ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

お世話になっております。

現在妊娠中で予定日は8/18です。
仕事は産前・産後休暇・育児休暇を取らせていただき、続けていきたいと
思っていたのですが、私の体が丈夫でないこと・こどもが3歳くらいになるまでは
側いる方が良いのではないかと家族との話し合いの結果、産前6週で
退職する方向で考えています。(体調次第なので、その時になってみないと分からないのですが。。)

出産育児一時金については理解しているのですが、
出産手当金について、よく分からないところがあるので
詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてください。

(1)仕事を続ける方を対象とした保険給付制度なのでしょうか?
(予定日の42日前に在籍(保険加入)は対象となる、と書いてあったのですが、退職希望なのに
条件を満たしているからと言って申請することは良い事なのかどうか分からなかったので・・)

(2)については(1)で申請することが○の場合のみ

(2)8/18が予定日の場合7/7が42日目にあたると思うのですが、退職日(最終出勤日)は7/7?
それとも7/8で対象となりますか?
また会社の正式な退職日は予定日から8週後、産後休暇が終わった日 になるのでしょうか。


初歩的な質問で申し訳ございません。
ご回答の程 お願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 No.3です。


 少し補足させていただきます。

◆7月7日(最終出勤(勤務)日:出産予定日43日前)
(出産手当金支給対象期間(産前42日~産後56日)の初日(7月8日)の前日)
◆7月8日(欠勤(又は有給休暇、産休)、会社に在籍する最終日:退職日:出産予定日42日前)
◆7月9日(健康保険被保険者資格喪失日:出産予定日41日前)
(出産予定日は産前に含みます)

 「協会けんぽや厚生労働省のホームページで、出産手当金の継続給付についての説明を見たのですが、私の場合も同じような取扱いになるのか教えていただきたいと思い、お電話しました。」等と保険者(健康保険組合や協会けんぽの都道府県支部)、職場の人事関係部署にお問い合わせされてはいかがでしょか。

※ 最終出勤日、退職日(=欠勤日)、健康保険被保険者資格喪失日の3つが大切ですので、保険者や会社に確認されてから退職日を決められることをお勧めします。
※ 出産手当金の継続給付が受けられる場合(7月7日(最終出勤(勤務)日、7月8日(欠勤等)、7月9日(健康保険被保険者資格喪失日)、7月8日~8月18日(産前分42日)+8月19日から10月13日(産後分56日)の計98日分(退職日が7月8日であっても)の出産手当金が受給できます。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryousei …(11ページ:問4 b:継続給付:厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryousei …(4ページ:(2)傷病手当金、出産手当金の支給範囲の見直しについて:厚生労働省)
((http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryousei …(平成18年8月18日付け事務連絡、平成19年1月31日付け事務連絡:厚生労働省))
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/ …(出産手当金支給期間早見表:全国健康保険協会(協会けんぽ)熊本県支部)

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX …(健康保険法)
■健康保険法第102条
 被保険者が出産したときは、出産の日(出産の日が出産の予定日後であるときは、出産の予定日)以前42日(多胎妊娠の場合においては、98日)から出産の日後56日までの間において労務に服さなかった期間、出産手当金として、1日につき、標準報酬日額の3分の2に相当する金額を支給する。
■健康保険法第104条
 被保険者の資格を喪失した日の前日(いわゆる退職日)まで引き続き1年以上被保険者であった者であって、その資格を喪失した際に傷病手当金又は出産手当金の支給を受けているものは、被保険者として受けることができるはずであった期間、継続して同一の保険者からその給付を受けることができる。
■健康保険法第36条
 被保険者は、次の各号のいずれかに【該当するに至った日の翌日(その事実があった日に更に前条に該当するに至ったときは、その日)】から、被保険者の資格を喪失する。
 二 その事業所に使用されなくなったとき。
■健康保険法第35条
被保険者は、【適用事業所に使用されるに至った日】若しくはその使用される事業所が適用事業所となった日又は第3条第1項ただし書の規定に該当しなくなった日から、【被保険者の資格を取得する。】

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Himawari/66 …(私があなたを選びました:こちらのサイトで紹介されていたものです(オルゴールの音が出ます))
http://www.dailymotion.com/video/x5wwdn_yyyyy-yy …(このせかいに:曲が始まります)
http://www.universal-music.co.jp/muragishi_kanna/(このせかいに・村岸カンナ:NHK 2009年6月度/7月度「みんなのうた」))
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しくご回答いただき、ありがとうございました!

とても勉強になりました。
教えていただいたことをふまえて
問い合わせをしてみます。

このたびは本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/01/21 13:52

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5898555.html(類似質問)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4450781.html(類似質問)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/13,14246,95,432.html(予定日と実出産日:協会けんぽ三重県支部)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/13,44944,87,541.html(予定日と実出産日:協会けんぽ富山県支部)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4755897.html(労働基準法の産前産後休業)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4128155.html(労働基準法の産前産後休業と出産手当金対象期間)

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/13,13034,95,432.html(出産育児一時金:協会けんぽ三重県支部)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/ …(一番最後)
 継続して1年以上の健康保険の加入期間(任意継続及び共済組合の期間は除く)があり、会社を退職後6ヵ月以内に出産された場合(退職後は扶養に入っているか、国民健康保険の加入者)、協会けんぽから出産育児一時金の支給を受けることを選択することができます。
 協会けんぽからの受給を選択される場合、出産のために入院される医療機関等へ「資格喪失証明書」の提出が必要になります。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/ …(健康保険被保険者資格喪失等証明書交付申請書)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/9,0,123.html(11:協会けんぽ))

http://www.nagano-roudoukyoku.go.jp/mondai/monda …(4:長野労働局)
Q 「今月末でやめたい。」と言ってきた労働者が「残っている有給休暇を全部取ってやめたい。」と言い出し、結局今日から休んでしまいました。今月末まで2週間以上もあり、そんな有給休暇でも与えなくてはならないのでしょうか。
A 労働基準法第39条では、会社は、時季変更権の行使により年次有給休暇を他の日へ変更することが可能です。しかしながら、今回のケースは変更すべき他の日がないことから時季変更権を行使する余地がなく、請求どおり付与しなければなりません。
 
http://okirodo.go.jp/roudousoudan/question/case/ …(沖縄労働局)
Q 残りの年休日数が30日ある職員から、先日付けの退職願を提出してそのまま年休をとって辞めたい旨の届出がありましたが、これは必ず与えなければならないのですか。
A 退職が予定されている者が、在籍中であれば退職時までに年次有給休暇を取得する権利を労働者は有しているので自由に行使することができます。これに対して、使用者は請求した時季に休暇を与えることが、「事業の正常な運営を妨げる」場合に限って年次有給休暇を拒否できます(時季変更権)。しかし、労働者の退職期日以降に時季を変更することはできないので、労働者の請求どおり与えなければならないことになります。

http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/tim …(退職と年次有給休暇:茨城労働局)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/tim …(年次有給休暇と使用目的:茨城労働局)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6440557.html(退職と年次有給休暇等)

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/13,59743,114,481.h …(協会けんぽ熊本県支部)
 出産手当金は被保険者が出産のため会社を休み、給与が受けられないとき、出産日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産日の翌日以後56日までの範囲内で会社を休んだ日1日につき、標準報酬日額の3分の2相当額が支給されます。
 【出産日は産前期間に入り】、出産予定日よりも遅れて出産した場合は、遅れた期間についても支給対象となります。つまり、予定日より7日遅れた場合、「出産予定日以前42日+7日+出産日後56日」が出産手当金の支給対象となります。
    • good
    • 0

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,279,25.html(出産手当金の継続給付:全国健康保険協会)
(1)保険給付を受けている人が資格を喪失した場合(継続給付)
 資格を喪失する日の前日(退職日)までに継続して1年以上被保険者であった人は、資格を喪失した際(退職日)に現に受けていた傷病手当金及び出産手当金を引き続き受けることができます。
 傷病手当金は1年6か月間、出産手当金は出産前後合わせて原則98日間の範囲内で、支給を受けることができることになっていますが、この期間から被保険者である間にすでに支給を受けた残りの期間について受けることができます。

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.c …(資格喪失後の継続給付等:昭和27年6月12日 保文発第3367号)
 (健康保険)法第58条において「継続シテ報酬ノ全部又ハ一部ヲ受クルコトヲ得ベキ者ニ対シテハ之ヲ受クルベキ期間、傷病手当金又ハ出産手当金ヲ支給セズ」(現行法108条「報酬の全部又は一部を受けることができる者に対しては、これを受けることができる期間は、傷病手当金又は出産手当金を支給しない」)と規定されているが、これは被保険者の給付受給権の消滅を意味するものではなく、その停止を意味するにすぎないから、その者が資格を喪失し事業主より報酬を受けなくなれば、法第55条(現行法第104条)により当然にその日より傷病手当金は支給すべきものと思料される。
 なお、(健康保険)法第55条の「資格ヲ喪失シタル際、疾病、負傷又ハ分娩ニ関シ保険給付ヲ受クル者」(現行法第104条「資格を喪失した際に傷病手当金又は出産手当金の支給を受けているもの」)とは、現にこれらの保険給付を受けている者は勿論その受給権者であつて、法第58条(現行法108条)の規定により一時給付の停止をなされている者をも含むものと解されるから申添える。
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.c …(健康保険、厚生年金保険給付について:(昭和26年5月1日 保文発1346号 北海道保険課あて 厚生省保険局健康保険・厚生年金保険課長連名回答)
3 資格喪失後継続して、傷病手当金の支給を受けている者については、保険診療を受けていても一旦稼働して傷病手当金が不支給となつた場合には完全治癒であると否とを問はず、その後更に労務不能となつても傷病手当金の支給は復活されない。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/ …(標準報酬月額と保険給付の関係:協会けんぽ熊本県支部)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/13,45979,114,535.h …(便利ツール:保険給付関係:■標準報酬月額と保険給付の関係:協会けんぽ熊本県支部)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/13,25561,91,475.ht …(:協会けんぽ長野県支部)
Q 出産予定の社員がおりますが、退職も検討しています。退職後も出産手当金を受けることができると聞いていますが、どのような条件が必要ですか。
A 退職後の期間について出産手当金を受けるには、以下の2つの条件を満たしていることが必要です。

 1 退職前の健康保険加入期間(被保険者としての期間)が継続して1年以上あること。
 2 退職日当日に、出産手当金を受けているか、受ける権利(受給権)があること。

 「1」の条件については、「継続していること」が要点ですので、現在の会社で1年なくても、それ以前の協会けんぽ(または健康保険組合)加入期間から連続加入していれば大丈夫です。(任意継続の期間及び、共済組合や国民健康保険の加入期間などは除きます。)

 「2」の条件についてですが、出産手当金は、法律上の産前・産後期間中(産前42日、産後56日の期間、多胎の場合は産前98日)の出勤していない日について受給権が発生します。(当日が有給でも受給権は発生します。)

 したがいまして、【該当者の方が直近で1年以上健康保険に連続加入されていて、退職日当日に出勤せず、その日が産前・産後の期間内であれば、退職後も産後56日分まで出産手当金を受けることができます。】
    • good
    • 0

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/13,0,89,581.html#3 …(Q43:協会けんぽ福井県支部)
Q43:会社を退職することになりましたが、退職後の期間についても出産手当金を申請できますか?
A43:次の2点を満たしている場合に退職後、残りの期間も出産手当金を受けることができます。(資格喪失後の継続給付)
(1)被保険者の資格喪失をした日の前日(退職日)までに継続して1年以上の被保険者期間(健康保険任意継続の被保険者期間を除く)があること。
(2)資格喪失時に出産手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること。
 なお、【退職日に出勤したときは、継続給付を受ける条件を満たさないために資格喪失後(退職日の翌日)以降の出産手当金はお支払いできません。】

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/13,33458,102,546.h …(IV-6出産手当金:協会けんぽ鳥取県支部)
Q5:出産手当金を受給中に簡易なアルバイトをした場合、出産手当金はどうなりますか?
A5:出産手当金は、産前42日から産後56日の間に労務に就かず、報酬が受けられない期間について受ける手当金なので、【アルバイト期間中は支給されません。また、退職後に出産手当金を受けている方がアルバイトをし、1日でも出産手当金が受けられない日があると、その日以降は出産手当金が受けられなくなることがあります。】

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX …(健康保険法)
■健康保険法第102条
 被保険者が出産したときは、出産の日(出産の日が出産の予定日後であるときは、出産の予定日)以前42日(多胎妊娠の場合においては、98日)から出産の日後56日までの間において労務に服さなかった期間、出産手当金として、1日につき、標準報酬日額の3分の2に相当する金額を支給する。
■健康保険法第104条
 被保険者の資格を喪失した日の前日(いわゆる退職日)まで引き続き1年以上被保険者であった者であって、その資格を喪失した際に傷病手当金又は出産手当金の支給を受けているものは、被保険者として受けることができるはずであった期間、継続して同一の保険者からその給付を受けることができる。
■健康保険法第108条
 疾病にかかり、負傷し、又は出産した場合において報酬の全部又は一部を受けることができる者(年次有給休暇取得者等)に対しては、これを受けることができる期間(年次有給休暇取得期間)は、傷病手当金又は出産手当金を支給しない。ただし、その受けることができる報酬の額が、傷病手当金又は出産手当金の額より少ないときは、その差額を支給する。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,273,25.html(出産手当金:全国健康保険協会)
■出産手当金
 被保険者が出産のため会社を休み、事業主から報酬が受けられないときは、出産手当金が支給されます。
 これは、被保険者や家族の生活を保障し、安心して出産前後の休養ができるようにするために設けられている制度です。
 なお、任意継続被保険者の方は、出産手当金は支給されません。
【健康保険法第104条による継続給付の要件を満たしている者は除く。】
出産が予定よりおくれた場合
 予定日よりおくれて出産した場合は支給期間が、出産予定日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産日後56日の範囲内となっていますので、実際に出産した日までの期間も支給されることになります。たとえば、実際の出産が予定より4日おくれたという場合は、その4日分についても出産手当金が支給されます。
    • good
    • 0

 ご出産予定日が8月18日の場合、出産手当金の支給対象期間は


7月8日~8月18日(産前分42日)+8月19日から10月13日(産後分56日)
になります。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/ …(出産手当金支給期間早見表:全国健康保険協会(協会けんぽ)熊本県支部)

 健康保険の被保険者期間が1年以上ある場合、健康保険の資格喪失(退職)後の給付(継続給付)として出産手当金を受給することができますが、産前42日以降に退職すること、最終勤務日は出勤しないこと(協会けんぽの場合は、欠勤、有給休暇又は公休日でOKのようです。健康保険組合の場合は、独自の解釈運用が行われている場合がありますので確認が必要です)が必要なようです。
出産手当金は出産に伴う休業の期間に対する給付で所得補償的意味合いがあるもので、休業は職場復帰を前提としたものとも考えられますが、事情があって休業期間中に退職せざるを得ない場合もあります。
 このような方への給付として、康保険法第104条に継続給付が規定されています。
 出産手当金の継続給付は、制度として規定されている給付ですので、違法行為等ではありません。
 (退職を前提として出産手当金の継続給付のことを聞くのは気が引けるか場合もあるかと思いますが、金額が金額ですし、そうは言っていられないと思います。)

 ご出産予定日が8月18日の質問者さんの場合は、7月7日を最終勤務日とし、7月8日を欠勤(又は有給休暇、産休)とし、7月8日以降の日付けで退職されるとこの要件が満たせるのではないかと思います。

 1日違いで健康保険の資格喪失(退職)後の給付(継続給付)として出産手当金が受給ができるかどうかが変わってしまいますので、保険者(健康保険組合又は協会けんぽ)に電話等で確認されることをお勧めします。
「出産手当金の継続給付についてお伺いしたいのですが・・・。」
「出産予定日が8月18日で、42日前が7月8日です。最終出勤日が7月7日、7月8日付けで退職した場合、出産手当金の継続給付は受けられますか?」等。
(トラブル防止のため、回答してもらった担当者の名前も聞いてメモしておくとよいと思います。)
 そして、その回答を参考に、年次有給休暇の残日数や職場の引き継ぎ等検討されて退職日をお決めになってはいかがでしょうか。


【参考URL】
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/13,45149,97,450.ht …(Q12:協会けんぽ京都府支部)
Q12:出産予定の従業員がおり退職する予定です。退職後も出産手当金を受けることはできますか?
A12:退職後に出産手当金を受けるには、次の2つの条件を満たしていることが必要です。
 (1)退職前の健康保険加入期間(被保険者としての期間※)が継続して1年以上あること。
 (2)退職日の当日に、出産手当金を受けているか、又は受ける権利(受給権)があること。

 ◆(1)について、「継続していること」が要点となり、現在勤務している会社で1年以上なくても、それ以前の健康保険加入期間(被保険者としての期間 ※)と連続していれば 通算できます。
(※ 健康保険任意継続、共済組合及び国民健康保険の加入期間は除きます。)
 ◆(2)について、産前42日・産後56日の期間、または多胎の場合は産前98日の期間の出勤していない日について受給権が発生します。【当日が有給でも受給権は発生します。】

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/13,56212,93,635.ht …(Q5:協会けんぽ静岡県支部)
Q4 退職後も継続して傷病手当金や出産手当金の支給は受けられますか?
A4 継続して1年以上被保険者であった方が、退職日(資格喪失日の前日)に傷病手当金や出産手当金の支給を
 (1)受けている
 (2)受ける条件を満たしている
場合は、資格喪失後も給付を受けることができます。
■出産手当金の場合 資格喪失前に産前休暇に入っていること
 【このことから、資格喪失後の給付については、退職日当日については欠勤、有給休暇又は公休日である必要があり、出勤の場合給付は受けられなくなります。】
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!


電話で確認してみようと思います。
回答してもらった担当の方のお名前を控える事、大切ですね。
教えていただいていなかったら聞かないところでした!


詳しくご説明いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/21 13:50

一昨年(2009年9月)に第2子を出産した者です。



派遣社員として2年間、同じ派遣先で勤務していました。
制度の詳しいことは覚えていませんが、私は下記の手順で出産手当金満額支給されました。

・出産予定日:8月30日
・産休取得日:7月21日から
・退職日:7月末日付け
・保険の任意継続なし

あくまで「私が取得したとき」の話ですが、産休取得後の退社であれば、産後休暇後に会社に籍がなくとも手当金は満額支給されるそうです。(おおっぴらに言っていいことではないかもしれませんが、派遣元の担当者はそう言って私になるべく負担少なくなるよう手続きしてくれました。派遣会社を退職したので現在登録されていません)
退社前に申請用紙と返信用封筒をもらい、産院で必要事項を記載してもらった後送付しました。(一時金の申請用紙も一緒に送りました)

実際に手当金が支給されるのは産後休暇終了日(産後何日かは忘れましたが50日くらい)から1ヶ月から2ヶ月くらい後になるはずです。
(産後休暇後の給与計算されるため手続きに時間がかかります)

人事の担当者に詳しくうかがってみるとよいと思いますよ。
私の場合、手当金は一時金より20万ほど多かったので(同時支給ではありませんが合わせて90万位でした)、もらえるのであればもらった方がよいと思います。
手続きが面倒・・・・担当者に聞くのが面倒・・・というにはあまりに大きな金額なのでもったいないと言うのが私の感想です。

お金のことなのであまりガツガツ人に聞いたりしつこく確認したりするのは気が引けるかもしれませんが、聞いてダメならしょうがないですが、私の例を「知人でこう言った状況で手当金を満額もらえたって人がいるのですが」みたいな感じでダメもとで確認しましょう^^

私は相当にしつこく確認しましたよ~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただき、ありがとうございました!


小さな会社なので、手続きはすべて自分でしなくてはならないため
社内に確認できる人がいないんです><

お金の事をいろいろと聞いたりするのは、気が引けてしまっていたのですが
確かに小さな額ではないですし、pinoco様の例も参考に
もう少し調べてみようと思います。

ご回答ありがとうございました^^

お礼日時:2011/01/21 13:46

私は、H20年の3月に、出産してます。


確か、私達の1年位前までは、産前まえに退職しても、出産手当て金は、貰えたのですが、私達の年位から、仕事を続ける人のみ、貰える、と言う事になっていると、思います。なので、産前産後休を取れば、全額貰えると思います。
産前のみなら、減額されると思います。
今は、変わっているかもですが…。
社会保険事務所で、聞くと教えてくれると、思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご出産おめでとうございます!


現在の条件を把握するためにも
社会保険事務所に確認してみようと思います。

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/01/21 13:36

被保険者が出産のため会社を休み、事業主から報酬が受けられないときは、出産手当金が支給されます。


出産手当金は、1日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額が支給されます。
会社を休んだ期間について、事業主から報酬を受けられる場合は、その報酬の額を控除した額が出産手当金として支給されます。

条件として 予定日の42日前以内の在籍中における出産のために休んだ期間で  1日につき標準報酬日額の3分の2支給される。
(ただし 事業主から報酬が一切ない または1日につき標準報酬日額の3分の2より少ない報酬の場合に限る)

支給対象期間は、出産日(予定日)の42日前から 出産の日の翌日以後56日目まで
在籍が条件ですから 上記の期間内に退職したら 支給対象は退職をする日までの期間になるはずです。


ぶっちゃけ 正しい回答として、
全部貰うためには、まず退職を出産日の翌日(*翌日から計算しますからね)から56日以後に退職すれば良いのです。
事前の仕事を続けるか辞めるかなんて意志は 関係なく 支給対象期間に在籍していることが条件であり 且つその出産のために休んでいる期間に会社は報酬を支払っていない(あるいは 標準報酬日額の3分の2より少ない)が大前提
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても分かりやすく説明していただき ありがとうございました!


確か、産休中は社保料が発生するんですよね(会社側にも)。
なんだか申し訳ないので、やはり出産育児一時金だけでもいいかな、と
思いました。

家族と相談して、検討します。
ありがとうございました!

お礼日時:2011/01/20 17:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職するときの出産手当金

初めて投稿させていただきます。

正社員で6年勤めていた会社を
この度出産のため退職します。

そこでご存じの方にいくつかお聞きしたくこの場を借りて
質問させていただきます。


現状8ヶ月の妊婦です。
出産予定日は6月17日
出産予定日42日前が5月7日となります。


人手不足もあって、ぎりぎりまで有休なども使用せず
6 月の上旬までを利用して、有休などもすべて消化させていただけることになりました。
なので在籍自体は出産寸前まである状態です。

保険協会に問い合わせたところでは
42日前に値するの5月7日は退職日として、必ず欠勤していることが条件です
と言われました。

問い合わせた時点で、仕事の実際の退職日も決まっていなかったので
詳しいことを質問、伝えられずだったので
私のこと条件で本当に出産手当金の受給者の対象となるのか不安になり
質問させていただきました。

いまいち手当て金についても理解できていないため、
説明不足かもしれませんが
どなた様か分かられる方教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 年次有給休暇を取得し、そのまま退職されれば、質問者さんの場合は、出産手当金を受給できるのではないかと思います。
 以下、具体的にご説明します。

 健康保険の出産手当金には、被保険者の資格喪失後の給付(継続給付)という制度があります。
 これは、次の3つの要件を満たせば、退職日以降産後56日目までの出産手当金を受け取れるというものです。
(1)健康保険の強制加入期間(事業所と保険料を折半して加入する期間)が1年以上
(2)産前42日以降に退職(健康保険の被保険者の資格喪失)した場合
(3)退職日に勤務せず(公休日、年次有給休暇、産前休業、欠勤等でも、出勤しなければよい)に退職した場合
 退職(健康保険の被保険者の資格喪失)後6ヶ月以内の出産の場合の出産手当金は、健康保険法の改正で、平成19年3月でなくなりましたが、継続給付については制度が残されています。

 質問者さんの場合、産前42日前は5月7日ですが、5月7日に会社を休まれても、退職される6月上旬までの間に出勤されると、5月7日に会社を休まれても出産手当金の継続給付の要件を満たせません。
 「退職日当日(健康保険の被保険者資格喪失日の前日)に仕事を休んでいる(出勤していない)」ことがポイントです。
 「仕事を休んでいる(出勤していない)」とは、欠勤、公休、年次有給休暇を含むようです。
 例えば、6月14日に退職される場合、6月14日に年次有給休暇でも産前休業でも欠勤でも、退職日当日1日だけ会社をお休みされれば、上記の(3)の要件を満たすことができます。
(質問者さんの場合、(1)の要件は6年勤務されていることで満たしていますし、退職日が5月7日以降であれば(2)も満たすことができます。問題は(3)ということになります。)
 出産手当金は、「労務に服さないこと」が受給要件の1つになっています。
 「退職日当日(健康保険の被保険者資格喪失日の前日)に仕事を休んでいる(出勤していない)」ことで、出産手当金の支給期間終了時(退職日当日から産後56日)まで、「労務に服さないこと」が続いていることになり、受給要件を満たした期間分(退職日当日から産後56日まで)の出産手当金を受け取れるということだと思います。

 詳細は、協会けんぽに再度確認されることをお勧めします。
 「出産手当金の継続給付についてお伺いしたいのですが」
 「出産予定日は6月17日で、5月7日が42日前になります。」
 「退職予定日は○月○日です。」
 「会社の業務の都合上、○月○日まで勤務し、○月○日から○月○日まで年次有給休暇を取得する(取得しそのまま退職する)予定です。」
 「このような予定なのですが、私の場合、資格喪失後に出産手当金を継続給付として受給できますか?」
 「継続給付として出産手当金を受給できる場合、具体的な手続き(会社にお願いすること、質問者さんが準備する書類、手続きの時期など)についても教えていただけないでしょうか?」
等と具体的な状況を説明してお問い合わせされてはいかがでしょうか。


http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/7887/20121220-114908.pdf(PDF2ページ:協会けんぽ佐賀支部)
■資格喪失後の出産手当金
 引き続き1年以上の被保険者期間がある被保険者が、退職時に出産手当金の支給を現に受けているまたは支給を受けることができる場合(※)は資格喪失後でも給付を受けることができます。
(※)具体的には、「退職日当日が産前産後期間内である」かつ「退職日当日に仕事を休んでいる」という場合です。
○退職日当日だけが産前産後期間に入っている場合でも産後56日までの資格喪失後給付を受けられますが、退職日の翌日以降に産前期間に入った場合は、資格喪失後の期間は一切給付対象になりません。(出産日が出産予定日より遅れた場合でも、退職日が出産予定日以前42日(※多胎妊娠の場合98日)以内であれば、資格喪失後の給付を受けられます。)
○【「退職日当日に仕事を休んでいる」とは、欠勤、公休、有給休暇いずれも含みます。退職日当日が出勤(短時間でも)の場合は、資格喪失後の給付を受けられません。】
○任意継続被保険者の出産手当金はありません。出産手当金の支給要件は、任意継続加入の有無とは関係なく、退職時に上記の条件を満たしているかどうかで判断されます。
(注)「引き続き1年以上の被保険者期間がある」とは、現在の会社で1年なくても、それ以前の協会けんぽ(または健康保険組合)加入期間から、間が空かずに連続加入していた期間が、1年以上ある場合も含みます。任意継続の期間及び、共済組合や国民健康保険の加入期間などは除きます。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/mie/migration/cat080/20130110-150337.pdf(PDF2ページ:協会けんぽ三重支部)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/13759/20120112-200404.pdf(協会けんぽ愛知支部)

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/T11/T11HO070.html(健康保険法)
■健康保険法第102条
 被保険者が出産したときは、出産の日(出産の日が出産の予定日後であるときは、出産の予定日)以前42日から出産の日後56日までの間において労務に服さなかった期間、出産手当金として、1日につき、標準報酬日額の3分の2に相当する金額を支給する。
■健康保険法第104条
 被保険者の資格を喪失した日の前日まで引き続き1以上被保険者(任意継続被保険者又は共済組合の組合員である被保険者を除く。)であった者であって、その資格を喪失した際に傷病手当金又は出産手当金の支給を受けているものは、被保険者として受けることができるはずであった期間、継続して同一の保険者からその給付を受けることができる。
■健康保険法第108条第1項
 疾病にかかり、負傷し、又は出産した場合において報酬の全部又は一部を受けることができる者に対しては、これを受けることができる期間は、傷病手当金又は出産手当金を支給しない。ただし、その受けることができる報酬の額が、傷病手当金又は出産手当金の額より少ないときは、その差額を支給する。

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=13647
(昭和27年6月12日 保文発第3367号)
 なお、法第55条の「資格ヲ喪失シタル際、疾病、負傷又ハ【分娩ニ関シ保険給付ヲ受クル者】」(現法第104条「その資格を喪失した際に傷病手当金又は出産手当金の支給を受けているもの」)とは、現にこれらの保険給付を受けている者は勿論その受給権者であつて、法律第58条(現法第108条)の規定により一時給付の停止をなされている者をも含むものと解されるから申添える。
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=13703
(傷病手当金の支給について 昭和32年1月31日 保発第2号の2 各都道府県知事(東京都を除く)あて厚生省保険局長通知 3)
3 (健康保険)法第55条(現行法104条)は、「被保険者ノ資格ヲ喪失シタル際疾病、負傷又ハ分娩ニ関シ保険給付ヲ受クル者ハ……同一保険者ヨリ其ノ給付ヲ受クルコトヲ得」と規定しているが、この【保険給付ヲ受クル者(現行「傷病手当金又は出産手当金の支給を受けているもの」】とは、療養の給付を受給中の者のように現に給付を受けているか、又は労務不能期間中であつても、(年次有給休暇の取得などで)報酬の全部が支給されているため法第58条(現行法第108条)の規定によつて傷病手当金の支給を一時停止されている者のように、【現に給付を受けてはいないが、給付を受けうる状態にあるものをいうもの】と解されている…。
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=13620(昭和26年5月1日付け保文発1346号 北海道保険課あて 厚生省保険局健康保険・厚生年金保険課長連名回答)
3 資格喪失後継続して、傷病手当金の支給を受けている者については、保険診療を受けていても一旦稼働して傷病手当金が不支給となつた場合には完全治癒であると否とを問はず、その後更に労務不能となつても傷病手当金の支給は復活されない。
(継続給付(この回答では傷病手当金)を受給するためには、労務不能(出産手当金の場合は不就労)の受給要件が続いていることが必要ということと思われます。)

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7462537.html(参考?出産時にもらえるお金)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7941536.html(参考?出産手当金について)

 年次有給休暇を取得し、そのまま退職されれば、質問者さんの場合は、出産手当金を受給できるのではないかと思います。
 以下、具体的にご説明します。

 健康保険の出産手当金には、被保険者の資格喪失後の給付(継続給付)という制度があります。
 これは、次の3つの要件を満たせば、退職日以降産後56日目までの出産手当金を受け取れるというものです。
(1)健康保険の強制加入期間(事業所と保険料を折半して加入する期間)が1年以上
(2)産前42日以降に退職(健康保険の被保険者の資格喪失)し...続きを読む

Q退職後、夫の扶養に入れないと言われました

こんにちは。既婚女性(妊娠3ヶ月)です。

私は8月31日付けで会社を退職する事にしました。
(12年間働いた上での退職です)
退職理由は妊娠・出産の為となっております。

退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。
その為、退社後は「夫の扶養に入る」か「国民健康保険」「国民年金」に加入するしかない事になりました。

任意継続が出来ませんし、出産は来年3月予定なので「出産育児一時金」はもらえません。
(出産後に35万円の出産手当金はもらえます)

失業保険の受給は働く準備が出来るまで延期する予定です。(2年後くらいを考えています)

という事で、今年の9月1日からは私の収入はゼロです。

それで夫の会社の組合に9月から扶養に入れるか確認してもらった所、「奥さんの源泉徴収票を出して下さい」と言われました。
今手元にあるのは去年の収入である「18年度の源泉徴収」です。
それを見て「扶養には入れません」と言われたそうです。

来年になってまた「源泉徴収を出すように」言われた場合、19年度の源泉徴収を見せる事になりますが、19年度(今年)は8月31日まで働いたので、退職金も合わせるとちょうど130万を超えると思います。
そうなると来年も私は扶養に入れないと言われました。

私は来年は全く無職の状態なのですが・・(失業保険などの給付もまだ受けませんし)扶養に入れないのでしょうか。

「保険」も「年金」も前年度の源泉徴収を見て判断されるものなのですか?

他の方の質問を見ていると、なんだかおかしい気がします。
でも夫が会社で聞くとそう言われるらしく・・。
夫の会社の組合規則が厳しいのでしょうか。

ご回答を頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

こんにちは。既婚女性(妊娠3ヶ月)です。

私は8月31日付けで会社を退職する事にしました。
(12年間働いた上での退職です)
退職理由は妊娠・出産の為となっております。

退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。
その為、退社後は「夫の扶養に入る」か「国民健康保険」「国民年金」に加入するしかない事になりました。

任意継続が出来ませんし、出産は来年3月予定なので「出産育児一時金」...続きを読む

Aベストアンサー

扶養の認定の基準は、その組合独自で持っていますので、それが判断に優先されますが、お書きいただいた内容からは、会社の担当者が組合に尋ねていますので、どこまであなた様の事情が伝わっているかわかりません。
普通、退職してすぐ扶養にできない理由として考えられるのは、
1)失業保険をもらう
2)出産手当金、傷病手当金がもらえる
3)退職金が多い
4)その他不労所得(不動産収入、利子収入等)がある

退職していれば、その後の収入はないので、過去の収入は問われないケースが一般的です。過去に収入があっても、退職した書類(離職票等)を提出すれば、理解してもらえると思いますが、退職後の扶養申請のことだと伝わっているのでしょうか。退職前の状態(現時点)で扶養申請することを相談されれば、当然断られると思います。

決定権者は健保組合であり、会社は手続きの代行機関でしかありません。なので、直接組合に確認されることをお勧めします。
永久に入れないことはないと思います。

>退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。

任意継続制度は、健康保険法上当然生きています。継続療養制度と勘違いしているのではないでしょうか。これは、あなた様の会社が間違った情報を持っていると思われます。これについても、直接貴方様が入っている健康保険(政管健保なら社会保険事務所、組合健保ならその組合)にご確認されることをお勧めします。任意継続は直接健康保険に手続きしますので、会社に関係なく直接手続きできます。

扶養の認定の基準は、その組合独自で持っていますので、それが判断に優先されますが、お書きいただいた内容からは、会社の担当者が組合に尋ねていますので、どこまであなた様の事情が伝わっているかわかりません。
普通、退職してすぐ扶養にできない理由として考えられるのは、
1)失業保険をもらう
2)出産手当金、傷病手当金がもらえる
3)退職金が多い
4)その他不労所得(不動産収入、利子収入等)がある

退職していれば、その後の収入はないので、過去の収入は問われないケースが一般的です。過去に...続きを読む

Q出産手当金を貰うためには扶養に入れないのですか?

5ヶ月後に出産を控えているものです。昨日、会社を退職しました。

勤め先の健康保険に1年以上継続して加入して、退職翌日から6ヶ月以内に出産…という出産手当金を貰う条件に該当する為、退職後は主人の扶養となり、手当金を受けるつもりでいました。

が、主人の会社の事務の人が言うには、手当金を貰うつもりなら、扶養にはできない。というのです。
保険は国保か任意継続、年金も自分で支払う、というのです。保険は最悪無未加入であっても、今までと同じ産婦人科にかかるのであれば、保険は利く…とも言われました。

そして、もし扶養に入りたいのであれば、出産手当金ではなく、出産準備金というものがあり、(一律30万円)それを貰えばいい。というのです。

???分からないことだらけです。

(1)健康保険→今すぐ主人の保険に加入

(2)年金→今すぐ主人の扶養(第3号)に入り、出産手当の給付期間時のみ、第3号から外れ給付を受ける

私は(1)(2)のような手続きを考えていたのですが、それは無理なことなのか?また、扶養に入りつつ貰える出産準備金というものがあるのか?ご存じの方がいましたら、教えてください。

ちなみに、主人の会社は政府管掌保険。私の月給は21万円でした。

5ヶ月後に出産を控えているものです。昨日、会社を退職しました。

勤め先の健康保険に1年以上継続して加入して、退職翌日から6ヶ月以内に出産…という出産手当金を貰う条件に該当する為、退職後は主人の扶養となり、手当金を受けるつもりでいました。

が、主人の会社の事務の人が言うには、手当金を貰うつもりなら、扶養にはできない。というのです。
保険は国保か任意継続、年金も自分で支払う、というのです。保険は最悪無未加入であっても、今までと同じ産婦人科にかかるのであれば、保険は利く…とも...続きを読む

Aベストアンサー

>主人の会社の事務の人が言うには、手当金を貰うつもりなら、扶養にはできない。というのです。

結論から先に言うと、政府管掌の健康保険の扶養に出来ないのは出産手当金の日額が3,612円以上の場合でそれも「受給中だけ」です。それ以外の「受給前」と「受給後」は健康保険の扶養でいられます。
あなたの月給から見ておそらく出産手当金の日額は3,612円以上あるものと思われます。
ご主人の会社の担当者はご存知ないと思われます。
担当者の面子を潰さずに社会保険事務所に問い合わせてもらったらいかがですか?
遅くなると届出の提出日が扶養認定日になってしまうので急がれた方が良いと思います。

『あなたの出産手当金の日額が3,612円未満の場合』
すぐにご主人の健康保険に加入できます。出産手当金を受給中も日額が3,612円未満のため健康保険の扶養でいられます。

『あなたの出産手当金の日額が3,612円以上の場合』
出産手当金が「受給中だけ」あなたはご主人の社会保険の扶養を抜けなければなりません。
あなたが、市町村役場で国民健康保険と国民年金第1号被保険者の加入手続きをして保険料を納付することになります。
政府管掌の健康保険の場合、受給前も扶養になれますので任意継続の加入は出来ません。
今後、受給延長後失業給付も受給することになると思いますが、日額が3,612円以上になる場合も同じような扱いになります。

「出産手当金」の支給額の計算方法が記載されています。(URL参照)
http://www012.upp.so-net.ne.jp/osaka/shusanteatekin.htm
健康保険はあなたの月給ではなく、あなたの標準報酬月額で給付額を計算します。

>保険は最悪無未加入であっても、今までと同じ産婦人科にかかるのであれば、保険は利く…とも言われました。

ずいぶんいい加減なことをいいますね。未加入では保険証がない状態ですから、保険でかかれません。
こんな危険なことは言われても絶対しないで下さいね。

>出産準備金というものがあり、(一律30万円)それを貰えばいい

30万円と言う金額から見て、「出産一時金」のことだと思います。
いわゆる分娩費です。
出産一時金はあなたが出産時ご主人の健康保険の扶養になっていれば、ご主人の健康保険か、あなたの健康保険のいずれか一方を選択して請求することができます。
出産手当金の日額が3,612円以上の場合は扶養を外れていますので、あなたの健康保険から請求することになります。

>年金→今すぐ主人の扶養(第3号)に入り、出産手当の給付期間時のみ、第3号から外れ給付を受ける

国民年金第3号被保険者を抜けただけでは、出産手当金の受給中のあなたは年金が無保険になってしまいますので、市町村役場で国民年金第1号被保険者に加入することも忘れないでくださいね。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20050804mk21.htm,http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20051207mk21.htm

>主人の会社の事務の人が言うには、手当金を貰うつもりなら、扶養にはできない。というのです。

結論から先に言うと、政府管掌の健康保険の扶養に出来ないのは出産手当金の日額が3,612円以上の場合でそれも「受給中だけ」です。それ以外の「受給前」と「受給後」は健康保険の扶養でいられます。
あなたの月給から見ておそらく出産手当金の日額は3,612円以上あるものと思われます。
ご主人の会社の担当者はご存知ないと思われます。
担当者の面子を潰さずに社会保険事務所に問い合わせてもらったらいかがです...続きを読む

Q会社が出産手当金の申請書を処理してくれません

こんにちは。初めて質問するので至らない部分があればすみません。

昨年2月に出産しました。産休を産前6週産後8週取ったので、出産手当金の申請をしました。
申請書を会社(総務)に提出したのは産後休暇中です。だけど、会社からは産休終了後に処理すると言われました。

もうそれから1年以上が経過しましたが、未だに出産手当金が振り込まれません。
今まで私はちょくちょく会社にそのことを尋ねましたが、最初は処理を忘れていたようで「すぐ処理します」と言われました。その後も尋ねるたびに「今月処理します」「年度末にやります」「他の人の分もあるので一緒に処理します」とか言われました。

確か出産手当金は産後(産休始まってからでしたっけ?)2年以内に請求しないともらえないのでしたよね?今現在1年5ヶ月たってますが、このまま処理してもらえずに2年経過したらやはりもらえないのでしょうか?書類はすぐに提出したのに・・・。どうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっとひどい話ですね。

さて出産手当金の請求は本来本人がやるべきものです。社会保険ですと、申請など事務手続は会社がやるものとお考えの方が多いですが、あれはあくまで代理申請に過ぎません。つまり、あなた様本人が申請書を書き、社会保険事務所へ申請書を提出することができます。

書類の名称は「健康保険出産手当金請求書」です。
記入する人は
・あなた様本人
・事業主(会社)
・医師(または助産婦)
の3者すべてです。
また申請時に該当期間の賃金台帳と出勤簿を添付する必要があります。
ですので「自分で申請できる」とは言っても、やはり会社を通すことになります。

なお「2年」の件ですが、申請がなく2年が経過すれば時効となります。しかしこれはあくまで時効になる期限であって、速やかに申請せよ、ということになっています。
それでちょっと気になるのですが、出産一時金の方はどうなっているのでしょうか?両方放置されているのでしょうか?

いずれにしても、1年半も放置しているというのは尋常ではありません。一度、総務(ですか?)で出向き、「今すぐ、記名捺印して添付書類もよこせ」くらいの勢いで怒鳴り込んだ方がよいと思います。一騒ぎ起こす決断があなたにできれば、斯様な事務の滞りはものの30分でカタがつきます。
または、費用は少しかかりますが、
・これまでの経緯
・速やかに申請手続を進めるよう請求する旨
を書面にし、内容証明郵便で会社宛に送りつけてみてはいかがでしょうか?内容証明郵便というのは、単に通信文を郵便局で保管・証明するだけのものですが、受け取った側としては「次に何かあるのではないか」と身構えさせるに充分の威圧効果があります。

なおまさか、とは思いますが、会社側で書類=申請書そのもの・賃金台帳・出勤簿いずれかを紛失している可能性が頭をよぎります。

ちょっとひどい話ですね。

さて出産手当金の請求は本来本人がやるべきものです。社会保険ですと、申請など事務手続は会社がやるものとお考えの方が多いですが、あれはあくまで代理申請に過ぎません。つまり、あなた様本人が申請書を書き、社会保険事務所へ申請書を提出することができます。

書類の名称は「健康保険出産手当金請求書」です。
記入する人は
・あなた様本人
・事業主(会社)
・医師(または助産婦)
の3者すべてです。
また申請時に該当期間の賃金台帳と出勤簿を添付する必要がありま...続きを読む

Q住民税

こんなことも知らず恥ずかしいですが質問させてください
住民税についてですが主人の扶養に入っていても
妻個人で払うものなのでしょうか?
主人の給料から引かれているのは主人の分だけなのでしょうか?

Aベストアンサー

読み返してわかりにくかったので追加を・・。

住民税は、後払いなのです。
新卒社員は収入がありますが住民税がかかりません。前年、学生で収入がなかったからです。
逆に定年退職した方は、翌年無職ですが住民税がかかります。前年、収入があったからです。

会社を退職される方は、最後の給与で前年分がすべて引かれるのに加えて、退職の翌年も納付書で住民税の納付がありますので、備える必要があります。

所得税は、給与支払時に概算で徴収(源泉徴収)して、年末に調整(年末調整)か、確定申告をして納付(過剰分は還付・・だいたい多めにとるので還付が多い)をし、終了します。
住民税は、給与支払時にはなにもせず、申告後に、確定した額を課税します(給与天引きされているのは去年分の支払いです)。
申告した覚えはないと思いますが、年末調整・確定申告をすると、住民税も申告したことになります。
(確定申告の紙の束のなかにマル住という印がついた住民税の申告書が入っています)

いま補足欄を見ましたが、去年所得があったとのことですので、課税所得(100万円以上)があったのならば、今年かかります。納付が必要です。

すでに1回目の納付期限は過ぎているのではないでしょうか。
もし市役所から納付書が来ていないのならば課税対象の所得に達していなかったと言うことになると思います。

読み返してわかりにくかったので追加を・・。

住民税は、後払いなのです。
新卒社員は収入がありますが住民税がかかりません。前年、学生で収入がなかったからです。
逆に定年退職した方は、翌年無職ですが住民税がかかります。前年、収入があったからです。

会社を退職される方は、最後の給与で前年分がすべて引かれるのに加えて、退職の翌年も納付書で住民税の納付がありますので、備える必要があります。

所得税は、給与支払時に概算で徴収(源泉徴収)して、年末に調整(年末調整)か、確定申告を...続きを読む

Q妊娠で退職の場合は失業手当をもらえない。どうしたらいいの?

現在パートで働いていますが、雇用保険に加入しています。
妊娠のため10月いっぱいで退職の予定です。
年内に東京から主人の実家のある他県へ引っ越す計画です。

妊娠・出産などで一定期間働く事ができない場合は給付を受けられない。ということですが・・・せっかくちょっとずつでも払ってきたんだから、少しは受け取りたいと思っています。
「妊娠などの場合は給付期間(?)の延長が3年まで出来る」ということを聞きましたが、どのようにしたら良いのでしょう?

いろいろ自分で検索したりして調べてはみたのですが、なんだかチンプンカンプン状態です。
出産後しばらくしてから、引越し先のハローワークで手続きをしたら良いのでしょうか?

何も理解できていないので、なにを質問したらよいのかすらわかっていません・・・。
今まで仕事から離れれば誰でももらえると思っていましたので。(勉強不足です・・・)

また、同時に厚生年金や社会保険にも加入しているので、どうしたらよいのかも教えていただけると嬉しいです。
どなたかわかりやすい説明をよろしくお願いします。
m(__)m

現在パートで働いていますが、雇用保険に加入しています。
妊娠のため10月いっぱいで退職の予定です。
年内に東京から主人の実家のある他県へ引っ越す計画です。

妊娠・出産などで一定期間働く事ができない場合は給付を受けられない。ということですが・・・せっかくちょっとずつでも払ってきたんだから、少しは受け取りたいと思っています。
「妊娠などの場合は給付期間(?)の延長が3年まで出来る」ということを聞きましたが、どのようにしたら良いのでしょう?

いろいろ自分で検索したりして調べては...続きを読む

Aベストアンサー

たまごクラブの「働くたまごママのマネー講座」からの引用です。

「現在夫の扶養に入らずに働いていて、出産の為に仕事を辞め、退職後6ヶ月以内に出産する場合」は
・出産一時金
・出産手当金
・失業給付金(実際にもらえるのは出産後)
・医療費控除

「現在夫の扶養に入らずに働いていて、出産の為に仕事を辞め、退職後6ヶ月以内に出産しない場合」は
・出産一時金
・失業給付金(実際にもらえるのは出産後)
・医療費控除

が受け取れるそうです。

出産退職する人は、失業給付金の延長手続きが必要です。
会社を退職すると「失業給付金」がもらえますが、失業給付金は、働く意志と能力があって、求職中の人に支払われるお金です。 辞めたら誰でももらえるのではなく、働く意志と能力がないともらえないものなんです。

妊娠中は働くことが出来ないと見なされるので、失業給付金の申請はできません。
その為、妊娠中に失業給付金の受給期間(通常1年間)を最長4年間に延長する手続きを行います。
手続き期間は、退職日の翌日から30日経過後の1ヶ月間です。
その時点(質問者様の場合11月の一ヶ月間)でお住まいの地域のハローワークへ直接行って手続きをしてください。
体調が悪い場合は、郵送や代理人でも大丈夫です。

詳しい手続き内容や必要書類、引っ越してからの手続きに関しては事前にハローワークに電話して聞いてみてくださいね。

厚生年金や社会保険に関しては、質問者様の会社の総務もしくは人事で保険の担当者に相談するのがわかりやすいかと思います。

たまごクラブの「働くたまごママのマネー講座」からの引用です。

「現在夫の扶養に入らずに働いていて、出産の為に仕事を辞め、退職後6ヶ月以内に出産する場合」は
・出産一時金
・出産手当金
・失業給付金(実際にもらえるのは出産後)
・医療費控除

「現在夫の扶養に入らずに働いていて、出産の為に仕事を辞め、退職後6ヶ月以内に出産しない場合」は
・出産一時金
・失業給付金(実際にもらえるのは出産後)
・医療費控除

が受け取れるそうです。

出産退職する人は、失業給付金の延長手続...続きを読む

Q社保完備の会社に勤務して「1年未満の出産・育児の支給」について。

社保完備の会社に勤務して「1年未満の出産・育児の支給」について。

先月、月初より社会保険完備の会社に勤務しています。

先日、妊娠が発覚したのですが、出産手当金と出産育児一時金は、
被保険者を1年継続しないと支給されないのでしょうか?

このまま順調にいくと健康保険加入1年未満で出産する事になります。
初期流産を乗り越えやっと妊娠が発覚したのですが、会社に就職して1ヶ月程で
妊娠発覚となりました。社内の方々には、まだ報告していません。

出産後、できれば育児休暇を取りたいのですが、すぐに妊娠したという事で
解雇になった場合、出産手当金や育児一時金等は支給されない事はあるのでしょうか?

育児休暇を取れて、何らかの理由により職場復帰できなくなってしまった場合、
支給された手当などを還付しないといけない・・様な事はあるのでしょうか?

また、妊娠をきっかけに1年未満で退職してしまったら、現在加入している健康保険組合からの
支給は出産手当金、育児一時金の支給は、無いのでしょうか?
退職してしまっても任意継続で加入したいとは思っているのですが。

ちなみに主人は、自営業で国民年金に加入しております。

無知ですみません・・・。恐れ入りますが教えて頂けますとありがたいです♪
宜しくお願い致します☆

社保完備の会社に勤務して「1年未満の出産・育児の支給」について。

先月、月初より社会保険完備の会社に勤務しています。

先日、妊娠が発覚したのですが、出産手当金と出産育児一時金は、
被保険者を1年継続しないと支給されないのでしょうか?

このまま順調にいくと健康保険加入1年未満で出産する事になります。
初期流産を乗り越えやっと妊娠が発覚したのですが、会社に就職して1ヶ月程で
妊娠発覚となりました。社内の方々には、まだ報告していません。

出産後、できれば育児休暇を取りたいのですが、すぐ...続きを読む

Aベストアンサー

ご懐妊おめでとうございます。

出産手当金や育児一時金などは1年未満だから出ないということはありません。ただ、会社側が出産休暇や育児休暇などを取得することに対応してくれず退社になるならば、退社後の支給は1年以上の継続加入が条件により退社後半年以内の出産で支給されますので、貴方の場合は支給されないことになるでしょう。

会社が貴方を雇用したのは人員がほしいからなので、せっかくいれた人員がすぐに長期休暇に入ってしまうというのならば、退社を求め別の人材をと考えることは普通のことです。一時金はどうなるのかの前にまず、自分を継続して雇用し続けてくれるのかどうか、出産休暇・育児休暇を許してもらえるのかどうかが重要となります。会社が許しても周りの同僚の目があります。周りの社員の長期休暇の取得実績や雰囲気にもよりますけれど、それは当然だとは考えず、まずはそちらを重要視してください。

万が一、退社になり国民健康保険(質問文では国民年金とありますが、国民健康保険のことですよね?)に加入することになったら、出産一時金はでますので、お住まいの自治体のHPをご覧になられてはいかがでしょうか。

ご懐妊おめでとうございます。

出産手当金や育児一時金などは1年未満だから出ないということはありません。ただ、会社側が出産休暇や育児休暇などを取得することに対応してくれず退社になるならば、退社後の支給は1年以上の継続加入が条件により退社後半年以内の出産で支給されますので、貴方の場合は支給されないことになるでしょう。

会社が貴方を雇用したのは人員がほしいからなので、せっかくいれた人員がすぐに長期休暇に入ってしまうというのならば、退社を求め別の人材をと考えることは普通のことです...続きを読む

Q派遣社員の退職と出産手当金について

表題の件について質問です。派遣社員が一人、妊娠のためまもなく退職します。
私は派遣先の総務担当ですが、出産手当金について相談を受けました。
派遣元にも聞くそうですが、個人的に仲が良いので相談を受け、勉強の意味で知っておきたいです。

この派遣の人は2/15に出産予定ですが、12/20に現在の契約が切れ退職予定でした。
しかし最近、出産手当金制度があり、
「産前42日~出産までの間に退職をすれば、支給対象になる」
と自分で調べたそうで、12/20なら42日以内に入らないので受給できないが、
1/20まで延長してもらえれば、受給できるので交渉してみたいということです。

ただ色々調べると、
 1.勤め先の健康保険に加入していて、産休中も継続していること
2.出産後も仕事を続けること
というのも条件に書かれており、退職してしまうと仕事を続けられないので受給対象から外れます。
ちなみに、1年半同じ健保組合に入っています。

私もそれを聞きネットで調べましたが、簡単にまとめてくれているサイトがなく、かつ制度改正も
多く、どれが最新の情報かわかりづらいのです。

出産後仕事を続けなくても、出産日から42日前より後に退職すれば、手当金は貰えるのでしょうか?
それとも、出産後仕事を続けることが大前提なのでしょうか?
派遣社員なので産休も無いと思います。登録しているだけでは、当然派遣会社は健康保険に
入れてくれるはずもありませんし・・・

「1年以上被保険者であった人が、退職後半年以内に出産をすると、最後に「被保険者」として加入 していた健康保険事業者から、出産手当金を受け取ることができる」
という文面もありややこしいのですが、これは制度改正でもう過去のものとなったのでしょうか?

詳しい方がおられましたら是非ご教授頂けば幸いです。

表題の件について質問です。派遣社員が一人、妊娠のためまもなく退職します。
私は派遣先の総務担当ですが、出産手当金について相談を受けました。
派遣元にも聞くそうですが、個人的に仲が良いので相談を受け、勉強の意味で知っておきたいです。

この派遣の人は2/15に出産予定ですが、12/20に現在の契約が切れ退職予定でした。
しかし最近、出産手当金制度があり、
「産前42日~出産までの間に退職をすれば、支給対象になる」
と自分で調べたそうで、12/20なら42日以内に入らないので受給できないが、
1/20まで...続きを読む

Aベストアンサー

始めまして。
「育児休暇中」の「派遣社員」です。
考え方が少し違うかな?と思って、質問文と少し回答がずれますが、書き込みさせて頂きます。

>派遣社員なので産休も無いと思います。
今の時代、派遣社員でも、産休や育休は、条件を満たせば取得できます。(質問者様が調べられたように、雇用保険に1年以上加入していなければいけないとか、条件は諸々ありますが・・・。)

それとは別に、
例えば、今はA派遣会社に登録して、B株式会社と言う所に、派遣されているとします。
出産の為、B株式会社を契約満了になっても、産後に、また同じA派遣会社から仕事を紹介されて、C会社やD会社へ派遣されても、あくまで雇用主は同じA派遣会社なので、支給対象になります。
出産後も働く気があれば・・・ですが・・・。

私は、今は、A派遣会社の○○支社付けと言う、形になって、派遣先がありませんが、派遣会社には籍が残っている状態です。
もちろん、子供が1歳になって、育児休暇が終了してから、また同じ派遣会社で働くことを前提で、産休や育休のお願いをしました。
派遣会社の方も、派遣スタッフが居て、会社が成り立っている訳ですから、お願いすれば、産休や育休は取れると思いますよ。
無理だと言われたら、職安や、監督署にご相談を。
育児休暇中なので、派遣会社には、登録のみの状態ですが、そういう状態なので、保育園に出す、就労証明にも派遣会社のハンコをもらえましたよ。

その方も、派遣会社に復帰の意思はあるのか?その辺りから、確認されてみてはどうでしょうか?

産後、働く意思が無い場合、42日以前と言うのは、一般的に言う、産休(産前6週)前に退職してしまうと、出ないのでは?ということですよね?
私は、ギリギリまで働いていたので、この辺りはあまり詳しくありません、
すいません。

ちなみに、私は、出産予定日が4月28日でした。
2人目と言う事で、のんびり構えていた事もあり、
3月31日付で、派遣先を契約満了となり、4月1日から産前休暇。
4月20日に出産しました。(結果的に、産前は20日しか休みませんでした。)
来年4月19日まで育児休暇を取得させてもらっています。

始めまして。
「育児休暇中」の「派遣社員」です。
考え方が少し違うかな?と思って、質問文と少し回答がずれますが、書き込みさせて頂きます。

>派遣社員なので産休も無いと思います。
今の時代、派遣社員でも、産休や育休は、条件を満たせば取得できます。(質問者様が調べられたように、雇用保険に1年以上加入していなければいけないとか、条件は諸々ありますが・・・。)

それとは別に、
例えば、今はA派遣会社に登録して、B株式会社と言う所に、派遣されているとします。
出産の為、B株式会社を契約満了...続きを読む

Q恥骨ってどこ?

しょうもない質問ですみません。今妊娠後期なんですが、
臨月近くなると恥骨も痛むといいます。もうすぐ9ヶ月なんですが股の部分が少し痛みます。恥骨って言われる場所ってどこなんでしょうか?イマイチよくわからないのです。ちなみに恥骨が痛むってことは下がってきてるってことなんでしょうか?

Aベストアンサー

おへそから、まっすぐ下に向かって、お腹を触って行くと、股の上あたりで、固いものに触れます。
これが、恥骨です。
恥骨は、骨盤の一部で、腰や、ふとももの付け根の骨などと、一体のものです。
骨盤は、恥骨のところで、まんなかから、左右に分かれているのですが(骨盤が輪になっていて、輪の一部が切れた状態だと思って下さい)、その部分を恥骨結合という組織が、のりのようにくっつけています。
妊娠後期になると、恥骨結合組織がゆるんできて、骨盤の輪っかが広がって、出産にそなえるわけです。(決して、恥骨が割れるわけではありません。)
骨盤の輪っかが広がると、赤ちゃんも広くなったお腹の下の方に下がってきます。

経産婦さんの場合は、ゆるみやすくなっているのですが、初産婦さんの場合は、組織が固くてゆるみにくいことがあるので、痛みがともなうこともあるようです。
でも、全ての初産婦さんに、痛みがあるというわけではありません。

この痛みは、出産のための大事な準備なのです。
無事のご安産をお祈りします。
※あまりに痛いときは、主治医に相談してください。

Q妊婦が失業保険をもらう事は可能でしょうか?

現在妊娠6週です。8月末で現在正社員で勤務していた会社を退社します。
妊娠は予想外の事で本来は8月末で退社の後、主人の扶養に入り失業保険を貰い、その後パートの仕事をしようと考えておりました。

10年位前に知り合いの方で妊娠を隠して失業保険を貰った人がいるのですが、実際こういう事は可能なのでしょうか?
母子手帳は役所を通じてもらいますが、そういうつながりでバレたりしないのでしょうか?

Aベストアンサー

受給期間延長の手続きは、皆さんがおっしゃるとおり、手続きをしてみてください。

もうひとつ、耳よりな話を、
妊婦さんで離職する場合、離職日から出産予定日まで期間によっては、離職後に社会保険の育児休業手当てが、産前・産後6ヶ月位もらえたはずです。
これは、離職後でも自分で手続きができます。
ただし、医者の診断書が必要ですし、出産予定日と離職日が離れていると、受給資格がなくなるので、すぐに、最寄の社会保険事務所に問い合わせてください。

出産手当金も、あなたの給与金額によっては、ご主人から申請するよりも、ご自身で申請したほうが、多い金額をもらえる場合もあるので、調べる価値はあります。

しかし、ご自身の今年1月~8月までのボーナスも含めた給与の額面金額の総額が、130万円を越える場合、12月まで扶養に入れませんよ。

その場合は、離職後12月まで、健康保険の任意継続か、国民健康保険に加入するしなければなりませんし、国民年金の3号被保険者にもなれないので、9月~12月まで国民年金保険料も支払わなければなりません。

また、失業保険をもらっている間も、扶養には入れません。
自分で、国民年金と健康保険または、国民健康保険に加入しなければなりません。扶養に入った段階で、失業保険の受給資格を失うとおもいます。

みなさん、それをだまーって受け取っていらっしゃるようですが、「失業保険は、その保険が受け取れないと生活できないに人のための保険なので、ほかの人に養ってもらう(扶養される)ひとは、保険金を受け取る必要がないだろう。」とういうのが、国の考えみたいです。

受給期間延長の手続きは、皆さんがおっしゃるとおり、手続きをしてみてください。

もうひとつ、耳よりな話を、
妊婦さんで離職する場合、離職日から出産予定日まで期間によっては、離職後に社会保険の育児休業手当てが、産前・産後6ヶ月位もらえたはずです。
これは、離職後でも自分で手続きができます。
ただし、医者の診断書が必要ですし、出産予定日と離職日が離れていると、受給資格がなくなるので、すぐに、最寄の社会保険事務所に問い合わせてください。

出産手当金も、あなたの給与金額によって...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング