父(68歳)が3年半前に前立腺癌ということがわかり、内分泌治療をしており数値がかなり下がっておりましたが、昨年夏のPSA値が2.45ng/mlになり、医師より「抗がん剤の点滴」を勧められましたが、ダメもとで「IMRT」での治療を希望し、9~10月で計30回放射線を受けました。
(骨シンチを2回受けましたが、転移はありませんでした)
知識がない私(娘)ですので、これで少しはPSAの数値が下がると思っておりましたが、先日の検査で数値は下がっておらず、3.30ng/mgになっており驚きました。
IMRTでの治療をしてもすぐには数値は下がらないのでしょうか?
ちなみに先日より「排尿痛」があるとのことです。
どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足させてください。


お父様ははじめ自覚症状があって検査を受けたのでしょうか?
始めのPSA値はどのくらいだったのでしょうか?
私も父が手術を受けられないものかと病院をいくつか一緒に回りましたが、初期のPSA値10以下でないと手術の適用でないとどの病院でも言われました。(聖路加、国立&有明がんセンター他)
3年前と今では状況が違うと思いますが、No.2様の回答にあったホルモン療法が効かなくなってからの手術は難しいように思います。
ですがセカンドオピニオンを受けることは大切だと思います。
その際はお父様に付き添って一緒に医師の話を聞いてください。
がんばって下さい。

ご覧になったことがあるかもしれませんが下記のサイトに手術の適応などが載っています。

http://www.jfcr.or.jp/gan_knowledge/prostate.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
父は、当初、熱・倦怠感・排尿痛などの症状が出て、近くの病院など数件まわりましたが「風邪」や「胃潰瘍」のかもとか言われ続け、結局原因がわからないまま2ヶ月ほど過ぎた頃、最終的に血尿が出たので
無理やり(父は病院嫌いなので・・・)泌尿器科に連れて行きました。
それから、日赤を紹介してもらい当時のPSAは「254ng/ml」でした。
それで手術を選択してもらえなかったのかもしれませんね。
なんだか納得できました。

添付いただいたサイトなどを参考に私も父と一緒に頑張ります。
この度は本当に貴重なご意見をありがとうございました。
心より感謝いたします。

お礼日時:2011/01/23 12:13

私はPSAが8になりで全摘手術を受け6年後の現在もPSAは0.008以下(検出不能値)です。


その際Drは「あなたが75才以上だったら人生が終るのはこの病気によるものか他の原因か分からないから、痛い目をして手術をしなくて薬物療法を選ぶ」といわれ手術に踏み切りました。
放射線は前立腺だけでなく他の臓器にも当たるためそちらの副作用が懸念されるとのことでした。
局所照射もあるが保険適用がないので高額(100万円)負担が必要になるし、数ヶ月の順番待ちが必要だとのことでした。
他の病院でのセカンドオヒニオンを受けてはいかがでしょうか、ご検討ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なお答え&経験談をお聞かせいただきありがとうございました。

やはり全摘手術が有効かもしれないですね。
なかなか相談できる人がいない為、そのまま医師の言うとおりにしてしましましたこと
悔やんでしまいます。
父のためにも娘としてセカンドオピニオンを選択して、最善の方法をさがしてみます。
貴重なご意見をありがとうございました。

お礼日時:2011/01/22 13:47

再発の可能性があります


内分泌治療後のPSA値は0.2ng/mg以下の数値だったのではないのでしょうか?
IMRTの効果はおそらく無くなってきていると思われます
IMRTは他臓器への悪影響もあります
化学療法で再発の場合IMRTも難しいとされています
普通は再発した場合は手術に踏み切りますが
手術できない理由があるのでしょうか?
この状態は転移する危険性が非常に高いです
年齢からくる手術後の後遺症も多々ありますが、もう手術しか選択肢は無いと思います
担当医師と相談されてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお答えをありがとうございました。

初めて病気が分かったときに医師より年齢のことを考えても、手術よりも注射&薬で治療をしたほうがいいと言われ、大きな病院だったこともあり、まさが癌だとは思ってなかったので「そうなのか・・・」と
医師の言うままに治療をすすめてしまいました。

勉強不足で、IMRTというのは、効果が持続するものだと思っておりました。
IMRTだけは、今まで通院しておりました病院では不可能と言われ、他の施設で受けましたので
来月行く予定なので、詳しく状態を聞いてみます。
ご丁寧なお答えをありがとうございました。

お礼日時:2011/01/22 09:41

はじめまして、お父様心配ですね。

私の父は3年前に前立腺癌で他界しました。
なのでなんだか人事ではないように思い回答させていただきました。
父も放射線治療を受けましたが、PSA値を下げる目的ではなく排尿痛や腰痛の緩和が目的だったと思います。
PSA値は正常値が4ng/ml以下だと記憶しております。
お父様は数値が3.3なのでホルモン注射はまだ効いているのではないでしょうか?
抗癌剤は未認可でしたが、がんセンターで使用してもらいました。
残念な事に効果は得られず副作用がかなり重くとても可哀想でした。
いずれにせよホルモン注射に効果がなくなると選択肢が限られてきます。
お大事になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお答えをいただきありがとうございました。
またお父様が同じ病気にかかられ、悲しい思いをされた中でのご回答に心から感謝致します。

治療開始当初にホルモン注射の効果は3年が限界です・・・と言われていたので、
数値が上がるとドキドキしていました。もう3年半が経つので効果は薄いかもしれませんね。
実家とは車ではすぐの距離ですが、父はひとり暮らしの為、私に心配をかけたくないのか痛み等もほとんど言わないだけに出来るだけの治療をと考えております。
昨日より不安に思っておりましたので、お答えを頂いただけでも少し気が楽になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/21 20:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • がんの骨転移<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    どんな状態か  骨の内部には血管の豊富な骨髄(こつずい)があり、血液細胞を作っています。血管に富む構造のために、ここに体のほかの部分のがん、たとえば肺がんや乳がん、前立腺がんなどが血管を通って移動してきて、がん病巣を形成します。骨で増殖しますが骨にもともと発生した(原発性)ものではなく、ほかの組織のがん腫からがん細胞が移動してきたもので、これを骨転移といいます。  骨は、いろいろながん腫、たとえば...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前立腺癌→摘出手術→再発→ホルモン治療→またPSA値が上がりました。

前立腺癌→摘出手術→再発→ホルモン治療→またPSA値が上がりました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

・平成19年初め、父71歳、前立腺癌と判明。骨などへの転移なし。グリソンスコア9。
 ステージなどの説明は一切なく、「簡単な手術で、取ってしまえば完治する。」
 と医者に言われ、何の疑問も迷いも抱かず、すぐに手術を決めてしまいました。
 (これが一番の後悔です。グリソンスコア9は悪性度の高い癌だから、
 都会の癌専門病院に連れて行くべきでした。)

・同年2月、摘出手術。癌は前立腺だけに留まっていたという説明でした。

・術後、尿が出ず、尿道狭窄が酷くて苦しみました。
 先生は、「縫合に失敗した。こんな酷いのは初めてだ。」と言って、父に謝りました。
 その後、麻酔もせず尿道の検査を何回も何回もさせ、
 4回の尿道を広げる手術を受けました。

・21年1月から、PSA値が上がり始めました。

・22年1月、再発したという事で、3ヶ月ごとのホルモン注射を始めました。
 この時、主治医は、「睾丸を取りましょう。」と、手術ばかりを勧めましたが、
 ネットで相談し、今は、ホルモン治療をする人が多い。という事を知り、
 ホルモン治療を選択しました。
 
・今月、PSA値が上がっていました。
 主治医は、「来年1月に、これからの治療方法を考えましょう。」と言われただけで
 血液検査以外、何の検査もしませんでした。

主治医は、ただ仕事をこなしているだけ、としか見えないような
そんな態度なので、色々な説明もなく、とても話しにくい人です。

私は、病院を変えた方がいいと思うのですが、父はその気はないようです。
父のような病状でどのような検査をすればいいのか、教えて下さい。
これから、何をすればいいのでしょうか。
父は今、どのような状態だと考えられるでしょうか。
転移でしょうか。

PET-CTを検討中です。受けた方がいいでしょうか。
今の状態で、癌が写るでしょうか。

よろしくお願いします。



 

前立腺癌→摘出手術→再発→ホルモン治療→またPSA値が上がりました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

・平成19年初め、父71歳、前立腺癌と判明。骨などへの転移なし。グリソンスコア9。
 ステージなどの説明は一切なく、「簡単な手術で、取ってしまえば完治する。」
 と医者に言われ、何の疑問も迷いも抱かず、すぐに手術を決めてしまいました。
 (これが一番の後悔です。グリソンスコア9は悪性度の高い癌だから、
 都会の癌専門病院に連れて行くべきでした。)

・同年2月、摘出手術。癌は前立腺だけに留...続きを読む

Aベストアンサー

私の父が5年前に前立腺がんと判明し、グリーソンスコア9でした。
(骨に影があるが骨転移かどうかは判定しかねるとの事でした)
受診する数年前から具合が悪かったのに病院に行くのは嫌だと延々
しぶり続け、初めて行った時点ですでにかなり悪化していました。
あれから5年、手術はせず、ホルモン治療のみでPSA値1未満を維持しています。

父は田舎住まいで、通える範囲に泌尿器科のある病院が1つしかなく、
当時の担当医はぶしつけで話の出来ない人でした。
現在は担当医が変わり、人間らしい会話のできる人です。
どんな医師に当たるかということが、治療にいかに重要かを
身をもって知っています。
再発で睾丸を取るって・・・去勢じゃないですか。
男性の尊厳にかかわることなのに、そんなに簡単に言うような医師に
大切なお父様をまかせていいのでしょうか。

お父様が病院を変わる気がないのが一番の難関だと思うのですが、
現在の担当医に話してセカンドオピニオン用の書類を作ってもらい、
他の病院で意見を聞いたほうがいいと思います。
(セカンドオピニオンは診察ではなく相談なので
 お父様が行かず、あなた一人で行ってもOKです。)
できるだけ大きな信頼できる病院がいいでしょう。

前立腺がんは進行の遅いがんですので、まだ打つ手はいろいろあります。
放射線治療ひとつにしても、直接線源を刺す方法や局部に留置する方法とか、
粒子線治療やペプチドワクチン(このれらは先進医療で自費ですが)など
対策はいくらでも取れると思います。
大切なのは、しろうとが「どんな検査がいいのだろう」などと悩むより
信頼できる医師に出会うことだと思います。

先は長いです。お互いに頑張りましょう。

私の父が5年前に前立腺がんと判明し、グリーソンスコア9でした。
(骨に影があるが骨転移かどうかは判定しかねるとの事でした)
受診する数年前から具合が悪かったのに病院に行くのは嫌だと延々
しぶり続け、初めて行った時点ですでにかなり悪化していました。
あれから5年、手術はせず、ホルモン治療のみでPSA値1未満を維持しています。

父は田舎住まいで、通える範囲に泌尿器科のある病院が1つしかなく、
当時の担当医はぶしつけで話の出来ない人でした。
現在は担当医が変わり、人間らしい会話のできる人です...続きを読む

Q前立腺癌です、転移しているとのことです教えて下さい

私は77歳男性です、仕事面では建築設計で活躍中です、3ヶ月前に貧尿で町の秘尿器科を訪れた
時点でPSAの検査をしました、85.82大きな数値に驚き大病院で生検をしました、4本中3本に悪性癌
グリ-ンスコア8と診断されまいた。 尚関連病院にて骨シンチの検査をしました、内容的には私には
良く理解できませんでしたが、コピ-を頂きました、内容は ・軽度の集積増加あり ・その他全身に
転移を疑う異常集積は明らかでない、  腹部CTで ・前立腺肥大あり ・右葉に30mmほどの早期
濃染結節を認める ・前立腺外側に突出しており被膜外進展の可能性は否定できない ・神経血管
束へのあきらかな浸潤は指摘できない ・周囲にリンパ節腫大なし ・肝内に転移を疑うSOLなし
・胆嚢、膵、脾、に異常なし ・両賢嚢胞あり ・腹水なし ・心広大あり。  以上のことで3月中旬に
ホルモン治療を始めました、この時点のPSAは27.86です、4月中旬にはPSA 2.87に下がりました。
4月下旬に腰骨の一部にかげが骨シンチの時点でありましたので放射線を3gy ×10回かけました。
 (放射線の病院ではこの治療はナンセンスと言われました、) 今現在のPSAは0.42です。
2月中旬に検査を始めて現在に至るまで 以前と変わりなく 痛み、不自由さ、は有りません 有るものはホルモン治療の副作用だけです。 先日 主治医に前立腺に放射線治療をお願い致しましたが
「初期のPSA85.82が身体に転移を示しているので放射線治療は出来ません」(体中に癌細胞が) と
言われました、「ホルモン治療を続けて薬が効かなくなったら、抗癌剤治療になります」 私は30年
~40年もの心房細動がありますが主治医はこちらの病気で天寿をと思って居られるのでは。
私は放射線治療を願っているのですが、ネットで見ますと、PSA が200以上、300以上の方が居られ
ますが転移していないと決まり放射線治療を受けられたとのこと、羨ましい限りです。私は本当に
転移しているのでしょうか。おいそがしい中 申し訳有りませんが助けて下さいお願い致します。
セカンドオピニオンと思っておりますが 主治医と同じ事になるのかなと思うと前に進めません。
以上宜しくお願いいたします。

私は77歳男性です、仕事面では建築設計で活躍中です、3ヶ月前に貧尿で町の秘尿器科を訪れた
時点でPSAの検査をしました、85.82大きな数値に驚き大病院で生検をしました、4本中3本に悪性癌
グリ-ンスコア8と診断されまいた。 尚関連病院にて骨シンチの検査をしました、内容的には私には
良く理解できませんでしたが、コピ-を頂きました、内容は ・軽度の集積増加あり ・その他全身に
転移を疑う異常集積は明らかでない、  腹部CTで ・前立腺肥大あり ・右葉に30mmほどの早期
濃染結節を認める ・前立腺外...続きを読む

Aベストアンサー

前立腺癌は最初に骨転移が一般的です
<4月下旬に腰骨の一部にかげが骨シンチの時点でありました>
このことは骨転移していると思われます
骨転移している以上手術は不可能ですが
<腰骨の一部にかげが骨シンチの時点でありましたので放射線をかけてPSAは0.42>ということで
一応寛解に入っている感があります
普通は2ヶ月ごとにPSAを測定します放射線治療での場合は
1.0を越すと再発となります
新たな治療を考えることになります
しばらくPSA監視ではないでしょうか

QPSA値の推移について

58歳男です。PSA=癌でなく、あくまでも参考指標の1つということは理解しています。私の場合、たまたま約2年前にPSA高値5.4が見つかり、針生検は留保、この値を再度上回ったら再受診という指示を受け、癌への恐怖もあり意識的に頻繁に測定してきた次第です。幸いにも、1週間後には4.2に下がり、以後概ね3から4の間(ここ1年は3.5以下、2点台も2回あり)で推移してきました。基準値以下ならいいだろという反面、健常者な数値に比較すればやはり異常値であり、癌を含めた何らかの前立腺疾患があるのだろうと心配しております。
基準値超えたら再受診するつもりですが、いったい前立腺に何が起こっているのか見識深い皆様のご意見聞きたく質問に及びました。加齢、ストレス、体質的な可能性、または肥大や炎症があるのかなとも思いますが、仮に慢性的な炎症の場合は値は下がらないものなのでしょうか。基準値以下の癌の可能性もこの推移からはどうなのでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の場合、7年前から5.9~6.9の間を動いており、一度も4以下になったことはありません。
泌尿器科の先生からは触診で前立腺肥大と言われMRI、エコー検査も受けましたが生研等は受けていません。先生の話では数値が高くても急に上がり続けるといったことが無ければ心配する必要はないそうです。
昨年9月に膀胱炎になり、発熱した1週間後にPSA検査したら数値が約40に跳ね上がっていました。しかし1ヶ月後に測ったら9まで下がっていて安心しました。

経験からのアドバイスでは、PSA数値が規格に入っていなくても心配の必要ないですよ。
測る度に上がっているようだと、他の検査結果も参考にしてどうすれば良いか先生と相談だと思います。

Q前立腺がんD1(リンパ転移)の場合の治療法。

世話になってる知人が、前立腺がんD1(リンパ節転移)なのですが、病院では内分泌療法(ホルモン療法)しか無いと言われたそうです。
D1リンパ節転移の場合、ホルモン療法となるのは理解しているのですが(ネットで調べて理解した)、
PSAが17でも、リンパ転移ってあるものなのでしょうか?
(尿の出が悪くて人間ドックの際にPSA検査したら16台、その後病院でPSA17台でした)
CTやらPETやら検査してるみたいなので間違いないとは思うのですが、どうしても本当にリンパに転移しているのか疑問なのです。
グリーソンスコアは7か8だそうです。
骨には転移無いみたいです。

大学病院では無いのですが、泌尿器科医師6名以上、年間手術件数500件以上(うち前立腺がんの手術は40件ぐらい)の大きな病院での診断です。

IMRTなど他の治療は出来ないものでしょうか?

何かやり残しというか、調べたり確認した方が良さそうなことが残っていたら教えて下さい。

患者の年齢は50才半ばです。

Aベストアンサー

(Q)PSAが17でも、リンパ転移ってあるものなのでしょうか?
(A)あります。
PSA値と癌の進展度とは、必ずしも一致しません。

PSA値というは、前立腺特異抗体の略称で、そのまま検査値の
名前になっています。
というのは、前立腺特異抗体は、そもそも血液中に漏れ出しては
ならないからです。
これが血液中で検出されるということは、
前立腺の組織が壊れている証拠となるわけです。
主な原因は、前立腺肥大と前立腺がん。
なので、組織が壊れているか、どうか、という検査値であって、
転移しているかどうかは、関係ないのです。

もちろん、数値が高ければ、転移している可能性も高くなりますが、
高くても、転移しているとは限りません。
逆に、低くても、転移をしている場合もあります。
低くて、転移をしている場合は、運が悪いとしか、
言いようがないです。

ご友人の場合、すでにリンパ節転移があるということは、
TNM分類でいえば、N1ということです。
ステージで言えば、IVとかD1と呼ばれるレベルです。
手術や放射線による根治治療は適用外です。
ホルモンか抗がん剤による化学療法となります。
骨転移をして、痛みを伴う場合には、緩和療法として、
放射線を使う場合があります。
IMRTは、放射線療法なので、適用外だと思ってください。

なぜ、リンパ節転移があると、手術や放射線療法が
適用外となるのか?

放射線や手術で治療するのは、病巣を取り除くのが目的
ではなくて、命を救うのが目的です。
でも、癌は、それ自体が、毒素を発生するわけでもないので、
癌があっても、死にません。
「人は、癌では死なない」という逆説的な言葉があるのは、
このためです。

では、どうして、癌で死ぬのか?
それは、肝臓、腎臓、肺などの重要臓器に浸潤・転移して、
その臓器を破壊するからです。

早期に、手術や放射線治療をするのは、この「転移防止」に
他なりません。
転位を防止することで、命を救うのです。
なので、すでに転移してしまったのでは、手術や放射線治療を
する意味がないのです。
だから、適用外なのです。

すでに、リンパ節に転移していると言うことは、
他の臓器にも目に見えない転移があると考えた方が良いです。

化学療法(ホルモン、抗がん剤)しかないというのは、
このような理由からです。

最後に……
民間療法では、ザクロジュースが有名です。
ただし、一部の業者が言っているような
特定のザクロジュースでなければならないとか、
効果がない、ということはありません。
「前立腺がん ザクロ」で検索すればヒットします。

(Q)PSAが17でも、リンパ転移ってあるものなのでしょうか?
(A)あります。
PSA値と癌の進展度とは、必ずしも一致しません。

PSA値というは、前立腺特異抗体の略称で、そのまま検査値の
名前になっています。
というのは、前立腺特異抗体は、そもそも血液中に漏れ出しては
ならないからです。
これが血液中で検出されるということは、
前立腺の組織が壊れている証拠となるわけです。
主な原因は、前立腺肥大と前立腺がん。
なので、組織が壊れているか、どうか、という検査値であって、
転移している...続きを読む

Q前立腺癌で死亡するとはどういうことが考えられるの?

前立腺癌で65の若さで他界されたようです。
想像上ですが、再発や骨・内臓に転移していたのかもしれません。
それにしても亡くなるにしては若すぎるように思います。
この癌は治療の選択肢が多いと聞いていますが、実際のところ手の施しようがないという場合は,
どんな時ですか?ご存知の方おられましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の父は59歳で亡くなりました。
前立腺がんが元で、全身転移でした。

私の父の場合はがんが見つかる前に脳梗塞を患っており、脳梗塞の薬の関係で手術は無理だと言われ、薬や放射線治療でがんの進行を遅らせることはできましたが、最終的にはがんが全身に転移して亡くなりました。

Q前立腺がん ホルモン療法の効果について

PSA:18
GS:7
ステージ:D1(リンパ節転移あり)
年齢:56歳


ホルモン療法を開始しました。
個人差はあるでしょうが、目安として何年ぐらい効果あるものでしょうか?

リンパ節転移の場合は、5年~7・8年ぐらいが目安(その頃に効かなくなってくる事が多い)でしょか?(個人的な勝手な予想)

例えば、リンパ節転移がある場合に限定すれば、5年後には50%ぐらい、7年後には70%ぐらいの方が効かなくなる。といった統計が載ってるサイトがもしあれば教えて下さい。


また、再燃した場合には薬を替えるようですが、これは数ヶ月~半年が効かなくなる単位になりますか?
再燃した場合には、抗がん剤は現時点では長期間効かないと考えてた方がよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

(Q)ホルモン療法を開始しました。
個人差はあるでしょうが、目安として何年ぐらい効果あるものでしょうか?
(A)2~3年ぐらい
しかし、効かなくなったら終わりという訳ではない。
http://www.tmd.ac.jp/med/uro/practice/advanced/deferred.html

転移があるからホルモン剤が早く効かなくなるということは
ありません。癌の性質、患者本人の体質の問題の方が
大きいと思ってください。

(Q)再燃した場合には薬を替えるようですが、これは数ヶ月~半年が効かなくなる単位になりますか?
再燃した場合には、抗がん剤は現時点では長期間効かないと考えてた方がよろしいでしょうか?
(A)ケースバイケースです。
再燃した場合、短期間で効かなくなるということはありません。
色々な治療方法を順次試していくということになります。

http://www.gan-pro.com/public/cancer/urol.html

まずは、悲観的にならずに、治療に専念してください。

QPSA数値について

先日父が、泌尿器科にてPSA数値が40と出て、精密検査が必要と言われました。
エコー検査では薄い影があるそうです。本屋さんなどで色々「前立腺がん」について読みましたが、30以上の数値は「末期状態」と書いてあり、前立腺肥大でも数値が上がりますが、肥大では10以下の数値しか出ないと書いてありました。
40なんて数値は本でも目安として書いてないぐらいでした。
父は末期を覚悟してるみたいですが、逆に精密検査を受けに行くのが怖く、忙しいと言っては、病院に行こうとしません。
私自身も覚悟をしてるんですが、信じたくないです。
病院に行って、末期のガンと診断されるのが怖いです。
PSA数値で前立腺ガンが発見された方は、どれくらいの数値だったのでしょうか??
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

PSAの正常値は、一般的には4.0といわれていますので、確かに40というのは、非常に高い数値です。

ただ、PSAは非常に感度の良いマーカーで、癌だけでなく炎症にも大きく反応します。例えば自転車をこいで病院に行くというだけで、その刺激で数値が大きくぶれるほどですから、40だから癌だと決め付けてはいけません。

それに、前立腺は摘出も可能ですから、前立腺がんはなんとなく怖くないというイメージをお持ちのかたもあるのですが、比較的転移しやすいという意味では、やはり早期発見、早期対処が非常に大切です。

膀胱に尿をためた状態での超音波(エコー)検査、それに直腸からの医師による触診の3点セットの早期診断が必要です。手遅れが最も怖いこと、お父様だけでなく、家族のためでもあることを、お父様に認識させてあげてください。

Q前立腺癌治療に抗男性ホルモン注射だけで大丈夫でしょうか?

69歳の父親が前立腺癌の治療を受けています。

前立腺周囲にガンが拡がっている為、手術は出来ないので、注射と放射線で治療しています。
毎月一回、抗男性ホルモンの注射を打ち、初診の検査時に「63~64」あったPSAの値が、3回目で「1.9」に減少しました。
残尿感や頻尿や排尿時の痛みもなくなりました。

放射線治療を一回受けたのですが、火傷、下痢、血便と言った副作用が出てしまったそうです。
今後は、費用の問題もありまして、注射を三ヶ月に一回で済むものに変えてもらう事になりました。

お聞きしたいのは、こう言った状況で放射線治療は続けないとダメなものなのでしょうか?
放射線治療をするとなると、毎日、7週間やらなければならないとお医者さんに言われています。
父親としましては、もし放射線治療をやめて、注射だけで現状維持ができるのならば、放射線治療はやめたいらしいのです。

上記のような副作用があると仕事に差し障りがあるのと、金銭面で大きな負担となるのが理由なのですが。

話が又聞きになっているので情報も少なく、話も分かりずらいかとは思うのですが、もし何らかのアドバイスがありましたら教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

69歳の父親が前立腺癌の治療を受けています。

前立腺周囲にガンが拡がっている為、手術は出来ないので、注射と放射線で治療しています。
毎月一回、抗男性ホルモンの注射を打ち、初診の検査時に「63~64」あったPSAの値が、3回目で「1.9」に減少しました。
残尿感や頻尿や排尿時の痛みもなくなりました。

放射線治療を一回受けたのですが、火傷、下痢、血便と言った副作用が出てしまったそうです。
今後は、費用の問題もありまして、注射を三ヶ月に一回で済むものに変えてもらう事になりました。

お...続きを読む

Aベストアンサー

1.放射線治療を一回受けたのですが、火傷、下痢、血便と言った副作用が出てしまったそうです。
というのは普通ありえないように思います。一回でしょ。
2.患者さんによって違いますが、一般的な指針はPDQの前立腺癌の3期か4期のところを見てくだされば参考になると思います。URL参照。
 3期では、リニアックを用いる外部照射放射線療法は、病期IIIの前立腺癌患者の大半にとって最も適した治療法であり、大規模シリーズからは、局所癌のコントロールと無病生存期間とを得るのに奏効することが裏付けられている。とあります。4期の場合は状態によってかなり違いますので、よく、たずねて聴いてから判断してください。いずれにせよ又聞き情報で判断するような問題ではありませんね。
 

参考URL:http://cancerinfo.tri-kobe.org/database/pdq/summary/japanese.jsp

Q前立腺肥大と前立腺炎とPSA血液検査(癌検査)

PSA血液検査と前立腺の炎症との関係が主な疑問です。

2008年12月から定期的にPSA血液検査をしている57歳
の男性です。

最初のきっかけは、初めて受けた同検査の数値が異常に高く
(32)。その後、再検査して直ぐに22->10と下がり、
3ケ月ごとの検査で、6から8の間を繰り返し、ここ1年強
は5から4の前半くらいまでに落ち着いていました。

基本的には前立腺肥大はあるようです。

昔から花粉症の症状もあり、今年はくしゃみ鼻水の症状が
酷いので、あまり薬を飲むのは好きでないので最小限に
していたのですが、とうとう、パブロン鼻炎カプセルを
1日2錠飲んで症状を抑えてきました(本来は一日2錠を
朝夕2回ですが、朝だけ2錠飲んできました)
最近:4月中旬はやめてます。

これには、前立腺肥大の人にはあまり好ましくないような
説明書きはあったように思います。


4月1日に某大学病院でPSA血液検査の定期検査を受けました。

そろそろ、グレーゾーン(4から10)を脱して4以下にならない
ものかと期待していたのですが、16.6もありショックでした。

ただ、ドクターの説明では、これはおかしい。多分、炎症でしょう。
2ケ月後に再検査しましょうとなりました。

これまでは検査しても特に何の薬も貰うことはなかったのです
が、私が何に気をつければいいのか、何をすればいいのか問い続けたところ、
薬を出しましょうということになり、セルニルトン錠
という前立腺肥大や炎症を抑える薬を60日分もらいました。
1回2錠。朝昼夜、食後。

PSA血液検査で自分の場合、数値が高いのは、基本的には体質的
なものが大きく影響しているような気がします。

ちなみに基本的に家系的にはガン体質ではありません。
数値が6から8の頃(この頃は別な検査機関でしたが)も
説明をしてくれたドクターには「心配ない。感染症ですよ」と
おっしゃる方もいました。


胃腸はあまり強くなく、食べては出す方で、一日の大便の
回数は少なくとも3回以上で、小便も10回以上にはなると
思います。

PSA血液検査をする時の大便の状態が悪いと、いくらか炎症
があるのではないかと、最近はそれが一番の原因のように
感じています。

基本的に前立腺肥大と前立腺癌は関係ないと聞いています。

PSA血液検査の値が4以上でも、炎症を起こしやすい体質の
為、前立腺癌とはほぼ関係ないという体質であるという事例は
少なくないといえるでしょうか。

コメントをいただければ幸甚です。

PSA血液検査と前立腺の炎症との関係が主な疑問です。

2008年12月から定期的にPSA血液検査をしている57歳
の男性です。

最初のきっかけは、初めて受けた同検査の数値が異常に高く
(32)。その後、再検査して直ぐに22->10と下がり、
3ケ月ごとの検査で、6から8の間を繰り返し、ここ1年強
は5から4の前半くらいまでに落ち着いていました。

基本的には前立腺肥大はあるようです。

昔から花粉症の症状もあり、今年はくしゃみ鼻水の症状が
酷いので、あまり薬を飲むのは好きでないので最小...続きを読む

Aベストアンサー

こんいちは。

薬剤師なので薬学的な観点から申し上げますのでご参考にしていただければと思います。

一つ気になったのがパブロンの服用です。
パブロン鼻炎カプセル(1回2錠だからたぶんパブロン鼻炎カプセルSですよね)は前立腺に対してリスクがある成分が多数含まれています。
プソイドエフェドリン、カルビノキサミン、ベラドンナ総アルカロイドです。
まずプソイドエフェドリンα1受容体を刺激するため前立線を肥大させます
カルビノキサミン、べラドンナ総アルカロイドは抗コリン作用が強いため、膀胱の筋肉の緊張をほぐし収縮を抑えてしまうため尿が出にくくなります。
以上の結果尿道の抵抗を高めてしまい、前立腺を刺激してしまったため数値としてでてしまったのではないかなと薬学的な観点から申し上げます。
今後再検査の結果数値が低下してくれば医師の言うとおり気にしなくて良いと思いますよ。

市販の薬は比較的古い成分の薬が使われているためそうした疾患を受けている方の服用は十分に注意が必要です。もし、今後花粉症に対して服用するのであればザジテン、パブロン鼻炎カプセルZ、ロートアルガード抗アレルギーカプセル、ハイガードの服用にとどめてください。効果は落ちるかもしれませんがそれ以外の服用は勧められません。お大事に。。 日野市 ぷっく薬局

こんいちは。

薬剤師なので薬学的な観点から申し上げますのでご参考にしていただければと思います。

一つ気になったのがパブロンの服用です。
パブロン鼻炎カプセル(1回2錠だからたぶんパブロン鼻炎カプセルSですよね)は前立腺に対してリスクがある成分が多数含まれています。
プソイドエフェドリン、カルビノキサミン、ベラドンナ総アルカロイドです。
まずプソイドエフェドリンα1受容体を刺激するため前立線を肥大させます
カルビノキサミン、べラドンナ総アルカロイドは抗コリン作用が強いため、膀胱の筋肉...続きを読む

Q前立腺がん手術後のPSA0.099は正常か?

70才です。前立腺がんの手術を受けました。(手術日3/22 退院4/3 前立腺全摘除 右精嚢摘除)
昨日(4/11)退院後初めての診察(血液検査・尿検査・手術跡目視)を受けました。尿漏れ以外は順調に回復しているようで医師からは問題なしと言われました。しかしながら血液検査のPSA数値が0.099となっています。自分としては術後は限りなく少なくなり0.001位まで下がると思っていただけに少し不安が残ります。0.099という数値で問題はないのでしょうか。医師からは初期のがんできれいに取れ転移もないと言われています。(生検時のPSAは7.9 グリソンスコア6 ステージT2)
次回の診察は4/25です。手術経験者や専門知識の詳しい方がおられれば教えてください。

Aベストアンサー

前立腺がんは手術前と手術後の数値は数値の見方が異なります
手術療法では手術後の数値0.099はやや高い(0.02~0.07)と言えます
しかし0.2以下でなら問題ないとされてます
手術後の0.099という数値が基本数値になります
0.099が手術後6ヶ以内に倍の数値0.2になると危険とされています
また年間PSAが2.0以上の上昇は将来的に転移の危険性がおるとされています
今後の数値の変化への監視が重要です
また放射線治療の場合は数値の見方が異なります


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報