【お知らせ】カテゴリの見直しについて

主人が同じ会社の人から殴られて、顎を骨折しました。入院は15日間で現在は通院しています。
殴った方からは当初「全て負担します」と言われていたので、先頃慰謝料の請求をしましたところ、
先日殴った方とその方の上司の方から、
ある提示をされました。

○健康保険の高額療養費で払い戻された金額を、
 こちらが支払った医療費から差し引き、
 発生した差額分を殴った方が負担する。

というもので、医療費のみ。
慰謝料の分が考慮されていませんでした。
どうやら殴った方が、こちらの請求額に対し、
支払えないと上司の方に相談した模様ですが、
この上司の方の介入で余計に話が拗れています。
上司の方は、この提示の場で主人に対し
「敵対心丸出しで請求してきた」
「あくまでお前の方が被害者だしな」
という発言をし、その無神経さに腹が立ちました。

こちらが請求した慰謝料の内訳は、
1年後に再度手術を受けなくてならないので、
その費用と休業補償、そして医療費の差額分を合わせた金額で40万円です。(弁護士さんに相談にいき、相場の金額を教えていただいた上での請求額です)

これから、この慰謝料の請求をしていくのに、
どのような手順を踏めばよろしいのでしょうか。
そして上司の方の介入も止めさせたいのですが、
どうしたらいいのでしょう。
どうか教えて下さい。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まずお考えになるのは、刑事告訴に踏み切るかどうかという点です。

殴られた経過は不明ですが、理由はどうであれ人を殴って怪我させる行為は断じて許されるものでなく、しかもご主人の怪我の程度も重いご様子ですので、告訴に踏み切ったならば刑事事件として捜査が始まる可能性が高いと思います。
ただし、刑事告訴に踏み切った場合、(1)加害者とは全面戦争に突入する、(2)会社が社員同士の争いに辟易して双方とも放逐する動きに出る可能性があるということを頭に置いて下さい。「たとえ(1)と(2)の状況になったとしても相手を許せない」、そのように腹をくくることができるのなら、刑事告訴に踏み切ることをお勧めします。

そうでなければ、民事事件として損害賠償請求のアクションを起こすことになります。現実には、(1)損害額の算定→(2)内容証明郵便で請求→(3)任意の履行がなければ訴訟提起又は調停申立という手順になります。損害賠償として請求できる中身としては、(ア)治療費、(イ)治療のための休業損害、(ウ)入通院交通費、(エ)将来治療費、(オ)慰謝料(痛い思い・辛い思いをした分、入通院をした分など)、(カ)後遺症が残れば後遺症損害です。怪我の程度などが不明ですので、40万が妥当かどうかは判断できませんが、直感としては少し低めの金額かなと思います。

弁護士を代理人に選任して請求をしてゆく場合、(1)相手も真剣に対応する、(2)上司の介入を排除できる、(3)分割払いになるとしても手抜かりのない契約書で履行を確保できるなどのメリットがあります。弁護士費用分は目減りしますが、それでも弁護士を代理人に選任した方がよいケースだと思いますよ。かくいう私も弁護士ですが、決して市場開拓のために申し上げているのではありませんのでご安心下さい。

第三者加害については、3番の方のレスの通りです。なお、刑事事件として動かすのなら、必ず民事的なアクションを起こす前に刑事から始めること。「損害賠償額を増やすため刑事手続を利用しているのでは」と邪推されると、捜査当局がなかなか動いてくれないこともありますので。逆に、刑事はやめて民事一本で行かれるのなら、できるだけ早く弁護士に相談して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

akashiori様、回答ありがとうございます。

回答を読みまして、刑事/民事にかかる流れがよく理解できました。アドバイス本当にありがとうございます。
相手の上司が介入したことにより、仕事上での
差し支えが出てくる不安もありますし、
ご指摘いただきました通りに弁護士さんを通して請求をしていく方法がいいように思えます。

しかし、当事者である主人が今回の件で有給を消化してしまっていることと、仕事が忙しいことで、当分の間は弁護士さんに相談に行くのが難しい状態です。
できるだけ早くとのお話ですが、こういった請求をするのに有効な期間というのは、どのくらいあるのでしょうか?
あと大変恐縮なのですが、こういったケースにかかる弁護士費用というものを、おおよそでかまわないので
お教え願えませんでしょうか?
お手数をお掛けして大変申し訳ありませんが、
何卒よろしくお願い致します。

お礼日時:2003/09/04 01:19

akashioriです。

お返事が遅くなって済みませんでした。先の回答を補足させていただきます。

「できるだけ早く」と申し上げたのは、「ご主人の怪我の具合が一応安定し、今回の出来事が風化しない間に」といった程度の意味です。職場内で暴力事件が起こった今回のケースの場合、被害者の立場にあるご主人について、あたかも加害者であるかのように述べ立てる心ない人が出てくるのがつきものです。必要以上に人の目や噂を気になさる必要はないのですが、交渉開始が遅れてしまった場合には、「あいつは終わったかと思った頃に何をやっているのだ」とか「終わった頃に蒸し返してきて、社内の和を乱すやつだ」などと言われる可能性が高く、それではお嫌でしょう。

私ども弁護士はサービス業!弁護士会の法律相談は平日しか行っていませんが、誰か知り合いに弁護士を紹介してもらい、電話でアポをおとりになれば、もっと柔軟に打ち合わせ日時の相談ができると思いますよ。多くの弁護士は、「会社が終わって7時から相談に伺ってよろしいですか」はOK、「土日しか休めないのですが」もOKです。ですから、有給を消化したなどとおっしゃらず、すぐに行動を開始された方が良いと思いますよ!

弁護士費用は、報酬規則という弁護士会が定めたルールがあり、それによれば、弁護士への委任時にまず着手金が、最終解決して何らかの利益が得られたら報酬金がそれぞれ発生します。そして、着手金はいくら請求するかにより、請求額に応じて算定されます(報酬金は、相手方から回収できた額をベースに算定します)。ルールによると、請求が300万円以下の部分は着手金4%・報酬金8%、300万から3000万円までの部分は着手金2・5%・報酬金5%と定められています(以上は平均的な額であり、これをベースに3割の範囲で増減可能と定められています)。

弁護士が内容証明郵便で相手方に500万を請求し、相手方の弁護士をつけて弁護士同士で交渉を行い、最終的に300万円の支払を受けられることになった場合を例に、具体的な金額をご説明します。
まずは500万円を請求する場合の着手金から。上記の基準から平均的な着手金をはじき出すと17万円となりますので、諸費用込みで約20万円をお考えおき下さい。次に300万円の支払を受けられることで解決した場合の報酬金は24万円です。
つまり、このケースでは、弁護士に委任する時に20万円をお支払いになり、交渉で解決を見て開いてから300万円の支払を受けた時に24万円をお支払いになることになります。合計44万円なり、サラリーマンの家庭に生まれた個人としての私は「高い」と思いますが、弁護士としての私は「まあ事務所の維持費もかかるので仕方ないか」と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

akashiori様、回答ありがとうございました。

的確なご指摘に感謝致します。
現時点でも主人は、相手側が間に立ててきた上司の方から、いろいろ言われている様子です。
お話では、弁護士さんとの相談日時は、こちらが予想していたより柔軟な対応をして下さるということでしたので、まずは早急に、知り合いから弁護士さんを紹介してもらうよういろいろあたってみたいと思います。
そして弁護士費用に関して、分かりやすく、かつ具体的に教えていただき本当にありがとうございます。
費用に関して全く予想がつきませんでしたが、具体的に説明いただきとても参考になりました。

重ね重ねアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2003/09/08 09:56

請求の内訳は


治療費・入院中の雑費・通院交通費・将来の手術費・弁護士費用・休業損害・後遺障害による逸失利益・慰謝料

こんな感じでしょうか。

ちなみにどのような状況での事件だったのでしょうか。会社への請求も可能かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gon1234様、回答ありがとうございます。

主人が殴られた経過は、会社の飲み会が終了し店を出た後でした。相手の方が愚痴を言っているのを、主人は聞いていただけでしたが、相手が酔いの勢いもあり、愚痴っている内に怒りが湧き上がってきて、思わず横にいた主人を殴ったそうです。
(相手の方は、そのことを覚えておられます)
その場は2人きりでしたが、直後に飲み会に出席していた同会社の方が数名駆けつけて下さり、その後の経過を見ておられます。

こちらが請求した慰謝料の内訳には、弁護士費用と後遺障害による逸失利益・精神的苦痛による慰謝料は含んでいませんでした。大雑把な言い方ですけれど、今回の件でかかった実費(休業損害含む)と将来の手術費のみ相手の方に負担していただければ良いと考えていたのですが、相手側の提示では、今回の入院費・治療費のみという話で、こちらと致しましては、どうにも納得できない状況です。

お礼日時:2003/09/04 08:47

治療に健康保険を使われているようですが、加害者がいる怪我の場合は、交通事故と同じ扱い(第三者行為)になりますよ。


健康保険に届出が必要ですし、後で健康保険から加害者に治療費の請求が行くと思います。
また、示談の内容によっては、あなたが健康保険に治療費を返還する事になります。
その金額も考慮に入れておいた方がいいと思います。(ビックリするような金額になると思います)

また、相手の態度によっては、警察に被害届けを出す事も考えていいのではないのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

osietezoo様、回答ありがとうございます。
健康保険の件は、組合の方で処理して下さるものと
思っていたので、届出が必要とは知りませんでした。
組合に問い合わせてみようと思います。
治療費返還の可能性も合わせて考えてみます。
周囲でこういったケースになった方がいないので、
こういう場合どうしたらいいのか、
的確な事を言ってくれる人がいないもので、
本当に助かりました。

相手の方の態度が、今後も加害者として認識が不足しているような言動や行動を取るようならば、
ご指摘の通りに警察に被害届けを出すことも
念頭においておきたいと思います。

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2003/09/03 23:32

既に弁護士さんに相談されたのでしたら、そちらでもう一度「具体的に」ご相談下さい。



単純に一方的な加害者と被害者という立場だけであるならば、相応の請求を行って問題ないということになります。

しかしながら、相手は会社での同僚、しかも上司(誰の上司かははっきりわかりませんが)が出てきていると言うことであれば、応対によって今後の仕事に差し支えが出てくることも考えられます。

今までの人間関係がどうであったのか、けんか(?)のいきさつや経緯はどのようなものであったのか、今後どのようにしてゆくつもり(仕事など)なのか、などプライバシーに深く関わる事柄を事細かに聞いた上でなければ、的確なアドバイスをすることは困難であると思います。
場合によっては双方に退職という選択肢もある可能性がありますよね。

質問文だけの情報から「間違ったアドバイス」をしてしまい、相談者の方が思わぬ被害を被るようなことになってはいけませんので、速やかに弁護士さんに相談されることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

haku_y様、回答ありがとうございます。

弁護士さんに相談に行ったのは、
私のみでして、弁護士さんから本人が相談に来るのが
望ましいと言われました。
しかしながら、今回の件で有給は全て消化していますし、仕事の方も忙しく主人本人が相談に出向くことは当面無理かも知れません。

ご指摘下さいましたように、相手が同じ会社の人間ですし、相手側の上司も介入していますので、
今後の対応次第で仕事に差し支えが出てくるのではと不安を感じていますが…。

できるかぎり早い時期に時間を作り
再度相談に行きたいと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2003/09/04 00:17

弁護士を通して、加害者に請求すれば良いと思います。


その上司から何か言ってきたら、「弁護士に任せてありますから」と言って取り合わないようにしましょう。
それでも、しつこい場合は「弁護士に相談します」と言いましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MetalRack様、回答ありがとうございます。

できるだけ早い時期に再度弁護士さんに相談したいと
考えております。

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2003/09/04 00:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一方的に殴られました。

皆さんに意見を伺いたいです。よろしくお願いします。

昨日(8/10)に友達どうしで花火をやりに海に行ったのですが、車をおりて、携帯を見ながら歩いていると、誰かと肩がぶつかりました。同じ年くらいの若い男でしたが、かなり酔っ払っていたらしく一方的に殴りかかってきました。こちらは一切手を出さず、7発ほど顔やのどを殴られてしまいました。口の中は切れまくりで前歯が少しぐらついています。また、のどは4発ほど殴られて、のどがすごく痛いです。

その人には奥さんがいて、止めてくれたのですが、「子供も2人いるので勘弁して欲しい」とのことでした。
相手の連絡先は教えていただき、治療費は請求してくださいと言われました。警察にはまだ連絡してません。

自分の心境としては、
しらふになって反省しているようなら、治療費&慰謝料で警察沙汰にはしなくても許してやろう、という気持ちです。ただ、連絡を取り合って、反省してない様子なら傷害事件にせざるを得ないかな?って思ってます。慰謝料の支払いを拒否したりしたならこちらとしても納得いかないですし・・。

それで、皆さんにお聞きしたいのですが、傷害事件の慰謝料はどれほどが相場なんでしょうか?医者に行こうと思うんですが、診断書は書いてもらう必要がありますよね?あと、事件がおきて数日たっても警察にそのことを伝えて傷害事件にできるんでしょうか?

皆さんのお力を貸してください。よろしくお願いします。

皆さんに意見を伺いたいです。よろしくお願いします。

昨日(8/10)に友達どうしで花火をやりに海に行ったのですが、車をおりて、携帯を見ながら歩いていると、誰かと肩がぶつかりました。同じ年くらいの若い男でしたが、かなり酔っ払っていたらしく一方的に殴りかかってきました。こちらは一切手を出さず、7発ほど顔やのどを殴られてしまいました。口の中は切れまくりで前歯が少しぐらついています。また、のどは4発ほど殴られて、のどがすごく痛いです。

その人には奥さんがいて、止めてくれたのです...続きを読む

Aベストアンサー

あなたの「治療費&慰謝料で警察沙汰にはしなくても許してやろう」というお気持ちは理解できないことはありませんが、警察への被害届はすぐに出しておかなければなりません。医師の診断書もすぐに取っておいてください。領収証も忘れずに。
相手がどんな家庭事情で泣きついても「情け」は禁物です。世の中そんなに甘くはありません。

相手の反応を待ってから被害届など出したら、今度はあなた自身が警察に怒られてしまいます。

幸い加害者の身元は判明しているようですので、直ちに警察で傷害事件として処理してもらってください。警察は加害者を取り調べる過程で、(加害者に)示談の意志があるかどうか尋ねますから、その結果をあなたに通知します。

警察はあなたからも事情を聞きます(事情聴取)。そして、あなたに「加害者に罰を望みますか?」と尋ねますから、あなたは「望みません」とは決して答えないようにしてください。「加害者の誠意次第です」と答えておいてください。あなたにとって、加害者の誠意とは、示談金の金額です。

治療費と慰謝料について、示談に応じるかどうかは「あなた」の判断次第です。

あなたに過失はないとのことですし、相手方が「勘弁して欲しい」と自らの非を全面的に認めていますので、治療費の全額負担は当然ですが、相当なぐられたようですし、口の中の傷や歯の損傷もあるようですから、慰謝料は少なくとも50万円は請求できます。

なお、後遺症のこともありますから、示談はあなたの治療が完全に終わってからにしてください。一旦示談が成立してしまいますと、改めての(追加の)損害賠償は請求しにくくなりますから、十分ご注意ください。

警察署での取調べが終わると、書類は検察庁へ送られます(送検)。
このときまでに示談が成立していると、加害者には有利になりますので、加害者は示談を急ぐ傾向にありますが、もしあなたが納得できないのなら、あわてて示談に応じる必要はありません。

あなたの「治療費&慰謝料で警察沙汰にはしなくても許してやろう」というお気持ちは理解できないことはありませんが、警察への被害届はすぐに出しておかなければなりません。医師の診断書もすぐに取っておいてください。領収証も忘れずに。
相手がどんな家庭事情で泣きついても「情け」は禁物です。世の中そんなに甘くはありません。

相手の反応を待ってから被害届など出したら、今度はあなた自身が警察に怒られてしまいます。

幸い加害者の身元は判明しているようですので、直ちに警察で傷害事件として処...続きを読む

Qけんかのケガは保険が効かない?

本日知り合いの息子さん(中3)が同じ学校の中2の生徒と喧嘩になり、相手に軽い怪我(打撲)を負わせてしまいました。本日夜相手の親と電話で話したところ、けんかによるケガは保険が効かないと医者に言われ、治療費として1万円以上を請求されたそうです。ここで質問ですが、本当にけんかによるケガは保険が効かないものなのでしょうか?ぜんぜん聞いたことがない話なので、わかりません。どなたか詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

原則として、そのとおりです。
交通事故や喧嘩など第三者行為によるけがや自殺行為や薬物中毒など故意による病気やけが、その他、泥酔など著しい不行跡による病気やけが、労働災害には健康保険は目的外なので原則的には使用できません。
本来、医療費を負担すべきなのが加害者だからです。
一般には自由診療による自費です。
ただ、自由診療ですと医療機関の請求する診療報酬が健康保険の点数の2倍以上になるケースが多いので、健康保険の例外的扱いとしての相手方に「第三者行為傷病届」を健康保険の保険者に出してもらい、一旦保険者に建替えて貰い、それを求償してもらったほうが安くなるケースが大半です。
今からでも継続的に治療が必要でしたら、相手方に手続きをしてもらうようにお願いする価値はあります。(手続き前のものはダメです。)
国民健康保険でも健保組合でも公務員共済でもどこでも同じ取り扱いです。
「健康保険」「第三者行為」で検索すれば解説は見つけられます。

Q殴られて入院中、どう対応したらいいか教えて下さい

知人Aと口論になり、殴られました。
そのはずみで頭をうち、脳挫傷、外傷性くも膜下出血、頭がい骨骨折で入院中です。
また、めまいもひどく、片耳の聞こえも少し悪いです。
幸い、手術はせずにすみましたが、1か月は入院することになりそうです。
Aにはきっちりと罪をつぐなってもらいたいと思っていますが、どうしたらいいのかわかりません。

警察には連絡していて、訴えたいと言っていますが、
殴られた時のことは、殴られた日に、意識もうろうとしたなかで少し話しただけです。
「体が大切だから、まず良くなる事だけ考えて下さい。捜査は進めています」と言われ、話も聞かれずそのままになっています。
Aが何もなかったかのように、外を歩いてると聞くと、むしょうに腹がたちます。

治療費や慰謝料もきちんとしたいのですが、いつ、どうやって請求したらいいのでしょうか?
Aは借金があるらしく、支払ってもらえるか心配です。
ケースバイケースだとは思いますが、慰謝料はいくら位請求できるのでしょうか?

また、治療費はとりあえず健康保険を使わせてもらうつもりですが、Aが健康保険からの請求を払わなかった場合、どうなるのでしょうか?
まさか、こっちが払うなんてことになるのでしょうか?

何もわからず困っています。よろしくお願いします。

知人Aと口論になり、殴られました。
そのはずみで頭をうち、脳挫傷、外傷性くも膜下出血、頭がい骨骨折で入院中です。
また、めまいもひどく、片耳の聞こえも少し悪いです。
幸い、手術はせずにすみましたが、1か月は入院することになりそうです。
Aにはきっちりと罪をつぐなってもらいたいと思っていますが、どうしたらいいのかわかりません。

警察には連絡していて、訴えたいと言っていますが、
殴られた時のことは、殴られた日に、意識もうろうとしたなかで少し話しただけです。
「体が大切だから、ま...続きを読む

Aベストアンサー

明らかにAの不法行為による治療なので、労働災害や交通事故と同様、健康保険は使えません。全額Aが支払わなければなりません。ただし健康保険加入者保護のために、保険組合等が治療費(の7割?)を立て替えて、組合等から直接Aに請求がいく制度があったはずです。病院あるいは保険組合等に怪我の原因を明らかにしておく必要があります。
民事請求は社会復帰後にならざるを得ない感じですね。
但し他の民事と同様、加害者に資力がなければ十分な補償を得ることは困難です。
刑事に関しては即刻Aの取調が行われるべきだと思いますが...

Q慰謝料について

被害届と慰謝料についてお聞きします。
16歳になる息子が遊び仲間に殴られ下顎骨折で
全治6週間の怪我を負わされました。
被害届を出しました。
相手側が謝罪したいとの事で後日会うのですが
慰謝料を受け取った場合、示談とみなし被害届は
取り下げなければいけないんでしょうか。
告訴してる場合の事だと思うのですが、無知で申し訳ありませんがわかりやすく教えて下さい。
息子は上下の歯をワイヤーで固定し流動食しか口にできず不自由な生活を強いられてます。
慰謝料は受け取ってはだめなのでしょうか。

Aベストアンサー

いつの段階で慰謝料や損害賠償を受け取っても、いっこうに構いません。

ただし受け取る場合は、きちんと示談書を作成してのほうが良いと思われます。
相手側は、刑事事件を少しでも有利に進めたいために示談を急いでくると思いますが、あなたとしては十分検討してから示談に応じた方が良いと思います。
あなた側から示談を急ぐ理由はありませんが、起訴前の方があなた側も有利に進められます。
判決が出てからだと、平気で賠償を逃げようとする輩がたくさんいます。

また示談と被害届の取り下げは、法的には全く相関関係がありませんので、取り下げる義務は無く心配はいりません。
ただあなた側の気持ちとして、相手が十分誠意を見せ、相手の将来も考えて許してやっても良いと思うのであれば取り下げてあげれば、相手は起訴猶予となる可能性が高いと思われます。
(傷害罪は申告罪ではないので、取り下げても立件されることはあり得ます)

全治6週間とのことで、一般的には重傷となりますので、後遺障害の心配もあるでしょうし、こんな重傷の場合は是非とも民事的な交渉を弁護士にお願いするべきでしょう。

いつの段階で慰謝料や損害賠償を受け取っても、いっこうに構いません。

ただし受け取る場合は、きちんと示談書を作成してのほうが良いと思われます。
相手側は、刑事事件を少しでも有利に進めたいために示談を急いでくると思いますが、あなたとしては十分検討してから示談に応じた方が良いと思います。
あなた側から示談を急ぐ理由はありませんが、起訴前の方があなた側も有利に進められます。
判決が出てからだと、平気で賠償を逃げようとする輩がたくさんいます。

また示談と被害届の取り下げは、法的...続きを読む

Q傷害事件に遭いました。慰謝料を請求したいのですが

先日、知人と酒を飲みに行き、お互いかなりの量の酒を飲み口論となり、知人に顔面を思い切り殴られ怪我を負いました。殴った後も店の中で知人は怒鳴り散らしていたので、収集つかなくなり、店員さんに警察を呼んでもらい、警察署に行きました。酔いも覚めたころ、知人であるが故、反省の色が見られれば被害届等提出するのはやめようと思っていたのですが、話を聞いても、謝罪こそあるものの、誠意を感じられる内容ではなかったので、被害届を提出し、翌日医師の診断書を提出しました。診断書の内容は、全治一週間とありましたが、10日経った今でも、腫れとアザが取れません。仕事に支障をきたす(接客業)怪我でもありますし、それ以降なんの謝罪もないことから、医者の費用と慰謝料を請求したいと考えているのですが、どういった手順で請求するのが一番なのでしょうか、、警察に聞いても何も教えてくれません。
電話番号は知っているので、直接相手に請求するのがいいのか、やはり弁護士さんを通した方がいいのでしょうか。
問題がなければ、直接連絡してしまおうと思っているのですが、当時から話していない事もあり、相手の出方の想像がつかないので、その場合どういった交渉をすればいいのか良くわかりません。

知人ということで、逮捕はしないと警察は言っていました。
ちなみに知人と言っても、2、3回一緒に酒を飲んだ事があるだけの浅い知人です。当時のことに関しても、きちんとした謝罪もないので、まだ怒りが収まりません。もう、付き合いをすることもないであろう相手なので、徹底的に、取れるものは取っておきたいというのが正直な所です。

先日、知人と酒を飲みに行き、お互いかなりの量の酒を飲み口論となり、知人に顔面を思い切り殴られ怪我を負いました。殴った後も店の中で知人は怒鳴り散らしていたので、収集つかなくなり、店員さんに警察を呼んでもらい、警察署に行きました。酔いも覚めたころ、知人であるが故、反省の色が見られれば被害届等提出するのはやめようと思っていたのですが、話を聞いても、謝罪こそあるものの、誠意を感じられる内容ではなかったので、被害届を提出し、翌日医師の診断書を提出しました。診断書の内容は、全治一週間...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえずは「謝罪・治療費・休業補償・慰謝料」を相手に請求(示談)して、
誠意のない対応なら「弁護士を通して傷害罪で刑事告訴する」と伝えては。
ただし高額な慰謝料や脅迫めいた言葉などを使ってはいけません。逆に脅迫罪に問われますから。
また交渉の過程は録音しておいてください。

相手に資産があり定職について給与所得などがあれば補償はとれますが、なければ弁護士を使っても無駄です。

Q傷害事件の被害者になってしまい。これからどういう手続きをとったらいいでしょうか?

2日前の夜中傷害事件に巻き込まれました。
スナックで3人(先輩、友人、私)で、飲んでいたときに、一緒に飲んでいた先輩が知らない隣のテーブルの人に話しかけにいっていました。
私と友人はその間二人で飲んでいて、隣のテーブルの人とは話もしていません。
帰りに、店を出たところで、その知らない隣のテーブルの人たちが私たちに声をかけてきたと思ったら、友人の一人が突然殴られました。止めに入ったところ、私も殴られ、意識を失いその間も暴行を受けていました。
(私も友人も一切相手に手を出してはいません。)

私たちは救急車で運ばれ、警察も駆けつけ、事情聴取も一応終わり、私たちに暴行を加えた相手も警察に捕まってます。
結果的に、頭を5針縫い、顔面打撲とても腫れていて、全治1週間の診断が下りました。
診断書も警察へ提出しています。
私としては、医療費、破かれた洋服代、血だらけになった洋服のクリーニング代、休業補償、慰謝料までもらいたいのですが、これからどういう手続きをとったらいいのでしょうか?
全くわからないので、宜しくお願いいたします。

相手の人はガラが悪そうな人たちでした。

2日前の夜中傷害事件に巻き込まれました。
スナックで3人(先輩、友人、私)で、飲んでいたときに、一緒に飲んでいた先輩が知らない隣のテーブルの人に話しかけにいっていました。
私と友人はその間二人で飲んでいて、隣のテーブルの人とは話もしていません。
帰りに、店を出たところで、その知らない隣のテーブルの人たちが私たちに声をかけてきたと思ったら、友人の一人が突然殴られました。止めに入ったところ、私も殴られ、意識を失いその間も暴行を受けていました。
(私も友人も一切相手に手を出しては...続きを読む

Aベストアンサー

加害者は傷害罪の被疑者であり、これから加害者に対する刑事手続が進められてゆくことになります。具体的には、警察署で両当事者や目撃者などから事情聴取をしたり実況見分を行ったりし、その後に検察庁へ送致して、更に検察官による捜査が行われます。そして、最後に、その検察官が、(1)起訴、(2)不起訴、(3)略式命令請求(罰金刑の処分)のどれかの終局処分を選択するということになります。

この手続の中で、被害者である貴殿は、警察署と検察庁に呼ばれて詳しく事情を聴かれ、話した内容について供述調書と採られることになると思います。その時は、堂々とした態度で事実を正しく供述して下さい。
被害者と示談が成立するかどうかは、検察官が終局処分を選択する際に重要な判断材料になりますので、加害者が検察官から「示談しないと起訴するぞ」と言われ、慌てて示談の申し入れを行ってくるケースも少なくありません。その場合は、専門家に相談して適正な賠償額を算定して貰うとか、その専門家に委任して示談交渉を行って貰うとかの対応をなされると良いでしょう。

これに対し、加害者が示談の申し入れをしてこない場合もあります。その場合は、貴殿の側から損害賠償請求を行い、それでも不誠実な対応に終始されれば、弁護士を代理人を立てて請求するとか、調停・仲裁・訴訟等のしかるべき法的アクションに踏み切ることになるでしょう。

いずれにしても、早い段階で弁護士に相談なされ、その助言に沿って今後の対応をなされるのが良いと思いますよ。

加害者は傷害罪の被疑者であり、これから加害者に対する刑事手続が進められてゆくことになります。具体的には、警察署で両当事者や目撃者などから事情聴取をしたり実況見分を行ったりし、その後に検察庁へ送致して、更に検察官による捜査が行われます。そして、最後に、その検察官が、(1)起訴、(2)不起訴、(3)略式命令請求(罰金刑の処分)のどれかの終局処分を選択するということになります。

この手続の中で、被害者である貴殿は、警察署と検察庁に呼ばれて詳しく事情を聴かれ、話した内容について供述調書と...続きを読む

Qけんか 治療費請求されてしまいました

すみません。 表題に詳しい方、教えてください。

先日、会社の忘年会が有り、10人ほどで飲みました。
みんな結構盛り上がり、私も相当飲んでいました。(ところどころ記憶がないくらいでした)
2次会が始まった直後、事件が起きました。

相手は25歳の部下で、ちょっと生意気なところがありますが、それがむしろかわいいと思える、いいやつです(でした?)。
私は38歳でそのメンバーの中では中堅です。

2次会が始まった直後、ひょんなことから相手がキレて、わたしはひざ上に、足蹴りを2発もらいました。
周りの何人かに「外に出てやれ」といわれて、とりあえず外に出ました。
相手は「おれは昔空手をやっていたんだ、お前をボコボコにするのは簡単だ」などとわめいていて、とうとう自分もキレてしまいました。
私は相手につかみかかり、相手の顔面に膝蹴りを2発入れてしまいました。
その後、つかみ合っているところを同僚に止められました。
そこで相手は警察に電話してしまったのです。
警察が来るまでの間、お互いに謝ったのですが、とうとう二人とも警察に連れて行かれました。

私は体のあちこちが痛むものの、怪我という怪我はありません。
相手は歯が欠けてしまいました。(下の前歯1本が、横2ミリ縦2ミリで斜めにかけているのは確認できました。が、その周りの歯3本も少し欠けていると、計4本を主張しました)

警察では相手が怪我をしたことで事件にするか、私が彼に謝るかを迫られました。
事件にすると周りのみんなに余計迷惑がかかるので、私が彼に謝る形で出てきました。 彼も私に謝罪してくれたので、お互い許しあったのです。
しかし、彼は警察の前でも、「許すけど治療費は払って」と主張し続けました。
ここで私はまだ相当酔っていたので、「じゃ、ある程度は払うよ」といってしまいました。(具体的には10万円くらいまでならと)

次の日は休みで、家で冷静になって考えると、もともと先に手を出したのは彼です。(足蹴り2回)
つまり、けんかを売っておいて負けたら治療費請求とは、どうしても納得がいかないです。
けんかに勝てば彼は私を笑うでしょう。
けんかに負けたら、警察そして治療費請求。
これでは「当たり屋」じゃないですか。

そもそも私の時代には、けんかを売っておいて負けたら、ただごめんなさいでした。(けんかを売られたなら、警察を呼ぶというのもわかります)

私は治療費を払わなくてはならないのでしょうか?
もし払うなら、いくらくらいになるでしょうか?
何かいい方法、納得できる方法がありましたら、教えてください。

すみません。 表題に詳しい方、教えてください。

先日、会社の忘年会が有り、10人ほどで飲みました。
みんな結構盛り上がり、私も相当飲んでいました。(ところどころ記憶がないくらいでした)
2次会が始まった直後、事件が起きました。

相手は25歳の部下で、ちょっと生意気なところがありますが、それがむしろかわいいと思える、いいやつです(でした?)。
私は38歳でそのメンバーの中では中堅です。

2次会が始まった直後、ひょんなことから相手がキレて、わたしはひざ上に、足蹴りを2発...続きを読む

Aベストアンサー

私は弁護士でもなんでもないですが、以下のように考えます。
喧嘩によって相手にけがをさせたのなら傷害罪が成立します。
しかし、警察が事件にしないことにしたので、傷害罪は不問に付された。(本来、これは親告罪でないので両者に適用されるべきと思うのですがとにかく事件にならなかったので、刑事事件にならなかった。)
そこで今度は民事事件になるのです。
あなたはひざ蹴りをくらった。打撲傷。
相手は歯が抜けた。
両者ともに相手に不法行為をしたのです。
したがって、あなたは相手に打撲傷の損害賠償を求めることができる。
相手は歯が抜けたことに対する損害賠償を求めることができる。
結局、両者ともに相手に請求できる。
あと、金額は話し合いになります。話し合いが決裂して、一方がどうしても不満だということになると訴訟を起こして裁判所で決着という事になるでしょう。
裁判になるとどちらが先に手を出したかということも考慮に入れられるとは思いますが、相手の損害額から相手の過失分(先に手を出して、あなたに打撲傷を負わせた)を減額した額の支払いをあなたは命じられると思います。
極端な話、先に手を出して、相手の頭をこついたら、顔面殴られて全治1カ月の傷害を負っても、あなたの理屈では賠償してもらえないということになりませんか。やはり、より傷害を負わせた方が賠償しなければならないと思います。

私は弁護士でもなんでもないですが、以下のように考えます。
喧嘩によって相手にけがをさせたのなら傷害罪が成立します。
しかし、警察が事件にしないことにしたので、傷害罪は不問に付された。(本来、これは親告罪でないので両者に適用されるべきと思うのですがとにかく事件にならなかったので、刑事事件にならなかった。)
そこで今度は民事事件になるのです。
あなたはひざ蹴りをくらった。打撲傷。
相手は歯が抜けた。
両者ともに相手に不法行為をしたのです。
したがって、あなたは相手に打撲傷の損...続きを読む

Q交通事故により顎間固定をした期間の通院慰謝料

交通事故により顎間固定をした期間の通院慰謝料
情報が少ないので改めて質問します。事故にあい、手術をし、額間固定をおよそ5週間されましたが、
自賠責保険の通院慰謝料の条件に、ギプスの期間も加算されるとあったのですが、額間固定もギプスとみなすというのをどこかで見たのですが、これはほんとうでしょうか?ご存知の方の回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>自賠責保険の通院慰謝料の条件に、ギプスの期間も加算されるとあったのですが、額間固定もギプスとみなすというのをどこかで見たのですが、これはほんとうでしょうか?

 自賠責保険で「長管骨のギプス固定期間を実通院日数に含める規定」が存在するのは事実ですが、すべての固定を通院日数とみなすかというとそうではありません。
 長管骨とは、身体を支える機能を有する骨のことで、対象となる骨は、上肢では上腕骨・橈骨・尺骨が上げられ、下肢では大腿骨・脛骨・腓骨があげられます。
 ただし、長管骨に接続する三大関節部分の骨折等で長管骨を含めギプスを装着している場合も対象とされます。
 三大関節とは、上肢では、肩・肘・手首の関節をいい、下肢では、股・膝・足首の関節を言います。
 この三大関節をギプス固定する場合に、ギプス固定していた期間を通院日数として加算します。
 バストバンド固定、クラビックルバンド固定や包帯固定など、固定する方法によっても対象とならないケースがあります。
 ギプス固定期間を慰謝料対象期間として扱う固定方法は、 ギブスシーネ固定、ギブスシャーレ固定、シーネ固定等です。

 顎間固定ではギプス固定をしないでしょうし、顎は長管骨になりません。
 残念ながら、質問者さんのケースでは、ご質問の自賠責保険における通院対象日数として加算されることはありません。

>自賠責保険の通院慰謝料の条件に、ギプスの期間も加算されるとあったのですが、額間固定もギプスとみなすというのをどこかで見たのですが、これはほんとうでしょうか?

 自賠責保険で「長管骨のギプス固定期間を実通院日数に含める規定」が存在するのは事実ですが、すべての固定を通院日数とみなすかというとそうではありません。
 長管骨とは、身体を支える機能を有する骨のことで、対象となる骨は、上肢では上腕骨・橈骨・尺骨が上げられ、下肢では大腿骨・脛骨・腓骨があげられます。
 ただし、長管骨に...続きを読む

Qアゴの骨にヒビで10日入院、治療費20万円て普通ですか?

アゴの骨にヒビで10日入院、治療費20万円て普通ですか?
先日、実家に住んでいます弟が飲み屋で喧嘩に巻き込まれてしまい、顔を殴られてしまいました。
その後は痛みがあるものの2,3日普通に過ごしていましたが
下の歯がぐらつくので歯医者に行ったところ
アゴの骨にヒビが入っているので地元の少し大きめの病院を紹介されたそうです。(東京都内23区です)
そこでの診断は入院治療10日間ほどで終ったら治療費を合計で20万円請求されました。
同伴した父親いわく、ある程度普通に過ごしていたしボッタくりなんじゃないかと思ったそうです。
アゴの骨にヒビで治療費20万円は妥当な(ありえる)値段なのでしょうか?

Aベストアンサー

診療の明細書を請求して入手できれば、診療の内容を正確に把握できると思います。
気になるのは、厳密に規則を解釈すれば「喧嘩による怪我は、健康保険の対象外」ということです。

参考URL:http://byoin.ehoh.net/p33.html

Q第三者行為によるケガの治療に健康保険を使用できない

交通事故や暴力行為などの第三者行為によるケガの治療に健康保険を使用するには、健康保険組合が立て替えた治療費について、加害者が弁済することを誓約した「誓約書」を提出しなければならないと、健康保険組合に言われました。
その根拠となる法律や内部規定について、健康保険組合に聞いたところ、根拠となる法律や内部規定はなく、運用で行っていると言われました。
傷害容疑で逮捕された無職の加害者から「誓約書」を取ろうとしましたが、「誓約書」を取れなかったために、自費で自由診療の治療費を支払っています。
根拠となる法律や内部規定がないにもかかわらず、「誓約書」の提出を強制されたために、健康保険を使用できなかったという理由で、自費で支払った自由診療の治療費を健康保険組合に請求することはできますか。

Aベストアンサー

平成23年8月9日に厚生労働省が健康保険組合に対し、以下の内容を周知しています。

犯罪の被害によるものなど、第三者の行為による傷病について医療保険の給付を行う際に、
医療保険の保険者の中には、その第三者行為の加害者が保険者に対し損害賠償責任を負う旨を
記した加害者の誓約書を、被害者である被保険者に提出させるところもあるようですが、
この誓約書があることは、医療保険の給付を行うために必要な条件でないことから、
提出がなくとも医療保険の給付は行われます。

http://www.mhlw.go.jp/iken/dl/vol11_01.pdf

健康保険組合が、誓約書の提出がなくとも医療保険の給付が行われる制度になっていることを
知っていたにもかかわらず、何も知らなかったあなたに誓約書の提出を強制したのであれば、
加害者と同じぐらい悪質だと思います。

ただ、既に支払った自由診療の治療費を健康保険組合に請求する方法を知らないので、
あなたの質問に対しお答えすることはできません。

誓約書の提出がなくとも医療保険の給付が行われる制度になっていることを説明したうえで、
法律のカテゴリーで再度、質問してはどうでしょうか。

平成23年8月9日に厚生労働省が健康保険組合に対し、以下の内容を周知しています。

犯罪の被害によるものなど、第三者の行為による傷病について医療保険の給付を行う際に、
医療保険の保険者の中には、その第三者行為の加害者が保険者に対し損害賠償責任を負う旨を
記した加害者の誓約書を、被害者である被保険者に提出させるところもあるようですが、
この誓約書があることは、医療保険の給付を行うために必要な条件でないことから、
提出がなくとも医療保険の給付は行われます。

http://www.mhlw.g...続きを読む


人気Q&Aランキング