小林信彦さんの本で、リチャード・ニーリイという作家の「心引き裂かれて」という本が面白いとあるのですが、英語の題と、作家の英語名をご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

A MADNESS OF THE HEART〈Neely,Richard〉 です。


こういうのの探し方としては、gooの書籍チャンネルの書籍検索を使うのがお勧めです。邦題で入れても、原題がわかります。

参考URL:http://channel.goo.ne.jp/book/search/kinokuniya_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。答えだけでなく、調べ方も教えてもらって大助かりです。

お礼日時:2001/04/18 17:16

baianさんの回答と同様ですが、訳本は文庫本も出版されているようです。


================================
心ひき裂かれて  リチャード・ニーリィ∥〔著〕  佐和誠∥訳
出版地 :東京
出版者 :角川書店
出版年月:1998.9
資料形態:476p  15cm  940円
シリーズ名: 角川文庫  
原書名 :A madness of the heart.
ISBN:4042536034
==================================
ご参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリチャード・ドーキンスの本の出版順を教えて

『利己的な遺伝子』に感動して、『延長された表現型』を読もうと思ったのですが図書館になかったので『盲目の時計職人』を読みました。これもとても感動したので、著書を全部読もうと思います。
できれば出版順に読みたいと思います。Amazonで調べると12冊、以下の順になっているのですが、原書の出版順とは異なっているようです。原書の出版順を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

延長された表現型―自然淘汰の単位としての遺伝子(単行本 - 1987/7)
利己的な遺伝子(単行本 - 1991/2)
ブラインド・ウォッチメイカー―自然淘汰は偶然か?〈下〉(単行本 - 1993/10)
ブラインド・ウォッチメイカー―自然淘汰は偶然か?〈上〉(単行本 - 1993/10)
遺伝子の川(単行本 - 1995/11)
遺伝子革命と人権―クローン技術とどうつきあっていくか(単行本 - 2001/3)
虹の解体―いかにして科学は驚異への扉を開いたか(単行本 - 2001/3)
盲目の時計職人(単行本 - 2004/3/24)
悪魔に仕える牧師(単行本 - 2004/4/23)
利己的な遺伝子 <増補新装版>(単行本 - 2006/5/1)
祖先の物語 ~ドーキンスの生命史~ 下(単行本 - 2006/8/31)
祖先の物語 ~ドーキンスの生命史~ 上(単行本 - 2006/8/31)

『利己的な遺伝子』に感動して、『延長された表現型』を読もうと思ったのですが図書館になかったので『盲目の時計職人』を読みました。これもとても感動したので、著書を全部読もうと思います。
できれば出版順に読みたいと思います。Amazonで調べると12冊、以下の順になっているのですが、原書の出版順とは異なっているようです。原書の出版順を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

延長された表現型―自然淘汰の単位としての遺伝子(単行本 - 1987/7)
利己的な遺伝子(単行本 - 1991...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

Wikipediaの英語版サイトでは、以下の通りです。
 http://en.wikipedia.org/wiki/Richard_Dawkins

The Selfish Gene (1976, 1989, 2006) ISBN 0-19-286092-5
The Extended Phenotype (1982, 1999) ISBN 0-19-288051-9
The Blind Watchmaker (1986, 1991, 2006) ISBN 0-393-31570-3
River Out of Eden (1995) ISBN 0-465-06990-8; Audio (2000) ISBN 0-7528-3985-3
Climbing Mount Improbable (1996) ISBN 0-393-31682-3
Unweaving the Rainbow (1998) ISBN 0-618-05673-4
A Devil's Chaplain (2003) ISBN 0-618-33540-4
The Ancestor's Tale (2004) ISBN 0-618-00583-8; Audio (2005) ISBN 0-7528-7321-0
The God Delusion (2006) ISBN 0-618-68000-4; Audio (2006) ISBN 1-84657-037-9

こんにちは

Wikipediaの英語版サイトでは、以下の通りです。
 http://en.wikipedia.org/wiki/Richard_Dawkins

The Selfish Gene (1976, 1989, 2006) ISBN 0-19-286092-5
The Extended Phenotype (1982, 1999) ISBN 0-19-288051-9
The Blind Watchmaker (1986, 1991, 2006) ISBN 0-393-31570-3
River Out of Eden (1995) ISBN 0-465-06990-8; Audio (2000) ISBN 0-7528-3985-3
Climbing Mount Improbable (1996) ISBN 0-393-31682-3
Unweaving the Rainbow (1998) ISBN 0-618-05673-4
...続きを読む

Q面白い青春本、青春系作家

こんにちは。最近読書に目覚めました。

青春系が私的にツボと判明したのですが、読書暦が浅いのでどの作家、作品が面白いのか分からないです。

なので皆さんのお勧めの青春系の作家、作品を教えてください。内容は明るめのほうがうれしいです。
お願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

石田 衣良 著の 「4TEEN」がお勧めです。

  中学3年生の4人組の男の子たちの青春物語。
  直木賞受賞作品なので、たいていの図書館に
  おいてあると思います。

この人の本はどれも読みやすいと思います。

ほかには女性なら 山田 詠美 著の
  
  「放課後の音符(キイノート)」

もいいと思います。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/product/2604255,http://www.bk1.co.jp/product/1184840

Qオススメの本、作家

僕は『リアル鬼ごっこ』の作家の山田悠介さんの作品がとても好きです。

皆さんのオススメを教えて下さい。

Aベストアンサー

僕は星新一さんのショートショート全般好きです。

Qお勧めの作家、本

最近好きな作家の本をあらかた読み尽くしてしまいました。別の作家さんの本を読んでみようかなあとも思うのですがなかなか手がつけられません。
私の好きな作家さんは恩田陸さん、宮部みゆきさん、乃南アサさん、北村薫さんなどです。
特に好きな作品は恩田さんでは『光の帝国』、『ねじの回転』、宮部さんでは『クロスファイア』、乃南さんでは音道貴子のシリーズ、北村さんでは時の3部作と『月の砂漠をさばさばと』です。
こんな私の好みに合いそうな作家さん、本をご存知でしたら教えてください!

Aベストアンサー

西尾維新「クビキリサイクル」
小野不由美「屍鬼」

あたりをお勧めします。

Q海外作家のおすすめの本

海外作家のおすすめの本を教えてください。有名な作家か、何か賞を貰ったような本を特に読みたいです。好きな本はディケンズのクリスマス・キャロルや、スティーブンソンのジキル博士とハイド氏や、スティーブン・キングの本などです。読んでいて独特の雰囲気のあるものが、特に好きです。あと映画にもなった、E・アニー・プルーのシッピングニュースのような、不器用な人の人生を描いたような本も好きです。基本的に暗めの本が好きです。本は最近よく読むようになって、読書数はまだまだ少ないので、これは有名すぎて読んでるかもというような本も、多分まだ読んでない本が多いと思います。昔の作家から現代の作家まで、どの時代の本でも好きです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「半身」サラ・ウォーターズ著、などが不器用な人間、暗めの話、独特の雰囲気好みを聞いていると当てはまるのではないかな、と思いました。

最近の作家さんで、日本でも海外でもいくつか賞をとられている作品ですので、手に入れやすいかともお思います。
ほかでは。
エドガー・アラン・ポーなども独特の雰囲気があってお勧めです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報