『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

映画の試写会で「感動した!」などと言っているのはエキストラですか?試写会後の映画館のロビーと思われる場面で「感動しました!」「最高です!」などとカメラに向って語っているシーンが映画のコマーシャルで流れています。彼らはエキストラなのでしょうか?それとも試写会にやって来た一般のお客さんなのでしょうか?私の知人は彼らがエキストラだと信じて疑いません。広告関係に詳しい方のご意見も伺いたいですが、詳しくない方の率直な感想でも全然構いませんので是非多くのご意見をお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

すべてがそうだと言う訳じゃないですが、エキストラを使う場合もあります。


あまりに客が入らなかったりした時とか・・・ネ
あとは、一般人をつかっても都合の悪い事はカットしますからね~
『この作品マジつまんね!」
なんていったら使われないし
    • good
    • 0
この回答へのお礼

場合によってエキストラを使ったり一般の人を使ったりするのですね。
大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/21 13:41

エキストラというか、宣伝ですからね。


本当に観て感動した人かどうかも分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当は感動してもいない一般の人に誉めるようなコメントをさせることもあるということですかね。たしかにそういうことはあるのかもしれませんね。大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/21 13:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般人や有名人が映画の感想を言っている映画のCMってどう思いますか?

テレビで流れる映画のCMで、近年一般人や有名人が
 「感動しました」
 「今年一番の映画です」
 「○○サイコー!」
 「こんな恋がしてみたいです」
といった感想を言うパターンのCMが多いですよね。
私は興収が上がっていない映画のPRテコ入れにしか見えないので、ああいうCMを見た途端にその映画を観たくなくなります。
転じて、そういうCMを打つ映画は観ませんし、面白いかどうかの判断材料にしています。
映画はジャンルによって勿論好みがありますので、同じ映画でも「面白い」と言う人と「つまらない」と言う人が居るのは当たり前ですが、往々にしてそういうCMを打った映画は大コケしたり、下馬評が良かったり当初から話題になっていても今ひとつ興収が上がらない結果に終わっているような気がします。
あんないかにも言わされているようなコメントのCMでも、
 「そんなに面白いなら観てみようかなぁ?」
という気になる方や、
 「ああいうCMこそが面白いかどうかの判断材料」
と思う方はいらっしゃるのか、是非沢山の意見や感想をお伺いしたいです。
とても興味「大」なので、よろしくお願いします!

テレビで流れる映画のCMで、近年一般人や有名人が
 「感動しました」
 「今年一番の映画です」
 「○○サイコー!」
 「こんな恋がしてみたいです」
といった感想を言うパターンのCMが多いですよね。
私は興収が上がっていない映画のPRテコ入れにしか見えないので、ああいうCMを見た途端にその映画を観たくなくなります。
転じて、そういうCMを打つ映画は観ませんし、面白いかどうかの判断材料にしています。
映画はジャンルによって勿論好みがありますので、同じ映画でも「面白い」と言う人と「つまら...続きを読む

Aベストアンサー

全くあてにしてません!
それに、正直あの手のCMはウザいと感じます。

私の周りの友人も同意見で、決定打となったのがパールハーバーのCMでした。
何故か、それが破綻となって、最近はアカデミー賞まで信じがたくなってきてる昨今です^^;

映画興行会社って、組合でもあってCM製作にお約束でもあるの?と感じてしまうくらいみんな同じ作りになってますよね。
どうせだったら、もっと展開の違うCMの方がイイと思うのですが。。。。


人気Q&Aランキング