清少納言の枕草子なんですけど!どうしても腑に落ちない箇所があります!
春は曙、秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・と「(季節)は(四文字)」
と、この法則に春、秋、冬、は従っているのに、なぜ「夏は夜」と
夏だけ「(季節)は(二文字)」となっているのでしょう?
私としては「枕草子」を詩のカテゴリーに入れているので
僕が作者なら韻とかを気にすると思うんですが・・。
そのことに対して詳しい方がいればわかりやすく説明いただければ
幸いです。どうか宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

桃尻誤訳枕草子の橋本治さんの説?ですが、私はこれすごく気に入っています。


枕草子は「エッセイ」!

「春は曙」であって、「春は曙が良い」とは書いていないのですよね。正確?に訳すと「春って曙よ!」。この「!」が良いの意味になるわけですね。
話し言葉でドンドン書いていっているんで、「いと小さく見ゆるはいとおかし」なんていうように「とっても小さく見えるのはとっても素敵!」なんて「いと」を続けて2回も使うような事もありなわけです。
と言うわけで、曙よ!夜よね!夕暮れよね!早朝よね! 韻なんて関係ないのよね! だと思うんですが?変ですか?この説?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
とても解りやすくて納得いたしました!
枕草子はエッセイ!これに尽きます!!
でもコカコーラの「なごみ」のCMでは
夏はよいまちとフリップフラップが歌っていたのですが・・!
ともかくありがとうございました!

お礼日時:2001/04/17 18:32

別に詳しくはないんですけど・・・



私が思うに、わざと韻を崩して使ってるのではないでしょうか?

他のところを統一して一ヶ所だけ崩すととても目立ちますよね。

内容から言っても、夏は随分鮮明なイメージの描写で、「をかし」もふたつも出てきます。

察するに彼女は夏の夜が好きだったのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
夏が好きだったからわざと崩した・・!
そんな考察僕にはできませんでした!
でも言われれば「なるほど!」と言う感じもしますねぇ!
ありがとうございました!

お礼日時:2001/04/17 18:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q枕草子「春はあけぼの」冒頭の本文について?

以前から授業で触れていた内容ではありましたが、改めて質問だせてください。「やうやう白くなりゆく山ぎは、少し明りて、」と「やうやう白くなりゆく、山ぎは少し明りて」の異同についてです。どちらが、例えば研究者の間では、より適切??、受け入れられている??本文なのでしょうか。またその理由は…? 「闇もなほ、蛍の…」と「闇もなほ。蛍の…」についても同様です。

Aベストアンサー

原文には、句読点はないし、句読点を何所につけて読むかは、基本的には、個人の自由だと思います。

しかし、わたし個人の気持ちとしては
「やうやう白くなりゆく山ぎは、少し明りて、」がいいと思っています。

理由は、「なりゆく」は連体形で、「山ぎは」という名詞にかかっているので、ここの間を切るのは不自然だと思うからです。

また、「山ぎは」は、「少し明かりて」の主語であり、主語と述語の間に句読点を入れるかどうかは、人によって(場合にもよることがあります)異なります。
昔から比べると、多くの小説家が句読点を多用する傾向になってきており、主語と述語の間に読点を入れる人が多くなっています。

「闇もなほ、蛍の…」の方が自然だと思います。句点で切っては、あとの文章との間で意味がとぎれすぎると思うからです。

Q紫式部が源氏物語を書いた理由、と、清少納言が枕草子を書いた理由

こんにちわ、初めまして。
学校の課題で、紫式部が源氏物語を書いた理由、と、清少納言が枕草子を書いた理由を記録に残されている根拠を使って書く、という課題が出たのですが、図書館などで本を見てもあまり「創作動機」については記されていません。ちょっと詳しめに、もしよろしければ作文形式でお返事ください。
どうかお助けください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

枕草子については、跋文に書かれていることから類推するのが一番でしょう。
ただ、枕草子が枕草子として成立した理由は「つれづれなる里居のほどに」「目に見え心に思ふことを」「書き集めたる」が「心よりほかにこそ漏りいでにけれ」とあるんですが、書き始めた理由は「ない」んですよね。
単なるメモですから。大げさな「書き始めた理由」なんてないんです。
http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/maku2.htm#319

源氏物語については「書いた理由」は、現代では「分からない」が正解ですよ。
土佐日記のように「おとこもすなるにきといふものををんなもしてみむとてするなり」という動機は見当たりませんから。
「源氏物語」は、物語なので作者が書いた動機を入れるのは変ですしね。
また、「記録に残されている根拠」と言っても、当人の談でなければ「根拠」とは言えないでしょう。

#3さんがおっしゃっているように「文献に拠っていれば、作者自身の述べるところでなくともかまわない」というのであれば、源氏物語に関しては、『無名草子』もありますよ。
このあたりが参考になるのではないでしょうか。
http://www.asahi-net.or.jp/~mq9k-ymst/KYkobun/sakuhin/murasakisb/kaisetu.htm
http://www.f-izumi.com/~bk8s-sndu/mei37.html
http://www.f-izumi.com/~bk8s-sndu/genji.html

大斎院選子内親王から上東門院彰子に「退屈しているので、何か物語を貸してください。」という依頼があったので、彰子が「どれを差し上げたらいいかしら。」と紫式部に相談をした。
紫式部が「新しく作って差し上げては?」と申し上げたら、彰子が「じゃあ、あなたが作りなさい。」と言われた。
それで、源氏物語を作って差し上げた。

という話ですね。
尤も、源氏物語は、紫式部が上東門院彰子に仕える前から書いていた…とされていますから、説としてはどうでしょうか。

当時は、「紙」が高価なものでしたから、随筆や物語を書く、書き留めるだけの「紙」を手に入れることができたから書いた…という言い方もできるのではないでしょうか。

枕草子については、跋文に書かれていることから類推するのが一番でしょう。
ただ、枕草子が枕草子として成立した理由は「つれづれなる里居のほどに」「目に見え心に思ふことを」「書き集めたる」が「心よりほかにこそ漏りいでにけれ」とあるんですが、書き始めた理由は「ない」んですよね。
単なるメモですから。大げさな「書き始めた理由」なんてないんです。
http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/maku2.htm#319

源氏物語については「書いた理由」は、現代では「分からない」が正解ですよ。
土佐日記のよう...続きを読む

Q【旧約聖書と枕草子に詳しい人教えてください】旧約聖書と枕草子にカキ氷の記載があるそうなのですが、どこ

【旧約聖書と枕草子に詳しい人教えてください】旧約聖書と枕草子にカキ氷の記載があるそうなのですが、どこに記載があるのか教えてください。

旧約聖書のどこですか?

枕草子のどこですか?

Aベストアンサー

枕草子のみですが。

http://blog.goo.ne.jp/orange_no_siori/e/1dd33c1dd20aa7c873a12335019a174e

Q清少納言の枕草子

清少納言の枕草子の第86章?めでたきもの・・・・の文章が知りたいのです誰かご存じの方教えてください

Aベストアンサー

めでたきもの

唐錦。錺太刀。作佛のもく。色あひよく花房長くさきたる藤の、松にかかりたる。六位の藏人こそなほめでたけれ。いみじき公達なれども、えしも著給はぬ綾織物を、心にまかせて著たる青色すがたなど、いとめでたきなり。所衆雜色、ただの人の子どもなどにて、殿原の四位五位六位も、官位あるが下にうち居て、何と見えざりしも、藏人になりぬれば、えもいはずぞあさましくめでたきや。宣旨などもてまゐり、大饗の甘栗使など に參りたるを、もてなし饗應し給ふさまは、いづこなりし天降人ならんとこそ覺ゆれ。御むすめの女御后におはします。まだ姫君など聞ゆるも、御使にてまゐりたるに、御文とり入るるよりうちはじめ、しとねさし出づる袖口など、明暮見しものともおぼえず。下襲の裾ひきちらして、衞府なるは今すこしをかしう見ゆ。みづから盃さしなどしたまふを、わが心にも覺ゆらん。いみじうかしこまり、べちに居し家の公達をも、けしきばかりこそかしこまりたれ、同じやうにうちつれありく。うへの近くつかはせ給ふ樣など見るは、ねたくさへこそ覺ゆれ。御文かかせ給へば、御硯の墨すり、御團扇などまゐり給へば、われつかふまつるに、三年四年ばかりのほどを、なりあしく物の色よろしうてまじろはんは、いふかひなきものなり。かうぶり得て、おりんこと近くならんだに、命よりはまさりて惜しかるべき事を、その御たまはりなど申して惑ひけるこそ、いと口をしけれ。昔の藏人は、今年の春よりこそ泣きたちけれ。今の世には、はしりくらべをなんする。博士のざえあるは、いとめでたしといふも愚なり。顏もいとにくげに、下臈なれども、世にやん ごとなき者に思はれ、かしこき御前に近づきまゐり、さるべき事など問はせ給ふ御文の師にて侍ふは、めでたくこそおぼゆれ。願文も、さるべきものの序作り出して譽めらるる、いとめでたし。法師のざえある、すべていふべきにあらず持經者の一人して讀むよりも、數多が中にて、時など定りたる御讀經などぞ、なほいとめでたきや。くらうなりて「いづら御讀經あぶらおそし」などいひて、讀みやみたる程、忍びやかにつづけ居たるよ。后の晝の行啓。御うぶや。みやはじめの作法。獅子、狛犬、大床子などもてまゐりて、御帳の前にしつらひすゑ、内膳、御竃わたしたてまつりなどしたる。姫君など聞えしただ人とこそつゆ見えさせ給はね。一の人の御ありき。春日まうで。葡萄染の織物。すべて紫なるは、なにもめでたくこそあれ、花も、糸も、紙も。紫の花の中には杜若ぞ少しにくき。色はめでたし。六位の宿直すがたのをかしきにも、紫のゆゑなめり。ひろき庭に雪のふりしきたる。今上一の宮、まだ童にておはしますが、御叔父の上達部などの、わかやかに清げなるに抱かれさせ給ひて、殿上人など召しつかひ、御馬引かせて 御覽じ遊ばせ給へる、思ふ事おはせじとおぼゆる。

コピペしただけです。
お礼は下の方々へ・・・

参考URL:http://etext.lib.virginia.edu/japanese/sei/makura/SeiMaku.html

めでたきもの

唐錦。錺太刀。作佛のもく。色あひよく花房長くさきたる藤の、松にかかりたる。六位の藏人こそなほめでたけれ。いみじき公達なれども、えしも著給はぬ綾織物を、心にまかせて著たる青色すがたなど、いとめでたきなり。所衆雜色、ただの人の子どもなどにて、殿原の四位五位六位も、官位あるが下にうち居て、何と見えざりしも、藏人になりぬれば、えもいはずぞあさましくめでたきや。宣旨などもてまゐり、大饗の甘栗使など に參りたるを、もてなし饗應し給ふさまは、いづこなりし天降人ならんとこそ...続きを読む

Q枕草子の「中納言まいり給ひて」の現代語訳を教えてくだい!

枕草子の「中納言まいり給ひて」の現代語訳を教えてくだい!

Aベストアンサー

参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.e-t.ed.jp/edotori4001/makura/makura.htm

Q枕草子 雨のうちはへ降ること の現代語訳でどうしてもわからない箇所があ

枕草子 雨のうちはへ降ること の現代語訳でどうしてもわからない箇所があります。
早急に知りたいんですが、現代語訳(一応全訳)が載っているサイトがありましたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 ご参考までに

 http://www.bekkoame.ne.jp/~ilgg/DetachedRoom/Koten/Makura/20050317.html

Q春はあけぼの

春になったので、中学のときに暗唱した「春はあけぼの」をふと思い出しました。
ところが、記憶があやふやで、全文思い出すことができません。
枕草子でしたか?
それすらあやふやです。

どなたかお分かりになるかた、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

「春はあけぼの」は枕草子の第一段です。
こちらのサイトで全文を見ることができるのでどうぞ。
http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/kotenpeji.htm

Q清少納言の感性について教えてください!!

清少納言の感性について教えてください!!

Aベストアンサー

当時の女性は、
どんなに学があっても、
権力者の娘でも、
美人でも、
天皇の室にならない限り、
後世に個人名を残してもらえない存在でした。
誰々の「女(むすめ)」とか「母」とか、役職名「少納言」などで、
表されるだけでしたので、
何か人と違うことをして、注目を集めたいという気持ちはあったと思います。
自分が仕える定子の箔もつくでしょうし。
感情をストレートに表すことを、はしたないと批判されることもあったようですが、(紫式部などに)
でも、きれいなものをきれい。
あわれ。
興ざめだわ!
なんて、素直に言葉にするのって、現代の私たちが読んでいても、気分がいいですよね。
「感性について」というのが、広すぎて曖昧ですが、
思ったことを、そのまま書ける、豊かな感性と度胸はあったんでしょうね。

Q枕草子  文学のジャンルと作者の四季に対する気持ち

清少納言の枕草子についてです。
作者は春夏秋冬、それぞれの季節のどんな時の、どのような場面・情景が良いと言っているのですか?

そして、枕草子の文学のジャンルは何ですか?

Aベストアンサー

枕草子の本文はちゃんと読みましたか?

>それぞれの季節のどんな時の、どのような場面・情景が良いと言っているのですか?
これを回答するとそのまま原文の訳になってしまうような気がするのですが…。
なんて言ったってまさに枕草子の第一段はこれについて書かれているのですから。

一応答えますと、春は夜明け・夏は夜・秋は夕暮れ・冬は早朝が良いと言っています。
けど、その後は情景をうたっている文なので、自分で読む込むことが大切だと思いますよ。

ただ、どうしても分からない場合は、以下のサイトを利用すると参考になると思います。
(http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/kotenpeji.htm)

また、枕草子のジャンルは、「随筆」になります。
枕草子は日本最古の随筆文学、そして方丈記・徒然草と並ぶ三大随筆の一つでもあります。

Q清少納言や紫式部の歯磨き方法

彼女達がどうやって歯を磨いていたとか歯痛に悩まされたというようなことがわかるものが残っているのでしょうか?

Aベストアンサー

「源氏物語」の「賢木」の巻に「御歯の少し朽ちて、口の中の黒みて笑み給へる、かをりうつくしきは、女にて見奉らまほしう清らなり」(与謝野晶子訳「お歯が少し朽ちて黒ばんで見えるお口に笑みをお見せになる美しさは、女の顔にしてみたいほどである」)と書いてあります。虫歯も美しいものと考えられていたようですね。
「枕草子」の中にも、歯の痛みのために18、9歳の女が顔を赤くして涙を流しながら口を押さえているようすを「をかし」と言っている章段を読んだことがあります。


人気Q&Aランキング