音声レベルの測定にて発信器(オシレータ)のインピーダンスは600Ωバランスでレベル受け口が10kとか40kのアンバランスの場合、出力レベルの不整合は
発生しますか?また、入力インピーダンスを合わせるにはどうすればよいのでしょうか?

A 回答 (1件)

10K~40Kの入力インピーダンスということは、マイク入力でしょうか。

オシレータ側の出力インピーダンスとマッチングがとれませんね。オシレータ側は600Ωの付加を期待しているのですが、それよりも高い負荷が接続されている為にドライブできず、出力のレベルが低くなってしまう可能性があります。その結果、信号がひずむ可能性があると思います。マッチングトランス(1次側600Ω、2次側10KΩ)で整合性をとるか、もしアースレベルを同一にしてよければ、オシレータの出力を600ΩVR(Bカーブ)の1,3端子に接続して、VRの2端子から10KΩの抵抗を介して受け口に接続する方法などがあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイス有り難う御座います。
マッチングトランスはありませんので第2案の抵抗を組み合わせて実験したいと思います。

お礼日時:2001/04/17 13:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ