私はプロのイラストレーターになりたいと思っていて、
自分のイラストを出版社に売り込みたいのですが、
具体的にどうすればいいのか分かりません。
自分のイラストを持って突然に訪問するのは失礼な気もするし、
だからといって電話連絡をすればいいのか、手紙を送ればいいのか、
どんな内容がいいのか等、ほとんど知識がありません。
どうか、基本的な売り込みの方法を教えてください!!
よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

出版系が希望でしたら、まず、雑誌社に電話。

電話番号は「マスコミ電話帳」で調べてもいいですし、以前「イラストレーション」誌のほうでも、雑誌ごとの編集部の直通電話・担当者名まで細かく掲載していましたので、バックナンバー等確認してみてください。ちなみに、電話する時間は、夕方頃がいい。(この業界、朝が遅いので・・・)そして、担当者につないでもらってから「イラストをみていただきたいのですが」とお願いし、いいよとなったら日時と場所を指定してもらって、後は当日作品を持って、遅刻しないで行くだけです。先の回答とほぼ同じ手順ですが、これを何度も繰り返すことにより、自分の作品について今まで以上に考える機会が生まれ、さらに制作にはずみがつくことと思います。
イラストはただ描くだけでなく、やはり人に見てもらわないと意味がありません。上手・下手という問題よりもこれは大事です。
ただ、注意していただきたいのは、「売り込みの際の態度」で、持ち込みの方の中には、作品の説明を自分からせず、ファイルを見せて終わり、て人が以外に多いのです。結局、こっちからいろいろ根ほり葉ほり聞きまくって、やっと会話が成立するという・・・こういう人だと、こちらから仕事を依頼する時にきちんとイラストの主旨を理解してくれるのかどうか、依頼側としては非常に不安ですので、担当の方とはなるべくたくさんお話をして、コミュニケーションがスムーズに出来るよというところをアピールすべきでしょう。
    • good
    • 1

私は、以前に赤坂の大手広告代理店でディレクターをしていました。


現在は、出身地に帰って自営やっています。

売り込みについては、そんなにイヤなものではありません。
才能ある人が、自分の引き出しにあることは結局は自分のためになります。
ただし、時期は大切です。印刷業界は、連休・年末年始・中元・歳暮・クリスマスなどの1ヶ月前辺りは、パニックになっています。その時期は、たとえ会えたとしても、適当にあしらわれたりすること多いです。

持っていく作品は、人に見ていただくのですから、しっかりとした体裁をととのえることがいいですね。紙のサイズを統一するとか、トレペをかけるとかして、見栄えを向上させるのもプレゼンテーションのテクニックです。

できれば知人の紹介があるとベストです。なんであれば知人の知人の更に知人でもいいです。私は、友人の紹介でカメラマン志望の青年をプロにしたことがあります。そのときは、スタジオに紹介して修行の後、一人前になったのですが。。今では、フリーカメラマンとして某TV雑誌でタレントを撮っています。今でも初対面のことを良く覚えていますが、当時は?好印象の若者でした。。目指すものが、しっかりとしていました。

人物の印象は、作品の質とは別のものですが、非常に大切です。お互いが上手くチームを組めるかどうかにかかわって来ます。作品については、駆け出しであればある程度の幅をもって見せてください。人物だけとか、物だけというのは判断材料としては不足だと思います。もちろん、自分のテイストをしっかり表現してくださいね。
ときどき、コンクール作品のような自我の固まりを持ってくる人がいましたが、私の場合は敬遠しました。自分のクライアントに向いているかどうかを、記憶に残す基準にしていましたので。。

ネット時代ですので、ホームページに作品をアップしておく! 名刺(自称イラストレーターで良い)にアドレスを記入する! なんてことは、もう当然ですね。できれば、きちんとした作品のコピーを持って歩くといいでしょう。。面会できないときには、置いていきましょう。ひょっとしたら、見てくれる人がいるかも知れません。。回収と称して、2度目の訪問も可能です。
私の高校時代のイラストレーター友人M氏は、カナダ在住ですがアメリカTA&Tの仕事ではネットで対応したそうです。圧縮データをダウンロードしてもらえるような、一般的な技術とかマックや印刷についての基本知識は身につけておきましょう! 仕事現場では専門用語が通じないと、困ること多いんです!

不安であれば、アポイントとって下さい。電話にしてもDMにしても、出版の場合は編集部名を明らかにする。大手広告代理店の場合は、部局を確認することをお忘れなく!!
とにかく動かなければ、協力者も見つかりません! 当たって砕けたっていいじゃありませんか! 熱意があれば、色んなアドバイスをもらえますよ!
頑張ってチャレンジしてみて下さいね!!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイラストレーターの売り込み手段

プロのイラストレーターを目指して営業活動中の者です。
自分の絵を売り込む営業手段として他に方法は無いか考えています。
とりあえず、自分の絵に似たようなテイストの絵を使っている本の出版社をリストアップしてポートフォリオを送るか持ち込みで見てもらうか電話で先方に伺い、ポートフォリオは15社ほどに送付しました。今のところ持ち込みで受け取ってもらったのも3社あり、今後決まっている持ち込みも2社あります。
今後も他の出版社にポートフォリオの送付はしていくつもりですが、もっと他に出来ることはないものかなと…。基本、送ったら待つだけなので。
出版社以外に売り込みをかけるとしたら、どんな会社にどんな方法で営業したらいいでしょうか?
ブログなどのネットのサービスを使うことも考えましたが、アナログで描いていてかなり色調が細かい絵柄なので家庭用スキャナでスキャンしてパソコンに取り込んだ時点でかなり劣化します。それに、ネットであまりにも簡単に見れるようにすると、見た個人が気に入ってくれても自分のパソコンに保存して個人的に壁紙に使っておしまい、ということが考えられるので非生産的な感じがしなくもありません。
新作のチェックが出来るよう、一応ホームページはアップして名刺などに刷り込んではいますが、あまり積極的にはなれません。
イラストの賞も、実際に仕事につながる効果は思ったほどではないらしいし、自分の絵柄や手法を考えると向いてない賞が多いです。
CDジャケにと思いレコード会社にも問い合わせましたが、デザインを外注しているのか門前払いでした。その場合デザイン事務所に自分の絵を売り込むのでしょうか?
アナログ手法で描き込みが細かく大人っぽく、萌え要素はなく、カットや挿絵的でもないので(表紙!とか一枚の絵!とかという感じ)、自分の絵をどうやって売り出して行ったらいいか悩んでいます。
出版社へのポートフォリオ送付の他に、そういうタイプの絵の場合の効果的な営業方法があったら教えて下さい。

プロのイラストレーターを目指して営業活動中の者です。
自分の絵を売り込む営業手段として他に方法は無いか考えています。
とりあえず、自分の絵に似たようなテイストの絵を使っている本の出版社をリストアップしてポートフォリオを送るか持ち込みで見てもらうか電話で先方に伺い、ポートフォリオは15社ほどに送付しました。今のところ持ち込みで受け取ってもらったのも3社あり、今後決まっている持ち込みも2社あります。
今後も他の出版社にポートフォリオの送付はしていくつもりですが、もっと他に出来るこ...続きを読む

Aベストアンサー

 基本は「ヒト」です。
 作品を送っただけだとそれで終わりになってしまいますので、とにかくアポをとって面接させてもらった方が良いです。

 顔を合わせると情が出てきますし、その場で質問したり、他を紹介してもらえたりしますので。

 やっぱりネットに作品がないと厳しいですね。
 数点はアップしておいて、簡単なプロフィールをつけるだけでも全然違います。

 あと、今はコスト重視なので、安くてソコソコのクオリティというのが好まれますので、アート系には厳しい状況です(本もCDも売れませんし)。

 コンテストよりも、デザインフェスの方がビジネスにつながり易いかもです。
 http://designfesta.com/

Q作品のみを郵送する場合の添え状について

DTP関連の会社への就職活動を始めました。
先日、求人誌に「履歴書郵送後、追って詳細連絡」と掲載してあった企業に書類を郵送しました。
その後、留守番電話に、一次審査は通過したので二次審査のための作品を郵送する様にとの連絡がありました。
今度は作品のみを郵送するのですがその場合の添え状はどの様な文章が適当なのでしょうか?
最初に添え状と、履歴書と、職務経歴書の3点を郵送済みなので
ダラダラ長い文章もクドい感じがするのですが・・・。

また参考になるサイトなどがあれば教えていただけないでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

いつもお世話になります。
この度は2次審査の機会を戴き誠に有難うございます。
ご指定の通り2次審査用として、私のDTP作品を送付致します。
何卒宜しくお願い致します。


これでいかがですか。

Qフリーの写真家なのですが、広告代理店や、アートディレクターへの作品の売り込み方がわからずに困っています。

現在東京在住のフリーの写真家です。将来的にファッション広告で写真の仕事をしたいと思っているのですが、広告代理店や、アートディレクターへの作品の売り込み方がわからずに困っています。広告業界で働いている方、詳しい方にアドバイスをいただけたらと思います。

私は、ニューヨークで美大を卒業し、その後6年程美術系写真スタジオで働きながら、アート+ファッション系のブックをつくっていました。(去年末、帰国。)最近になりブックの内容もある程度まとまり、表現したいスタイルなどがはっきりしてきたので、生活費の為のバイトや雑誌の仕事などをしながら、広告業界へアプローチをかけたいと思っています。

ニューヨークでは、メインの写真スタジオの仕事(といってもコマーシャル写真ではなく完全な美術スタジオ)以外に時々ローカルな雑誌のインタビューでのポートレートなど撮っていましたが、これから日本では雑誌よりも広告の仕事をしたいと思っています。おそらく、多くの写真家の方はそういった希望をお持ちだと思いうので競争も激しい世界だと覚悟はしております。アメリカではある程度ブックが完成した時点でレップ探しをするのが一般的だと思うのですが、日本にそういった”レップ”にあたるものが存在するのでしょうか?やはり広告代理店や、アートディレクターに売り込みという形になるのでしょうか?海外生活が長かったので日本の広告業界に強いコネは現在はありません。初歩的な質問ですが、どういった所にアプローチするのが効果的か、広告写真業界にどういう形とっかかりを掴むのが一般的なのか、など何でも結構ですので教えていただけますか?よろしくお願いします。

現在東京在住のフリーの写真家です。将来的にファッション広告で写真の仕事をしたいと思っているのですが、広告代理店や、アートディレクターへの作品の売り込み方がわからずに困っています。広告業界で働いている方、詳しい方にアドバイスをいただけたらと思います。

私は、ニューヨークで美大を卒業し、その後6年程美術系写真スタジオで働きながら、アート+ファッション系のブックをつくっていました。(去年末、帰国。)最近になりブックの内容もある程度まとまり、表現したいスタイルなどがはっきりして...続きを読む

Aベストアンサー

売り込みを受ける側です。

フリーのカメラマンは世の中にたくさん居るし、
制作も自分でカメラを持つのが普通ですから、
正直言って、飛び込みで
売り込みを受けても迷惑なんですね。
それも、熱意のある方ほど.....

友人知人は居ませんか?
そういう人にどんどんと、自分の仕事をPRしておいて
そこでカメラマンが必要になったときに
声をかけてもらうようにしておくと役に立つのですが、
まあ、数ヶ月は仕事は来ないでしょう。

今仕事をもらっているカメラマンが居るわけですから。

あとは、WEBサイトをしっかりと作っておくこと。
これは見本展示場でもあり、
つてが無い人が飛び込みで探すときに役に立ちます。

日本の場合、
広告代理店に入社 → そこで写真中心の仕事をする
→ あるていど仕事を確保してから独立
というパターンが普通で、
クライアント(代理店ではなく、最終発注者)の
信頼を得てからでないと独立しないのが普通です。
クライアントの信頼があれば、
広告代理店からみると、
クライアント(お客)を引っ張ってくるカメラマン
ということで、営業的メリットが出るのです。

と、言うわけで、すぐに効果があるアプローチは
少ないです。
海外の知人ルートを活かすのは無理なのでしょうか?

売り込みを受ける側です。

フリーのカメラマンは世の中にたくさん居るし、
制作も自分でカメラを持つのが普通ですから、
正直言って、飛び込みで
売り込みを受けても迷惑なんですね。
それも、熱意のある方ほど.....

友人知人は居ませんか?
そういう人にどんどんと、自分の仕事をPRしておいて
そこでカメラマンが必要になったときに
声をかけてもらうようにしておくと役に立つのですが、
まあ、数ヶ月は仕事は来ないでしょう。

今仕事をもらっているカメラマンが居るわけですから。

あとは...続きを読む

Q出版社へのイラストの売り込み

こんにちは。関西でイラストレーターをしている者です。どちらかと言えば子供向けのイラストが主流で、主に広告等を中心に仕事をしています。しかし関西ではなかなか仕事量も少なく、今後東京の(子供向け雑誌などを編集している)出版社への売り込みを考えているのですが、今まで出版(編集)関係の仕事は殆どしておらず、さてどのように売り込もうか?と思案しています。

在阪(遠方)という事もあるのですが、出版社の編集部という所は随時忙しくされているという事から直接伺わず、とりあえずは作品ファイルを送付しようかと考えています。しかしこういうやり方は得策と言えるのでしょうか?使えるかどうか分からないイラストレーターの訪問にイチイチ時間を割いていられないのでは?と感じる一方で、突然ファイルを送ってきた者への仕事の発注がありえるのかが疑問でもあります。

それと、イラストレーターの知名度、媒体(表紙or中面カット)、色数(フルカラーor単色)、などで料金の開きは勿論あるとは思いますが、編集モノの報酬の一般的な基準(例えばですが見開き特集ページのカラーカット1点)、などもアドバイスいただければと思っています。

上記を含めた良きアドバイスを、どなたかどうぞ宜しくお願い致します。

こんにちは。関西でイラストレーターをしている者です。どちらかと言えば子供向けのイラストが主流で、主に広告等を中心に仕事をしています。しかし関西ではなかなか仕事量も少なく、今後東京の(子供向け雑誌などを編集している)出版社への売り込みを考えているのですが、今まで出版(編集)関係の仕事は殆どしておらず、さてどのように売り込もうか?と思案しています。

在阪(遠方)という事もあるのですが、出版社の編集部という所は随時忙しくされているという事から直接伺わず、とりあえずは作品ファイ...続きを読む

Aベストアンサー

現在取引のある出版社や新聞社…限定された(出版/新聞社関係に精通しているわけではない)状況のため『私の場合は…』でアドバイスさせていただきます。

私の担当者は何れの場合も出版部(部門名は会社により多少異なる)に相当するセクションのマネジメントクラスの人間ですが、担当者は各々自分のネットワーク(イラストレーター、デザイナー、ライター、カメラマン等)を持っています。また、制作専門の部門や子会社等(グループ内に)を作りクリエイティブスタッフを抱えているケースもあります。

その中で作品の持込み/送付は可能性が低いと思います。(タイミングやコンセプトがマッチした場合、専門分野に精通しているといった場合は実際にレアケースも存在するので無いとは言いません)
また、例えネットワークが欠けるようなことがあっても、紹介紹介…の世界ですから、入り込むのは難しいですね。そこで、制作部や子会社に入り込むというのも一つの手であるかと思いますが、そのあたりはいかがでしょうか?(広告部といった方面へまわされる場合もあるので注意が必要ですが…)

私の場合は、学生時代の友人や公募で作った人脈…それから取引のあった広告代理店(名前だけでなく本来の意味での)から新聞社を紹介してもらい、更にそこから出版社を紹介してもらうことでコネクションを作っていきましたが…。

イラストのお仕事をされているのであれば広告代理店にお知り合いはいませんか?…そのあたりを突き詰めて行くと案外近道になるかもしれませんよ…信頼関係があることが前提ですが。見落としがちですが意外と友人の方が出版界でイラストレーターとして活躍されているかもしれませんね。

何やら色々書きましたが、制作/デザイン事務所等とイラストレーターとの関係(前者を出版/新聞社に置き換える)を考えるとよくわかると思います。(似たような図式ということで)

料金の件、各団体等で定めた料金表等はあると思いますが、実際のところ料金はあってないようなものです。曖昧です。…ですからingmalさんが納得される金額と先方との折り合いとなりますね。最初に曖昧性を打破しておくことをお奨めします。

私の場合(具体的な金額での回答はご勘弁いただきたいのですが)、1点あたりの最低価格{自分の時間単価×h(修正時間等含む)}というものを設定しています。媒体に対してのイラストの重要性を考慮し最低価格+α(こちらの価格が大きい場合もある)で商談します。販売部数×○%の場合もありますね(作家よりの活動の場合等)。…とは言いながら、固いことばかりも言ってられないので定期物で数量のある場合はボリュームディスカウントを効かせる等サービスも忘れませんが…。

以上、ご参考になったかどうか…。

現在取引のある出版社や新聞社…限定された(出版/新聞社関係に精通しているわけではない)状況のため『私の場合は…』でアドバイスさせていただきます。

私の担当者は何れの場合も出版部(部門名は会社により多少異なる)に相当するセクションのマネジメントクラスの人間ですが、担当者は各々自分のネットワーク(イラストレーター、デザイナー、ライター、カメラマン等)を持っています。また、制作専門の部門や子会社等(グループ内に)を作りクリエイティブスタッフを抱えているケースもあります。

その中で作品の...続きを読む

QPhotoshop で8bit /チャンネル と 16bitどちらを選ぶべき?

Photoshop 6の、イメージ→モードで、CMYKカラーやRGBカラーを選択しますが、同様に8bit /チャンネル, 16bit /チャンネルというものがあります。これはどちらを選んでおくべきでしょうか?
使用目的としては、photoshopで写真をレタッチしてから保存し、それをイラストレータに配置して印刷会社に出します。

Aベストアンサー

レタッチの内容とパソコンのスペックで使い分けて下さい。
8ビットと16ビットの違いは、階調数の違いです。たとえば1チャンネル当たり白から黒まで8ビット階調で表すなら2^8=256階調使えますが、16ビット階調なら2^16=65536階調使えます。チャンネルはRGBやCMYKのそれぞれのプレーン(RGBなら3原色だから3つ・CMYKなら4原色だから4つ)に相当します。
写真の明るさやコントラストなどを調整したり、色の濃淡をいじると、トーンジャンプを起こします。修正の前後でトーンカーブを見比べると一目瞭然ですが、修正後はトーンカーブが櫛の歯状になり画像の階調が失われたことがわかります。櫛の歯の山と山の間ではグラデーションが滑らかにつながらず、色の段差が発生するのです。軽い補正ならまずわかりませんが、大きく補正した場合にたとえば青空の緩いグラデーションに色の段差が見えることがあります。
16ビット階調のメリットは、このトーンジャンプを軽減できることです。16ビットモードに変換してから補正すると、トーンカーブのでこぼこが小さくて済みます。階調がほとんど失われずに画像補整が可能になります。
デメリットとして16ビット階調の方が当然データ量は倍になるので、パソコンに負担がかかります。また16ビット階調の画像を扱えるソフトは多くはないので、他の人にデータを渡す場合は、補正後に8ビットに変換して戻しておく必要があります。
Illustratorに配置する場合も8ビットに戻して置く方が無難です。

レタッチの内容とパソコンのスペックで使い分けて下さい。
8ビットと16ビットの違いは、階調数の違いです。たとえば1チャンネル当たり白から黒まで8ビット階調で表すなら2^8=256階調使えますが、16ビット階調なら2^16=65536階調使えます。チャンネルはRGBやCMYKのそれぞれのプレーン(RGBなら3原色だから3つ・CMYKなら4原色だから4つ)に相当します。
写真の明るさやコントラストなどを調整したり、色の濃淡をいじると、トーンジャンプを起こします。修正の前後でトーンカーブを見比べると一目瞭然ですが、修...続きを読む

Qイラストの営業の送り先

はじめまして。
イラストレーター、編集者の方々へ質問があり、この場をお借りしました。
現在、児童書などの挿絵に起用していただきたく、
郵送による営業を考えています。

その際、送り先が分からず悩んでいます。
例えば、角川つばさ文庫の挿絵を担当したい場合、
つばさ文庫の編集部に送るべきなのでしょうか?
それとも、角川装丁室の方に送るのか、分からないです。

以上の疑問を解決していただける方がいらっしゃいましたら、
どうぞご回答の程よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本の最後に奥付がありますが、そこには、営業の連絡先とともに編集の連絡先も記されていることが多いです。
そこに、連絡をし、担当の方と話し、持ち込みをするのが効果的かと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報