先日インターネットをしていて、ちょっとヤバそうな所であるボタンをクリックしたら勝手にメールを送ってしまいました。その後ウィルスが送られてこないかと心配しながら生活しています。
ここで質問ですがウィルスとは本来どういう理由で生まれたのですか?単なる嫌がらせですか?いつ頃誰が何のために作ったものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは.



> 「実は俺がインターネット麻雀のチャットで人を怒らせてウィルスか何かを送られて壊れたんだ。絶対に言うなよ」

ということはないですね.本当にウィルスの場合はチャットでメールアドレスを教えてそのメールを開いて添付ファイルを実行てウィルスに感染したのか,そのパソコンのIPアドレス(住所ですね)を調べて(調べることは可能です)進入してきて,ウィルスを入れるという考え方もできますが,進入するのは相当の技術が必要です.また,修理しようとしてだめだったのはハードウェア的に壊れていただけでしょう.ウィルスというのは通常ソフトウェア的におかしくするのでパソコンそのものをおかしくすることはありません.たとえば,コンポにウィルスが入ると仮定しましょう.その場合,コンポそのものにはウィルスが入ることはなく,テープやMDなどに入るということです.テープやMDは全部データを消せば元通り使えますよね.
(たとえが悪かったですか?)パソコンも同じで全ソフトウェアをインストールすれば直るので,直せなかったのはパソコンそのものが壊れていただけです.

要するに,ウィルスは怖いものですが,ちょっと気をつけていれば(前回の回答どおりのことを行えば)平気ですよ.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。よくわかりました

お礼日時:2001/04/18 23:52

こんにちは.


参考URLにウィルスの歴史,開発目的が載っています.「誰が作ったものか」というのは載っていませんが.
ウィルスが送られてきて受信しても大丈夫ですよ.ウィルスがウィルスとなるのはおかしな添付ファイルを実行したときのみです.受信しただけではほぼ攻撃的なことはしません.そのまま受信メールを削除すれば大丈夫ですよ.

参考URL:http://www.oitaweb.ne.jp/internet/virus.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。本来ウィルスというものは悪いものではないが実際は悪いものが多いということですね。しかし「ウィルスがウィルスとなるのはおかしな添付ファイルを実行したときのみです」とありますが、気になることが一つあります
私が学生だった頃教室のパソコンが壊れました。パソコンマニアみたいな人たちが数人やってきて修理しようといろいろやってましたがダメでした。そのとき1学年上のある先輩が「実は俺がインターネット麻雀のチャットで人を怒らせてウィルスか何かを送られて壊れたんだ。絶対に言うなよ」と言っていました。こういう事が本当にできるのでしょうか?このようなことにならないかと心配です。もしこういうことになればどこかに被害を届けることはできるのでしょうか

お礼日時:2001/04/17 14:00

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ