のみで使用してきました。
所が、片方のアンプの6GB8のプレートが真っ赤に発熱し始めてしまい使用中止しています。。。音は少しノイズが有りますが正常に鳴ります。
素人考えでヒーターの電圧を調べて見ましたが正常(6.3v前後)でした。。
このような症状はどのような場合に発生しますか?教えて下さい。。
裏画像
http://freedeai.com/up/src/up11402.jpg
回路図
http://freedeai.com/up/src/up11401.jpg

Aベストアンサー

こんにちは

imperiaude さんご指摘どうりですが

>片方のアンプの6GB8のプレートが真っ赤に発熱

赤くなるほうの第一グリッドの電圧が上がっているようですから
V5 の電圧も計って比較すれば分かりますね?

V2 からのカップリングコンデンサーの不良や
VR3 の接触不良など調べて交換すればいいでしょう。

真空管自体がいけないかどうかはV4とV5を差し替えてみれば
分かります。

Q初歩的な質問ですが、よろしくお願い致します(変位についてです)。

こんにちは。
私は物理を独学で学んでいる者です。
最近始めたばかりなので、今回は初歩的な質問になってしまいますが、
御都合がよろしければ、解答していただけると幸いです。

さて、早速本題に移りたいと思います。
変位は時間の関数として表現する事が出来るのでしょうか。

どなたか説明出来る方がいらっしゃいましたら、
何卒解答よろしくお願い致します。
また、もう少し勉強が進めば、もしかしたら、
分かる事なのかも知れませんが、
その点における批判は、物理初心者と言う事で御勘弁願います。
自分勝手な事を言っていますがどうか私の知識の発展に御協力下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

前提条件があれば、x=f(t)
の形で表せることもあります。

たとえば、

・一定の速度vで運動する物体の、時刻0の位置からの変位xは、
  f(t)=vt

・初速u、一定の加速度あで運動する物体の、時刻0の位置からの変位xは、
  f(t)=ut+(1/2)vt^2
(t^2は、tの二乗の意味)

・F=kxとなる力Fのもとで上下に運動する、ばねにつけられた質量mのおもりの、F=0となる点からの変位x。ただし、時刻0でx=0、速度uとする。
 (すぐには思いつきませんが、ちゃんとあらわせるはずです。)

もちろん条件によってはあらかじめ式では表せません。
・長い廊下に一人のこされた赤ちゃんがきままにハイハイしているときの位置x。

このような場合でも、測定しておいて、あとで時間の関数として表すことはできます。
 x=f(t)、ただし、f(0)=1,f(1)=3, f(2)=6,f(3)=2,f(4)=4
のように。


回答になってますか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報