『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

135ヤードのゴルフ練習場の2階席で、次のような飛距離です。
コースでの実際はどれくらいの飛距離となるか分かりますでしょうか?
お教えください。

SW→70Y
AW→80Y
PW→90Y
9I→100Y
8I→110Y
7I→120Y
6I→130Y
UT27度(5Iの変わりとして入れてます)→ネットに届くので計測不能
UT24度→(4Iの変わりとして入れてます)→以下同じく計測不能
7W→?
5W→?
3W→?
DR→?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

UTとの飛距離差があるのは・・・・ちょっとアイアンが難しいのかもしれませんね~。




10年以上前のアスリートモデルのアイアンになると今時の物に比べてシャフトが重く・硬くなります。Rでも今時の物のSR以上の硬さがあるなんてことはザラです。ヘッドもけしてやさしいモデルではありませんのでミスの許容度も・・・・


ギアの面でも飛距離の差が生じている可能性大なんで、一度違う物を試してみては如何でしょうか?
中古クラブのオススメのモデルは・・・・

『ゼクシオ』
3代目以降がオススメですが、元値が高いのでご予算次第で2代目(2002年)モデルでも良いと思います。

『オノフ』
釣具屋さんなんでカーボンシャフトを作るのが上手。デザインもオシャレでヘッドもやさしいです。

『インプレス』
最近人気のヤマハさんですが、火が付く前の445や460なんてモデルもよく出来てます。

『ERCホット』
今お使いのアイアン同様軟鉄製のヘッドで打感も良く、飛びとやさしさは別格です。

以上は5Iのロフトが24度あるモデルでヘッドもやさしいモデルをピックアップしてみました。
当然新品・新商品でも気に入った物があれば是非試してみるべしです。


アイアンの飛距離が全体的にあと10yくらい伸びてくれるようになれば、ゴルフが楽になると思いますよ!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変親切なご回答、何度もありがとうございます!!

>ちょっとアイアンが難しいのかもしれませんね~。

そ、そうだったんですか~、まだゴルフ歴が浅いのでギアに関してはあまりよく分かっていませんでした(泣)
ゴルフパートナーで初心者用で売っていたのに・・。店員自身がよくわかっていなかったのかも・・。


オススメのモデルや新しいものを是非試してみたいと思います!

ありがとうございます!

お礼日時:2011/01/26 22:50

 正確な飛距離を確認するためには、やはり広い練習場に行くのが良いと思いますよ。

私は普段は、インドアで練習してますが、目的別に練習場を変えて練習します。

 ドライバーの弾道が見たいときは、200ヤード以上ある練習場で、50球だけ打つ、アプローチを中心にしたいときは、150ヤード、2時間、1階打席打ち放題の練習場があるので、そこに行きます。

 飛距離を正確に見たいときは、広くて練習場の芝が天然芝のとこがあるので、そこに行きます(家から1時間かかりますが)

 普通の練習場の人工芝はかなり跳ねるので、ランを込めた飛距離では、あまりあてになりません。練習場では、キャリーの飛距離だけを見たほうがいいかもしれません。

 いろんな練習場に行ってみたら、気分が変わって面白いですよ。
    • good
    • 0

>飛距離はナイスショットした時の距離です。



コースではミスも考えて調子次第で番手を上げてグリップ短くを実践してみてくださいね!でもグリーンはオーバーするより手前から攻める方がやさしいので花道が使える場合は無理に番手を上げる必要はありません。色々試しながらご自分に合う方法を見つけてください。


>それと、UT27、24は一応前述どおり、5I、4Iの代わりなんですが、
>たぶんもっと飛んでいると思うんです。6Iとの差が結構あるみたいな気がするんです・・。
>このクラブ選択は合っているのでしょうか?
>普通5I、4Iの代わりのクラブはどれに該当するのでしょうか?

ちなみにアイアンはどこのメーカーの何というモデルをお使いか分かりますか?UTも分かれば教えてください。シャフト名も合せて頂けるとバッチリです。

現在世にあるアイアンで5番のロフトは27度~24度くらいの物が多いんです。そうモデルによって1番手違うんですよね!なのでどんなアイアンをお使いかによって答えが変わってきます。

あとアイアンとUTの違いを挙げるとUTの方がヘッドの重心深度が深くミスの許容範囲が大きいこと、同じロフトのアイアンより少しシャフトが長いことが挙げられます。あとは総重量が軽いなんてのもUTの方が飛ぶ要素として考えられますね!


ドライバーのH/Sやゴルフ暦なども補足頂けるとお応えしやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

H/Sはわかりません。ゴルフ歴は1年半です。平均スコア110くらいです。

アイアン(PW~6I)はブリヂストンのBIIM BREAK THE MODE フォージドで、
シャフトはハーモテックのファイバークラフトのFCI-09です


UTはアキラのADRの24度と27度です。
シャフトはツアーAD グラファイトデザインです。

宜しくお願い致します。

お礼日時:2011/01/24 22:08

こんばんわ。


いつも2F打席で練習されているのでしょうか。
2F打席は、ボールを上げようとしてスィングに悪影響が出にくい、落下地点が正確にわかるなど利点がたくさんあります。
但し、御指摘にある通り正確な飛距離が解り難いというのが欠点でしょうか。
御質問に書いてあった距離は、キャリーなのでしょうか、それとも着地後のランもも含めた距離なのでしょうか。
その辺がわかりませんので、何とも言えません。それと平均飛距離なのかMAXなのかもわかりません。
一度同じ練習場の1F打席で打ってみてはいかがですか。
それで飛距離を確認してみて下さい。但し、あくまでも参考程度と思います。
実際のコースの飛距離とは違いはありますが、目安にはなると思います。
また同じで練習場であれば、ボールも同じなので、その練習場での飛距離は把握しやすいと思います。
他の回答者さんの御回答にもありますが、コースで使うボールによっても変わりますし、ライの状態や風の状態、足場の状態など様々の条件で変化してしまいます。
自分も練習場の飛距離は参考にしていますが、当日コースで打ってみてその時点でも調整はします。
コースのヤーデージ表示も違っている場合もありますので、今日は表示に対してショート気味とかオーバー気味とかを考慮して調整しています。
話がそれてしまいましたが、まず1Fの打席で、着地点がわかる範囲での飛距離を把握してみてはいかがでしょうか。
ネットに当たってそれ以上は着地点がわからいないのでしたら、あとはもっと大きな練習場に行くか、推定でいくしかないと思います。
その際はご使用のクラブのロフト角の把握は最低限必要と思います。
ドライバーのヘッドスピードの把握も必要かもしれません。
これはネットで検索すると出てくると思います。ヘッドスピードに対する平均的な飛距離という事になると思いますが。
参考URLなどはいかがですか。
また力いっぱい振って芯を食った最大飛距離ではなく、方向性を伴った飛距離でなければ、コースでは使い物にならないと私は思いますので、普通にスムーズに振った結果の飛距離の把握(いつも同じ飛距離が打てる)が重要と思います。
参考になったかどうかわかりませんが、貴殿のゴルフに多少なりともお役立てれば思い、回答させて頂きました。

以上 練習頑張って下さい。コースにも是非行ってみて下さい。

参考URL:http://www.hm-golf.com/lesson/trouble_solve/iron …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

まず、飛距離ですが、ランも含めた総距離です。
また、平均ではなくMAXです。
練習場のボールはあまりよくないボールだと思います。

とても参考になります。
ありがとうございます!

お礼日時:2011/01/24 10:40

コースに慣れないうちは練習場での飛距離を一応の目安にしてプレーをするより仕方ありません。


細かい話をしだすと、同じ人が打っても気温や標高などによって飛距離は変わります。練習場のボールの種類によってもワンピース(団子)ボールを使っているのかツーピースのボールを使っているのか・・・・
通常練習場用のボールは本球より飛ばないのでそれを調整して看板を立てているところがほとんどだと思いますが、そのあたりも不確定な要素ではあります。
ということで、あくまで仮定としてご自分で決め事を作ってしまった方が番手選びに迷わなくて済むかもしれません。


書かれている距離はナイスショットの場合でしょうか?それと何球か打ってそこそこ当ったものの平均?


どちらにせよネットに届いて分からない番手の距離も10y刻みくらいのイメージで良いと思いますよ。またドライバーの飛距離は9番アイアンの2倍なんてことも言われておりますので、それも踏まえると・・・・

UT27度→140Y
UT24度→150Y
7W→160Y
5W→170Y
3W→180Y
DR→200Y(=9I×2)

くらいのイメージで望まれては如何でしょうか?
まあ3Wなんかは難しいので"超ナイスショットした場合"という言葉を強く付け加えさせて頂きたいですが・・・・
ゴルフはミスのスポーツです。どれだけミスを減らせるかによってスコアが変わってきます。7Iで毎回正確に120y打てるなら問題ありませんが、いざコースにでると緊張感なんかもあってミスする場合もあります。それならミスを含めて考えることも必要。ミスしそうだなと思ったら1つ上の番手を短く持つなどの"マネージメント"も大切ですよ!


というかコースデビューは今からなんですか?
あまり気負わず、頭デッカチになりすぎず・・・プレーに集中することは悪いことではありませんが、それで周りに目を配れないのは宜しくありません。景色を楽しんだり同伴者との会話なんかも楽しいゴルフの一面ですのでリラックスして広い視野をもって望んでください。その方がスコアの方にも良い効果をもたらせてくれると思いますよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
とても参考になります!!

飛距離はナイスショットした時の距離です。

それと、UT27、24は一応前述どおり、5I、4Iの代わりなんですが、
たぶんもっと飛んでいると思うんです。6Iとの差が結構あるみたいな気がするんです・・。

このクラブ選択は合っているのでしょうか?
普通5I、4Iの代わりのクラブはどれに該当するのでしょうか?
すみません、よろしければお教えください。

お礼日時:2011/01/24 10:54

クラブの飛距離を正確に掴む為に


ぜひ、1階の打席でお試し下さい

長いクラブについては
実際のラウンドで実績から平均するしか
ないと思います
(あるいは距離のある練習場でも可)

アドバイスまで
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴルフ練習場の1階と2階の飛距離差は?

ゴルフ練習場で1階席と2階席の飛距離差はどれくらいと考えればいいでしょうか?

たとえば2階席で100Yちょうど飛ぶとしたら、正味の1階席ではどれくらいだと判断すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

一階と二階の高さの差は約3.5mでしょうから
4ヤード程度だと思います
(高さが違えばその分加減してください)

したがって、二階席で100ヤードなら
一回席からは95ヤード程度と考えて良いかと思います

参考まで

QSかRか悩んでます。

SかRか悩んでます。

ゴルフ初心者です。
アイアンセットを買おうと思っていますがシャフトがSかRかで悩んでます。

ショップに行き、気に入ったクラブ(ナイキのSQマッハスピード)で試打したところ7IのSスチールで150~160ヤードくらい飛んでました。
感触としては特に硬いイメージもなく普通に打てたと思います。
試打のRが置いてなかったので別のクラブのRを打ちましたが違いがわかりませんでした。

尚、HSは7Iで35前後。(ドライバーではHS38前後、持っているのはSR)
今のアイアンセットは15年ほど前のマルマンのRを使用してますが、これも特に違和感なく使ってます。

しかし、当方30代後半、ひ弱なほう。これから年齢による衰えと技術的な進歩のどちらが強いか。
衰えのほうが強ければR、技術進歩が強ければSかななんて軽く思ったりもしてますがどっちが勝つか読めません。
どうせなら長く使いたいので適正なクラブを使用したいです。

ちなみに2店舗で試打しました。
1店舗目はちょっと前のさらに初心者の頃でしたが、打ち終わった直後にRで十分ですと言われました。
今日行った2店舗目ではSでも行けると思いますが不安でしたらRでと。
悩みます・・・

みなさんのアドバイスお待ちしております。
よろしくお願い致します。

SかRか悩んでます。

ゴルフ初心者です。
アイアンセットを買おうと思っていますがシャフトがSかRかで悩んでます。

ショップに行き、気に入ったクラブ(ナイキのSQマッハスピード)で試打したところ7IのSスチールで150~160ヤードくらい飛んでました。
感触としては特に硬いイメージもなく普通に打てたと思います。
試打のRが置いてなかったので別のクラブのRを打ちましたが違いがわかりませんでした。

尚、HSは7Iで35前後。(ドライバーではHS38前後、持っているのはSR)
今のアイアンセットは15年ほど前のマル...続きを読む

Aベストアンサー

『お買い求めになられたいアイアンはスチールシャフト装着モデルでしょうか?』


スチールシャフトのアイアンなら正直どちらでも構わないと思いますよ。
カーボンのドライバーなんかと比較すると、まず長さが短く、スチールという素材自体元々硬い物ですから、カーボンシャフトのドライバーほどフレックスの違いが出難い物です。


現在お使いの"15年前"のアイアンがRフレックスとのことですが、カーボンシャフトのモデルでしょうか?
これくらい前の年式のモデルのカーボンシャフトは現在より重くて硬い物が多いです。技術の進歩でカーボンシャフトは薄く軽く作っても丈夫な物が作れるようになった関係で、年式が新しい物は昔の物に比べて軽量且つ軟らかくなっている傾向です。ということで昔のRフレックスのシャフトが現行モデルのSと同じような硬さなんてこともザラなんです。


スチールの場合大差無しということですが、やっぱりRよりSの方が硬いことは間違いありません。
初心者のうちは無理に力でシャフトをしならせるようなスイングを覚えるより、自然なタメでシャフトがしなってくれる方が望ましいという観点から言えばRがオススメです。
NSPRO950くらいの重量帯のシャフトでしたら、ドライバーのH/Sが40前後くらいでしたらR、42以上あるようであればSでも良いと思いますが、これは一般論なんで、H/Sが遅くても切り返しのタイミングやスイングのリズムが速い方は硬い方がタイミングを取りやすいと言われておりますし、逆もまたしかりです。


アイアンはクラブセッティングの軸になる物です。硬さもそうですが、重さにも注意してください。ドライバーが一番長くて軽いクラブでそこから徐々に短くなるごとに総重量が増えていき、SWが一番短く重いクラブになりますので、前後の番手間で重さが逆転するようなことがないようにフローさせていってください。


最後に・・・・新しい道具を手に入れることは初心者であってもけして悪いことでは無いと思います。なにより"やる気"になれることが一番の効果かと・・・・
自分の体力や力量にあった道具を使うことは大事なことで、初心者だからなんでも良いというのは間違っています。初心者のうちから上級者が好むようなクラブを使っていてスライスが直らないとか言うのは当たり前の話で、そんなことが理由でゴルフが面白くなくなるのは非常に残念極まりないことです。
ナイキのSQマッハスピードもどちらか言うと易しいクラブで良いと思いますよ。構えてみての第一印象や持った感じなんかがピタっとくるならそのクラブが自分に合っている可能性大です!ということで第一印象ってクラブ選びには結構大事なことなんですよ!バックフェースがカッコイイからとかでも全然OKです。重さだけキッチリ合わせてくださいね!

『お買い求めになられたいアイアンはスチールシャフト装着モデルでしょうか?』


スチールシャフトのアイアンなら正直どちらでも構わないと思いますよ。
カーボンのドライバーなんかと比較すると、まず長さが短く、スチールという素材自体元々硬い物ですから、カーボンシャフトのドライバーほどフレックスの違いが出難い物です。


現在お使いの"15年前"のアイアンがRフレックスとのことですが、カーボンシャフトのモデルでしょうか?
これくらい前の年式のモデルのカーボンシャフトは現在より重くて硬い物が多い...続きを読む

Qアイアンのシャフト、スチールorカーボン?

ゴルフ歴1年半、平均スコア110、32歳男性、身長170cm、ヘッドスピードは計った事ないですが、
そんなに早くはないです。力は並みか少し下くらいです。

アイアンセットを購入しようと思っているんですが、まずフレックスはRかS、どちらがいいでしょうか?

それとスチールシャフトとカーボンシャフトはどちらが私にとっていいのでしょうか?

お教えください。

Aベストアンサー

まずカーボンとスチールについては重量差が大きく違います。
カーボンシャフトは軽い物が50g前後です。スチールはNSPRO950に代表される軽量モデルが90g前後で、ダイナミックゴールド(DG)に代表されるような重い物になると130gくらいまで幅があります。目安としては振り切れる範囲で重い物を選ぶのが良いとされています。振り切れる範囲とは18Hラウンドしていて後半に重たくてしんどいと感じない程度の重さで、練習場などでも100球以上打っていてしんどい物は少し重過ぎると判断できます。まずは現在お使いの5番アイアンの総重量を計りましょう。今お使いの物を基準に普段練習やラウンドでどう感じているかで決めれば良いと思います。カーボンシャフト装着モデルは360g前後、軽量スチールは400g前後、DGモデルは430g前後くらいの総重量となります。


ちなみにアイアンが決まればドライバーの適正重量もほぼ決まります。
ドライバー総重量 = 5番アイアン総重量 - 80~100g


フレックスを決める一つの目安としてH/Sが上げられます。市販品の純正モデルであればH/S40m/s以下ならR、40~43くらいならSR、それ以上ならSといった感じでしょうか。でもフレックス表示は各メーカーやモデルで統一の基準値など存在しない曖昧な物です。例えばダンロップならゼクシオとスリクソンは同じSでもスリクソンのSの方が硬くなっています。また10年以上前のモデルのRは今のアベレージ向けモデルのSRやSと同じくらいの硬さだったりもします。H/Sが目安とされるのはシャフトを自分でしならせることができるか?ということです。ある程度しならせないと飛距離が出ません。そういう意味で柔らかいRの方がしなり量が多く飛距離が出やすいですが、必要以上にしなってしまうとコントロールし難くなるので暴れるようであれば硬いシャフトにした方が安定します。またしなり量が多いということは球が捕まり上がり易くなります。球を抑えたい引っ掛けたくないということであればH/Sの目安以上に硬いシャフトを使っても良いと思います。




以上の内容を踏まえて、こちらの質問での各番手の飛距離(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6467533.html)や、ご自身でH/Sがそんなに速い方では無いと自覚されているのであれば、『カーボンのR』がベターであると思います。但しこれは統計的な考え方ですので、今お使いのクラブで一番好きな番手に合せて行くのがベストチョイスです。


たしかアキラのUTをお使いでしたよね!それが合っていそうであれば同じ様な物を選ぶのが失敗しない方法です。
基本的なことですがルールで決められた14本以内のクラブのうちパターを除く13本のクラブは『ドライバーが一番長く一番軽い、順に短く重くなっていき、SWが一番短く重い』というのが正しくウェイトフローしているクラブセッティングです。正しくウェイトフローさせることによって長さの異なるクラブを同じ様な感覚で振りやすくできます。ということでお使いのUTが気持ちの良い重さであれば、その重量を計り次に来る番手(アイアン)はそれより最低10gくらいは重くなるようにしましょう。

まずカーボンとスチールについては重量差が大きく違います。
カーボンシャフトは軽い物が50g前後です。スチールはNSPRO950に代表される軽量モデルが90g前後で、ダイナミックゴールド(DG)に代表されるような重い物になると130gくらいまで幅があります。目安としては振り切れる範囲で重い物を選ぶのが良いとされています。振り切れる範囲とは18Hラウンドしていて後半に重たくてしんどいと感じない程度の重さで、練習場などでも100球以上打っていてしんどい物は少し重過ぎると判断できます。まずは現在お使いの5...続きを読む

Q練習場とコースで違い過ぎ 改善方法は?

練習場ではアイアンもドライバーも上手く打てるのに、何故かコースに出ると
まともに打てません。
アイアンはドフックもしくはチーピン、ドライバーはフェースを外れたトゥ側
ギリギりに当たって意味不明の右に飛んでOBと目茶目茶です。
コースのラウンド帰りに練習場で反省の為に練習すると、普通に打てています。
一体何が悪く、どう対策すれば良いのか教えて下さい。

ちなみに、元がダフッっているけど、練習場のマットだと滑るので上手く
打てているだけなのかな?とも思いましたが、それは違うようです。
自分でもコースのティーグラウンドで構えた瞬間に何かが大きく違っている事は
何となく分かるのですが、何が違っているのかが分からず悩んでいます。

同じような悩みを過去に体験された方、アドバイスをお願いします。

ちなみにゴルフ歴は20年程で、ずっと止めてましたが最近またやり出し
ました。
以前の平均スコアは97程度でした。

Aベストアンサー

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行きますか?
まず行きませんよ。アベレージゴルファー(90~100)の人10人いて
一発目であの柱!といって左右10ヤード以内に納められる人は
2人しかいません。
そのうち一人は偶然です。これはデータとして出ています。

そして練習ラスト一球になった時、これで最後!の球をよく思い出してください。
確実にうまく打ってますか?
たいてい悔いの残る一球になっていませんか。

ほら、一球しかないというプレッシャーがあるでしょ?

これらのショットをコースでは要求されます。
なので勘違い、と申し上げました。

打っているうちに調子がよくなりいい球が数発続いたりします。
その数発のイメージが残っており、練習場では調子いいのに・・・ってことになります。
まして、球はいくらでもある。これを失敗したらなんて思わない。
プレッシャーなんてまったくかからない。
なのでいい球が続けざまに打てる時があります。

でも、それもよく思い出してください。
7番アイアンの練習で30発打って25発は思い通りの球が出ますよね?
でも5発は結構ダフったりトップしたり、大きく曲げたりするでしょ?
それですよ、それがコースでは出ちゃうんです。一球しかないというプレッシャーでね。

これが練習場ではうまくいくのに・・・。という勘違いなのです。

さらに!
コースではライや傾斜が毎ショット確実に違います。
ティーショットでさえ厳密に言えば、足場とボールの高さが1~2cm変わります。
また傾斜も微妙についていますし、景色も違います。
たとえば打ち上げホール、ティーグラウンドは微妙に左上がりになってます。
当然ですよね、フェアウェイからこっちに向かって下っているのに
ティーグランドを左下がりにしたら水はティーグランドとフェアウェイの間にたまってしまいます。
なので普通は傾斜をそろえてあります。しかし、見た目には平らに見えます。

そこで構えて、打ち上げ、素人はどう考えると思います?
球をあげなくちゃ!でしょ?
そしてついつい下からかちあげるように打っちゃう。
ほら、どフック!
下から煽るように打てばそりゃフックしますよ。
そんなのまだいいほうです。

これやるのはだいたい90~100の人です。
それ以上の人はそれさえ頭にありませんからいつもと同じ(そもそもまっすぐ行かない)
に振ってチョロって打ち上げなのでその辺しか行きません。

では打ち下ろし、
景色がよく、落としどころ、つまりフェアウェイを覗いちゃいますから
左肩がいつもより下がります。
ほぼ正面に見える雲や鉄塔の頭、山の目印になるところ、つまり目線の高さを
狙って打つ人なんかほとんど見たことありません。
たいてい眼下に見えるフェアウェイを見ちゃってます。
そんな構えから普通に打てばそりゃスライスしますよ。
早く落ちろ!!!なんていってるのはだいたいそういう人です。

ティーショットですら条件がコロコロ変わるのですから
月に2度くらいコースに出てても対応できません。
ましてや、セカンドショット、アプローチなど
万度傾斜があり、平らに見えても足元とボールの位地は1~2cmは練習場と違っちゃいます。

なので、練習場ではシングルクラスのショットしていても
コースでは100打っちゃうんですね。
ドライバーは曲げるわ、ショットはまっすぐ飛ぶものの飛び出し方向があっちこっちで
グリーンに乗らない。そりゃ足場が練習場と違うんですからその辺考えないと!

結論をまとめるとこうなります。
練習場での一発目と最後の球のナイスショットは滅多に出ない。
この最初と最後の球がコースでの一球と同じだから
練習場でいい球が出るのには勘違い!

練習場では多少ダフってもナイロンのマット上をヘッドが滑ってくれて
ダフッたのを気がつかない。
練習場は真っ平ら、しかしコースでは微妙に傾斜があり微妙に構えが違ってしまうし
練習場と同じ振り方しても当たらない。

景色が違い、打ち上げ打ち下ろし、左がOB、手前が池などでプレッシャーもあり
構えも練習場とは大きく違っている。

これが原因です。
これを克服するのはやはりコースに頻繁に出ていないと身につきませんし、
また練習場との当たりのよさの違いを理解できません。

練習場はあくまで基本的スイングの練習と割り切っていい球でたからといって
一喜一憂しないことです。
基本的スイングの練習ですから
平らのところから打って大きく曲がるようならその曲がりを少なくする練習をしましょう。


さて、
練習場でも何球か失敗しますよね?
その失敗があなたの実力、と思いましょう。

いい球なんて100打つ人だって練習場なら打てます。
失敗の大きさが100打つ人とシングルとは違うんです。

7番アイアンで片手シングルなら30球ほど立て続けにナイスショットが出ます。
しかし最低一発はグリーンを外れるくらいのミスショットは出ます。
でも!外れても5ヤードで収まってます。

100打つ人はうまく打っても10球で3発失敗します。
そのうち1球はとんでもない失敗しています。
グリーンはあっちだぜ?どこ打ってんの?
というショットしちゃうでしょ?あれが実力差なんですよ。

なので、失敗ショットが自分の実力、と思ったほうがいいです。
練習ではその失敗の数を減らし、失敗の大きさを狭めていくことに専念すべきなんです。
いい球を打つことなんか目指したってスコアなんぞいくらもかわりゃしません。

ミスショットをしてもいいからそのミスの大きさを小さくすることに
神経を使うべきなんです。


それから、
練習場で10球打って9球うまく打つ人と
8球うまく打つ人ではどのくらいの実力差があるかご存知ですか?
実は倍ほど違うんです。

9球の人が80台でまわる人だとすると
8球の人は100近い人です。
(片手シングルなら30球打って1球失敗くらいです。)

同じようなもんだ、と思うでしょ?
でも全然違うんです。
片方が失敗が1球、もう片方は2球
ね、倍違うでしょ?ゴルフはミスショットを減らすゲームです。
ナイスショットの数がスコアに出るのではありません。
失敗の少なさとその大きさがスコアに出ます。

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行...続きを読む

Q飛距離はキャリーorキャリー+ラン?

 
昨日のプレイ中に話してたのですが、クラブの飛距離を話すときに皆さんはキャリーを基準に話しますか?、それともキャリーとランを足した距離で話しますか?

170ヤードのショートホールで「どれ程打つの?」と言う会話になり、私が「150ヤードを考えてる」と言うと「短すぎる」と言われました。
私は150ヤードのキャリーを打てば15~20ヤードは転がるので良いと考えたのですが、他のメンバーはランも含めて170ヤード打つと考え、170ヤードなら6番とか7番とかを選んでました。

普通はキャリーとランを足した距離をクラブの距離として話すのですか?

 

Aベストアンサー

一般的には、ドライバーの飛距離の話の率が高く
この場合は、キャリー+ランのグロス(結果)が普通ですね
アイアンもそれにつられてか、キャリー+ランになっていますね
その証拠に、TV放送でも同じ話し方をします

私は、ドライバーも、アイアンも、キャリーでお話しすることに
しています
ランは読みきれないので、おまけと考えています
特に、アイアンは、きちんとした飛距離がわからなければ
コースを攻めきれないので、自分の意識の中はキャリーにしています
(仲間との話は付き合いますが)
ショートホールでは、バンカー越えや池越えが多く
転がりは期待できませんね、普通

でも、他人は他人、自分は自分で良いのではないかと思います

アドバイスまで

Qゴルフスイング、どうやったら本当に力まない・ボールに当てに行かないで済

ゴルフスイング、どうやったら本当に力まない・ボールに当てに行かないで済むのか?

ゴルフスイングで、「グリップはゆるく、手首・腕・肩は力まずにスイングしろ」と、
色々な所で教えられ、頭では嫌というほど分かっているいるのですが、
どうしても、できません。力んでしまうのです。

さらにボールを前にすると、前述の身体の各部位が力むのに加え、
ボールを当てに行くようなスイングになってしまいます。
これも治りません。

ボールがない素振りなどでは、比較的スムーズにスイングできていると思うのですが、
一体どうすれば本当に解決できるのでしょうか?

たまに「よし、だったら力を抜いてスイングしよう。グリップもゆるくしよう。当てにいくのをやめよう」と思いボールを打っても、結果全然飛ばなかったり当たりもダメだったりして、
マイナスの経験しか蓄積されていないので、「やはり力をある程度入れなければダメなんだ・・」と思ってしまうフシもあります。

真剣に悩んでいます。メンタル面なのか技術面なのか・・。
いい方法があればお教えください。

Aベストアンサー

「なぜ」力を抜けと言われるのか、という部分に尽きる気がしますけど、どうですか?
要するに動かしたい部分に力を入れると、重いものを動かすのと同じになってしまいます。速く動きません。逆に力を抜きすぎるとどうなるかというと、全身から力を抜いてしまうと飛びません。当然です。また、動かしたいところの力を抜きすぎるとふにゃふにゃ過ぎて軌道が安定しません。曲がります。但し、人には欲というのがあります。飛ばしたいと思えば、ある程度可動部にも力みは入りやすくなります。ゴルフの場合は軸の関係上、アドレスからテークバック部分、トップオブスイングあたりまでボールを「見ている」状態ですからなおさらです。「力を抜け」くらいの意識でちょうどいい力加減になり「やすい」からそう言うということです。動かしたいところの力の抜きすぎは人の欲という観点から行けばほとんどあり得ない話とも言えるんですよ。

では、ゴルフスイングで一番よく動く部分はどこでしょうか?「腕・手」ですよね。フルショットでは180度以上どころか200度以上回転します。そんな動かしたい部分に力を入れるということはバカ重い車軸を軽自動車に入れるようなものです。動きにくいことこの上ないでしょうね。それと同じですよ。ただ、エンジン部分に当たる部位は動きの中で力を作り出す必要がありますから、動いて力が入る結果になります。(足の場合と背中の場合があります。その人の体つきや幼少からの筋肉の使い方による筋肉構造によって最適なスイング方法は異なります)スイングの軸は当然フラフラすればボールはまともに当たりません。
グリップを考えてみましょう。グリップしてクラブの支点となる部分はクラブヘッドから一番遠い部分になりますよね。その方が大きな円を描きやすいし、大きな円をイメージしやすいはずです。だから、左手3本と言うということです。ちなみに自分は左小指しか意識にないですが、小指関節と薬指・中指の関節の連動性が天然でいいようで、左3本では力み過ぎになってしまうからそうしているということです。万人の基本を自分の体を考えてそうなるように方法論をカスタマイズして自分の基準を作っただけの話です。

当てに行くのをやめる...それはいい方法だと思いますよ。その部分だけは継続はした方がいいでしょう。自分はゴルフ始めたての頃、こう考えました。「当てに行って小手先スイングするより、体(全身)を使って空振りする方がよっぽどマシ」って。他のスポーツ経験があり、体を使わなければマトモにボールは飛ばないことを体で体得していたからそう考えられたんですが、その方がいい方向に行きやすいかと思います。大枠を先に作って、上達のたびに段々細かくなる微調整を継続させればいいと考えたということです。その微調整こそが練習でしょう。今でも自分は初心者にはそう言います。但し、微調整前だと激しく下にズレているとクラブを折る可能性もあります。実際自分はクラブ破損に関しては前科2犯です。

技術でもメンタルでもないと思います。まずは探究心を持って考えてみましょうよ。

「なぜ」力を抜けと言われるのか、という部分に尽きる気がしますけど、どうですか?
要するに動かしたい部分に力を入れると、重いものを動かすのと同じになってしまいます。速く動きません。逆に力を抜きすぎるとどうなるかというと、全身から力を抜いてしまうと飛びません。当然です。また、動かしたいところの力を抜きすぎるとふにゃふにゃ過ぎて軌道が安定しません。曲がります。但し、人には欲というのがあります。飛ばしたいと思えば、ある程度可動部にも力みは入りやすくなります。ゴルフの場合は軸の関係上...続きを読む

Qコースボールと練習場のボールの飛距離の差

いったいコースボールと練習場のボールの飛距離の差はどのくらいあるのでしょうか?
コースではスーパーニューイングを使用しています。
練習場では7Iでいつも145y~150yぐらいなのですが
この前、コースで160yぐらい飛んでしまいました。
皆さんは、練習場での飛距離を目安にしてコースに挑んでいますか?

Aベストアンサー

まず、皆さんの仰るように距離表示が正確である事が必要ですね
これは、練習場でも、コースでもいえることです

神奈川県の藤沢ジャンボなどは正確だと思いますので
一度試されてはいかがでしょうか?(神奈川県の方なら)

私の行きつけの練習場は距離表示が正確なので沢山のメンバーがいます
奥行き145ヤードしかないのですが、クラブの飛距離は測れます

この練習場の練習ボールはSRIXONのツーピースボールで
コースで使用するボールとの差は5ヤード未満です
(コースに持参して確かめました)
正確な距離を掴む時は使い古しのコースボールを何発か打って
確かめます(自分のクラブの飛距離が正確に出るようになれば)

練習場で短めの距離表示の場合は端の打席から対角線に打つとか
表示にマイナスした距離をプラスして計算すれば自分のクラブの飛距離が
確かめられます

練習場に市販の距離測定器を持参して正確に測定できれば
より安心できると思います

その他色々知恵を絞っていい方法を見つけてくださいね

アドバイスまで

Qアイアンが高弾道過ぎるんです。

『マッスルバックの方が打ちやすい?』というタイトルでお世話になったpooh-touです。
度々すいませんが、気になることがありまして質問させてください。

先日、コースデビュー果たしました。
コースに出て思ったのですが、アイアンがかなり高く上がってしまいます。
練習場では気付かなかった(あまり気にしていなかった)のですが、一緒にラウンドしている人と比べて、想像以上に高弾道なので、ホールによってはもろに風の影響を受けたりしました。思惑より10yほどショートする。(うちミスで関係ないかもしれませんが・・・)

打つ場所の状況、打ち下ろし、打つ上げ、さまざまコンディションが複合していると思いますが、玉が吹き上がるような感じで、効率が悪く、個人的に気持ちが良くありません。率直に言うと、65歳のおじさんに飛距離で1番手負けます。(涙

初心者ですので、微妙ですが、スパッ(フワッ)とした良い感触が残り、しっかりヒットしたように感じます。
フルスイングですが、力を入れすぎるとダフル、トップが出るので、若干力を抜いて打つようにしています。

練習場で、その後、確認したのですが、距離の再現性はかなりあり、ストレート系真っ直ぐした弾道で、大体ですが番手ごとに10y刻みで飛距離は変わっているようです。
打ち方が悪いのか、クラブの性格なのか判らない状態です。

マルマン forged
シャフト:NSPRO 950GH S
形状  :キャビティー
年式   :2005年
バランス:D1

クラブのデータと飛距離(キャリー)
      長さ  ロフト  ライ  飛距離
No.3   38.75  20.0  61.0   170
No.4   38.25  23.5  61.5   160
No.5   37.75  27.0  62.0   150
No.6   37.25  31.0  62.5   140
No.7   36.75  35.0  63.0   130
No.8   36.25  39.0  64.0   120
No.9   35.75  43.0  64.5   110
PW    35.25  47.0  64.5   100
AW    34.75  51.0  64.5   90~80
SW    34.75  56.0  64.5 不明

少なめのキャリーで見ています。7I以上は+5~10yの誤差は出るようです。さらに、3I、4Iについては、もう少し飛距離が出ているようですが、概ねこんな感じです。4番アイアンから下は、かなり高く上がります。特に、AWなどは、練習場のマットの先端にボール置かないと2階席の軒先に直撃してしまいます。

父親やその知り合いに相談したところ、『いいじゃん。アイアンは距離を競う道具で無いから・・・、少し飛んでない様な気がするけど、それが自分の距離なんだよ。』
『高く上がるということは留まる事だから、計算できるよ。』という感じで、あまり取り合ってくれません。

質問1
この現象は、クラブの問題なのでしょうか?スイングの問題なのでしょうか?

質問2
高く上がるというのは良いことなのでしょうか?技術的にどのように改善を計るのでしょうか?

質問3
H/Dは41~43m/s位ですが、飛距離は適正でしょうか?

スイング見てないから、わからんと言われそうですが、このような現象になった方いますか?
よくネット上で、7I-165yなんてよく見かけますので、僕ってダメなのかなと思ったりします。
他のレスの『ヘッドスピードと飛距離』で、番手毎の角度の計算式は判りかねますが、単純に僕のH/Dとの比率で行くと、当たらずとも遠からずという感じです。計算式が判る方入れば教えてください。

以上、よろしくお願いします。

『マッスルバックの方が打ちやすい?』というタイトルでお世話になったpooh-touです。
度々すいませんが、気になることがありまして質問させてください。

先日、コースデビュー果たしました。
コースに出て思ったのですが、アイアンがかなり高く上がってしまいます。
練習場では気付かなかった(あまり気にしていなかった)のですが、一緒にラウンドしている人と比べて、想像以上に高弾道なので、ホールによってはもろに風の影響を受けたりしました。思惑より10yほどショートする。(うちミスで関係ないか...続きを読む

Aベストアンサー

pooh-touさん、コースデビューおめでとうございます。
結局マルマンのforgedをお使いになっておられるのですね!

>質問1
>この現象は、クラブの問題なのでしょうか?
>スイングの問題なのでしょうか?

「使っている道具によるものでしょう!」

決してマルマンのforgedの性能が悪いということではありません!
例えばその同伴者様がおじ様クラブの代名詞「XXIO(ゼクシオ)」を使っておられたとしましょう!XXIOの5番アイアンはロフト角が24度です。マルマンforgedでは5番が27度とのことなので、XXIOなら同じ27度は6番アイアンのロフト角になります。また一般的にカーボンシャフトのモデルよりスチールシャフト装着モデルの方が0.25インチほど短いモデルが多いです。仮に同条件のもと、同じヘッドスピードで打ては約1番手ほどの飛距離差が出ても何ら不思議なことではありません。飛距離もそうなのですが同じ番手でも機種によってロフト角が異なりますので球の高さは変わってきます。


>質問2
>高く上がるというのは良いことなのでしょうか?
>技術的にどのように改善を計るのでしょうか?

自分のイメージより上り過ぎるとかフケ上がるのは良いとは言えませんが、球は上がるに越したことはないと思います。
マッスルバックのモデルがプロや上級者に好まれる理由の1つはヘッドが小ぶりで深いラフなどからも抜けが良いこと。もう1つがヘッドが小ぶりで操作性が良いこと。これは左右に球を曲げてコントロールすることも勿論そうですが、高さもコントロールしやすいクラブという理由も含まれると思います。マッスルバックやセミキャビティーのモデルを使っている上級者のインパクトはアドレス時より少し立って当たっている。もう少し丁寧に言うとかりに27度の5番アイアンをロフト角通り27度にしてアドレスしたとしましょう。プロや上級者はインパクトの際にそれを1・2度立てて25度とか26度とかでインパクトしている、と言ったら分かりますでしょうか?ダウンスイングでできたタメを解かずにインパクトまで迎えることができるとそういうインパクトになります。マッスルバックを使っているプロの球がフケ上がらず強い弾道なのはスイング技術でストロングロフトにできるから。逆に上手く為の作れないアベレージゴルファーや初心者のために道具でストロングロフトにしているのがXXIOなどに代表されるやさしいアイアンということになります。
また他の原因としてはスイングがアウトサイドインの軌道となるスライサーはそのまま振りぬくと左に引掛けてしまうので、インパクトでフェースが開いた(=寝た)状態になりやすく、アドレスのロフト角よりインパクト時のロフト角の方が増えているということも考えられます。そういうスイングをしているとサイドスピンの量も多く、風などにはめっぽう弱い弱々しい球になります。


>質問3
>H/Dは41~43m/s位ですが、飛距離は適正でしょうか?

アイアンの番手の簡単な適正距離の計算方法があります。
(100%とは断言できませんので参考程度に)

まずヘッドスピードからドライバーが真芯に当たった場合の
おおよその目安の最大飛距離が求められます。

HS×1.5=ボール初速
ボール初速×4=最大飛距離

HSが平均42m/sの場合はその計算式より最大飛距離が「252ヤード」ということになります。

そして9番アイアンはドライバーの半分の飛距離くらいになると言われていますので、HS42m/sなら「126ヤード」となります。
ちなみに各番手の飛距離差は10~15ヤードほど(HSが速いほど番手差が大きい)が適正です。
道具などによっても多少は違ってくると思いますが、pooh-touさんは約15ヤードほど不足していることになるので、そういう意味では飛んでいないということになりますね~・・・・


【総括して】
まず、曲がらす把握している飛距離通りに打てているのであればスイングに問題は無いと思います。
しかし、マッスルバックのモデルを使うのであればタメのあるダウンスイングからロフトを少し立てたインパクトで力強い球を打てないと道具の特性を生かしきれているとは言えません。これに対してどういう改善策を取れば良いかと言うと「猛練習により以上のようなスイングを会得する」もしくわ「今の自分のスイングに合った道具を使う」のどちらかになるでしょう。
マルマンforgedが上手く打てるようになれば、他の道具に持ち替えたとしても、どれでも上手く打ちこなせると思います。でもそれまでに相当な努力(練習する時間や練習代なども含めて)が必要かと思われます。そんなことでゴルフが面白くなくなったり苦になるくらいなら、もっと自分が楽に使える道具に持ち替えた方が、楽しくゴルフができると思います。プロやシングルを目指すのであればお勧めしませんが・・・・
月イチゴルフを楽しむ程度であれば一度他の道具も試してみられては。

あともう1つ言わせてもらうとアイアンはキャリー(ボールが落ちるところまで)の距離も覚えておいた方がいいですよ!特にPar3などではグリーン手前に池のあるようなホールも多いので何番を持ったら池を越えたところに落とせるかは非常に重要なことです。

65歳のおじさんに飛距離で負けたっていいじゃないですか!スコアで勝てばいいんです。でも自分の場合、逆の場合が多々あります・・・・

参考URL:http://golf.dunlop.co.jp/xxio/iron/xxi_ir_allnew.html

pooh-touさん、コースデビューおめでとうございます。
結局マルマンのforgedをお使いになっておられるのですね!

>質問1
>この現象は、クラブの問題なのでしょうか?
>スイングの問題なのでしょうか?

「使っている道具によるものでしょう!」

決してマルマンのforgedの性能が悪いということではありません!
例えばその同伴者様がおじ様クラブの代名詞「XXIO(ゼクシオ)」を使っておられたとしましょう!XXIOの5番アイアンはロフト角が24度です。マルマンforgedでは5番が27度と...続きを読む

Qフェアウェイウッドでどれが一番使わないの?

ゴルフコースを回るとして、
フェアウェイウッドで、下記3本のうち、2本だけ選ぶとしたらどれを選びますか?

3番 5番 7番

選ばなかった 番手についての説明もいただければ助かります。

なにとぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
FWの番手選びですが、基本はコースの状況や自分の技量に合わせて選ぶべきと思います。
質問者様の技術レベルがわかりませんので、何とも言えませんが、2本を選ぶとしたら、5番、7番と思います。
3番は上級者の方でもフェアウェイから常にナイスショットするのは難しく、初級者レベルでしたら尚更です。ティーショットでの距離コントロール、方向性重視の際は使えますが。
とすれば、ミスの確率がより低い5番、7番を選択するのがベターでなはないでしょうか。3番と5番の飛距離差は上級者でないと出来にくいので、5番で3番の代用は充分可能とお思います。
ところで、疑問なのですが、なぜ3本使用ではなく、2本でのセッティングなのでしょうか?もし本数超過になるようでしたら、ロングアイアンを抜く方が実戦的なセッティングだと思います。

Qゴルフ練習場での効果的な練習方法を教えてください。

こんにちは。
漠然とした質問ですみません。
ほぼ毎週ゴルフ練習場に通っています。
一回の練習で3時間300球以上打ちます。(アプローチ含む)
どのように練習したらよいかわからないので取りあえず数を打てば上手くなると信じて打っています。
身体は疲れたと感じないのですが、終わった後、右ひじが痛くて痛くて。。

スウィングに問題どうこうはあると思いますが、打数を減らしたほうがいいのかと思い始めてきました。
皆さんは練習場でどのように練習し、何球くらい打つのでしょうか?

私は7番Iで150球・アプローチ70球・ドライバー30球・その他50球くらいの割合です。(アプローチ以外はマン振りです)
女子です。運動はゴルフのみです。平均スコア95です。
練習場に行く目的は、「打つのが楽しい、上手くなりたい、練習してないと不安」といった感じです。

効率的な練習方法があればご教授ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
上達の近道はテーマを決めて練習することです。目的が不明確なまま闇雲に練習していても進歩は遅々たるものです。
例えば陸上の短距離走で五輪狙うよの選手などは毎日100mを全力で走る練習ばかりしているわけではありません。ゆっくり長い距離のジョギングをする日もありますし、一日スタート練習ばかりする日もあるのです。
ゴルフはどうでしょう。
(1)全力(本当のマン振り)で打つ練習(飛距離アップとバランス感覚を養う目的)。
(2)連続打ち(効率よく体を使うことを習得する目的)。
(3)フック・スライスを交互に打ちストレートボールを打たない練習(フェースコントロールの熟達と実践での応用に備えるため)
(4)高い球・低い球((3)と同じ)
(5)50ヤードと30ヤードを交互に打つアプローチ


ある日のメニュー
(1)100球
(2)7球×3セット(パートナーにどんどん置いてもらい次々に打つ)
(3)50球
(4)50球
(5)50球

これで300球ですがもう少し減らしてもいいでしょう。
それから一日50球から70球に限定して回数を多く通う方が効果的ですし、体にも優しいですよ

質問者さんがスライスに悩んでいる場合フックしか打たない練習を全部ドライバーでやってもいい訳です。

私がハンデイが10のとき先輩から仮想ラウンドを練習場でやるように薦められました。
ホームコースをイメージして1番からスタートするのです。グリーンに乗ったら全部2パットと仮定して大体9ホールくらい『ラウンド』するのです。集中力がついてとてもいい練習です。

どんな練習をした日でも、仕上げには得意クラブを7割位の力加減で打ちフィニッシュで3秒完全静止という方法で10球くらい打ってください。よいイメージを持ったまま練習を終わるためです。大事なことですが、バランスと力加減だけに注意しボールの行方は気にしないでください。いいボールを打つのが目的ではありません。

こんにちは。
上達の近道はテーマを決めて練習することです。目的が不明確なまま闇雲に練習していても進歩は遅々たるものです。
例えば陸上の短距離走で五輪狙うよの選手などは毎日100mを全力で走る練習ばかりしているわけではありません。ゆっくり長い距離のジョギングをする日もありますし、一日スタート練習ばかりする日もあるのです。
ゴルフはどうでしょう。
(1)全力(本当のマン振り)で打つ練習(飛距離アップとバランス感覚を養う目的)。
(2)連続打ち(効率よく体を使うことを習得する目的)。...続きを読む


人気Q&Aランキング