あれはウソだったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 補足させていただきます。



>元禄年間に江戸でそば切を外食できたかについてですが、今井金吾校訂『定本 武江年表』ちくま学芸文庫には、当時評判の「手そばきり 鈴木町丹波屋与作」を挙げています(元禄年間記事項中)。


 『武江年表』 は斎藤月岑編。正・続12巻あって、正編は嘉永三年(1850年)成立、続編の成立はその30年後です。

 討入事件から百数十年後に書かれたものだから、まずその出典から調べてみる必要があります。

 こうした史料の翻刻では校訂者の考えが入り込んでいるので、なおさらです。

  「鈴木町丹波屋与作」 の名の初出は、『本朝世事談綺』(菊岡沾涼)享保十九年(1734)にある 「けんどん」 の説明です。

 引用しましょう。

 「江府瀬戸物町信濃屋といふもの始めてこれをたくむ。そののち所々にはやりてさかい町市川屋 堀江町若菜屋 本町布袋屋 大鋸町桐屋など名をあらそふ中に鈴木町丹波屋与作といふものぞ名高かりしなり これをけんどんとなずくるは独味して人にあたへざる心また給仕もいらず, あいさつするにあらねばそのさま慳貪なる心また無造作にして倹約にかなひたりとて倹飩と書くと云ふ。この説よろし」

 ほら、鈴木町丹波屋与作よりも前の瀬戸物町信濃屋の名がでてきたでしょう。ここに登場した店があった年代なんて、どこにもかかれていません。

 『武江年表』成立以前に、寛文四年(1664)に 「けんどん蕎麦切」 の店が現れた、と書かれた有名な史料が2つあります。

 ひとつは 『三省録』(志賀理斎著、天保十四[1843]年刊)。
 もうひとつは喜田川守貞が書いた「守貞謾稿」として知られる『近世風俗志』(守貞謾稿)で、これは天保八(1837)年に筆を起し30年間かけて書き上げたものです。

 この2つの史料の 「寛文四年」 出典は、新見正朝が享保年間(1716~1736)に書いた 『昔々物語』。

 「寛文辰年(四年甲辰) けんとん蕎麦切といふもの出来て下々買ひ喰ふ貴人には喰ふものなし是も近年歴々の衆も喰ふ結構なる座敷へ上るとて大名けんとんと云ふて拵へ出す」

 はじめは、「けんとん蕎麦切」 は、「買ひ喰ふ」 もので、下賎の者が買い食いするものだったのです。ところが、享保の頃になると大名が座敷に上がって 「けんとんを」 と言って注文するようになりました。


 で、この 「けんどん蕎麦切」 は、寛政元年(1789)に姿を消したのです。←これが重要!

 出典は 『撰要永久録』。南伝馬町名主、高野家の所蔵史料から、江戸町方に出された町触・御触・申渡等を編年体に集成したダイジェスト版で、収録されている年代の範囲は正保五年(1648)から文久二年(1864)です。

 もうおわかりでしょう。

 志賀理斎(1762-1840)は 「けんどん蕎麦切」 を実際に見たことがあり、彼が生きている間に禁止令が出て消えたのです。
 喜田川守貞(1810-?)は浪華に誕生し、天保八年(1837)に江戸・深川に下った人なので、自分の目では 「けんどん蕎麦切」 は見ていない。

 江戸麻布の永坂に寛政のはじめ(1790年ごろ) 「信州更級蕎麦処布屋太兵衛」 の看板を掲げて商いを始めた店は、今に続いています。
 今は日本橋にある藪伊豆は、天保のころに京橋に創業した 「伊豆本」 が母体です。

 寛政から天保までの半世紀の世相の変化を書いた 『寛天見聞記』 には、蕎麦屋の箸は太いものだったがいつの間にか細くなった、などが記されています。

  こうしたことからみても、「けんどんそば切」 は、店舗を構えて商いをしていた蕎麦屋ではないことがわかるでしょう。

 半藤一利著 『歴史をあるく、文学をゆく』(文春文庫)は、自ら史料を調べず孫引きで書かれたものでしょう。


 『本朝世事談綺』 にはこうありましたね。

 「独味して人にあたへざる心, また給仕もいらず, あいさつするにあらねば, そのさま慳貪なる心, また無造作にして倹約にかなひたりとて倹飩と書く」

 「倹鈍」とは、 「垂直に上げ下げすること」 です。

 倹鈍窓、倹鈍扉などは垂直に開け閉めします。
 「倹鈍」の言葉は建築用語として使われていました。

 そもそも 「けんどん蕎麦切」は、商いに用いる箱の構造からできたことばでしょう。



>「蒸切蕎麦」などというものができるようになった。

 これは、小麦粉をつなぎに使う前からあったものです。

 そば粉だけで打ったものは、茹でると切れやすいので。

 最近の 「十割そば」 などは、製粉技術の改良によるものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございました。
もともと、いつ誰が何にどんなことを書いたのか。そういうことまで説明されることは稀だと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

お礼日時:2011/02/03 17:07

 『泉岳寺書上』に関しては三田村鳶魚が『横から見た赤穂義士』で筆誅を下しています。

この書上を参考にしたのか嘉永七年(一八五四)刊の山崎美成の『赤穂義士伝一夕話』にも楠屋十兵衛の話が出てきます。
 義士討ち入り話の詳細は『塵点録』にあることは、朝日重章著、塚本学編注の『摘録 鸚鵡籠中記』岩波文庫、原典である日記本文に明記しています。
 しかし、神坂次郎の『元禄御畳奉行の日記』中公新書で義士討ち入りの記録が『鸚鵡籠中記』には僅かしかないと書いたためか、井沢元彦も同様のことを『逆説の日本史』小学館(週刊ポスト連載)ほかで書いたためか、元禄快挙への事件直後当時の人々の関心は低かったとする説はここ四半世紀で割と広まっているようです。
 ちなみに神坂次郎は『そしてまた、例の、その翌年の年の暮、元禄十五年十二月十四日の赤穂浪士たちの吉良邸討入りについても、わずかに、(改行)「夜、江戸にて浅野内匠家来四十七人亡主の怨を報ずると称し吉良上野介首を切り、芝専(泉)岳寺へ立退く」(元禄15・12・15)(改行)とあるだけである。(改行)それに文左衛門は、この後の浪士たちの切腹については一行の記入もしていない。』と書いちゃっています。
    • good
    • 0

 元禄年間に江戸でそば切を外食できたかについてですが、今井金吾校訂『定本 武江年表』ちくま学芸文庫には、当時評判の「手そばきり 鈴木町丹波屋与作」を挙げています(元禄年間記事項中)。


 半藤一利の『歴史をあるく、文学をゆく』文春文庫では、出典の明示はありませんが、寛文四年(一六六四。前後の元号をあげると明暦、万治、寛文、天和、延宝、貞享、元禄の順)に江戸ではじめてそば切販売、二八そばとかけんどんそばという名でそば切が流行していき、元禄のころには江戸町人の好むものになっていたものの、当時はまだ俗に夜鷹そばと呼ぶふりわけ屋台のそば屋が主、店舗を構えたそば屋は寥々たるものだった、と書いています(「元禄十五年十二月十五日」の章)。

 池並正太郎の『男の作法』新潮文庫では、そばについてこんなことを書いています。『金さえ持って行けば蕎麦が食べられるから大変便利になった。はじめは太く打った黒い蕎麦を箸でちぎるようにして口へ入れ、丹念に噛みしめるものだった。それがしだいに調理のしかたも工夫されてくる。(改行)たとえば「蒸切蕎麦」などというものができるようになった。これは、湯でさらした蕎麦を水で洗って、それを蒸籠に入れて熱で蒸すんだよ。これを柚子の香りのする汁につけて食べるんだ。』(「徳川綱吉」の章)。
    • good
    • 0

 追記します。



 「鸚鵡籠中記」の元禄十五年十二月十四日条に書かれた吉良屋敷討入りに関する記述は、あとから余白に書き込まれたものです。

 江戸に住む人だって、事件を知ったのは十二月十五日以降です。
 「塵点録」に書かれたことを読むと、事件後しばらくしたら次々に情報が入ってきたことが伺えます。五部作のうち四つは他の人が書いたものとの類似からみて、写本のかたちで広まったものと思われます。

 朝日文左衛門はこれらの情報や自らが過去に見てきた江戸の状況などから、オリジナルを書いたのでしょう。

 江戸にはあちこちに辻番や自身番があって昼夜監視していたし、町では相互監視システムが出来上がっていました。文左衛門はそういうことを知っていたし、川や堀、運河などによる水路移動がよく行われていたので、討入のとき吉良屋敷までは舟で行ったのではないかということを書いています。

 そば屋については、「泉岳寺書上」という史料に楠木屋十兵衛の名ででてきますが、そこには 「手打そは切」 という言葉が記されています。
 しかし、、「手打そは切」 は 『仮名手本忠臣蔵』 が上演されたのちに使われるようになった言葉で、元禄時代に書かれたものにはありません。

 ちなみに、「手打ちそば」 は現在は 「製麺機を使わずに作ったそば」 という意味で使われていますが、製麺機は明治になってから手動のものが発明されたくらいですから、もともとは 「機械打ち」 の対語ではなかったのです。「二八そば切」 と差別化する 「上等なそは切」 という意味で使われていたのです。

  「手打そは切」 は、そもそもは 「手討ち」 と歌舞伎の世界での贔屓筋「手討衆」 によって行われる大入りを祈念しての 「手打」(拍手) の儀式からできた言葉です。
    • good
    • 0

 尾張徳川家の家臣朝日文左衛門の日記 「鸚鵡籠中記」 の元禄十五年十二月十四日条には、次のように書かれています。



 「夜、江戸に而浅野内匠家来四十七人亡主の怨を報ずると称し、吉良上野介首を取り芝専(泉)岳寺へ立退。評見塵点録廿五雑言部」

 「評見塵点録廿五雑言部」を見落としたのか、あるいは孫引きか。「鸚鵡籠中記」には、赤穂事件・討ち入りは数行しか記述がないと本に書いた人が何人もいるので。。。。

 「塵点録」は、文左衛門が父から受け継いで書き残した随筆集です。日記には書ききれないし、詳しくは「塵点録」を読んでください、ということです。

 「評見塵点」のなかには赤穂事件もの五部作があります。このコピーは、大河ドラマ『元禄繚乱』の製作中に、私はNHKドラマ部に資料のひとつとして提供しました。

 五部作のうち四部は、あちこちからかき集めたものを筆写したようです。それだけの数が尾張にまで届いていたということになります。
 文左衛門のオリジナルと思われるものは百ページ以上の大作です。
 江戸に行ったことのある文左衛門なので、江戸の地理や治安などについてもいくらか知ってたようです。そこからの推測と思われる部分は、「なるほど」(笑)

 「塵点録」は翻刻出版されていませんが、愛知県図書館で閲覧できますよ。
    • good
    • 0

>あれはウソだったのでしょうか?



ウソというか、忠臣蔵は「物語」です。
歴史資料では、ありません。
物語は、色々とフィクションを付け加えます。

歴史的資料価値が認められている「鸚鵡○○記」(尾張藩奉行日記)でも、赤穂事件・討ち入りは「数行記述」です。
決して、全国的なニュースでは無かった様ですね。
    • good
    • 0

 kusirosi さんが書かれたことに、少し加筆さ・訂正せていただきます。



>元禄年間の江戸には、
 二階に四十七人入るような立派な そば屋は、まだない。


 元禄年間の江戸には、店舗を構えて座敷あるいは上がり框で客にうどんやそば切を供することを専業とする者はなかった。


>実際には吉田忠左衛門他数名が、移動の途中で、うどん や そばがき を食べたということらしい。


 寺坂吉衛門が書き残した記録(寺坂信行自記)には、次のように書かれています。


 吉田忠左衛門らは米沢町の堀部弥兵衛の借宅に立ち寄り、そこでしばらくの間、討入の門出の祝儀として盃などを酌み交わしました。
 その後、思い思いに、本所林町の堀部安兵衛、徳右衛門町の杉野十平、相生町の前原伊助の三軒の店(たな)に別れて入った。

 で、ココです。
 原文に続いて現代語訳も示します。


 「忠左衛門・沢右衛門其外六、七人ハ両国橋向川岸町亀田屋と申茶屋に立寄申候そは切なと申付、緩々と休息」

 吉田忠左衛門・沢右衛門その外六、七人は 「両国橋向川岸町亀田屋と申茶屋に立寄申候そは切なと申付」、休息した。


 「八ツ前安兵衛宅江参、内蔵助父子一所に装束致し候」

 八ツ前(午前2時頃)に一行は安兵衛宅に到着し、大石内蔵助親子とともに討入り装束で身を固めた。



 真夜中の移動です。
 その途中にある 「両国橋向川岸町の亀田屋という茶屋」 で 「そば切なと」を注文したとは。


 米沢町の堀部弥兵衛宅を出て両国橋を渡る。両国橋の向こう、川岸にある町の亀田屋という 「茶屋」 で・・・


 両国橋を渡ると広場がありました。右手は当時は 「御石置場」。その先を右に折れて竪川の方に歩くと、竪川の川岸に一箇所だけ町のようになっているところがあります。

 竪川に架かる一之橋(一つ目の橋)の手前。
 ここはのちに江戸の岡場所のひとつとなった場所です。

 この当時は 「岡場所」 という言葉はなかったのですが、無許可の風俗営業の店があったのです。

 吉田忠左衛門ら一行は履物を脱いでこの茶屋に上がり、そば切などを食べながら茶屋女とともにひと時を過ごしたのでした。
    • good
    • 0

元禄年間の江戸には、


二階に四十七人入るような立派な そば屋は、まだない。
信州から伝わった ソバの屋台が江戸の街で営業始めたのが、享保年間なので\(^^;)...

実際には
吉田忠左衛門他数名が、移動の途中で、うどん や そばがき を食べたということらしい。

このことにヒントを得て
「饂飩屋久兵衛口上書」という史実を装った義士物の創作読み物で
堀部弥兵衛が、三両払い、うどん屋の二階に集った赤穂浪士が、うどん や そばがきを食しながら
一献かたむけ、討ち入り前の腹ごしらえ したという話になり、
さらに、江戸っ子 に ソバが親しまれるようになり、
討ち入りウドンから討ち入りソバに変じたらしい\(^^;)...
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福島県いわき市周辺のホテル

仕事の関係で、22日から福島県いわき市に行くことになりました。
そこで、前日の21日からいわき市周辺のホテルに宿泊したいのですが、営業しているホテルが見つかりません。
いわき市から多少離れていても良いので、営業中のホテルの情報を教えていただけないでしょうか。
(民宿でも、ネットカフェでも大丈夫です。)



よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

いわきプリンスホテル
http://www.iph.co.jp/home.html

がやってるようです。ただ現在いわき市の一部は
原発の屋内退避地域になっていますので
よく確認してからお越し下さい。

Q吉良邸の住所

元禄15年12月14日(1703年1月30日)の深夜に、赤穂藩の浪人47名が江戸郊外、本所の吉良邸に討ち入って、吉良上野介の首をとったといいます。

「江戸郊外、本所」にあったという吉良邸の住所を今の町名で表わすと、東京都何区何町何丁目・・・ですか。ご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

墨田区両国3-13-29本所松坂町公園だそうです。
そこから泉岳寺まで歩いて凱旋したのですね。

Q福島県いわき市について

今、就職活動中の大学生です。つい最近、福島県のいわき市にある会社から内定をいただきました。まだそこに就職するか決定はしていないのですが、早めに返事を出さないといけないような状態です。それで、就職にあたって僕の理想の土地環境というのは、今まで田舎で暮らしてきたので東京のようなゴミゴミしたところよりも「自然」と「生活していくのに困らない程度の町並み(お店とか)」があれば良いと思っています。そこで質問(相談)したいのですが、いわき市はどのような感じの町なのでしょうか?一応、試験を受けに実際にいわき市まで行きましたが、僕の予想以上に田舎という感じだったので少し戸惑っています。知りたいのは、どのくらいの都会度(?)なのかということです。実際に見てきたのはいわき市の極一部でしかないですので、もう少し詳しく町の様子が知りたいです。ただ、いわき市のHP等を見て、温泉やゴルフ場が沢山あるということはわかっています。希望としては『新潟市』か『郡山市』くらいの町並みは欲しいかなぁと思っているのですが…さすがにそれは無理でしょうか。ちなみに現在は福島県の会津若松市に住んでいまして、最低限、会津若松市くらいの町並みは欲しいです。

かなり狭い地域ネタの話ですが、福島県内やいわき市に在住の方、もしくはいわき市に行ったことがある方に御意見などをうかがいたいです。ここがオススメ、と言ったところなどもありましたら宜しくお願いします。

今、就職活動中の大学生です。つい最近、福島県のいわき市にある会社から内定をいただきました。まだそこに就職するか決定はしていないのですが、早めに返事を出さないといけないような状態です。それで、就職にあたって僕の理想の土地環境というのは、今まで田舎で暮らしてきたので東京のようなゴミゴミしたところよりも「自然」と「生活していくのに困らない程度の町並み(お店とか)」があれば良いと思っています。そこで質問(相談)したいのですが、いわき市はどのような感じの町なのでしょうか?一応、試験...続きを読む

Aベストアンサー

とても晴れた日が多く、風の強い街だったという印象があります。
いわき市内の会社ということは、好間工業団地あたりですかね?
大学が沢山ある街だったので、どちらかといえば活気のある街でした。
車は生活必需品になります。(なにせ、日本一広い市らしいので)
車さえあれば、何でも手に入る便利な街でした。
どちらかといえば、一極集中でなく、散在型の街でしたので、街並みを期待するのは酷です。

Q吉良邸討ち入り時刻の真相

あの日は12月。温暖化が騒がしい今日よりも江戸は寒かった筈。

という事で

夜未だ明けぬ(今日でいう)4時か5時に討ち入りは始まった、といえば真実味はありますがね。

一番起き辛い時刻ですからね。

なかでも午前4時説が多数派でした。

ところが

池宮彰一郎の著作を読むと、午前0時説を採用していますね。

すると激闘は6時間ぐらいは続いた事になります。6時間も抜き身を引っさげて戦えるものか?当然不可能です。

途中で、どちらからともなく、休憩時間となり、浪士側は座り込んで、食事までした、とあります。

正確には戦いは5時間、6時間、7時間・・・・どの位かは分りません。

ただし思うに

午前0時討ち入り開始は、当時の生活リズムに沿ったものとも言えます。

部屋の照明は暗く、TVやネットはなく、今日より粗食で、となれば早めに寝るより仕方がないのではないですか?

人間は寝入りばなの睡眠は深い。そこを狙ったとするのが0時説。

吉良方の武士が自室でOKwaveに夢中になっていて0時になったとしたら彼らはいち早く気付いたでしょうが、そうはならなかった。

通説である4時または5時説を採れば、戦いは1時間ぐらい(あるいはもう少し)で終ったでしょうね。
現場から泉岳寺までは徒歩3時間ぐらいはかかりますから。

泉岳寺までの示威行進は朝(午前中)ですね。江戸の町人達が道端でそれを見守っている。深夜ならそれは不可能だった筈です。

となると0時に乱入したとしても1~2時間では終らず、6時間以上かかり、そして朝となった。途中で休息を入れたとしてもちょっと長すぎる?

自分の気持ちの中では0時説が有力となってきています・・・・・・・


どうなんでしょう。4時(または5時)討ち入り開始。あるいは0時に討ち入った。どちらも真実味はあるのですが・・・・・さて?

あの日は12月。温暖化が騒がしい今日よりも江戸は寒かった筈。

という事で

夜未だ明けぬ(今日でいう)4時か5時に討ち入りは始まった、といえば真実味はありますがね。

一番起き辛い時刻ですからね。

なかでも午前4時説が多数派でした。

ところが

池宮彰一郎の著作を読むと、午前0時説を採用していますね。

すると激闘は6時間ぐらいは続いた事になります。6時間も抜き身を引っさげて戦えるものか?当然不可能です。

途中で、どちらからともなく、休憩時間となり、浪士側は座り込んで、食事までし...続きを読む

Aベストアンサー

sonohinioware51 さん、こんばんは。

12月14日ですから、晴れていれば満月に近い月が煌々としていた夜でしょうね。
(wikiでは、月齢13.6で晴天だったとのこと)
そして明け六つの時間(白々と明るくなるころ)は今の5時半頃だったと思われます。
一晩中明るかったと考えれば、夜討ち・朝駆け両方とも可能だと思われます。

少人数での討入りを考えれば、短時間での奇襲・制圧が最も妥当ではないでしょうか。
朝寒い中、こちらは移動で体が温まっているが、敵は寝ていて動きが鈍い。

私は朝4時前後の討ち入りを支持します。

参考URL:http://ww6.enjoy.ne.jp/~kisk/LocalStudy_Dat/Time.htm

Qいわき市で関東の民放放送(UHF局除く)の地デジは受信できますか?

いわき市で関東の民放放送(UHF局除く)の地デジは受信できるのでしょうか?
ご存知の方は教えてください。
ちなみに、いわき市の小名浜方面に住んでいます。

Aベストアンサー

やってみないとわかりませんが、

いわき市小名浜であれば、場所によって高利得アンテナで
日立市十王町の高萩局(十王中継局)が受信できるかと思います。
現在、アナログが受信できていれば可能性は高い。

十王中継局の民放は2008年開局予定で、放送開始はまだのようなので、
まず、高利得アンテナで十王中継局のNHK-G(47ch)、NHK-E(39ch)の受信を試してみては。
いわき勿来局のchと重なってはいないようなので、可能性は高い。

Q赤穂浪士の吉良邸襲撃の成功の要因は?

赤穂浪士47名が吉良邸に討ち入って、吉良殺害を成し遂げました。
吉良家は死者16人、負傷者23人に対して赤穂浪士は数人の負傷ですみました。
この圧倒的な差の要因は何でしょうか?
赤穂浪士は甲冑を着て戦っていたのでしょうか?
あるいは吉良家には戦える武士が少なかったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

物理的に検証しますと、
1.浪士側は鎖帷子を着込み防御武装していた。  この防御武装では刀では斬れず打撲傷を与える位です。
一方吉良側は寝込みを襲われ寝間着のママの防戦でした。
2.浪士側は暖かい食事、酒で暖をとり十分な準備をしていました。
吉良側は寝起きから寒い寒気に曝され、しかも裸足が多かったといいます。  ある実験では雪中裸足でいると、感覚が麻痺し適格な判断能力や運動能力を欠くようになるという結果が出ています。
3.浪士側は吉良側の長屋の雨戸をくさびで開けられぬようにし、屋外で多数の人数が居るように見せかけのかけ声を交わし、弓を雨戸に射て飛び道具があるように擬装して吉良側の戦意をくじく工夫をした。
吉良側は雨戸が開かず、戸外に出る事ができず、(当時の長屋の雨戸は一カ所でも動かないと開けられない構造でした) 多数の敵がいると錯覚した。
4.浪士側は敵1人に対し2~3人が組になって戦うことにしていた。

このように準備が万全な浪士側に対し統制のある抵抗はできなかった事が吉良側の敗因でした。

Q街の蕎麦屋ってどうして狭いんですか?

街の蕎麦屋は狭い。
なんとまあ、狭いことよ。
四人用のテーブルで四人座ったら肘が横とぶつかるし、前の人の汁が跳ねてこちらの丼に入る。ファミレスの余裕振りと比べてください。
同じ蕎麦屋でもデパートに入っている蕎麦屋は余裕がある。街の蕎麦屋、なんとかもう少しテーブルを広くして椅子も大きめの椅子にしてゆったりとできないものだろうか?

Aベストアンサー

ファミレスは、一人当たりの滞在時間は長いです。
そして、お客の入る時間は、お昼丈ではなく、お茶や夕食時もあります。

ところが、そば屋は、滞在時間はとても短いです。
そして、通常はガラガラ。
混雑するのは、お昼休みの一時間程度です。
お昼意外にお茶しにきたり、デザートを楽しむようなお客はいません。
僅か一時間のために広ーいスペースを確保するのは、非効率的じゃありませんか。

夜は、日本酒を傾ける客もいますが、それほどの混雑にはなりません。
空席に挟まれて座りますから、問題ありません。
そば屋で夕食という人はすくなく、一杯飲む客か、残業食のようなものですから、満席になることはめずらしいです。

Q吉良邸では、どうして赤穂浪士襲撃に備えて

吉良邸では、どうして赤穂浪士襲撃に備えて番犬を飼わなかったのでしょうか?歴史にもしもは禁物ですが、吉良邸で番犬を数匹、 飼っていれば赤穂浪士たちの襲撃を事前に察知し、ある程度の防御はできたかも知れないし、上野介義央も無惨な死に方をしなくてもよかったかも知れません。
補足
赤穂浪士たちが邸内に侵入を開始した時、それを察知した番犬たちが、いっせいに吠え、それを聞いて吉良邸内にいた者たちが不審者たち(赤穂浪士)の侵入に気づき、警戒を強化していたと思って・・・。

Aベストアンサー

その当時の将軍は徳川綱吉です
生類憐みの令という法律が出されていました。
お犬さまを番犬として使役するなど、もっての他という
時代だったんです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E9%A1%9E%E6%86%90%E3%82%8C%E3%81%BF%E3%81%AE%E4%BB%A4

Q蕎麦屋

関西は、蕎麦屋はうどん屋も同じになってるかな。
専門店はあるけど、ふつうの飲食店は蕎麦もうどんもあります。丼物もね。

関東は、「蕎麦屋」は、お酒を飲むところですよね。
蕎麦は、夜に食べる物となっていますか。
関西みたいに、お昼ごはんに蕎麦を食べますか?
うどん屋と蕎麦屋は別ですか?
麺処という食堂があるのでしょうか。

Aベストアンサー

>関東は、「蕎麦屋」は、お酒を飲むところですよね。
>関西みたいに、お昼ごはんに蕎麦を食べますか?

両方です
昼食に蕎麦屋もうどん屋も関東でも普通に
食事がができますよ。

>関東は、「蕎麦屋」は、お酒を飲むところですよね。
ただ江戸時代から関東では、蕎麦屋で昼から酒を飲む文化は
会ったみたいです。

自分も今日の昼食は、舞茸天ぷら、馬刺し、水菜のナス漬けと
日本酒、あとざるそばでした。

ただ蕎麦屋が、飲むとこではなく、飲みたい人が
飲めるとこなんです。
ただ、今は店によりますよ。

Q赤穂浪士で有名な吉良邸の場所は?

約300年前、赤穂浪士が吉良邸に討ち入りをした話は有名ですが、吉良邸というのは現在でいうと、どこにあったのでしょうか? ご存じの方がいましたら教えてください。m(_ _)m

Aベストアンサー

おはようございます。

現在の両国三丁目の本所松坂公園にありました…。

http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/photo/kiratei/index.htm

参考URL:http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/photo/kiratei/index.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報