『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

お世話になります。

昔の凧は揚げるのに大変テクニックがいりました。
一般的な所で、奴だこ、四角凧、駿河凧などありましたが、どれもあげるのが大変でした。
特に左右のバランスをとるのが難しく、そのために尻尾をつけたり、伸ばしたり、切ったり。
伸ばしすぎて自重に耐え切れずにあがらなかったり、くるくる回ったりと、とにかく大変でした。

しかし、外国から入ってきた(アメリカか?)ゲイラカイト(商標名ね)は大変あげやすく、あっという間に100mぐらいの高さに上がっていきます。
子供心にも
「今までの苦労は何だったのだろう? 日本の凧が外国製の凧に負けるなんて」
と苦悩したのを覚えています。


さて、なぜゲイラカイトはあげやすいのでしょうか?
反対になぜ日本凧は揚げるのに難しいのでしょうか?

科学的に教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

和凧、市販のものの多くは粗製乱造というか、バランスも含めてむちゃくちゃのものが結構あります。

和凧だからではなく、もともとバランスが良くないから揚らないものが多い、と考えます。ちゃんと調整された凧は、子供でも揚げられます。いわゆるゲイラカイト、工業製品に近く、骨がプラスチックだったりするのである程度の精度が保てます。糸目も1箇所(または強風弱風の2箇所)なので調整も要りません。初めから揚る状態で売られています。和凧も、ちゃんとした人が作れば無調整でほぼ上がります。尻尾も要りません。

なお、ゲイラカイトも風によっては変な特性がありまして、いきなり急降下したりもしますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
和凧は骨が竹ひごですもんね。
僕も買った四角凧の上辺の骨に変なところに節があり、どうやって調整しても反りが偏ってしまって困ったことを覚えています。
まあ、いわゆる「ハズレを買った」と思うしかないんでしょうね。
昔はそれでよかったんですよね。

いろんな商品にハズレがあった。そういう時代だった。
「ハズレを買っちゃった」
「ハズレを買わないようにしなきゃ」
「百貨店はハズレを売らない。ハズレを売るのは二流店」
「ハズレを使いこなすのはウデ」

こういう時代をすごしたから、みんな目を肥やす術やウデを上げる術を覚えていった。

今、ハズレ商品なんて買ったらとんでもないことになりますからね。
「ハズレなんて存在自体を許さない!!」
これが今の日本国民ですもん。

ま、そのおかげで日本の工業製品のクオリティが高いわけですが。

どっちの時代がいいのやら・・・


ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/01 21:45

これは私見なのですが、次のような理由だと思います。



凧が受けた風の利用効率が違うというのが大きなポイントだと思います。

ゲイラカイトの骨は上向きの矢印(↑)の形で入っていて、風を受けたときに凧の向こう側が膨らんだ形になります。
この形になることにより、効率よく風を受け止めることができ、しかも受けた風を凧の下側に多く受け流すため、効率よく上昇できると考えられます。

これに対して、やっこ凧や四角凧のような和凧は凧の左右方向に反っていて凧の手前側が膨らんだ形をしています。
この形のため、凧が受けた風は下側だけでなく左右にも受け流されてしまいます。
これが、和凧を揚げにくい理由の1つだと思います。

しかも、ゲイラカイトはプラスチックやフィルムのような均質な素材を使用しているため、見た目で左右対称に作ればバランスもとることができ、和凧のように尻尾の長さでバランス調節する必要がありません。風を受けたときのしなり具合も左右対称です。

一方、和凧は竹ひごや和紙などの自然素材を使用していますので、左右対称に作っても微妙にバランスがとれないことがありますし、竹ひごの節の位置によっては風を受けたときのしなり具合も左右対称になりにくいです。
これも、和凧を揚げにくい理由の1つだと思います。

ただし、ゲイラカイトは風の利用率が高いため、急に風が強く吹いたときに小さな子供では危ないくらいの力で引かれてしまいます。

その点、和凧は急に風が強く吹いても凧の左右がしなって受け流してくれるため、小さな子供にとってそれほど危ない力で引かれることはありません。
これは、風の変化に対しても凧が左右別々にしなってくれることで、ある程度凧の方でバランスを保とうとしてくれることにもなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど、確かにゲイラカイトは空気を包み込むように受け止めていますね。

お礼日時:2011/01/26 18:00

ゲイラカイトはNASAの元技術者が開発したという触れ込みでアメリカからやって来ました。



つまり、航空力学等を考慮されて設計された凧と言う事になります。

対して和凧は自然を友として勘で作られて来ました。

ですから、上げ易さとしてはゲイラカイトに分があるでしょう。しかし完成された設計なので変化に乏しく、雅な和凧の方が色々なバリエーションが考えられ、面白さでは軍配が上がると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

NASAが絡んでましたか。
そういえばあの目玉のデザイン、宇宙人っぽいですね。

お礼日時:2011/01/26 17:58

これも答えではありませんが、ゲイラカイトは簡単に挙がるのですが、不安定でどんなに高く挙がっていても一瞬で落下します。


昔からの凧は一度高空に揚げればほとんど落ちません。
またゲイラカイトで連凧は作れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

あまりにも簡単にあがるのも考え物ですが、日本凧はあまりにもあげるのが難しかった。
遊びというのはどんなものでもある程度の難しさがあればこそ、成功した時の達成感や上手になりたい!という欲求がみたされるものですが、日本凧はその奥深さを感じる前に挫折する子のほうが多かったと思います。
なにせメンコやビー玉、ベーゴマと違い、自然を相手にするものですから。
まあ、メンコやビー玉の場合は物理学を操る必要がありましたがそれより人間関係を操る面白さもありましたからね。強すぎる奴、強すぎるアイテム(デカメンコとか)にはハンデをつけるとか、年下の子にはただでメンコやビー玉をあげて仲間に入れてやるとか、よその学級や学年に遠征にいって勝負するとか。

今どきの子はこういう遊びをするのかな? 

お礼日時:2011/01/26 17:56

直接の答えではありませんが、私の記憶では伝統的な和凧のほかに飛行機凧というものがあったと思います。

これは文字通り飛行機の形をした、細い木の枠に紙を張ったもので、風さえあれば上がっていくのでつまらないように思った記憶があります。ゲイラカイトは基本的には、この飛行機凧の子孫ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

飛行機凧、見たことがあるようなないような。。。

お礼日時:2011/01/26 17:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

竹ひご」に関するQ&A: 竹の曲げかた

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q凧上げの方法

海岸で凧揚げをしようと、昔ゲイラカイトと呼ばれていた、ビニール製の三角の尾のないタイプの凧を上げました。
風があると凧は面白いように上がって、糸を全部解くくらいです。

ところが、どういうわけか時々凧が真下を向いて急降下することがあるのです。

その時糸を緩めてみたり、引っ張ってみたりするのですが、急降下し始めたら最後、絶対に落ちてしまいます。

こういう時の凧の制御方法をご存知の方はいらっしゃいませんか?それともこれは風のせいでどうしようもないものでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.3です。
補足しておきます。誤解しやすい記述だったかもしれません。小型の喧嘩凧を扱うのは相当練習は必要ですが、一般的な凧でしたら通常は練習そんなに要らないです。

ゲイラカイトとして知られているデルタカイトは、風の変化によって急降下することがあります。糸を付ける部分の縦翼や上反角、更に重心位置を下げることで安定させるのですが、玩具ではいまひとつ微妙な設計が足りないものがあります。玩具ではない市販品ですと非常に安定性が良いです。尻尾も安定を増す方法の一つですね。デルタに尻尾を付けるなら、中央の骨の最後部に1本つけるか、長いものを1本、両側を翼端に繋ぐ方法もあります。
さて、安定の良いデルタであっても風の変化の仕方によっては急降下してしまうことがあります。ただ、いきなりではなく回頭を始める瞬間があって若干の間があって反転してしまうわけで、回頭直後、まだ変化が小さいうちに糸を緩めると比較的簡単に回復します。凧のベテラン、凧の動きを見ると考える前に手が自然に動いてしまいます。なので、普通の人だと上がらないバランスの悪い凧でも揚がってしまいます。
凧、下向きになってしまったら原則、引いていはいけません。多くの凧は引くことでより安定が増し、落下速度が早くなってしまいます。つまりより速い速度で落ちてしまいます。

今回、途中から急降下しやすくなった、とのことですが、風の変化のほかに凧の狂いもありえます。しっかりした素材のものですと狂いは生じにくのですが、玩具のようなビニール製は強めの風で風圧がかかっているところで糸を強く引くと部分的に伸びることもありますし、横骨の取り付け部分が変化することもあります。また、落下させると先端部分が損傷することもあります。最初の状態から変化してしまった可能性もありますね。

参考ですが、素材としてリップストップを使ったものは非常に丈夫です。高価(数千円~数万円)ですが、デルタで幅が3m以上など大型のものは子供の凧揚げとはまた違った面白さもありますよ。但し、引きが強いので3m以上大凧を強めの風で揚げるのは危険ですのでご注意ください。降ろせなくなることもありますから。

No.3です。
補足しておきます。誤解しやすい記述だったかもしれません。小型の喧嘩凧を扱うのは相当練習は必要ですが、一般的な凧でしたら通常は練習そんなに要らないです。

ゲイラカイトとして知られているデルタカイトは、風の変化によって急降下することがあります。糸を付ける部分の縦翼や上反角、更に重心位置を下げることで安定させるのですが、玩具ではいまひとつ微妙な設計が足りないものがあります。玩具ではない市販品ですと非常に安定性が良いです。尻尾も安定を増す方法の一つですね。デルタに尻尾を...続きを読む

Q凧の尾の役割を科学的に解説してもらえませんか。

ローターが回転し揚力を得るおもちゃに、お正月にあげる凧のように尾をつけてみました。すると機体??(と呼べるか分かりませんが)が安定するようになりました。一体、凧の尾とは飛行する物体のどんな役割を担っているのですか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

重心もありますが、尾が空気抵抗を受けて引く力そのものでも凧を安定させる効果があります。傾きに対して復元力として働きます。たとえば凧が右に傾くと、後ろに引く力が左向きに働きます。
凧以外では、たとえば弓矢の矢、安定させるために羽がついていますが、その代わりに紐みたいなものをつけても安定はします。ただ、空気抵抗が大きいので飛距離は縮まりますが。

なお、凧の愛好家では、一般に凧に尾をつけずに安定させるのが普通です。尾をつけると笑われる、というのは大げさですが・・・。


人気Q&Aランキング