現在、木造2階建ての高気密高断熱住居を新築しましています。

 工事は既に完了し、引き渡しまであと少しの段階です。

 つい最近ハウスメーカーの現場監督とうちの奥さんと私の3人で
約8時間程家の中を引き渡し前の検査を実施しました。

 ドアの開き具合など色々な項目をひととおりチェックし終わって
夕方家に帰りリビングに横たわると頭がボーっとしたり胸焼けが
したり気分が悪くなったりとなんか体調がすごくおかしくなってしま
いました。

 最初は慣れない検査をしたので気疲れかなと思っていたら
うちの奥さんも真っ青な顔をして全く同じ症状で気分が悪くなった
と言ってきました。

 そこで誰か詳しい方へいくつか教えてもらいたいのですが。

 (1).これって最近よく話に聞く『シックハウス症候群』ってやつなんでしょうか?

 (2).もし仮にそうだとしたらこれはどこか公的な機関が定めた基準みたい
   なのがあるのでしょうか?

 (3). もしそういった基準が定められていて、その基準値を超えている可能性が
    あればハウスメーカーに対してVOCの測定や是正等の要求をする事が
    出来るのでしょうか?
    (引き渡し前なので出来ればそれまでに要求したいです)

 (4).もしそういった基準が定められてなく引き渡し後に自分達でなんとかしないと
    いけないのであれば24時間換気やベークアウト以外で何か良い方法はありません
    でしょうか?(空気清浄機じゃダメですか?)

 (5).だいたいどれくらいの期間我慢すればVOCガスの発生は気分が悪くならない
    レベルまで収まるのでしょうか?

 いろいろ教えてもらいたい事が沢山あるのですが誰か詳しい方がいれば
どうか良きアドバイスをよろしくお願いいたします。
 

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まったく同じ症状があり、11月に質問させていただきました。


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6342464.html

質問を締め切ったあとの報告です。
空気の検査をした結果、13項目はどれも0に等しい値でした。
(引っ越し前に採取してもらいましたが、結果が出るのに3週間かかりました)
また、大勢の人が出入りしましたが、私以外に不調を訴えたのは皆無でした。
ごく微量の値に対して、アレルギーのある私だけ症状が出たようです。

念願の新居に入れないのは悲しいし、具合が悪くなるのはもっと困るので、
みなさんの回答を参考にして、すぐできることから始めました。
引っ越しを一週間遅らせ、その間に「室温を上げる・空気を入れ換える」を繰り返しました。
その結果、一週間後には、閉め切った部屋にいてもほとんど不快感が無くなりました。
でも、24時間換気は稼働していたものの、長時間留守をして帰ると、やや不快感がありました。
入居後も空気の入れ換えに心がけたところ、二週間後にはまったく無症状になりました。
入居して1ヶ月後に、シックハウスでマンションを引っ越した経験のある友人が来ましたが、
まったく何の症状を訴えることのないまま一泊して帰りました。

長々しくなりましたが・・・
(1)シックハウスです。
(2)基準があります。
(3)大手有名メーカーであれば、検査をしてみても酷い数値にならないと思います。
我が家と同じで0に近い値だとすれば、是正要求は無理だと思います。
(4)こんな寒い時期で大変でしょうが、入居前にちょっとチャレンジしてみてください。
私がやったように「壁の芯まで温める、開口部を全開して空気を入れ換える」を繰り返します。
暖房費もかさみ、根気も要りますが、とにかく一日何回も繰り返します。
こうすることによって、熱で放出した化学物質が風に共に去っていきます。
(5)我が家の場合は一週間でした。1ヶ月後に完璧だったと思います。

専門家ではありませんが、ごく最近の経験談(木造二階建ての高気密高断熱住宅)です。
シックハウスを感じてから二ヶ月、今では、暖かくて静かな家の中で夢のような毎日です。
質問者さんにもそんな日々が早く来ることを祈っています♪
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。

 実体験とても参考になりました。

 引き渡しが終わってから暇があれば新居へ寄りエアコンを最強にしてしばらく部屋を暖め、また今住んでいるアパートへ帰る際にはエアコンを切り24時間換気を起動させたままにしておくというのを約1ヶ月ほど繰り返し続けてみました。

 結果、かなり効果があり今は全然気にならないレベルまでになりました。

 頭痛などの症状もまったく出ません。 

 みなさんのアドバイスのお陰でようやく入居の準備をすすめる事が出来ました。

 とても感謝しています。

 どうもありがとうございました。

 

お礼日時:2011/03/01 08:34

大手のハウスメーカーであれば、すべて合法の集成材、合法の新建材、合法の接着剤を使用していますので、法的責任は問えないと思います。

一度、測定させることは無意味ではないですが、ハウスメーカーの適法性を立証することになるだけの様な気もします。結局、現在の法は、消費者を守るよりも、ハウスメーカーを守る方に機能しますので、消費者は自分で自分を守らなくてはなりません。

入居者の個人差があるので一概には言えませんが、ベークアウトすることで(その方が)住めるようになることが多いようです。

ベークアウトはしたくない、またベークアウトしても(その方が)住めない場合、”新築未入居”として売り出すことになります。
ただ、新築未入居で売り出しても、建築費を上回る値段で売れるケースは稀ですから、はある程度経済的な損失を覚悟しなくてはならないでしょう。

しかし、一度住んでしまうと”新築未入居”でなくなり、築浅中古物件として建設費の60%~50%で買い手が見つかればよい方です。経済的損失を最小化するためには、新築未入居の状態で買い手を探してもらう方が良いかもしれません。

(質問者さんご夫婦が)住めるようになるかどうか保証の限りではありませんが、ベークアウトに挑戦してみてはいかがでしょうか。あるいは、多少予算が掛かりますが、ビニールの壁紙をはがし、化学糊の残った壁板をプレーナーで研磨し、そのあとに天然糊で和紙など「紙の壁紙」を張ると改善するかもしれません。(「紙の壁紙」などという変な表現をしなくてはならない時代ですね。)

私が”新築未入居”物件を買う立場に立てば、値段を交渉したうえで購入し、ベークアウトしてから入居するようアドバイスします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答どうもありがとうございます。

 引き渡しが終わってから暇があれば新居へ寄りエアコンを最強にしてしばらく部屋を暖め、また今住んでいるアパートへ帰る際にはエアコンを切り24時間換気を起動させたままにしておくというのを約1ヶ月ほど繰り返し続けてみました。

 結果、かなり効果があり今は全然気にならないレベルまでになりました。

 頭痛などの症状もまったく出ません。 

 みなさんのアドバイスのお陰でようやく入居の準備をすすめる事が出来ました。

 とても感謝しています。

 どうもありがとうございました。

 

お礼日時:2011/03/01 08:29

僕の場合は、他の回答者様とは違った観点からコメントを記したいと思います



現在あなた方の症状は、化学物質過敏症かシックハウス症候群であると思います

僕の義理の兄がひどい化学物質過敏症で3年以上続いており、自宅以外ほとんど他の建物に入ることができません
僕は依然タバコを吸っていましたが、その時は、会うこともできませんでした
義理の兄の発症のトリガーは事務所の新築でした(原因は使用塗料にありました)
当然のことながら、会社に出勤することができなくなり、自宅待機・勤務です(会社側がその責任を認め、給与は支給されております)

化学物質過敏症であるとすると、この問題の引鉄(トリガー)となったのは、この新築住宅にあると思われますが
もっと大きな問題は、化学物質過敏症のスレシホールド(閾値)をあなたも奥さんも越えてしまった(許容量を一定以上超えると引き起こされる)となると大変なことで、外出にはかなりの制約を受けることになります

シックハウス症候群である場合は、厚生労働省が13種類の揮発性有機化合物について濃度指針値を示しております
この濃度指針値は「一生涯その化学物質について指針値以下の濃度の暴露を受けたとしても、健康への有害な影響を受けないであろうとの判断により設定された値」とされております
但し
(1)物質の室内濃度が指針値を超過した場合に、直ぐにシックハウス症候群を発症するわけではないこと
(2)人によっては指針値以下の濃度でも発症する
(3)これら以外の物質も原因となりうる
という点に注意すべきであります

どちらにせよ専門医がいる病院にすぐに行かれることをお勧めします
北里大学病院は特にお勧めできる病院です
義理の兄は、色々な病院を渡り歩きこの北里大学病院に辿りつきました
現在山形から相模原まで通っております

お大事にしてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。

シックハウス症候群の怖さをあらためて思い知らされ、お陰で本気になって対策に打ち込む気になれました。

 引き渡しが終わってから暇があれば新居へ寄りエアコンを最強にしてしばらく部屋を暖め、また今住んでいるアパートへ帰る際にはエアコンを切り24時間換気を起動させたままにしておくというのを約1ヶ月ほど繰り返し続けてみました。

 結果、かなり効果があり今は全然気にならないレベルまでになりました。

 頭痛などの症状もまったく出ません。 

 みなさんのアドバイスのお陰でようやく入居の準備をすすめる事が出来ました。

 とても感謝しています。

 どうもありがとうございました。

 

お礼日時:2011/03/01 08:31

1)シックハウスの症状だと思います。


2)基準はあります。
3)VOCの測定や是正等の要求をする事が出来るのでしょうか?
出来ると思います。これは24時間換気扇を回していて基準を超えていれば問題になります。
4)空気清浄機は効果ありません。
5)これは花粉症と同じで、原因物質があっても、何も感じない人と、とても重い症状になる人が居ます。
症状が出なくなる期間は誰にも解りません。

高気密高断熱住居で、まだ24時間換気を回してない状態だと思われます。
家を建築された材料はすべて基準に適合されている物を使用されていると思います。
(会社に使われた材料の資料の提出を求める事が出来ます)
適切な材料で作られていましても、室内を密閉状態にしていますと、VOCの濃度は上がります。
VOCは最初は沢山出ますが、時間と共に出る量はとても少なくなります。

今回の主な原因は、高気密高断熱住居で換気が行われていない状態でVOCの濃度は上がり過ぎたのが原因だと思います。
換気をされ、24時間換気扇を稼働させれば改善されると思います。

引き渡しを受ける前に、もう一度確認する必要があります、監督と相談して行ってください。
それで問題があるようでしたら、原因を探り改善しなくてはあいけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。

 引き渡しが終わってから暇があれば新居へ寄りエアコンを最強にしてしばらく部屋を暖め、また今住んでいるアパートへ帰る際にはエアコンを切り24時間換気を起動させたままにしておくというのを約1ヶ月ほど繰り返し続けてみました。

 結果、かなり効果があり今は全然気にならないレベルまでになりました。

 頭痛などの症状もまったく出ません。 

 みなさんのアドバイスのお陰でようやく入居の準備をすすめる事が出来ました。

 とても感謝しています。

 どうもありがとうございました。

 

お礼日時:2011/03/01 08:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシックハウス症候群?

自分がシックハウス症候群ではないかと思っています
小さい頃から喘息やアトピーを患い 今は乾癬にもなっています

ちょうど新築のマンションに引っ越してから特に悪化したように感じます

自分がシックハウス症候群かどうか確かめるには何科に行けばよいでしょうか?また神奈川~東京近郊で、良い病院があったら教えてください。

Aベストアンサー

新築マンションのペンキや建材や壁紙の接着剤などから蒸発するトルエンなどの石油系ガスによって喘息や呼吸器系疾患になるようです。
マンションの数ヶ月にわたる室内の換気(シックハウスガスがほとんどでなくなるまで数ヶ月から1年間位)や養生が必要かと思います。室内のシックハウスのガス濃度や成分の検査依頼が必要ですね。ガス濃度が低くなるまで何らかの対策が必要でしょう。

実は僕も勤務先の部屋の移動で移動先の壁の塗り替えがあり、塗装の塗り替えや床の張替え直後(ほとんど密室状態)の部屋に入り、窓をいつも1/4位開けっ放しにしてましたが、シックハウス症候群になって呼吸が苦しく喘息のような状態になって半年以上苦しみ悩まされました。勤務があるのでまったくその部屋(個室)にいないわけにはいきませんので悩みました。この事件で、シックハウスに興味をもっていろいろ調べるきっかけになりました。

Q木造在来工法での高気密高断熱住宅の建築は可能か?

設計がしっかりしていれば、木造在来工法で高気密・高断熱で結露しない住宅の建築は可能でしょうか?

木造の高気密・高断熱で結露を防ぐには外張り断熱しかないのでしょうか?

木造だと経年変化による気密性、断熱性の低下が大きいと読んだことがあるのですがいかがだでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

設計よりも施工の精度ではないでしょうか。
私は建築界にゼネコン・設計事務所・大学教員として40余年携わりました。
私は13年前、木造軸組の在来工法(基礎は布基礎)で自宅を建てました。
近年、高気密・高断熱と称される建物になっていると思います。
外壁は外断熱・屋根も外断熱で棟部分に通気金物を付けています(大建工業仕様)。
内部の仕上げ下地は石膏ボード(12ミリ+9ミリ)二枚重ねなどで、柱の間など断熱材などの隙間埋めは標準仕様です。
床に就いてもフローリングは杢板(15ミリ)・捨て床・杉板(18ミリ)で、必要に応じて遮音板(12ミリ)を挿入しました。
但し、地域は九州で窓は二重ガラスの必要性は認めませんでしたので、熱線吸収ガラス(5ミリ)を入れただけです。今にして思えば複層ガラスがベターだったかとも。
経年変化は、外部塗装に見られますが、軸組等基本的部分には見られません。2年前の福岡県西方沖地震で震度:6弱の揺れを体験しましたが、建物・敷地には何の異常も見られませんでした。
要するに、施工業者の資質が大きいと思います。
拙宅の施工者は忠実に設計の趣旨を理解して、施工してくれました。
こんな業者は少ないように見聞します。

設計よりも施工の精度ではないでしょうか。
私は建築界にゼネコン・設計事務所・大学教員として40余年携わりました。
私は13年前、木造軸組の在来工法(基礎は布基礎)で自宅を建てました。
近年、高気密・高断熱と称される建物になっていると思います。
外壁は外断熱・屋根も外断熱で棟部分に通気金物を付けています(大建工業仕様)。
内部の仕上げ下地は石膏ボード(12ミリ+9ミリ)二枚重ねなどで、柱の間など断熱材などの隙間埋めは標準仕様です。
床に就いてもフローリングは杢板(15ミリ)・捨て床・...続きを読む

Qシックハウス?

賃貸物件ですが築6年立っています。
夫はここに新築当初からすんでいましたが、最近になって(私が大掃除をしたあと)皮膚にアレルギー反応がでてます。
私はこの家に来て2ヶ月で蕁麻疹がでて、皮膚科で治療の上落ち着いた状態dす。

シックハウスにしては、築年数が長いと思うのですが、経験などからこれがシックハウスだという懸念はありますか?

Aベストアンサー

大掃除で何か洗剤とか利用されていませんか?
新しい家具とか今までと違うものが入ってきていませんか?

6年ならシックハウスであれば、ふつう落ち着きそうなもので、
今更新規でというのも考えにくいと思います。

皮膚科でみてもらえればアレルギーなのかダニのようなものなのか判別着くはずです。

Q高気密高断熱の住宅工法またはハウスメーカー

高気密高断熱住宅で性能の高い工法はどのようなものでしょうか?またどこのハウスメーカーのどのプランが性能が高いか教えてください。

Aベストアンサー

北海道在住者です。

7年前に新築いたしましたが、私が選んだのはトステムの「スーパーシェル」工法です。
高気密・高断熱はもとより耐震性能にもこだわって選びました。
施工自体は認定工務店がいたしますが、躯体完成時に全棟機密測定を行います。
当時の実測値で、C値0.1、Q値1.5で、ごく最近の「高気密・高断熱」を謳っているメーカーでも、
実測でこの数値を出せる工法はそう無いと思います。

当時FPで施工し、実際に気密測定をされたモデルハウスにもよく見学に行きましたが、
数値の桁が1つ違っていたことを、よく覚えています。
それでも疑り深い私は、札幌のトステムの工場まで見学に行きましたが。
実際1年ほど勉強しましたから、建築の際にはプロの言っている事はほとんど理解できました。

スーパーシェルも近年「スーパーシェル2×6」に進化し、さらに性能がよくなったようです。
地元に認定工務店があるようでしたら、ご一考の価値はあると思います。

今でもモデルハウスはよく見学に行きますが、「(スーパーシェルは)高かったでしょう?」
と聞かれますが、実際は驚くほど安かったです。
完全2世帯住宅で床面積が広いこともありますが、単純に坪数で割ると
40万を切ってしまいました。
ビルダーさんの努力によるところ大なので、参考にはならないとは思いますが、
ハウスメーカーと比べて、決して高くはならないと思います。

北海道在住者です。

7年前に新築いたしましたが、私が選んだのはトステムの「スーパーシェル」工法です。
高気密・高断熱はもとより耐震性能にもこだわって選びました。
施工自体は認定工務店がいたしますが、躯体完成時に全棟機密測定を行います。
当時の実測値で、C値0.1、Q値1.5で、ごく最近の「高気密・高断熱」を謳っているメーカーでも、
実測でこの数値を出せる工法はそう無いと思います。

当時FPで施工し、実際に気密測定をされたモデルハウスにもよく見学に行きましたが、
数値の桁が1つ...続きを読む

Qシックハウス症候群でしょうか?

古い賃貸マンション(室内リフォーム済み)に、入居しました。
4日前に入居したのですが、
•目に痒みや違和感
•肌が痒い、ピリピリする
•変な、独特の臭いを感じる
•たまに、頭痛がするなどの症状があります。

これは、シックハウス症候群の可能性がありますか?

可能性があったとして、すぐに引っ越しは出来ないのですが、
どういう対策を取ればシックハウスは減りますか?

Aベストアンサー

「可能性はある。」ように思います。

原因は「糊」「接着剤」等であることが多く、「室内リフォーム済」が原因の
可能性があるように思います。

塗装を新しく塗り替えたり、壁紙等を新しいのに変えたり、した可能性が高く、
その時の、塗料の成分、糊の成分等で、発症する事例があるようです。

対策は、可能な限り、換気をする事に付きます。
こういう揮発性のあるものが原因である場合には、時間の経過と共に、
ある程度の加速度を伴って、濃度が減少していく、と言うデーターを
見たことがあります。

特に、入居されるまでは、閉め切っていたでしょうから、濃度が高くなって
いた可能性があります。

ホルムアルデヒド他、揮発性物質濃度を測定する機材もあると思いますが
なかなかその辺では所持していませんし、測定できても、原因が解るだけで
解決にはなりません。

取りあえず出来る事は、換気を可能な限り行う事、だと思います。
1週間もすれば、大分今よりましになると思います。

但し、敏感な方もいらっしゃいますので、個人差であまりひどい場合は、
転居も考えるべきかも知れません。


一般的に、今は、ホルムアルデヒドを発生させるような糊、塗料、等は
使用しないようになっている、と思いますが、どこかを補修したりして
業者が、認識せず、使用している場合もあります。(例えば作り付け家具等)

お気の毒ですが、この位です。
(記憶が曖昧ですが、濡れタオル等を室内で振ると、効果がある、と
どこかで聞いたような記憶が若干あります。眉唾かも知れません。)

「可能性はある。」ように思います。

原因は「糊」「接着剤」等であることが多く、「室内リフォーム済」が原因の
可能性があるように思います。

塗装を新しく塗り替えたり、壁紙等を新しいのに変えたり、した可能性が高く、
その時の、塗料の成分、糊の成分等で、発症する事例があるようです。

対策は、可能な限り、換気をする事に付きます。
こういう揮発性のあるものが原因である場合には、時間の経過と共に、
ある程度の加速度を伴って、濃度が減少していく、と言うデーターを
見たことがあります。

特に、...続きを読む

Q高気密・高断熱&シックハウス・・・

九州の者です。
冬場の部屋の寒いのが嫌な為、高気密・高断熱で建築したいと考えています。
通常のHMで、オプションつけてでも高気密・高断熱にこだわろうしていますがどこまでのレベルでできるのかが分かりません。
20畳のリビングで4k,5k位のエアコンが通常必要のようですが、それ以下の容量のエアコンで暖かい部屋が維持できる仕様って出来るのでしょうか?
それと、あまり高気密・高断熱にするとシックハウス症候群になると聞きますが実際、高気密・高断熱しすぎるとやはり問題になりますでしょうか?
北陸、東北、北海道地方は、高気密・高断熱仕様にしている家が殆どだと聞きます。
ご教示の程、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北東北在住です。

恐らく”高断熱高気密にやりすぎ”ということはないですというように
高断熱高気密を絶賛している方からコメントが付くと思いますので、
メリットはそちらに譲るとして。。。(笑)

少々デメリットを述べたいと思います。

”高断熱”はやりすぎということはないです。

九州でも暑さ対策の高断熱は十分に意味のあることです。

ただ、高気密についてはC値2くらいは良いですが、それ以下の
”超高気密”までする実益は一般住宅の場合ないという実験結果
がでています。

換気を24時間100%機械に頼らなければいけなくなること、
熱交換型の換気システムでも一定程度の熱損失は避けられないこと、
換気システムのイニシャルコスト、ランニングコスト、メンテナンス
コストが大きくなること、室内を100%自然素材にできない場合
ホルムやシックハウスの恐れがあること(ご家族にアレルギーや喘息
などの方がいればなおさら注意が必要です)、機械換気だけで建築基
準法で定める0.5回/hの換気を行ったとしても実際は換気不足で
あること、等々。。。

様々なデメリットがあります。

もちろん”超高気密”にするためのイニシャルコスト、それを維持する
ためのランニングコスト、健康面での安全性、快適さのバランスにな
ります。

北東北や北海道でもC値2程度(いわゆる高気密)で十分に快適な家
はたくさんあります。

家造り、がんばってください\(^o^)/

北東北在住です。

恐らく”高断熱高気密にやりすぎ”ということはないですというように
高断熱高気密を絶賛している方からコメントが付くと思いますので、
メリットはそちらに譲るとして。。。(笑)

少々デメリットを述べたいと思います。

”高断熱”はやりすぎということはないです。

九州でも暑さ対策の高断熱は十分に意味のあることです。

ただ、高気密についてはC値2くらいは良いですが、それ以下の
”超高気密”までする実益は一般住宅の場合ないという実験結果
がでています。

換気を2...続きを読む

Qシックハウス症候群と化学物質過敏症

シックハウス症候群と化学物質過敏症の違いがわかりません。
どなたか詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

シックハウス症候群とは建物(住まい、職場)の室内空気の汚染が原因で発症する病気(病気と認識しない医師もおります)です。一方化学物質過敏症は建物とは関係無く、微量な化学物質を摂取することによって自律神経、中枢神経を中心として、内分泌、免疫系疾患が生じることを指します。日本ではほとんど同義に使われている場合が多いのですが、化学物質過敏症には建物の室内空気汚染に起因するシックハウス症候群が存在すると解釈して構わないかと思います。詳しくは(社)日本建築学会編『シックハウス事典』の最初に掲載されています。日本ではシックハウス症候群を主に建築の専門家が(例:日本建築学会)、化学物質過敏症を医師が(例:日本臨床環境医学会)研究を進めていると言ったら過言でしょうか?日本臨床環境医学会のHPは現在有りませんが、日本建築学会のHPを参考まで下記に記載しておきました。

参考URL:http://news-sv.aij.or.jp/iapoc/IAPOC.htm

Q高気密高断熱工法 気密試験C値の件

高気密高断熱住宅の気密試験について、次の2点を教えてください。

(1) 気密試験の実施時期

施工のいつ頃、何回、気密試験を行うものなのですか。
例えば木工事が終了した時と引渡し時とかですか?
本当の住宅性能を測るのであれば、完成時に測定するのが適当かと考えてます。木工事終了時であれば、それ以降にまだ電話線の引き込み工事等で壁に穴をあける可能性もありますよね?

(2) 検査結果の定量的【良】判定値(妥当値)

地域(1)(2)区分で2.0以下、(3)以上の地域で5.0以下と定められているかと思います。
0.9以下を基準値としている場合、本当に適切な数値ですか?高性能住宅の場合はどのくらいの数値なのでしょうか?

よろしくお願いします。
  

Aベストアンサー

>断熱気密工事終了時と竣工引渡し前では、検査結果にいおて一般的に後者の方が
>気密度合い劣位となりますでしょうか。

通常、竣工時、C値が落ちたとしてもごくわずかです。ほとんど変わりません。
ただ、余談ですが・・・外断熱工法のうち、断熱材が突きつけで、テープで気密を取るウェイトの高いものは、経年変化的に、また、大きな地震力を受けた後など、未知数の部分はあります。

>電話線の引き込み工事等で壁に穴をあける可能性もありますよね?

こうゆうこともほとんどありません。
高断熱・高気密をコンスタントに施工しているビルダーさんは、元請は言うまでもなく、電気設備・給排水衛生設備業者も、勘所をよく理解していますから。
(その逆だと、ちょっと心配はありますが・・・)

Qシックハウス、シックスクールは和製英語?

タイトルのとおりです。シックハウス、シックスクールと英語圏の人に言って通じるのでしょうか。
シックハウス(症候群)という言葉が定着してきたのは、ここ15~10年ぐらいのことだと思うのですが、個人的には、なんか感じの悪い和製英語が定着してしまったなあという感じです。かつて1回だけ「新築病」という表現をしていたニュースがあり、私としては、そちらが定着してくれればよかったのにと思っております。

Aベストアンサー

以前に気になって調べたことがあります。

アメリカのyahoo.comに入って

"sick school" "sick house"

と引用符をつけたまま検索すると明らかに英語圏のサイトと思われるものが多数ヒットします。

紛れもなく「使える英語」です。

Q新築で高気密・高断熱でないのは一般的?

建設条件付の土地売買契約を締結し、建築請負契約の直前まで来ました。
今まで建築会社の会社パンフレットやHPを見て、同社は高気密・高断熱、2X4等を謳い文句としていたので、てっきり私の家も高高だと思っていました。

しかし、暖房設備の相談をしたところ、営業担当の方から「建築する家は高気密でも、高断熱でもありません。」と言われ凍りつきました。仲介不動産業者担当からはこの会社が建てる家は高気密なのでという説明を鵜呑みにして、売主に直接確認していなかった当方が悪いのですが。

そこで質問なのですが、今時の新築注文住宅(といっても基本プランから間取りが一部自由にできるだけ)でも、高高仕様でないものが結構あるのでしょうか?
それと高高仕様でない敷地31坪の家で、ダイライト、2X4工法、グラスロンウール(10k相当品を10cm)断熱で坪単価55万円は妥当なのでしょうか?

Aベストアンサー

■建築請負契約前に高高ではないと言ってもらっただけでもよいほうです。もしどうしても高高が希望であれば白紙撤回できるからです。

■坪55万円で31坪、総額1705万円ということですね。デザインや装備によりますが少し高めですね。同じ値段で高高の家を建てる業者もあるでしょう。

■どこが高断熱ではないのかは確認するべきでしょう。高高ではなくても断熱の構造はきちんとしていなくてはなりません。

■実際には高高ではなくても十分快適です。吹き抜けや床暖房主体の暖房とすると断熱機能が高くなければコストはかかります。中には「高高でなければならない」とメーカーに洗脳されている葱カモ施主もいますので、ネットでの議論は尽きません。

■現在の新築住宅でも高高は全体から見れば1/3程度でしょう。特に名ばかりの建築条件付住宅では本来建売住宅と同じ仕様や自由度で施工されるので、高高ではないもののほうが多いのが現実です。

■もしかして、建築請負契約の締結と同時に土地の契約も同時・一本化するように話を進めるタイプの業者ではないですよね?(これは違法で事実上、建売としてしまう小悪業者の手法です。)

■拙宅は床面積40坪、坪31万で建築し、普通の断熱でしたが、自分で少し手を加えて光熱費・月1万5千円をたたき出しています。夏も冬も快適です。

■建築請負契約前に高高ではないと言ってもらっただけでもよいほうです。もしどうしても高高が希望であれば白紙撤回できるからです。

■坪55万円で31坪、総額1705万円ということですね。デザインや装備によりますが少し高めですね。同じ値段で高高の家を建てる業者もあるでしょう。

■どこが高断熱ではないのかは確認するべきでしょう。高高ではなくても断熱の構造はきちんとしていなくてはなりません。

■実際には高高ではなくても十分快適です。吹き抜けや床暖房主体の暖房とすると断熱機能が高くなければ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報