めぞん一刻やツルモク独身寮(かなり古い!?)を読むとほのぼのとするんですけど、私だけでしょうか?そんな感じでお勧めはありませんか?
最近は漫画雑誌を読まないので、全然知りません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私もやはり、星里もちる氏の「リビングゲーム」が


1番おすすめかと思います。
あとは、原秀則氏の
「うちにおいでよ」
「冬物語」
等の恋愛系の漫画はホンワカするかな、です。
    • good
    • 0

西炯子さんの「三番町萩原屋の美人」、「ローズメリーホテル空室有り」


大島弓子さんのサバシリーズ「サバの夏が来た」等、「ぐーぐーだって猫である」
那須雪絵さんの「ここはグリーンウッド」
一條裕子さんの「わさび」
毛色は違いますが、笑
西原理恵子さんの「ぼくんち」
・・・などが、おすすめです。
結構、みんな古かったですね・・・申し訳ないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
古くてもいいですよ!温故知新ってね。

お礼日時:2003/09/07 23:40

星里もちる氏の作品が、そういったテイストを多く含んでいますね。



『危険がウォーキング』、『いきばた主夫ランプル』、『りびんぐゲーム』、『オムライス』あたりがお奨めです。

あと、少年サンデー連載中の『いでじゅう』(モリタイシ)も、読んでみてください。
いい感じかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
全部聞いたことがありません。ネットカフェで探してみます。

お礼日時:2003/09/07 23:41

HANAKO(途中から作者名が山花典之に変わってます)先生の、「夢で逢えたら」(集英社ビージャンコミック)はいかがですか?さえない平凡な青年と、男の人と付き合うのが苦手な女性の、不器用な恋の物語です。

主人公の恋敵に体育教師のかっこいい男が出てきたり、モテないはずの主人公に、なぜか好意を抱く女性が複数現れて、嫉妬と誤解のドタバタがあったりして、「めぞん一刻」に少し似ているところがあるとも思う作品です。

「めぞん一刻」と同じく高橋留美子先生の短編集で、「Pの悲劇」「専務の犬」(どちらも小学館ビッグコミックスペシャル)もオススメです。社会人から主婦・老人まで、大人の世界を様々な角度から描いた傑作が揃っています。

いずれも出てから少々経っていますけれど、古本屋でなくても手に入ると思います。よろしかったらどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
めぞん一刻に似ているとゆうことで、早速読んでみます。

お礼日時:2003/09/07 23:38

佐々木 倫子の『Heaven?』


お気楽、極楽のレストランの話。いっしょに働いてみたいと思っちゃいます。(客として食べにいくのは…)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
読んでみます。

お礼日時:2003/09/07 23:36

「めぞん一刻」は読んだ後「ハァ~」ってため息が出て、ほんわかした気持ちになりました。


「ツルモク」は私には舞台が古くて(その当時の言葉の言い回しとか)、そんなにおもしろいと思いませんでした。
私がお勧めするのは、相撲のマンガで「おかみさん」(一丸とかいう作者)ですね。数年前のモノになりますが。
あとは看護婦の話で「おたんこナース」(佐々木倫子)です。これも少し前のモノです。これは読み終わった後、笑顔になれます。
いかがでしょう??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
古くても探して読んでみますね。

お礼日時:2003/09/07 23:35

永野護の「ファイブスター物語」(ファイブスターストーリーズ)(角川書店)


宮崎駿の「風の谷のナウシカ」(徳間書店)
ゆうきまさみの「機動警察パトレイバー」(小学館)
高橋留美子の「うる星やつら」(小学館)
羅川真里茂の「赤ちゃんと僕」(白泉社)
日渡早紀の「僕の地球を守って」(白泉社)
高屋奈月の「フルーツバスケット」(白泉社)
萩岩睦美の「銀曜日のおとぎばなし」(集英社)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
女性の漫画家は高橋留美子さんくらいしか読んだことないので今度読んでみます。

お礼日時:2003/09/07 23:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qめぞん一刻

ドラマ版の朱美役が高橋由美子というのがブログ・2ch等でちょっと話題になってますが、朱美の苗字が六本木というのは原作コミックのどこに出てきますか?(後から出た特集誌・増刊誌等を除く)

Aベストアンサー

最終巻15の217P、結婚後のそれぞれのその後でマスターと結婚します。その時に六本木朱美と名前が出ています。

Qめぞん一刻について・・・・

15歳の漫画好きの中学生です。

今日高校入試を終えて久々にめぞん一刻を読み直してたんですけど、

1つ教えてほしいことがあるんです。15巻の44ページで「ずっと前から五代

さんのこと好きだったの。」という会話があったはずなんですが、具体的

に響子さんはいつから五代さんのことが好きだったんでしょうか?

この漫画に詳しい方がいれば教えてください!

できるだけ細かく言ってくれたほうがありがたいです。

Aベストアンサー

う~ん、なつかしい。

私も、ストーリーとしては五大君が酔った勢いで告白したころから響子さんが意識しはじめたのだと思いますが、でもちょっと別の視点から言うと、相思相愛になった後で、「ずっと前から好きだったの」と言う女性っていますよ。本当は違ったけれどそう思い込んでしまったのか、深層心理で本当に好きだったのか、それはもう本人にも誰にもワカラナイ…。私は、この部分を読んだとき、「あ、響子さんもそうなのかな」と思いました。

そういう解釈もあると思って読むのもおもしろいかな、ということで。

Qツルモク独身寮についてです

宜しくお願いします。
歳上の彼が好きだって話していたので最近読み始めたのですが....この本に出てくる人ってだいたいの人が下品でだらしない印象なんです(女性も男性も)。読んだ事がある方の感想を聞きたくて質問しました。私はまだまだ視野が狭いので、色んなジャンルの本や漫画や映画を読んだり、見たりしているのですが、この漫画は今は好きになれません。これから経験を積めば感じ方も変わるかもしれません。
又、この漫画の男性心理は時代錯誤ですか?それとも本質をついているのでしょうか?

Aベストアンサー

う~ん…

漫画から得られるものもあるとは思いますが
漫画は現実的なものはほとんどありません。

恋愛ものでもなんでも…
あまりにも出来すぎている流れが描かれているものがほとんどです。
あんなにもうまくいくことなんて
現実にはほぼありません。

漫画は基本フィクションです。
娯楽の一部なのです。
そこで恋愛の勉強ができるかと言えばNOです。

実際の恋愛とは似て非なるものです。

好きでもない漫画を無理に読む必要はありません。
それにツルモク独身寮は不人気作品だと思います。
もっといい漫画はたくさんあるのに…なぜそれをチョイスしたのか…

恋愛の経験を積むのなら
実際の恋愛に尽きます。
それ以外は役に立たないことはないですが
現実で使えるものはあまりありません。

漫画ではなく現実の恋をしましょう。
それが一番の経験になります。

Q「めぞん一刻」について

高橋留美子先生の「めぞん一刻」という漫画について質問です。
舞台となるアパートの名前は「一刻館」だったと思うのですが,「めぞん一刻」という名前は話の中に出てきたのでしょうか?
例えば誰かの会話の中で「ここはめぞん一刻と言うんだよ。」といった感じです。
それともタイトルだけなのでしょうか?
記憶が曖昧でまったく覚えていません。くだらない質問で恐縮ですが,ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
関係ないのですが、
「マ・メゾン」という喫茶店は出て来ますね。
五代くんと待ち合わせした響子さんが、
「マ・メゾン」と「豆蔵」を間違えるというエピソードがあります。

Qめぞん一刻の響子さん

大学2年の男です。

最近、めぞん一刻を初めて読んで、昔の作品なのにとても楽しめてラストには感動しました。

私は、五代君の一挙一動にヤキモチを妬き、素直になれない響子さんがとてもかわいく、それが彼女の魅力だと思ってました。

しかし、同時期に姉も読んだのですが、自分が五代君と三鷹さんとでどっち付かずな態度をとっているのにも関わらず、ヤキモチ妬くのが意味わからないしイライラしたと言ってました。

それで、やっぱり男性と女性で全然印象が違うんだなーと思いました。

そこで質問なんですが、実際に響子さんみたいな人がいたらどう思いますか?

性別も一緒に回答してくださると嬉しいです!

Aベストアンサー

40代、女です。

私もこの「めぞん一刻」は大好きで何回も読んでいました。

響子さんについては別にそれほど嫌な印象は受けなかったかな?母性の強い家庭的な感じはいかにも「お嫁さん」向きで、当時の理想的な姿だったんじゃないかな?と思います。

こういう母性が強くて、「ダメ男」を優しく諭してくれそうなタイプだからこそ「五代くん」みたいなはっきりしないぐだぐだなタイプを選んでしまうのでしょうね。私は三鷹さんの方が断然「いい男」だと思うのですが。

だいたい五代くん、「好きじゃ~」なんて酔っぱらって言うわりに、その後の五代くんこそどっちつかず。読者的には五代くんは一途っぽいですが、周りの妨害やら、こずえちゃんの出現やら…響子さん側からははっきりとした意思表示は見えてこない。(たまに「好き」だと言っても、三鷹さんへの対抗意識とかばかりが先にたって「本気」かどうか微妙に思うと思います。)

ヤキモチというか、

「あの『好きじゃ』はいったい何だったの!本気なの?それともその場の「ノリ」なの?」

というところではないかと。そこではっきりと「好きです」と言ってくれ、苦手な「犬」まで克服した三鷹さんが登場したなら、無下にもできないのもわかります。

響子さんは「面倒」かもしれませんが、ここまで「面倒な女」にしたのは五代くん自身であると思いますよ。

五代くんと響子さん、お互い様かな?と(笑)。

40代、女です。

私もこの「めぞん一刻」は大好きで何回も読んでいました。

響子さんについては別にそれほど嫌な印象は受けなかったかな?母性の強い家庭的な感じはいかにも「お嫁さん」向きで、当時の理想的な姿だったんじゃないかな?と思います。

こういう母性が強くて、「ダメ男」を優しく諭してくれそうなタイプだからこそ「五代くん」みたいなはっきりしないぐだぐだなタイプを選んでしまうのでしょうね。私は三鷹さんの方が断然「いい男」だと思うのですが。

だいたい五代くん、「好きじゃ~」なんて酔...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報