最新閲覧日:

半年以上胃&腸の調子が悪いのですが、ここ1ヶ月ほどさらに悪いので検査で医者に行ってみました。症状としては、食欲不振、胃重、嘔吐感、重い物を食べると時々下痢をする、です。原因としては、ストレス・食事の量が少ない上のお酒・遅い晩メシ、が考えられるのですが。。
お医者さんで触診後、「目立った症状がないので、エコー&胃カメラで見てみないと原因がハッキリしない」といわれました。明後日、エコー、胃カメラの検査をするんですが、普通、胃カメラの前にまずバリウム(X線)検査じゃないんですか?これって・・・症状が胃がんと同じ症状なのでとても不安です。いきなり胃カメラを飲んだりするものでしょうか??若いこともあり癌だとすれば自覚症状が出る頃にはもう間に合わない場合が多いんじゃないんでしょうか?どのみち検査をするんですが今とても不安です。。

A 回答 (8件)

まず、胃カメラの件ですが、バリウムは十分に胃が膨らんだ状態でないと十分と言える結論が出せません。

体調が悪くなければ普通検査にはいきませんので、体調が悪いときに行くと、思ったように胃が発泡剤でも膨らまない事が多いのです。ですから、最近はまず診断と言う場合胃カメラから入る施設が増えています。
また、バリウム検査で癌でなくても少しでも”おや?”という所見があればどちらにしても胃カメラをすることになります。しかし胃カメラの弱点は癌がどの程度まで進展しているかを全体像からとらえられないこともありますので、やや癌だった場合に手術法決定のためにバリウムをするという考えもあります。次に症状ですが、胃ガン特有の症状はありません。10000人で何らかの胃部の症状がある人は約9900人、全員にバリウムをしたところ異常があると言われて、内視鏡検査をしたら、潰瘍、腫瘍、ひどい炎症だった人は50人ほど・・・
胃の症状は、潰瘍、腫瘍、ひどい炎症などから現れる、”器質的症状”と、胃の動きの低下、胃酸過多、消化不良など特別な病気がないのに出てくる”機能的症状”に分けられます。もちろん潰瘍、腫瘍、ひどい炎症等の場合は、両方の症状が混在している事が多いのはいうまでもありません。前述の9850人の方の胃部症状は機能的症状と言えることができます。この様に大半の方が機能的な問題で症状が出ているのです。
また、若い方の胃ガンは確かに手遅れな事が多いのですが、意外なことに胃の症状ではなく骨転移などでおこる腰痛や下肢痛で整形受診、レントゲンで癌の転移を疑われ、消化管の検索、胃ガン発見なんてパターンが多いのです。身内や周りに胃ガンでお亡くなりになった人がいる方は、かなり神経質になるものです。でも若い方ほど検査はまず受けません。一度内視鏡などで、検査を受ける事は胃の症状が”当てにならない”事を考えれば、それはそれで、良いきっかけとも言えます。
それから胃薬はその時その時だけの服用では効果は薄いですよ。少なくとも、1ヶ月は続けてみましょう。そして暴飲暴食、コーヒーなどは極力避けて、夜食は止めましょう。

この回答への補足

ありがとうございました。診察の結果"慢性胃炎"とのことでした。
かなりひどいらしく、食道が真っ赤で胃下部に無数のデコボコがありました。
念のために組織を2個所ほど採取したのですが、、、
慢性胃炎のタイプこのデコボコした症状があるらしいのですがそうなんですか?
長期間ほっといた自分の責任なんですが、、、
年をとってくると、こういう胃炎症状がでてくるとのことでしたが。。

補足日時:2001/04/18 10:34
    • good
    • 6

初めまして


私も最近、胃痛に食欲不振、嘔吐などに悩まされ病院へ行ったところ
触診の後に胃カメラを勧められました
私は胃カメラを飲む気にはなれなかったので断わって帰りましたが
診断の結果は胃潰瘍か神経性胃炎のどちらかだろうと言われました

ですので、胃カメラをすぐに勧められたからと言って
胃がんという事ではありません

きちんと調べて体の改善に努めましょうね
    • good
    • 3

胃の調子が悪いですか、これには、「不知火菊(シマカンギク)」・「ニチニチ草」が一番です。


 ピロル菌、大腸性病原菌のo-157にも効果があります。胃癌、大腸癌などにも効果があります。
    • good
    • 5

 いまどきは、まず胃カメラが普通です。

バリウムは健康診断や手術前の病変の位置確認などに利用されているのが現状ではないでしょうか。胃カメラのメリットは表面的な変化(炎症で発赤がみられるような色の変化だけ)でも分かります。バリウムだと基本的には凹凸がなければわかりません。ただしモノの位置ということになればカメラでは胃を伸展(押していくと胃が引き伸ばされる)させたりしますから正しい位置がわからない事がありますし、大きさもかなりの広角レンズでみますからハッキリしない場合があります。こうした意味では場所や大きさやあるいは硬さなどを見る場合はバリウムのほうがいいことがあります。更に付け加えるならカメラは生身でやるとかなりしんどい検査です。といって検診などではいちいち鎮静剤などを使って検査するわけにはいきませんから苦痛の少ないバリウムで検査が行われるのです。
 質問のように症状があって検査するのであればバリウムより数段診断力のある胃カメラでの検査を受けられるべきです。もしもカメラを飲む自信がなかったら、鎮静剤等の使用をお願いしてみてはいかがでしょうか?何もわからないうちに検査が可能です。
 以上のような理由でカメラを勧められたのだと思います。特に症状から胃がんを考えてカメラと言ったのではないと思いますよ。私のところでは全例といっていいほどカメラをやっています。
    • good
    • 0

今日、いつものかかりつけのお医者に行ってきて、胃が痛いという話をしてたら、「胃カメラしましょうか。

」と、いきなり言われました。
何でも、バリウムでははっきり分からないものでも、胃カメラなら分かるので胃炎やびらんの状態や潰瘍なんかを調べるのには、ちょうどいいんですよ、とのこと。

別に胃がんというわけでもなく、飲まされますね。私は5月のあたまの方で飲むんですが、通算4回目です(年齢34歳にして・・・)。

それと、胃がんで自覚症状が出たら・・・、という話ですが、私の恩師(自覚症状ありの(3)期)は温存療法で5年を越しました。療養のためといいつつ温泉によく行っております。がんの状態によりけりですね。
こればっかりは、素人では分からないですね。
    • good
    • 3

私は学校で、病気のことを勉強したりしているので、


些細な症状でも、とても気にしてしまいます。
だから、あなたの気持ちも良くわかるし、
不安になるな、といっても無理なことも良くわかります。
だけど、あまり心配しなくて大丈夫ですよ。
検査の順番は、どちらが先か忘れてしまいましたが、上の方がお答えになったように、内視鏡の方が先なような気がします。
それに、もし、X線検査が先だったとしても、それが即、胃がんだということにはつながりません。

また、食欲不振、胃重、嘔吐感、重いものを食べると時々下痢をする・・・といった症状は、なにも癌だけではありません。胃潰瘍だってあるかもしれないし、他の消化器疾患も考えられます。また疾患前の体の危険だからちょっと休めよ!っていうサインかもしれないし。

また若いなら、体力も(高齢者に比べ)あるだろうし、回復力が強いということになります。

現在は、医学は驚異的なスピードで進化しています。
以前は、手遅れでも今は大丈夫な疾患が山ほどあります。

また病は気から、という言葉もあるように、
気の持ちようで、変わるということもあります。

悪い方を考えてしまうのは、ある程度仕方ないですが、
ちょっとだけ、良い方へ考える時間ももって見て下さいね。

こんな意見で参考になれば幸いです。
    • good
    • 4

以前はバリウム(X線)検査をして、その結果異常が有ると胃カメラという検査方法でしたが、胃カメラがだんだん高性能になり、小型化してきて苦痛も少なくなってきたので最初から胃カメラを撮るように変わってきています。


当然、胃カメラのほうが細部まで調べることが出来ますから、一回の検査で済みます。

胃カメラというと緊張しますが、最近のは管も細くなっています。緊張しないで医師の指示に従って、体の力を抜いて楽にしていれば大丈夫です。

お大事に。
    • good
    • 0

胃カメラ(内視鏡)とバリウムは全く別の検査です。


そして、バリウムを先にやっちゃうと、胃のひだにバリウムがこびりついて、内視鏡検査のじゃまになっちゃいます。

ですから、順番から言えば内視鏡が先です。
ですから、先生のおっしゃってることは理にかなったことだと思いますよ。

それから、胃はストレスに敏感だってことはご存じですよね。
検査する前からそんなに心配しては、それだけで、胃にストレスがかかって、症状が悪化しちゃいます。胃潰瘍なんかだと急激に進行して胃に孔が空いちゃうことだってあるんですよ。もう少し気楽にする事が胃の状態を良くすることでもあります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ